大好き!野菜の時間

家庭菜園歴6年目になりました。
野菜自給率100%を目標に無農薬栽培しています。

キャベツ「強力はやどり50」の収穫開始

2015年08月29日 | キャベツ
2015/08/24

本日、3本目の記事です。


周年栽培継続中のキャベツの現状です。

8月上旬に
「初秋」(タネまき3/19 植え付け5/2)が終了

最後の4個



現在は
「強力はやどり50」(タネまき5/27、植え付け6/25)を収穫しています。





やや小ぶりです。



19株あるので、小ぶりでも収量は十分そうです。
ジャンジャン収穫していきましょう。


次の10月収穫予定
「強力はやどり50」(タネまき7/2 植え付け8/5)
順調に大きくなってきました。



今年は周年栽培チャレンジ、成功できるかも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茎ブロッコリー、キャベツのポット上げ

2015年08月29日 | ブロッコリー
2015/08/22

本日、2本目の記事です。


8/5にポットにタネまきをした
茎ブロッコリー「スティックセニョール」、キャベツ「春波」

ポット上げしました。




*茎ブロッコリー「スティックセニョール」



バラして



9ポット出来ました。
12粒播いていたので発芽率75パーセント。




*キャベツ「春波」



こちらもバラして



11ポットです。
20粒播いていたので、55パーセント。
予定の16ポットにならず…まあ、いいか。




9月中旬、植え付けの予定です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アバシゴーヤの自家採種

2015年08月29日 | ゴーヤ・ウリ
2015/08/24

本日、1本目の記事です。


今年のゴーヤは初めて自家採種したタネで栽培しています。





好調にたくさん収穫できています。

で、
今年も自家採取することにしました。

果実が完熟して裂開したら収穫し、



果肉を取り除き、種子を取り出す。



種の周りの赤いゼリー状のものを水洗いした後、日に干してしっかり乾燥させる。



ゴーヤは他のウリ科植物とは交雑しませんが、
ゴーヤ同士は交雑するので注意が必要です。

うちの畑の周りではゴーヤを栽培している人はいないので安心です。
タネの寿命は5年なので、冷蔵庫保存しておけば、
しばらくは採種しなくても良さそうです。


コンパニオンとしていろいろな野菜と混植していたマリーゴールド、
ぼちぼち撤収です。



自家採種しておきました。



お役目、ご苦労様でした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋ナス、長ナス、好調です。

2015年08月28日 | ナス
2015/08/23

本日、2本目の記事です。


8/3に更新剪定をしたナス「千両二号」がたくさん生り始めました。





仕立てをどうしようか、いつも迷うのですが、
放任でいこうと思います。


こちら↓は長ナス「庄屋大長」です。
更新剪定していません。



こちらも途切れることなく収穫が続いています。


ピカピカですね。



v(。・・。)イエッ♪






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オクラ「ダビデの星」「まるみちゃん」の自家採種準備

2015年08月28日 | オクラ
2015/08/22

本日、1本目の記事です。


今年はオクラを3種類栽培しています。



「まるみちゃん」・「アーリーファイブ」・「ダビデの星」

家族の評価ではやっぱり、「ダビデの星」が一番です。
肉厚で、甘みがあります。


どれも私の背丈を越えて大木になっています。



オクラのタネは貯蔵条件が良ければ5年程度の寿命があるそうです。
「ダビデの星」・「まるみちゃん」は固定種なので
自家採種してみようと思います。

*ダビデの星


*まるみちゃん


3種類のオクラを隣り合わせに植えていますが、
オクラは自家授粉なので、ほとんど交雑することはないそうです。

カラカラに枯れるまで置いておくのですが、
いつのことになるのやら…
もっと下の方の実にするべきでしたね。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キュウリ(3)の植え付け(アルミホイルでウリハムシ対策)

2015年08月27日 | キュウリ
2015/08/23


8/3にタネまきした地這キュウリ(3)「みやのはた」
本葉3枚になりました。



ちょっとヒョロり苗ですね。

植え付けるのは不調に終わった挿し芽トマトの跡地です。
支柱を再利用します。



あれ?
「地這キュウリ」じゃなかったっけ…
そうですよ。
でも、支柱栽培にも適しているそうです。



8株です。




さて、ここで問題が…
ウリハムシ対策、どうする?

ただ今、ウリハムシ大量発生しています。
このままだと餌食になって枯れてしまいますよ。
防虫ネットをしたくても支柱があるのでトンネルに出来ません。

で、どうしたかというと、
アルミホイルを下に敷きました。



ネット検索すると
ウリハムシもキラキラ光るものが苦手らしいです。
効果はあるのでしょうか?



結果はまた後ほど、ご報告します。

キュウリ(2)も終了間近。
早く収穫できるようになってほしいです。
ちょっとタネまきが遅かったですね。反省。











コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

蔓あり、蔓なしインゲンの発芽

2015年08月26日 | インゲンマメ
2015/08/23


8/16にタネを直播したインゲンマメが発芽しました。

*蔓あり「ケンタッキー」






*蔓なし「グリーンマイルド」






蔓ものネットを張ると
後片付けが大変なので、横ヒモを3本ほど張るだけで栽培する予定です。

いつ頃、実が生り始めるのかな?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

丹波黒大豆(枝豆)の花

2015年08月25日 | 枝豆
2015/08/23


丹波黒大豆が
2回目の土寄せ後、また一回り大きくなりました。



そして、良く見ると花が咲いていました。



枝の別れた部分に咲くので、大きな葉っぱをどけて、初めて気付く小さな花です。
紫色をした可愛らしい花です。



下から数え数段目〜18段目くらいまで順次花がつくそうです。
一ヵ所に10個くらいの花芽があり、2〜3個のサヤが出来ます。
楽しみー。




手前から順に、
丹波黒大豆、落花生、サツマイモ
モコモコといい感じ。
実りの秋はもう近い?





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ニンジン「ベニカロチン」のタネまき

2015年08月24日 | にんじん
2015/08/22


ニンジンのタネまきをしました。
播いたのは「ベニカロチン」。
プレゼント企画で頂いたタネです。



毎年、管理が楽で奇形裂根が少なくなるので、
「向陽二号」を8月遅播きにしているのですが、

なんと!

タネ袋の裏面を確認すると、
「ベニカロチン」はタネまき適期が6月中旬〜7月中旬。
寒さに弱い品種なのかな。
適期を大きく外れてしまっていますが、大丈夫?
マルチ、トンネル栽培すればなんとかなるかな?


播き穴をくぼませ、



タネを多めに播きました。



間引きは大変になりますが、
ニンジン同士が競い合うように生育するので、生育促進効果があるそうです。

芝の目土で覆土し、しっかり鎮圧。
もみ殻をトッピングして、



乾燥防止に不織布をベタがけ、



たっぷり水をまいて終了です。

全部で5穴×12列=60株、
上手く発芽してくれると良いな。


つづきはニンニク栽培の予定。



太陽熱消毒のために透明ビニールで覆っておきました。
かなり汚れたビニールなので、効果はないかもね。













コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大玉スイカ「夏武輝」の末成りの収穫

2015年08月23日 | スイカ
2015/08/22


梅雨明け後に自然交配した末成りが
いよいよ収穫時期です。

ゴロゴロ生っています。



昨年、交配日が分からなくて
いつ収穫したら良いのか分からずに困ったので、

今年は見つけ次第片っ端から
およその交配日を記入したメモを結んだ棒を挿しておきました。

だいたい発見するのはソフトボール大になってから。
いろいろなブログ記事を参考にさせていただくと、
ソフトボール大になるのは交配日からおよそ7〜10日後のようです。
そこで発見日から7日前をおよその交配日としました。

7/15〜8/21で積算温度が1000℃を超えたので、
7/13と7/15とメモした2個を収穫しました。
巻きヒゲもしっかり枯れていましたよ。


(奥の2個はまだ収穫予定日前ですが、蔓が枯れていたので収穫しました。)

末成りですが、
大きい方は、なんと10.5kgもありました。



もう1個も7.5kgです。


さっそく、大きい方を切ってみました。



完熟! 超甘い!! v(。・・。)イエッ♪

全く雌花が咲かなかった株の本成りだったのかも…。

末成り残り6個です。
8月末で撤収予定なので、
あと3個は登熟ですが、残り3個は未熟で終わりそう。
蔓も枯れてきているし、仕方がないね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大変だ!今日の収穫

2015年08月22日 | 菜園全般
2015/08/22

本日、2本目の記事です。

雨で2日間、収穫をお休みしたら
大変なことになってしまいました。



ピーマン、甘トウガラシ、トマト、キュウリ、
パプリカ、ナス、ゴーヤ、
オクラ、モロヘイヤ、ニラ

大量です。
おすそ分け先を探さなくっちゃ。

個々の詳細はまたあとで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンジン畝のマルチ張り

2015年08月22日 | にんじん
2015/08/16


ニンジンのために準備をした畝に
一雨降ったので、マルチを張りました。



三角畑(休耕田)でニンジンを栽培するのは初めてです。
周りはは田んぼでたびたび浸水するので結構、高畝にしました。

秋ジャガイモのために準備した畝は
太陽熱消毒するためにビニールマルチを張りました。




**なぜ太陽熱で消毒できるのでしょうか?

カビ等の菌類は比較的低い40〜60℃で死滅するといわれています。
また、ネグサレ(ネコブ)センチュウも40〜50℃程度で死滅します。

植物病原菌の大半を占める菌類は比較的低い温度で死滅するので、
太陽熱で十分消毒できるのです。
(モザイク病を引き起こすウイルスは90℃10分で死滅なので、
こちらは消毒はムリですが…)


充分地温を上げるためにはちょっとした工夫が必要です。

(1)よく耕し、
(2)高畝を作り、
(3)ひと雨当てるか、潅水し、
(4)ビニールフィルムでマルチ(+トンネル)被覆を行います。

消毒時期は7月中旬から9月上旬頃(消毒期間20〜30日)までが最適、
畝が空いたら、できる限り太陽熱消毒していこうと思います。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニラの捨て刈りと牛フン堆肥と井戸

2015年08月20日 | ニラ
2015/08/16


美味しいニラが食べたくなって、
ニラの捨て刈りをしました。



収穫20〜30日前に地上部を刈り取って掃除すると、
刈り跡から新しい葉が出てくるので、草丈20〜25cmのころに収穫します。

ニラは4月〜10月まで何度でも収穫できますが、
収穫回数が多いと株が弱るので、
収穫は年1〜2回とし、その後は株を休ませます。

今年はタネ播きしてからすでに3〜4年目、
冬に株を掘り上げて4〜5本ずつ株を切り離して植え、
株の更新をする予定です。

秋野菜の土づくりに、牛フン堆肥を購入しました。



フレコン1袋500圓4000円(配達代600円)です。
お得でしょ。

今年の春、井戸を掘ってもらいました。(写真↑の左)
50mホースをつないで水やりがラクちんになりました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴマの鞘(さや)

2015年08月19日 | ゴマ
2015/08/16


現在国内で消費されるゴマは、なんと99.9%が海外からの輸入。
国産のゴマは、とても量が少なく入手は困難なんだって。

じゃ、自分で作っちゃいましょう、
というわけで、黒ゴマを初栽培しています。


現在の様子です。

花が終わり、たくさんの鞘が付いています。



「日照りゴマに不作なし」といわれるほど乾燥に強く、
人間や野菜には厳しい今年の暑さや日照りの中でもゴマは元気に成長しています。



鞘の中に80粒程度のゴマが詰まっているんですって。


刈り取り収穫は9月下旬の予定。
収穫の目安は、茎の中段位までの葉や茎が黄色く変化した頃、
鞘も下部から黄色く変化してくるそうです。

楽しみー!











コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

インゲンのタネまき(2)

2015年08月18日 | インゲンマメ
2015/08/16


不調に終わった挿し芽トマトを撤収して、
インゲンのタネまきをしました。
支柱もマルチもそのままで、
植え穴に石灰を少し追加して出来る限り土と混ぜただけです。



ちょっとタネまきが遅くなりましたが、大丈夫でしょうか?

播いたのは、

*蔓なしインゲン 6穴


*蔓ありインゲン 6穴


残っていたタネを使い切りました。

上手くいけば9月中旬くらいから収穫できるかな?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加