湘南自転車オヤジのまったりサイクリングは今日も明日も絶好調 (^^)/

毎週湘南地方をポタポタと徘徊してるよん。アマチュア無線はCWで主にQRV (^^)v

痩せ細った土で

2022年05月26日 | 大規模農園^^;
遅ればせながら、プランター2台にトウモロコシの種を蒔いた。
昨年は歯抜けじぃサマみたいな小さなトウモロコシが採れたが、葉のサワワ感で十分夏を演出してくれた。
今回も欲張らず、ほぼ鑑賞用に育てばヨシとしよう。



ところで、このプランター二台の記録は、一昨年はミニトマト、昨年はトウモロコシ、それを畳んで一ヶ月置いてからニンニクを植え付けた。結果大失敗してしまったいわく付きの二台なのだ。おそらく相当くたびれ果てているかと思われる。

でも懲りずに今回もその土を使うことに。

そこで


とりあえず、よく土をひっくり返し、化成肥料、道の駅堆肥、油粕を混ぜて一週間放置しておいた。

どうかな?

これで失敗した、この土は諦めよう。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

週中のお散歩

2022年05月25日 | ブラポタリ(^^)
全ての用事が済み、解放されたのが夕方。先の悲惨な週末を取り戻すべく自転車でお散歩へ行くことにする。

ところが、赤葡萄酒号の前輪が見事にペシャンコとなっており、完全に出鼻をくじかれてしまった。バルブの寿命による不具合再発?

分解して確認すると、一本の繊維らしきものがバルブのパッキンに付着しているではないか!これかぁ〜、これが悪さをしてのは。
分解式バルブでなければ、こんなトラブルに気づくわけなく、間違いなくチューブはゴミ箱行きだった。全てを復旧させ加圧後、空気抜けの症状はもちろん無くなった。今回このバルブの偉大さを知ることになった。

流石にウィークデイは空いているのね。

明日の晩からお天気が崩れてくるそうな。梅雨入り目前なのかな〜。
今までの感覚では六月第一週までは、なんとか持ち堪えられていたんだけどね。

おぉぉぉ!雛降臨!

今シーズン初物、というか久しぶりでしょ。


親鳥の猛攻撃を受けながらも、なんとか近づきコミュニケーションをとってみる。


けど、ぽよ〜んとしているんだよね。地面にいる時が一番危険だ。無事を祈っておこう。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リハビリ日曜日

2022年05月22日 | ふつうの生活系
今朝起きぬけ、希望を込めて体温測定。
ピピっと鳴ったデジタル体温計の数値は36.3度となっていた。
ようやく下がったよ。こりゃ〜4回目の接種はありあえないな。こんだけ副作用があれば、しっかり抗体できてるでしょ。


早速自転車活動と思ったものの、実は気分が上向いてこず、午前中はウダウダしてしまった。
その流れで午後も15時までゴロゴロしてしまった。調子が出てきたのだ16時過ぎ。いつもの時間だね。
流石に明日には社会復帰しなくてないけない。そのためには今のうち体を動かしておかないと明日が辛かろう。

そこで、先週夕方購入してあったミニトマト苗4本(1週間放置プレー)のプランター定植を行うことに。
併せて大失敗したニンニクプランターを解放して、道の駅山北産の堆肥をすき込んでよく混ぜわせておく。
このプランターには、夏のさわわ感を醸し出してくれるトウモロコシの種を蒔く予定。実よりザ・夏を味わうのだ。
それにしても、何故ニンニクは朽ち果ててしまったのだろうか。今までこんなことなかったのに、、、。

一連の作業の結果、だいぶ体が温まり、気分も上向いてきた。

夕飯後には自転車リハビリ夜ポタにも。



オッサンがあそこまで近づく勇気はない(^^;





みんな副作用知らずで、日曜ナイトをエンジョイしており羨ましい。



海の家も建設が始まっていた。今年は、昨年以上にお客さんが戻ってきてくれたらいいよね。期待してまっせ。

さ、明日から月曜日。通常ペースに戻して進みましょ。

走行距離:18キロくらい


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3回目接種 モデルナは強烈だった

2022年05月20日 | ふつうの生活系
3回目の接種がやってきた、

ファイザー・ファイザーと続き、今回の接種はモデルナ。そう、P・P・Mの組み合わせとなった。
そのモデルナを甘く見過ぎていたので、備忘録として残しておかなくては。

昨日11時過ぎ、にこやかな女医さんに、チクッとしますよ〜と言われながら接種。
ところがファイザーの時と異なり、チクっとした感覚ではなく、いきなり肩筋肉に棒を突っ込まれたようなズドンとした痛さが。
液体が体に押し込まれてゆく感覚とは、このような感覚なんだ。当然、肩が痛くなった。


18時過ぎ、大事を取って仕事を切り上げ、秘密基地への帰宅路、最寄り駅まで歩いている最中、1分単位で体が重たくなってゆくのを実感。

列車に揺られている最中、まともに起きてられないくなってきて眠りこけてしまった。

列車を下車後、いきなり感じたのが、冬に逆戻りしたんかい?と思わされるほど寒気が襲ってきた。久しぶりの悪寒だ。

ふらふらになりながら通勤マウンテンくんを漕ぎ、秘密基地に着き、バナナ1本食べてそのままなだれ込むように寝床に沈み込んでしまった。熱を測ると38.6度。来たね〜、これがモデルナ熱か。

その後、21時、24時、2時、4時と目が覚め、都度熱を測ってみるが、最高39.6度まで上がっていた。体の節々が痛み、頭の芯にも鈍痛が。
こんな時にみる夢は、毛もくじゃらになった黒い糸の毛玉を必死にほぐそうするが、全くほぐれずもがいている夢。なんなんだ。

朝目覚めて体温測定すると、38.6度。起き上がることすらしんどい。

食事は果物を入れたヨーグルトと牛乳、緑茶。昼もこれだった。

夕方になると、37.8度になり食欲も少し出てきて、晩飯はなんとかいただけた。

就寝間際には37.3度。最後のメールチェックをして就寝することにする。

その時、同僚に状況を伝えたら、「私はM・M・Mの組み合わせだったんで、そんなもんですよ、ハハハハ」と。ナント、、、。

明日は週末。こんな状態では自転車活動はできそうもない。安静か。




コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

IRC SIREN.COMP 20×1・3/8 (451) 

2022年05月19日 | メンテだよん
自身が絶賛してやまないIRC20インチ(451) ハチサンタイヤ。

SIREN COMP

このタイヤは本当に優秀だと思う。

時速25キロから上は伸びづらいけど、ゼロキロスタートからはとてもフィーリングがいい。
さすがBMX競技用タイヤだ。

ネットで検索しても、20インチ451シリーズ車に装着している方の記事は、ごくわずかしか見かけない。
皆さんにも、どんどんこのタイヤを使ってもらいたいな〜。



さてさて、このタイヤはどのくらいの耐久性があるのだろうか。現在、人柱となって検証中。


装着してからかれこれ7ヶ月経過し、走行距離は2056キロ。

タイヤの表情は

前輪


後輪

後ろが結構キツくなってきているけど、ネタ的にはこれからでしょ、たぶん^^;
BMX用タイヤがどのくらいまで耐えるのか未知なる領域へ突入〜。

ちなみに1746キロ時の後輪はこうだった。

わずか310キロの距離を増しただけで、一気に擦り減った感がありますね。

競技用のためなのか、他のタイヤより寿命は短そうだ。

限界、もしくは2400キロまでチェレンジするつもりなので、今後は替えタイヤをフロントバックに忍ばせておこう。
ちなみにこのタイヤは、ビートがアラミドビードでできているので、折りたためるのだ。


ちなみに何故2400キロかって? 

そこには自身がこだわっている距離なのでヒミチュね。

あと344キロ耐えれるかな〜。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする