信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/10 白毛門を下る

2017年10月26日 | 谷川連峰
お早うございます、信です。 台風21号が直撃して2日間、通勤の足である宇都宮線が、電力設備故障で大幅な間引き運転となり、寒いホームで電車を待ったり 超満員電車で座席の支柱で背中を痛めたりと、大変なことになってました。 ようやく昨日から平常運転に戻りました。 大阪の泉南市の南海電鉄はまだ復旧していないでしょう。 電車は動いて当たり前だと思っていましたが、JR職員さんの地道な努力の積み上げで、毎 . . . 本文を読む
コメント (4)

2017/10 白毛門 撤退

2017年10月25日 | 谷川連峰
お早うございます、信です。 季節は神無月 霜降の初候、第五十二候 霜始降(しも はじめて ふる)です。 早朝の寒さが身に沁みるとはなりません。まだ暖かい朝にこれを書いています。 今日は情けないレポートをしなくてはなりません。 松ノ木沢の頭でお握り補給をして、まだ谷川岳を眺めてます 1 その谷川岳のピーク 人影は見当たりません 2 トマの耳 少しガスが掛かり始めました . . . 本文を読む
コメント (8)

2017/10 松ノ木沢ノ頭からの絶景

2017年10月24日 | 谷川連峰
お早うございます、信です。 大変な爪痕を残した台風21号が行き過ぎました。後片付けが大変な方も沢山いらっしゃるでしょう。 亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。 衆議院選総選挙は予想通り、与党の圧勝でした。 昨日の夕方、会社の上層階から すっきりした影富士が現れました。 さて長々と綴っています、先週18日の白毛門山行です。 これが終わると . . . 本文を読む
コメント (6)

2017/10 松ノ木沢ノ頭の紅葉

2017年10月23日 | 谷川連峰
お早うございます、信です。 季節は進み神無月は霜降の初候、第五十二候 霜始降(しも はじめて ふる)になりました。 霜降を過ぎれば立冬を迎えます。いつの間にか季節は晩秋に入っています。 今、ベランダに出てみると雨・風ともに大人しくなっています。 どうやら峠は越えたようです。    三重・和歌山の雨が凄かったようなので、そちらの方が心配ですね。大丈夫でしょうか。 さてなかなか白毛門( . . . 本文を読む
コメント (8)

2017/10 幽玄 一ノ倉沢

2017年10月22日 | 谷川連峰
お早うございます、信です。 季節は明日から霜降へと進みます。冷たい風が吹く雨の朝を迎えました。 いよいよ衆議院総選挙の投票日になりました。 昨日は某議員の事務局から電話が入りました。すぐ切ってしまいましたが・・ 台風21号は925hPaの大型のまま、南大東島の東約220kmを走行中、速度は30km 秋雨前線を刺激して、大雨が予想されます。     十分お気をつけ下さい。 そんな巷 . . . 本文を読む
コメント (8)

2017/10 白毛門 根っこ街道

2017年10月21日 | 谷川連峰
お早うございます、信です。 秋の長雨の冷たい朝を迎えました。 皆さん風邪を召さぬよう、お気をつけ下さい。 超大型台風21号がジワリ、近づいてきます。 それにつれて湿った空気が補給され、前線も活発化しています。     十分ご注意下さい。 巷は選挙一色、超大型の嵐の予感。こんな状況でノーテンキな山行日記を書いてて良いのか・・ まあ今日は長雨の中日、18日の山行を続けましょう。 1 . . . 本文を読む
コメント (6)

2016/05 上越国境を下る

2016年05月31日 | 谷川連峰
こんにちは、信です。 第二十四候 麦秋至になって、久しぶりに雨が降りました。 今年は山も記録的に雪が少なく、雨が適当に降らないと水が心配ですね。 いよいよ山を降りる時間になってしまいました。 楽しいひと時は、あっと云う間に終わってしまいます。 PM13:10 帰りは松手山コースではなく、南側の山ノ家コースで降ります。 行く先の右下に苗プリが見えます。 本当に良く整備された . . . 本文を読む
コメント

2016/05 遠かった仙ノ倉山

2016年05月31日 | 谷川連峰
こんにちは、信です。 季節は進み小満の末候、第二十四候 麦秋至(むぎの とき いたる)になりました。 麦が実り、たわわに黄金色の穂をつける、麦にとっての「秋」です。 ここでいう秋とは、百穀が成熟するとき、という意味。梅雨入りも迫り、つかの間の乾燥期ですので 米と麦の二毛作を行う農家では、麦の刈入れで大わらわです。 小津安二郎監督の名画に『麦秋(ばくしゅう)』がありますが、そのラストシーンも、ま . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/05 花の平標山を往く

2016年05月30日 | 谷川連峰
こんにちは、信です。 前回は松手山 1,614mまででした。 登山口が標高 954mでしたから、660mを登りあげたことになります。 休憩したところにあった花、名前は分かりません。 これから開きそうです。 調べました、ガクウラジヨウラクではないかと。。 お、足元にツマトリソウ。 大好きな花に出会えました。 ムシカリ。 あれはムラサキヤシオ?ちょっと遠いで . . . 本文を読む
コメント (1)

2016/05 上越国境の山を往く

2016年05月29日 | 谷川連峰
こんにちは、信です。 季節は小満、次候の第二十三候 紅花栄(べにばな さく)です。 この週末も雨上がりで、天気が安定しそうなので美しい山行を。 AM 6:10 自宅を出ると、このどんより曇り空。大丈夫かなぁ でも新幹線たにがわで湯沢に着いてみると、この上天気。 AM 8:20発の南越交通バスで「平標山登山口」へ(¥600也) バス停近くでヤマオダマキに迎えられます . . . 本文を読む
コメント (1)

2014/08 谷川岳登山後 ~蛇足ですが~

2014年08月05日 | 谷川連峰
こんにちは。 昨日、谷川岳登山の様子を書きましたが、眠くて途中でリタイア。 とは言ってもずいぶん書きましたが。。 ほんの蛇足、付け足しで書いておきます。 前回はこの断崖絶壁で終わりました。 前は白毛門から朝日岳の稜線、綺麗に見えました。 この山は統計を始めた1943年(昭和6年)から2005年(平成18年)までに781人の死亡遭難事故が発生しています。 この記録は世界でも飛び抜けていて . . . 本文を読む
コメント

2014/08 大渋滞の谷川岳を登る。 ~関東人気の百名山~

2014年08月04日 | 谷川連峰
こんにちは。いよいよ金欠病になってきたので、信州遠征はしばらくお預け。 今回は近場の百名山、群馬と新潟の県境に位置する岩稜の双耳峰 谷川岳に行ってきました。 今年は深田久弥著「日本百名山」の発刊50周年。そういう訳でもないでしょうが覚悟はしていましたが 吃驚するほどの渋滞登山になりました。 今回は日帰り登山なので、ロープウェイを使って手軽にピークハントしようと考えていましたが まあ来るわ来るわ . . . 本文を読む
コメント