パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

華麗なるギャツビー ★★★★

2013年06月16日 | か行の映画

数々の名作を世に送り出した作家F・スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」を実写化したドラマ。快楽的な生活を送る謎の富豪ギャツビーの意外な正体を、ある女性との恋を絡めながら映す。レオナルド・ディカプリオが、人並み外れた容姿と富を兼ね備えたギャツビーをクールに演じる。『マイ・ブラザー』のトビー・マグワイアやキャリー・マリガンらが共演。『ムーラン・ルージュ』などのバズ・ラーマン監督ならではの絢爛(けんらん)を極めたビジュアルも見ものだ。

あらすじ:ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)と言葉を交わす仲になる。どこからやって来たのか、いかにしてばく大な富を得たのか、なぜパーティーを開催し続けるのか、日を追うごとに彼への疑問を大きく膨らませていくニック。やがて、名家の出身ながらも身寄りがないこと、戦争でさまざまな勲章を受けたことなどを明かされるが、ニックはこの話に疑念を持つ。

<感想>ディカプリオがこんなにもカッコいいとは思ってもみなかった。今回は禁じられた恋に翻弄される、謎の大富豪ジェイ・ギャツビーを演じているのだが、大人の色気がむんむんのディカプリオの美しさにうっとりするはずです。しかし、いつも眉間に皺を寄せているのが気になって、これは彼の癖なので仕方ありませんよね。
本格的なラブストーリーは避けてきたといわれる彼が「ロミオ&ジュリエット」以来となるバズ・ラーマン監督とのタッグで、しかも米作家F・スコット・フィッツジェラルドの代表作「グレート・ギャツビー」の5度目の映画化に挑むというのだから期待は高まる。“ジャズ・エイジ“と呼ばれる、アメリカが最も煌びやかに輝いた1920年代を舞台にした、ミステリアスなラブ・ストーリーである。

ギャツビーは夢見るロマンティストなのか、それとも幻想に取りつかれた男なのか、だが、一途に最愛の女性のことを思い苦悩するというストレートな二枚目役に真っ向から向き合っているのだ。年相応の渋さを身に付け、時にコミカルさを交えながら、ロマンチックな男を演じるレオ様。まさか対岸の向こうの屋敷に、一筋に思い焦がれている女性が住んでいるとは。
一方、宮殿のようなギャツビーの大邸宅と豪華絢爛な夜ごとのパーティ、ゴージャスで煌びやかな映像美は、巨大なプールやシャンデリアを備えたギャツビー邸でのパーティ・シーン。壮大なセットで撮られた花火が瞬きシャンパンが飛び散る場面では、夢幻的な空間に迷い込んだ錯覚すら覚える。
目くるめく映像の洪水と衝撃の展開。さらには美術と衣装をキャサリン・マーティンが担当し、贅の限りを尽くして1020年代の煌びやかなニューヨーク社交界を再現。ショーン“ジェイZ”カーター、ビヨンセらのアーチストが楽曲を提供し、ジョージ・ガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」なども20年代当時のNYの表現に効果的に使われている。

1974年にロバート・レッドフォード主演で映画化されたのだが、何度もDVDで観ている。若きレッドフォードの美形に惚れ惚れし、今回のレオ様も時おりそんなレッドフォードと同じ仕草をするので、ついだぶって見えてしまうくらいレオ様はカッコよかった。体も少し痩せたようでどのスーツも似合っている。
レオ様が華麗に着こなすスーツは、フィッツジェラルド作品で究極の紳士服店として言及されるブルックス・ブラザーズ製。

女優陣の衣装はプラダが提供。昔の恋人のデイジーを演じたキャリー・マリガンのドレスが素敵ですね。数々のジュエリーは“ティファニー”が特別デザインしたもの。カクテルドレスやイブニングドレスは、“プラダ”や“ミュウミュウ”が担当し、アイビーリーグと退廃的な欧州スタイルに二分化していた当時の流行を再現している。

マリガンは、デイジー役にぴったりで、結婚前にギャツビーと出会い、愛しあい、でも戦争で二人は引き離され、帰ってこないギャツビーに痺れを切らして大富豪のトム・ブキャナンと結婚してしまう。夫のトムが浮気をしていることに気付いていて、悩み苦しむ。そのこともあり、突然目の前に現れたギャツビーに驚き、前よりも洗練された彼に心が揺れる。
この映画のナレーターでもあり、ギャツビーの友人でもある隣人のニックに、トビー・マグワイアが演じていて、ギャツビーの恋心を知りデイジーとの逢瀬に手を貸すことに。デイジーの夫には、何となくリチャード・ギア似のジョエル・エドガートン。妻が成り上がりの金持ちギャツビーに惚れていることに気が付いたトムは、ヤキモチを焼きディジーを取られまいとする。

そんな時に、暑い夏の日をNYのホテルで過ごそうと皆で車に乗っていき、帰りはギャツビーとデイジーがトムの車に乗り、紺色のクーペにはトムとニックにジョーダンが乗り込む。悲劇はその帰り道で起こる。夫の愛人が道へ飛び出してきて、デイジーが運転していた車に轢かれる。しかし、それがギャツビーが運転していたことにして、トムはその死亡した愛人の夫にギャツビーの住所を教えるわけ。この辺も全部1974年にロバート・レッドフォードが演じた映画と同じで、違うと言えばトムは子煩悩だったこと。この作品の中では、夫のトムが娘を抱いて可愛がるシーンがなかった。しかし、原作通りだとしても、デイジーにしてみれば現在の裕福な暮らしを捨ててまで、ギャツビーと一緒に逃避行しようとは思わなかったのでしょう。ラブロマンスにしては、カーチェイス・シーンが観られ、大いに3D効果でスリル満点だったと思います。3Dでは鑑賞しませんでしたが、夜な夜な開かれる豪華絢爛なパーティ・シーンは、2Dでも満喫しました。
2013年劇場鑑賞作品・・・208   映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハッシュパピー バスタブ島の少... | トップ | 俺はまだ本気出してないだけ ★★★ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
3Dで見たかった (KGR)
2013-06-16 23:23:48
オープニングからして3Dを意識した作りだな、と思いましたが、いかんせんヤクルトホールには3Dの設備がないらしく、2Dでの鑑賞でした。
KGRさんへ (パピのママ)
2013-07-08 22:10:52
こんばんは、豪邸といい、パーティのシーンが豪華絢爛でしたね。
私も2Dで観ましたよ。しかし、3Dで観る価値はないかもです。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『華麗なるギャツビー』(バズ・ラーマン×ディカプリオ版) (ラムの大通り)
(原題:The Great Gatsby) ----これって、観るまで少し不安を抱いていた作品だよね。 「うん。 オリジナルの印象があまりにも強いからね。 まずは、そのさわりを…。 宮殿のような豪邸に暮らす一人の男。 彼の名はジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)。...
劇場鑑賞「華麗なるギャツビー」 (日々“是”精進! ver.F)
THE GREAT… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306140003/ ミュージック・フロム・バズ・ラーマンズ・華麗なるギャツビーTVサントラ サントラ ゴティエ コ...
『華麗なるギャツビー』 2013年5月31日 ワーナー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『華麗なるギャツビー』 を試写会で鑑賞しました。 一応、昔のR・レッドフォード版を先日見ておきました。。。 今回の映画のが全然良いですね! 【ストーリー】  ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこ...
試写会「華麗なるギャツビー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/6/7。新橋のヤクルトホール。 かなり前で見たが、大画面でこそ映える映画。 多分に3Dを意識した撮り方だが、残念ながらヤクルトホールは3D上映がない。 上映前に映写機が2台ある(=フィルム上映)か確認するのを見逃したが、 フィルムにしてはかなりき...
映画:華麗なるギャツビー The Great Gatsby 有名なレッドフォード版未見の当ブログ、感想は意外な方向へ (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
有名な、ロバート・レッドフォード版は当ブログは未見。 このため、全く真っさらな気持ちで、この映画に向かいあった(笑) その感想は... さすが F・スコット・フィッツジェラルドが原作の小説。 主人公ギャツビーの光と影を、少しずつだが、くっきりと描き出してい....
[映画『華麗なるギャツビー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆タイトルだけは知っている、かつて映画化もされた米文学作品の再映画化。  主演はディカプリオで、私の大好きなキャリー・マリガンがヒロインだ。  謎の富豪ギャツビー・・・、その夜毎の大邸宅の絢爛豪華なる大パーティーは、ただ一人の女性、人妻のデイジーに向け...
「華麗なるギャツビー(2013)」 女は今を生き、男は過去に生きる (はらやんの映画徒然草)
1974年版は未見ですので、ストーリーは全く知らずに観ました。 舞台となるのは1
レオナルド・ディカプリオ、キャリー・マリガン、トビー・マグワイア、バズ・ラーマン監督『華麗なるギャツビー (The Great Gatsby)』... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
1974年にロバート・レッドフォード主演で映画化もされた、米作家F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」を『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が映画化『華麗なるギャツビー』
映画『華麗なるギャツビー』観たよ(^з^)-☆! (よくばりアンテナ)
フィッツジェラルドの原作は未読。 1974年のロバートレッドフォード版も未見。 正直言って、予告編を見てて特別期待もしてなかったし、 見るつもりもなかったんだけど、 ちょこちょこっと原作について...
華麗なるギャツビー (心のままに映画の風景)
ニューヨークの郊外、ロングアイランドのウェストエッグに移り住んだニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)は、豪華絢爛なパーティを繰り広げる隣の若きジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ...
華麗なるギャツビー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 デイジー役にキャリー・マリガンって正解なの?
『華麗なるギャツビー』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: THE GREAT GATSBY 監督: バズ・ラーマン 出演: レオナルド・ディカプリオ 、トビー・マグワイア 、キャリー・マリガン 、ジョエル・エドガートン 、アイラ・フィッシャー 、ジェイソン・クラーク 、エリザベス・デビッキ 、アミターブ・バッチャン 映...
華麗なるギャツビー (本と映画、ときどき日常)
監督 バズ・ラーマン 出演 レオナルド・ディカプリオ     トビー・マグワイア     キャリー・マリガン 1920年代、好景気に沸くニューヨーク。 大富豪ギャツビーの謎の生い立ちと人妻への純粋な愛を描いたお話。 華やかでした♪ そして今にもみんな歌...
華麗なるギャツビー (風に吹かれて)
[E:shine] 豪華絢爛 [E:shine]緑の灯火をつかもうとした男公式サイト http://www.gatsbymovie.jp原作: 華麗なるギャツビー (F・スコット・フィッツジェラルド著
『華麗なるギャツビー(2013)』('13初鑑賞52・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 6月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:40の回を鑑賞。
「華麗なるギャツビー」☆華麗なるストーカー (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
こうでなくちゃ、ディカプリオ! 肩肘を張らず、彼の良さが最大限に生かされた作品に、ようやく巡り合えたのでは? 謎めいたイケメン大富豪が、実にしっくりくるゴージャスな作品は、豪華であればあるほど物哀しく・・・・
『華麗なるギャッツビー』感想(2D) (★ Shaberiba )
ゴージャ~ス!!だからこそ悲しい~~秀悦~!
華麗なるギャツビー (Akira's VOICE)
見た目の派手さと裏腹に中身の印象は薄い。  
★華麗なるギャツビー(2012)★ (Cinema Collection 2)
その名はギャツビー 男の憧れ、女の理想 その人生は――【嘘(ミステリー)】 上映時間 142分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/06/14 ジャンル ドラマ/文芸 映倫 G 【解説】 「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が 「ロ...
華麗なつギャツビー (Memoirs_of_dai)
ギャツビーに魅せられたニック 【Story】 ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、贅を凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・...
『華麗なるギャツビー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「華麗なるギャツビー」 □監督 バズ・ラーマン□脚本 バズ・ラーマン、クレイグ・ピアース□原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、        ジ...
華麗なるギャツビー (LIFE ‘O’ THE PARTY)
さて「華麗なるギャツビー」ざんす。 アメリカ文学の歴史に名を
華麗なるギャツビー (映画的・絵画的・音楽的)
 『華麗なるギャツビー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)スコット・フィッツジェラルド(注1)が書いた小説『華麗なるギャツビー』を3Dで映画化した作品であり、それにディカプリオが出演していると聞いて、映画館に行ってきました。  本作は、向こう岸のイースト...
華麗なるギャツビー (華待月)
あらすじ: ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)と言葉を交わす仲になる。どこからやって来たの...
華麗なるギャツビー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
若きアメリカの青春と、その死。 F・スコット・フィッツジェラルドによる、アメリカ近代文学の不朽の名作「華麗なるギャツビー(グレート・ギャツビー)」の四度目の映画化である。 狂騒の20年代、ニューヨ...
華麗なるギャツビー(2012) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE GREAT GATSBY】 2013/06/14公開 アメリカ 142分監督:バズ・ラーマン出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー、ジェイソン・クラーク、アミターブ・バッチャン、エリザベス・デビッ...
「華麗なるギャツビー」:豪華絢爛な眼福映像 (大江戸時夫の東京温度)
映画『華麗なるギャツビー』は期待通り、いやそれ以上の素晴らしさ。3Dで観たのです
華麗なるギャツビー  監督/バズ・ラーマン (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  トビー・マグワイア  キャリー・マリガン 【ストーリー】 ニックが暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビーと言葉を交わす仲にな...
「華麗なるギャツビー」 (Con Gas, Sin Hielo)
孤高の愛。 原作は米国文学の名作ということだけど、当然知ってるはずもなく予備知識なしで観た。 この映画の評価として適切なのかどうか疑問はあるけれど、原作の物語への感想を含めて書いてみようと思う。 まずは題名。"The Great"を「華麗なる」と訳した...
華麗なるギャッツビー (青いblog)
最初にネタバレなしで、次にネタバレありの感想を書きます。 2Dで鑑賞。 ネタバレ無しの感想。 事前に情報を全く入れずに見に行ったため、トビーが出てきたときのサプライズったら…。 このキャスティ...
華麗なるギャツビー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「華麗なるギャツビー」監督:パズ・ラーマン(『ムーラン・ルージュ』)出演:レオナルド・ディカプリオトビー・マグワイアキャリー・マリガンジョエル・エドガートン配給:ワー ...
映画「華麗なるギャツビー」 (FREE TIME)
映画「華麗なるギャツビー」を鑑賞しました。
失われた時代~『華麗なるギャツビー』 (真紅のthinkingdays)
 THE GREAT GATSBY  1920年代、好景気に沸くアメリカ。ウォール街に勤務するニック・キャラウェ イ(トビー・マグワイア)は、NY郊外の一軒家に引っ越す。対岸には、従妹にし て大富豪...
「華麗なるギャッツビー」 (ここなつ映画レビュー)
キャリー・マリガンがヤバイ。「17歳の肖像」の頃は、垢抜けない田舎っぽい野暮ったい娘だったのに。 それがこの「華麗なるギャッツビー」では、美し過ぎるデイジー。ホント、人妻であってもギャッツビーが惹かれるのも無理ない美しさ。「ドライヴ」のキャリー・マリ...
映画『華麗なるギャツビー』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-50.華麗なるギャツビー 3D■原題:The Great Gatsby■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:143分■料金:1,000円■観賞日:6月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・脚本・製作:バズ・ラーマン□脚本:クレイグ・ピアース◆レオナルド・デ...
華麗なるギャツビー (いやいやえん)
ギャツビーにはかつて心から愛した女性デイジーがいたが、彼が従軍して戻って来た時には、彼女は大富豪のトムと結婚してしまっていた。 成り上がったギャツビーは全てを賭けて大邸宅を構え、毎晩のように豪華なパーティーを開く。その噂は社交界のデイジーにも届かな...
映画評「華麗なるギャツビー」(2013年版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督バズ・ラーマン ネタバレあり
華麗なるギャツビー (のほほん便り)
「アマデウス」じゃないけれど、語り部方式。 そして、その語り部の彼こそ「スパイダーマン」や「サイダーハウス・ルール」のトビー・マグワイアだったんですね。 ロバート・レッドフォード主演のバージョンは、メガネ屋の広告と、レッドフォードの白いスーツしか印...
シネマ・パラダイス:「華麗なるギャツビー」 (楽天売れ筋お買い物ランキング)
フィッツジェラレルドの小説の映画化作品です。出演はレオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン他。以前、原作を読んだことがあ...
「華麗なるギャツビー」 (或る日の出来事)
過去は戻らない…。
「華麗なるギャツビー」(2013年アメリカ) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「華麗なるギャツビー」(原題:TheGreatGatsby)は、2013年公開のアメリカのロマンス・ドラマ映画です。アメリカ文学を代表するF・スコット・フィッツジェラルドの1925年の小説「グレート・...