パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ジャッジ! ★★★★

2014年01月17日 | さ行の映画
世界的にも有数の広告祭に参加することになった新人広告マンが、自社CMのグランプリ獲得を目指して奔走するさまを描くコメディー。名字の読みが同じことからニセ夫婦として広告祭に参加する会社の同僚を、妻夫木聡と北川景子が演じる。ソフトバンクモバイルの「ホワイト家族」シリーズなど数々のヒットCMに携わってきた澤本嘉光が脚本を手掛け、監督はCMディレクター出身の永井聡が担当。広告業界の裏側を知り尽くした二人が描くストーリーに引き込まれる。

<感想>一見華やかに見える国際広告祭の裏側と、そこに乗り込んだ三流広告マンの奮闘を、妻夫木聡主演でつづる内幕劇。監督、脚本を共に広告業界のトップランナーが務めており、とにかく笑った、笑った、ダメダメ広告マンに扮した妻夫木君がこんなに面白く演技をするとは思わなかった。
主人公の太田喜一郎の妻夫木聡。広告愛だけは人一倍だが、何をやってもうまくいかない若手広告マンの喜一郎。英語もできないのに国際広告祭の審査員に選ばれてしまった上、自社が出品した「ちくわ堂」のダメCMをグランプリにしないと会社をクビという絶体絶命の状況に。しかも、自分がピンチなのに他人を心配する超お人よし人間。果たして喜一郎のお人よしは国際広告祭を乗り切れるのか……。
だが、その前に、エースコックの“きつねうどん“のCMを着ぐるみで撮らされ、腰ふりダンスでキツネなのにニャーニャー鳴くとは、テロップにはネコの文字が。実は、エースコックの社長がネコ好きで、コンコンと鳴くのは止めてニャーニャーと言ってくれという無茶ぶりなのだ。ですが、このCMは、実際のTVCMを劇中に使っており、事実と創作が絶妙にブレンドされている最高の出来栄えです。
それが現地の広告マンたちに“美味しい”ということを「ニャーニャー」と言うんだよと嘘を付くのだ。それが何故か受けてサンタモニカ会場周辺のウドン屋さんでは、外人さんがニャーニャー言いながらうどんを食べているのだ。信じられない。彼のCMは入賞できなかったけれど、この“きつねうどん”が海外でも大売れで、クビを免れるのだ。

ヒロインの大田ひかりに北川景子さんが、ギャンブル好きでツンデレ女子を熱演?・・・喜一郎の同僚ひかりは、大のギャンブル好き。開催地がギャンブルの本場ラスベガスに近いと知り、喜一郎の“偽の奥さん”として広告祭へ。最初は喜一郎のダメっぷりに愛想を尽かしていたが、広告祭の受賞レースを目前にするとギャンブラー魂に火が。勝負師としての血が騒ぎ出し、大活躍!? そして、太田とひかりの関係は…?

リリー・フランキーの鏡さん、窓際社員で英語の教師とは、謎の人物。なぜかサンタモニカ国際広告祭を知り尽くす窓際社員、鏡さん。しかし喜一郎に教えることは、少しの英語のフレーズとレストランでの英会話集の暗記。さらにペン回し、「カマキリ」のポーズと要領を得ないことばかり。揚げ句の果てに大量のアニメグッズの中から「ラムちゃん」のTシャツを取り出し、「オタクになれ」と迷アドバイス!しかし、これが大うけで日本のアニメはバカに出来ないよ。

鈴木京香の木沢はるかさん、まさかのちくわストローに京香さんが挑戦するなんて。国際広告祭は「賞をとらせる戦争!」と言い切り、票集めに奔走するライバル会社白風堂のやり手CMプランナー。自作の「トヨタ」のCMをエントリーしているのだが、それは本当にユニークなCMでした。このCMも実際にTVで使われています。だから優勝しないのが不思議ですから。
しかし、度重なる審査委員長たちの妨害についにブチギレ! バーで津軽弁をまき散らし、ちくわをまさかのストロー代わりに! 必見です!?

豊川悦司の大滝一郎さん、無茶ぶりだらけの身勝手クリエイター。「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下のもの」をまんま実践! 大滝は、自分の功績第一のCMクリエイター。キツネをネコに1日で直せ! とか、箸にも棒にも掛からないダメCMを受賞させる役目を喜一郎に無理やり押し付けるなどムチャぶりの嵐! こんな上司がいたら、転職したくなるかもね?
物語の脇を固める個性あふれる実力派俳優の、思いも寄らぬまさかのチョイ出演の実力キャストたち。荒川良々のブラジル人審査員カルロス。現通社員で太田の上司の加瀬亮さんが、仕事の出来ない太田へ激を飛ばす叱りっぷりは、マジ怖いですから。そして、現通社長に風間杜夫があまり貫録なし、ちくわ堂の社長にでんでんと、居酒屋のおっちゃんに竹中直人に現通の女子社員で松本伊代も出演。それに、外国人の審査員の人たちにも拍手です。

しかし、国際広告祭の裏側の実態は、実に審査員の手の中で踊らされているような。だから、他の国の審査員たちは皆、互いに相談して自分のCMに票を入れるように裏工作するわけ。こんなのがまかり通のなら、せっかくの最高のCMも入賞するわけない。
年配の審査員たち、昔は太田と同じCM愛がいっぱいだったのに、入賞して有名になり金持ちになり、広告というものの本来のあるべき姿を忘れて、傲慢で怠惰な姿になっていく。そんな彼らを、太田がつたない英語で「大事な話があるんだ」と彼らを痛烈に指摘しつつ、ジョークで笑い飛ばす妻夫木君の演技に感動です。
2014年劇場鑑賞作品・・・12  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラインド・フィアー ★★★.5 | トップ | トリック劇場版 ラストステージ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『ジャッジ!』観てきたよヾ(=^▽^=)ノ (よくばりアンテナ)
サンタモニカで開かれる世界一のTVCMを決める国際広告祭に 無理矢理参加させられる落ちこぼれ広告マンの太田喜一郎(妻夫木聡)が、 ちくわのCMを入賞させるべく、ドタバタ繰り広げるコメディ。 詳しくは公式HPへ。 笑ったわ~~(*´∀`*) ここ最近はダメ男を...
「ジャッジ!」 (NAOのピアノレッスン日記)
~恋と仕事。人生最大の審査(ジャッジ)!~ 2013年  日本映画    (2014.1.11公開)配給:松竹    上映時間:105分監督:永井聡脚本:澤本嘉光美術:相馬直樹音楽:平沢敦士主題歌:サカナクション 「アイデンティティ」出演:妻夫木聡/北川景子/リ....
ジャッジ!/妻夫木聡、北川景子 (カノンな日々)
CMディレクター出身で『いぬのえいが』にも参加している永井聡監督が妻夫木聡さんを主演に落ちこぼれの広告マンの奮闘する姿を描いた業界物バックステージ・コメディです。CMプラン ...
「ジャッジ!」:CMだったらクライアントNG? (大江戸時夫の東京温度)
映画『ジャッジ!』は、国際CMフェスティバルの裏側というか受賞のための裏工作の世
『ジャッジ!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャッジ!」□監督 永井 聡 □脚本 澤本嘉光 □キャスト 妻夫木 聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、       荒川良々、玉山鉄二、田中要次、風間杜夫、でんでん、伊藤 歩、加瀬 亮 ■鑑賞日 1月11日(...
『ジャッジ!』 2013年12月19日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジャッジ!』 をプレミア試写会で鑑賞しました。 上映前に舞台挨拶があり、妻夫木聡、北川景子、木村祐一澤本義光(脚本)、永井聡監督登壇して 面白いトークで盛り上がりました。 度重なる妻夫木君の突っ込みや北川景子のイメージと違う女王様キャラで無い所が聞けて...
ジャッジ! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(AF) 三谷監督がいう妻夫木くんのイメージはこういうことね(笑)
ジャッジ! 審査員を審査する (そーれりぽーと)
予告編のドタバタ感が面白そうだった『ジャッジ! 審査員を審査する』を観てきました。 ★★★★ ステレオタイプのキャラクター達でCM業界の裏側を茶化して描いたサクセス・コメディー。 監督と脚本家はふたりともCM業界出身なのだそうで、CM業界から中島哲也監督のよう...
無欲の勝利。『ジャッジ!』 (水曜日のシネマ日記)
仕事の出来ない新人広告マンが自社CMのグランプリ獲得を目指して奔走する物語です。
ジャッジ! (ダイターンクラッシュ!!)
2014年1月12日(日) 18:30~ 109シネマズ川崎2 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 無茶と書いてチャンスと読む。(無謀だったかな?) 『ジャッジ!』公式サイト 同じタイトルの「JUDGE/ジャッジ」と大違いだ。あちらはワーストを争うものであ...
『ジャッジ!』 (時間の無駄と言わないで)
クソCMに賞を獲らせるためにあの手この手で奮闘する映画かと思ってたんだけど違った。 広告業界が舞台のお仕事コメディだった。 妻夫木聡を初めて見たのが「ウォーターボーイズ ...
ジャッジ!  (もののはじめblog)
何の予備知識もなく観た。何をジャッジするのか、されるのか コメディだったわけだけど、バカ笑いしただけの映画でしかなかった。 主人公(妻夫木聡)のまわりの者たちも、コメディとは関係のなさそうな配役が多く、おかしなことばかりするからそのミスマッチがおかしい。 ...
ジャッジ! (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ジャッジ! '13:日本 ◆監督:永井聡「いぬのえいが」 ◆主演:妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二、玄里、田中要次、風間杜夫、でんでん、浜野謙太、伊藤歩、加瀬亮、木村祐一、あがた森魚、松本伊代、志賀廣太郎、柄...
『ジャッジ!』が問う日本人のあり方 (映画のブログ)
 広告業界を舞台にした『ジャッジ!』は、ゆるい笑いに満ちたコメディだ。  しかもそれだけにとどまらず、なかなか教訓に富んでいる。  『ジャッジ!』の主人公は、広告代理店で働きながらも、モテない、仕事できない、うだつが上がらない青年・太田喜一郎だ。  ...
ジャッジ! (とりあえず、コメントです)
CM業界や世界的な広告祭の裏側を、妻夫木聡&北川景子主演で描いたコメディです。 予告編を観て、主人公たちのドタバタしている雰囲気が楽しそうだなあと気になっていました。 予想以上にギャグが登場する展開に、大笑いしながら楽しめるような作品でした~♪
ジャッジ! (映画的・絵画的・音楽的)
 『ジャッジ!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)『ルームメイト』での演技がなかなか良かった北川景子が出演するというので、映画館に行ってきました(注1)。  本作の冒頭は、「きつねうどんのCM」(注2)の撮影風景が描かれます。キツネの着ぐるみに広告代理店・....
映画・ジャッジ! (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 広告代理店・現通に勤務する太田喜一郎(妻夫木聡)仕事を愛して止まないものの腕はイマイチの落ちこぼれクリエイター合コンでもドン引きされ、故郷・青森時代の彼女からもらったキーホルダーを手放せないでいる企画書を提出しても毎回のように先輩(加...
ジャッジ (映画好きパパの鑑賞日記)
 脳天気なコメディなんだけど、寒い部分もしばしば。電通やフジテレビがいかに世の中と乖離して、バブルの時代そのままの発想なのかというところが一番笑えました。  作品情報 2013年日本映画 監督:永井聡 出演:妻夫木聡、北川景子、鈴木京香 上映時間:10...
ジャッジ! (だらだら無気力ブログ!)
これは笑えたわ。
ジャッジ!  監督/永井 聡 (西京極 紫の館)
【出演】  妻夫木 聡  北川 景子  鈴木 京香  豊川 悦司 【ストーリー】 大手広告代理店に入社して間もない太田喜一郎は、審査員として参加予定の世界一のテレビCMを決定する広告祭に向かう。夜ごと開催されるパーティーには同伴者がいなければならないことから、同....
映画『ジャッジ!』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-6.ジャッジ!■配給:松竹■製作年、国:2013年、日本■上映時間:105分■料金:0円(1カ月FP12本目)■観賞日:1月13日、TOHOシネマズ府中(府中) □監督:永井聡◆妻夫木聡◆北川景子◆鈴木京香◆リリー・フランキー◆荒川良々◆豊川悦司◆加瀬亮...
ジャッジ! (銀幕大帝α)
2013年 日本 105分 コメディ 劇場公開(2014/01/11) 監督: 永井聡 主題歌: サカナクション『アイデンティティ』 出演: 妻夫木聡:太田喜一郎 北川景子:大田ひかり リリー・フランキー:鏡さん 鈴木京香:木沢はるか 豊川悦司:大滝一郎 荒川良々:カルロ....
ジャッジ! (いやいやえん)
「つまらなくて死ぬかと思った」CMをサンタモニカ広告祭で入賞させるという無茶なお話。 前半のキツネ(「コンコンコンコン♪こしこしこしこし♪」)が、アップで「ニャンニャン」と鳴いたのには、笑いました。これ
ジャッジ! (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/01/11公開 日本 105分監督:永井聡出演:妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二 一流広告代理店・現通で働く落ちこぼれクリエイターの太田喜一郎。ある日、身勝手な上司・大滝から彼の替え玉となって世界一のテレビCM....
映画評「ジャッジ!」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・永井聡 ネタバレあり
『ジャッジ!(2013年/日本)』('15初鑑賞20・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月7日(土) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。