軌道エレベーター派

伝統ある「軌道エレベーター」の名の復権を目指すサイト(記事、画像の転載は出典を明記してください)

第8回「宇宙エレベーターチャレンジ」(SPEC016)水戸市で開催

2016-12-01 22:06:48 | ニュース
 一般社団法人「宇宙エレベーター協会(JSEA)」(大野修一会長)が主催する、軌道エレベーターの技術競技大会「宇宙エレベーターチャレンジ」(SPEC2016)が今月5、6日の2日間、水戸市の千波公園で開かれた。
 8回目となる今年は、初の都市部での開催で、大学や企業、個人有志など約20チームが参加。高度は最高で約200mとこれまでに比べ小規模で実施され、バルーンから吊り下ろしたロープ式とベルト式の2種類のケーブル(テザー)を、各チームが自作したクライマーを昇降させて性能を競った。エントリーしたクライマーの中には、ベルトのねじれを補正するバンパーを取り付けた小田原城北工業高等学校新機械技術部のクライマーや、上下左右どの向きにもテザーを通せる、湘南工科大+大林組チームによる球形の機体など、ユニークなクライマーが参戦した。(軌道エレベーター派 2016/12/1)

(以下は軌道エレベーター派の雑記です)
 なかなか更新ができず申し訳ありません。SPECにはこれまでも運営側に片足を突っ込んだ立場でしたが、JSEAの理事に戻ったので、今回は完全に運営スタッフとして参加してました。
 今年は小規模開催で、内容に関しても例年通りであまり書くことがないのですが、会場の千波公園の緑地は、千波湖の向こうにビル群や交通量の多い幹線道路が見えて、これまで郊外やサーキットなど、住宅密集地や都市部からは離れた場所で開催してきたこともあり何とも新鮮でありました。この場所になったのは、何でも偕楽園に日本最古のエレベーターが保存されている場所だとかで、話題づくりもあって地元の方々と話がまとまった次第です。公園の一部だから「ついでに見に来た」という一般客が多く、これも雰囲気がかなり違い、会場で配ってたポケットブック300部が全部捌けてしまった。
 
 私はマスコミ対応や写真撮影係などをやっていたのですが、掲揚しているバルーンを遠くから撮影しようと思って湖沿いに公園を歩いてると、白鳥が歩道を歩いてたりするんですよ。で、水戸黄門像の辺りに行くと人だかり。

 みんなポケモンGOやっとる。

 私も、名物のりんごソフトクリームを食べながらちょこっとだけ起動しましたが、特にレアなポケモンの収穫はありませんでした。
 それにしても、SPECは技術的な意義は未知数なので、人の多い場所でやるお祭りにした方が良いと前から思っていました。安全性と二律背反ではありますが、各マスコミの水戸支局もすぐ近くだし、こういう場所での開催を模索していければと感じました。



この記事をはてなブックマークに追加

宇科連で九つの軌道エレベーター関連の発表

2016-10-02 09:13:10 | ニュース
 航空宇宙関連技術や天文学など、幅広い分野の研究者が成果を発表する「第60回宇宙科学技術連合講演会」(宇科連)が9月6~9日、北海道函館市で開かれた。このうち軌道エレベーター関連では、鹿児島市で開かれた昨年より2本少ない9本の発表が最終日の9日午前にあった。内訳は次の通り。

「宇宙エレベーター研究の動向と実現に向けての活動」(宇科連日程表より)
 (1) 宇宙エレベーター 国際宇宙航行アカデミー(IAA)に於ける研究状況
 (2) 宇宙エレベーターにおける静止軌道上からのケーブル同時展開建設方法の最適化について
 (3) 宇宙エレベーターのケーブルおよびクライマーの風影響について
 (4) 移動体への電力供給用マイクロ波ビームを実現するアレーアンテナの検討
 (5) 宇宙エレベータ用クライマーモデルの開発
 (6) 宇宙エレベーター用クライマー試験装置の開発と性能検証
 (7) テザー伸展実証超小型衛星 'STARS-C' の開発およびフライトモデルの性能検証
 (8) 軌道エレベータ衛星STARS-Eの試作機開発
 (9) STARS-Eテザー移動機構の設計とBBMの評価試験

宇宙エレベーター研究の国際的な最新動向
 (1)の「宇宙エレベーター 国際宇宙航行アカデミー(IAA)に於ける研究状況」では、IAAで軌道エレベーター研究チームの代表の1人を務める土田哲氏が登壇。IAAでの動向を伝えた。IAAは宇宙航行にかかわる研究や技術の後押し、顕彰などを行っているNGO。

 IAAでは従来、テザー分野で軌道エレベーター関連の発表などがあり、その流れを受けて2010年から軌道エレベーターそのものをテーマとした検討グループが立ち上がった。発表では "Road to Space Elevator Era" と題し、14年から3年間で「宇宙エレベーター時代」へ向けた、実現に必要な技術情報の収集や世界の研究の把握、課題の識別などを行っているとのこと。
 研究チームは土田氏ら数人を代表に (1)エレベーター自体の問題研究 (2)エレベーターを構成するシステムの基幹技術研究 (3)国際法・国際関係 (4)アウトリーチ活動 (5)オペレーションとインテグレーション--のサブグループを設け、各システムを定義した上で論点などをレポートとしてまとめた。
 ここでは軌道上での検証項目として、材料の暴露実験やテザー展開実験などを挙げており、「日本ではこの目的に合致したテーマが、世界にさきがけて研究されている」と強調。この活動は来年で終わる予定で、今後はIAA内にいくつかある「恒久委員会」の一つとして、宇宙エレベーター委員会の立ち上げを模索するとしている。
 土田氏によると、IAAには軌道エレベーターを一つの研究分野として認めるかについて懐疑的な見方もあり、研究推進派推進ははごく少ないという。しかしIAAの宇宙エレベーター研究グループは25人中10人を日本人が占めており、この日のほかの発表者のうち数名も名を連ねる。土田氏は「日本が先陣として道筋をつけるべく、地道で冷静な研究を進め、次世代の宇宙インフラとして基礎研究が前進していけるよう貢献したい」と結んだ。

大気がエレベーター全体に及ぼす影響
 一般に、エレベーターの全体構造のうち、ケーブルが大気に接する部分は極めてわずかながら、風によるケーブルの動きは、エレベーター全体に影響が及ぶと考えらる。大林組の大塚清敏氏による(3)の「宇宙エレベーターのケーブルおよびクライマーの風影響について」の発表では、赤道上の気象データを基に風がケーブルに与える影響を解析した過去の研究を発展させ、クライマーを含めた場合のケーブルの挙動について検証した。
 縦横各3m、長さ60mのクライマーが、全長9万6000kmのエレベーターのケーブルに沿って昇降運動を行ったと想定してシミュレートしたところ、クライマーの走行によるコリオリ力がケーブルを西方向へ大きく動かす一方、クライマー本体に対する風の作用によるケーブルへの影響は小さいことなどが確認できたという。またクライマーのが上昇運動がケーブルを引きずり下ろすことでコリオリ力が生じ、ケーブルに風とは逆方向の動きを与えることなどが判明。こうした結果について「今後、長期的な作用を明らかにしていく」と述べた。

初の軌道上実験に向けて
 (7)の小型衛星STARS-Cに関する発表では、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」から放出して、軌道上でテザー展開を行う小型衛星のメカニズムを紹介。実機はすでに完成しており、打ち上げが待たれる。続く(8)(9)では、軌道上で展開したテザーに沿ってクライマーを動かす実験に挑戦する「STARS-E」について、静岡大の能見公博士教授らが説明した。
 STARS-Eは親子衛星の間を結ぶテザーを、孫衛星にあたるクライマーが昇降するもので、現段階ではテザーを最大2km展開することを目指す。親子衛星の結合や、2kmものテザー展開など課題は多いものの、クライマーを動かして様々な影響のデータを取るという実験について、能見教授は「軌道上でやったことは世界的にもないだろう」と意気込みを見せた。

 孫衛星にあたるクライマーについては日本大学が開発しており、これまでに試作機を3機製作して実験を行い、現在4機目を開発中。同大はJSEA主催の「宇宙エレベーターチャレンジ」(SPEC)でも優れた実績を上げてきた常連校でもあり、SPECでの経験で得た知見も盛り込んでいるとのこと。
 現段階では直径0.6mmのテザーを1km以上移動する小型クライマーの開発を目指しており、これまでの3機の性能試験の結果から、駆動は金属製ローラー1~2個で可能であることや、小型化や重量バランスが命題であるといった知見、課題が得られたという。このほか、クライマーの動力源となる太陽光発電パネルの配置について、機体デザインを四角柱と六角柱のいずれにするかを検証したところ、四角柱は六角柱の1.7倍の発電量を得られたことから、4号機は四角柱で開発を進めるとた。発表した同大の角田智寛さんは「さらに性能試験を重ね、エンジニアリングモデルの製作につなげていきたい」と意欲を見せた。

 このほか、今回の宇科連では、エレベーターの建造初期に、静止軌道上から上下方向にケーブルを展開した場合の挙動や、クライマーへの電力供給の一方法としてのマイクロ波を送るアンテナの研究などの発表が行われた。
(軌道エレベーター派 2016/10/1 今回の記事は宇宙エレベーター協会と一部重複します)

(以下は軌道エレベーター派の雑記です)
 今回の宇科連で「宇宙エレベーター研究の動向と実現に向けての活動」という柱を立てて発表が集約され、最終日の午前中いっぱいの2コマ分の枠が充てられたことは、色んな個別のテーマのコマに取り込まれて埋没していた数年前と比べると、かなりの進歩という気がします。
 反面、内容は昨年のテーマの進捗を報告するものが多く、その意味では新しい話題は少な目ではありました。それは個々の内容の成熟ともとれるし、全体的には停滞と見ることもでき、痛し痒しに思えます。軌道エレベーターは未開拓の分野なので、まだまだ手を付けられていない話題がたくさんあり、伸びしろも大きいはずなのですが、その現実味の遠さゆえに、牽引していく研究者層はまだまだ薄いと言わざるを得ません。軌道エレベーター派/宇宙エレベーター協会両面でその関心を高めることの一助になるよう、今後も微力を尽くしたいと思います。
 ちなみに、宇科連に出ることは、私としては年1回の旅行でもあるのですが、今回は東京を発つ時に台風が沖縄あたりにあり、函館に着いた頃には北上して東北あたりと、まるでストーカーのように追いかけてきました。その影響で常に天気が悪く天気は散々。お陰で今回は観光が一切できませんでした。はあ。

この記事をはてなブックマークに追加

軌道エレベーターが登場するお話(16) 通天閣発掘&果しなき流れの果に・補足

2016-08-16 22:06:18 | 軌道エレベーターが登場するお話

通天閣発掘
(『小松左京ショートショート全集』などに収録、初出は1965年)
果しなき流れの果に
(最新版はハルキ文庫 初出は1965年)

 最近、「幻の通天閣」が出現して話題になっているそうです。あべのハルカスの展望台の、ある一点から一定の角度で夜景を見ると、反対側にあるはずの通天閣が見えるのだとか。反射や屈折の関係で窓ガラスに映るらしいですが、今回の更新のタイミングでこんな話題を耳にしたのも何かの縁かも知れません。『果しなき流れの果に』については以前詳説していますので、ここでは『通天閣発掘』を「本作」と呼び、中心に述べることとします。

『通天閣発掘』のあらすじ 36世紀、日本の「宇宙橋」について、立地が決まらないうちからある場所に建つという噂が流れる。その場所を発掘したところ、"通天閣" と呼ばれる塔の痕跡が見つかる。日本文学史上、軌道エレベーターを初めて描いたと思われる、亡き小松左京氏のショートショートの一篇。(『果しなき流れの果に』についてはこちらを参照)


1. 本作に登場する軌道エレベーター
 わずか3頁の作品ですが、本作では西暦3501年に日本で2番目の「スペース・ブリッジ(宇宙橋)」を造ることになったんだそうです。

 「宇宙橋」というのは、文字どおり、宇宙空間にむかってかけられた橋である。宇宙空間に「定点衛星」(略)をうちあげて、地上から衛星まで、超軽合金の橋をかける。たいへんな仕事のようだが、地上からうんとはなれれば、地球の引力が非常に小さくなってしまうから、工事はそれほどむずかしくない。

 宇宙空間との交通がますますふえてきたそのころでは、もうふつうの空港ではまにあわず、世界のあちこちに、宇宙への入口として、こういった宇宙橋ができていた。人工衛星までの三万キロあまりを電車で走り、そこからフェリーで月の宇宙港へわたるのである。


──という具合に、世界中で軌道エレベーターが何基も完成しており、宇宙へのアクセス機関の主役となっているようです。
 本作はその地上基部をどこに造るかという際、はるか昔(私たちにとっては現在)に存在した「通天閣」の話が出て「じゃそこに決めちまおう、ちゃんちゃん」という、それ以上でも以下でもないお話です。Wikipedia によると現存する通天閣は北緯34度なので、本来なら赤道上にあるべき軌道エレベーターの構造上の特性が働くか疑問ですが、36世紀には補う技術があるのかも知れませんし、ショートショートにツッコんでも仕方ないでしょう。軌道エレベーター自体の考察はここまでにします。



2. 小松左京氏の着想のルーツを探る
 本作での記述はわずかですが、やはり小松左京氏の著作で、軌道エレベーターが初めて登場した長編小説『果しなき流れの果に』と併せて見てみると、小松氏が軌道エレベーターの基本知識を正しく理解していたことがうかがえます。さすが小松左京先生です。
 本作や『果しなき流れの果に』の発表は、アーサー・C・クラーク卿の『楽園の泉』より10年以上も早く、ジョン・アイザックスの研究グループの発表の前年にあたります。冷静時代の当時、軌道エレベーターの発想は西側ではあまり知られておらず、クラーク卿も1975年のジェローム・ピアソン論文に触発されて『楽園の泉』を書いたと言われています。
 ということは、小松氏の着想の源流は西側世界の研究ではなく、やはりユーリ・アルツターノフによる1960年のエッセイにあるのでしょう。我が軌道エレベーター派の憶測ですが、1961年に早川書房の『SFマガジン』がその翻訳を載せているので、そこから着想したという流れが自然だと思われます。


3. 初出の謎
 ただし、軌道エレベーター派が確認した限り、本作の初出年月日に疑問が残りました。本作を収録した1979年発行の短編集『まぼろしの二十一世紀』(集英社)には、本作の初出を「昭和四〇・一・一一『毎日新聞』掲載」とあります。その後の『小松左京ショートショート全集①』(勁文社)などでも同じ初出が記されています。
 一方、『果しなき流れの果に』はSFマガジン1965年2月号から連載を開始しました。昭和40年=1965年。そして1月11日の新聞と2月号。近年は「2月号」って1月中に発売することが多いので、以前、このコーナーで『果しなき流れの果に』を扱った時から「初掲載はどちらが先だったのだろうか?」と疑問に思っていました。一般の人にはどうでもいいことでしょうが、軌道派的には重要な歴史なのです。
 普通に考えれば『通天閣発掘』の方が先なんです。『果しなき流れの果に』で軌道エレベーターが登場するのは三章からで、本格的に記述されているのは四章ですから、初回から出てくるわけない。しかし1次資料にあたって調べる姿勢は取材の基本。図書館で調べて参りました、はい。で、結論から言うと「わからない」。以下、詳細を説明します。

 まず『果しなき流れの果に』ですが、確かにSFマガジン1965年2月号から連載開始していました。そして三章は4月号。発行日付は「昭和四十年四月一日発行」となっているものの、一般的に発売日とは一致しないので無視しますが、とにかくも『果しなき流れの果に』における軌道エレベーターの記述が初めて世に出たのは、1965年3~4月となります。ちなみに5月号掲載分の扉には、軌道エレベーターとおぼしきイラストが描かれていました!

 問題は『通天閣発掘』の方。毎日新聞の縮刷版で1965年1月11日の紙面を調べてみたところ、載ってない (゚Д゚)!?この日は月曜日で、念のため前日も翌日も調べたみましたが見当たらない。1月1日から通しで探しても、同じ日付の朝日、読売、日経を見てもない。同じ短編集収録で「昭和四一・一一・二〇『毎日新聞』掲載」の『長い旅』は掲載されていたのですが、『通天閣発掘』は前後の年の1月11付紙面にもなく、ここで調査の手が止まってしまいました。

 現在のところ、『通天閣発掘』が1965年1月11日の毎日新聞に掲載されたという直接証拠は見つからないままです。そして申し添えると、K.E.ツィオルコフスキーは、1895年に出版した『空と大地の間、そしてヴェスタの上における夢想』で軌道エレベーターの原初的構想を紹介しており、これを「文学」としてみなせば、短編では『通天閣発掘』よりはるかに古い "軌道エレベーター文学"(神話や旧約聖書は文学とはみなさないとして)と言えるでしょう。
 これらを整理すると、軌道エレベーターが登場した文学作品は、長編では『果しなき流れの果に』が世界初の作品であるのは確かで、短編も含めた場合、「収録本の表記が正しければ」という注釈つきで、『通天閣発掘』が日本で最初である。これが我が軌道エレベーター派が確認した限りの結論です。今後、機会を見つけて調査は続けたいと思いますが、有力な情報をお持ちの方、ぜひお知らせください。軌道派の同志の諸君、情報求ム!
 何にしても、「日本は、恐らく軌道エレベーターという概念が世界でもっとも広く、一般的に行き渡った国ではないかと思われる」(『軌道エレベーター 宇宙へ架ける橋』より)とあるように、「軌道エレベーター」という名称が定まる遥か前から、日本は誇るべき軌道エレベーター文化史を持っていました。軌道派としては、この系譜を絶やさず続けていけるよう努力したいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

「軌道エレベーターの日」プレゼント当選者発表

2016-08-01 18:50:35 | その他の雑記
 さて皆様、「軌道エレベーターの日」記念プレゼント、当選者は以下の皆様です。

 Taki 様
 エゴム 様

 今年は2名様だけでした。(T▽T)
 Taki 様は例年ご応募下さる常連様です。最近軌道エレベーター関連のニュースが少ないという、厳しくもありがたいご意見もいただけました。多忙を言い訳に更新が滞っており反省するばかりです。お言葉に応えるよう頑張ります。エゴム様は身内であります。
 当選者の方には、追って連絡させていただきます。ご応募、ありがとうございました。今後とも軌道エレベーター派をよろしくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

きょうは軌道エレベーターの日

2016-07-31 13:11:41 | その他の雑記
 皆様、本日7月31日は「軌道エレベーターの日」です。都知事選もやってますが、軌道エレベーターの日なのだ。

 軌道! (`Д´)/

 一応、本日締め切りのプレゼントのご応募、まだ1名様のみという情けない状態です。きょう一杯、っていうかあと数日くらいはお待ちしますので、お待ちしてます。日中の報告でした。

この記事をはてなブックマークに追加