パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

カラスの親指  ★★★★

2012年11月30日 | アクション映画ーカ行
直木賞作家、道尾秀介のミステリー小説を「テルマエ・ロマエ」の阿部寛主演で映画化。2人のサギ師コンビの元に、3人の若者が転がり込んできたことをきっかけに巻き起こる騒動を、ユーモアを交えて描く。共演は「怪談(07)」の村上ショージ、「貞子3D」の石原さとみ。監督は「楳図かずお恐怖劇場 絶食」の伊藤匡史。

あらすじ:悲しい過去を背負ったままサギ師になったタケ(阿部寛)と、成り行きでコンビを組むことになった新米サギ師のテツ(村上ショージ)。そんな2人の元に、ある日ひょんなことから河合やひろ(石原さとみ)と河合まひろ(能年玲奈)の美人姉妹、それにノッポの石屋貫太郎を加えた3人の若者が転がり込んでくる。彼らもまた、不幸な生い立ちのもと、ギリギリのところで生きてきたという。これをきっかけに始まる他人同士のちょっと奇妙な共同生活。やがて、タケが過去に起こしたある事件が、彼らを一世一代の大勝負へ導くことになるが、この時は誰一人、それを知る由もなかった……。社会のどん底で生きてきた5人の一発逆転劇。そして驚愕の真実が明かされる……。(作品資料より)

<感想>小説は読んでいませんが、阿部ちゃん演じる作品は殆どと言ってくらい観ているので、予告を見て今回はコメディのような詐欺師の内容に興味がありました。しかし、160分は長いですね。最後にどんでん返しとやらがあるのですが、それは全編を通して見ていると、おのずと分かるのであまり期待して驚くほどじゃないです。
主人公タケを演じるのは阿部寛。この俳優さんは幅広い演技で定評のある役者さんで、今年初めから「麒麟の翼」のシリアスな刑事役や、「テルマエ・ロマエ」のコミカルな古代ローマ人までと、なんでも器用に演じる。阿部ちゃんがサラ金から金を借りて返せずがんじがらめになり、ボスに闇金の取り立ての仕事をさせられるわけなんです。しかし、阿部ちゃんって所詮悪役には成りきれない人なんですよ。見た目が正直者ってレッテル貼られているようで、やっぱこういう闇金取り立てはヤクザのような目つきが鋭くて、だみ声を聞かせて相手を威嚇するような風貌じゃないとダメですから。

それは無理としても、結局は闇金の取り立てでその家の奥さんを自殺に追い込み、火事騒ぎを起こした。タケの奥さんは亡くなっていたような、それは内容にはなかったが、一人娘をやはり火事で亡くしたようで、この一連の火事は全部闇金屋の仕業で、それを見て事務所の机にあった裏帳簿を警察に持って行き、闇金屋の幹部たちを一網打尽にしたという。
その後、闇金屋のボスが出所して自分を狙っていることを知らずに、どうやらサギ師のテツが自殺をしようとしているところを助けて、二人で詐欺を働くことになるんですね。最初の馬券売り場から始まる詐欺行為は、何もしらない観客にとっては巧い手口で騙されたと思いました。馬券が裏に貼り付けて2枚あって、後ろの馬券が当たり馬券だということは最後で知りました。その後の600円で買った香炉で質屋のオヤジを騙す手口は、見え見えでしたね。笑いどころはありました。

その後は、財布をする女がテツの娘だということは、一緒に住む前に出会ったときに絶対に分かることなので、最後にテツから明かされるのですが、いくら小さい時に別れた自分の子供たちを見分けることが出来ないはずがない。それに、あしなが小父さんとして姉妹にお金を送っていたタケのことも、タケは姉妹の住所を知っていても、二人の顔を知らなかったってことなの。
二人の姉妹の父親である村上ショージのテツ、この役者さんはいつもお笑い専門でしたが、実にこの映画の中では断トツに巧かったです。美人姉妹にはおっとりの姉に石原さとみと、しっかり者の妹には大型新人の能年玲奈が扮しています。姉の恋人の貫太郎に小柳友が、いい演技してます。それに、闇金屋のボスの鶴見辰吾さん、この俳優さんは眼力が鋭く、机をツメでカリカリという擬音効果が効いていてよかった。
しかしながら、一緒に住むことになった疑似家族なんですが、一軒家に住んでいる内に、次第に家族っていいなぁという気持ちにさせるのはいいと思います。でも、その間は、詐欺とかスリとかして生活費稼いでいたのかなぁ。タイトルの「カラスの親指」にちなんだテツの話に、なるほどと、とてもいい話が聴けたように感じましたね。そうか親指って、家族を見渡す大黒柱だったんですね。
みんなで闇金屋へ押しかけて、盗聴騒ぎを起こして金庫の金を奪う作戦が、そんな簡単に上手くいくとは思ってなかったので、これはコメディのドタバタ騒ぎでした。昔のタケを知っているボスが、みんなの顔を見つめるシーンでバレないかと冷や冷やもんでしたが、さすがの阿部ちゃん見事にその場を切り抜ける作戦に、思わず吹き出してしまう演技には驚いた。そのせしめた金を分け合って皆がバラバラになる。そして気が付くタケが、テツを捜して事情を知るという終わり方。最後のテツを捜す下りも、しんみりとした話になってよかったです。本当は詐欺師の腕は一流だったテツ、全部テツが仕組んだことで、騙されていたのはタケと観客ということ。でも、ノラ猫のトサカが無事で良かったです。
2012年劇場鑑賞作品・・・132   映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ 

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロックアウト ★★★.5 | トップ | 刑事ベラミー ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カラスの親指 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/11/23公開 日本 160分監督:伊藤匡史出演:阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、ベンガル、ユースケ・サンタマリア、戸次重幸、なだぎ武、古坂大魔王、上田耕一、鶴見辰吾 5人のサギ師(カラス)が挑んだ大勝負!! 驚きと感動の爽快エンタテイ....
カラスの親指 (心のままに映画の風景)
詐欺師のタケ(阿部寛)は、どこかマヌケなテツ(村上ショージ)と成り行きでコンビを組んでいた。 ある日、街で偶然知り合った少女まひろ(能年玲奈)が、姉のやひろ(石原さとみ)とその彼氏貫太郎(小...
カラスの親指 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 笑えることに、ラストでタケが西、テツが地下鉄へと去り
映画「カラスの親指」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「カラスの親指」観に行ってきました。道尾秀介の同名小説を実写化した、阿部寛と村上ショージが主演を担う人間ドラマ作品。物語最初の舞台は競馬場。競馬場の馬券売り場で、あ...
カラスの親指 (だらだら無気力ブログ!)
予告編には騙されたなぁ。
『カラスの親指』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「カラスの親指」□監督・脚本 伊藤匡史□原作 道尾秀介□キャスト 阿部 寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳 友■鑑賞日 12月2日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)...
カラスの親指/阿部寛 (カノンな日々)
何やら面白そうなミステリー作品だなぁと楽しみにしてました。原作は未読ですが直木賞作家・道尾秀介さんの本格ミステリー小説を映画した作品だそうです。阿部寛さんと村上ショー ...
「カラスの親指」 (Con Gas, Sin Hielo)
とにかく3人がかわいい件について。 観る前の印象としては「上映時間長っ!」ということで、レイトショーだし眠くならないか心配していたが、さほどテンポが良くないにも拘らず、終わりまで楽しむことができた。 また、最後にどんでん返しがあるよ、なんて話が聞こえ....
「カラスの親指」 都合がいい感じ、それが・・・ (はらやんの映画徒然草)
事前情報をあまり入れないで観賞しました。 詐欺師のお話というのは知っていたという
カラスの親指 (いい加減社長の映画日記)
だまされてやろうじゃないか、と・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 悲しい過去を背負い、詐欺師として生きるタケとなりゆきでコンビを組むことになった男、テツ。 詐欺に励む二人のもとに、アパートを追い出された美人姉妹とその恋人が転がり込んできた。 ....
カラスの親指 (花ごよみ)
原作は道尾秀介の同名小説。 主演は阿部寛。 監督は伊藤匡史。 不幸な過去を持つ詐欺師二人、 タケ(阿部寛)とテツ(村上ショージ)。 詐欺師二人と同居することになった、 姉妹と一人の男性。 姉妹の姉を石原さとみ、 妹は能年玲奈。 そして小柳友。 5人の共同生....
カラスの親指 (映画的・絵画的・音楽的)
 『カラスの親指』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)阿部寛がお笑いの村上ショージと共演するのが面白いと思い、映画館に出かけました。  物語の冒頭では、競馬場で、どの馬券を買うべきか思案に暮れている男タケ(阿部寛)が映し出されます。すると彼のそばに、いかに....
カラスの親指 無駄な長尺や (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=53 -6-】 今日は、自分の出身単組が初出なので年賀の挨拶に行き、それから委員長と飯食って、今から神奈川に戻ります。 で、TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる8本目の鑑賞、別にどっちでもいいやと思っていたけど、たまたま時間が合ったので鑑賞したのだけど...
映画『カラスの親指』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-95.カラスの親指■配給:20世紀フォックス、ファントム・フィルム■製作年・国:2012年、日本■上映時間:160分■観賞日:12月1日、新宿武蔵野館(新宿)■料金:1,000円 □監督:伊藤匡史◆阿部寛(武沢竹夫)◆村上ショージ(入川鉄巳)◆石原さと...
カラスの親指 (銀幕大帝α)
2012年 日本 160分 サスペンス/ミステリー/コメディ 劇場公開(2012/11/23) 監督:伊藤匡史 原作:道尾秀介『カラスの親指 by rule of CROW's thumb』 脚本:伊藤匡史 出演: 阿部寛:武沢竹夫 村上ショージ:入川鉄巳 石原さとみ:河合やひろ 能年玲奈...
カラスの親指 (いやいやえん)
わけあって短信です。 ・美人姉妹がかーわいい。準主役は能年玲奈さんなのだ ・コミカルなコン・ゲーム、詐欺師の物語です ・親指は他の全部の指と向き合える(確かに!) ・どんでん返し自体はそんなにびっくりするものではなかった ・ストーリーは良く練られて...
映画「カラスの親指」のブルーレイを見ました(能年玲奈とホールトマトと猫) (翼のインサイト競馬予想)
映画「カラスの親指」のブルーレイを見たのでレビューしてみたいと思います。 You
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (のほほん便り)
「あまちゃん」で大ブレイクする前の能年玲奈、奔放プリティ娘キャラ・全開になる前の石原さとみが、実にキュートでのびのび。キラキラしてます。主演の阿部寛は、もちろん、安定の存在感。村上ジョージの配役は、意外に見えて、最後まで見ると「…なるほど」。一見、素朴...