湘南自転車オヤジのまったりサイクリングは今日も明日も絶好調 (^^)/

毎週湘南地方をポタポタと徘徊してるよん。アマチュア無線はCWで主にQRV (^^)v

都会だな〜横浜は

2016年05月29日 | ふつうの生活系

ちょっと某百貨店に用事があったので、空母でお出かけ。
燃費のほうは、15k/L走るからとりあえず満足マンゾク^^ 

夕方、銀シャリ号に無線機材3キロ積載し、距離6キロ程度試運転。
無線機はフロントバックで運搬したけど、やっぱり振動が心配だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当に修行ですよ、このコースは・・・

2016年05月28日 | 箱根方面〜♪

ここのところ、週に一度、丹沢系のコースを走り、久しぶりにサイクリングらしさを楽しんできた。

ん?何か忘れていない?

そう、毎月恒例の旧道修行。

ところが、4月はポカしてしまい連続記録がまた切れてしまった。

ということで、リセットして今月の修行に出かけることにした。

あの坂・・・・・う〜ん、ホワイトパスタ号で上っちゃおう。

9時55分出港。

定点観測地点では
  
いまいちだな〜、お天気は。

さ〜いきまっせ!


   







ここのコースは・・・・・・・・やはりサイクリングを楽しむ場でなく、修行場だった。


富士山はご覧の通り雲の中。


一瞬出たかな?


ハイエースグランドキャビン2台で乗り付けてきたインバウンドな方たち。

2台分なら定員は20名のはずなのに、小さな子供をを含めると約30名ほどいらっしゃったような・・・・。
そんな彼ら、昼飯とるのにお店入れないでしょう?と思ったら、おもむろにブルーシートを敷いてお弁当で食事会を始めた。
うんうん、それは大正解。
チョロチョロしていた小さなお子ちゃまは皆、目がくりくりしていて可愛かった。

こちらは、コロッケ2個、おむすび2個、ぺヤング焼きそばスタンダード1個とシンプルに済ませ、そろそろ戻るかな。


それにしても、今日は恐ろしいほど閑散としている。

大丈夫か?箱根!

ホワイトパスタ号を押して道に出ようとしたとき、異音に気が付いた。

周期的に後輪からカラカラと音がしてきた。

目を凝らしてみると

ん???????????????

これってこのハトメが

取れちゃったってこと?



大丈夫なのかな?このリム、ブルべに使っていないはずなんだが。
当分様子見しておこう。

さらば芦ノ湖様




気温15度

過ごしやすい。



旧道入り口から秘密基地まで2時間6分。
やはりタイヤが細いと速い早い。

次の修行は、梅雨まっただ中の6月下旬になりそうだ。

走行距離・・・92キロ




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐるり丹沢 その2

2016年05月24日 | のんびりツーリング

・・・・・続き

パンを調達し、細い道を入ってゆくと、いきなり厳しめの上り坂。
一生懸命上るつもりは毛頭ないので、いきないF24Tに入れクルクル回して上がってゆく。

しかし、すぐに下り基調となってしまった。
このキャンプ場入り口まで、概ね下り基調でもったいない。


いいな〜、ここでキャンプできるなんで。

6時ごろ出て、ここには10時半。
昼ごはんと晩飯、そして深夜のお酒を楽しみ、翌日ここから林道を南下して戻る・・・・・・いいプランだ。
いつかは・・・・・などと思いを巡らせながら、ゆるゆると舗装道路を上ってゆく。













なんだか鹿が怖いんですど。




神の川ヒュッテ近くまで来ると、駐車が増えてきた。ここが山へ入ってゆく起点なのかな。
ここで大きく左巻きをしてゆき、しばらく走ると現れましたよん、ダートが。

これなら丁寧に走れば乗車可能。

ところが徐々に本性を現してきた。

乗れないことはないけど、スキンサイドのペラペラタイヤなので、無理にトラクションかけるとザックリ切りそうな予感。

乗車しても押し歩きと変わらない時速4.3キロだから、それだったら安全をみて押してゆくことにした。


先ほど思いを巡らせていたキャンプツーリングのコースにはなりえないな、これほどまで川底になっていると。

6年前、高圧25Cタイヤで下れたのに、今はこんなにガレているとは。





プチ崖崩れで裂石が路面にばらまかれてしまい、車で踏み固められることなく、そのままの形で残ってしまっているからか。

もちろん、時折締まったダートも現れ銀シャリ号にまたがるけど、大半は押し歩きかな。






立派な橋はもちろん舗装。


あちらに見えるのが、昔の橋の跡。






ここまで来たら、ピークのトンネル入り口は間もなく。


そして、12時40分トンネル入り口に到達。

ふ〜、ここからは山北駅まで長い長い下りとなる。

真っ暗なトンネルを抜けたら、ここで大休止。


今まで気が張っていたせいか、もしくはあのラーメンの腹持ちがよかったのか、全く空腹感が無かった。
しかし、気が緩んだとたん、お腹がすてきた。そこで、持参のバナナを2本食べ寝っ転がったら、心地よい風に顔を撫でられながらいつのまにか寝てしまった。

40分ほど寝てしまっただろうか。あまりのんびりはしていられない。
急いで身支度し、下り始める。

舗装はしてあるものの、拳大から頭大の石ころがあちこち散在しているので慎重に下ってゆかねばならない。
ヒットしてコケて骨でも折ったら大変。

長い長いダウンヒルを楽しみ、ようやく丹沢湖まで下りてきた。





おぉぉ〜空腹感MAX!

道の駅で蕎麦で空腹満たそうと一瞬考えたけど、ここは我慢して御馴染みのあの店で食べよう。








ほ〜ら、大盛況^^


これが食べたかったんですよ。

今日に限っては、ライス超メガ盛りでもよかったかな?というか、そんな注文あったかな?

ここまで来れば勝手知ったる場所。


途中のコンビニでアイスを補給し、コース最終はなるべく車とは関わりのないコースを選択し

18時過ぎに秘密基地へ無事到着。

この季節、本当に丹沢の新緑は美しい。
梅雨入りまで、あと1〜2回は新緑サイクリングを楽しめそう^^ 


走行距離・・・140キロ



 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ぐるり丹沢 その1

2016年05月23日 | のんびりツーリング

これは5月21日の備忘録でございます。

5月に入ってから自転車活動も順調に回復の兆しが表れている。

GW中の西南丹沢、半ばには裏ヤビツ、そして今週末もまた5月晴れのいい天気予報。

ならば、また丹沢の新緑を味わいに出かけることに。方面は、西丹沢。

バナナ2本、ソイジョイ2本をフロントバックに放り込み、5時55分秘密基地を出発。

出発前の始業点検でタイヤの空気圧を測定していなかったもんだから、前輪が少し重たい感じがする。
でも標準3気圧以上は入っているので、このまま巡航することに。

道中には2週間に一度お世話になっている朝ラーメンがある。今日は2週間ぶりなのでエネルギー補給を兼ねてフルサイズ替え玉付で頂いた。
 
今日もぶれていないですね〜。

K44は狭い割には交通量が多く自転車で走りたくない。
そこで、付近の水田の道をちょこまか走り、概ね北に向かう。

そして伊勢原を過ぎるとようやく気持ちがこなれてきた。


尾崎のセブンは通過〜。


無線運用でお世話になった道の駅「きよかわ」も通過して


久しぶりの土山峠上りを超スローペースで上ると、そこは宮ヶ瀬湖。


湖底に沈んだ道も少しだけ現れていた。


この道を見るたびに、あの湖の底には35年前フロントサイドバックを引っ提げ訪れたキャンプ場のことを思い出す。



あのどこかに、ひなびた街並みが沈んでいるんでしょうね。


宮ヶ瀬湖公園でWCストップのみ。ここで腰を落としてしまうと、気持が削がれてしまう。
先へ急ぐためには心を鬼にして即出発。

R413への連絡路、K64を緩やかに上がった先に「リニア基地反対」の看板。
将来、ここらへんに車両基地が建設されるのかな?そなると、この周辺も工事の車が右往左往する日もそう遠くはなさそうだ。
このK64は比較的狭いので、工事が始まったら連絡路としては使いづらくなるかもしれない。

K413に突き当たるコンビニ跡で小休止。
お腹の調子が今一つなので、冷たいの飲み物ではなく、あえて温かいお茶を一気に飲む。

今回、道志のみちはできる限り旧道を選択。


交通量が少ないだけではなく、ここに住む方たちの生活感を感じてみたかったから。
でも、生活感は午前中ではなく、夕方から夕食時のほうが鮮明なんですよね。

今回、こちらも見ておきたかった。

道志ダム。

山中湖へ抜けるコース上ではなく、相模湖駅から山北町へ抜ける途上にあるだけに、見学する機会がなかった。
というか・・・・・谷底へ一度下りてゆく勇気がなかっただけかな^^;
 

 

 
年間77軒分の電力をまかなえると説明板に記載してあった。


一度下りた坂道を上り返し、 本日のメインディッシュ入口に到着。
ここから中川温泉まで食糧調達できないので、入り口にある商店でパンを購入。
 
ちなみに、スーパードライの裏底を見たら、製造月はここも2上となっていた(@@;

さ〜ゆっくりメインディッシュを味わいますよ〜。

続く・・・・ 


 

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この黄昏時に心ゆだねる時の流れ^^

2016年05月22日 | 〜PotaPota〜

昨日、走り始めてまだ20キロもしない地点で、変速した際、右手人差し指にチクリと結構な痛みを感じた。
このチクリとした感触・・・・・どこかで覚えのある痛みだ。
Wレバーをよく見ると、やはりワイヤーの細線が切れていた。疲労切断か。
細線1本だから気にせず、結局残り120キロを無事に走破し、無事帰着した。


ということで、今日は休足日を兼ねサザンYへワイヤーを買いに行くポタ。

そのサザンYで超〜お久しぶりのIKEDAさんと偶然お会いした。
最初、かっこいいサングラスでいったい誰だったのか分からなかったのは内緒ね^^;

お友達二人にもヘビー級銀シャリ号の重量を体感していただきましてありがとうございました。
垂直方向、鉛直方向は本当マジ重たいんですが、水平方向は意外にも軽いんですよ^^
走り始めてスピードが乗ったらいい感じであります。

さ、充実したお休みのオーラスはサンセットビーチで沈みゆく太陽を拝みましょう。
 

 





また明日から忙しく悩ましい日々が始まるのであります。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加