オトウチャンの写真帖

登山歴・写真歴約半年のオトウチャン(リサ・パパ)の山野草フォトブック。

ハルリンドウほか(高知県香美市土佐山田町 県立甫喜ヶ峰森林公園 2017年4月16日)

2017年04月18日 | 山野草

ハルリンドウが咲いているからとの、ご親切なアドバイスをいただいて、行って来ましたぁ~♪


同じ町内にある「ほきがみね」昔から名前は聞いてたけど、行くのは初めてでした。


ハルリンドウは、群生することが多いと聞いてたのですが、諦めかけた時、やっとありましたぁ~♪
なにしろ私が歩けないので、車道沿いばかりを探したのですぅ~(トホホ)


日光に敏感とのことで、やっぱり、光に向かって咲いてますぅ~♪(喜)

    
    ハルリンドウ(リンドウ科リンドウ属)
      湿った草地や湿原などに、群生することが多い。
      花期:3~5月 分布:本州・四国・九州






「日が照らないと開花しないからね~!!」とのアドバイスのおかげで、見ることが出来、感謝ですぅ~♪(喜)

帰り道に:


アケビ(アケビ科アケビ属)


ところがどうも雄花のようですぅ~。。


あ!こっちは、雌花かしら~♪(喜)
アケビの実、生るかな~♪


ヤマブキ(バラ科ヤマブキ属)こちらは、実が付くそうです。


ヤマブキの八重です。こちらは、実が付かないそうですよ~。。

 
 今年初めてのユキモチソウ(サトイモ科ナンテンショウ属)


この白い丸い部分に、魅せられちゃうんですよね~(笑)


シャガ(アヤメ科あやめ属)もう、そこここにシャガが満開、季節の移ろいは早いと驚きまーす~♪(笑)


シロバナタンポポ(キク科タンポポ属)早春から、ずっと咲いていて、まだ元気ですぅ~♪ 高知県には、まだいっぱいありまーす(喜)

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

仁淀川町で、桜三昧その1:ひょうたん桜(高知県仁淀川町桜地区 2017年4月9日)

2017年04月12日 | 山野草

香美市の我が家を出て、約2時間かけて、久しぶりにひょうたん桜を見に行きましたぁ~♪
仁淀川町のひょうたん桜は、樹齢500年余り、桜の老木・古木・一本桜で、つぼみが瓢箪に似ています。
風雪に耐えつつ齢を重ねてきた風格が、全国的な人気を集め、山道は、交通渋滞に陥りまーす。

 


7年前に行った時には、芝桜と菜の花がいっぱいで、色鮮やかでしたが、今年は少し地味な感じ~♪


古木なので、いろいろメンテナンスされてますぅ~♪


見上げると、迫力ですぅ~♪ (笑)


ツボミが、きれいなひょうたんの形なんですぅ~(喜)


ソメイヨシノよりも、ずいぶん小さい花のようですぅ~♪


開花すると、こんな感じ~♪


青葉がもう出ていますぅ~♪


これが、抜けるような晴天だと、もっと映えるでしょうね~♪

仁淀川町のひょうたん桜詳細情報によると、
  このひょうたん桜は、樹齢約五百年、樹高21m、根元廻り6m、県の天然記念物にも指定されている桜の古木。
  学名はウバヒガンだが、つぼみの形がひょうたんに似ていることからいつしか「ひょうたん桜」と呼ばれるようになった。
  また、「ひょうたん桜」のある地区は元々「大藪」という字名でしたが、この桜にちなんで昭和33年に「桜」と改称された。
  とのことです。

 

 


菜の花~♪


ツバキ~♪


ジロボウエンゴサク(ケシ科キケマン属)~♪


タラの芽~♪

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

南国市八京の一本桜と、その他の花(2017年4月2日)

2017年04月08日 | 山野草

南国市八京の一本桜が、ようやく満開を迎えたらしいと聞いて、4月2日の日曜日を待って行きましたぁ~♪
ところが、出かけるとすぐに雨がバラバラと…大急ぎで撮った1枚ですぅ~^^(喜)

 


雨が勢いよく落ちて来るので、アップはこれ1枚きりぃ~♪ 


この一本桜の存在を、オトウチャンとリサ・ママは、最近まで知らなかったのですが、
『高知フォトスポット100景 土佐であい感動風景 とっちょこ!こうち』によれば、
この土地を管理している90歳を超えるおじいさんが丹精込めて手入れをしているものとのことですぅ~♪

また、南国市観光協会によれば、かつてのミカン畑に桜を植えたのが始まりで、
一本桜のヤマザクラは樹齢約50年。高知城の標準木と同時期に開花し、多くの写真家が訪れるとのこと。

周囲にはツツジ600本、ヤマザクラ200本、ソメイヨシノ3本、ひょうたん桜9本が植えられており、
周囲の景観も見事と思われますぅ~♪

出来たら、来年も、オトウチャンを行く気にして、いっしょに元気に行けたらイイな~と、思いまーす。
その時は、晴れててほしい~^^(笑)

南国市八京の一本桜


   YouTubeから、お借りしましたぁ~♪ 臨場感、味わってね~^^(喜)
   撮られた方、どうもありがとうございまーす!!

八王子のサクラと、八京のサクラ~♪『別冊・雲になろう』

   ↑ こっちのブログの方も、併せて見ていただけると、嬉しいです~♪

 

 


帰り道に、ヨシノツツジの満開を、見ることが出来ましたぁ~♪ 後ろの花は、モモの花かにゃ~♪


ヨシノツツジは、ツツジ科ツツジ属、シャクナゲとツツジの交配種だそうですよ~♪

 

   

 

3月初旬の牧野植物園で撮った写真が、そのままだったので、ササッと眼を通してくださいませね~♪


アセビ(ツツジ科アセビ属)


アセビ

      
      ジンチョウゲ(ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属)


ムサシアブミ(サトイモ科ナンテンショウ属)


ボケ(バラ科)

     
     ボケ(バラ科)


ヒガンザクラとメジロ~♪


ヒガンザクラ(バラ科)


ツルゴカヨウオウレン(キンポウゲ科オウレン属)


ツルゴカヨウオウレン~♪


ベニコブシ(モクレン科)


コブシ(モクレン科)


カンサイタンポポかなぁ~日本のタンポポらしき??


シロバナタンポポ(キク科タンポポ属)


セイヨウタンポポ(キク科タンポポ属)


シラン(ラン科シラン属)


ミクリア・マウディアエ(モクレン科)


菜の花

      
      フキノトウ(キク科フキ属)

      
      キランソウ(シソ科キランソウ属)


ミツマタ(ジンチョウゲ科)

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クイーン・エリザベス号高知新港入港と出航(2017年3月19日)

2017年03月28日 | Weblog

上の写真は、高知新港に停泊中のクイーンエリザベスを、TV画面が捉えたものを、使わせていただきました。
オトウチャンは、クイーンエリザベスが、海のかなたから現れて、接近するところを撮りたかったので、新港へは行かなかったのです。
入港を見届けた後、やはり新港へ行こうとしたけれど、道が凄い渋滞で、行き着けませんでしたぁ~(トホホ)
この日は、墓参がメインだったもので、小高坂山~経由~日高方面へ、向かいましたぁ~(笑)

 


さて、オトウチャンはこんな離れたところに陣取ったので、


最初は、豆粒ほどの大きさのクイーンエリザベスですよ~♪

      
      朝、早めに出たので、風が寒くて、私は外に出られず、クルマに居ましたぁ~(トホホ)


クイーンエリザベスは、舳先を向けてゆっくり近づいて来て、


方向転換して、新港めざし、


まっすぐ横向きに~♪


あいにく空がうすぼんやりした感じで、黄砂かもね~(トホホ)


港から歓迎の放水しきりですぅ~♪


いよいよ接岸近し~???


2羽のトンビが舞いよったけど、写してやろぅとしたら、遠慮したかな~???


船首を海に向けて、接岸完了~♪

やがて、出港の時~♪
墓参を済ませ、家で猫たちの世話をしてから、再び出かけて、新港へ近づこうとすると、めっちゃ渋滞の波で~。。
結局行き着けずに、またも、新港から離れたところからカメラを構えましたぁ~♪


船に窓からあふれ出すオレンジ色の明かりが、とてもとてもステキでしたぁ~♪
これも、新港よりかなり離れたところで撮ったので、三脚を忘れて来たと気づいた時は、まったくの手遅れでしたぁ~(トホホ)
出航は、定時に。
汽笛を2回鳴らして~船と港の別れの合図でしたぁ~♪


遠ざかる、まるで電飾のようなクイーンエリザベスを、ぼうぜんと見送りましたぁ~♪
肉眼で見ても、すごくキレイな動く電飾~^^(喜)
私は、動画を撮りたかったぁ~♪
オトウチャンは、三脚を忘れたことが、後悔でしたぁ~(笑)

どうしても新港へ近づきたかったけど、道が渋滞して、進めませんでしたぁ~(トホホ)

 

       
翌日のTVが、クイーンエリザベスの船内を写してましたぁ~♪
       入れたのは、撮影隊のみ~(トホホ)
       (ロビー)

       
       なんと優美な階段ですぅ~♪

     
     ここに座ったり、触ったり、したいものですぅ~♪
     クルマを買うより高いお金を払って、ここのお客になる勇気は、ありません。。
     やはり、夢、夢、夢

YouTubeを検索したら、高知新港での動画、たくさんありましたが、
私的には、次の動画がイチオシだったのですよ~(笑)
夜景を撮ってるのは、これだけで、
やはり夜景がイイのですよ~♪
神戸港入港ではありますが…ステキに撮れてましたぁ~^^(喜)

 

クイーン・エリザベス号神戸港入港


まわりの風景が、まったく都会で、寂しげな風景の高知新港とは、えらい違いでありますぅ~^^(爆)

 

この日に撮った春らしい野草たちは、「別冊・雲になろう」に載せましたぁ~♪
撮ったのは、リサ・ママの方ですが・・・・よかったら、覗いてみてくださいね~(笑)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セリバオウレンとユキワリイチゲ(牧野植物園 2017年3月5日)

2017年03月15日 | 山野草

セリバオウレンをまだ見たことがなかったので、牧野植物園へ出かけましたぁ~♪
ところが、行く途中で私は園内の敷石の上を携帯酸素のボンベを乗せたカートを無理やり引っ張って歩いたため、
すっかり疲れてしまい、少し離れたところにある目的地へは、行かれませんでしたぁ~(トホホ)


でも、オトウチャンの写真を見ると、ちょっと悔しい~(笑)


セリバオウレン(キンポウゲ科オウレン属)山地の林内に生える常緑の多年草。花期:3~4月 分布:本州、四国、


ユキワリイチゲは、めっちゃ、咲いてましたぁ~♪


伸び出したフキの葉も向こうに見えて、春を感じさせますぅ~♪

     
     アップにしても、控え目な花と云う印象ですぅ~♪


ユキワリイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)山地の渓谷沿いや、山麓の樹林内、竹林などに生える多年草。
 花期:3~4月 分布:本州の近畿地方以西、四国、九州、

                             植物園の花 つづく→

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

シコクバイカオウレンと早春の花(高知市牧野植物園・五台山・日高村2017年2月12日)

2017年03月08日 | 山野草

掲載が遅くなりましたが、日高村のシコクバイカオウレンの花です。


いちめんに咲き誇ってましたぁ~♪


でも、ちょっと映りが良くありませんね。。
おまけに帰り道にバンパーを大破するハプニング!!
大豊町で、フクジュソウを撮ったところで終わりにした方が、良かったのかな~??
(これはオトウチャンにはナイショ)


こちらは牧野植物園にて1月に撮ったもの。


改装中の回廊の一部に、咲き始めてました。


1月9日に、もうこれだけ咲いてましたよ~♪ 3月5日現在は、種がたくさん出来てましたぁ~♪


小さい白い花は、やはり撮りづらいのかにゃ~??


眩しい白です。。


今は、亜高山帯に生えるバイカオウレンの変種として、シコクバイカオウレンの名で区別されています。

 

その他、早春の花々が、咲いてましたぁ~♪


トサノミツバツツジ


マユミ


ツバキ


五台山のツバキ園で撮りました。


ツバキ


ツバキ


ツバキ


ツバキ


カワラナデシコ


リュウキュウアセビ
アセビは、今(3月5日)満開でーす!!

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今年のフクジュソウ(福寿草)(高知県大豊町福寿草の里 2017年2月12日)

2017年02月21日 | 山野草

おひさしぶりです。
私は、大風邪引いて家で寝てたけど、オトウチャンは大豊町へ行きましたぁ~♪
折しも日本列島大寒波の影響が、四国にも及んでいた日だったので、大豊町は急きょ雪国化しており、
ほとんどの福寿草は、雪にうずもれて隠れてたようですが、
ごく一部、撮ることが出来たと、大喜びで帰宅したことでしたよ~♪


北海道や日本海側に降った大雪に較べたら、可愛いものですが~♪


駐車場に植えられた椿の木にも、雪が~♪(喜)

    
    カワラヒワ(スズメ目アトリ科)


棚田の多い土地柄ですが、どこもかしこも真っ白ですぅ~♪

     
     今年から「福寿草まつり」は、行われないことになりましたが、
     「福寿草の里」の前に料金箱がおいてあるので、1人400円払って入山ですぅ~♪
     これからも有志で花のお世話はしてくれるそうですよ~^^(喜)


ほとんど雪に埋もれた福寿草、可哀想な感じですね~♪


これなんか、かなり咲き切ってる感じですが~♪


寒さの中で、こんな明るい色の花が咲いてるなんて、やっぱり春近しかなぁ~♪


雪は、冷たいけど、エェなぁ~!!(喜)

フクジュソウ(福寿草)キンポウゲ科フクジュソウ属
 山地のやや明るい林内などに生える高さ10~25センチの多年草。
 根茎は黒褐色で太く、多数のひげ根を束生する。
 葉は長柄があり、3~4回羽状に細裂する。
 根生葉はない。
 枝先に黄色い花を1個~数個上向きに開く。
 花は直径約3~4センチ。花弁は10~20個。
 ガク片より長く、黄色で金属光沢がある。
 ガク片は、帯暗紫緑色で数個。
 そう果は倒卵形で長さ4~5ミリ。短毛がある。
 花期:3~4月 分布:北海道、本州、四国、九州、
   (山渓ハンディ図鑑2 山に咲く花 参照) 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017年01月01日 | 山野草

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
昨年中は、アサギマダラに魅せられっぱなしの1年でしたが、
今年もまだ醒めそうにありません~(笑)

以下は、昨年の暮れに、牧野植物園で撮りました。


マンリョウ~♪


サネカズラ~♪


タイワンホトトギス~♪


シュウメイギク~♪
上の2つの花は、咲き残りですね~(喜)


サザンカ~♪ 今たけなわですぅ~(喜)

どうぞ今年も、良いお年を~♪(喜)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

よみがえれ!!アサギマダラ&室戸の猫(高知県室戸市室戸岬 2016年12月11日)

2016年12月14日 | 山野草

年末になって、再び室戸を訪れたのは、今頃ヤッコソウがどうなってるか気になるのと、
アサギマダラはもうすっかりこの地を離れたのかを、知りたかったからです~♪


ところが、いきなりアサギマダラが現れたのです~♪ しかも、マーキングされていますぅ~!!


あなたは、まだ旅立たなかったの~??


あなたたちは、旅立ちが遅れてしまったグループなの~??

  
  シオギクに留まってるこの個体は、まだ翅がきれいだけど・・・


こっちは、もうずいぶん翅の色がうすくなってますぅ~。。


翅の破損が、気になりますぅ~。。


この子は、もっと深刻ですぅ~♪


あぁ、もう行けません・・・・この翅で、遠い旅など出来るはずがないですよねぇ~(トホホ)


猫ちゃんのせいではないと思いますよ~♪ この子たちには、エサ遣りさんが就いてますから~♪(喜)


怖いお顔~??いえいえ、アクビの途中でシャッター切ったら、こんな顔になっちゃいましたぁ~♪(笑)


この子のようにのんびりした暮らしを愉しんでる子が多いように思いまーす~♪

同じ頃、私(リサ・ママ)も、弱って動きの異常なアサギマダラを見つけて、付いて行き、動画を撮りましたぁ~♪
この蝶は、20分位の間は、道の側のツワブキの花に停まっていたけれど、急にヨロヨロと路上に落ちてしまいました。
元気を取り戻して飛んで行くのを期待して、しばらく待っていたけど、とうとう飛べませんでした。

 

よみがえれ!!アサギマダラ

 

室戸は旅の途中かもしれなかったけど、この個体には、終焉の地だったわけですね。。
もしもこの地で、来春、新しい命が飛び立てば、それはそれでおめでたいことのように思えま―す~(喜)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高知工科大のクリスマス・イルミネーション(高知県香美市 高知工科大学校)

2016年12月10日 | 山野草

今年も高知工科大のクリスマス・イルミネーションが話題になる季節が来ましたぁ~♪
以前に撮った分は、いーよブログに載せたため、残ってませんでしたので、
もう一度行ってみましたぁ~!!
やはり、気分が出て、愉しかったですよ~♪(笑)


水面に映った光が、きれい~♪


銀杏の木は、すっかり黄色ですね~♪

←アップにして、お楽しみください~♪


中央を切り出したら、たくさんのお客さんが見えましたぁ~♪ 盛況だぁ~!!


緑のイルミネーションの向こうに、ピンクも見えます~♪


こっちは、黄色の銀杏の向こうに、真珠のような輝きが見え、上品な雰囲気~♪


足元は、すっかり黄色の絨毯のような落ち葉が~♪


これは、山田の案山子でしょうか~(笑)


青でライトアップされてるけど、銀杏の木~♪


今宵は3台の観光バスで、イルミネーションを見に来てる人たちが、賑やかですぅ~♪(喜)


今日はあまり寒くないと思ったけど、小一時間居ると、さすがに冷えて来て、最後の1枚は手元がブレブレですぅ~(トホホ)
それでも、愉しく鑑賞しましたぁ~♪
(欲を言えば、もうちょっとデザインに工夫が欲しかったけど、いろいろ制約があるのかも…)

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

別府峡の紅葉・黄葉(高知県香美市物部の別府峡 2015年11月23日)

2016年11月27日 | Weblog

別府峡へは、いつもより10日ほど遅く行ったので、紅葉の見頃は終わってました。
それでもステキと思う風景を、集めましたよ~♪(笑)


物部川本流沿いの渓谷です。


モミジの葉が、乾燥しすぎてる感じでしたが・・・・


モミジではない紅い葉も、健闘してまーす!!


黄葉は、すでに散って・・・・


こちらは、まだ残ってました~(喜)

モミジ濃淡 巨木 巨木
これらはちょっとした迫力なので、大きくしてごらんくださいね~♪


ツキノワグマのモニュメントを撮る私、知らぬ間に撮られてましたぁ~♪(笑)


物部川の本流の流れは小さくて、すぐに向こう岸へ渡れそうですが、流れが速いので、ご用心!!

渓流の紅葉を、大きくしてごらんくださいね~♪


赤く色づいた紅葉が、まだ残ってるところに出会うと、ホッとしますぅ~♪(喜)


モミジではない葉の紅葉~♪ 真っ赤で、きれい~何の葉でしょうか~??


川の崖沿いに、愛らしい姿の黄菊~♪ 名前を限定できないですぅ~~~


よく似たこの黄菊は、同じものなのかどうか~??はっきりしません。。


白い菊か、それとも青が褪せたのか??菊は奥が深いのに、知識がないので、どうもね~(トホホ)


遠くに赤いものが見えたので、撮ってみましたぁ~♪

       
       それを切り出してみましたぁ~♪ イイギリの実が、ブドウの房のようですぅ~!! 小鳥さん、大喜びね~♪ 


帰りの道に、皇帝ダリアも咲いてましたぁ~♪


初めて見た時には、大感激した花ですが、最近はあちこちで見かけるので、落ち着いて見るようになりましたぁ~(笑)


寒椿も、きれいでしたぁ~♪


今、盛りですよ~ステキ~♪


最後に、大銀杏が落ち葉になってましたので、一度は通り過ぎましたが、やはり惜しくて戻り、撮ったのですぅ~♪


小学校の校庭にあった大銀杏が思い出されて、今でも心をあっためてくれまーす!!(喜)

 

       
       ちなみに、これは2013年の紅葉、この年は紅葉の当たり年でしたぁ~♪
                   ↓ 
           よかったらクリックして、見てくださいね~!!(喜)

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤッコソウと室戸ジオパークにて(高知県室戸市室戸岬 2016年11月6日)

2016年11月19日 | 山野草

ヤッコソウが、まだきれいなお顔のうちに、写真を撮りたくて、行きましたぁ~♪


撮影に熱中するオトウチャンですぅ~♪ 私は、今年も、最御崎寺への坂道をやっと歩けた達成感で、泣きそうですぅ~(喜)



ヤッコソウは、ツブラジイやスダジイの地表近くの根に寄生する1年生の寄生植物。
花茎は、5~7cmで白色、乾くと褐色になり、葉緑体を持ちません。


なかなか可愛いと、思いませんか~♪


今年も観れて、良かったぁ~(喜)
2013年11月23日に行った時のブログも、ご覧くださいね~♪

 

ラッキーな拾い物がありましたぁ~♪


寺院への坂道の途中に、人だかりがしていて、よく見ると、ヒヨドリバナに留まったアサギマダラを見てるのでしたぁ~♪


必死に蜜を吸ってるのですよ~♪


風が強いので、激しく揺れるのに、羽ばたきもせず吸ってるのは、これから遠い旅をするための体力作りのためでしょうか~??(笑)


参拝に向かうたくさんの人たちに見られても、キモチ良さそうに、ぶんぶん揺れながら、栄養摂取してましたよ~♪

 


ハイビスカス~♪


あこう


あこうの実~♪


ハマナデシコ~♪


シオギクのツボミ~♪


ハマアザミ~♪


イソヒヨドリ(♀)


ミヤマホウジロ(♂)


レストランの隣りに住み着いたニャンコちゃん~♪

 

ここからは、室戸の海~♪


室戸の海は、少し荒れてましたぁ~♪ 太平洋の色ですよ~♪


磯釣りは、ムリみたいですね~♪

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉と仲良し(高知県仁淀川町中津明神山 2016年11月13日)

2016年11月17日 | 山野草

この日は朝から晴れていたので、もし紅葉が遅れても、山頂からの素晴らしい眺めが撮れると期待して、行きましたぁ~♪


見事に紅葉した橋の上にクルマを止めて、


眼下を望むと、あれまぁ、紅葉はここまで来ては居ないのでしたぁ~♪(笑)


でも、こんな綾錦が見えて~♪


これから期待が持てそうな~あやにしき~♪(喜)


お山もイイお色で~♪


足元のシコクフウロの葉っぱも紅葉して、艶やか~♪


吾川スカイパーク~♪


リンドウ


モミジカラスウリ




ゲンノショウコ


可愛い蝶(ベニシジミ)は、蜜を吸って飛んで行きましたぁ~♪(喜)

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

瓶ヶ森林道からの眺め(愛媛県西条市瓶ヶ森 2016年11月3日)

2016年11月06日 | Weblog

去年は10月18日に行き、素晴らしい紅葉を楽しめたのですが、今年は2週間も遅れたせいか、寂しい紅葉でした。

   去年のは、こんなですよ~♪
          ↑
      (ここをクリックしてね!)


青空と緑が透けて見え、寂しいなりにも、好きな紅葉でしたが・・・・


京都あたりの神社仏閣の中の紅葉とは、やっぱ違うなぁ~と感じ、これはこれ、高知の良さやな~なんて思いまーす。


一番に紅葉して、一番に散ると思うのに、鮮やか~♪


一番のハイライトでしょうか~?? やっぱし、モミジの紅葉だけのことはありますね~♪


アップにすると、豪華やけど、ほんの少しなんです。。


カーブミラーに、きちんと収まりましたぁ~♪(笑)


でもね~お山は、ステキな樹氷でしたよ~♪


こんなに日中まで樹氷が消えないのは、初めて見ましたぁ~(喜)




頂上まで、樹氷が消えてないって、さむぅ~♪

←ここをクリック!
樹氷を、アップでご覧ください~♪


帰りの道で、眼前の樹氷を、アップしましたぁ~♪(喜)


もう、クリスマス気分ですね~♪(笑)


いいなぁ~!!
でも寒くて、クルマの外へなかなか出られません~(笑)


帰路、振り返ると石鎚山の威容が・・・この形、親しめます!!
11月末あたり、すっかり雪を被った姿も、見たいものですぅ~♪(喜)

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アサギマダラ、イシガケチョウ、サツマニシキ、なかよく同行3頭(匹) (高知県立牧野植物園 2016年10月9日)

2016年10月31日 | 山野草

みごとなアサギマダラが、羽を休めてるのは、
高知県立牧野植物園内に植えられたフジバカマの花の上~♪

    
    この日は、アサギマダラは、1匹しか見掛けられませんでした。
    多い時は、30匹(頭)位が一度に見られたそうで、9‐10時が、もっとも多いそうです。


アサギマダラ(タテハチョウ科)
  時 期: 4-7月、9-10月
  分 布: 本州・四国・九州・沖縄
  本州・九州・四国で唯一見られるマダラチョウの仲間。
  あまりはばたかずにふわふわと優雅に飛ぶ。
  移動性が強く、マーキング調査では数百キロも離れた場所で発見されたりする。
  初夏から発生するが、晩夏から秋にかけて見る機会が多くなる。
  幼虫の食草は、キジョラン、イケマなど、ガガイモ科の植物。

 


アサギマダラと一緒に、なかよく旅をしてるかに見えるのは、イシガケチョウ~♪
小刻みに翅を動かして、フジバカマの蜜を吸っています。


イシガケ(または、イシガキ)チョウ(タテハチョウ科)
   分 布: 本州・四国・九州・沖縄 
   時 期: 5-10月
   近畿地方以西で見られる南方系の蝶。近年、少しずつ分布を北に広げつつある。
   渓流沿いの林縁で見られ、湿地で吸水したり、花で吸蜜する。

 

     
     このカラフルな虫が、蛾だと知って驚きました。
     植物園内で、雑草取りをしている職員さん(?)に、教わりましたぁ~♪
     その方の云うには、
     アサギマダラ、イシガケチョウ、サツマニシキの3者は、不思議に毎年、連れ立ってやって来るとのことですぅ~(喜)     


この鮮やかさに、魅了されましたぁ~♪


サツマニシキ(マダラガ科)
  ヤマモガシのある森林。本州、四国、九州に分布。
  観察できる時期:6月、10月
  幼虫はヤマモガシの葉を食べる。



よく見かける、この蛾も、たくさん来ているようでしたぁ~♪(笑)

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加