大好き!野菜の時間

家庭菜園歴5年
野菜自給率100%
無農薬栽培です。

茎ブロッコリー「スティックセニョール」の収穫

2014年11月21日 | ≪果菜類≫
2014/11/18


茎ブロッコリー「スティックセニョール」がとても元気です。



あっという間に茎が太くなるので、
支柱にしばっているヒモを何度もゆるく縛り直しています。
放っておくとヒモが食いこんでかわいそうなことになってしまいます。

ふと見ると
側枝が20cm以上になり、側花雷が10円玉大になっています。
収穫のタイミングですね。



8株栽培しているので、
各株1本ずつくらい収穫しても結構な本数収穫できました。
(最盛期には、恐ろしいほど採れるんでしょうけど…)




●スティック・セニョールの特徴

花蕾の部分と茎の部分は食感も違うので、別々の楽しみ方が出来ます。
*花蕾の部分は
ブロッコリーや菜の花と同じようにさっと塩を加え沸騰させた中で茹でて
サラダにしたり肉料理などの付け合わせに。
*茎の部分は
アスパラガスと同じような食べ方が出来き、
適当な長さに切って炒め物に。
(サカタより)

これからじゃんじゃん頂きますよ
楽しみ!



コメント

日野菜カブの収穫

2014年11月20日 | カブ・二十日大根
2014/11/14

本日、2本目の記事です。

地上の緑と赤のコントラストもきれいですが、





地下の赤紫と白のコントラストもきれいです。



日野菜カブです。

太さは100円玉程度、長さは30cmほどのすんなりした姿をしています。
塩漬、粕漬、コウジ漬、酢漬など漬物用で美味しいです。
家では塩漬け(浅漬け)が一番人気です。


今日のお持ち帰り。



紅白二十日大根が大きくなりすぎてきました。
こちらは甘酢漬けが人気です。

コメント (1)

ホウレンソウ、ビタミン菜、カブの間引き・土寄せ

2014年11月20日 | カブ・二十日大根
2014/11/18

本日、1本目の記事です。

10/31にタネをまいたホウレンソウ(4回目)、ビタミン菜(2回目)、カブ(2回目)
タネの播き過ぎでびっしり発芽。



タネまき下手ですねー。
で、大きくなれるように間引きしました。



土の表面を削るように軽く土寄せ。



*カブ


*ホウレンソウ


*ビタミン菜


ベタがけしていた不織布をトンネルにしました。


あとで穴あきビニールも追加しようと思います。





コメント (1)

ダイコン「YRくらま」の収穫

2014年11月19日 | 大根
2014/11/17

本日、2本目の記事です。

9/13にタネをまいたダイコン「耐病総太り」「YRくらま」が太ってきました。



これは「YRくらま」です。
「耐病総太り」よりもスリムで、サラダや沢庵漬けにぴったりの品種です。



太さ、長さ、ばっちりですね。
まずはサラダで頂こうかな。

本日のお持ち帰り。



ワケギ、小松菜、ミニレタス「マノア」も一緒に収穫しました。



本当にきれいなダイコン!



v(。・・。)イエッ♪

コメント (1)

吊るし柿完成!とまたまた追加

2014年11月19日 | イチジク・柿・ミカン
2014/11/18

本日、1本目の記事です。

吊るし柿が完成しました。



途中、
「美味しくなーれ!美味しくなーれ!」って2回もみました。
吊るしてから2週間たっています。



トロトロ系です↓。



ねっとり系です↓。



どちらも美味しゅうございました。




そしてまた追加で吊るしました。



57個です。
合計145個になりました。









コメント (1)

サトイモの保存(栽培のまとめ)

2014年11月18日 | 里芋・ショウガ
2014/11/15


サトイモの保存のために防寒対策をしました。
栽培のまとめ→芽出し4/1 植え付け6/4 追肥・土寄せ(1回目)7/9 追肥・土寄せ(2回目)8/13 収穫11/8


茎葉を切り取ります。

セレベス


石川早生


畝の上にたっぷりの藁をのせます。



さらにマルチで覆います。



完成!

これからは食べる分ずつ収穫していきます。
昨年もこのやり方で春まで上手く保存できましたよ。
食べ残した分はタネイモにも出来ました。



↑現在の三角畑の様子です。
コメント

タマネギの植え付け

2014年11月17日 | 玉ねぎ
2011/11/15


9/16に畑にタネを条まきして育苗してきた
タマネギ「アトン」「ネオアース」の植え付けをしました。
育苗の様子→タネまき9/16 発芽9/25 40日後10/26


なるべく根を傷めないように苗を掘り上げます。



真っ白な根がたっぷり、
太さはエンピツよりもチョイ細め。



なんてりっぱな苗なんでしょう。
でも、
ちょっと長めなのが気になります。
適正な長さは20〜25cm。
30cmは超えてますよ。
(徒長の原因は間引きが十分じゃなかったこと、
潅水量が多かったこと…などが考えられます。)

どうしよう…
調べてみました。

「苗が伸びすぎて、植え付けがしにくくなったりしたら、
育苗の後半や定植時に葉の先を少し切ってもかまいません。
葉の長さは20cmくらい残るようにして、
大きなダメージを与えないよう一度に5cm以上は切らないようにし、
切り口が早く乾燥するよう晴天の日の午前中に行いましょう。」
(タキイより)

あまり切りたくないけれど、
葉先を少しカットして、植え付けスタート。


**ネオアース
貯蔵性にすぐれる中晩生種です。玉は豊円球で、そろい・しまりともに良好です。





246本植えました。

**アトン
歯切れよく、辛みが少なく甘みが強いおいしさ抜群の多収種です。





ネオアースのつづきに110本。



追加でイチゴのつづきにマルチを張って112本植えました。


今年のタマネギは全部で468本。
息子にも手伝ってもらって、無事植え付け完了です。






息子が空を指差すので、
見上げると、
「お疲れさま―」って空には虹がかかっていました。



今日も1日頑張りました。


























コメント (5)

キャベツ「春波」(5月穫り)の植え付け

2014年11月16日 | キャベツ
2014/11/13

本日、2本目の記事です。

9/23にタネ播きし、10/21にポット上げした
キャベツ「春波」が本葉5,6枚になり植え付け適期です。
ポット上げの様子→こちら



この時期の育苗は徒長することもなく
ガッチリ良い苗です。

準備しておいた畝に
株間35cmでピッタリ12個の穴が開けられました。



植え付けました。





風で振り回されないように、
竹串を挿しておきました。

ボロボロの寒冷紗でトンネルをして
作業終了です。



5月の収穫予定です。

こちら↓は
同じ日(9/23)にセルトレーにタネをまいて
10/18に本葉2,3枚でいきなり畑に植え付けた
キャベツ「富士早生」「春ひかり七号」「春波」です。
植え付けの様子→こちら





ずいぶん成長ぶりが違いますね。
つくづく畑の力を感じます。
こちらは4月収穫の予定です。

同じ日のタネ播きですが、
栽培環境の違いで上手く収穫時期がずれてくれるかな?
春になって、
やっぱり同時期の収穫…なんてなったら大変だな。




コメント

キャベツ「おきな」(6月穫り)のポット上げ

2014年11月16日 | キャベツ
2014/11/13

本日、1本目の記事です。

10/21にタネをまいたキャベツ「おきな」が
本葉2,3枚になりました。
タネまきの様子→こちら



バラしてポット上げしました。







タネ袋の記載によれば
本葉4,5枚まで育苗して2月に植え付けなのですが、

植え付ける畝の準備が出来たので、
あと1,2週間で
ビニールトンネルをして畑に植え付けようかな…って思います。
畑に植えちゃえば手間要らずだし。








コメント

イチゴの追加植え付け

2014年11月15日 | イチゴ
2014/11/14

本日、2本目の記事です。

別の畝で育苗してきたイチゴの苗も大きくなってきました。
おすそ分け先が見つからなかったので、
うちで植え付けることにしました。
さて、どこに植えつけましょう。

「イチゴの栽培は保水力のある水田土壌が適する。」
ということなので、
三角畑の畝に植え付けることにしました。
三角畑はもとは水田です。



**宝交早生 13株


**章姫 19株


またまた追加で32株も植え付けてしまいました。





いつもの畑の54株と合わせて86株。
こんなにイチゴ、どーすんの?

おすそ分けした分40株も含めると
親株5株で苗が126株出来ました。
すごいですね。

なんか、イチゴってワクワクします。









コメント

昨夜の京都は真冬並みの「マイナス1℃」

2014年11月15日 | 菜園全般
2014/11/14

本日、1本目の記事です。

昨夜の京都はなんとマイナス1℃!
突然の真冬です。

で、今朝(11/14)、まず、三角畑に行ってみると、
様子が一変していました。(ヤバイ!)

昨日までは元気だった葉っぱや茎がこのとおり↓。
一斉に萎れてしまいました。
きっと朝方の冷え込みで凍っちゃったんでしょうね。

**サトイモ、
防寒対策は明日の予定だったのに。



**カボチャ、もうダメですね。
せっかくここまで大きくなって、どこまで頑張れるか、楽しみにしてたのに。






次に、いつもの畑に向かいました。
寒さに弱いレタスや発芽したばかりのゴボウは大丈夫かな。

まわりに建物があったおかげか、
凍って萎れたり、溶けたりはしていませんでした。(ホッ!) 

今夜も冷え込むそうなので、
防寒対策をしておきました。

**レタス
穴あきビニールを追加して、二重トンネルにしました。





**ゴボウ
ホットキャップがピッタリはまりました。





かわいい! スターウォーズの「R2-D2」みたい。

**秋ジャガイモ
寒冷紗をかぶせておきました。(写真なし)

寒さに負けるな、野菜たち!




















コメント (2)

虫食いなしの青梗菜

2014年11月14日 | 小松菜・青梗菜・水菜・春菊
2014/11/12

本日、2本目の記事です。

毎年、虫食いで上手く栽培できない青梗菜ですが、
今年はちょっとイケてます。



春菊と混植してみました。
タネまき9/26 間引き・土寄せ10/2

1ヶ所3本のままほったらかしていたので、
大きなものから間引き収穫しました。





虫食いもなく、ふっくらいい感じ。

春菊のにおいがアブラナ科の害虫を遠ざけるというのは本当でした。





コメント

今年はカビなし!吊るし柿

2014年11月14日 | イチジク・柿・ミカン
2014/11/12

本日、1本目の記事です。

11/3に久保柿を42個吊るしました。
さらに11/7に追加で40個吊るしました。
合計82個、なかなか良い眺めです。


11/3に吊るしました柿↑


11/7に吊るしました柿↑

熱湯消毒して、
陽当たり抜群の蔵の前に吊るしています。
で、
今年は全くカビが生えていません。v(。・・。)イエッ♪



外皮が乾いたので、指で押すようにして軽くもみました。
こうすると渋が早く抜けて早く甘くなるそうです。

柿を手でもんだ場合は吊るし始めて約2週間で出来上がりますが、
もまなかった場合は、1ヶ月くらいかかるそうです。

早く食べたいので、
もうちょっとしたら、もう一度もみます。

楽しみ!


 

コメント (8)

タマネギの準備完了

2014年11月13日 | 玉ねぎ
2014/11/12

本日、2本目の記事です。

三角畑のサトイモ、ショウガ、サツマイモを収穫後、
遅れているタマネギの準備に取り掛かりました。

主人が大型トラクターで耕転し



畝立てまでしてくれました。



ありがとー。

畝幅1mで整え、4本の畝を作りました。



うち1本はタマネギ用に6穴マルチを張りました。



350本植えられます。
苗はもう少しありそうなので、
追加でもう1畝にマルチを張るかも。

植え付けは土曜日の予定です。








コメント (2)

秋まきゴボウの袋栽培

2014年11月13日 | ゴボウ
2014/11/07

本日、1本目の記事です。

11/7にゴボウの袋栽培始めました。
栽培するのはいつものミニゴボウ「ウマイゴボウ」です。

タネ袋の記載によるとタネまき時期は2〜9月。
外れすぎですよね。
タネまき適期を勘違いしてたんです。大丈夫かな。


購入した「花と野菜の土」の袋の底を切って立て
倒れないように支柱を挿します。
さらに土を追加、1袋に2袋分の土(40L)を入れました。



発芽適温は20〜25℃。
30℃以上や15℃以下では発芽率が低下するらしいので、
根出しをして播きました。



軽く覆土し、もみ殻をかぶせました。





生育適温も20〜25℃。
でも、地上部は耐寒性が弱く3℃程度で枯死しますが、
地下部は-20℃にも耐えるそうなので、
なんとか頑張ってもらいましょう。

で、
本日(11/12)、無事発芽してきました。



上手くいけば来春から収穫できるのですが。












コメント