南大沢昆虫便り

八王子市南大沢より、昆虫に関する情報をお届けします。
昆虫の専門家ではないので、間違い等ありましたらご指摘ください。

里山写真クラブ作品展 終了

2015-01-27 14:57:48 | お知らせ

HP「南大沢の自然」で、お知らせした里山写真クラブ作品展が、昨日終了しました。
花虫さん主宰の写真展ですが、今年で11回目を迎えます。
ここに、第1回から参加して11年続いています。

20名が各2点出展ですが、今年は深度合成の写真を出しました。

1枚目は、「11月のオジロアシナガゾウムシ」と言う、題名です。






これは、昨年11月に尾根緑道の偽木の上でじっとしていたもので、OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough で深度合成したものです。
この写真を見て、「ゾウムシと言われるのが良くわかった。」と言う方がいました。
また、「白いところは、白い毛がはえているのですね。」と言う方もいました。


2枚目は、「クワカミキリの顔」と言う題名です。






これは、OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough のフォーカスBKTを使った深度合成で作成した物です。

これについての詳細は、昨年8月にアップした「TG-3のフォーカスBKTを使った深度合成に挑戦」をご覧ください。


1枚目はカメラ内の深度合成なので800万画素、2枚目は撮影後パソコンでの深度合成なので、1600万画素で、その差は画質に現れますね。
更に、1枚目はISOが自動となってしまい、ISO1600での撮影に対し、2枚目はISOを選べるので、ISO400での撮影です。
これも、画質に差が出ます。

いずれにしろ、コンパクトカメラ撮影でありながら、A3プリントでここまで出ると言うのでビックリされた方が多かったようです。
またまた、TG-3を購入したいと言う人が増えてしまいました。


『虫』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤニサシガメ 幼虫 | トップ | イネゾウモドキの仲間 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すばらしいですね (おじんの)
2015-01-28 08:15:46
すこしコメントが遅れましたが、いつ見ても鮮明な写真で驚いています。すばらしいですね。
深度合成の方法を教えていただいて感謝しております。
はまってしまいそうですかどっこい簡単ではないですね。
TG-3ほんとに欲しくなります。
また楽しませてください。
おじんの独り言さんへ ()
2015-01-28 15:01:47
写真を素晴らしいと言っていただけると素直に嬉しいです。
おじんの独り言さんの鳥の写真も素晴らしいと思って見ています。

通常のカメラでも深度合成できるのですが、実際は大変ですね。
TG-3は、それが簡単にできるのがいい。
ただ、最初はなかなか良い写真にはならないで、苦労しました。
コツをつかめば、これは楽しいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む