38歳からの百姓志願~実践編。

霊峰・石鎚を仰ぎ、瀬戸内の陽光を望む愛媛県西条市、「有機菜園 藤田家族」無農薬・無化学肥料の野菜と暮らし。

初夏の陽気、真の家庭訪問。

2012年04月23日 | 農と暮らしの日記
小麦の穂が伸び始めている。
今年は草の処理が間に合わず、収量は少なめかもしれないけれど、穂が出ればとりあえず春のひと安心になる。



月曜、強風の低気圧は去り、ほぼ終日の晴天、25℃前後の高温。

朝:7時前後に畑に出て収穫2時間ほど。
午前:9時頃からセット荷造り。11時頃に一部を仕上げて薫が市街配達と宅配便センター、スーパー直売コーナー出荷。
僕は追加の収穫に行って、残りのセットの荷作り。

午後:引き続きセット荷造り。
14時半頃から真の家庭訪問でN先生が自転車で来訪。真にとっては初めて男性の、しかも体育の先生なので、またひとつ新しい成長を助けて頂けるような気がして、楽しみ楽しみ。

夕方:セットが仕上がり、16時半頃から畑へ。
発芽待ちの人参に水やりし(これがこの春初の畑での水やり)、不織布をレタス類から外して人参、小松菜の畝に掛け直し、あちこちのトンネルを閉めて、明朝出荷分の一部収穫をして18時過ぎに戻り。

裏の畑で真と一緒に播いたとうもろこしをまた真と一緒に定植。
収穫物の整理をして作業場を片付けて19時あがり。晩ごはん。

<本日の野菜セット>例
抜き大根、新玉葱、葉つき蕪、しろ菜、ほうれん草、リーフレタス。
セットによって、里芋、小さい大根、ブロッコリィ、ルッコラ、から組み合わせ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また強風、幸い雨なし。 | トップ | 25℃超、Tシャツ間近。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む