パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

忍びの国★★★・5

2017年07月06日 | アクション映画ーサ行
「のぼうの城」「村上海賊の娘」などの作家・和田竜の小説を実写化したアクション時代劇。伊賀忍者最強とされる男・無門が、織田信長の息子・信雄の軍勢と伊賀の国との戦いに身を投じる姿を追う。メガホンを取るのは、『ジェネラル・ルージュの凱旋』『予告犯』などの中村義洋。中村監督作『映画 怪物くん』などの大野智が、怠け者ながら腕は確かな主人公の忍者を演じる。大野の体を張ったアクションや、武力だけに頼らず知略を駆使した戦いの行方に目を奪われる。ナレーションを山崎努が務める。共演は石原さとみ、鈴木亮平、知念侑李、伊勢谷友介。監督は「予告犯」「殿、利息でござる!」の中村義洋。

あらすじ:戦国時代、忍びの国として名高い伊賀。超人的な戦闘能力を誇り、虎狼の族と呼ばれる伊賀忍者の中でも特に腕の立つという無門(大野智)は、怠惰な日々を過ごしては妻・お国に稼ぎのなさを叱責されていた。ある日、織田信長の次男・信雄が父ですら手出しするのを恐れていた伊賀への侵攻を、独断で開始する。無門に弟を殺されて伊賀への復讐(ふくしゅう)を果たそうとする下山平兵衛、伊賀の重鎮・百地三太夫や下山甲斐をはじめとする忍者たちの思惑や野望も入り乱れる戦いに、いつしか無門ものみ込まれていくが……。

<感想>物語は史実をベースにしている。歴史好きな、特に戦国時代マニアには有名な「天正伊賀の乱」で起こり得た出来事であります。血湧き肉躍る戦記としてだけではなく、滑稽な忍者集団の上層部に、金でいいように使われる下忍者たちの悲哀とシステムの矛盾を炙り出す作劇に、現代社会に似た構造を読み取ることもできます。

無門は忍びとしての生き方に疑問を抱いて侍になろうとした、下山平兵衛との戦いを通じて変わっていくのだが、最初の忍び同士の殺し合いは、本当に意味があるのかどうか。人を殺すことに作り手が悩むと、根源的な疑問が起きてしまうのだ。
忍者と侍、強いのはどっちだ!・・・この「忍びの国」を見ていたら絶対に迷うことなく前者だろう。それほどに主人公の無門は凄まじいまでに強いからだ。しかも殺気や威圧感を放つのではなく、拍子抜けするくらい飄々と、時には「面倒くせえ」とぼやきながら、相手を仕留めてしまう。

でも人を殺して何の感情も生まれないわけがない、平兵衛も弟の次郎兵衛を無門に殺されて、このシステムはおかしいと感情的になるし、無門も守るべき存在を失って、忍びとして生き方の矛盾に気づいたんじゃないかなと。守る者だったり、大切な人たちを殺されない限り、何とも感じないのは人間の愚かさかもしれない。

だから、“虎狼の族”の象徴のような無門も変わっていくわけなんですね。ですから、どんな時代であっても死を目の当たりにして何の感情も抱かない人はいないんじゃないかと思うのです。
主人公が恐妻家でも、やる気が有るのかないのか、演じているのでなく、無気力にしか見えないのは問題だが、原作の残虐描写を外して大野智くんが演じるのに相応しい、愛すべきキャラにすると忍者ごっこにしか見えないのが残念。「怪物くん」のコンビらしく「忍者ハットリくん」の実写リプートで良かったのではと思った。

それでも、大野くんは軽やかな身のこなし、跳躍はもちろんのこと、太刀筋を読んでかわしていく動きは、ステージで踊っているかのようにも映るのだ。
ドライな銭ゲバ忍者という設定はいいのに、主従関係よりは金で動くコマとした点が面白かった。これは原作の功だろう。
国を奪ったり譲ったり、という戦国時代の話なのだが、要するに織田信長の息子の独断専行をどう解釈するべきか、観終わって納得できずに悩むのだ。Hey!Say!JUMPの知念侑李が織田信雄の役を演じており、セリフも多いし立派に若殿を演じていたのに感心しました。

家臣の日置大膳には伊勢谷友介が見事にハマっていて、出番は少ないが北畠具教の國村隼も立派でしたし、下山甲斐 にはでんでんが、その息子の下山平兵衛に鈴木亮平が、織田の敵に寝返り味方の伊賀の忍びと戦うシーンなどが見ものですから。

その他にも、音羽の半六にはきたろうが、百地三太夫には立川談春が出演しているのも良かった。それに、忍者の頭目たちの頭脳戦もある。
それでもVFXとワイヤーアクションを組み合わせた合戦や、築城シーンは見応えもあるし、双焦点レンズ撮影も数か所で決めてくれて大満足でした。ですが、物語の核が弱いのだ。

何処にでも入り込める主人公「無門」が、妻のお国(石原さとみ)に閉め出されて自分の家にだけは入れない、というのは良かった。やっぱり、石原さとみさん綺麗でしたね。一番の見どころは、無門と下山平兵衛の鈴木亮平との戦いに尽きます。どちらかが倒れるまでの殺し合いといっていいくらいに、凄まじかったです。

最後に伊賀を滅ぼした後、「伊賀の国はなくなったが、伊賀忍者は滅びたわけではない。彼らの血は天下に散って、われらの子や孫にまで入って来るに違いない」と、日置大膳が言うのです。本当にいいこと言っているわ。
2017年劇場鑑賞作品・・・152映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラッド・ファーザー★★★★ | トップ | ジョン・ウィック:チャプタ... »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーサ行」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
忍びの国  監督/中村 義洋 (西京極 紫の館)
【出演】  大野 智  石原 さとみ  鈴木 亮平  伊勢谷 友介 【ストーリー】 戦国時代、忍びの国として名高い伊賀。超人的な戦闘能力を誇り、虎狼の族と呼ばれる伊賀忍者の中でも......
忍びの国 (花ごよみ)
「のぼうの城」「村上海賊の娘」の作家、 和田竜の同名小説が原作。 本も読んでいます。 伊賀忍者と織田信長軍の戦い、 天正伊賀の乱を題材にした映画。 大野智が主演、 伊賀の......
劇場鑑賞「忍びの国」 (日々“是”精進! ver.F)
忍ではなく、“人”になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201707020000/ 映画「忍びの国」オリジナル・サウンドトラック [ 高見優 ]
映画「忍びの国」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
2017/07/4 08:41 記事更新 映画 『忍びの国』(公式)を本日公開初日の夕方、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 なお、原作小説:和田竜......
『忍びの国』('17初鑑賞72・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:25の回を鑑賞。
「忍びの国」☆成功のカギは大野くん起用 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
いやぁービックリしたwa 楽しみで楽しみで仕方なかったパイレーツオブカリビアンが満席で初日鑑賞を断念していただけに、月曜日には絶対観るぞ!と深夜0時を回って即ネット購入......
忍びの国 (とりあえず、コメントです)
戦国時代に活躍した伊賀の忍びたち姿を中村義洋監督が大野智主演で描いた作品です。 原作は未読ですけど、予告編を観てどんな作品になるのだろうと気になっていました。 独特な伊......
<忍びの国> (夢色)
予告見て、単純に面白そう!んで、伊勢谷さん絶対カッコいいわ! ←おい(笑)って思って昨日観て来たけど、最高のエンターテイメント作品でした( ´艸`)楽しめた~!怪物くんの...
忍びの国 (だらだら無気力ブログ!)
文吾や柘植三郎左衛門が登場しないのか・・・。
[映画『忍びの国』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・雨で予定がなくなり映画館に入りますれば、見たい映画がなく、ちょうど時間の合った作品が大野智クンの『忍びの国』。  映画の日で1100円!  生中継の舞台挨拶付......
『忍びの国』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「忍びの国」□監督 中村義洋□脚本・原作 和田竜□キャスト 大野 智、石原さとみ、鈴木亮平、知念侑李、伊勢谷友介■鑑賞日 7月8日(土)■......
忍びの国 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2017年日本 上映時間:125分 監督:中村義洋  原作は、『村上海賊の娘』、『のぼうの城』の和田竜である。主演は嵐の大野智くんで、主題歌を嵐が歌っている、とな......
忍びの国 (ネタバレ映画館)
川じゃ!
忍びの国 (映画好きパパの鑑賞日記)
 アクションエンタメ時代劇の傑作。忍者と侍のアクションシーン、キャラクターや非常な忍者など人間ドラマすべてよし。何より石原さとみの美しさが尋常ではありませんでした。 ......
「忍びの国」 (ここなつ映画レビュー)
ラストの伊勢谷友介のセリフが非常に文学的。そうきたか、という、ね。作中、似たパターンの繰り返しもあり、うーん、ちょっと飽きたかなぁ、といった感想を持った所でかなり心に......
忍びの国 感想♪ (★ Shaberiba )
★★★★ 飄々としながらも やる時ゃやる。そしてやれば凄い!   まさしく無門は大野君----!?なのかもしれない・・(笑)
17-242「忍びの国」(日本) (CINECHANが観た映画について)
虎狼の輩の血は子や孫、その先まで広がっていく  時は戦国。破竹の勢いで天下統一に突き進む織田信長。次男の信雄も伊勢国を掌握し、その隣国・伊賀に次なる狙いを定めていた。 ......