ぬるい気持ちで、ええんちゃう

頑張ってもどうにもならんこともある。
”しゃーないやん!!”ってぬるい気持ちのときもあるよ。

昨日、今日、明日

2017-03-22 17:41:59 | 雑感

本日は3月22日でおいらの生誕60周年なのである。昨日の雨のような日でなくて晴れてて良かったな。
でも昨日と同じに朝もいつもの時間に起きて会社にも自転車で来て忙しくてヒィヒィいいながら仕事するならいいけど、これから我が社はどうなる???ってことで ハートがヒリヒリするような毎日であり、たぶん明日も同じなんだろうなって思う。
そんな代わり映えもしない毎日でも今日は一応区切りの日なので気持ちだけでも昨日と今日とは切り替えておきたいと思う。
そんなことで、これからの1年も今までの1年と同じように可もなく不可もなくでいいので過ごせればいいな。 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラッシュアップ

2017-03-21 18:17:22 | 冬のスポーツ

この3連休、長野県の有名スキー場に行ってきた。
先輩と後輩がもう何年も通っているスクールがあって、そこで教えてもらっているのをその先輩・後輩から伝え聞いて自分なりに理解したつもりで練習しここまでやってきたけど、お金も払わず人づてに技術を盗んでいるようで気が引けるなぁってことで一度くらいは実際にスクールに参加することにした。おいらのスキー人生のスタートが小学生やったので、もうかれころ始めてから50年になる。鉄砲でも弓矢でも(実際にやったことないけど)何度も何度も繰り返してやっているうちにそれなりに的にも当たるやろし、ゲレンデでうまいなと思ったらこそっと後について滑って体の動きとかを盗んで真似してここまできた感じ。まぁ何とかなるもんやと思ってたけど、実際にプロの先生に教えてもらうと基礎がまったくできなくて泣きそうになった。それもプロの先生がかわいい女の子やもんな。これがおいらのスキー人生だ始めて受けたレッスンやと言うのにな。

赤いウエア着た女性が先生。ほんまにかわいい子やった。滑りもエレガントやし、おっちゃんなら絶対に惚れるわ、まちがいない。

いつものように金曜日の夜に出て土曜日未明に到着。大広間で仮眠取らせてもらって広間にじっとしてても寒いだけやし仕度して滑りにいく。天気はそこそこでもさすがに志賀高原、気温が低くてさむいやん。
レッスンは昼からで基礎練習させられてぜんぜんできない自分に情けなくて悲しい気分で初日終了。
2日目は朝起きたら雪。もう3月も終わろうとしているのに吹雪ではないか。どうやら夜から降っていたみたい。

窓辺に置いていたビイルも雪まみれになっていた。
当然ながら北からの風も吹いて寒い寒い。リフト乗っていても2月か?って感じ。

この景色が翌日になるとドピーカン。
こんな景色になりました。

同じリフトから撮った同じ方向の写真。雪のような天候と晴れた天候でこんなけ違うやな。最終日がこんなんで一気に顔が真っ黒、いや真っ赤になってしまったよ。

いろいろと教えてもらって今まで自分で理解して練習していた方向性に間違いはないのが分かったのが収穫。後は今回美人先生に教えてもらったドリルを使って動きをスムーズにできればレベルは上がるかな。わからんけど。
今シーズンはこれにて終了。冬のシーズンも終わった。白い雪のゲレンデにありがとうといいたい。

と思ったのに、このスクールが4月の終わりにシーズン最終のイベントで打ち上げみたいなことをするみたい。特に参加するつもりはまったく無かったのに、連れてきてもらった先輩や後輩の言うことにうんうんと返事してたら参加することになっていたみたい。
まだシーズンは終わらんのかい!! 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モンキー

2017-03-17 17:39:12 | 雑感

“モンキー” サルではない。ダンスでもなく二輪車のこと。
 
こいつのこと。ホンダモンキー50なのである。
つい先日に新聞の経済欄にこのモンキーが発売されて今年50年になるらしい。つまり1967年から販売開始されたらしい。その記念モデルが今年発売するとの記事やった。しかしこの50周年モデル、50CCでありながら30万円を越える値段らしい。信じられんわ。モンキーやで、モンキー。誰が買うんかな。

おいらが高校生で16歳で原付免許を取った時にはもうすでに街中を走っていたはずやのにあまり印象にないな。当時おいらの友達連中はおおむねトレールモデルに乗る奴が多かった。スズキハスラー50であったりヤマハのミニトレと言うほうがなじみがあるGT50とか。カワサキはぜんぜん50CCのバイクに印象が無いし、あったのかな。まったく記憶が無いわ。ホンダは当然スーパーカブ。まぁ家にある父ちゃんのを乗ってるって奴がほとんどやったけど。おいらはなぜかダックスホンダ。今となってはなぜダックスにしたのかも覚えてない。中古やったし安かったからかなぁ。
で、そのダックスもほかのに比べるとシート高が低いもんでかなり異質なポジションやった。 それよりもさらに小さいモンキーやったもんで、それほど人気があったとは思えんけどなぁ。なので、なんで今って感じがする。ダックスを復活させたほうが人気が出そうな気もするけど、どうかな。調べてみたらダックスのほうが発売が遅くて1969年らしい。再来年に50周年の記念モデルが出るやろか。出ても30万もしたら買わんけど。

高校3年のゴールデンウィークやったかに紀伊半島半周した際に浜島から御座までのフェリーに乗ったときの古い写真が出てきた。

左のがヤマハのRDやったかなぁ。右のがスズキでバンバンっていう太いタイヤはいた単車やった。こいつだけ125CCにのっとったけど、金持ちやったからなぁ。で、おいらのが真中の単車。
馬力が無くてねぇ。168号線を五条からの登りがぜんぜん登らず泣きそうになった。バンバンは125CCで馬力あるしヤマハのRDは2サイクルなんでまだましやった。ダックスは4サイクルやったんでほんまに馬力がなかった。 道路もたしか今の道が作られる途中で工事してたはず。まぁ45年ほど前のことやけど。 
今でも走ってるのはスーパーカブだけか。やっぱりカブ最高なんやわ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング

2017-03-15 18:48:22 | 自転車

日曜日は土曜日の夜に立飲み行って思いのほか日本酒を飲んでしまったようで朝からそれほど調子が良くない。外を見ると快晴でこんな日に飲みすぎて外で遊ぶ気分にならないのは悲しい限りである。でもやっぱりしんどい。こんな調子で前傾角度のきつい自転車に乗るとなると間違いなくいつものコースの平地をちょこっと50キロほど走れればいいところやと思ったし、自転車に乗るテンションがまったくもって上がってこないのであっさり止めておく。季節的なこともあるのか分からんけど、最近自転車に乗るテンションが上がってこないなぁ。温かくなるとまた乗る気になってくるやろか。
そんなことで、ママチャリなら乗れるやろと昼から通勤用の自転車に乗り、家主さんとともに鶴見緑地までサイクリングに行くことにする。前日の土曜日の朝に、目が覚めてテレビをつけていると関西のちょっとしたところを案内してくれていて、ちょうど鶴見緑地で河津桜が満開とのこと。そんなことを思い出したので、まぁ鶴見緑地なら片道10キロほどなんでヘラヘラとママチャリにまたがって行くのも悪くないなと思った次第。
天気もいいし寒くもないし、ママチャリでサイクリングするにはちょうどいい気候やな。40分ほどで到着。温かいからか結構な人出やった。
鶴見緑地って最近はサイクリングの際に淀川まで行く途中に通るルートとしか思ってないので、じっくりと見て回るって事が無かったけど、季節によってはけっこう花が綺麗かったりするのがわかった。いいところなんやね。

目的の河津桜も満開やったし。この桜の並木道は緑地から京阪の駅まで行く途中にしょっちゅう通ってたところやけど、まったくこんな桜が咲くなんて知らなかった。この季節に嵐山まで行くことも無かったのかな。きっと無かったんやろ。

この河津桜が咲いている場所が最初まったく分からずにウロウロしていたら菜の花畑に迷い込んだりした。青い空に黄色が映えてそれなりに綺麗ではないか。


ふらふらとママチャリでサイクリングもぬるくっていいな。
そんな日曜日であった。 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

めんたいパーク

2017-03-13 18:39:19 | 雑感

来週は3連休で、おそらくこの冬のシーズンを締めくくるべく先輩と後輩とおいらの3名で志賀高原まで遠征に行く予定。スキーに関しては一応レベルを証明できるものはもっているけど、今までまともにコーチなり先生なりについて教えをいただいたことは無い。全て独学であり、スクールで学んできた先輩や後輩から最新の技術をアドバイスいただいたり目で見て盗んだりでここまで来た感じ。
で、そろそろ自分が良かれと思ってやっていることが正しいことなのかダメなことなのかをご同行いただく二人がちょくちょくと通われているスクールにお連れいただけるチャンスがあるのでそのスクールの門をたたいてみることにした。
なのでお彼岸に大阪にいないのである。
一応長男でもあるし、お彼岸ならお墓にも参っておかないと父ちゃんに悪いしなと1週間前倒しでお墓参りをしておいた。まぁ、道楽な息子のことはよくわかっているやろし許してくれるやろ、きっと。
この週末は天気もいいし絶好の遊び日和と思っていたけど、土曜日は思いのほかいい天気と言う感じでもなかったし。それほど悔しさも起らず。
車で出たついでなんで、家主さんと少しドライブがてら南港までいってみた。どうでも良かったけどなんとなく宣伝していた「めんたいパーク」が気になっていたので。

予想通りやったけど、つまりは直売所って感じ。作りたての生の明太子が意外に安かったので買ってみたけど、それなりにおいしかったしコスパはまぁまぁって感じかな。
お昼ごはんもまだやったのでおにぎりを売っていたし食べておいた。


そんな一日を過ごし、夕方に帰ってきていつもの立ち飲みにいってちゃんと帰ってきた記憶はあるけども帰ってから寝るまでの記憶がない。日曜日の朝になんとなく家主さんの機嫌が悪かったのでそれとなく探りをいれると、帰ってきてうどんを食べたいとおいらがいったらしく、仕方なく作ってくれている間に寝てしまったらしい。起こされたらしいけど、おいらの返事が「もういらんわ」やったってこと。そら怒るわな。ごめんと言うておいた。

明るいうちは良かったけど、夜はだらしなく過ぎた模様。
そんな土曜日もあるわいな。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと一服

2017-03-09 17:58:04 | 雑感

どうやら今日までが春近い3月でも冬らしい寒さらしい。
仕事は儲かっているのかどうかのか最後に締めてみるまでわからに状況とは思っているけど、とにかくタイムリミットが次から次にやってくるもんで気を抜けない状態。一歩タイミングを間違うと確実に黒い色になると思ってやっているはずが一気に赤い色に転じてしまうのである。そんなんでありながら、締めたあとのがっかりすることが今までも多々あるので、考えたくないけどどうしてもネガティブになってしまう。昔ほど集中できなくなってきているのかな。トホホ。

そんなここ最近なのであるが、今日は午前中になんとかひと段落ついたもんで、夕方まで少し時間もあり音楽でも聴くかなとYOUTUBEなんぞをうろうろと覗いていたらなんとなく見たことがある映像を発見。以前にテレビのコマーシャルで見たことがあるような違ったような。どこかの証券会社やったか銀行やったかのコマーシャルではなかったかな?はっきり覚えてないけど。 

Sittin' On The Dock Of The Bay | Playing For Change | Song Around The World

好きなオーティスの有名な曲。
なんかちょっとだけやけど癒された気分。基本はブルース好きやけど、サムクックやとかマービン・ゲイとかの黒人系も結構好きやし。
ちょっとだけ気分転換ができた。 
またがんばろ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒の戻り

2017-03-08 18:26:29 | 雑感

先週くらいまでは朝や晩はそれなりに寒かったりしたけど、なんとなく寒さが柔らかくなったような感じやったので、やっぱりもう春も近いなと思ってた。
それがまぁ、寒の戻りっていうのか今週に入って冬に逆戻りした感じ。昨日も寒かったけど、今日はさらに寒い感じがする。寒いというより冷たいって言うほうがなんとなく感覚的に近いかも。
3月に入って急に寒くなるといつも思い出すことがある。2月も下旬になるとそろそろ春も近いなって感じの暖かい日が多くなり、それが3月に入ったとたんに急に強烈に寒くなるってことがよくあったと思う。どうも季節の狭間というか、気持ち的に張る気分になっているのに予想外に冬にもどるので戸惑ってしまう。
春山気分で登った山で急な天候の変化も起きやすい。かれこれ40年近くなるけど、友達が遭難して帰らぬ人になってしまったのもこんな3月はじめのことやったなぁ。
なのでこの季節に寒さがぶり返すのは心も寒くなってしまうし、悲しくなってしまうのである。
もう早く桜が咲かないかなぁ。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

還暦イヤー

2017-03-06 15:34:32 | 雑感

今年が酉年でおいらは年男。かれこれ60年生きているので還暦なのである。そんなことで昨日の日曜日、自転車仲間の皆さんが集まっていただき屋形船を貸しきって宴を催していただいた。

赤いちゃんちゃんこにみんなで寄せ書きをしていただき、なんかごっつい嬉しかったなぁ。楽しかったし。
年を取れば仕事がらみのお付き合いも少なくなり、仕事関係でない友達はさらに少なくなっていくように思う。でも自転車に乗ってたおかげもあって年齢に関係なくこんなに集まってくれるなんてほんまに感動しないわけがない。

友達っていいな。

みんな、どうもありがとう!! 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひな祭り

2017-03-03 17:53:03 | 雑感

外を歩いてても寒さもだんだんと柔らかくなってきた感じがする。寂しいけどもう冬も終わりかな。
そんなことを銀行帰りに外をぶらぶら歩いてて空を見上げながら思った。


本日3月3日でひな祭りらしい。
我が家におっさん娘がいたときには家主さんが必ずお雛様を飾ってた。我が家は大きな家でもないのでフルセットを出して飾ったのはおっさん娘が小学校の低学年くらいまでかな。おいらには姉ちゃんがいるけど、子供の頃は特に強烈に貧乏でもなかったけど普通に裕福な家庭でもなかったし、父ちゃんと母ちゃんは二人して日々仕事に励んでたもんで子供に関する行事をした記憶はほとんど無い。行事をすることが無いのでそれほど騒ぐことも無かったし、世間もそれほどワァワァいうようなことも無かったのにな。
家主さんのご実家はそこそこ裕福なご家庭だったようで、結婚した際にひな壇含めてフルセットを持ってきていた模様。おっさん娘が我が家にいるようになって初めて知ったけど。狭い押入れが箱に入れたひな壇セットで半分以上占領されている。いま現在もなのである。
中学生になった頃から玄関にお姫様とお内裏様のお二人だけを飾るようになってので狭くはなくなったけど、いま現在はおっさん娘も家を出たもんで飾ることも無くなってしまった。つまりすでにひな壇のフルセットはごっつい居場所をとる押入れの肥やしとなっているのである。
以前に一度だけそれとなく家主さんに「もういらんし処分する?」と聞くと一瞬で顔色が変わる。間髪いれずに「いやいや、うそうそ」とごまかしてなんとか事なきを得たけど、どえらい目にあうところであった。それ以降は腹をくくり腐るまで押入れにいてもらうことにしたのである。
そんなことを思い出したひな祭りである。
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-03-01 17:29:05 | 雑感

昨日つぶやいたことに某自転車乗りから登山家に転身したアニキからいただいたコメントで思い出した言葉がある。おいらにとってはごっつい懐かしい言葉なので、ちょっと嬉しくなった。

              「夢追い人」 

サラリーマンを望むと望まざるにかかわらずおいらの意思なぞ関係なくリタイヤした、いやさせられたわけで、もうこの世の終わりのような気分を味わってたときに友達に言われた言葉なのである。正直言われたときは笑えんかったけど、もともと最後に開き直って「まぁええか、なんとかなるし」といつものようにええ加減に思えるようになったとき「夢追い人」になるのもええなと思った。なんとなく夢追って生きてたらええことあるんとちゃうかなって思ったのを思い出したわ。

頑張らんとボチボチとやっていけばええんちゃうかな。
今日はそんな気分になれてちょっと楽しくなれたし、気分良しなのだ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加