犬、花、鳥などの撮影が趣味の源之助が、デジ一眼のE-1&E-3で撮った写真を中心に、日々の出来事を綴るブログです。
源之助の日記







9/09公開の映画「ダンケルク」を鑑賞してきました。

↓以下映画館HPのストーリー紹介からコピペ

1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。

第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品。ドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた連合軍兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たちの活躍を描く。監督は『インセプション』などのクリストファー・ノーラン。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディ、『プルートで朝食を』などのキリアン・マーフィ、『ヘンリー五世』などのケネス・ブラナーらが出演。圧倒的なスケールで活写される戦闘シーンや、極限状況下に置かれた者たちのドラマに引き込まれる。






話の内容もさることながら音響効果全般が素晴らしかったです



私がクリストファー・ノーラン監督の作品を劇場で見るのはインターステラー以来。
史実を下敷きにした映画なのでエンタメ要素は殆どなく、加えて登場人物達の台詞も必要最低限で陸海空3つの視点からなる場面の積み重ねで話が進むのですが、いやはや圧倒されました。

陸海空で時間軸(陸=防波堤:1週間の出来事)、(海:1日の出来事)、(空:1時間の出来事)が異なる場面設定が本当に秀逸でして、
面白いのは(空:1時間の出来事)で描かれる英空軍機パイロットの話は、
(海:1日の出来事)で描かれる遊覧船(民間人)が救出作戦に参加する為にダンケルクに向かう1日の中のまさに到着寸前の1時間であり、 
(陸=防波堤:1週間の出来事)の登場人物にとっては絶望的な状況で過ごす1週間の中の最後の1日の1時間であるという事。

時間軸が異なる3つの視点で描かれるそれぞれの状況(戦い)が終盤に向けて収束していくのが本当に見事でした。


あと普通の?戦争映画だと当たり前の様に描かれるシーンが悉く省かれてるのが面白いなと。

例を挙げると、

ドイツ軍の爆撃機や戦闘機は出てきても生身のドイツ兵士は全く画面に出てこないし、

イギリス艦船がUボートの魚雷攻撃に晒される場面でも魚雷の軌跡は描かれますが、
そこでカメラがUボート内部に切り替わって「目標補足、魚雷発射」的な分かり易いお約束な描写は全くなし。

スピットファイアを操縦するパイロットのファリアは飛び続ければ燃料が尽きて帰れなくなるのを分かっていながらも、
友軍を守る為にドイツ軍の爆撃機を追ってダンケルクに向かう...
残り燃料はあと何ガロン残ってるか?というのは冒頭から何度も描写されますが、
だからといって内心の心情を吐露するようなモノローグや台詞は一切ないのに、
観てる此方には「あ、帰るのを諦めたな」と決意するのが分かる場面では鳥肌が立ちました。



決して万人受けする作品ではないと思いますが、まだ見てない(知らなかった)けどここまで読んで何かしら琴線に触れるものがあったよ、という人は映画館で是非どうぞ。
盛大にネタバレしとるやないか! と突っ込まれそうですが、まあ救出劇がどうなったかという史実はググれはすぐにわかりますしねw
というか陸海空で時間軸が異なるという話は事前に知っていたからといって、
面白さがスポイルされる類いのネタバレにはこの映画の場合ならないので大丈夫かと。


コメント ( 6 ) | Trackback ( 6 )



« 9月2日撮影、... 最近食欲がな... »
 
コメント
 
 
 
おはようございます。 (BROOK)
2017-09-10 06:11:36
冒頭にちょこっと作品の説明がある程度で、
あとはまるで自分が戦場にいるかのような感覚に陥る作品となっていました。
ノーラン監督作品としては珍しく、上映時間が短かったものの、
非常に濃度の高い映画に仕上がっていたと思います。
最後まで手に汗握りまくりでした。
チクタク音が止まって、一安心すような感じでした。
 
 
 
Re:おはようございます。 (gennosuke1972)
2017-09-10 07:34:56
BROOKさん、コメント&TBありがとうございました。
確かにノーラン作品にしては上映時間短めでしたね。
まあパンフを読んでると徹底して無駄を削ぎ落とし、脚本も普段の半分位だったそうですから必然的にそうなったんでしょう。
 
 
 
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-09-16 23:37:16
トラコメありがとうございました。

新しい作品を撮る毎に、新しいタイプの映画を世に送り出すクリストファー・ノーラン監督。
3つの話を頭の中で再構築させるのは『メメント』と似たようなものでしたが、そこに戦争疑似体験を放り込んでくるとは、いやはや驚きでしたよ。

これでまだオスカーを手にしていないのが不思議なくらいです。
 
 
 
Unknown (源之助)
2017-09-17 08:19:42
にゃむばななさん、おはようございます。
作品毎に新しいタイプの映画を~というのは確かにその通りですねぇ。

他の方のブログでもコメントしましたが、
まさか戦争映画を鑑賞してて小説の叙述トリック(それも上質の)を読んだ時のような体験が出来るとは思いませんでした。

そういえばノミネートはされてもオスカーはまだでしたね。
ダンケルクもノミネートはされるとしてもどうなるでしょうね。
 
 
 
映画感想 (もののはじめのiina)
2017-09-22 09:40:13
見たい映画は、批評まででストーリーは読むのを避けますから、拙ブログもネタバレをしないように綴っています。
でも、コメント欄には遠慮なく感想を書くことにしています。

陸海空の時間軸とか敵兵が画面にほとんど現れないのが恐怖をあおる専門的な話題も、見終えてからブログなどで識るところとなりました。

エイリアン:コヴェナントは未だブログとてませんが、うっかり人造物であるという文字が目に映ってしまいましたが、それでも想像とは違った展開で、なかなか見事なお点前でした。^^

 
 
 
Unknown (源之助)
2017-09-24 05:59:50
iinaさん、初めましてTB&コメントありがとうございます。
個人のブログでのネタバレ感想については難しいところですねぇ。
割りと重要な情報をネタバレしないとマトモな感想書けないよ?的な作品も中にはありますし。

私は公開後の感想であればネタバレしても良いよね?なスタンスです。
一般公開前の試写会で鑑賞とかなら予告や公式HPでのあらすじ以上のネタバレは出来るだけ避けて感想書くと思いますが。

そういう意味では「僕のワンダフルライフ」とかは、
「犬目線で描かれ、犬が何度も転生する設定であり、最初の飼い主にもう一度会う事を願ってるけど、どうやらそれは叶うらしい、、、」
と短い予告を見るだけで割りとラストまでの展開が分かってしまいますが、
公式ネタバレ以外の見た後でネタバレと言えるだけの要素があるのか?
そんな面も含めて見に行くのがとても楽しみです。
まあそんな要素が無くても楽しめそうな映画っぽいですけど。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
劇場鑑賞「ダンケルク」 (日々“是”精進! ver.F)
絶対、生き残る… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709090000/ 【輸入盤】ダンケルク [ ダンケルク ]
 
 
 
「ダンケルク」 (或る日の出来事)
ドイツ軍の飛行機は不足していたのか?
 
 
 
『ダンケルク』 (こねたみっくす)
残酷なものほど美しい。 凄まじい映画だ。たった106分の映画なのに、何て長く感じることか。もちろん見終わった後は心身共にヘトヘトになるはずだったのに、なぜか見てはいけない......
 
 
 
映画:ダンケルク Dunkirk 「撤退」を描く異色の戦争映画、かつノーラン流「時間軸の多層...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず戦争映画のジャンル史上、画期的な企画。 何と「撤退」がメインプロット! ドンパチというよりは、一方的に攻撃される主人公たち... このため、非常にテンション高いシ......
 
 
 
映画:ダンケルク Dunkirk 感想その2 「時間軸の多層構造」部分のディテール × 3、に...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨日、感想をアップしたが、まだ書き足りてないことに気づき、追加。 基本、 ・「撤退」を描く異色の戦争映画 ・かつノーラン流「時間軸の多層構造」 ・最後には感動させら......
 
 
 
ダンケルク (もののはじめblog)
「重陽の節句」の9月9日公開日に、クリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』<THX方式>を観てきた。  この前日に、「関ケ原」を観たので、二日連続しての映画鑑賞......