ぬるい気持ちで、ええんちゃう

頑張ってもどうにもならんこともある。
”しゃーないやん!!”ってぬるい気持ちのときもあるよ。

12月1日

2016-12-01 16:34:11 | 雑感

世間的に言うと本日から12月。そう師走なのである。
とはいいながら、仕事的にいうと昔は12月はお正月のお休みの1週間ほど業務が止まるのでそれなりに忙しかったけど、いまは業務の形態が分かってしまってお正月があるので忙しいってことはぜんぜん無い。いたって普通の月と同じなのである。それはそれで昔を知るおっさんとしては寂しいことであるし調子も狂う。かれこれこんな調子になったから10年近くはなるので慣れてしまったけど。なので12月といえどもぜんぜん師は走らないのである。のんびりと普段道理に歩いていらっしゃる。
気分的にもへぇ~12月かぁって思うだけ。全国から雪が降ったとかいう話題を聞いて「あー冬やなぁ」と思うくらい。先日立山の室堂から一の越しに登る雪の無いシーズンなら小学生の遠足で歩く道で雪崩が起きて大学のワンゲルの子が1名なくなったらしい。なんとも運がなかったんやなぁと悲しい思いをしたりしたけど、逆にもう立山では雪崩れるほどに積雪があるのかと思って冬を感じたくらい。

我が社でも気分はぜんぜんお正月に向かっていないけど、実務的にはやっぱり12月の段取りをしておかなければならないわけで、そんなひとつの風物詩が本日我が社に到着。

例年のことながらお歳暮代わりのカレンダーである。今年はどんな時代遅れのお姉ちゃん達の写真なんかなと興味はあれど、別に喜んで見るわけでもない。それほど感動もしないのよ。

てな訳で、本日から今年最終月が始まりました。気合は特に入らんけど、年末に向けて日々粛々と過ごしていきたいと思う。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もったいない出来事に遭遇。

2016-11-30 15:21:28 | 冬のスポーツ

昨晩いつも立ち寄る立飲みで起ったこと。
お店は夜の8時までの営業であるので、おいらが立ち寄った8時ちょっとすぎにはすでに暖簾も下りているし一応閉店している状態。まぁいつものことなので勝手に引き戸を開けて「ただいまぁ~」と入っていく。当然ながらその時間にいてるのはみんな知った顔ばかり。約1名を除いては。
ちょっと若手の男性であったけど、入り口はいつもの常連ばかりやし、奥が空いているしわざわざ詰めていただくことも無いのでその男性の横に立たせていただく。いつもの赤星を頂戴しゆっくりとして少し新入りの方とお話しをさせていただいた。お年が32歳とのことなので我が娘のおっさん娘と変わらんくらい。青森県出身で仕事でこちらにこられたようで同じ市内にはお住まいの模様。でもこのお店はほぼ隣の市と接したところにあるもんで、その方のお住まいのところからこられると地下鉄で一駅乗り、JRに乗り換えて一駅で降りてさらに徒歩15分ほどかかるはず。なぜにこんなところに?ってお話しをさせていただくと、お店とか有名なところの歴史と言うかそんなのに興味があるらしい。で、わが町に有名なお店というと日本で始めてクルクル回るお寿司屋を始めたお店があるもんで、その発祥の地を見に来たみたい。でもお店の横に石碑が立ててあるのにそれはみてなかったらしい。
 
そんなことで9時前までいろいろとお話しをさせていただき、そろそろ帰りますとお店で買って足元に置いていた袋にいれた獺祭の三割九部をもって出ようとした瞬間に「ボンッ」て音がした。持ち上げた瞬間、たぶん10センチほどやと思うけど、そのまま落としたみたい。音からして底が抜けたような感じの音やったけど、まさしくその通りに。
そんなに安くないよな、確か3,000円近くしたはず。もったいない。
たまたま社長と女将さん見てらして「あーあ、もういいよ。新しいのん持って帰り」と天使のようなお言葉をおかけになっているではないか。その彼、新しいお酒を恐縮そうに持って帰られた。もったいないけど、良かったね。
で、その後お酒は袋からもれているわけでもなく、うまく別の容器に移し替えて飲める状況にはなった。当然立飲みに400円か500円で常連さんに販売すると思う。捨ててしまうなんてもったいないし、当然ではあるけども。でもたぶん知らんお客さんには売らないはず。常連さんに事情を説明して飲んでもらう。おいらも当然もったいないなぁ~と言いながら一杯いただいた。お勘定でお釣りをもらう分くらいで飲ませていただいたので300円に足らずくらいかな。
しかしどうなんやろ、たまたまとは言えお店の中のことなんでとおっしゃって持って帰らしたけど、お店がかぶったのと同じやん。男前やでおいらの行く立飲み屋さん。常連さんがみんな協力してお店を守り立てようって気持ちもよくわかるな。
そんなことで、ちょっと安く飲ませていただいた。特別に大好きなお酒ではないねんけどな。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月最終の週末。

2016-11-28 18:35:17 | 雑感

この週末、土曜日は快晴であったけど日曜日は大雨。極端に天気の違う週末であった。
おいらはといえば土曜日に外で遊びたいところではあったけど、ちょっと処理しない案件があったので会社に出社。どうせまだ膝の調子が万全ではないので逆に青空のしたで遊べない悔しさがありながらも少し休みなさいってお達しかなと思っておいた。
日曜日は雨なんでなんにもせずじっとこもって過ごす。これまたお天道様が安めとおっしゃってるんやと思っておく。万時ポジティブに考えておきたい。

そんな何も無い週末があけた本日の月曜日。さすがに朝寒くて今週から薄手のコートを着て自転車で出社した。先週の金曜日にジャケットだけで帰宅した際胸元はすでにマフラーで防御しているので寒さは感じないけど腕辺りがやっぱり冷たさを感じるようになってきた。なので月曜日から1枚コートを羽織っていくことに決めていた。今朝の自転車通勤ではコートを着てきて正解やったと思えた。
そろそろ寒さを感じて冬ももうすぐって思えた。
夕方4時半過ぎに御堂筋に面した銀行まで行ったらすでに御堂筋のイルミネーションに火がはいってた。

まだ薄明るい感じやったけど、毎年のことながらこの明かりをみるとクリスマスももうすぐやなって思う。今年もあと一月かぁ。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩秋

2016-11-25 17:13:53 | 冬のスポーツ

水曜日がお休みやったし昨日も特に用事も無かったので会社から近い繁華街に行くことも無かったけど、本日25日であるが上に嫌でも銀行をぐるんぐるんと回らなければならなかった。
でも膝の調子もあるけども、なんとなくグズグズとしてしまって会社を出たのが4時ごろ。事務所の外に出てみるともうすっかり夕方の雰囲気になっているのね。会社から繁華街に向かう途中にある大きな較差店の角にあるビルが赤く染まっていた。まだ4時ですよ、5時ではないんです。

すっかり夕方の雰囲気で、やっぱり秋も終わり冬がすぐそこまで来ているんやなぁとなんとも寂しい気分になってしまう。まぁ冬が来たら来たで冬の遊びをすればいいので楽しみではあるけども。

御堂筋まで出て銀杏の街路樹もそこそこ黄色く色づいていた。

でもまだまだまっ黄色にはもうちょっとなのかなぁ。緑の葉っぱも結構頑張っているように思えたけど。これってつい先日までそこそこ暖かかったし、寒くなったのもつい最近のことなんで紅葉が遅れているのかな。もう一雨降って風がひと吹きすれば紙ふぶきのように散ってしまうやろし銀杏の紅葉が楽しめるのもあと少しかな。

来週になると12月が訪れる。あと一月もすればお正月になる。
なんとか今年も年を越せるかな。無事に越せて欲しいと願いたい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生初

2016-11-24 17:12:54 | おでかけ

昨日は勤労感謝の日の祝日。したがって休みなのである。
特になんにも予定も無かったし、天気も今ひとつとの予報やったのと、まだ膝が本調子でもないので極力歩かずに我が家でウダウダとしたいなとも思っていた。でも雨は降りそうもないし家主さんと我が家に二人でいるのも気も使うではないか。別に気を使う必要も無いんだけど、せっかく何もせずに我が家にいるんやしどっか連れて行かんかい!といわれるやもしれないなとちょっと被害妄想的な気分にもなったので、お誘いして外出することに。
何度も言うけど極力長い距離を歩くのは避けたいので、車からすぐのところを希望。別に何処に行きたいってことも無かったけど、何日か前の朝の情報番組を見ていて岡山県の日生の牡蠣がそろそろ旬を迎えるとのことで牡蠣を炭火で焼いて食べてるところをやっていた。それを思い出したので赤穂まで行ってみることに。
時間もそれほど早い時間でもなくすでに11時を示そうとしている。それが功を奏したのか、逆に少し時間がずれていつも混んでいる神戸方面の高速道路も渋滞はなさそう。2時間もあれば着くやろと出発。 
阪神高速から第二神明を通って日生まで。到着は13時すぎ。港にあった海の駅とか言うところで情報を得るとどうやら殻付きの牡蠣は漁港の申し合わせで11月26日かららしかった。べつにどうしても生の牡蠣を食べたかったわけでもなく、どちらかと言うと牡蠣入りのお好み焼きって物をたべてみたかったってのが一番の目的。なのでぜんぜん残念にも思わなかった。俗に言う「かきおこ」ってものをおいらはいまだかつて食べたことが無いので一度食べてみたかったのだ。
ネットで家主さんに調べてもらい、何処でもいいけど車がおけて近いところと言うことでこちらのお店に伺った。

とりあえずお好み焼きの牡蠣増量を注文。それとお好みとはセットと思っている牡蠣入りの焼きそばもいただくことにする。しかし牡蠣が入っているというだけで1,000円を軽く越える値段とはなぁ。正直殻付きの牡蠣とかなら多少安全を考慮して新鮮なら多少高くても目もつぶれるが、お好みや焼きそばに入れるなら火も入るわけで近所のスーパーで買って食べるのと変わらんのかもしれんと思ったりした。だって新鮮な牡蠣と新鮮でない牡蠣を食べ比べたことも無いわけで、味の良し悪しがおいらには分からんもん。食べた感想としては「やっぱり牡蠣は牡蠣やなぁ」ってことくらい。今週月曜日に我が社の近所の定食屋でカキフライを食べたけど、やっぱり同じ牡蠣の味やったもの。

おいら的にはこの「かこおこ」と「かき焼きそば」はコスパ的にあまりよろしくないな。大阪からそれなりの牡蠣を持っていってこの日生近くの海岸でバーベキュウしたらええんちゃうん。黙ってたらきっとここで取れたか牡蠣と思うはず。テレビの番組でやってる格ずけなんちゃらってのも同じで、人の味覚って微妙なもんやと思うけどなぁ。おいらだけかもしれんけど。

まぁとりあえず目的を達成してとんぼ返りで帰ってきた。
あまりにすんなりと帰るのも味気ないので、ちょっと帰りに寄り道して姫路城も見学。

とはいいながら、信号で止まった際に写真撮っただけ。お城なんて門の中に入って見るより外から眺めたほうが勇壮でいいではないか。そう思っているもんで横目で見て通り過ぎるだけにしておいた。

夕方に我が家に帰宅。
晩ごはんに簡単ななべでもしましょうかって言うので、牡蠣鍋をリクエストしたら見事に却下されてしまった。当然か、ガハハ。

天気は今ひとつやったけど、楽しい休日であった。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨上がり

2016-11-22 18:34:38 | 冬のスポーツ

なんとなくここ数日すっきりと晴れた日が無かったような気がするけど、どうやったかな。自分的には毎日スカッと晴れた気分でもなかったし、毎日どんよりとした天気やったように思っていたので今朝は久々に青空を見た気分になった。

毎日どんよりとした天気って思ったのは自分の気持ちがどんよりとしていたからそう思うのかな。それなりの天気やったとしても自分的な気分でそう思っていただけなのかもしれん。
今朝は昨晩雨が降ったし今朝も傘を差すほどでもないけど曇り空は間違いないやろと思っていたのに、予想に反して雲ひとつ無いいい天気で気分よし。それに路面が少し濡れていたりして雨上がりの青空ってけっこう好きなのである。なぜかわ分からんけど。
そんなちょっとロマンチストなところもあるおっちゃんなのである。

明日は水曜日。でも勤労感謝の日で祭日のお休み。いったいぜんたいおいらの勤労に対してはだれが感謝をしてくれてるんやろ。家主さんはおいらが稼いでくる限りは感謝してくれてると思うけど、稼ぎが無ければはたして???と疑問に思ったことも無いとしておきたい。
明日は特に何も予定は無いけど、膝をいたわっておきたいと思う。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本酒の会

2016-11-21 18:01:39 | 雑感

この週末は膝の調子がわるかったりしたので、日曜日にサイクリングにお誘いをいただいたのであるが、平地ならクルクルペダルを回すだけなんでそれほど支障はないけど、登りが入るとどうしても膝に負担がかかるしご迷惑をかけそうなんでお断りさせていただいた。本日でも今ひとつ調子はよくないのである。

で土曜日は夕方からスキークラブのシーズンインの決起集会という名目の単なる飲み会に参加。いつもお山に行く際に遊んでくれたりしてるサークルと合同でさせていただいたので参加メンバーが30人を越えてしまった模様。それなりに大人数の会になってしまったな。
二次会まで参加させていただき帰宅。今シーズンもまもなく始まるけど、楽しみたいと思う。

あけて日曜日。
膝の調子もよくないので夕方まで一歩も玄関を出ることなくじっとしておいた。
この日も夕方からいつも立ち寄る立飲み屋さんの本体であるお酒屋さん主催でされている日本酒を楽しむ集まりに参加させていただく。もう今年で10回目となるらしいけど、おいらは今年で4回目なんで最近参加したみたいなもんやけど。 

それぞれの蔵元さんがお勧めの日本酒を持ってこられて飲み放題。東は東北のお酒から西は広島のお酒まで10蔵ほどこられてた。4回目ともなるとそれなりに要領もわかっているので、とりあえずは各蔵の純米大吟醸をいただいておく。でもさすがに4蔵目くらいから先は味が分からんようになってくる。つまり酔ってくるので純米大吟醸であろうが普通の吟醸酒であろうが酔っ払いには関係なくなってしまうのである。 

一番高いお酒はなにやったのかなぁ。久保田の萬寿やったのかなぁ。何度か飲んではいるけど、今回も一番最初に飲んだはずやのに味が思い出せないのよ。いい様にいえば雑味のない上品な味やったとおもうけど、悪く言えばガツンと来る日本酒の味がしない。つまり水のように飲みやすいのである。たしか山口県のだっさいも同じような印象やけどなぁ。お酒の味がせんのよねぇ。おいらにはもったいないお酒やと思う。


一番最初に参加させていただいたときは意地汚く飲めるだけ飲んだんねんと思ってベロベロになってしまったけど、2回目以降は学習したびでそれほどガンガンと飲まずに各蔵でいただく量も少なめでお願いしますというようにしている。
しかし去年が80人くらいのご参加やったと思うけど、今年は100人を越えたみたい。女性が半分くらいいらっしゃっり若い人も多かったみたい。でも若い男性がほとんどいないのはなぜや?
しかし世間は日本酒ブームなんやなぁとつくづく思った次第。それに女性のほうがお酒が強そうやし、こんなところにも草食男子が多いってのも影響しているのかな。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイシング

2016-11-18 17:54:15 | 冬のスポーツ

今週の初めに右の膝に痛みが出てしまって、病院にいったり毎日の通勤で苦労したりしたもんで、なんとなく今週もあっと言う間に過ぎ去った感じ。

で、その膝の話。
原因はおそらく初めての体験の20キロを超えるマラソンやろうと思う。なんと言っても付け焼刃的に5キロや10キロを走って練習したつもりであったけど、肝心の走り始める前のアップと走り終えてからのクールダウンなんてやることなんて無かったもの。まぁ10キロくらいなら自分の基礎体力でカバーしたのか、それほどアップやクールダウンもしなくてもダメージも無かった。でも10キロを越えて20キロともなるとそれ相応に身体にダメージがかかっていたのであろうと思うけど、走り終えてからなんとなく右の膝に違和感があったのはたしか。でもそれ以外の筋肉やらなんやらとダメージはそれ相応にあったので同じようなものと気にも留めていなかった。
マラソンの翌日もそれほどでもなかったけど、一応念のためにと我が家にあったシップで対応。金曜日時点で多少の違和感はあったものの気にするほどでもないかとお思ったりしてた。
でも土曜日にゴルフに行って歩き回ったのがあかんかったのか、翌日の日曜日に痛みが出てしまい挙句に月曜日には整形外科に自分で率先していく気になったくらい。とにかく歩くときに足を着く衝撃で痛いのよ。
どうせ整形に行くならスポーツ障害に精通されているようなところがいいと、会社の近所で探していってみた。
問診で痛いところを聞かれ、その後にいろいろと膝のレントゲンを撮っていただきドクターの診断は難しい病名と言うかそんな風なことをおっしゃった。平たく説明していただくと膝と膝との間にある骨を包んでいる軟骨らしいけど、それが傷ついて炎症を起こしている模様。歳いったらよくなりますねんといわれてしまった。
とにかく痛みが引くことからはじめないとならないので、シップして後は自宅に帰ったらアイシングしてくださいと、アイシングのやり方を指導いただいた。

アイシングはいつでもできるので、会社にあるペットボトルを半分に切って水を入れて凍らせ、暇を見て仕事しながら軽くアイシングなどしている次第。
本日金曜日であるが、少しはましになったように思うけどどうかな。やっぱり歩いたときに受ける衝撃で痛みはあるけどなぁ。

テレビでやってるグルコサミンとかセサミンとか飲まんとあかんのかなぁ。
誠にトホホなことである。 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スーパームーン+1

2016-11-16 11:40:31 | 雑感

一昨日の11月14日が月が地球に近づき大きく見えるスーパームーンの日やった模様。しかしおいらが住んでる近畿地方は生憎の雨模様やったしお月さんが顔を出すことは無かったな。なのでニュースでそのことは知っていたけど、特に意識することも無かったし残念がることも無かった。
で、昨晩の帰り道、いつもの立飲み屋さんに立ち寄るべく道をいそいでいて、信号待ちの際にふと前方の空を見ると少し雲にかかったお月さんが見えた。そこでスーパームーンやったと思い出したもんで記念に携帯で写真をとってみた。スーパームーンから一日過ぎているので少しだけ小さくなっているのかも。ぜんぜん分からんけど、一応スーパームーンではないので「+1」としておいた。

すこしだけ霞んでいたけど、一応明るいなとは思ったりした。でも毎日毎日お月さんを眺める習慣もないし、この日のお月さんも普段よりは大きくなってるんだろうと思うけど、比較するほど普段のお月さんの大きさなんて覚えてもいないのでまったくわからん。気分的に大きいなと思っておくことにしたし、人に尋ねられても「やっぱり普段より大きく見えるね」と答えると思う。正直大きいと思ってないけど、情緒がないなと思われるのも癪なので。立飲み屋さんでもそんな話題はまったくでなかったけど。

熱燗でも飲みながら眺めたら何かロマンチックな気分になったりするのかなぁ。
たぶんならんよな。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年2回の恒例行事に参加

2016-11-15 13:35:09 | おでかけ & スポーツ

土曜日のこと。また11月になったので毎年恒例のスキー部OBの皆さんでゴルフコンペに参加してきた。毎年張るの4月と秋の11月の2週目に開催され、今回は少し参加者も少なめの9名で開催。いつもながら晴天に恵まれた一日であった。

春は桜が咲いているし秋は紅葉が綺麗で、OBの皆さんも相変わらずお元気で笑いの絶えないメンバーなので楽しく一日をすごさせていただく。
この会を結成してもう何年になるのかなぁ。たぶん15年くらいにはなるのかな。最初は先輩に誘われてゴルフに行ったのがはじまりやって、どうせなら他のOBにも声をかけましょうやってことで集まったのが発端やったと思う。
ゴルフについての薀蓄はなにもない。それほどうまくもないし練習もまったくしないから。このコンペに参加する前にゴルフクラブを触ったのは前回開催された春のこの会のコンペやったし。たぶんこれから先もそれほどゴルフに誘ってもらうようなこともないやろし、年に2回のこの会でしかゴルフはしないかもしれんな。練習すればもう少しうまくはなる自信もあるけど、ゴルフって気が向いたときに一人でゴルフに行くようなスポーツでもないし、やっぱり1回行けばお金もかかるもの。それなら一人ふらっと自転車乗ったり近場のお山に登りに行ったりするほうが安くつくし思い立ったときにすぐにできるし。ゴルフのように計画を立てないとならないとなるとちょっとやっかいやなと思ったりする。もちろんお誘いいただければそれほど断ることもないとは思うけど、まぁゴルフは同行いただくメンバー次第かな。

秋の一日、懐かしいメンバーで楽しく過ごさせていただけるのは幸せなことである。これからもずっと続けばいいな。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加