パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

バケモノの子 ★★★.5

2015年07月13日 | アクション映画ーハ行
『サマーウォーズ』などの細田守が監督を務め、人間界とバケモノ界が存在するパラレルワールドを舞台に孤独な少年とバケモノの交流を描くアニメーション。人間界「渋谷」で一人ぼっちの少年と、バケモノ界「渋天街」で孤独なバケモノ。本来出会うはずのない彼らが繰り広げる修行と冒険を映す。バケモノと少年の声を役所広司と宮崎あおいが担当するほか、染谷将太や広瀬すずら人気俳優が声優として名を連ねる。不幸な少年が身勝手なバケモノとの出会いにより成長し、絆を深めていく感動的な物語に期待。
あらすじ:人間界「渋谷」とバケモノ界「渋天街」は、交わることのない二つの世界。ある日、渋谷にいた少年が渋天街のバケモノ・熊徹に出会う。少年は強くなるために渋天街で熊徹の弟子となり、熊徹は少年を九太と命名。ある日、成長して渋谷へ戻った九太は、高校生の楓から新しい世界や価値観を吸収し、生きるべき世界を模索するように。そんな中、両世界を巻き込む事件が起こり……。

<感想>人間界の「渋谷」と、裏側には「渋天街」というバケモノの世界があるという設定。母親を交通事故で喪った少年、父親とも生き別れた孤独な少年が、渋天街に迷い込み、バケモノに弟子入りするのだ。強くなるために。普遍的な成長物語でもあるし、「父と子」というテーマが描かれること。これは前作の母と子を描いた「おおかみこどもの雨と雪」と、対になるテーマのようにも思えた。
映画は二部構成で紡がれる。前半は、9歳だった少年は、後半では17歳になっている。前半部分の九太の声を宮崎あおいが、後半では17歳ということもあってか、染谷将太が声優をしている。

師匠の熊鉄は粗暴だが、一本気で、少年は無我夢中、見よう見真似で強さを体得していく。しかし、思春期を迎え、見限っていたはずの人間界への想いが、劇中で人間界の渋谷に戻り、女子高生のカエデという女の子が出て来て、図書館で、同年代の九太と一緒に、ハーマン・メルヴィルの「白鯨」を読む。9歳から学校へ行ってない蓮は、難しい「白鯨」の字が読めずに困っていると、カエデが国語の漢字やその他の数学、英語、理化、社会などをその図書館で教えてくれるのだ。ということは、カエデも九太の師匠の一人なんですね。カエデの声は広瀬すずで、始めは違和感があったが、だんだんと慣れてきて最後にはいい感じでした。

とにかくも、ふてぶてしくも魅力的な、熊鉄の声の役所広司さんが上手くて、ついつい引き込まれてしまって、蓮=九太がバケモノの街へ行くところは、宮崎駿さんの「千と千尋の神隠し」のような風景画で、クジラが出てくるところや、一郎彦の風貌はにそっくりなような感じで、真似をしているような感じを見受けました。ですが、細田監督とジブリとは深い関係が築いているようでもあるわけで、ですから、影響を受けているのかもしれませんね。

他にも、宗師に津川雅彦さんが、猿の大泉洋と豚のリリー・フランキーの声優さんが、そして、渋谷の路地で見つけた、小さな白いフワフワな小動物のチコは、もしかして亡くなった母親の転生の姿なのかもしれませんね。だから、きっと九太の心の癒しになっているはずです。
しかし、物語は、バケモノ界の住人たちは、心の“闇”から自由になれない人間を憐れんでいるわけで。そう、バケモノからすれば、人間はとても未成熟で、不出来な生き物なわけ。
本来は共存なんてあり得ないのだが、しかし、師匠の熊鉄はそれを押し通すわけ。人間の子供をバケモノの子供にしようと。

九太が熊鉄の自己流の技を日常生活の動きを真似することでマスターしていく様は、まるで「ベストキッド」さながらの、師弟の間に親子にも似た絆が深まっていく心温まるものがあります。

劇中で熊鉄と猪王山が、次期宗師をめぐって繰り広げる激闘シーンがあります。刀の鞘を抜かないで技と技のハイレベルな攻防戦にはじまり、それぞれが、熊と猪に似た巨獣に化けた姿での究極の力比べなども見せ場ですね。
終盤では、人間の子供である九太と一郎彦の、心の“闇”が暴走することで、映画はとんでもない展開を迎えます。しかし、細田監督は一切断罪と行わないのだ。蓮と対峙する一郎彦も人間の子供で、捨て子だったのを拾って育ててくれたのが、イノシシの猪王山なのだ。

渋谷のスクランブル交差点に出てくる大きなクジラが、まるで「「千と千尋の神隠し」」のバケモノに見えたのだが、それが水のように青く光り飛び跳ねる。そして、人間の心に黒い闇がぐるぐるとどす黒い渦を巻き、まるで悪魔のような人間の心を現しているのだ。
例えば、バケモノが優れている、人間は劣っている。だから人間はバケモノのように生きなければいけない、などとは強調しないのだ。
バケモノたちは、妬み、怒り、恨みや復讐などという心に宿ることはないのだろうか。人間は時として、誰かを妬んだり、恨んだりして復讐しようと同じ人間と殺し合うのだ。それに、この世に生を受けて産まれてきたのに、生きるのに絶望して自分で命を絶つこともある。
そして、人間の蓮と一郎彦の決闘が始まるのだ。何という愚かな行為だろう、取り返しのつかないことがそこでは起きる。しかし、誰の事も決して否定はしない。何かを否定せずに、何かを肯定することはできるのではないか。その可能性を証明するために、あらゆる描写が総動員される。

蓮は、一郎彦の黒い“闇”を自分の心に取り込もうとするも、バケモノの父親熊鉄の力が刃の神様となって、身代わりに一郎彦の心の“闇”の中へと突進していくように思えました。あの熊鉄が、まるで我が子を守るかのように蓮の心の”闇”を炎の刃となって真っ黒な心の”闇”を明るく照らしているようにも見えて、頼もしく感じましたね。
このラストでは、まるで「サマーウォーズ」で感動したような、大きな水色に輝くクジラの尾びれが輝いて見えて、同じように心に響きました。
それに、蓮も元の人間界へ戻る道を見つけて、別れていた父親と再会し、打ち解けあい、カエデの協力もあり大学へ進学するべく勉強に励むのであります。
人間も動物も、子育ては大変なはずです。だから、子供を育てていく過程で育む愛情や、絆も生まれて、子供が成長していく姿に感動するはずです。

時をかける少女
サマーウォーズ

おおかみこどもの雨と雪

2015年劇場鑑賞作品・・・140映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リベンジ・オブ・ザ・グリー... | トップ | リアル鬼ごっこ ★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「バケモノの子」 お前がいるから俺は父親になれる (はらやんの映画徒然草)
細田守監督の作品はご自身のプライベートで体験したことが、お話の元になっているとい
劇場鑑賞「バケモノの子」 (日々“是”精進! ver.F)
意味は、自分で見つける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201507110000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】バケモノの子 オリジナル・サウンドトラック [ 高木正勝 ]価格:2,700円(税込、送料込) 【楽天ブ...
「バケモノの子」ひとりぼっちになってバケモノと師弟関係になった先に学んだ何になりたいのか知るために学び誰かの為に生きるという... (オールマイティにコメンテート)
「バケモノの子」は細田守監督最新作でひとりぼっちになった9歳の少年がバケモノに拾われて弟子となり、17歳と成長した先で自らの生き方を探し、そして自ら生きる道を見つけて ...
バケモノの子 (Akira's VOICE)
熊徹かっこいいよ熊徹(´;ω;`)ブワッ  
バケモノの子/役所広司、宮崎あおい (カノンな日々)
大好きな細田守監督の最新作。観に行く理由はそれだけで十分。イヤ理由すら要らないのかも。 声の出演はその他に、染谷将太、広瀬すず、山路和弘、宮野真守、山口勝平、長塚圭史 ...
バケモノの子 (そーれりぽーと)
三年に一度感動、細田守監督最新作『バケモノの子』を観てきました。 ★★★★★ 離婚した母子家庭で母を亡くし、自暴自棄で家を飛び出した少年がバケモノの世界に迷い込んでしまって、バケモノ格闘家に弟子入りして人間として成長していく話。 不器用で孤高なバケモノと...
[映画『バケモノの子』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・いやはや、細田監督・・・、現在、オリジナルのアニメ映画を、これだけ堂々と物語れるアニメ作家はいないのではないでしょうか? 感動しまくりました。 他の人が書くようなことはここでは書かないでおきます。  ・・・富野監督は、テレビ版の『Zガンダム』の...
育児と育自。『バケモノの子』 (水曜日のシネマ日記)
『サマーウォーズ』の細田守監督最新アニメ映画。人間界とバケモノ界が存在するパラレルワールドを舞台にひとりの少年の成長を描いた作品です。
『バケモノの子』 (こねたみっくす)
胸の中の足りないモノを埋める。それが親の務め。ただ熊徹のあの選択はこの務めにはあらず。 やはり細田守監督は一夏に拘るべきでした。新海誠監督や米林昌弘監督のように宮崎駿 ...
バケモノの子 (Break Time)
昨日の夜から、台風の影響による・・・
バケモノの子 試写会TOHOシネマズくずはモールにて。 (ペパーミントの魔術師)
パスポート期間中なんですが、試写会あたりました。イェ~イ!!!!! 7月2日にくずはで見てまいりました~(^-^)/ 渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、 バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く....
『バケモノの子』の正体 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  主人公のバケモノに熊徹と名づけて熊だと思わせ、相棒が猿、僧侶が豚とは、細田守監督はフェイントが巧い。  細田監督の発想はストレートだ。子供の成長に合わせてアニメーションを作った宮崎駿監督以上に判りやすい。  結婚して親戚が増え...
バケモノの子  監督/細田 守 (西京極 紫の館)
【声の出演】  役所 広司 (熊徹)  宮崎 あおい(九太-少年期-)  染谷 将太 (九太-青年期-)  広瀬 すず (楓)  大泉 洋  (多々良)  リリー・フランキー(百秋坊) 【ストーリー】 人間界「渋谷」とバケモノ界「渋天街」は、交わることのない二つの世....
映画「バケモノの子」 (FREE TIME)
映画「バケモノの子」を鑑賞しました。
バケモノの子 (映画好きパパの鑑賞日記)
 細田守監督の近作2本は、主人公周辺の自分たちだけが特別偉い感がしてあまり好きでなかったのだけど、本作は素直に面白かった。ただ、「ラブ&ピース」でも思ったけど、町が壊れているのにわざわざ「死者はいません」というセリフをいれるのって、はやっているんですか...
『バケモノの子』 (beatitude)
 この世界には人間の世界とは別にもうひとつ、バケモノの世界がある。人間界“渋谷”とバケモノ界“渋天街”という交わるはずのないふたつの世界で、ひとりぼっちの少年(声:宮崎あおい)と暴れん坊のバケモノ・熊徹(声:役所広司)は...
バケモノの子 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:細田守 声の出演:役所広司(熊徹)、宮崎あおい(九太(少年期))、染谷将太(九太(青年期))、広瀬すず(楓)、山路和弘(猪王山)、宮野真守(一郎彦(青年期))、山口勝平(二郎丸(青年期))、長塚圭史(九太の父)、麻生久美子(九太の母)、黒木華(一...
ショートレビュー「バケモノの子・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
二人で、育ってゆく。 「おおかみこどもの雨と雪」の父親視点バージョンかと思いきや、これはむしろハリポタ的二重世界で描く、細田版「リアル・スティール」とでもいうべき父性と絆、そして青春のイニシエイションの物語だ。 主人公は母親を事故で失った少年・蓮。...
バケモノの子 (映画と本の『たんぽぽ館』)
渋天街の世界観に魅せられて * * * * * * * * * * 待ってました、細田守監督作品。 「オオカミこども」からはもう3年になるのですね。 9歳の少年蓮は、母を亡くし、 身勝手な大人たちに絶望。 家を飛び出し一人ぼっちで渋谷の街をさまよっていま...
『バケモノの子』('15初鑑賞54・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:40の回を鑑賞。
『バケモノの子』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バケモノの子」□監督・脚本 細田 守□キャスト(声の出演) 役所広司、宮?あおい、染谷将太、広瀬すず■鑑賞日 7月17日(金)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 細田監督...
バケモノの子 (とりあえず、コメントです)
『おおかみこどもの雨と雪』の細田守監督がバケモノ界の“渋天街”を舞台に創り上げた新作アニメです。 予告編を観た時から、荒々しいバケモノと人間の子供が出会ってどうなるのだろうと楽しみにしていました。 このキャラクターで泣かされるとは…と思わずほろりとさせら...
「バケモノの子」 (2015 東宝=日テレ) (事務職員へのこの1冊)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」につづく細田守作品。「おおかみこどもの雨と雪」はどういうものかパスしています。というのも、毎回大感動させてくれる細田作品に、なお泣かせそうな「雨と雪」は、ちと中年男にはつらそうだったし。その点、バケモノを大フューチ...
バケモノの子 (だらだら無気力ブログ!)
細田監督の作品だから入道雲のシーン、出てくるだろうなぁと思ってたら、ちゃんと出て来たな。
バケモノの子 (映画的・絵画的・音楽的)
 『バケモノの子』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)細田守監督による『サマーウォーズ』が面白かったので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗い画面に炎などが見える中、「昔、ほんのすこし前の出来事。10万のバケモノを束ねる宗師の卯月が...
『バケモノの子』を新宿ピカデリー1で観て、締め方と声優とふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
そろそろ忘れそうだから感想UPしないと作品 五つ星評価で【★★★普通に面白く、観終わったなあという充実感は感じたが、よくよく考えると色々合点がいかない気がしてきた】 ...
バケモノに育てられ (笑う社会人の生活)
21日のことですが、映画「バケモノの子」を見ました。 ある日、渋谷にいた少年がバケモノ・熊徹に出会う。少年は強くなるために渋天街で熊徹の弟子となり熊徹は少年を九太と命名 成長して渋谷へ戻った九太は高校生の楓から新しい世界や価値観を吸収し、生きるべき世界を....
バケモノの子 (銀幕大帝α)
The Boy and The Beast 2015年 日本 118分 ファンタジー/青春/アドベンチャー 劇場公開(2015/07/11) 監督: 細田守 『おおかみこどもの雨と雪』 企画: スタジオ地図 制作: スタジオ地図 原作: 細田守 脚本: 細田守 主題歌: Mr.Children『Starting Ove...
バケモノの子 (いやいやえん)
【概略】 ある日、バケモノ界に迷い込んだ人間界の少年はバケモノの熊徹と出会う。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった。 アニメーション 細田守監督作品、スタジオ地図。 少年期のリズム感を教えつつ武芸を教わる熊鉄と九太二人の関係性がよ...
映画評「バケモノの子」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・細田守 ネタバレあり
バケモノの子 (のほほん便り)
気のせいか、細田ワールドが、どんどんジブリ化してるような気さえしますね。 人間界とバケモノ界が存在するパラレルワールドが、渋谷風のところにある、という発想が残滓でした...
バケモノの子 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2015年日本 上映時間:118分 監督:細田守  人間界とバケモノ界の境界線が渋谷の街中にある。そこで偶然バケモノの異端児である「熊徹」と9歳の少年「蓮」が遭遇......