ぬるい気持ちで、ええんちゃう

頑張ってもどうにもならんこともある。
”しゃーないやん!!”ってぬるい気持ちのときもあるよ。

自分も悪いけど。。。

2016-08-25 17:41:47 | 雑感

今日の出来事で、いったいどの口が言うとんねんって自分で自分の事を思ったりしたので、反省をこめて書いておこう。

先ほど今日は8月25日なもんで自転車で繁華街にある銀行を数店舗周回に出かけたてたときのこと。
御堂筋を北に向かって走っていて胸に入れた電話機が鳴り出した。この時間かかってくるのは会社にかかってきた電話に間違いない。外出時には会社の電話をおいらのスマホに転送しているもんで。
そこで何気に止まって指でシュッとして電話に出ると案の定クライアントの女性の方からやった。いつもお話しする方やし話のスタートからおおよその内容は把握できたもんで何も気にせず左手で耳に当てながら自転車を漕ぎ出した。
少しして前方から自転車に乗った警察の格好をした警察官が右手をぶらぶらさせながら向かってくるし、いったい何事やねんと思ったらおいらの電話しながら自転車乗ってたことをとがめていた模様。おいらはまったく意識もせんかったもんで悪びれた様子も見せず、逆に何をいちゃもんつけとんねんくらいの勢いで見返していた。
そういえば自転車乗りながら携帯で電話したらあかんかったんやとふと気づき、思わずごめんとにこっと笑って会釈しておいた。

まぁここまではいいけども、おいらは御堂筋なもんで車道を走ると逆走になるし歩道を走行してたもんで、普通に自転車停めてごめんと会釈したけど、横の車道をクロスバイクの数台が車道を逆送しているではないか。おいらが気づいたのでその警官も気づいたはず。言いたくはないけどもおいらのスマホで電話しながら走るのはあかんし反省してるけど、その警官もちょっとは逆送したらあかんよと注意ぐらいせーよと思わず喉まででかかったけど我慢した。喧嘩になってもいかんので。もしくはそのルールを知らんかったら恥をかかすかもしれんので。

そんなことが本日ありました。
世間的には給料日でウハウハされてると思われる熱い熱い8月の最終木曜日の出来事であった。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋らしく

2016-08-24 17:16:43 | 雑感

そんな風に思える通勤途中の青空の中のかなり高いところにある薄い雲。

ちょっとだけ秋らしいなと思ったけど、実際はぜんぜんそんな気配は微塵も無い。雲ひとつない青空なもんで照りつける太陽光線が衣落雷に突き刺さってくるし、自転車に乗ってても排気ガスと路面から湧き上がってくる熱気とが混ざり合って気分が悪くなるくらいに熱いではないか。
やっぱりまだまだ秋遠しって感じやなぁ。トホホ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニジャンダルム

2016-08-23 18:08:24 | お山

大阪に帰ってきてしまうとやっぱり思ってしまうけど、大阪暑い!長野県に行っていたからやけど、長野県も暑いなぁと思ってお山に登ってたし、登ってても滝のような汗がでてタイツも濡れてしまってキショコ悪いし、シャツも休憩ごとに脱いで雑巾のように絞ると汗が滴り落ちるくらいにボトボトになってしまったくらい。長野県の30度を越えるか超えないかって位の気温でありながらあれくらいに汗が出るって言うのに、某お山のアニキ達は六甲に登ったという。もう自殺行為ではないか、と思ってしまったよ。
やっぱり暑すぎると自転車でもお山に登るのでもまったく普段のパフォーマンスが上がらんな。

で、戸隠山に登った話。
金曜日の夜9時半に京橋に集合。5人で出発し一路長野県の戸隠へ。
おいらがスキーで行ってた頃は長野道が豊科までしか開通していなかったので国道19号線を松本から長野まで走らなければならず、北陸道が上越まで開通していたのでそちらを回って黒姫のあたりから戸隠に入っていくルートのほうが多かったと思う。でも長野市内からのほうが近いと思ったけど、寝てるうちに黒姫のほうのインターチェンジで降りていた模様。今回はただ一番後ろに乗っているだけなので全てお任せなのだ。
戸隠の奥社にお参りするところの駐車場に3時半ごろに到着し少し仮眠。
5時30分に起床。とりあえず登って車にもどってくるコースなのでカッパと水と行動食をアタックザックに投入し出発。まずは長い長い奥社に通じる参道をぼちぼちと歩き奥社に到着。ここが登山口なのだ。
 
6時15分にスタート。いきなり急登から始まる。参道歩いているときからすでにじんわりと汗が滲んできたけど、急登が始まるとすぐに滝のような汗が噴出す。心拍も急に上がってしまったもんでしんどいことこの上ない。それにここしばらくお山に登っていないので山登りに使う筋肉がぜんぜんなってない。足で身体を引き上げるのがしんどいことしんどいこと。やっぱり月一くらいではお山も軽くでも登っておかないとあかんなとつくづく反省したしだい。

まだ標高がそれほど高くは無いので高木が覆い茂っているので直射日光が当たらないだけまだましと言う感じ。でもそれほど標高の高い山ではないの少しなめてたけど、標高が低くても急峻なやまだったのね、戸隠山って。少し開けてこれから登る方向の山を見てそう思った。

つまりぎゅっとせり立った山だったのかと思って納得した。ようは平らなところがほとんど無いみたい。一応登る前に下調べはしていたけど、これほどとは思っていなかったな。

百軒長屋と呼ばれるところに7時16分に到着。ここまで1時間。すでにかなり疲れてしまってる感じ。

この真中くらいのところに社がお祭りしてある。なんとなくこれまでの道中で大峯あたりの雰囲気によく似ているなと思った。
ここまで登ってきてやっと下界が見渡せるようになった。景色はやっぱり大峯ではなくて長野県やなぁと自分勝手にそんな風に思った。何がどう違うのかは説明できんけど、そんな風に思っただけのこと。

 
百軒長屋を過ぎて結構厳しいクサリ場をクリアしてこのコースのメインと呼ばれている「蟻の戸渡り」と呼ばれるナイフリッジ登場。
この両側はスパッときり落ちて下は断崖絶壁なのである。幅は1メートル弱はあるので立って歩けないことも無いけど、正直クサリも何も無いし下を見ると絶対に無理。
 
こんな感じなのである。落ちたらタダでは済まんな。というか絶対に死ぬ。なので格好も何も気にすることなく四つんばいになって赤ちゃんがハイハイする感じで登っていくしかおいらにはできなかった。一緒に登ったメンバーはジャンダルムを越えた経験者やけど、おんなじくらいに怖くてここをミニジャンダルムと読んでいた。なかなかエキサイティングな山やなぁ、戸隠山って。

8時20分に稜線に到着。

当初の予定ではここから西岳を回って降りる予定であった。コースタイムで全行程12時間のコースらしい。ここから西岳に向かうコースもさっきの蟻の戸渡りに負けないくらいに怖いポイントの連続らしいので、距離の割にはコースタイムが長くなっているみたい。
女性隊員1名が体調不良らしく休憩してもぜんぜん心拍が下がらないみたい。なんとか行けますとはおっしゃるけど、まだこれから10時間以上の長丁場なので、隊長の判断で戸隠山の頂上から一不動を回って下山することにする。それならばそれほどハードなポイントもないし。

戸隠山には8時40分に到着。

ここから一不動までの上り下りの連続。それがまぁダラダラと上って下るんではなくて急坂を下りたと思ったら急登がはじまるという繰り返し。これは堪えるわ。
10時50分。一不動に到着。この稜線歩きも上り下りが激しくて2時間もかかってしまった。この一不動から百名山に高妻山に行くルートらしいけど、別に100名山を制覇する目的もないし、あっさりここから下山開始。でもこのくだりも途中から沢のようになりナメたところもあったりして滑って落ちそうで怖い。


何とか下界の戸隠牧場に12時20分に到着。
ここから車のデポ地までコースタイムで50分かかるらしい。ここは若手二人、若手といってもすでに50歳やけど、その二人がダッシュの早足で車を回してくれるらしい。とは言えのんびり待っているのも申し訳ないのでぼちぼちと自制二人と一緒にうじゃうじゃ言いながらあるいていった。
途中で合流しキャンプ場に行く前に全身汗でずぶぬれなので温泉で汗を流し、さっぱりしてからテント場に到着。
4テンと2テンの二張りをサクサクッとたてて宴会準備を開始。しかしおしゃれなキャンプ場におしゃれなキャンパーの方々ばかりの中にどう見ても似つかわしくない山用テント。それにむさ苦しそうなメンバー。まったくアンバランスではないか。でもそんなことはどうでもいいのだ。
と宴会を開始。



飲んでしゃべって食べてで7時過ぎには全員轟沈。おいらは12時過ぎに目が覚めてしまって、シッコ行ったついでに外でワインを一人で30分ほどぼんやりと星空を眺めながらのんでまた寝た。

翌朝は5時起床。
テントからでて戸隠山を望むと、うっすらと下のほうにガスがかかってなんとも綺麗ではないか。

改めていいお山やなぁと思った。

起きても今日は他に何もすることが無いので、さっさと朝食を食べて撤収することに。朝食は翌日の鍋の残りに蕎麦を入れて朝食とする。


朝食を食べてテントを撤収し後片付けをして7時にテント場をスタート。
帰りに戸隠の中社をお参りし、一路大阪へ。さすがにこの時間では渋滞の心配も無く、メンバーを途中で降ろしながらでも京橋に13時過ぎに到着。我が家には14時には帰ってきてシュラフななどを青空のしたのベランダに干したりして片付けも早かった。

そんな1泊2日の山行きやったけど、戸隠山も面白かったがなんかメインが宴会になってしまったようにも思える。でもそれはそれでいいのだ。
思ったより手軽にデンジャラスな気分を味わえるし、リゾートの雰囲気も味わえて楽しいところやと思う。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戸隠山

2016-08-22 19:04:34 | お山

この週末、急遽お誘いをいただき金曜日の夜から長野県の戸隠山に登りに行ってきた。
正直戸隠といえばスキー場しか思い浮かんでこず冬のシーズンに友達がプロスキースクールでイントラをやっていたので何度か泊まりに言ったことがあったけど、それ以外になんにも印象が無いところ。しいて言えば蕎麦くらいなものかな。
スキー場があるのが戸隠山と思い込んでいたけどもぜんぜん違ってスキー場の真正面にあるお山やったのを初めて知ったくらいのところ。
それほど標高が高いお山で無いのちょっとなめていたけども、それはそれはかなり危険極まりないお山であった。

お誘いいただいたメンバー4名が4名(内2名は女性)ともに昨年奥穂から西穂までジャンダルムを越えていて、さらに男性2名は槍から奥穂までのキレット越えもこなしている危険コースのベテランであるが、その4人が4人とも「ここ、ジャンと同じくらいに怖いやん」と言わしめたくらいに怖いところであった。

詳しくは明日にでも。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

天空の酒

2016-08-19 16:42:09 | 雑感

昨晩は地元の立飲みのお客さんがた総勢25名ほどで天空のビアガーデンにいってきた。

最上階が60階で、二つ下の階が真中が吹き抜けになっていて外の熱気を感じながらビールを飲むので一応ビアガーデンとしておきたい。 
おそらく大阪で一番高いところでビールが飲めるところ何やろと思うけど、基本的にビールの味に変わりなし。
 
最初のうちは外の景色がすごいなぁってボーっと見てたりしてたけど、120分飲み放題のコースなのでスタートと同時に景色なんかどうでもよくとりあえず飲む。
明るいうちに展望台に上がってきたので正直ちょっと怖いなとも思ったけど、酔ったからかもしれんけど夜になると高度感があまり感じなくなって普通の夜景になってしまった。梅田あたりの高い建物の上から見るのとやっぱり変わるのかなぁ。
 
きっと高さが違うと見える景色もちがうんやろな、きっと。でもあまり分からんかった。

飲み放題やし、それほど多くはないけど食べるものも付いているのでまぁそんなもんかなって値段。展望台だけに上がってきても1500円いるらしい、それが込みなのでそれほどは高くないと思う。
でも次に行くかどうかわからんな。いってない家主さんのご意向ならついていかんとあかんやろとは思う。あまり刺激を与えると具合もよくないので、この場所で飲んだことはおつたえしておらず、ただ単に飲み会があったとだけしか言っておりません。それで平和が保たれるのである。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろお山にも。

2016-08-17 18:38:33 | お山

そういえばしばらくお山に泊りがけで行ってないなぁってこの暑い中思ったりした。先月に近くのお山に1泊で行く予定でお誘いをいただいていたけども、出発近くになって天候不順で中止。なので今年はゴールデンウィークに残雪の立山にいったっきりぜんぜん上ってないなぁ。
そんなことを思ったりしていて先日登りに行く予定やったのが2千メートルに届かない比較的低山なもんで、やはりこの季節に低い山に登ると一番厄介なのが虫対策。
あまり考えたことが無かったけど、結構虫ってやっかいなのよ。特にちっこい虫が顔の周りをぶんぶんとまとわりついて鬱陶しいことこの上ない。お山のショップにいって帽子にネットをかける為の商品とかをみたりしたけど、いったいこんなもん山に登っているのか?って思ったりしてた。でも実際のところあればいいなぁって思うことしょっちゅうある。
水の多いところではブヨとかもいるし、刺されるとこれまた厄介なのだ。

そんなこともあって以前にお山のアニキから聞いていた線香を購入してみた。

だいぶ前になるけども自転車で大峯林道を走りにいった時、吉野の山の駐車場でこれから山のお守りに行きますねんと言う風のおっちゃんお二人がいらして、チェーンソーやら芝刈り機と一緒に腰に赤い蚊取り線香をぶら下げてはったんを見たことある。いろいろとお話しを聞いているとこの線香、山に入ったときの虫対策では抜群の効果を発揮するらしい。

こいつを使うのはいつになるか分からんけど、たかがこれだけの商品を購入しただけやのにもう山に行きたくて仕方が無いという、誠に子供のハートから抜け出せずにいるおっちゃんなのである。
効果があればいいな。
早く使ってみたいと思う。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏休み。

2016-08-16 15:17:24 | おでかけ & スポーツ

本日8月16日の火曜日。本来なら特に急ぎの案件もないので今日まで休むつもりでいたのに、14日の日曜日に会社から転送されてくるメールを一応念のためにチェックをすると見なければよかったってメールを見てしまった。昨日はなんとか我が家のパソコンで処理して連絡をしておいたので大丈夫かと思っていたら、今朝ほどさらに同じ案件で別の人からのメールが来て題名に「至急」とあるではないか。もうがっかりしてしまいあきらめて会社に来て仕事をしているいま現在なのである。それがまぁ、ややこしいことこの上なく、午前中に終わるだろうと思っていたがすでに3時。ほんまにトホホである。
そんなことも休み中にあったけど、考えてみると休んだのって昨日の月曜日だけではないか。これが世間一般に言われるお盆休みなのか?今年はがっかりするばかりの夏真っ盛りなのである。

とりあえず13日からの事を記録に。
13日の土曜日。一応この日から4日間を休む予定でいたのに、本日出てきて仕事をしないとならない案件の火種となった案件の仕事があったので仕事に来て処理。結局土曜日は終日仕事をしてしまった。
これがお休みスタートの1日目とはなんとも悲しい限りである。

夏休み2日目の8月14日。
京都からおっさん娘の旦那君が二人できていて、なんと息子君が土曜日に友達と東条湖の近くで1泊ゴルフがあったらしく金曜日に自転車でゴルフ場まで行き土曜日に輪行で我が家まで来ていた。最近一生懸命に自転車に乗っているらしいので、少し朝のうちに自転車に乗るかといつものコースを案内することにした。
よければ滝畑ダムでもと思ったけど、9時過ぎに滝谷不動のコンビニ到着した時点ですでに30度を軽く越えさらに湿気が多くて蒸し暑いことこの上ない。さらにお昼に近づくにしたがって危険な温度になるのは間違いなかったので、予定を変更し午前中限定と言うことでグリーンロードを白木からフルで走って帰ることにした。
 
しかしまぁ、危険な暑さで身体から汗が噴出してくる。
何とか頑張って12時過ぎに我が家に到着。すぐにシャワー浴びてビール飲んでと思ったけど、生憎夕方から家主さんのご実家に家族総出でお盆のお参りに車で行くべく長男業務がひかえていたので飲むことが許されず。なんとかお茶で紛らわせておいた。
夕方からおっさん娘達と家主さんを連れて京都まで。ご実家のご仏壇に手を合わせて業務を終了し、おっさん娘たちを京都市内中心部の自宅まで送り我が家に帰ってきた。

8月15日の月曜日。
特にすることは無かったけど、家主さんが関西空港の向かえにあるショッピングモールにつれていけとおっしゃるので午前中に行く。おいらはまったく買い物の予定も無かったけど、お山用品のブランドショップだけ偵察し、思わず拾い物を見つけてしまって衝動買いをしてしまった。それについてはまた今度にでも。

昼ごはんを食べてからモールを出て帰る予定に。しかし以前に和歌山の粉河町に「めっけもん広場」と言う地元のJAがやってるお店があり、地場の野菜やとかがかなり安く売っていると情報を得ていったけど、ものごっつい人と車で前まで行って断念したので、再チャレンジしてみた。今度は人もそれほどでもなくゆっくりと安い野菜なんかを仕入れることができた。
その帰りにこれまたついでなんで高野山まで行ってゴマ豆腐を買いに行くことにする。
 
前に行ったゴマ豆腐を製造販売されているお店で買い求め、ついでに奥の院まで行って写真だけ撮ってさっさと下山。車もすいていたのですいすいと紀見峠を越えて我が家に帰宅。

そんな感じの夏休み。
本来ならば本日も何かして遊ぼうとも思っていたのにな。取り合えず仕事でお盆の夏休みを締めることになりそうである。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お盆休み

2016-08-12 17:14:00 | 雑感

本日は8月12日。普通にお盆前の金曜日やしお盆のお休みは13日からと世間的に決まってるはずと思い込んで会社にきてみたものの、我が社の周りに人が歩いていないではないか。

熱い太陽の光が降り注いでいるだけで換算としている街中。いったいこれはどうしたことだ。会社に来ているおいらって普通に祭日だったことを忘れて会社にきたアホなサラリーマンか?って誠に悲しくなってしまったではなか。
そんなことは無い、きっと仕事も忙しいはずやと負け惜しみのように小言をつぶやきながらデスクに座っていたもののまったく仕事に動きは無いではないか。やっぱり世間はもうお盆の休みやったのね。

とはいえおいらもお盆でやるべき長男業務は昨日の祭日に完了させておいた。

お盆の時にやっておいたほうがいいのかなってことでお墓の掃除に。
先輩の住職、つまり上の写真のお寺の主であるけども、お盆の間はご位牌のある仏壇に仏さんが帰ってきていらっしゃるので、お盆の間にお墓参りするのはお留守の間にお参りするのと同じではないかと問うてみたことがある。さすがに永平寺の禅寺で伊達に修行を積んでこられたようで、問いに対する堪えは「魂は千の風にのってである」とおっしゃる。つまりはここにいらっしゃると思ったらそこにいらっしゃるのが仏様なのだとのこと。
なので何処にいるとかいないとは関係ないのだよってことでお盆にお墓参りをしようとおもったらそれで良しとのとらしい。誠に深いな。

そんなお盆の前半である。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山の日

2016-08-10 17:52:04 | 雑感

明日が8月11日で今年から新たに国民の祝日となった『山の日』。なので明日はお休みである。

でも誰が考えたんかしらんけど、なんで8月11日を休みにしたんやろ。たぶんお盆のお休みと絡めて少しでも休みを長めにしたらどうですかって目論見とは思うけど、大きな会社であったりサービス業の会社、もちろん金融機関や役所関係もおなじやけど、お盆やからって会社をやすんだりせんので、社員のかたがたも別にぽつんと1日だけ祭日で休みとされても誠に中途半端ではなかろうかと思う。
船場あたりのお店はお盆あたりにお休みされるし、大手のメーカーの工場がこの時期に長期にお休みされるので、それに合わせて中小企業や町工場もお盆でお休みされる。でも11日が休みになったからいったいどうやねん?ってならんのかな。
今年のメーカーの工場は11日が休みになったので長期で21日まで工場を休んだりするのかな。ひょっとすると11日が休みになったので、例年なら13日から21日までお休みのところを1週間前倒しで6日から14日まで休みになってたりするのかしら?
もしそうなら、本来のお盆の間にお休みができず、お盆の最中に田舎を出て帰ってこなければならないではないか。古い人間のおいらは、やっぱりお盆は16日の送り火が済んで今年のお盆も終わったなって思ったりするけど、どうなんかな。

そう思うと逆に11日が休みになったので本来のお盆のお休みが短くなったように思うけどな。なんとなく、今年は11日が休みになったので15日まで休むところが多いように思う。本来なら13日から16日ってところが王道のように思うけど、そう思うと11日のお休みって誠に迷惑千万なお休みとなってしまうように思う。
山の日と銘打って休みにしたけど、山に登る人にとっては何の意味も無いお休みやし、逆に勝手に山の日と名づけないで欲しいと思ったりする。
正直に「8月は祭日が無いので祭日にした日」とでもしとけばいいねん。

そんな明日がお休みの暑い暑い8月10日である。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月最初の週末

2016-08-08 15:25:46 | 雑感

毎日暑い日が続いて、お休みの日にまじめに自転車に乗ろうと思ってもこんな気温では早朝も5時くらいから家をでて9時までにもどってこないと走る気にならないなって感じ。そう言い訳をしておいて今週も自転車には乗らず。土曜日は午前中にちょっと会社でこなしておかないとならない業務があったし、それもいい訳にしておいた。
そんなことで土曜日の午前中は仕事をし、午後の早い時間に我が家にもどってきて夕方から地元の立飲みでビールをぐびぐびといただいて終了。

日曜日も同様に朝目覚めたらすでに7時前やったので自転車に乗ることは控えておく。
午前中にウダウダとテレビでオリンピックの水泳とかを見ていて、お昼前に家主さんと買い物がてら車でお出かけし、帰ってきて前々から指令を受けていたお風呂掃除を行う。お正月以来半年ぶりにすみからすみまで汗だくになりながら丁寧に磨き上げ、ついでに水のシャワーを浴びて終了。終わったら6時前。
 
気持ちよくベランダで涼みながらビールを飲む。暑いけど、この時間になるとなんとも爽やかな風が吹いて、ベランダで飲むビールが誠に心地よいではないか。 

そんな8月1週目の週末であった。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加