パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

22年目の告白-私が殺人犯です-★★★★

2017年06月14日 | アクション映画ーナ行
未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。韓国映画『殺人の告白』をベースに、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督がメガホンを取り、日本ならではの時事性を加えてアレンジ。共同脚本を『ボクは坊さん。』などの平田研也が担当。日本中を震撼(しんかん)させる殺人手記を出版する殺人犯を藤原竜也、事件発生時から犯人を追ってきた刑事を伊藤英明が演じる。

あらすじ:阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。担当刑事の牧村航(伊藤英明)はもう少しで犯人を捕まえられそうだったものの、尊敬する上司を亡き者にされた上に犯人を取り逃してしまう。その後事件は解決することなく時効を迎えるが、ある日、曾根崎雅人(藤原竜也)と名乗る男が事件の内容をつづった手記「私が殺人犯です」を発表し……。
注意:ネタバレ厳禁だというのに、ネタバレ、バレで書いてしまいました。すみません!

<感想>韓国映画殺人の告白は鑑賞済みです。主人公のイケメン俳優が本当に綺麗な顔をして整形手術すると本当にこんな綺麗な顔に変われるんだと、日本版では、やはりイケメン俳優の藤原竜也さんが演じていて、未解決事件の時効を迎えた殺人犯の内容を本をした男が現れるところなんか、実にそっくりで良かった。刑事の伊藤英明さんは、韓国版でも犯人を捕まえることが出来なかった無能な刑事と烙印をおされたような刑事というイメージでした。

ミステリーものであり、犯人が名乗りをあげたところから、22年前の未解決事件が再び動き出すという進行は、成功しているといっていいでしょう。自信たっぷりに、妙に晴れ晴れしく告白会見をするシーンでの藤原竜也さんには、何か裏があることは誰が見ても分かることだし、そこへ殺されたヤクザの親分の妻の復讐とばかりに、殺し屋が出て来るところもピリピリとしていい。

それに、連続殺人の再現映像や、被害者の遺族、マスコミ関係、そして警察側の動きも、自称“犯人”の目論見通りに進んでいきます。

ここら辺で、主人公の藤原竜也さんが、悪なのか、正義なのかが読めない配役であるのは、もう観客も知ってしまうところも台無しですからね。まさか、整形手術であそこまで美形に変わってしまうところとか、自分の恋人が殺され、確かに婚約指輪をしていた恋人は、担当刑事の伊藤英明の妹であることなども一緒ですから。

まぁそれでも、韓国版の「殺人の告白」よりは、警察、被害者、犯人、マスコミなど事件にかかわる人物たちの背景がより多角的に描かれていて、ミステリ要素も加わっている点では、オリジナルを超えていて良かったのでは。
捜査会議や、イベント会場などのモブ場面や、時代考証に添った美術や小道具の数々はもちろんのこと、劇中の現実と異なる映像素材によって撮影された出来事への、視覚的印象に変化を持たせるなど、細部にわたっての演出も秀でて良かったと思う。

それでも肝心の大詰めが、曾根崎雅人が真犯人と見抜く要素も、仙堂(仲村トオル)の別荘へと、藤原竜也が一人で先に行ってしまうところとか、その後で、刑事の伊藤英明が乗り込んでいき、藤原が犯人の仙堂を取り押さえ首を絞め殺そうとしているところ。それでも、日本は法改正で殺人犯の時効は無しになったこともあり、真犯人を法で裁こうと言う刑事魂も分かりますがね。韓国版では、刑事が真犯人を銃殺しますし、そこのところが、甘いなぁと。ですが、全体的には緊迫感があったし、残虐性もそれなりにあって、いいんじゃないですか。
ラストのエンディングでは、曾根崎雅人は海外へと、捕まった刑務所の中での仙堂が、またもや告白本を書き出版するという、しかし、連続殺人事件でヤクザの親分の妻が殺され、その恨みから、親分・(岩城滉一)の子分の早乙女太一が、鉄砲玉として刑務所の掃除夫に化けて、ナイフで突撃するところで終わるという、これも日本らしくて良かったのかもしれませんね。

2017年劇場鑑賞作品・・・135映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼顔★★★ | トップ | ピーチガール★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
22年目の告白-私が殺人犯です- (花ごよみ)
藤原竜也と伊藤英明の、ダブル主演映画。 監督は入江悠。 韓国映画「殺人の告白」が原作。 犯人を名乗る男、曾根崎には藤原竜也。 捜査を担当、上司を殺された刑事、 牧村には......
劇場鑑賞「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」 (日々“是”精進! ver.F)
真実を、追いかける… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201706100000/ 22年目の告白ー私が殺人犯ですー [ 浜口 倫太郎 ]
22年目の告白-私が殺人犯です (映画好きパパの鑑賞日記)
 オリジナルの韓国映画「殺人の告白」も好きだったけど、藤原竜也の魅力を出し切った本作は、日本の法制度もよく研究して、矛盾も少なくエンタメの快作といえましょう。  作品......
22年目の告白-私が殺人犯です- (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) 鑑賞前から疑問に思っていたことがあったが
22年目の告白-私が殺人犯です-  監督/入江 悠 (西京極 紫の館)
【出演】  藤原 竜也  伊藤 英明  仲村 トオル 【ストーリー】 阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。担当刑事......
『22年目の告白 -私が殺人犯です-』('17初鑑賞63・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月13日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:40の回を鑑賞。
22年目の告白-私が殺人犯です- (2017) 117分 (極私的映画論+α)
韓国映画「殺人の告白」のリメイクだそうです。
『22年目の告白 私が殺人犯です』 2017年6月3日 ワーナーブラザース試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『22年目の告白 私が殺人犯です』 を試写会で鑑賞しました。 上映後に入江監督とプロデューサーのティーチインがあり、なかなか面白かった。 【ストーリー】  阪神・淡路大震......
「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」 (ここなつ映画レビュー)
すごいものを観てしまった…。それは、残虐なシーンの過度な露出や、ただ狂ってるとしか言いようのない「殺人犯」のことだけを言いたいのではなく、…つまり内容もさることながら......
『22年目の告白 私が殺人犯です』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィサルサイト 「22年目の告白 私が殺人犯です」□監督 入江悠□脚本 平田研也、入江悠□キャスト 藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈■鑑賞日 6月......
22年目の告白―私が殺人犯です― (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。入江悠監督。藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル。韓国映画「殺人の告白」のリメイク。
【映画】22年目の告白 私が殺人犯です (ただただ映画を楽しんでる人のブログ)
【解説・あらすじ】藤原竜也と伊藤英明がダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描くクライムサスペンス。「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」の入江......
22年目の告白 (映画的・絵画的・音楽的)
 『22年目の告白―私が殺人犯です―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)TVドラマ『リバース』(注1)に出演していた藤原竜也の主演映画ということで映画館に行ってきました。  ......
映画「22年目の告白 -私が殺人犯です-」 (FREE TIME)
映画「22年目の告白 -私が殺人犯です-」を鑑賞しました。
「22年目の告白―私が殺人犯です― 」殺人犯に迫った先にみた事件の真相の先にあったも...... (オールマイティにコメンテート)
「22年目の告白―私が殺人犯です― 」は22年前に殺人を犯した殺人犯が時効があった時代に時効を迎えた事で突然現れて事件の真相を著書として出版する事で世間は大きな賛否両論が......
75『22年目の告白 私が殺人犯です』それはまるでファントムペインのような (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
藤原竜也をどこまでも求めて... 入江悠監督の最新作はサイコサスペンス! 『22年目の告白 私が殺人犯です』 ~あらすじ~ 阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1......
22年目の告白-私が殺人犯です- (ネタバレ映画館)
なんでわしが総理の時にこんな大事件ばかり起こるんじゃ!
[映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』予告編 ☆・・・結論から言うと、面白かった。 ・・・予告編の時点で、もう展開が読めて、最初のタイトルロール、キャストが流れた...
22年目の告白-私が殺人犯です- (だらだら無気力ブログ!)
思ったよりも面白く観られた。