軌道エレベーター派

伝統ある「軌道エレベーター」の名の復権を目指すサイト(記事、画像の転載は出典を明記してください)

軌道エレベーターが登場するお話(16) 通天閣発掘&果しなき流れの果に・補足

2016-08-16 22:06:18 | 軌道エレベーターが登場するお話

通天閣発掘
(『小松左京ショートショート全集』などに収録、初出は1965年)
果しなき流れの果に
(最新版はハルキ文庫 初出は1965年)

 最近、「幻の通天閣」が出現して話題になっているそうです。あべのハルカスの展望台の、ある一点から一定の角度で夜景を見ると、反対側にあるはずの通天閣が見えるのだとか。反射や屈折の関係で窓ガラスに映るらしいですが、今回の更新のタイミングでこんな話題を耳にしたのも何かの縁かも知れません。『果しなき流れの果に』については以前詳説していますので、ここでは『通天閣発掘』を「本作」と呼び、中心に述べることとします。

『通天閣発掘』のあらすじ 36世紀、日本の「宇宙橋」について、立地が決まらないうちからある場所に建つという噂が流れる。その場所を発掘したところ、"通天閣" と呼ばれる塔の痕跡が見つかる。日本文学史上、軌道エレベーターを初めて描いたと思われる、亡き小松左京氏のショートショートの一篇。(『果しなき流れの果に』についてはこちらを参照)


1. 本作に登場する軌道エレベーター
 わずか3頁の作品ですが、本作では西暦3501年に日本で2番目の「スペース・ブリッジ(宇宙橋)」を造ることになったんだそうです。

 「宇宙橋」というのは、文字どおり、宇宙空間にむかってかけられた橋である。宇宙空間に「定点衛星」(略)をうちあげて、地上から衛星まで、超軽合金の橋をかける。たいへんな仕事のようだが、地上からうんとはなれれば、地球の引力が非常に小さくなってしまうから、工事はそれほどむずかしくない。

 宇宙空間との交通がますますふえてきたそのころでは、もうふつうの空港ではまにあわず、世界のあちこちに、宇宙への入口として、こういった宇宙橋ができていた。人工衛星までの三万キロあまりを電車で走り、そこからフェリーで月の宇宙港へわたるのである。


──という具合に、世界中で軌道エレベーターが何基も完成しており、宇宙へのアクセス機関の主役となっているようです。
 本作はその地上基部をどこに造るかという際、はるか昔(私たちにとっては現在)に存在した「通天閣」の話が出て「じゃそこに決めちまおう、ちゃんちゃん」という、それ以上でも以下でもないお話です。Wikipedia によると現存する通天閣は北緯34度なので、本来なら赤道上にあるべき軌道エレベーターの構造上の特性が働くか疑問ですが、36世紀には補う技術があるのかも知れませんし、ショートショートにツッコんでも仕方ないでしょう。軌道エレベーター自体の考察はここまでにします。



2. 小松左京氏の着想のルーツを探る
 本作での記述はわずかですが、やはり小松左京氏の著作で、軌道エレベーターが初めて登場した長編小説『果しなき流れの果に』と併せて見てみると、小松氏が軌道エレベーターの基本知識を正しく理解していたことがうかがえます。さすが小松左京先生です。
 本作や『果しなき流れの果に』の発表は、アーサー・C・クラーク卿の『楽園の泉』より10年以上も早く、ジョン・アイザックスの研究グループの発表の前年にあたります。冷静時代の当時、軌道エレベーターの発想は西側ではあまり知られておらず、クラーク卿も1975年のジェローム・ピアソン論文に触発されて『楽園の泉』を書いたと言われています。
 ということは、小松氏の着想の源流は西側世界の研究ではなく、やはりユーリ・アルツターノフによる1960年のエッセイにあるのでしょう。我が軌道エレベーター派の憶測ですが、1961年に早川書房の『SFマガジン』がその翻訳を載せているので、そこから着想したという流れが自然だと思われます。


3. 初出の謎
 ただし、軌道エレベーター派が確認した限り、本作の初出年月日に疑問が残りました。本作を収録した1979年発行の短編集『まぼろしの二十一世紀』(集英社)には、本作の初出を「昭和四〇・一・一一『毎日新聞』掲載」とあります。その後の『小松左京ショートショート全集①』(勁文社)などでも同じ初出が記されています。
 一方、『果しなき流れの果に』はSFマガジン1965年2月号から連載を開始しました。昭和40年=1965年。そして1月11日の新聞と2月号。近年は「2月号」って1月中に発売することが多いので、以前、このコーナーで『果しなき流れの果に』を扱った時から「初掲載はどちらが先だったのだろうか?」と疑問に思っていました。一般の人にはどうでもいいことでしょうが、軌道派的には重要な歴史なのです。
 普通に考えれば『通天閣発掘』の方が先なんです。『果しなき流れの果に』で軌道エレベーターが登場するのは三章からで、本格的に記述されているのは四章ですから、初回から出てくるわけない。しかし1次資料にあたって調べる姿勢は取材の基本。図書館で調べて参りました、はい。で、結論から言うと「わからない」。以下、詳細を説明します。

 まず『果しなき流れの果に』ですが、確かにSFマガジン1965年2月号から連載開始していました。そして三章は4月号。発行日付は「昭和四十年四月一日発行」となっているものの、一般的に発売日とは一致しないので無視しますが、とにかくも『果しなき流れの果に』における軌道エレベーターの記述が初めて世に出たのは、1965年3~4月となります。ちなみに5月号掲載分の扉には、軌道エレベーターとおぼしきイラストが描かれていました!

 問題は『通天閣発掘』の方。毎日新聞の縮刷版で1965年1月11日の紙面を調べてみたところ、載ってない (゚Д゚)!?この日は月曜日で、念のため前日も翌日も調べたみましたが見当たらない。1月1日から通しで探しても、同じ日付の朝日、読売、日経を見てもない。同じ短編集収録で「昭和四一・一一・二〇『毎日新聞』掲載」の『長い旅』は掲載されていたのですが、『通天閣発掘』は前後の年の1月11付紙面にもなく、ここで調査の手が止まってしまいました。

 現在のところ、『通天閣発掘』が1965年1月11日の毎日新聞に掲載されたという直接証拠は見つからないままです。そして申し添えると、K.E.ツィオルコフスキーは、1895年に出版した『空と大地の間、そしてヴェスタの上における夢想』で軌道エレベーターの原初的構想を紹介しており、これを「文学」としてみなせば、短編では『通天閣発掘』よりはるかに古い "軌道エレベーター文学"(神話や旧約聖書は文学とはみなさないとして)と言えるでしょう。
 これらを整理すると、軌道エレベーターが登場した文学作品は、長編では『果しなき流れの果に』が世界初の作品であるのは確かで、短編も含めた場合、「収録本の表記が正しければ」という注釈つきで、『通天閣発掘』が日本で最初である。これが我が軌道エレベーター派が確認した限りの結論です。今後、機会を見つけて調査は続けたいと思いますが、有力な情報をお持ちの方、ぜひお知らせください。軌道派の同志の諸君、情報求ム!
 何にしても、「日本は、恐らく軌道エレベーターという概念が世界でもっとも広く、一般的に行き渡った国ではないかと思われる」(『軌道エレベーター 宇宙へ架ける橋』より)とあるように、「軌道エレベーター」という名称が定まる遥か前から、日本は誇るべき軌道エレベーター文化史を持っていました。軌道派としては、この系譜を絶やさず続けていけるよう努力したいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

「軌道エレベーターの日」プレゼント当選者発表

2016-08-01 18:50:35 | その他の雑記
 さて皆様、「軌道エレベーターの日」記念プレゼント、当選者は以下の皆様です。

 Taki 様
 エゴム 様

 今年は2名様だけでした。(T▽T)
 Taki 様は例年ご応募下さる常連様です。最近軌道エレベーター関連のニュースが少ないという、厳しくもありがたいご意見もいただけました。多忙を言い訳に更新が滞っており反省するばかりです。お言葉に応えるよう頑張ります。エゴム様は身内であります。
 当選者の方には、追って連絡させていただきます。ご応募、ありがとうございました。今後とも軌道エレベーター派をよろしくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

きょうは軌道エレベーターの日

2016-07-31 13:11:41 | その他の雑記
 皆様、本日7月31日は「軌道エレベーターの日」です。都知事選もやってますが、軌道エレベーターの日なのだ。

 軌道! (`Д´)/

 一応、本日締め切りのプレゼントのご応募、まだ1名様のみという情けない状態です。きょう一杯、っていうかあと数日くらいはお待ちしますので、お待ちしてます。日中の報告でした。

この記事をはてなブックマークに追加

毎年7月31日は「軌道エレベーターの日」

2016-07-16 21:15:53 | その他の雑記
 毎年7月31日は「軌道エレベーターの日」です。うちゅうえれべえたあとかいう禍々しい名前の日じゃない、そんなもんない。軌道エレベーターの日である。我が軌道派が、この軌道エレベーターの日を勝手に制定してはや6年。もうおなじみと言ってくださる常連さんもおられるかも知れませんが、なんで記念日なのか、理由を改めて明記します。
 ロシアのコンスタンティン・ツィオルコフスキーが軌道エレベーターの原点的着想を明らかにしたのが1895年。ロシア(当時はソ連)のユーリ・アルツタ-ノフがそれに触発され、静止軌道エレベーターの構想を「プラウダ」で紹介しましたのが、1960年7月31日でした。

 「これこそ、軌道エレベーターの原理上の必要条件を正確に示し、
 かつその利点のすべてを正確に指摘した、史上初の構想であった」
      (『軌道エレベーター -宇宙へ架ける橋-』より)


 ──この引用も毎年のことですが、記念すべきこの日を、我が軌道派は「軌道エレベーターの日」として顕彰し、プレゼントも毎年実施しているのであります。"宇宙"派どもはこんなことやっとらんのだ! (`Д´)ノ 今年のプレゼントには、以下のようなものを選びました。

1. 軌道エレベーター派Tシャツ(5名様くらい)
 今年1月にご披露しました、軌道エレベーター派のロゴをTシャツにしようと思います。単純に白地のシャツにロゴを印刷するだけのつもりですが、まだ完成どころか発注もしてないので、どのようなものになるか詳細未定です。サイズもMあたりに統一するかもしれません。その辺、すべてこちらにお任せでよろしければご応募ください。デザイン等へのクレームは一切受け付けませんのでご注意を。
 
2. 軌道エレベーターが登場するサブカル作品1冊(3名様くらい)
 「軌道エレベーターが登場するお話」のコーナーか、昨年7月10日の記事「サブカル分野での『軌道エレベーター』と『宇宙エレベーター』の勢力図」で紹介した文学またはコミック作品から、現在でも入手可能な作品でお好きなものを1冊。複数巻刊行されている作品は、お好きな巻数の1点のみとさせていただきます。ご希望の方は作品名と巻数を明記してください。

3. 宇宙グッズ詰め合わせ(2名様)
 宇宙食や絵葉書、意味不明な品など、国内外の宇宙関連ショップで購入したグッズの詰め合わせです。中身へのクレームは受け付けませんのでご注意ください。

 応募方法も毎年同じですが、以下の通り。
 必ずタイトルを「軌道エレベーターの日プレゼント希望」とした上で、ご希望の品(2番目は作品数・巻数を明記)と、このサイト上で公開してもいいハンドルネームを明記し、画面左「ご意見等はこちらへ」下のアドレスにメールでご応募ください。「軌道エレベーターの日」の31日にそのハンドルネームを発表し、当選者にのみ、こちらからメールを差し上げます(私の知り合いの方は書いてね)。
 その上で、送付先等を改めてお知らせいただきます。当選者の方は個人情報を送っていただくことになりますが、送付目的以外には使用しないことを確約します。送料は当方が負担しますが、個人情報保護のために私書箱等を設ける場合は、その代金は自己負担でお願いいたします。
 例年、ご応募は常連の方ばかりで定員割れしててしてますが、それでもご応募、お待ちしています。

この記事をはてなブックマークに追加

軌道エレベーターが登場するお話(15) ミスター・ノーバディ

2016-06-25 23:08:28 | 軌道エレベーターが登場するお話

ミスター・ノーバディ
ジャコ・ヴァン・ドルマル監督
仏・独・加・ベルギー共同制作(2009年)



あらすじ 人々が不死となった2092年、記憶をなくした老人ニモ・ノーバディは、死を迎える最後の人類として脚光を浴びる。彼は死を目前にして、様々な人生をたどってきたという信じられない過去を語り出す。


1. 本作に登場する軌道エレベーター
 ほんのちょこっとしか登場しませんが、実写映画で軌道エレベーターが描かれるのは極めて珍しく、また映像が非常に綺麗なので取り上げました。本作では火星に人類が進出しており、ここに3本のピラーから成る軌道エレベーターらしきものが建造されています。主人公のニモが火星を訪れ、末端に宇宙船が接舷して、彼は地上との間をエレベーターで行き来します。ちなみにニモは「火星に遺灰を撒く」という恋人との約束を果たすためにやって来ました。
 
 ここで火星の軌道エレベーターの説明を。火星の静止軌道は対地高度約1万3600kmの位置になります。二大衛星の一つ「フォボス」の平均高度は約6000kmと静止軌道より低く、そのままだと軌道が交差して衝突します。ですがこれはSFの常識と言ってよく、火星の軌道エレベーターは大抵フォボスを「避ける」んですね。『楽園の泉』では、地球で建造するためのトライアルとして、まず火星にエレベーターを造るのですが、フォボスが衝突コースに重なる時はピラーを曲げて回避し、さらにこのアクションを観光客向けのショーにしようなんて話が出てきます。本作も静止軌道エレベーターであれば、フォボスを同じように回避していると思われ、さぞかし見ものでしょう。
 エレベーター本体が軌道運動をしているか疑問の描写もあるのですが、いずれにしても登場場面は短く、詳細は不明です。単なる作中の小道具に過ぎないので、科学的な検証や図割は愛します。とはいえ本作の映像技術はそれはもう見事で、軌道エレベーターの外観はなかなか美しいです。


2. ストーリーについて
 ニモは117歳の余命わずかな老人で、人類が不死(テロメアの減損を食い止める医療技術が確立してるみたい)を手に入れ、生殖不要で恋愛もしなくなった時代の「死んじゃう最後の1人」なんだそうです。実はこのニモ、複数の世界線?で様々な人生をたどってきた記憶をすべて有しているという、魔眼リーディング・シュタイナーの持ち主です。ダース・モールみたいな医師や記者に回想を語る形で、子供のころに「離婚した母親についていったら」「父親についていったら」「恋人と再会できたら」「できなかったら」などと、電話レンジ(仮)もなしに全部体験したと称し、色んなルートの人生を振り返ります。
 とにかく場面があっちへ飛ぶわこっちへ移るわ、はたまた『木更津キャッツアイ』みたいにシーンが巻き戻されて別のルートに入るわ、複雑な世界線をたどりながら物語が進みます。話を聞いてる医師や記者も、ニモ自身も何が真相なのか分からず混乱状態で、その混乱を見る側に押し付けてきます。

 彼の記憶や体験が多重化しているのには少々カラクリ(ネタバレは避けます)もあるのですが、それも含め本当なのか、単なる妄想か、ボケてるのか、あえて不可解につくってあるので、結局は観客一人ひとりの解釈に委ねられるところです。個人的には「単なる中二病的妄想だろう」という印象です。「どの人生も最高だった」とか言って何でも美化するあたり、「体験したくてもできなかった劣等感の裏返しじゃね?」と見てしまうのは、ひねくれ過ぎでしょうか。

 しかし結局は、アトラクタフィールドの収束によって118歳の誕生日に死を迎えることになり、いまわの際に沢山の矛盾した体験談を語って聞かせるという状況にたどりつくようです。中には若くして事故死したり何者かに殺されたりしちゃう(SERNのラウンダーか?)末路もあるんですが、それは彼がダイバージェンス1%の壁を超えてβ世界線に移動できたということなのでしょう。
 本作には、成功や失敗、後悔や反省などの思いをかみしめながら、多岐にわたる人生を重ねることで、「自分の意志で人生を選択することがいかに大事か」というテーマ性や「人はなぜ異性を愛するのか」といった問いかけも盛り込んであって、感動的なシーンもあります。ただ最終的にはよくわからないままです。まー、自分をだまし、世界をだまし通した狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真の中二病レベルにはとうてい及ばないな、ということにしておきます。前から思ってたけど「狂気」と「マッド」がかぶってるのはネタなんだろうな。


3. 科学的な作品にあらず
 シュタゲネタはこのへんにしておきます。本作をSF扱いする声を散見しましたが、科学的な用語をちりばめているだけで全然SFじゃないです。それが別に悪くはないですけど、科学的な物語やSFとして期待すると肩透かしをくらいます。例えば、現在の宇宙論の中には、宇宙が膨張の限界に達すると反転して収縮を始め、「ビッグクランチ」に収束するというものがあり、収縮に転ずると時間の矢が反転するとも言われます。本作では2092年2月9日(!?)に膨張が終わり、そこまで生き延びた人間は時間の反転に伴い若返るんだそうです。
 実際にある理論では、宇宙の膨張が止まり時間が反転するのは、エントロピーが極大になり、そこから減少する方向に物理法則が逆転するからで、エントロピーの極大とは、すなわち人間を含めたあらゆる物質が、形状も位相もすべての秩序を失って全部混じり合った存在になる状態です。収縮の瞬間まで人間が生きることはない。このほかにもバタフライ効果(カオス理論)や量子力学、スーパーストリング理論など色々出てきますが、観客を煙に巻く道具に使われるに過ぎません。


4. 全体の感想
 最後に、本作には心打たれる部分もメッセージ性もあるし、映像も見ごたえがある。それでも、全体としていい印象を抱けなかった一作でした。観ていて、デヴィット・フィンチャー監督の『セブン』と同じ匂いを感じました。どこが共通するのかというと、観客を掌の上で転がして遊んでいるように思えるんです。このコーナーでは制作者批判は極力避けているのですが、本作は見る側を小馬鹿にしているように感じます。
 冒頭に登場する「ハトの迷信行動」も、特に意味はないのに勝手に脳内補完して自己満足し、「自分にはわかる!」と喝采を贈る観客を揶揄しているのではないか。これも私の勝手な脳内補完ですが、こういう手法はすでに出尽くしている感があり、昨今の難解なアニメに慣れた日本の観客などには食傷気味に感じるのではないでしょうか。
 今回は少々批判的な結びで筆を置きますが、こう感じるのは私だけなのか? 内容が複雑な上に2時間以上ある非常に長い映画で、ほとんどレンタルもされてませんが、ご覧になった方がいらしたら、意見を聞いてみたいものです。長くなりましたが、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加