パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

清須会議 ★★★★.5

2013年11月11日 | アクション映画ーカ行
数々のヒット作を作り出してきた三谷幸喜が、およそ17年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇。本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めるために、柴田勝家や羽柴秀吉らが一堂に会した清須会議の全容を描く。役所広司演じる勝家と大泉洋ふんする秀吉の主導権争いを軸に、それぞれに思惑を秘めた登場人物たちが駆け引きを繰り広げていく。そのほか佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、西田敏行ら豪華キャストが勢ぞろいする。
あらすじ:本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方にする。そして跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく。

<感想>三谷監督の宿願の時代劇映画、前作の「ステキな金縛り」の公開の際に次回作は時代劇でと公言していたそうで、もっと早くに撮りたかったのだとか。といっても、派手な合戦があるわけでも、迫力のある殺陣が登場するわけでもない。でも、実話なのに、余りにも面白くて、大いに笑わせて頂きました。
なんと取り上げた題材は、信長亡き後に開かれた首脳会議。そう実に演劇的空間を生かした作品になっている。そして、そこで展開するのは、戦国武将たちが合戦ではなく会議で、しかも身内と丁々発止するという歴史上稀に見る珍事を映画にした実に面白い内容です。

会議に参加する4人の重臣役には、役所広司の柴田勝家、羽柴秀吉大泉洋の羽柴秀吉、小日向文世の丹羽長秀、佐藤浩市の池田恒興がキャスティングされた。
忠誠心と野心の衝突は、ともすれば深刻で陰鬱な陰謀劇となるのですが、そこは三谷作品ですから。思わず笑いが込みあげるシーンも多く、吹き出してしまいそうになる会話の妙が絡み、実在の人物もほどよくキャスティングされて、三谷ワールド全開の成熟した笑いの粋があります。

この作品での主人公は丹羽長秀なんでしょうが、戦国武将っぽくない穏やかな顔つきで、小日向さんの演じられた丹羽長秀は、会議の中で沈黙するシーンがあるのですが、良かったですね。

まず、信長が死んで周囲が右往左往している中で、戦いじゃなくて話し合いで歴史が動いたという、これって、勝家と秀吉の話でもあるんですけど、一番ドラマチックなのは、会議の行方を左右する丹羽長秀の言動でもあるのです。

中でも体育会系みたいな柴田勝家が、お市との恋愛沙汰で歴史に残っているなんて、本人にとっては恥ずかしいだろうに。中々いないですよね、純愛で歴史に残っている武将なんて。秀吉が大嫌いなお市の方が、女を武器にして勝家をあっという間に手玉にとってしまう。史実では後に夫婦になる二人だが、やはりこの駆け引きが大きかったのではと思う。でも、お土産に香の物が好きだと聞き、らっきょうを持参してくる無粋な男だから、お市さまの言葉にメロメロになるのは時間の問題でした。

それに対して悪知恵の働く秀吉は、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を抱え込むだけでなく、あっと驚く機転を利かせて会議を有利な方向へと導いていく。始めは信長の次男である妻夫木聡演じる信雄を後継者として推薦するが、どうにも脳天気なうつけもので、海岸で旗取り合戦をした時に、「俺って、足の速さには自信があるんだ」と、旗を取らずにそのまま通りすぎてしまう大馬鹿もの。それを見て秀吉は頭を抱える。これでは勝家に負けてしまう。帰り道で偶然、松姫と三法師を見つけはっと知恵が回るのです。

それは、信長の長男信忠、本来ならば後を継ぐべき存在だったが、父と共に本能寺にて討ち死にする。その遺児である山法師を世継ぎに推すれば、まだ幼いから自分が後継人となるわけ。
大泉洋が演じる秀吉は、おちゃらけな雰囲気と陰気な顔とを見せて、勝家役の役所広司は、体臭と口臭がひどい男に見える演技で2人の相違点を際立たせつつボケとツッコミのようなコメディ仕立てで面白かった。

信長にサルではなくて、ハゲネズミと呼ばれていたそうで、秀吉の一族はオデコと耳を強調してひょうきんな顔になっている。織田一族は鷲鼻で血縁を表現したという。
それに対して、清須会議を取り仕切る、でんでん演じる前田玄以が4人の評決を取るのだが、そこで、佐藤浩市演じる池田恒興が、打算的な性分で自分の意見をはっきりと言わず、分の良い方に頷くという算段。旗取り合戦では、勝家と秀吉のどっちにもいい顔をしたいので、嘘の肉離れ離脱ネタなどで、ある意味すごく現代的かもです。
そして何と言っても舞台のセットと衣装が凄い。豪華な居室のセットは、よーく見ると中庭を挟んで向かい合っている点にご注目あれ。陰謀めいた内輪話もこれでは丸聞こえ。凝った内装もさることながら、馬鹿げた配置をさりげなく施しているあたりは、三谷喜劇のセンスが輝いて見えるのも素晴らしい。
そうそう受けたのが、戦場から清須城へ向かう途中で、会議に急ぐ左近が西田敏行扮する更科六兵衛と出会うシーンがあるんですね。映画「ステキな金縛り」で演じた落ち武者の幽霊です。他の三谷作品との思わぬリンクが楽しいですよね。
2013年劇場鑑賞作品・・・320  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私が愛した大統領 ★★.5 | トップ | オン・ザ・ロード ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「清須会議」 (日々“是”精進! ver.F)
評定という名の戦、勃発… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311090001/ 【送料無料】「清須会議」オリジナル・サウンドトラック [ 萩野清子(音楽) ]価格:2,625円(税込、送料込) 【送料無料】清須会議 [ 三谷...
清洲会議 (花ごよみ)
監督は三谷幸喜。 自らの小説を映画化。 試写会で見ました。 織田信長が亡くなった本能寺の変後の、 織田家の後継者選びと 領地再配分について 歴史上初めて、 会議が開催されたといわれている 清須会議。 秀吉の天下取りの基礎となり、 日本の歴史が動いたこの会議....
清須会議 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) これは非常に面白い歴史授業といえるだろう(笑)
「清須会議」 日本のクレイジーな人 (はらやんの映画徒然草)
本作は三谷幸喜さんが脚本・監督をする初の時代劇作品です。 戦国時代を舞台とする時
清須会議/役所広司、大泉洋 (カノンな日々)
三谷幸喜さんが自ら17年ぶりに書き下ろした小説を原作に脚本を書き上げ映画化した最新作です。前作でも落ち武者が出てきますし、TVドラマではNHK大河ドラマ「新撰組!」の脚本などを ...
心理戦。『清須会議』 (水曜日のシネマ日記)
本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決める清須会議の全容を描いた作品です。
清須会議 (勝手に映画評)
本能寺の変での織田信長亡き後の、織田家の跡目を決める“きよすかいぎ”の模様をコメディ仕立てで描いた作品。“きよすかいぎ”は、清州会議と言う表記もありますが、映画は清須会議になっています。 原作も読んだんですが、原作は、各章が、登場人物それぞのれモノロー...
清須会議  監督/三谷幸喜 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  大泉 洋  小日向 文世  佐藤 浩市 【ストーリー】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝、秀吉は次男の信雄を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市....
清須会議 (だらだら無気力ブログ!)
笑えて見応えあって面白かった。
大河ドラマ「八重の桜」信念の人45時栄の不倫疑惑の噂で同志社が危機に直面し覚馬も会長辞職に追い込まれ八重は時栄を山本家から追... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第45話は八重は襄が留守の間に同志社女学校の運営を懸命に切り盛りするも外国人教師が引き上げるなど一時廃校の危機に直面する。しかしここは結束して何 ...
「清須会議」会議直前の駆け引きの末に見た秀吉の勝家を翻弄した天下一の巧みな人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「清須会議」は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた清州 ...
『清須会議』 2013年10月15日 東京国際フォーラム (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『清須会議』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 豪華登壇者で楽しめましたよ  <登壇者>    役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、寺島進、伊勢谷友介、    鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、三谷幸喜監督 【ストーリー】  本能寺の...
清須会議 (はるみのひとり言)
☆公開日: 2013年11月9日☆上映時間: 138分☆監督・脚本:三谷幸喜☆キャスト: 役所広司 / 大泉洋 / 小日向文世 / 佐藤浩市 / 妻夫木聡 / 浅野忠信☆試写会にて鑑賞 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。 ...
【清須会議】雑な登場人物解説つき (映画@見取り八段)
清須会議     監督: 三谷幸喜    出演: 役所広司、大泉洋、佐藤浩市、小日向文世、篠井英介、鈴木京香、妻夫木聡、伊勢谷友介、坂東巳之助、剛力彩芽、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、阿南健治、松山ケンイチ、でんでん、市川しんぺー、浅野和之、染谷将太、瀬戸...
清須会議 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/11/09公開 日本 138分監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助 これは、会議という名の戦である。 [Story]本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭....
清須会議 (Akira's VOICE)
虎視眈眈の駆け引き合戦。  
三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
映画・清須会議 (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 久々、映画館に活気がありました 日頃、自分が足を運ぶ映画、映画館が地味なので、その差に驚いたというだけのことでしょうケド 信長亡きあと、織田家の行末を決定する会議が開かれた 清洲城を舞台に5日間にわたり繰り広げられた心理戦やいか....
清須会議 (風に吹かれて)
秀吉の陰謀公式サイト http://www.kiyosukaigi.com原作: 清須会議 (三谷幸喜著/幻冬舎)監督: 三谷幸喜1582年、本能寺の変で織田信長が命を落とし、長男の忠信も討ち死にした
清須会議 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2013年 日本 上映時間:138分 監督:三谷幸喜  三谷監督自身が書き下ろした小説を、自ら映像化した群像喜劇である。タイトルの「清須」は本来の「清洲」をもじったものであろうか。まずこの映画を観るには、織田信長から豊臣秀吉へ政権が移った成
映画 「清須会議」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
映画「清須会議」を見てきました。”清須”には違和感があり、”清州”ではないかと不思議に思っていたのですが・・・・昔から、清州と清須は混同して使われていたようです。2005年に西枇杷島町と新川町と清州町が合併して、清須...
『清須会議』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   あちこち番...
『清須会議』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
『ラヂオの時間』『みんなのいえ』『THE有頂天ホテル』までは見に行ったんですが、『ザ・マジックアワー』と『ステキな金縛り』はスルー。ということで久方ぶりの”脚本と監督 三谷幸喜”作品です。今回はそれに”原作”が付いていて、小説版は昨夏ハードカバーが出て...
映画「清須会議」 (FREE TIME)
注目の映画「清須会議」を鑑賞しました。
[映画『清須会議』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、堅実に作り過ぎていて、いまいち面白くなかったなぁ。  史実との整合性を追うのにいっぱいいっぱいで、物語自体に笑える部分が少なく、  豪華キャストの会話のやり取りのみが面白かった。  個々の役者の演技は見事で、それぞれに唸らせられたが、舞台が限定...
清須会議 (青いblog)
いつもの三谷さんはアメリカの旧作映画って感じですが、 今回は日本の60年代くらいの邦画を観ているようでした。 こういう喜劇、あるある。 旧作時代劇に詳しい方は、どの監督のオマージュかわかるかもしれません。 密室劇とのことでしたが、ロケが多くて開放的。...
清須会議 (そーれりぽーと)
三谷幸喜最新作、『清須会議』を観てきました。 ★★★★ これまでの三谷幸喜作と比べると、だいぶ毛色の違う映画になっていました。 大前提として、清州会議に登場する歴史上の人物達について詳しくないと深くは感情移入が出来ない、知っていて当然的な視点で作られてい...
清須会議 (映画的・絵画的・音楽的)
 『清須会議』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作を制作した三谷幸喜監督の前作『ステキな金縛り』がまずまず面白かったこともあり、映画館に足を運んでみました。  本作で専ら描かれるのは1582年6月の清須会議で、それは織田信長が本能寺の変で急死した後、織田...
「清須会議」:三谷さんは満足なのでしょうけど・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『清須会議』は、歴史マニアの三谷幸喜が作りたくてしょうがなかったんだろうなー
清須会議 (ハリウッド映画 LOVE)
監督:三谷幸喜 出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、松山ケンイチ、でんでん、中谷美紀、戸田恵子、天海祐樹希、西田敏行・・・
『清須会議』 (時間の無駄と言わないで)
だいぶ長い。 138分だそうで。 あっという間の2時間ではなく、身を以て実感させられる2時間です。 そろそろ終わりかなと思ってからが長い。 「清須会議」っつうくらいだから丁 ...
清須会議 (悠雅的生活)
評定という名の戦。
清須会議 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
清須会議 '13:日本 ◆監督:三谷幸喜「ステキな金縛り」「ザ・マジックアワー」 ◆主演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、阿南健治、市川しん...
清洲会議 監督の迷いか観る方の思い込みか… (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【64うち今年の試写会8】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お...
清州会議 (単館系)
清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と 羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の 後継者として指名し、...
運命の会議のために (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「清須会議」を鑑賞しました。 本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めることになり 候補となった柴田勝家と羽柴秀吉、彼らの票集めとそれを決める清須会議の全貌とは・・・ 三谷幸喜の新作、前作が法廷モノでしたが ...
「清須会議」 (ここなつ映画レビュー)
とにかくもう、観たくて観たくて。予告編の頃から心待ちにしていました。 東京国際映画祭のクロージングで抽選チケットに応募するも二回外れ、正規販売日には秒殺でSoldOut。息子よごめん、公開まで待て、と、なんだかんだで今になってしまった。 織田信長の死後の後...
清須会議 (いやいやえん)
清洲会議(清須会議)とは、安土桃山時代の天正10年6月27日(1582年7月16日)に開かれた、織田氏の継嗣問題及び領地再分配に関する会議である。 天正10年に本能寺と二条城でそれぞれ亡くなった織田信長と嫡男・織田信忠。明智光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に討たれ、織...
映画評「清須会議」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・三谷幸喜 ネタバレあり