信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2016/09 鹿島槍リベンジ!(その8) ~完結編~

2016年09月11日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 ずいぶんと長く綴ってきた、5年ぶりの鹿島槍ヶ岳もいよいよ終わりです。 約1週間、このネタでつなぎました。 沢山の方にご訪問頂きました。 あとは殆ど、私自身の忘備録的な感じになります。 AM10:34 もう爺ヶ岳中峰のトラバースでしょうか。 色づいたクロマメノキ。 帰りも中峰は巻きます。 この日は週末の土曜日なので、スライドする人も多かったです。 . . . 本文を読む
コメント

2016/09 鹿島槍リベンジ!(その7) ~爺ヶ岳を下る~

2016年09月10日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 季節は白露、第四十三候 草露白(くさのつゆしろし)です。 昨日は関東も台風13号の影響で強い風と雨になりました。 それが過ぎ去って、今朝は青い空が広がりました。 いつものマンションの影に、富士の裾野も見えています。 久しぶりに秩父連山も綺麗に見えています。 あの三角錐が武甲山です。 その右に浅間山。 北には日光連山も雲から顔を出して . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/09 鹿島槍リベンジ!(その6) ~鹿島槍ヶ岳を下る~

2016年09月09日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 季節は白露に進みました。第四十三候 草露白(くさのつゆしろし)です。 【白露】 昔の人は、草木に降りた露が白濁したように見えることを、夏から秋への交代期の目印としたそうです。 昼間の残暑はまだまだ厳しい時期ですので、白露という言葉にせめて涼しさを感じとりたいものです。 【草露白】 早朝、野山を歩くと木々の葉や草花に小さな露が降りているのに気がつきます。 露は放射冷却などで . . . 本文を読む
コメント (4)

2016/09 鹿島槍リベンジ!(その5) ~鹿島槍ヶ岳山頂~

2016年09月08日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 間もなく白露を迎える、今日この頃。 これはこの月曜日の夕方の我が家の空。 やっとゴミ、落ちましたよね。 レンズではなく本体側でした。 これじゃ分からないけど。 うーん、大丈夫なんでないかい。 このページに教えてもらいました→ 意外と簡単かも!?自分で出来るカメラのセンサー清掃、3つの方法。 (あくまで自己責任です) でも鹿島槍登 . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/09 鹿島槍リベンジ!(その4) ~鹿島槍ヶ岳(南峰)~

2016年09月07日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 9月2日~3日の北アルプス 鹿島槍ヶ岳の稜線を綴っています。 季節は処暑の末候、第四十二候 禾乃登(こくもの すなわち みのる)です。 今週のうちに季節は、処暑から白露に変わります。 前回は布引岳(2,683m)まで来ました。 まあ似たような絵が続きます。 雲が引けて種池山荘が現れました。 ぜひ画面最大で見て下さい。デカイ蓮華の稜線の奥に槍の穂先。 . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/09 鹿島槍リベンジ!(その4) ~布引岳へ~

2016年09月06日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 大変お待たせいたしました。ガスガスの爺ヶ岳はこれからお送りする山岳ショーの前振りでした。 翌朝、AM 4:00に起きましたが、タバコを吸いに出るとガスガス・・ そんな筈は無いと、小屋の前の展望台に上がってみると、頭の上にオリオン座がクッキリ。 でも周りはガスガスです。 かなりのショックを受けて、愚図々々と朝食時間までテレビの前やら、洗面所で過ごしましたが・・ 帰りの扇沢 . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/09 鹿島槍リベンジ!(その3) ~爺ヶ岳~

2016年09月05日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 季節は処暑の末候、第四十二候 禾乃登(こくもの すなわち みのる)です。 先週の爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳への縦走を綴っています。 扇沢の登山口(1,350m)から、種池山荘(2,450m)まで標高差1,100mを上がってきました。 生ビールガソリンを流し込んで、少し休んでさらに標高差110mを上がります。 山荘の前はお花畑。チングルマの穂が風で揺れています。 そういえ . . . 本文を読む
コメント

2016/09 鹿島槍リベンジ!(その2) ~種池山荘~

2016年09月04日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 反則ですが、タイトルバックに翌日の鹿島槍稜線半ばからの劔を載せてしまいました。 すいません。 これは帰りのバスから。 大町市内の西原あたりの田んぼ。 季節通りの禾乃登。文字通り黄色く色づく稲穂です。 ちょっとバスの窓越しなので色が青っぽくなっています。 一面のそば畑も、真っ白な花が咲いてました。 10月半ばには新そばの季節ですね。待ち遠しい。 . . . 本文を読む
コメント

2016/09 鹿島槍リベンジ!

2016年09月04日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 季節は処暑の末候、第四十二候 禾乃登(こくもの すなわち みのる)になりました。 今回の山行でも至るところで、その季節感を味わうことが出来ました。 さて今回行くのはタイトル通り、鹿島槍ヶ岳。 鹿島槍ヶ岳と云えば、その美しい双耳峰で有名。 山に登らない方でも、新幹線や白馬へ行く途中で見られた方は多いと思います。 この絵は2011年11月の絵なので、もう雪山 . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/06 白馬大雪渓を下る

2016年06月25日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 長く続けて来た白馬岳シリーズも、これで完結です。 AM10:00 白馬山荘にお別れを告げて降ります。 大雪渓はガスガス。 下りは早い、あっと云う間に2,553mの中部森林管理局の看板です。 下りは夏道を行きます。 AM10:36 避難小屋の前まで来ました。 ここからの杓子の天狗菱が絶景なのですが、今日は見えません。 . . . 本文を読む
コメント

2016/06 杓子岳に登る

2016年06月25日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 季節は夏至の初候、第二十八候 乃東枯です。 まだ白馬岳の稜線にいました。 昨日イギリスの国民投票の結果が出て、EU離脱の賛成多数が決まりました。 これを受けて株は下落、円高が進み一時99円まで上がりました。 2008年のリーマンショックを思い出させる混乱ぶりです。 私は信州経済に与える影響が心配です。 EPSON、新光電気、ミマキエンジニアリング、竹中製作所・ . . . 本文を読む
コメント

2016/06 白馬早朝の稜線を行く

2016年06月24日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 関東では昨日は一日雨のはずが、青空が出て蒸し暑い午後になりました。 夕方は湿度は高いままですが、気温が下がって幾分過ごしやすくなりました。 さてまだ白馬の稜線にいます。 AM 6:30 まだ青空が出ているので杓子に登ってみましょう。、 白馬鑓の肩越しに、槍、針ノ木、裏銀座の山々、黒部五郎、立山・劔と名峰がずらり。 オヤマノエンドウ . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/06 白馬岳のご来光

2016年06月23日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 季節は夏至の初候、第二十八候 乃東枯です。 まだ白馬岳の上にいます。 こちらは登った日の天気図。AM 9:00です。 ちょうど低気圧と梅雨前線が切れた、本当に奇跡のような一日でした。 気象衛星でも白馬上空はピーカンです。 でも翌日は、天気が崩れるのは分かっています。 予報では夕方から雨になっていました。 行動するのは夜明けからお昼まで。そう決めていまし . . . 本文を読む
コメント

2016/06 白馬2,932mの夕焼け劇場

2016年06月22日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 季節は夏至、梅雨の真っただ中。 今日も一日、ジメジメした空模様が続きました。夜になって少し爽やかさが戻っています。 前回は日本海に映る夕日で終わったのですが ここは多分、黒部と入善の間ぐらいかな。 若しかしたら黒部川が海に注ぐ、河口かも知れません。 美しい手前の雪倉岳と、奥の朝日岳の嫋やかな山影。 こちらがほぼ真北で、栂海新道で親不知まで連なるトレイルです . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/06 夕陽劇場の幕開け ~2,932mの座席から~

2016年06月21日 | 北アルプス(北部)
こんにちは、信です。 白馬大雪渓から白馬岳のこの山行、もう4回目に入りました。 もう季節は夏至、72候では第二十八候 乃東枯(なつかれくさ かるる)になりました。 【夏至】 冬至とは逆に、一年でいちばん昼が長く夜が短くなる時期。 梅雨の盛りでもありますので、気温の面ではまだ真夏という感じはしませんが、日照時間はこれから冬に 向かって少しずつ短くなっていくのです。 【乃東枯】 乃東(だいとう . . . 本文を読む
コメント (4)