パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ストロベリーナイト ★★★★.5

2013年02月07日 | アクション映画ーサ行
竹内結子がノンキャリアから警視庁捜査一課の刑事にのし上がったヒロインを熱演したテレビドラマ「ストロベリーナイト」の映画版。誉田哲也原作の人気ミステリー小説「インビジブルレイン」を基に、ある連続殺人事件に絡んだ思いがけない出来事のてん末を描き出す。主人公の腕利き女性刑事と道ならぬ恋に落ちる暴力団幹部を大沢たかおが好演。彼らの禁断の恋の行方はもとより、複雑に交錯してもつれ合う事件の真相に衝撃が走る。

あらすじ:警視庁捜査一課の刑事として活躍する玲子(竹内結子)が率いる姫川班は、管轄内で起きた4人の殺人事件を担当することになる。警察が合同特別捜査本部を設けて捜査に臨む中、犯人を名指しした匿名情報が寄せられるが、上層部からはすべてを黙殺しろとの命令が下る。玲子は単独で捜査を続け、その過程でマキタ(大沢たかお)と出会う。(作品資料より)
<感想>竹内結子の大ファンで、大沢たかおさんのファンでもあるので、この映画は楽しみにしてました。TVシリーズも欠かさず観て、原作小説「インビジブルレイン」も読んで、確かに原作に沿っての映画化で素晴らしかったです。
姫川玲子役の竹内結子は、TVと同じく男勝りな性格の刑事主任。彼女を取り巻く刑事たちもTVドラマと同じ俳優さんたちで、息の合った掛け合いとともに進んでいき、犯人と思しきマキタに大沢たかおさんだったので、これもキャスティングとしては申し分ありません。

今回は、TVドラマで姫川を陰ながら男として好意を持っていた菊田(西島秀俊)が、暴力団のマキタと逢引きをしているところを目撃、玲子も自分よりも男らしいマキタに惹かれ、車の中で抱かれてキスをしてるところを菊田に見られてしまう。マキタ役の大沢たかおさん、身長が190儷ある大柄な役回りなので、もしかしてシークレットブーツ履いているのかと思った。玲子に惹かれていくマキタの優しい目線も素敵でした。
今回は、全編通して雨ふりで、それもどしゃぶり大雨やシトシト雨と、まるで姫川の心の感情の揺れ動きを表しているようで、重要な役割を果たしているんですね。晴れるのは最後でしたかね。事件の犯人として、姫川がデスクで取った電話で「小林殺しの犯人は柳井健斗」とタレコミがあったのだ。それを上層部が過去の事件で、犯人と違う人間が刑事の拳銃で自殺したというのを、そのまま自殺した男を犯人として、9年前被疑者死亡で不起訴にしたというのだ。だから小林が殺された事件が、柳井健斗が姉の復讐のために小林を殺したということは、9年前の真犯人が小林であり、自殺した父親ではないということなのだ。

今更ながら、と上層部は暴力団の抗争ということで隠蔽することに奔走し、姫川にも柳井健斗の捜査を打ち切ることを命令されるのだが、腑に落ちない姫川は、独断で柳井健斗を調べていく。柳井の住んでいるアパートの近くに、車をレンタルして夜通し徹夜で張り込みする。そこで柳井と仕事のことで来たマキタと出会うわけ。この時は、玲子もマキタが暴力団とは気付かず、男として惹かれていく。マキタの方も、玲子に好意を抱くので、二人の関係は男と女の中に発展すること間違いありませんね。玲子が好きな菊田が、可愛そうに思いました。

原作とほぼ同じように、暴力団のマキタが先生と呼ぶ「柳井健斗」という男から、警察の情報を提供してもらい、その代りの報酬を柳井健斗の別の名前名義に振り込む。それに、柳井健斗の家庭の事情。憎き小林の殺しをマキタに依頼するのだが、それは子分の川上がゲイで一緒に住んでいるシゲル(女装をして柳井健斗のアパートに出入りしていた)という男が殺したのだ。
藤元殺しも、柳井健斗を首つり自殺に見せかけたのも、全部子分の川上がやったこと。それを知った玲子が、一度は惚れてしまった男マキタが犯人だと確信してしまう。違うのに、しかし小林殺しはマキタが命令した。

クライマックスの雨降りの交差点での、マキタが玲子を庇い刺されるところ。これは原作では、マンションの地下駐車場でマキタと落ち合い、玲子が拳銃で川上に撃たれそうになるところを、それに後ろにシゲルが来ていて刃物で玲子目がけて突進して来る。それをマキタが玲子を庇って背後から刺される。そして、菊田が玲子を追跡していて、姫川班の刑事たちが飛び出してくる。と、ここくらいですかね。

でも上司の今泉も、姫川も、姫川の部下だった4人もみな散り々になって、別の職場に異動される。あの雨が懐かしい、そんな事件は早く忘れて一新してと言わんばかりに。最後が清々しい青空で気持ちいいですよね。
そうそう、姫川玲子が愛用している赤いバッグ、女子には気になりますよね。エルメスのバーキンだとばかりだと思っていたのに、菊田に聞かれて玲子が明かすところも、エルメスのオータクロアで中古品をローンで購入したというのだ。やっぱ警部補の昇進祝いとして、自分へのご褒美ってことかな。
2013年劇場鑑賞作品・・・19    映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きいろいゾウ ★★★.5 | トップ | チキンとプラム/あるバイオリン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。TB&コメントありがとうございました。 (健太郎)
2013-02-20 23:37:19
TVのスペシャルドラマ版から観ているので、懐かしい流れでしたが、まさか姫川主任があんな事になるなんて驚きです。

上層部が冤罪隠しに走ったり、部署間や個人間で対立があるのは、TV版で散々観てきたので今更なのですが、今回の主任には驚きです。

相変わらず捜査よりも、内部のあれやこれやの方で体力を使っているので懐かしかったです。
健太郎さんへ (パピのママ)
2013-06-19 23:43:43
こちらへも、コメ感謝です(^0_0^)
TV版も面白かったですね。
男勝りな姫川主任に竹内結子、ぴったりな役で気丈に演じてました。
あの居酒屋で事件の談義をするのが定例になっているところ、これも好きです。
それに、好きなのに好きと言えなくて、いつも姫川の安否を気遣う菊田役の西島秀俊もいいですよね。
ヤクザも人間、刑事を好きになり、刑事も犯人のヤクザを愛してしまう。この展開も好きです。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ストロベリーナイト」 (日々“是”精進! ver.F)
それぞれの正義… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301260003/ 映画「ストロベリーナイト」オリジナルサウンドトラック林ゆうき ポニーキャニオン 2013-...
ストロベリーナイト 「インビジブルレイン」/竹内結子 (カノンな日々)
TVドラマは1発目の2時間スペシャルドラマの頃から大ファンです。その後に連続ドラマが始まりましたが近年の中では一番じゃないかなと思える骨太な刑事ドラマにすっかりハマってしま ...
「ストロベリーナイト」 (或る日の出来事)
安定してるよね。
ストロベリーナイト (いい加減社長の映画日記)
最近、ドラマの映画化が多いなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 暴力団龍崎組傘下の六龍会の構成員が殺された。 捜査を担当する警視庁捜査一課姫川班班長・姫川玲子は「犯人は柳井健斗」というタレコミ電話を受ける。 しかし上層部から「柳井健斗には一....
ストロベリーナイト (だらだら無気力ブログ!)
全編に渡っての雨のシーンが印象的だった。
映画「ストロベリーナイト」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ストロベリーナイト」観に行ってきました。フジテレビ系列で放映された同名テレビドラマシリーズの劇場版。竹内結子が演じるノンキャリア出世組の女刑事・姫川玲子、および「...
ストロベリーナイト (Akira's VOICE)
雨は止まない・・・。  
同じ穴のムジナ。『ストロベリーナイト』 (水曜日のシネマ日記)
テレビドラマ「ストロベリーナイト」の映画版です。
「ストロベリーナイト(映画)」 彼女が抱える闇について (はらやんの映画徒然草)
昨年オンエアされたテレビシリーズ「ストレベリーナイト」の劇場版です。 ドラマは誉
No.334 ストロベリーナイト (気ままな映画生活)
誉田哲也の人気警察小説シリーズを原作に、女性刑事・姫川玲子の活躍を竹内結子主演で描いたドラマ「ストロベリーナイト」の劇場版。警視庁捜査一課の刑事・姫川玲子率いる姫川班 ...
『ストロベリーナイト』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ストロベリーナイト」□監督 佐藤祐市□脚本 龍居由佳里、林誠人□原作 誉田哲也(「インビジブルレイン」)□キャスト 竹内結子、西島秀俊、大沢たかお、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平、       津川雅彦、渡辺いっけい、遠藤...
「ストロベリーナイト」隠蔽された事件の真相を追い求めた先にみた隠蔽事件の闇と事件に乗じた内部抗争 (オールマイティにコメンテート)
「ストロベリーナイト」は2010年にスペシャルで放送され、2012年1月期に連続ドラマとして放送されたストロベリーナイトの劇場版で、事件はある組の構成員が殺されるが、 ...
「ストロベリーナイト」隠蔽された事件の真相を追い求めた先にみた隠蔽事件の闇と事件に乗じた内部抗争 (オールマイティにコメンテート)
「ストロベリーナイト」は2010年にスペシャルで放送され、2012年1月期に連続ドラマとして放送されたストロベリーナイトの劇場版で、事件はある組の構成員が殺されるが、 ...
ストロベリーナイト (単館系)
ストロベリーナイト ユナイテッド・シネマ浦和 1/26公開 警視庁捜査一課の刑事として活躍する玲子(竹内結子)が率いる姫川班は、 管轄内で起きた4人の殺人事件を担当することになる。 警察が合同特別捜...
『ストロベリーナイト』 2013年7本目 チネ・ラヴィータ (映画とJ-POPの日々)
『ストロベリーナイト』 TVドラマの映画化。 大元は 先生の小説「姫川シリーズ」。 スペシャルドラマ化され、その後、連続ドラマ化。 スペシャルドラマ化された時のタイトルが ...
「ストロベリーナイト」 (ここなつ映画レビュー)
原作は誉田哲也の「インビジブルレイン」。これを幼い子どもと観に行ったんだからどうかしてる、と言われても仕方がない。が、TVドラマ「ストロベリーナイト」が大好きだった次男が映画のCMを見て、「菊田死んじゃうの?!」と、結末を見届けずにはいられず(あれは...
映画 ストロベリーナイト (こみち)
JUGEMテーマ:邦画    TVシリーズを見ていませんでしたが、映画だけでも   違和感がありませんでした。   姫川玲子の過去のこと、そして今回の事件のことが   重なり、ちょっと怖い映画でし...