オトウチャンの写真帖

登山・写真共に初心者のオトウチャン(リサ・パパ)の山野草フォトブック。

ウリノキ他(愛媛県四国中央市・新居浜市の東赤石山 2014年6月15日)

2014年07月15日 | Weblog

オトウチャンは、同じ東赤石山に1週間後、もう一度行きましたぁ~♪
先週は咲いてなかったお花の開花を、期待したのでしたぁ~(笑)


ウリノキが、やっと咲いてましたぁ~♪


ウリノキ(瓜の木)ウコギ科ウコギ属
  葉の形が瓜の葉に似ているのでこの名がある。
  山地の沢沿いなどのやや日陰に生え、高さは3メートルほどになる。
  大きな葉に隠れるように白い小さな花が咲く。
  花びらは開くとすぐにゼンマイのようにクルクルと丸くなる。
  花期:5~6月 分布:北海道、本州、四国、九州、
    (樹木春夏編 永田芳男著 参照)


オトウチャンが先週行ったときは、雨に降られ、沢を歩くうちに滑って、擦り傷だらけになって大変だったと話すので、
それなら、今度は、その沢や風景も撮って来てほしいと頼んだので、いくつか撮って来てくれましたぁ~♪


「わぁ~ぃ!!オゾンがいっぱいやわ~!!」なんて思うけど、行くまでが大変なので、私はもう無理なんですぅ~(笑)


「ずぅーっと、こーゆーところを、歩くんやで~!!」と、オトウチャン。
              それでも行くんやから、やっぱ、山野草の魅力はすごいですね~♪(笑)


すると、ヤマツツジがそろそろと云うところでしたぁ~♪


ところどころ咲いてる花も~♪


まさに圧巻~♪(喜)


見事な広がりを見せるヤマツツジ、咲きそろったところを、ぜひ見たいものですね~♪(笑)
  ヤマツツジ(山躑躅)ツツジ科ツツジ属 
    日本全国の山地にもっとも普通に見られる種類で、万葉の昔から親しまれている。
    酸性の土壌に多く、雑木林やアカマツ林、陽当たりのよい尾根筋、岩場などあらゆる場所に生え、
    大きなものは高さ5メートルほどになる。
    花期:4~5月 分布:北海道、本州、四国、九州、
     (樹木春夏編 永田芳男著 参照)


ヤマシャクヤクが、もう実になってましたぁ~♪


これは、ヤマアジサイかなぁ~??


これはエビネでしょうかねぇ~??


アップはちょっとピンボケですぅ~(汗)


エビネ(海老根)ラン科エビネ属
  バブルと呼ぶ偽球茎が連なって海老のように見えるのでこの名がある。
  花の色に多彩な変化があり、過熱気味のブームになった。
  このため、以前は山野でごく普通に見られたエビネは採りつくされて、すっかり減ってしまった。
  雑木林や竹林の下などに生え、高さ40センチほどになる。
  鳥が羽ばたいているような形の花を咲かせる。
  花期:4~5月 分布:日本全土
    (春の野草 永田芳男著 参照)


ヤブウツギが咲き始めましたぁ~♪


お山の至るところに見かけましたぁ~(笑)


ヤブウツギ(藪空木)スイカズラ科タニウツギ属
  花や葉、茎などにびっしりと毛が生えるのが特徴。
  太平洋側の低山に多く、高さは2メートルほどになる。
  花の先端は垂れ下がることが多い。
  花期:5~6月 分布:本州、四国、
   (樹木春夏編 永田芳男著 参照)

 

                      つづく→

 

 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

シライトソウ他(愛媛県四国中央市・新居浜市の東赤石山 2014年6月8日)

2014年07月06日 | Weblog

6月にオトウチャンは、この山へ日曜日ごとに3回、訪れましたぁ~♪
指導書によれば、この時季に東赤石山に咲いてるはずの名だたるお花たちに、なかなか巡り会うことができなかったのですぅ~。。
以下は、まず1回目に、運良く出会うことの出来た、お花たちでありまーす!!


シライトソウ~♪ 繊細な姿は、山野草のイメージそのもの~大好きですぅ~(喜)


シライトソウ(白糸草)ユリ目シュロソウ科シライトソウ属
    山地の林内や谷沿いに生える多年草。
    根生葉は放射状に展開し、倒披針形で長さ8~14センチ。
    ふちは細かい波状となる。
    花は下から順に咲き、花被片は先が太い線形で、
    上方の4個は長く、長さ8~12ミリ。下方の2個はごく短い。
    花期:5~6月  分布:本州(秋田県以南)、四国、九州、
      (山渓ハンディ図鑑2山に咲く花 参照)


登山口の駐車場にて~♪


サトイモ科ナンテンショウ属マムシグサ類らしいですが、はっきりした名前は、調べが付きませんでしたぁ~♪


タカネバラのツボミでありますぅ~まだツボミとは、ザンネンですぅ~(トホホ)


この花は、何でしょう?? 葉の形にも特徴があるのに、調べが付きませんでしたぁ~(トホホ)


可愛い花ですよ~♪


名前が分かってたら、トップに持って行きたかったのですが、残念でなりません(涙)
ご存知でしたら、どうかコメントを、お願いしますぅ~♪


東赤石山は、道しるべの通り、右へ~♪(笑)


かわいいユキワリソウが、控え目に咲いてまーす!! 


淡いグラデーションが、素敵です~♪


繊細な花びらですぅ~♪


ユキワリソウ(ごめんなさいね。この花に付いては、のちに書きまーす

 


はい、アップにしたら、ツクバネが見えましたぁ~♪


コツクバネウツギでしょうか~??(喜)


コツクバネウツギ(小衝羽根空木)スイカズラ科ツクバネウツギ属
  日当たりのよい丘陵地や岩場に生えるが、蛇紋岩地や石灰岩地などの特殊な場所にも生える。
  花の色は、淡いクリーム色が普通だが、ピンクのものもある。
  花期:5~6月 分布:本州(長野県以西)四国、九州、
    (樹木春夏編 永田芳男著 参照)


キバナノコマノツメと云いまーす~♪


スミレじゃないの??って、思いますけど~(笑)


キバナノコマノツメ(黄花駒爪)キントラノオ目スミレ科キバナノコマノツメ類
  キバナノコマノツメは、分布域が広く世界でも北極をぐるりと取り巻くように分布するほか、ヒマラヤにも分布する。
  日本では、北海道から屋久島まで分布している。
  葉は腎円形でやわらかく、表面や縁に毛があり、光沢はない。上弁と側弁はそり返り、唇弁は菱状でとがる。
    (山渓ハンディ図鑑2山に咲く花 参照)


イヨノミツバイワガサ、初めて見る花ですぅ~♪


アップで見ると、なかなかゴージャスでありますぅ~♪(喜)


イヨノミツバイワガサ
  東赤石山と寒風山に生育する落葉低木で、高さは1.5mほどになる。
  葉は互生し、菱形状卵形で不揃いの鋸歯があり、しばしば3~5の切れ込みがある。
  初夏,枝先に径2~4cmの散形花序をだし、径7mmほどの白い花を密生する。
  イワガサの変種で、若い枝や花序に短軟毛が密にあるもの。


東赤石山の岩石には、面白い模様がよく見られますが、これは植物とはどのように関わっているのでしょう??
後日調べてみたいと思いますぅ~♪ 


 

コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメハギ他(高知県吾川郡仁淀川町の中津明神山 2014年6月1日)

2014年07月01日 | 山野草

この見たことのないへんてこりんな花の名前分からずに、後回しでしたが、ふとしたはずみに「ヒメハギ」の名が出て、確信~!!(笑)
なので、トップ記事でありますぅ~♪


ヒメハギ(姫萩)ヒメハギ科ヒメハギ属
  花が小さくてハギを想像させるのでこの名がある。
  鳥が飛び立つような独特の花の造りから、独立したヒメハギ科を形成しているが、日本には種類が少ない。
  山野の日当たりのよい草原などに生え、木のように見える硬い茎を地面に這うように広げる。
  花はマダラにつくことが多いが、時としてたくさんつくこともある。
  葉は互生し、茎の根元に近くなるほど小さくなる。
  花は長さが1センチ以下と小さい。
  花期:4~7月 分布:日本全国
    (春の野草 永田芳男著 参照)

 


ハルジオン(春紫苑)キク科ムカシヨモギ属 花期:4~6月 分布:北アメリカ原産の帰化植物 いつ見ても可愛い花ですぅ~♪


ハルジオンに止まってる蝶は、キアゲハ??(笑)

 


中津明神山の山頂~♪ 


めっきり苦手なスミレ類~♪


ツボスミレかな~?? とっても可愛い!!(喜)


キンポウゲ~♪


キンポウゲ(別名:ウマノアシガタ)キンポウゲ科キンポウゲ属 花期:4~6月 分布:日本全土


おなじみのトゲアザミ(キク科アザミ属)花期:5~8月 分布:四国


四国の山にいつも見かけるトゲアザミ、今年も元気に~♪

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加