38歳からの百姓志願~実践編。

霊峰・石鎚を仰ぎ、瀬戸内の陽光を望む愛媛県西条市、「有機菜園 藤田家族」無農薬・無化学肥料の野菜と暮らし。

ポリタンク水やり、のち、やはり雨。

2017年05月24日 | 農と暮らしの日記
大根が1本で出荷できる大きさになった。
2月末に種を播いてトンネルを被せ、4月中旬にそのトンネルを外し、そのタイミングから「大根まびき菜」(1か所4粒播きしたのを2本に)で野菜セット入り、5月に入ると「まびき大根」(2本を1本に)で出していたのが、それをまびき切らないうちに、2本立ちの状態でもう写真の大きさになるものが出てきた。

というわけで、野菜セットにも「大根」として登場。
ただし、先端のほうが荒れているものも多い。割れたり肌荒れしたり、大きく変形したり。秋播きの大根にこういうのは少ないのだけど、やはり気候の変化の大きい時期に生育するからだろうか。トンネルで高温になるストレスもあるかもしれない。
1本がかなり大きく300円を超えるものもあるので、フジグラン西条には主に1/2~1/3カットで、98円~158円くらい。



またほぼ1週間ぶりの日記ということで。
阪神の秋山が火曜日に投げることが多く、日記もなんとなくその周期になっている。
今回も好投して失点1ながら、巨人・菅野が良すぎて3敗目。

12日(金)の夜に降って以来、23日(火)の夜に11日ぶりの雨。
その日の夕方、雨の予報は出ているけれどあてにならないし、ということで今季初のポリタンクを軽トラに搭載しての畑での水やり。

水やりすると、雨が降る。
何度も書いているとおり、研修中の師匠の言葉。どうせ降るなら水やりしなければよかった、と思うのではなく、その努力を見てくれていたんだと考えよう、と。
そんなわけで、心安らぐ雨である。

翌日、水曜もしっかり降ったり少しやんだり。
あれだけ乾いていた畑だから、これくらいの雨なら半日晴れればトラクタも使えるはず。



この約1週間はほぼ連日の晴天、高温。
群馬の館林では35℃を超えた。5月に真夏日ではなく猛暑日。

日曜の午前はお寺の行事で般若入れ、続いて町内の一斉清掃で溝さらいなど。
中学校では運動会。今年は国体イヤーということで春に実施する学校が多いらしい。

通常どおりの野菜セットの出荷、フジグラン西条もぼちぼち。
あいまに、からからの畑に茄子、オクラ、空心菜などを細々と定植。
真はその間に中間テストがあり、家庭訪問もあった。

<最近の野菜セットの例>
新玉葱・赤玉葱(いずれもトウ立ちが多く、芯あり値引き)、大根、水菜、小さいキャベツ、リーフレタス。
えんどう豆はほぼ終わり、セットによって、絹莢かオランダ大莢の実とり用(グリーンピース)、にんにくの茎。

<最近のフジグラン西条>
大根(カット)、リーフレタス(摘み取り)、鷹の爪など。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高温続き、水菜は大株に。

2017年05月16日 | 農と暮らしの日記
春の葉もの次々に終わっていき、水菜もあとわずか。
畑では一部の株がトウ立ちを始めているので、それとの競争で野菜セットその他の出荷に。毎度書いているように、トウ立ちしそうないまこの瞬間に一気に出荷してしまえれば楽なのだけど、それだけの売り先がなく、また、売り先があったとしても、そこにすべて出してしまうと以後の野菜セットの材料が寂しくなる。
というわけで、最後は無駄になるのを覚悟で細々と収穫・出荷していく。

今季の水菜はわりと息が長い。
2月上旬に同時に種を播き、3月半ばに同時に植えた青梗菜は早くにトウ立ちしてしまった。水菜も春はトウ立ちしやすいので、小さいうちに「サラダ水菜」という感じで収穫・出荷するねらいだったが、4月の気温が高かったことと、そのおかげでほかの葉ものも順調に育ってくれてやや飽和気味だったこともあり、収穫のペースが緩やかになっている間にどんどん育って大株になった。といっても冬の大株の水菜と比べると生育が速いからだろう、サラダ水菜の細い茎のまま本数だけが増えた感じで、さほどガシガシした食感にはなっていない。



また1週間分の記録をまとめて。
12(金)の夕方から雨が降り出し、夜に本降り。それ以外はほぼ晴天で、ほぼ25℃以上の暖かさ。
早いもので、5月も後半に入った。

木金と月火はいつもどおりの野菜セット出荷。
その他の日はフジグラン西条にも細々と並べて、あとは畑仕事中心の日々。

14(日)、北朝鮮が弾道ミサイルを発射。高度2,000kmで一段と性能を増しているという。
15(月)、沖縄復帰45年。基地負担は相変わらず、というかますますの一極集中を強いている。
16(火)、秋篠宮眞子さまが婚約へ。阪神・秋山投手が今季球団初の完投で3勝目。とにかく四球が少ない。

<最近の野菜セットの例>
新玉葱、まびき大根、かぶ(ほぼ終了)、レタス、リーフレタス、水菜、えんどう類(オランダ大莢、スナック、実とりから1~2種)、空豆。
春キャベツ、わさび菜は終了。空豆は不作で1回ずつ行き渡らない見込み。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の雨、仏・韓で新大統領。

2017年05月09日 | 農と暮らしの日記
オランダ大莢えんどう。
絹莢より大ぶり、というよりも、長さは2倍、面積で4~5倍くらい大きい。なのに、やわらかい。
葉もの野菜のように、肉・竹輪などとの炒めもの、卵とじ、おひたしやナムル、レタスや新玉葱とサラダに。
100g・200円で野菜セットほか出荷中。

写真でわかるように、支柱やネットがない。
奥に向かって立ち並んでいるのはオクラの枯れ樹で、今年のえんどう類は基本的にこれでやってみた。ポットで苗をつくり、オクラの跡に植えっ放し。オクラの枯れ樹に適当に絡みつくというかもたれかかるというか、どうにか宙に浮いている状態。ちょっと頼りないので、来年はこれの改良型で2~3段はマイカ線を張ってみようと思う。
支柱・ネットの組み立て・解体の手間が大幅に省けそう。



5月5日以降の連休終盤から連休明けの記録をまとめて。

6日に少し降り、そして9日にほぼ終日のしとしと雨。
この雨が本当に久しぶりのしっかりした雨になった。畑がからからだったから、まさに恵みの雨。真夏と違って多少の晴れ続きでは野菜に大きな影響はないはずなのだけれど、4月後半は30℃に近い高温の日も多く、しかも風が強いことで特にレタス類など軟弱な野菜は水分を奪われてヘロヘロになっていた。この雨でみずみずしさを取り戻してくれたのではないだろうか。
今日は出荷作業のみフル回転だったので、あす畑に行くのが楽しみ。

5(金)は通常の出荷、市内配達。
6(土)は小雨が降り、松山から実家にGW帰省中の妹と甥を真と一緒に訪ねて、トランプ2種で勝負。

7(日)は極早生の玉葱をすべて収穫して、午後は水利組合の溝さらい。
里芋の芽がちらほら出始めたので、小さいレーキで畝の表面をひととおりひっかいて草抑えの中耕。
真は高校の登校日で授業参観(と、PTA総会、欠席すみません)。

8(月)は連休が明けて、もとより出荷は通常どおり、市内配達。
午後は小学校の稲作学習の籾播き手伝い(初参加)。ポット育苗の小さい穴に3粒ずつ籾を落とすという、小学生じゃないとできないような作業を見守り。苗床に設置するまで見届けて解散。

9(火)は朝からしとしと小雨、ときどき本降り。
通常の出荷、新居浜方面配達。

阪神の秋山投手(西条高・8年目)が巨人戦に先発し、待望の2勝目。
勝てなかった試合も含めて長いイニングを投げ、高い防御率の内容を続けているので、勝敗にかかわらず今季は本当に楽しみだ。家にテレビがなく、ラジオ中継も南海放送じゃない場合はほとんど入らないので、登板試合は食後にPC作業をしながらネットのテキスト速報をちょこちょこ”観戦”している。



フランスでは中道のマクロン前経済相が39歳で大統領に。
韓国では革新系の文在寅氏が大統領に。

<最近のフジグラン西条>
ほうれん草は終了。水菜、リーフレタス(赤・緑ミックス)、にんにくの茎、蕪、葉つき間引き大根(おろし最適)など。

<最近の野菜セットの例>
新玉葱、葉つき間引き大根、蕪、水菜、リーフレタス、わさび菜、えんどう(スナック・絹莢・オランダから1~2種)。
セットによりほかに、春キャベツ(残僅少)、さつま芋(残僅少)などから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好天のGW、葉菜追いつかず。

2017年05月04日 | 農と暮らしの日記
前回の記事、1週間前の写真と同じほうれん草。
やはり予想どおりの急成長で、わずか3、4日だけれど採り遅れた。これの1つ前の作が別の畑にあって、そっちが28日に終わったからとこちらに移ったのだけど、計画どおりにはずれてくれず、仕上がりが少し重なってしまった。

トウ立ちの兆しがあり、それと同時におそらく高温のせいもあって外葉も黄変。
前の作は最後に残った何kgかを29日にあった産業文化フェスティバルの「ゆうきでみせ」出店に相乗りして特価で並べ、完売することができた。そして、こちらは久しぶりにフジグラン西条の地産地消コーナーに。大型連休ということもありまずまずの売れ行きながら、いかんせん植物としての成熟の速度が勝ってしまい、左の列は歩留まりが約8割、右側の列は逆に3割ほどしか売り物にならなかった。
あと3日スタートが早ければよかったのだけど。

というわけで、最後の最後のほうれん草がフジグランにあります。
それと、リーフレタスなどほかの野菜も少しずつ。よろしくお願いします。



大型連休の途中まで、1週間の記録をざっと。
晴れ続きで、月末は強風、そして30度近い高温。

29(土)の昭和の日は産業文化フェスティバルに「ゆうきでみせ」出店。
朝7時半頃に出発して大道具の設営から準備、9時開店。今年は「ミニホットケーキ10円で作ろう」体験。
昼はこけし食堂さんの行列に並び、鶏唐揚げ南蛮丼。ごちそうさまでした! 15時閉店、16時に帰宅して片付けと検品と計算で19時。

30(日)は飯岡区民運動会だけど最近は不参加で。
真は登山部で地域の予選があり、テント1泊で笹ヶ峰方面へ。夜は消防の自主点検とマイク放送。

5/1(月)、2(火)は通常の野菜セット出荷。ただし、連休中でお休みの方もちらほら。
火曜の午後は市の健康づくり推進員の委嘱式。各自治会から1人出ることになっていて、僕は初めてのお役目。式に続いて胃がんとピロリ菌についての講演を聞く。

3(水)、世の中は5連休の始まり。
上記のとおり、久々にフジグラン西条に出荷。まずは、ほうれん草。

4(木)、午前中は水利組合の溝さらい、休み休みで約4時間。
この日の場所は近年ずっと参加できてなかった上流のほうなので、ことしは行けてよかった。
野菜セットは宅配便のみで配達なし。

午後、用があって周ちゃん広場(JA周桑の直売所)へ。
用事が終わったころにちょうど16時になり、鮮魚コーナーでは刺身など一部商品が半額に。ともに380円だった地物のエイの刺身&肝とスズキ刺身、それと200円だった地魚アラ盛り込みの3パックを買って合計480円。これは安い!

夕方、久しぶりに真も畑に連れていき、収穫あれこれ。
小さいころの経験を覚えているのか、天然のセンスなのか、何年ぶりかの作業のはずだけど、指示ののみ込みも速く無駄のない動き。
この労働力、毎日欲しい。



<最近の野菜セットの例>
まびき大根、春キャベツ、ほうれん草、水菜、リーフレタス(赤・緑のいずれかまたは両方)、わさび菜、えんどう(絹莢、オランダ大莢、スナックから1~2種)。
セットによって、新玉葱、雪白体菜、葉つき蕪(中~大)、にんにくの茎。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/29(土)は、ゆうき出店。

2017年04月27日 | 農と暮らしの日記
4月の後半、ばたばたと。
畑も春のトンネルを片づけたあとの野菜が一気に育ち、青梗菜は仕上がりとともにトウ立ち、水菜、ほうれん草はまずまずだけど多分そう先は長くなさそうな勢い。
まあ野菜セットの材料がとにかく目の前にあるというのはありがたい。



4月18日からの10日間。
天気はやや曇りがちで、雨の日がときどき。昨日は終日しとしと降り、今日は快晴。

先週の後半は用事があり、大洲と今治に小旅行(?)。
日曜は高校同級生Kくんちと久々に会って家ランチ。
出荷は通常どおりで、野菜セットは月火と木金の出荷を規則正しく。
合間に育苗の種播きなど。



GWが目前に。
4/29(土)は毎年恒例の「ゆうきでみせ」。
産業文化フェスティバルの「ふれあいエコひろば」テント群の一角、いつものローソン駐車場(旧大屋)を背にした歩行者天国で。
ゆうき生協の自然な食材のほか、うちの菜園からも野菜を少し持って行く予定です。
ぜひお立ち寄りください。9~15時。

<最近の野菜セットの例>
新玉葱(小)、春キャベツ、ほうれん草、水菜、まんば、わさび菜、大根まびき菜から。
今日から豌豆スタートで、スナックえんどう、絹莢、オランダ莢から。
セットによっては、在庫切れ間近のさつま芋。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月も後半、雨続く。

2017年04月17日 | 農と暮らしの日記
じゃが芋の1作目は発芽がほぼ揃い、2度目の中耕も済ませた。
1度目の中耕はまだ発芽がまばらな時期に管理機で軽く土を被せた程度。そして、今回は先に三角ホーで株間の草も削ったうえで管理機を使ってまた軽く土寄せ。
今年は芋が小さめでも早めに掘ることを徹底したい。それが結局は楽で歩留まりもいい。



15、16、17と、藤圭子ではなく、3日間の記録。
15(土)は曇りで高温、のち夕方から夜に雨、16(日)は晴れて高温、25℃以上、17(月)は曇りで昼前から時々雨、夜は本降り。

畑仕事は雨の合間、野菜セットの出荷の合間に。
ズッキーニ、ほうれん草、レタス類、水菜などの定植。
そして、トンネルをすべて取り外して片付け。雨の前、そして春の嵐の前に。



北朝鮮情勢が緊迫。
地震の備え、有事の備えと、天災・人災の危険が日常と隣り合わせ。せめてどちらかに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春本番、熊本地震1年。

2017年04月14日 | 農と暮らしの日記
連日20℃を超える陽気で、まさに春本番。
早春の葉ものを育ててくれたトンネルも、収穫が始まったものから順次撤去。写真の2列は大根でまだ「まびき菜」だけど、葉がトンネルに触れて焼けるので撤去。隣のレタス類はまだもう少し置いておく。



火曜から4日間の記録。
火・水と曇りがちで火曜は小雨。木・金は晴れて気温も上がった。桜は月曜か火曜あたりが満開だった感じ。きのう、きょうは花吹雪が美しい。

野菜セットの出荷のかたわら、畑仕事は時間が全然足りない。
じゃが芋やキャベツなどの中耕・除草、トンネルの片付け、あちこちの草の処理、そして、きょうは里芋も植えた。

先週から雨の日が増えてきて、予報では来週はほとんど傘マーク。
あす土曜もところにより一時雨。これが大雨にならないといいんだけど。



熊本地震から1年。
備蓄は増やし、場所も分散させた。日常の中に非常が発生する現実を直視して、畑や配達に出るときのかばんにも非常用のあれこれを入れた。

それでも、いろいろなもの、ことがまだまだ足りない。
足りないのを自覚しながら1年を過ごしてしまうのは、やはり危機感こそが足りていないからなのだろう。

東日本大震災発生後の福島からの情報に身が縮んだ何十日間。
熊本の地震発生後もたび重なった緊急地震速報に怯えた十何日間。
記憶を薄めないことが悲しみを少しでも遠ざけることにつながるはず。
まずはもう一段、備えのレベルを高めたい。

<最近の野菜セットの例>
葉つき新玉葱、大根、春キャベツ、まんば、ほうれん草、青梗菜(トウ立ち気味)、サラダ水菜、わさび菜、などから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入学式は桜、そして雨。

2017年04月10日 | 農と暮らしの日記
遅れていた桜が週末にかけて一気に開き、ほぼ満開に。
日曜は毎年恒例、自治会の三世代交流の花見が久しぶりに屋外で開かれた。この季節はどうしても雨が多く、近年は集会所に場所を移しての実施が多かったのだけれど、ことしは木曜から土曜が雨がち、月曜も雨、火曜も雨予報という中で日曜だけが奇跡的に晴れのち曇り。

この日の午前中は防災訓練。
放送とともに集会所に避難、その際に家の中に残っている人がいない場合は「無事です」のカードを玄関先に掲げて出てくるというのがことし初の試み。これも含めて地域の防災士さんらがいろいろなプログラムを準備してくださり、その間に班長らが各家の「無事です」カードを確認しつつ、町内のあちこちに備えてある消火器の確認、防火用水等の確認。

花見は11時ごろから14時頃に中締め。
いったん帰宅して野菜セットの荷造りをし、16時過ぎごろに戻って片付けの手伝い少し。



月曜は小学校、高校の入学式。
小学校の入学式は縁遠くなってしまったけど、今年はこちらも桜満開でよかった。ちょっと雨がちだったけど、まあ新年度は仕方がない。
特に新年度のしばらくの間、車を運転する側で細心の注意を払わなければ。
真も入学式が終わり、無事?高校生に。

<本日の野菜セットの例>
葉つき新玉葱、大根、葉ものはまだゆる巻き春キャベツ・体菜(しゃくしな)・まんば・菜の花から2~4種、それにサラダ水菜・わさび菜・ちりめん芥子菜のサラダ野菜ミックス。
セットによって、里芋・さつま芋のいずれか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小麦出穂、米シリア攻撃。

2017年04月08日 | 農と暮らしの日記
小麦がいつの間にか出穂していた。
毎日の収穫時にちらちらっとは見ていたつもりだったが、この1日、2日のことかもしれない。過去のブログの記録をちょっと見てみたら、どうやら例年より少し早い。早いけど、それほど目立って早いわけでもない。数日かせいぜい1週間か。
ああ、もうそんな季節なのだ。



水・木・金・土と天気は次第に下り坂。
昨日は未明から朝に降り、きょうもしとしとと降ったりやんだり。

桜がようやく開き始めたと思ったら、一気に見頃になった。
しかし、雨。

渚は大学の入学式があった。
もちろん親はふたりとも出席せず。

たまたまPCに向かっていたら、どうやら式のウェブ中継をしている。
ずっと眺めているわけにはいかないから、学長や来賓の挨拶を聞きながらPC作業。

こんな時代になったのだな。
というか、それなら大学なんてキャンパスに行かなくてもいいのかもしれない。逆にいえば、せっかく体ごとそこに移動して、毎日ごくろうさんで通学するわけだから、それはそれなりの果実があるのかもしれない。

畑もやっぱり足を運ばなければ。
って、当たり前。



米国がシリアの空軍基地を攻撃。

<今週の野菜セットの例>
大根、葉つき新玉葱、まだゆる巻き春キャベツ、菜の花。
セットによって、里芋・さつま芋のいずれか、葉ものはほうれん草・体菜・まんば・サラダ水菜・わさび菜・大根まびき菜・小さい玉レタスなどから3~4種。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の陽気、桜はまだまだ。

2017年04月04日 | 農と暮らしの日記
五月人形を出した。
雛飾りを片づけたその勢いで、そのまま入れ替え。今年は旧暦と新暦のずれ幅が狭く、弥生三日は先月末に過ぎ、旧暦皐月の五日は新暦の5月末。



年度初めの4日間は初夏の暖かさになった。
きょう火曜はおそらく20℃近く、暑いくらい。ようやく桜が少しだけほころび始めた。

ところが、週末にかけて雨の予報が出ている。
木、金、土、日と傘マーク、ということでサラリーマンのお花見は最初から店に直行という感じだろうか。まあ都会と違ってこのあたりでは、職場の花見を本当に桜の下でやるというところも少ないのではないかと思われる。
僕が知らないだけかもしれないけど。どうですか?

畑仕事は片付けの耕耘、温室内で育苗の種播きなど。
月火はふだんどおりの野菜セットの出荷。



新年度になり、畑仕事の携帯ラジオも、番組改編がちらほら。
そして、アナウンサーなどの交替もあって、なんとなくさみしい気分もある。

聞くともなく聞いていたNHK第一の土日午前の番組。
職員ではなくたしか契約アナウンサーの松本慶子さんも交替組で、しかも今後はアナウンサーではなく「つくる側」になると話していた。ディレクターみたいなことだろうか。こういうのは放送局ではわりとあるようだ。アナウンサーであっても自身が番組を制作するということもあるようだから、その壁はわりあい低いのかもしれない。

このあいだ、日曜の夕方に、久しぶりにFM横浜を聞いた。
パソコンでラジコで聞いてみたら、懐かしい北島美穂さんじゃないか。神奈川にいたころは平日午前のワイド番組の顔(見えないけど)だったのだけど(だから会社員時代は聞けず、相原農場での研修のときに聞いていました)、どうやら昨年それは卒業したらしく、日曜夕方の番組に移っていた。この時間帯はたいてい畑にいるから、ガラケーの僕はたぶんふだんは聞けない、残念。あとで聞くやつ(名前忘れた)で聞くかな。
いや、そういうのはよほどじゃないと聞かない。

それから、NHK第一の夕方が残念なことに。
17時からは全国的に「先読み夕方ニュース」なのだけど、4月から愛媛ではこれまでの月曜に加えて、火・水・木も松山ローカルの番組なのだそうだ。金曜は四国ローカル。まあ僕みたいにニュース、ニュースという人は少ないのだろう。だけど、午前も午後もワイド番組でガハガハ笑ってる時間帯が多いから、5時からのニュース番組は楽しみにしていたので、ちょっとショックだ。
ただ、きのうのアラスカ写真家の松本さんのインタビューはよかった。

もしかすると、その時間帯はFM愛媛にするかもしれない。
開局以来30年以上続いているFM愛媛の「ハーフ&ハーフ」、テーマ音楽も同じというのがすごい。昼のいこいに追いつけ追い越せだ。大相撲のときはNHKに戻る。
いよいよ、じいさんになってきた。

<本日の野菜セットの例>
大根、葉つき新玉葱、葉ものはほうれん草・まんば・まだゆる巻きの春キャベツ・体菜から2~4種、そして菜の花。
セットによってはほかに、里芋・さつま芋のいずれかまたは両方。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トンネルぽかぽか、あすから4月。

2017年03月31日 | 農と暮らしの日記
トンネルの中で生育中の春播き一番手の野菜たち。
例年ならこの時期にもう収穫を迎えるものもあるのだけど、今期は露地で冬越しさせて早春に採る作型のものを増やしていたので春播きは遅めのスタート。わさび菜、青梗菜、サラダ水菜など、このトンネルはあと2週間くらいで収穫開始か。
畑が乾いた状態で定植したので、草も少なくて助かる。



3人暮らしとなった藤田家族の1週間。

月・火・水と真は春休みを利用してのひとり旅。
4月から高校生ということで今回は初の宿泊込み、青春18きっぷ利用で鳥取方面へ。瀬戸大橋を渡る快速マリンライナーを除いて各駅停車乗り継ぎの旅なので、初日は日本海にたどり着くのがやっと、2日目は沿海部を東へ移動、3日目は一路四国へ戻るという、ほとんど移動ばかりの旅だったようだ。宿泊は2泊ともドミトリー型のゲストハウス。これで真もバックパッカーになったわけだ。
鳥取のみなさま、お世話になりました。

みなさんも四国方面への旅をぜひ。
鉄路は瀬戸大橋、自転車ならしまなみ海道からどうぞ。西条周辺はゲストハウスもまだ少ないけれど、安価なビジネスホテルがたくさんあります。



やや雨が多く、乾くのを待ってはあれこれ定植や、耕耘。
葉ものがどうにか採れているので野菜セットは休まず出荷中。

あすから4月、新しい年度が始まる。
少し寒いですが、みなさま、よいスタートを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

震災6年、恐怖薄れる。

2017年03月24日 | 農と暮らしの日記
毎年恒例、早春の消防観閲式。
今年も僕自身は特にお役目もなく、入場行進したあとは整列しているか”休め”しているか。
河川敷なので、3月といっても震えるほど冷える年もあるのだけれど、今回はぽかぽか陽気で助かった。

詰所に戻って片付けしたあと、皆さんは場所を移してにぎやかな(多分)反省会、僕は欠席。
畑を始めてからは、昼からはなかなか飲めない。



前の日記が3/10だから、2週間ぶり。
といっても、この日記が24日付けになっているだけで、実は書いているのはそれよりさらに1週間後。
あんまり長い日数分をまとめて記事1本というのも若干気が引けるので、2つに分けた。



3/11は東日本大震災の発生から6年。
被災地ではまだまだ厳しい状況が残り、続き、また新たにな困難も生まれている。
地震防災の対策は全国で進んでいる一方、原発事故への恐怖や反省というものは確実に薄れている。

この2週間ほど、畑ではあれこれ植えたり冬の畑を片づけたり。
定植したもののうち、キャベツ以外はまだトンネルで。4月以降は完全な露地栽培なる予定。

渚は4月の進学を前に、22日に家を離れた。
生まれてから小1まで過ごした土地に限りなくUに近いJターンで。
ざっとおおまかな引っ越し作業だけ薫が同行して手伝い。

真は16日に卒業式があり、翌日の発表で県立高校に合格。
というわけで、3週間以上の長い春休みに突入。

<最近の野菜セットの例>
里芋・さつま芋のいずれかまたは両方、小さい人参はほぼ終了、大根はややス入り気味。
葉ものは、水菜、ほうれん草、春菊、まんば(高菜)、リーフレタス、菜の花などから3~5種。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の強風、小麦すくすく。

2017年03月10日 | 農と暮らしの日記
小麦は穂がぐんぐん伸びている。
やはり暖かい冬だからだろうか、例年に比べて生育が早いように感じる。



ほぼ1週間分を、まとめて記録。

週の前半は風が強く、後半にかけて気温が高め。そして、水曜に雨。
気象状態もいよいよ春の雰囲気になってきた。

月、火、木、金はいつもどおり野菜セットの出荷が中心。
水曜がちょうど雨で、机仕事など。

渚は木曜に高校卒業後の進路が決まった。
真はその日に高校入試が終わり、結果は来週。

<今週の野菜セットの例>
里芋・さつま芋のいずれかまたは両方、小さい人参、大根(源助は終了)。
葉ものは、水菜・リーフレタス・ほうれん草がベースで、セットによってほかに春菊、まんば(高菜)、菜の花から。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春キャベツ、お好み焼き。

2017年03月05日 | 農と暮らしの日記
春どりキャベツが少しずつ巻き始めている。
10月に播いて11月に定植し、畑で冬越しさせたものだから、一般的な栽培の暦だともう少し早いのかもしれない。冬の野菜が次々に片付いて春の端境期に入るこの季節、柔らかく巻いたキャベツが野菜セットに入れば、出荷する側とすればとても心が安らぐ。

キャベツを嫌いだという人は少ないようだ。
野菜セットからキャベツを外してほしいという声は聞いたことがない。もとより本来のど真ん中の旬である冬にキャベツがなかなか入れられない藤田家族の現実だからそうなのかもしれず、もし真冬に立派なキャベツを毎週入れ続けたら、「たまにはお休みにしてください」と言われるかもしれない。もういらないと言われるくらいに入れたいキャベツ。
変な目標だけど。



日曜、晴れ時々曇り、午後は曇り。
朝ごはんは、いずれも昨日の残りの白玉汁、大根と厚揚げの炊いたの。

午前:消防団の水利点検と独居高齢者宅の見回り・火災警報器設置の確認。
昼ごはんは、渚がつくった鶏玉葱丼と、消防で出たお弁当も少しずつ分けて。

午後:収穫、成人お祝い配りの続き(住所の不明が多くてなかなか終わらない)、机仕事。
晩ごはんは、上記のじゃない、お店で買ったキャベツでお好み焼きと焼きそば、ごはんの炭水化物3兄弟。
ついでに日本酒も飲んだ。



どうやら本格的に花粉の季節。
なかなか気をつけようもないけど、みなさまもどうぞご安静に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほうれん草、雛祭り。

2017年03月04日 | 農と暮らしの日記
ほうれん草のおひたし。
茹でてざるに上げたら自然に冷まし、絞るというよりもごく軽く水を切る。
包丁で切り、人数分の器に各部位を少しずつ均等に盛る。

冬播きのほうれん草が収穫できる大きさになってきた。
姿は秋播き冬どりのものよりいいのだけど、やはり味がいまひとつ。甘味が違う。といって、うちの冬どりほうれん草は小さすぎて使いにくい。野菜セットに入れるとき、やはり大きいほうが気が安らぐ。
味と姿、両立できるようにしなければ。



土曜、晴れときどき曇り。
朝ごはんは、鰯の丸干し、昨晩の根菜味噌汁ですいとん。

午前は葱苗のマルチを片づけ、周辺の畑を春作向けに耕耘。
昼ごはんは、春雨のスープ、厚揚げと大根の炊いたの。

午後は温室で育苗の種播きあれこれ。
晩ごはんは1日遅れで、雛祭りのちらし寿司、今年は鮭入り。白玉汁、さつま芋と竹輪の天ぷら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加