迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

宮廷画家ゴヤは見た

2008年10月08日 | か行 外国映画
舞台は1792年のスペイン。時の王はスペイン・ブルボン朝のカルロス4世だ。おっとりで、狩りが大好きで、ちょっと小太りの様子は、ブルボン家の血筋なのかもしれない。

(似てる・・)



その3年前に、お隣フランスで吹き荒れた革命の嵐は、ヨーロッパ各国の宮廷を恐怖に陥れたが、まだそれほどに切迫感はない。「どうせ、民衆が立ちあがったとしても、そんなのは烏合の衆の遠吠えにすぎない」と思っている頃。

さすがにそれまでの旧態然とした、中世さながらのカトリックにがんじがらめになっている政治ではまずい・・・と思うべきだが、そのような機転のききそうな王ではない。

世界は確実に前に進んでいる。しかし、教会の中は一歩も前に進んでいない。世界が前に進んでいることを知っているのは、紛れもなく民衆であり、そのことをなんとか表わそうとしていたのが、宮廷画家ゴヤであった。

宮廷画家という特権的な立場にいつつ、世の中を風刺し、古臭い教会のかび臭さを絵で痛烈に批判する。その一方で神父の肖像画を描き、金にもあざとい。映画で見る限り。ものすごい才能あふれながら、フレキシブルで、芸術家にありがちな頭こちこちの人間ではない。



そのゴヤが、ある女性の肖像画を描いていた。町の有力な商人の娘、イネス。

描かれた絵でも、その美しさが際立っていた。同じころに同様に肖像画を描いてもらっていたのが保守的で、最近のカトリックのまだるっこしさに批判的なロレンソ神父であった。我々教会は、昔のように異教徒の摘発を厳しくしなければならない。生ぬるい。教会の権威を取り戻さなければならない。



ある日、ほんの些細なことで、イネスは異端の疑いをかけられてしまう。本当に異端であるかどうかなどは問題ではない。どんな手段をとってもいいから、本人に異端であると認めさせればいいのだ。

帰ってこない大事な娘を心配して、イネスの父は、財力を駆使して、なんとか娘を助けようとする。その時に頼りにしたのがゴヤだった。宮廷にも顔が利き、神父の肖像画を描き、世の中のことをよく知っている。

ロレンソ神父を自宅に招き、彼に迫る。娘は異端ではない!尋問(拷問)によってユダヤ教徒であると、強要されたのだ。拷問など、前世紀の遺物をいつまで続ける気か。

いや、神への信仰が真実のものならば、拷問なので強要されるはずがない。神が偽りを言わせるはずがない・・・。

そこで、イネスの父は実力行使に出る。ロレンソはそこで、まざまざと人間の弱さを痛感する。自分が信じてきたものは何なのか。いや、今までだって信じてきたわけではない。信念だと思っていたものはただの方便なのか。ロレンソは、父になんとかしようとその場を繕って、娘のいる牢に行く。



牢の鎖につながれたイネスは美しかった。自分を守る布切れ一つつけていないイネスは神々しい。今まで見たナタリー・ポートマンで、一番美しかったような気がした。

尋問のおろかさを自ら証明してしまったロレンソは、お尋ねものになってしまう。教会が血眼になって、ロレンソを探す。しかし、すでに彼は消息を絶つ。そして15年後・・・。



崇高な理想のもと、フランス革命は断行され、王であること自体が罪であったというルイ16世は断罪され、ナポレオンがヨーロッパを席捲していた。王を断罪したはずのナポレオンは、自らの兄を王にしたて、自分は王たる王、皇帝についていた。

ナポレオンの化けの皮はすでにはがれていたが、その権力ににじり寄って、古いものをぶち壊そうとする輩には、格好の錦の御旗である。いまや、彼に逆らえるものなどいない。気に入らないものを追い落とす絶好の機会になるのだ。

古いものから新しいものへ生まれ変わるときの生みの苦しみ・・。時代の流れの必要な犠牲とは言いたくないが、こうやって人々は多くの、本当に多くの数え切れない人々の命を代償に時代を動かしてきた。そうやって生み出されたものは、崇高なもののはずなのに・・・。

時代の劇的な変化を画家ゴヤの目から見た革命だ。かちこちの保守派のスペインは、カトリックをかたくなに守り、200年前とほとんど何も変わらない頭の固い様子を見せている。

あの異端を取り締まろうとする教会の聖職者たちは、滑稽を通り越して、哀れにさえも見えてくるが、その自分たちの姿をまるで客観的に見れない様子は笑うしかない。枝葉末節、重箱の隅をほじくるように無理やり異端の罪をかぶせ、拷問で告白させる。

そうやって人間たちは自分と違うものを見つけ出し、排除し、それが自分たちを守っているのだと思い込まされてきた。時と場合と国の違いによって、排除されるべきものは、変わっていくが、弱い人間たちが自分を守るために、営々と行ってきたものだ。

人間の弱さをまざまざと見せられたが、この矛盾に満ちた、悪意の渦巻く世界で生きていかなければならない人間の、なんと生きにくいことか。まともに立ち向かい、生き抜こうとすれば、どれだけの強い精神力がいるか・・・。

ミロス・フォアマンの映画には、精神を病んでしまった人が多く映し出される。それは残酷な世の中で生きた人間の、闘ったあとの姿のようにも見える。

見せた。さすがにうまい。さすが映画の達人。映画に力があった。あまり得手でないナタリー・ポートマンなのだが、この映画のナタリーはすごい。半端でない。目を見張った。

◎◎◎◎●

『宮廷画家ゴヤは見た』

監督 ミロス・フォアマン
出演 ハビエル・バルデム ナタリー・ポートマン ステラン・スカルスガルド ランディ・クエイド ホセ・ルイス・ゴメス ミシェル・ロンズデール マベル・リベラ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落下の王国 | トップ | ゲット・スマート »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど! (miyu)
2008-10-13 16:54:40
確かにこの作品には力が感じられましたね。
サスガ!名匠!ですが、
75歳でしたか?そのお年でこれほどパワフルな作品を
撮り上げてしまうのは素晴らしいですね。

今回もsakurai先生にお勉強させてもらっちゃいました。
映画の中で分からなかったところも細かく解説して
いただき感謝です~♪
>miyuさま (sakurai)
2008-10-13 22:27:58
おこがましくも、私、この作品、甘く見てました。
こんだけ力のある、エネルギーあふれる作品だとは思いませんでした。見せましたねえ。
王様の絵を描いていたかと思うと、上記の処刑の絵のように、激動をまさに生きたゴヤ。
とっても興味深く、私も改めて勉強になりました。
しっかし、カルロス4世が、ランディ・クエイドと似てて、笑ってしまいました。
Unknown (keyakiya)
2008-10-13 23:52:18
観てきました、ナタリー・ポットマンを。
観る前はゴヤの伝記物かな程度の感覚でしたが、いえいえ、ゴヤは客寄せで、実は、ロレンソ神父とイネスの歪んだ愛の物語でした。愛の形にもなっていませんが。いわゆる時代に翻弄された人生は哀しすぎます。

ポットマンさんは、この映画では凄い女優さんでした。勝ち気のある表情が魅力ですが、いろんな女の姿を見せてくれ、次作が愉しみになりました。
>keyakiyaさま (sakurai)
2008-10-14 09:03:26
いつものように、微妙に見せるようで見せないナタリーちゃんでしたが、この体をはったナタリーは、見せましたね。迫力でした。
いや、あれは愛の形でしたよね。純粋な。

『ブーリン家』も楽しみになってっきました。
Unknown (keyakiya)
2008-10-14 21:13:14
こんばんは。
>いや、あれは愛の形でしたよね。純粋な。
そうですねー。ナタリーさんからすれば、まちがいなく純粋ですが、
男の神父さんからはどうなんでしょうか。
そこがどうもわからなくて。
ですから、よけい哀れさを感じるのです。

>keyakiyaさま (sakurai)
2008-10-15 08:22:08
愛なんてのは自己満足もありですから、イネスは満足でしょうね。
ただそれまでのあまりの悲惨な状況を人は堪えうることができない。それほど強い生き物ではない人間の姿を監督は描いているいるような気もしました。
ロレンソは純粋な愛をないがしろにした末路が待ってましたが、それも人間の姿だなあと。
Unknown (mariyon)
2008-10-15 11:24:00
イネスの純愛は、ほんとうに涙を誘います。
すごく、美しいし、さらに
母親としての愛も哀れでたまりません。

でも、イネスは獄中、この愛で生きていることができたんだろうと思います。
なにもかもを捨て、無になって、
すべてを愛の力に任せたことで
最低限の正気を保っていれたのだと・・・。

史実とフィクションをうまく扱った作品で
久々に、ほんとうに良いものを観たと
心から思いました。
>mariyonさま (sakurai)
2008-10-15 13:51:33
事実と絡ませ、うまい話でしたね。
ロレンソ神父に全幅の信頼を置いてる様子が表情から伝わりました。
このナタリーは絶品でした。
あたし、あんまり好きじゃなかったんですよ。
なんかねえ、どっかにバリアがあって、いまいちつき切れない何かがある。
今回のナタリーは、突っ切ったものを感じました。

旅行行ってきたんですか?いいなあ。
紅葉狩りもいい頃ですね?
今晩は☆彡 (mezzotint)
2008-10-28 00:15:24
sakuraiさん
今晩は☆★
コメント並びにTBありがとうございました!
何といっても、ゴヤの銅版画制作シーンが気になりました。もう少し場面があるといいのですが・・・。
元々ヨーロッパから入ってきた技法なので、300年前はどうなのか?薬品もどんなものがあったのか?と思い巡らしておりました。もちろん作品もなかなか素晴らしかったですよね。ナタリー・ポートマンの汚れ役は驚きました。ハビエル・バルデムももちろん凄いですが。時代設定ですが、18世紀末のスペインを選んだのも、現代社会と似ていることからだそうです。sakuraiさんの言われるように価値観。移ろいやすく、先行きが不安な時代の空気が、驚くほど似ているからと監督は語っておられます。イネスとアリシア、似すぎ!!おっしゃるように2役は、ちょいと不自然ですよね!
>mezzotintさま (sakurai)
2008-10-28 08:30:35
うんうん。
銅版画の製作シーンのときはmezzotintさんを思い出しました。
ちょっと短かったですかね。
ま、そこがメインじゃないですからね。
ナタリー・ポートマン、今までそれほど好きな役者さんじゃなかったのですが、この映画で見なおしました。
本当にすばらしかったです。
どの時代でも、探せば興味深い出来事があると思うのですが、やはり面白いのはこの辺のヨーロッパですかね。この劇的な価値観の転換がどのくらい人々に影響を及ぼしたか・・・。それを見ていたゴヤの視点。
ミロシュ・フォアマン、いい映画作ってくれました。
こんにちは! (由香)
2008-11-26 11:51:24
お邪魔します♪
映画でよく分からなかったところがありましたが、sakuraiさんの記事を読んで分かった気になってきました!(笑)詳しい解説をありがとうございます。

私は細かいところなのですが、ロレンソという人間は何だったんだ?!と疑問を抱いちゃったんです。
『まざまざと人間の弱さを痛感する。自分が信じてきたものは何なのか。いや、今までだって信じてきたわけではない。信念だと思っていたものはただの方便なのか。』
う~ん、そうかぁ~あそこからロレンソは変わったのかもしれませんね~

ナタリーは凄かったですね!演技に磨きがかかってきたような、、、これからも目が離せません。
>由香さま (sakurai)
2008-11-26 19:41:51
時代背景の表わし方もなかなか見事でしたが、普遍的なテーマも垣間見えて、歴史的な面からだけでなくても、十分見ごたえあったと思います。
ロレンソという人は、とっても典型的な人間だったと思います。
その辺にごく普通にゴロゴロいた、典型的な神父。普通に神を信じ、普通に信仰し、異教徒を憎む。
それが自分の信じてたものが、これだけ簡単に覆されたということを自ら体験して、変わったんでしょうね。
というより、自分はそういう人間だったんだ!ということを気付かされた・・・かな。

とにかく見ごたえあった作品でした。
明日ですね (メル)
2009-05-03 00:01:49
sakuraiさん、こんばんは~♪

3日がお祭りということは、明日ですね。
息子さん、はりきってるかな?^^
あちらのコメントバックにもチラッと書きましたが、こちらは5日がお祭り。
やはり毎年息子が小学校の時は、山車曳きにでなくてはならず、高学年になったら、お囃子もやらねばならず、いろいろ忙しかったです。
でも、お役目終了しても、GW中に遠出ってしたことないんですけどね(^^ゞ
結局中学になったら部活がGW中もあったり、練習試合とか試合とか、なんだかんだ忙しくなってしまって。

sakuraiさんのところも、今年が最後なんですね~。
万歳叫びたくなる気持ち、わかりますわ(^ー^* )フフ♪

んで、この映画ですが、
良かったです、ほんとに。
フォアマンの本領発揮でしたね~。

歴史の流れを知ることにおいても、とても興味深い内容でしたし、そこに描かれた人物たちの人間性や、人が持ってるずるさや宗教観などなど、興味が尽きることがありませんでした。
すごく濃密な2時間で、あっという間でした。

sakuraiさんが書いてらっしゃるように、
こうやって昔から自分と違うもの、自分にそぐわないものを排除してきたんですよね~。
それは今でも変わらず。
人間って本能的にそういうものが組み込まれてるのかな~・・・。
トップにいる人によって、モラル自体も
変わってしまい、何を信じて良いのかわからないくらいですよね。
この現代という時代も、後々”こうこうこうだった・・”ってな感じで、歴史映画とかになったりして(^_^;)
>メルさま (sakurai)
2009-05-03 11:46:42
朝から、だれかさんが張り切って赤飯蒸かしてますよぉ。
子供の行列は今年で終わりですが、田んぼに囲まれたこの辺では、村のお祭りが何より大事みたいで、お祭りのないとこで育ったあたしは、どうもなじみません。
でも、日本史で、「春と秋の祭りは、日本人にとって、なにより大事だったんだぁ!!」などと教えてるのですが、・・・・心から実践できてません。だめですねえ。反省。

さて、ゴヤ!!老匠の域に達したようなミロスですが、うまかったですね。さすがに見せました。
人間の弱さと言うか、心情と言うか、その辺の描き方は本当にうまい。うなりました。
で、歴史と宗教をうまーく配置して、無理なく見せる。さすがです。
こういう人間のあり方の映画を見せられるたびに、いったいこの生き物の存在価値はなんだろう・・・と思うのですが、存在価値を考えさせるために存在しているんだろうか・・・とかね。
なんか哲学的になってきた。
やっぱり歴史映画はやめられません。
こちらにも (なな)
2009-05-10 23:33:21
宗教も歴史も絵画もみんな好きなジャンルなので
劇場では観れなかったのですがDVDを待っていました。
さすが「アマデウス」の監督さん,重厚でしたね。
愚かしいカトリック教会の異端審問にせよ
ナポレオンの名のもとに暴虐を働くフランス軍にせよ
誰がその国で最高権力を握るかによって
価値観も信条も翻弄されてしまう悲劇の時代だったのだなぁと思いました。
ポートマンは凄いですね!ハビエルも・・・
確かにポートマンは過去作品の中でも一番美しく見えました。
>ななさま (sakurai)
2009-05-11 15:54:00
絵画はいまいち素人なんですが、銅版画を作るシーンは、興味深かったです。
ああやって作るんだ!って、もっと見たかった。
あの異端審問は、愚かしいそのものなんですが、彼らは彼らで信念を持ってやってたよう気がするんですよ。
そこがまた愚かしいことですが、自分にしっかとした自信がないと、信念も簡単にうつろうんでしょうね。
ポートマン、見直しました。全部見せてくれると、一段と評価を上げるんですが、彼女の契約の問題とかで、事務所が見せられないと。
でも、神々しさはがんがん来ましたねぇ。
おじゃまします (ピロEK)
2009-11-30 15:35:38
おじゃまします。
どの面下げてコメントにきやがった…というほど時期を逸してしまい申し訳ありません。
お仕事も忙しかったですが、ゲームにもうつつを抜かしていたピロEKです。

で、その時機を逸した映画のお話です。
またもや怖いスペインを感じた映画。
この後観た「アラトリステ」はヒロイックでこの映画とは全然違いますが、それでも戦争だ、暗殺だ、梅毒だと…怖い要素は満載。
やっぱ住みたくないです。
特に異端審問なんて…ほぼ宗教観の無い私からすれば本当に怖い話で…

では、また来させていただきます。
今後とも宜しくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2009-12-01 08:45:38
いえいえ、忘れずにはるばる来ていただいて、嬉しい限りです。
またどうぞよろしく。

スペインの複雑な歴史がこの映画の背景になってるかと思います。
ジブラルタル海峡の意味とか、カステラの意味なんかを知ると、スペインって、深い・・と。
一度は行きたいと思ってます。
Unknown (アイマック)
2010-08-27 17:13:20
こんばんは!
ナタリーのメイクはショックでしたが、すごい女優さんだね。
草稿中だった記事なんで、少し内容を忘れてますが(笑)
宗教、思想、時代に翻弄される人々、人間の醜さが伝わってきて、見応えある映画でしたー。
サスガです!
>アイマックさま (sakurai)
2010-08-28 11:28:33
口元まですごいことになってましたもんね。
ま、この監督さんは造作にとことんこだわる作品が多いですが、女性をこんだけいじったのはあまり見たことないです。
それにこたえたナタリーに拍手でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
宮廷画家ゴヤは見た (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、立ち入り禁止の、愛。』  コチラの「宮廷画家ゴヤは見た」は、10/4公開となった「カッコーの巣の上で」、「アマデウス」、「マン・オン・ザ・ムーン」の名匠ミロス・フォアマン監督が、”スペインの天才画家ゴヤの目を通して、愛の真実に迫る問題作”なの...
宮廷画家ゴヤは見た ( Art- Mill  あーとみる)
宮廷画家ゴヤは見た HP  http://www.goya-mita.com/ 18世紀スペインの激しく揺れ動いた時代に、ゴヤは生きた。異端尋問という徹底した異端排除の論理の中で、ゴヤは辛くも生き抜いた
宮廷画家ゴヤは見た (週末映画!)
期待値: 85% 18世紀スペインが舞台の映画 出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステ
異端審問「宮廷画家ゴヤは見た」を鑑賞 (映画感想 瞼のスクリーン 第二章)
GOYA'S GHOSTS 評価 8  監督は「カッコーの巣の上で」「アマデウス」「マン・オン・ザ・ムーン」などの監督で数々の映画賞受賞やノミネートを成し得てるミロス・フォアマン監督。そうとは知らずの鑑賞だったけど、とても好みな、とても見応えある映画でした。  良かっ...
宮廷画家ゴヤは見た▼△ (銅版画制作の日々)
 天才画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、少女と神父の数奇な運命とは? 10月18日、新京極シネラリーベにて鑑賞。「ノーカントリー」で、アカデミー賞助演男優賞に輝いたハビエル・バルデムがロレンソ神父という役で登場。この役もなかなか彼のキャラに合っている。そし...
宮廷画家ゴヤは見た (★YUKAの気ままな有閑日記★)
私の住む地域では上映予定がなかったはずなのに・・・急に上映が決まったみたいということで、チラシも予告も見ず、何の前知識もなく観に行ってみた【story】18世紀末スペイン。ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任...
宮廷画家ゴヤは見た (Addict allcinema 映画レビュー)
それは、立ち入り禁止の、愛。
「宮廷画家ゴヤは見た」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
見応えのある作品でした
宮廷画家ゴヤは見た (虎猫の気まぐれシネマ日記)
絵筆が暴く,愛の裏側ー2枚の肖像画に描かれた少女と神父の数奇な運命とは?アマデウスのミロス・フォアマン監督の,文芸歴史サスペンス。今回の舞台は,18世紀の激動のスペイン。ハビエル・バルデムがてっきりゴヤの役かと勘違いしていたら,彼は神父ロレンソの役だっ...
【映画】宮廷画家ゴヤは見た…ナタリーは微妙。スペインは怖い。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今朝{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/}は朝一番から投票に行ってまいりました。 投票開始時間に行ったのは初めてで、投票箱チェックも初めて見ましたよ(残念ながらチェックしたのは私じゃなかったんですけどね{/face_acha/}) で、その後「仮面ライダーディケイド」の最終...
宮廷画家ゴヤは見た (小部屋日記)
Goya's Ghosts(2006/スペイン・アメリカ)【DVD】 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガルド/ランディ・クエイド/ホセ・ルイス・ゴメス/ミシェル・ロンズデール それは、立ち入り禁止の、愛 ゴヤという...
映画『宮廷画家ゴヤは見た』を観て (KINTYRE’SDIARY)
83.宮廷画家ゴヤは見た■原題:Goya'sGhosts■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月4日、渋谷東急(渋谷)□監督・脚本:ミロス・フ...