信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

大菩薩峠を下る

2019年12月08日 | 百名山



お早うございます、信です。
昨日は関東では曇り空の、寒い一日でした。
近所ではそうでもなかったのですが、東京・横浜では雪もちらついたようです。


さて一週間に渡り、11月30日の山梨 大菩薩嶺登山を綴ってきました。
間もなく稜線の終わりです。親不知ノ頭から大菩薩峠に降りて行きます


1







左手は奥秩父 雲取山。大タルミのV字
私が毎日眺めている喫煙所はこの方角です


2







こちらは奥多摩方向


3







霞んでいますが大東京の街並み


4








5







目の前は天狗棚から小金沢山、その奥に牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま)があります
若いパーティが登ってきました


6







右手に富士


7






逆光で苦しくなってきました


8






富士三景でした この日最後の富士山です


9







左手に広がる奥秩父の山々 雲取山が美しい


10







中里介山の大菩薩峠記念碑の石塔


11







石塔からの眺め


12






漢詩を掘った石碑


13







PM13:10 大菩薩峠に到着です


14






上日川ダムの説明板がありました


15






こちらは石丸峠、小金沢山への道
丁度、降りてこられた人がいました


16






介山荘横のトイレを借りて下山します


17






左手に小金沢山


18






歩き易い道です
介山荘のオーナーは、ここをジープで上がられるようです


19






午後の陽光で輝いていました


20





昔の土石流の跡でしょうか


21






一日、良いお天気に恵まれました


22







23






日川の始まり あの大菩薩湖にそそぐ水です


24






水は澄み切っていました
この流れが下流で笛吹川と合流します


25






勝縁荘さんでした


26






富士見小屋は廃屋のようです


27





福ちゃん荘、チャンプは今日は外へ出ていませんでした
14時のバスに間に合いそうなので、きのこ汁はお預けです


28






改めて歩いた稜線をパチリ


29




結局、今回も14:00発のバスにセーフ
今の時期、山は暗くなるのが早いので、正解だったと思います

PM15:00 甲斐大和駅にて武田勝頼公


30






この地はあの武田氏 終焉の地でもありました


31


富士の展望台、大菩薩嶺でした。

最後までご覧頂き、有難うございました。


 撮影日: 11月30日
 撮影場所:甲州市 大菩薩峠


明日は一年ぶりの真岡 井頭公園からカワセミ狙いです

それでは皆様、ご機嫌よう。





コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 大菩薩嶺 4.稜線を往く | トップ | 井頭公園のカワセミ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2019-12-08 23:05:33
こんばんは。
大菩薩嶺登山シリーズ、たっぷり楽しませてもらいました。
きれいな富士山の姿も満喫、良い天気に恵まれて最高でしたね。
降雪で歩きにくいところもあったと思いますが、
見せてもらっている方は、雪景色でより以上にきれいな風景を堪能させてもらいました。
7.8.9の富士山も良いですが、22.23番の風景も好きです。
24番は本当にきれいな水ですね。
きのこ汁は時間の都合でお預けでしたか。
また次の楽しみといったところですね。
次回はカワセミですか。
いよいよバードウオッチングのシーズン到来ですね。
富士の展望台 ()
2019-12-09 06:04:54
takayan師匠>

お早うございます。
富士の展望台シリーズ、楽しんで頂けたでしょうか。
この日は本当に快晴、穏やかな風で素晴らしいコンディションで稜線歩きが出来ました。
都心から3時間で、この絶景を楽しめる百名山
人気が高いのも頷けます。
福ちゃん荘のきのこ汁
愛犬のチャンプの近況も気になりますが
また宿題を残した山行でした。
コメント有難うございます。

コメントを投稿