パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

永遠の0 ★★★★★

2013年12月22日 | アクション映画ーア行
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役に、『天地明察』『図書館戦争』などの岡田准一。現代に生きる孫に三浦春馬がふんするほか、井上真央や夏八木勲など若手からベテランまで多彩な俳優が共演する。生と死を描く奥深い物語はもちろん、サザンオールスターズによる心にしみる主題歌にも注目。
あらすじ:祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。
<感想>原作は読んでませんが、これから読みたいと思ってます。冒頭で祖母の葬儀の席で号泣する祖父役の故・夏八木勲さんの顔を拝見して、幾つか亡くなる前に撮られた作品希望の国にも出演していましたが、この映画の中の夏八木勲さんは最高の顔をして演じていました。そして、現代のパートを重厚に彩る田中泯、山本学、橋爪功の名優たちの存在にも感服です。

それから孫の三浦春馬くんと吹石一恵さんとが、祖父から実の祖父が居ることを話して聞かされ、もう一人の祖父宮部久蔵を調べていくうち、「海軍一の臆病者」と呼ばれた零戦パイロットの祖父の真相を訪ねて歩く過程を描いています。
家族のもとへ帰ることに執着し、零戦乗りのパイロットがなぜ特攻出撃したのか、宮部の血を引く現代の若者が、かつての戦友たちを訪ねてゆく。そこで明かされる宮部の人柄と、臆病者、卑怯者とののしる人たちや、立派な人だったと答える人たちもいることに考え深い印象を受けました。

確かに海軍時代には、臆病者と言われていたわけですけど、高い技術を持ったパイロットだったわけで、闘うこと自体に恐れを抱いていたわけではない。ただ、“戦う哀しさ”を知っていた男として、自分が死んでしまったら、妻と子供の生活はどうなるのかということを一番恐れていたのでは。
それに、自分は死にたくないと言いましたが、周りの人間にも死んでほしくないと思っていたわけで、この時代は赤紙が来たら有無を言わずに戦地へ行き、お国の為に死を覚悟することは当たり前のこと。しかし、やっぱり生きて帰りたいという、心の中では信じていることで、それを口に出して言うのは確かに「臆病者」だと呼ばれても仕方がないこと。

たった26年間という短さ宮部久蔵の生涯。1041年の12月の日米開戦=真珠湾奇襲攻撃から実戦に参加している彼は、妻子のために必ず戦場から生きて帰ることを誓うのだが、そこまでは理解できるし、またその種の展開は日本の戦争映画の定番でもあるんですね。宮部久蔵を演じた岡田准一さんの光輝くオーロラが、最後に特攻としての役目を果たす場面に、涙がこらえきれずに無念の気持ちを汲み取りました。
もっとも戦場から生きて帰るためには、戦いを避けて通ることは出来なかったという苦渋の事実も訴えられており、そこに戦争の悲劇を見出して欲しいという作り手側の思いも込められているのではないかと考えられます。
宮部は卓越した操縦技術をもって、一見その苦渋から逃れることに腐れきった男のようにもとれますが、それを成し遂げられるようにズルをして地上に戻ったらどうなるのだろう?・・・。“卑怯者”の烙印を押されるくらいですまされない、現実には同胞たちから袋叩きに遭い、下手すればリンチで殺されてもおかしくないでしょう。そこまでいかなくても、上官に報告されて、それなりに処罰を受けるのが相応であろうに。

それが、歴戦の凄腕であればあるほど尚更で、戦わないだけならまだしも、仲間が見殺しになるような光景をも、遠くから眺めていたのだろうか、そういう時には戦っていたのか定かではなく、こういった部分が省略されているのが不満である。戦争のパートには、妻役の井上真央、海軍の濱田岳、染谷将太らが熱演。
やはり、あり得ないと思う。こんな男が戦時中にいたとは、信じがたい。自ら特攻を志願するまで生き延びていたとは思えない。戦時中に国家に対してここまで堂々とものを言える男が軍隊にいるはずがないと。でも、その一方では、こういう男が一人くらいいて欲しいという願望の現れだったとしたなら、それはそれで英雄賛歌のファンタジーであると思う。

戦後65年を過ぎ、戦争を知らない世代が国内の大半を占め、しかもあろうことか、近隣諸国との緊張関係が再燃し始めている。特に若い世代に戦争の悲惨な災いを知らしめるには、それが事実であろうとなかろうと、生きるために戦う戦士を描くよりも、生きるために戦いを放棄した戦士を描いた方が得策ではあるのだろうと認識しました。
CGと実寸模型で再現したリアルな零戦と空母。海軍の赤城の下半分と甲板の一部はオープンセットを建造。これにCGを合成して全長260m超の巨大空母を作り上げたというのだ。
まだ上映している映画館もある宮崎駿監督作「風立ちぬ」が大ヒットしているが、戦争を忌まわしいと言いつつ、戦闘機が大好きで大空を飛ぶ零戦闘機を画面に大きく出して、好きという矛盾を暴露した。しかし、自己矛盾は何も彼だけではないのだ。桑田さんの「蛍」がまたいいですね、エンドロールでも誰も席を立たずに余韻に浸ってました。
2013年劇場鑑賞作品・・・349 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォーキング with ダイナソー3... | トップ | プレーンズ ★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「永遠の0」 (日々“是”精進! ver.F)
心に、生き続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312210001/ 【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]価格:920円(税込、送料込) 【送料無料】【コミック・書籍全巻セット】【3倍】永遠の0(コミック版) 1-5巻...
永遠の0 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(P) 映画のラストで冒頭の葬儀シーンの重さを知ることに。
『永遠の0』 2013年12月7日 東宝試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『永遠の0』 を試写会で鑑賞しました。 面白い映画でした 戦争ってなんだろうと考えてしまいますね。 【ストーリー】  祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争...
映画「永遠の0」を観ました!!(2013-20) (馬球1964)
映画「永遠の0」を観ました!!息が出来ません!!
永遠の0 (Akira's VOICE)
命を生む零。  
永遠の0/岡田准一、三浦春馬 (カノンな日々)
百田尚樹さんの同名ベストセラー小説を岡田准一さんの主演で『ALWAYS』シリーズなど手がけてきた日本のVFXの名手・山崎貴監督が映画化した作品です。今夏に零戦開発者の堀越二郎さん ...
永遠の0 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父...
『永遠の0』 (こねたみっくす)
生かされている命。それは永遠に続く。 宮部久蔵少尉の物語だけが特別ではない。日本の未来を憂い、信じた成果も挙げられずに散っていった多くの英霊たち全員にこのような語り継 ...
永遠の0 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。原作未読、サザンの曲が流れる予告でもうお腹いっぱいで、映画はそこまで感動しないんだろうなとちょっと冷めた状態だったんですが・・・すごく良かったです!感動しました。ウルウルなりっぱなしでした。祖母・松乃の葬儀で実の祖父の存在を知った健太...
「永遠の0」祖父の生きた足跡を知った先にみた生き抜く努力の先に本当に守るべき者たちの姿がある事を残された人たちに継承していた (オールマイティにコメンテート)
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知 ...
『永遠の0』('13初鑑賞106・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:45の回を鑑賞。
映画 永遠の0 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は   美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦が ...
映画『永遠の0』観たよ~ウゥッ・・・(´;ω;`)  (よくばりアンテナ)
わはは。 公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪ ま、そういうことです。 原作で さんざん泣いたので、 まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、 映画が始まる前からハンカチ用意してました。 隣の人も...
永遠の0 (試写会) (風に吹かれて)
臆病者の戦闘機乗り公式サイト http://www.eienno-zero.jp12月21日公開原作: 永遠の0 (百田尚樹著/講談社文庫)監督: 山崎貴  「リターナー」 「ALWAYS 三丁目の夕
「永遠の0」☆青い空に泳ぐゼロ戦 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今年の本屋大賞で話題の百田尚樹原作のベストセラー小説「永遠の0」だから、気になっていたのだ。 とはいえ、ジャニーズアイドルとイケメン若手俳優の起用では、期待も薄いなぁーと思っていたのも正直なところ。 ところがっ!!こんなにいい映画だったとはっ!
生きねば!『永遠の0』 (水曜日のシネマ日記)
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを実写版映画化した作品です。
映画「永遠の0」 (FREE TIME)
映画「永遠の0」を鑑賞しました。
永遠の0  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 【ストーリー】 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛....
永遠の0 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:144分 監督:山崎貴  ちょっと視点を変えた戦争映画である。特攻隊員だったという実祖父の生きざまを孫からの視点で、現代と過去を交錯させながら綴っていく。「海軍一の臆病者」と呼ばれたゼロ戦搭乗兵だった祖父、それは
『永遠の0』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、    ...
永遠の0 (だらだら無気力ブログ!)
最後の所は蛇足かな。
「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し
永遠の0 (いやいやえん)
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロ...
永遠の0 (そーれりぽーと)
先に観に行った甥っ子(小学六年生)が絶賛していた『永遠の0』を観てきました。 ★★★★★ 戦争を知らない世代の日本人に命の尊さと戦争の愚かさを改めて訴え掛ける、とても大切なメッセージのこもった映画です。 こんな命の礎の上に戦後反映した国家の総理大臣が、散...
永遠の0 (にきログ)
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね 私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました ちなみに原作の感想はこちら 読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした あらすじ 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・...
永遠の0 (心のままに映画の風景)
司法浪人の佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母松乃の葬儀で、賢一郎(夏八木勲)が実の祖父ではないことを知る。 本当の祖父は、太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(岡田准一)であると教えられた健太郎は、姉の慶子(吹石一恵)に、宮部について調べてみようと誘...
永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええ...
「永遠の0」 (ここなつ映画レビュー)
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見た...
永遠の0 (映画的・絵画的・音楽的)
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...
永遠の0 (とりあえず、コメントです)
百田尚樹著のベストセラー小説を山崎貴監督&岡田准一主演で映画化した戦争ドラマです。 原作がとても良かったので、この物語をどのように映像にするのだろうと楽しみにしていました。 丁寧に主人公の心を追った展開に、静かに激しい時代の波に引き込まれていくような作品...
永遠の0 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:山崎貴 出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、染谷将太、吹石一恵、風吹ジュン、橋爪功、夏八木勲 【解説】 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視...
「永遠の0」:語り継ぐことの大切さ (大江戸時夫の東京温度)
映画『永遠の0』は大ヒット中ですが、うーん、あえて思想性はニュートラルにセットし
永遠の0 (まてぃの徒然映画+雑記)
原作を読んでいたけれど意外と映画の評判もいいので観てきました。原作と比べると現代のシーンが多いなあと思ったけれど、吹石一恵が可愛かったので良しとしよう。 宮部久蔵(岡田准一)の凄さを語るエピソードが結構カットされていたのも、映画の構成上やむを得ないの....
映画評「永遠の0」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・山崎貴 ネタバレあり
永遠の0 (miaのmovie★DIARY)
永遠の0 DVD通常版(2014/07/23)岡田准一、三浦春馬 他商品詳細を見る 【eien no zero】 制作国:日本 制作年:2013年 司法試験に落ちて進路に迷う佐伯健太郎は、祖母・松乃の葬儀の日に 驚くべき事実を知らされる。実は自分と祖父・賢一郎には血のつながり が無く...
<永遠の0> (夢色)
泣き過ぎて目がパンパンで 頭ぐちゃぐちゃのままだから、順不同で つれづれと。*最後の春馬君、とっても良かったな。良い顔してた。叫ぶように泣いてたあの最後。そしてあり得ない 宮部との遭遇。あのシーン、本当に良かった。賛否両論かもしれないけど、私は良いシー...
<永遠の0> (夢色)
泣き過ぎて目がパンパンで 頭ぐちゃぐちゃのままだから、順不同で つれづれと。*最後の春馬君、とっても良かったな。良い顔してた。叫ぶように泣いてたあの最後。そしてあり得ない 宮部との遭遇。あのシーン、本当に良かった。賛否両論かもしれないけど、私は良いシー...