日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

昨日、感想をアップしたが、まだ書き足りてないことに気づき、追加。

 

基本、

・「撤退」を描く異色の戦争映画

・かつノーラン流「時間軸の多層構造」

・最後には感動させられてしまう

 

 

まだ書き足りないのは「時間軸の多層構造」部分のディテール。

実は、× 3つ のプロット、が同時に発生。

 

が、各々の時間の「単位」が実は違っているものの、見事に融合されるのだ!

 

海岸にいる兵士 = 1週間

ボートで救出の民間人 = 1日

スピットファイアのパイロット = 1時間

 

 どうやれば、この3つが同一軸に並ぶのか?!?

まるで、宇宙での主人公たちと地上の時間のスピードが全く違う「インターステラー」のよう。

活動している「スピード」の違いが、各々の「主観? 時間感覚?」の違いを生んでいる。

もしかして、画期的な構造?!

 

一度観ただけでは、この融合性までには 到底たどり着けない…

こうなったら、また行くしかないか!(笑)

 

この映画、予想外の中毒性を持っていることに気づく… 

これは大変に危険(笑)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 25 )



« 映画:ダンケ... 「アクセスさ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (源之助)
2017-09-16 12:44:43
初めまして、TBありがとうございました。
私ももう1回見に行きたくなった口ですw
普通にもう1回鑑賞もしたいですがコメンタリー(あるなら)聞きながら鑑賞もしたいんでBlu-ray出るまで待つ予定です。

しかし戦争映画で小説の叙述トリックのような体験が出来るとは思いませんでした。
 
 
 
うまい表現ですね! (onscreen)
2017-09-16 17:01:57
<小説の叙述トリックのような体験が出来るとは思いませんでした

うまい表現ですね!

確かにコメンタリーも聞きたいっすね
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
劇場鑑賞「ダンケルク」 (日々“是”精進!)
「ダンケルク」を鑑賞してきました第二次世界大戦の西部戦線では、英仏連合軍の兵士40万人がドイツ軍の猛攻の前にフランス北端のダンケルクに追い詰められてしまう。これに対しイ......
 
 
 
ダンケルク (だらだら無気力ブログ!)
迫力ある空戦は見応えあり。
 
 
 
ダンケルク (あーうぃ だにぇっと)
ダンケルク@ワーナーブラザース映画神谷町試写室
 
 
 
ダンケルク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(00) 噂通りの体感系アトラクション映画と言っていいかも。
 
 
 
「ダンケルク」☆ダンケルクスピリット (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ハンパない臨場感で、泳げない私は観ている間に何度溺れ死んだことか・・・ ただの歴史もの的戦争映画ではなく、ひとりのヒーローを描く歴史エンターテインメントでもない。 多......
 
 
 
ダンケルク / DUNKIRK (勝手に映画評)
第二次世界大戦の序盤、破竹の勢いで勝ち続けるナチスドイツの勢いに押された連合軍が、ヨーロッパ大陸から必死の撤退を行うダイナモ作戦を描いた作品。 『ダークナイト』『イン......
 
 
 
「ダンケルク」 (或る日の出来事)
ドイツ軍の飛行機は不足していたのか?
 
 
 
[映画『ダンケルク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・面白かった! 戦争映画じゃないね、重圧(被プレッシャー)映画だ。 なんか、巨大な物質が軋むかのような音楽が、物語全編を覆い、 銃撃の音は耳元で鳴り響く。 船も......
 
 
 
ダンケルク (♪HAVE A NICE DAY♪)
緊張感がず~~っと最後まで続いた。 台詞も少なく誰が主人公とかなかったように思う 一人一人の物語がないというか・・・ 大体は描かれてたりするけど・・・ 深い人間ドラマがな......
 
 
 
ダンケルク (ネタバレ映画館)
てめードイツのスパイだろ!さっさと降りろ!
 
 
 
ダンケルク  監督/クリストファー・ノーラン (西京極 紫の館)
【出演】  フィオン・ホワイトヘッド  マーク・ライランス  トム・ハーディ 【ストーリー】 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の......
 
 
 
『ダンケルク』 陸海空のすべての戦いを体験する (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『ダークナイト』『インターステラー』などのクリストファー・ノーランの最新作。  イギリスでは誰もが知っているという「ダンケルクの戦い」という実話の映画化。「ダンケル......
 
 
 
ダンケルク (源之助の日記)
9/09公開の映画「ダンケルク」を鑑賞してきました。 ↓以下映画館HPのストーリー紹介からコピペ 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北......
 
 
 
みんな生き抜く為に必死。『ダンケルク』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦でドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた大多数の連合軍兵士を救出する様子を描いた作品です。
 
 
 
ダンケルク・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
“We shall never surrender.” 鬼才クリストファー・ノーランの最新作は、10本目の監督作品にして自身初となる、実話ベースの異色の戦争ドラマだ。 第二次世界大戦初期、ドイツ軍の怒......
 
 
 
『ダンケルク』 (こねたみっくす)
残酷なものほど美しい。 凄まじい映画だ。たった106分の映画なのに、何て長く感じることか。もちろん見終わった後は心身共にヘトヘトになるはずだったのに、なぜか見てはいけない......
 
 
 
『ダンケルク』 (映画のブログ)
これは映画か。 あまりに激しい緊張を強いられた私は、気持ちが悪くなるほどだった。いや、気持ちが悪くなった。 そのとき、確かに私は戦場にいた。絶望的な浜辺にいた。水没す......
 
 
 
ダンケルク (セレンディピティ ダイアリー)
クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による戦争映画。第2次世界大戦の”ダンケルクの大撤退”(ダイナモ作戦)を、陸・海・空の3つの視点から描きます。 ダンケルク (...
 
 
 
17-269「ダンケルク」(イギリス・アメリカ・フランス) (CINECHANが観た映画について)
いかなる犠牲を払おうとも  1940年、フランス北端の港町ダンケルク。ドイツ軍に追い詰められた英仏連合軍40万の兵士たちは絶体絶命の状況を迎えていた。  若き英国兵トミーが街中......
 
 
 
「ダンケルク」、三つの視点から描くダンケルクの戦い! (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆☆ (劇場鑑賞) 第二次世界大戦、ヨーロッパ。 ドイツ軍の進撃に押されて、フランス領内のダンケルクに逃げ込んだ連合軍。 イギリス国民の世論に押されて、......
 
 
 
『ダンケルク』('17初鑑賞104・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 9月12日(火) 109シネマズ大阪EXPO CITY シアター11にて 12:40の回を鑑賞。   次世代レーザーIMAX 2D:字幕版。
 
 
 
ダンケルク (もののはじめblog)
「重陽の節句」の9月9日公開日に、クリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』<THX方式>を観てきた。  この前日に、「関ケ原」を観たので、二日連続しての映画鑑賞......
 
 
 
ダンケルク (花ごよみ)
監督はクリストファー・ノーラン。 英空軍のパイロット演じるトム・ハーディ、 若い兵士を演じるフィオン・ホワイトヘッド。 英海軍司令官にはケネスブラナー。 史上最大の救......
 
 
 
「ダンケルク」Dankirk (2017 WB) (事務職員へのこの1冊)
戦争映画といっても、決して血湧き肉躍る題材ではない。なにしろ連合軍の撤退作戦を描いているのだから。真珠湾攻撃を描いた「トラ・トラ・トラ!」や、超オールスターキャスト......
 
 
 
映画【 ダンケルク 】無名の男たちによって歴史は創られる (アロハ坊主の日がな一日)
つねに斬新な映像とリアリズムを追求し、観客の度肝を抜く作品を創り続けている天才クリストファー・ノーラン監督。 その彼が挑んだのは、1940年、第二次世界大戦フランス北端のダ......
 
 


 
編集 編集