軌道エレベーター派

伝統ある「軌道エレベーター」の名の復権を目指すサイト(記事、画像の転載は出典を明記してください)

軌道エレベーター説明図の画像提供について

2017-06-27 22:55:29 | その他の雑記
 「軌道エレベーター早わかり」「豆知識」などでたびたび使用している説明図の画像、先日依頼があってデータを提供しました。これまでにもそうしたことが頻繁にありまして、軌道エレベーター派としては、軌道エレベーターの知見の普及に貢献するなら喜んで提供しておりますが、この機にそのガイドラインのようなものを明示しておこうと思います。


 軌道エレベーター派は、これらの説明図の画像を無償提供しております。ご希望の方はトップページ左下のアドレスにメールをお寄せください。3~4MB程度で、「文字あり」「文字なし」のJPG画像をご希望に応じてお送りしています。用途に応じて以下のことを守っていただければ、基本的に自由にお使いいただいています。

 ● 学術研究や教育目的であれば、出典や権利の表示などは一切不要
 ● 商業出版物などは出典を明示
 ● ネット上の記事などで使用する場合も出典を明示
 ● 必須ではないですが、軌道エレベーターには色んな研究モデルがあるため、
  上記のいずれのケースでも、可能であれば、
  「軌道エレベーターの基本構造の一例」「概念図の一例」など、
  「一例」と添えていただければありがたいです

 
 ──以上です。スペースシャトルは退役したので、大きい方の説明図は描き直さなければと考えているところです。
 これらの画像は、もともとは宇宙エレベーター協会(JSEA)を立ち上げた2008年、ポケットブックに掲載するために、私がラフを描き、知人に仕上げてもらったものですが、軌道エレベーター関連の記事などに添える説明画として使い勝手がいいので、色んな媒体で紹介していただきました。お陰様で、「軌道エレベーター」「宇宙エレベーター」などで関連画像を検索すると、上位にヒットするようです。
 たとえば『宇宙旅行はエレベーターで』などに簡単なモノクロ図などは散見されますが、背景入りのカラー画像の説明画というのはそれまで皆無だったらしく、これが初めての例のようです。

 JSEAの活動において制作したので、以前は協会を通じても提供していたのですが、協会は有料で提供したがったので、それは絶対禁止ということで権利を分離して、独自で管理するようになりました。現在は協会は別の図を作って、一般提供もやっています。

 なお余談になりますが、こんなささやかな画像ながら、たびたび模倣もされました。軌道エレベーターの説明図なんて、どう描いても同じようなものになるのは当たり前なんですが、細部まで真似するものも少なくなく、中には完全パクリみたいな例もあります。たとえば2012年にイカロス出版から発行された『スペースガールズ少女宇宙開発全集』という書籍に掲載されていた図はもう丸写しで、下に貼った図では見づらいかもしれませんが、末端のカウンター質量(おもり)に横線が2本入ってるのまでそのまま模倣されてたりします。言ってくれたら画像提供したのに。



 これ、なんで2本線が入ってるのかというと、ダンベルのウェイトがモチーフなんですよ。
 かつて製図や地図製作などの仕事をしていた経験から、この図の制作時は「説明図なのだから、すべての要素は単純に記号化し、それ以上の変な個性や意味を持たせない」のを当然として描いています。だからステーションは「ツルンとしたドーナツ型」、エレベーターも「カプセル錠剤みたいな円筒形」、地上基部も「海上の石油採掘リグとお城をくっつけたみたいな感じ」という感じのデザインをしました。オーロラも「本当は虹色じゃないけど、なんとなくそれっぽいから虹色」です。
 なので、カウンター質量も「おもりといえばダンベル」ということで、輪っかのウェイトを三つくっつけた形状にしてあるわけです。だから銀色なんです。試に末端が分銅の形になっているイラストも作りましたが、すっきりしてるのでダンベルにしたというわけです。模倣する人は、何か独自の意味があるのかもしれないから単純に真似してるだけで、まさかただのダンベルだとは思わないでしょうな。

 とはいえ、別に模倣されるのに憤慨はしていません。むしろパクられるというのは価値を認めてもらえたという見方もできるし、私が作った図も、それまでの軌道エレベーターの論文や専門書などから要素や発想をいただいた、その蓄積なのですから。
 そんなわけで、軌道エレベーター振興に寄与することを自らに使命と課す軌道派としては、軌道エレベーターの知識の普及のため、画像をどんどん役立てていただきたいと考えています。生きることは知ること。すべては知ることから始まります。
 上記にも書きましたが、画像提供のお問い合わせは、画面左のメールアドレスにご連絡ください。

この記事をはてなブックマークに追加

宇宙エレベーター学会(JpSEC)開催

2017-06-09 10:53:56 | ニュース
「第9回宇宙エレベーター学会(JpSEC)講演会」が5月27日、千代田区で開かれた。
 宇宙エレベーター協会(JSEA)の主催で、年次総会にあわせて毎年開かれている。はじめにJSEAの大野修一会長=写真=がJSEAの活動概要と、米ネバダ州での開催を構想している「GSPEC」などについて説明。続いて大学や企業、団体などの9人が登壇し、「宇宙エレベーター建設構想」で有名な大林組の石川洋二氏、宇宙社会学研究機関(ARI)のレナト・リベラ・ルスカ氏らが、軌道エレベーターに関する研究成果や取り組みなどを発表した。



 現在、地球周回軌道上で実験が進行中の超小型衛星「STARS-C(はごろも)」を含む、軌道エレベーター実証実験に取り組む「STARSプロジェクト」に関しては、静岡大から能見公博、山極芳樹両教授、日本大学から青木義男教授が出席し、軌道上でテザーを伸ばすSTARS-Cの現状や、次に控えるSTARS-Eなど一連のプロジェクトの内容を解説。STARS-Eでは、伸ばしたテザーの間を小型クライマーが昇降する予定で、STARS-Cに続き世界初の軌道エレベーターを主眼とした実験になるという。(軌道エレベーター派 2017/6/9)

(以下は軌道エレベーター派の雑記です)
 長らく更新ストップしていて申し訳ありません。上記のJpSECで、今回JSEAで担当理事だったもので業務に追われておりました。そういう事情があるもので、マッチポンプ記事のため今回は控えめにしてあります。それにJpSECが終わったと思ったら今度は都議選で発狂しそうな状況ですし。
 私は主に書く仕事が中心なので、JpSECの開催業務に深くかかわるのは第1回以来かも知れません。やっぱり本来物書きだからでしょうか、イベント内容に工夫を凝らせればよかったのですが、関係者間の調整でアップアップで、とても余裕がありませんでした。次担当したら、発表以外に何か演出できたらいいのですが。
 そんな自分ではありましたが、皆様のご協力でなんとか終えることができました。登壇者の皆様、ご来場の皆様、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

練馬大学の学園祭で軌道エレベーター関連の出展があったらしい

2017-05-09 20:56:53 | その他の雑記
 このところ更新が滞っていてすみません。宇宙エレベーター協会(JSEA)のイベント準備などに追われてまして、なかなかまとまった記事が書けず、失礼が続いています。
 言い訳はこのへんにんして、表題はアニメの話です。6日放映の『ATOM THE BEGINING(アトム・ザ・ビギニング)』を観た方おられますか? 主人公たちが通う練馬大学の学園祭のエピソードだったのですが、大勢の来訪者でにぎわうキャンパスを、子供たちが声を挙げながら横切っていったのですが、

 「軌道エレベーターじゅうごぶんの●●●だってよー」

 と言っているように聞こえたのです。「軌道エレベーター」は間違いない。幼少期から軌道派とは、将来有望な少年たちですな。ハ! しかし●●●の部分にほかのモブの声がかぶってよく聞き取れませんでした。
 何だ? 軌道エレベーターのじゅうごぶんの何なんだ? 前後の関係や学園祭という設定から類推すると、ありそうなセリフは「軌道エレベーター15分の1の模型展示」とか言ってそうです。軌道エレベーターの研究モデルの中でも小型の5万km程度のものだとしても、3333km。15万分の1でも333m。練馬大はそんな巨大な展示ができるのか!? 。。。ってんなわけないですね。

 本当は一体何と言っていたのか、いつか機会があれば脚本を読んでみたいものです。しかし、アニメの制作サイドが「軌道エレベーター」と呼ぶのはうれしい限りです。やっぱりね、SFが好きな人は、いまだに「軌道」なんですよ! 久々に言わせてもらいましょう、アトム・ザ・ビギニングの制作スタッフの皆さん、

 軌道派ということでよろしいですな、あ?(C)青田龍彦

 軌道エレベーター派、ここにあり。
 アトム・ザ・ビギニングは毎週土曜23:00より、NHK総合テレビで放送中。公式サイトはこちら。

この記事をはてなブックマークに追加

8周年

2017-04-09 13:14:29 | その他の雑記
 軌道エレベーター派の同志の皆様、いつもご覧いただきありがとうございます。お陰様で今月、「軌道エレベーター派」は8周年を迎えました。毎年同じ説明になって恐縮ですが、正確には2009年の4月下旬にブログ公開し、サイトURLの取得や準備はその前からやっていたために開設記念日を大雑把に「4月1日以降」をとしています。1日はエイプリルフールなので2日以降の更新でこのような記事を書いています。

 昨年度から宇宙エレベーター協会(JSEA)の理事に戻ったこともあり、正直、JSEAのホームページやFacebook、今度はメルマガまで書きつつ、当サイトも更新するという、どっちつかずになりがちな状況でお恥ずかしい限りです。一方で原稿の共有も実験的にやっていて、情報発信の媒体が増えることはいいことだとも思っています。同じ記事でも内容や表現を微妙に変えたりすることで、軌道エレベーター派のありようを映す鏡のような役割を担ってくれる時もあったりします。

 とはいえ我が軌道エレベーター派、いくらJSEA理事をやっていても、"宇宙"エレベーター派に魂を売ってはおりませぬ。ご覧ください、JSEAのサイトでも「軌道エレベーター」の表現を貫いております。軌道派が軌道エレベーターって言って何が悪い!? ( ゚д゚ )クワッ



 JSEA運営スタッフの誰もツッコんでこないのが少々不気味なんですが、問題にされてないのかしらん? 少しさびしい (´・ω・`)

 とにかく、8周年を迎えた今も、軌道派は「軌道エレベーター」の名の復権を目指す大義は失っておりません。これはもう8周年というより、8執念です。今に見とれ! 9年目も、軌道エレベーター派をよろしくお願いいたします。
 以下は、恒例のまとめ目次です。今回は昨年12月から網羅しています。末尾のリンクから前回の目次、そこからさらに前の目次へとたどれるようになっています。 

目次(2017年1~3月、16年12月と今月の一部と含む)
前回の目次からきょうまでに更新がなかったコーナーについては、一番最近の記事を載せています。

軌道エレベーター派宣言
 あいさつに代えて、このホームページのスローガンのご披露

軌道エレベーター早わかり
 はじめて「軌道エレベーター」という言葉を知った方のための、簡単な基礎知識の説明

(軌道派による軌道派のための)軌道エレベーター定義書
 当サイトにおける「軌道エレベーター」の構造や分類などについてまとめた定義一覧

軌道エレベーター豆知識
 軌道エレベーターに関する情報や知識をテーマ別に紹介
(31)時間の遅れ

軌道エレベーターが登場するお話
 小説や映画、アニメなど、軌道エレベーターに関係する創作のあらすじと、作中に登場する軌道エレベーターの特徴の解説
(17) CALL OF DUTY INFINITE WARFARE

研究レビュー
 軌道エレベーター関連書や論文、研究計画などの紹介
12.28「(解説)STARS-Cのミッションと意義」
2.19「宇宙インフラ整備のための低コスト宇宙輸送技術の研究開発」

軌道派アイデアノート
 軌道エレベーターに関する管理人のオリジナルアイデアの紹介
 (4) デブリ根絶計画(上)
 (4) デブリ根絶計画(中)
 (4) デブリ根絶計画(下)

軌道エレベーター学会
 軌道エレベーターに関する研究発表
 軌道エレベーターによる放射性廃棄物の処分(改訂版)序文と目次
 I章 軌道エレベーターの可能性
 II章 放射性廃棄物処分の現状
 III章 軌道エレベーターによる放射性廃棄物の処分
 IV章 処分計画の改良・応用例
 脚注・参考文献

ニュース
 独自取材のストレートニュース
12.11軌道エレベーター実験衛星「STARS-C」打ち上げ

その他の雑記
 テーマにこだわらない、日々の他愛のない感想や雑学メモなど
1.1「年頭あいさつ:軌道の名は。」
1.8「M村さんまたしても明察(改訂版)」
1.29「M村さんまたしても明察(解答編)」
2.5「『君の名は。』の彗星の軌道」
2.19「『専門書・論文レビュー』を『研究レビュー』に変更しました」
2.26「君は『宇宙戦艦ヤマト2202』をみたか」
4.3「君は上野で猫と謎のゆるキャラをみたか(情報求ム!)」
4.5「謎のゆるキャラの正体判明」

 これより前の目次は、前回の目次も兼ねている今年1月1日の更新の雑記「年頭あいさつ:軌道の名は。」をご覧ください。その目次からさらに前の目次の回へとたどれるようになっています。

この記事をはてなブックマークに追加

謎のゆるキャラの正体判明

2017-04-05 22:27:22 | その他の雑記
 今月3日の更新で紹介というか情報提供を求めた、パンツ一丁の謎のゆるキャラの正体が判明しました。宇宙エレベーター協会の同志、O島姐さんがすぐに教えてくれました。姐さんありがとう! \( ̄O ̄)
 
 中国発の人気オリジナルキャラクター阿狸「Ali」ちゃん

 阿狸(Ali)という中国のゆるキャラだそうで、どうりで何の惹句もないわけだ。とはいえ、本国ではもうデビューしてだいぶ経つみたいで、いろんな商品展開をしているようです。
 ただ、なんでパンツ一丁なのか、一体なぜあの日上野恩賜公園に出没していたのかは謎のままです。キャンペーンとかPRにしては、周囲にスタッフらしき人も、関連情報の提供もなかったし、しかもゴミ集積所の前って。。。一層気になります。
 せっかくの縁ですから、軌道派も何かの機会に阿狸さんをおしていきますかね。次回は8周年の更新をする予定です。ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加