大好き!野菜の時間

家庭菜園歴5年
野菜自給率100%
無農薬栽培です。

三角畑に防獣ネット

2014年11月28日 | 菜園全般
2014/11/27


昨年、三角畑にはシカ・イノシシが出没。
タマネギが踏み荒らされました。

で、
今年は畑の周りをぐるりと防獣ネットで囲みました。







ネットの高さがちょっと足りないかな。
大玉スイカで使ったネットの転用です。

イチゴ


タマネギ


これでちょっとは安心かな。

マルチの張ってない畝は
来年2月、ジャガイモの予定です。







コメント

安納芋が焼けました。

2014年11月27日 | サツマイモ
2014/11/23


10/12に収穫した安納芋



焼きあがりました。



160℃のオーブンで50分焼き、
さらに50分ほど庫内に放置。





ねっとり美味しいですよ。

低めの温度でじっくり焼くのがポイント。
決してレンジでチン!しないでくださいね。

コメント

ハクサイ「晴黄85」の収穫と極上玉レタス

2014年11月26日 | 白菜
2014/11/24


防虫ネットをずっと被せて栽培しているハクサイ「晴黄85」、
お天気が良かったので、
久しぶりにネットをめくってチェックしました。

今までの栽培の様子
タネまき8/28 植え付け9/20 追肥10/11



ちょっと分かりにくいですが、
結構しっかり結球しています。



中でも良く締まっているものを収穫してみました。



どうです、りっぱなもんでしょ。



現在収穫しているミニ白菜「タイニーシュシュ」ももうお終いなので、
上手く途切れずに収穫できそうです。
v(。・・。)イエッ♪


本日のお持ち帰り



ハクサイのほか、
大根、玉レタス、ミニレタス、二十日大根

とくにこの玉レタス「シスコ」、



シャキシャキで美味しいんですよ。
v(。・・。)イエッ♪





コメント

ダイコン「耐病総太り」の収穫

2014年11月25日 | 大根
2014/11/24


今年のダイコンは3種類です。

「聖護院ダイコン」「くらま」
そして本日収穫した「耐病総太り」です。

今までの栽培の様子
タネまき9/12 間引き・土寄せ9/18 間引き・追肥・土寄せ9/23

葉っぱはダイコンハムシに食べられてボロボロですが、
ダイコン自体は大丈夫、りっぱですねー。



収穫!



今年はマルチなしで栽培しているので、
あまり太すぎることなくいい感じです。

土を洗い流せば真っ白できれい。



漬け物にはちょっと太すぎるのですが、
肉質が緻密で甘いです。
ス入りの心配がないので長く畑に置いておけるのもいいですね。

「鬼おろし」で食べると美味しいですよ。







コメント

ホウレンソウ(黒マルチあり)の収穫

2014年11月24日 | ホウレンソウ
2014/11/19


10/8にタネ播きをした葉物野菜です。
タネまきの様子→こちら



*カブ・春菊


*小松菜


*ホウレンソウ


黒マルチの効果は抜群で、
9/29に黒マルチなしでタネ播きしたホウレンソウよりも先に収穫することになりました。

マルチの穴に5粒播いて、間引きなしで栽培、
収穫しました。





ラクちん栽培です。



胡麻和えかな?
それともオシャレにキッシュにしてみようかな。


コメント

ソラマメとエンドウマメの発芽と成長

2014年11月23日 | エンドウマメ
2014/11/21


11/28にタネを畑に直播したソラマメ「仁徳一寸」、
無事発芽し、たくましく成長しています。
タネまきの様子→こちら





今年も発芽率100%。



v(。・・。)イエッ♪


こちら、
11/5に直播したスナップエンドウとうすいエンドウ、
ぼちぼち発芽がそろってきました。
タネまきの様子→こちら





毎年、相性の悪い(発芽率がメチャ悪い)エンドウマメのタネまきですが、
今年はまずまずです。
芽出しをしてから播いたのが良かったようです。


奥から順に
ソラマメ8株、うすいエンドウ8株、スナップエンドウ10株です。



豆類は連作障害があり、
4,5年は同じ畝で栽培ができないので、
いつも一つの畝にまとめて栽培し畝ごとローテーションしています。

ベタがけしていた不織布をトンネルにして防寒です。



ソラマメの追肥は春成長が旺盛になる頃、
エンドウの追肥は1月と花の咲き始めの頃、
どちらも中央条間の切れ込みにします。





コメント

キャベツ「初秋」終了、次は「富士早生」

2014年11月22日 | キャベツ
2014/11/19


11月穫りの「初秋」です。





最後の1個。
爆発寸前のパンパン状態です。

甘くて美味しいキャベツですよ。

キャベツを収穫するたびに
不耕起でサニーレタス、青梗菜の間引きを移植していたので、
現在、こんな感じ↓になっています。



サニーレタスが真っ赤です。
私的には緑っぽいサニーレタスが好きなのですが、
温度(低)、水分(少)、窒素分(少)というややストレスを加えるような栽培をすると
赤みが濃くなるそうです。

サニーレタス、青梗菜は移植に強いので、
キャベツや白菜の収穫後の空いた所にちょこちょこ移植して、便利ですよ。

次は…
奥に見えているキャベツ「富士早生」の収穫が始まります(11〜12月)。





うまくつながりました。

コメント

茎ブロッコリー「スティックセニョール」の収穫

2014年11月21日 | ≪果菜類≫
2014/11/18


茎ブロッコリー「スティックセニョール」がとても元気です。



あっという間に茎が太くなるので、
支柱にしばっているヒモを何度もゆるく縛り直しています。
放っておくとヒモが食いこんでかわいそうなことになってしまいます。

ふと見ると
側枝が20cm以上になり、側花雷が10円玉大になっています。
収穫のタイミングですね。



8株栽培しているので、
各株1本ずつくらい収穫しても結構な本数収穫できました。
(最盛期には、恐ろしいほど採れるんでしょうけど…)




●スティック・セニョールの特徴

花蕾の部分と茎の部分は食感も違うので、別々の楽しみ方が出来ます。
*花蕾の部分は
ブロッコリーや菜の花と同じようにさっと塩を加え沸騰させた中で茹でて
サラダにしたり肉料理などの付け合わせに。
*茎の部分は
アスパラガスと同じような食べ方が出来き、
適当な長さに切って炒め物に。
(サカタより)

これからじゃんじゃん頂きますよ
楽しみ!



コメント

日野菜カブの収穫

2014年11月20日 | カブ・二十日大根
2014/11/14

本日、2本目の記事です。

地上の緑と赤のコントラストもきれいですが、





地下の赤紫と白のコントラストもきれいです。



日野菜カブです。

太さは100円玉程度、長さは30cmほどのすんなりした姿をしています。
塩漬、粕漬、コウジ漬、酢漬など漬物用で美味しいです。
家では塩漬け(浅漬け)が一番人気です。


今日のお持ち帰り。



紅白二十日大根が大きくなりすぎてきました。
こちらは甘酢漬けが人気です。

コメント (2)

ホウレンソウ、ビタミン菜、カブの間引き・土寄せ

2014年11月20日 | カブ・二十日大根
2014/11/18

本日、1本目の記事です。

10/31にタネをまいたホウレンソウ(4回目)、ビタミン菜(2回目)、カブ(2回目)
タネの播き過ぎでびっしり発芽。



タネまき下手ですねー。
で、大きくなれるように間引きしました。



土の表面を削るように軽く土寄せ。



*カブ


*ホウレンソウ


*ビタミン菜


ベタがけしていた不織布をトンネルにしました。


あとで穴あきビニールも追加しようと思います。





コメント (2)

ダイコン「YRくらま」の収穫

2014年11月19日 | 大根
2014/11/17

本日、2本目の記事です。

9/13にタネをまいたダイコン「耐病総太り」「YRくらま」が太ってきました。



これは「YRくらま」です。
「耐病総太り」よりもスリムで、サラダや沢庵漬けにぴったりの品種です。



太さ、長さ、ばっちりですね。
まずはサラダで頂こうかな。

本日のお持ち帰り。



ワケギ、小松菜、ミニレタス「マノア」も一緒に収穫しました。



本当にきれいなダイコン!



v(。・・。)イエッ♪

コメント (2)

吊るし柿完成!とまたまた追加

2014年11月19日 | イチジク・柿・ミカン
2014/11/18

本日、1本目の記事です。

吊るし柿が完成しました。



途中、
「美味しくなーれ!美味しくなーれ!」って2回もみました。
吊るしてから2週間たっています。



トロトロ系です↓。



ねっとり系です↓。



どちらも美味しゅうございました。




そしてまた追加で吊るしました。



57個です。
合計145個になりました。









コメント (2)

サトイモの保存(栽培のまとめ)

2014年11月18日 | 里芋・ショウガ
2014/11/15


サトイモの保存のために防寒対策をしました。
栽培のまとめ→芽出し4/1 植え付け6/4 追肥・土寄せ(1回目)7/9 追肥・土寄せ(2回目)8/13 収穫11/8


茎葉を切り取ります。

セレベス


石川早生


畝の上にたっぷりの藁をのせます。



さらにマルチで覆います。



完成!

これからは食べる分ずつ収穫していきます。
昨年もこのやり方で春まで上手く保存できましたよ。
食べ残した分はタネイモにも出来ました。



↑現在の三角畑の様子です。
コメント

タマネギの植え付け

2014年11月17日 | 玉ねぎ
2011/11/15


9/16に畑にタネを条まきして育苗してきた
タマネギ「アトン」「ネオアース」の植え付けをしました。
育苗の様子→タネまき9/16 発芽9/25 40日後10/26


なるべく根を傷めないように苗を掘り上げます。



真っ白な根がたっぷり、
太さはエンピツよりもチョイ細め。



なんてりっぱな苗なんでしょう。
でも、
ちょっと長めなのが気になります。
適正な長さは20〜25cm。
30cmは超えてますよ。
(徒長の原因は間引きが十分じゃなかったこと、
潅水量が多かったこと…などが考えられます。)

どうしよう…
調べてみました。

「苗が伸びすぎて、植え付けがしにくくなったりしたら、
育苗の後半や定植時に葉の先を少し切ってもかまいません。
葉の長さは20cmくらい残るようにして、
大きなダメージを与えないよう一度に5cm以上は切らないようにし、
切り口が早く乾燥するよう晴天の日の午前中に行いましょう。」
(タキイより)

あまり切りたくないけれど、
葉先を少しカットして、植え付けスタート。


**ネオアース
貯蔵性にすぐれる中晩生種です。玉は豊円球で、そろい・しまりともに良好です。





246本植えました。

**アトン
歯切れよく、辛みが少なく甘みが強いおいしさ抜群の多収種です。





ネオアースのつづきに110本。



追加でイチゴのつづきにマルチを張って112本植えました。


今年のタマネギは全部で468本。
息子にも手伝ってもらって、無事植え付け完了です。






息子が空を指差すので、
見上げると、
「お疲れさま―」って空には虹がかかっていました。



今日も1日頑張りました。


























コメント (5)

キャベツ「春波」(5月穫り)の植え付け

2014年11月16日 | キャベツ
2014/11/13

本日、2本目の記事です。

9/23にタネ播きし、10/21にポット上げした
キャベツ「春波」が本葉5,6枚になり植え付け適期です。
ポット上げの様子→こちら



この時期の育苗は徒長することもなく
ガッチリ良い苗です。

準備しておいた畝に
株間35cmでピッタリ12個の穴が開けられました。



植え付けました。





風で振り回されないように、
竹串を挿しておきました。

ボロボロの寒冷紗でトンネルをして
作業終了です。



5月の収穫予定です。

こちら↓は
同じ日(9/23)にセルトレーにタネをまいて
10/18に本葉2,3枚でいきなり畑に植え付けた
キャベツ「富士早生」「春ひかり七号」「春波」です。
植え付けの様子→こちら





ずいぶん成長ぶりが違いますね。
つくづく畑の力を感じます。
こちらは4月収穫の予定です。

同じ日のタネ播きですが、
栽培環境の違いで上手く収穫時期がずれてくれるかな?
春になって、
やっぱり同時期の収穫…なんてなったら大変だな。




コメント