大好き!野菜の時間

家庭菜園歴5年
野菜自給率100%
無農薬栽培です。

雨の前にタネまき。ホウレンソウ(4)、ビタミン菜(2)、カブ(2)

2014年11月01日 | カブ・二十日大根
2014/10/31

本日、2本目に記事です。

明日から雨の予報なので、
ホウレンソウ(4回目)、ビタミン菜(2回目)、カブ(2回目)のタネまきをしておきました。


支柱を使ってまき溝をくぼませ



タネをまきました。

ホウレンソウ


ビタミン菜


カブ



播いてしまってから気が付いたのですが、
このカブ「スワン」↑のタネまき適期は8/上〜9/中。
あちゃー、完全に外れてます。
今まで栽培していた「耐病ひかり」は8/上〜10/中だったのに。
大丈夫かな?

ビニールトンネルしたいと思います。


覆土して、
保温と保湿のためにもみ殻をかぶせて、



不織布をベタがけしてたっぷりと水やりしました。




カブの土寄せ重視でマルチなし栽培にしたのに、
こんなことなら保温のためのマルチありにするべきでしたね。








コメント (1)

葉物野菜(2)の様子(モグラ被害のその後)

2014年11月01日 | 小松菜・青梗菜・水菜・春菊
2014/10/31

本日、1本目の記事です。

モグラに荒らされてしまった葉物野菜の畝のその後です。
目立った被害はありません。

できる限り掘られたトンネルをつぶしておいたので、
順調に回復してきました。

(防虫ネット越しの写真です。少し白っぽいです、ごめんなさい。)

ホウレンソウ


小松菜


春菊


チンゲン菜


一番被害が大きかったカブ


もうモグラには来てほしくないです。



コメント

イチゴの自家苗100株!!(育苗のまとめ)

2014年10月31日 | イチゴ
2014/10/29


イチゴの自家苗が今年もりっぱに育って、
植え付けを待っています。





イチゴの苗は購入すれば結構高価ですが、
比較的、簡単に苗を作ることができるので、
2年目からは元手なしの自家苗で栽培しています。

**章姫20株


**宝交早生80株


みんなりっぱなクラウンです。(良い苗の条件)




100株!!

そんなにどうするの?
今年の栽培予定は章姫20株、宝交早生30株の合計50株。
残りは実家とご近所さんにおすそ分けします。


**イチゴの育苗のまとめ**

親株確保6/4 育苗定植9/6 活着9/21
活着したら本葉を常に3〜4枚くらい残し下葉は掻き取ります。
出てくるランナーや脇芽も下葉取りの時に一緒に取ります。
2回くらい追肥として液肥をやりました。

11/1、本定植の予定です。
お天気大丈夫かな?












コメント

ソラマメ「仁徳一寸」のタネまき

2014年10月30日 | ソラマメ
2014/10/28


「ソラマメ」って
秋(10月)〜初夏(6月)まで畑を占有するのに、
収穫適期は1カ月と短く、ちょっと贅沢な野菜ですね。
でも、やっぱり、初夏を代表する味覚なので外せません。

今年もソラマメ栽培スタートします。


ソラマメは酸性に弱いので、
普段より石灰多めで土作りをし、黒マルチを張りました。(10/10)



M型マルチ畝です。
ところどころマルチ中央の谷部が切ってあり、
水やりと追肥はこの中央条間にします。


株間30cmで8個植え穴をあけました。



pH測定すると6.6。
(ソラマメの好適土壌pH6.5〜7.0)



OKですね。


穴2粒ずつ



お歯黒と言われる黒い筋の入った部分を斜め下に向けて押し込みました。
種は半分見えるくらい浅めです。





鳥害を防ぎ、発芽を良くするために不織布でベタがけして作業終了。



来年もりっぱなソラマメができますように。



 




コメント

タマネギ苗の様子

2014年10月29日 | 玉ねぎ
2014/10/26


9/16にタネをまいたタマネギ「アトン」「ネオアース」が順調です。
タネまきの様子→こちら




**アトン(中生種)


**ネオアース(中晩生種)


横から見ると



シャキッといい感じ。
タネまき後、2回除草をかねて中耕しました。


11月2週目あたりに三角畑に植え付け予定です。



コメント (2)

紅白二十日大根、小松菜の収穫

2014年10月28日 | 小松菜・青梗菜・水菜・春菊
2014/10/27


9/29にタネをまいた紅白二十日大根、小松菜、ビタミン菜、ホウレンソウの畝です。
防虫ネットを外すとワサワサです。
タネまきの様子→こちら



手前から
小松菜、ビタミン菜、ホウレンソウです。



ちょっと播き過ぎですね。

もうすぐイチゴを植えなきゃいけないので、
間引きもせずに端から順にごっそり収穫していきます。




こちらは紅白二十日大根です。



株元をのぞくとちらちら赤く見えますね。



大きく育ったものから間引き収穫。





かわいいですね。
サラダのトッピングにすればパッと華やぎますよ。

うちでは甘酢に漬けるのが好評です。






本日のお持ち帰りは
他に、キャベツ、ミニレタス「マノア」、イチジクでした。












コメント (2)

水菜の収穫

2014年10月27日 | 小松菜・青梗菜・水菜・春菊
2014/10/25


水菜が防虫ネットの中でフサフサになってきました。



やわらかくて美味しそう。
うちはサラダで頂くのが好きです。



春菊も一緒に収穫。
こちらもやわらかい葉先はサラダにします。
香りが良くて美味しいです。

初期の水菜は刈り取り収穫。



また芽が出て再生します。
お得ですよ。



毎年、ダイコンハムシの被害に悩まされるのですが、
今年は大丈夫のようです。

コメント

落花生「おおまさり」で煎りピー

2014年10月27日 | 落花生
2014/10/25

本日、1本目の記事です。

干しておいた落花生「おおまさり」で煎りピーナッツを作りました。


**殻をむきます。






**180℃に設定したホットプレートで1時間くらい煎ります。


軍手でこげないようにゴロゴロ。

**出来上がり


ちょっと焦げました。
設定温度は160℃でいいかも。
小さな粒は1時間では黒こげ、40分でOK。


**しっかり冷めたらジップロックに入れて1日寝かせます。



出来上がり直後は??な感じでしたが、
1日寝かせたら、やめられない美味しさに!!

さらに、
この煎りピーを使ってピーナッツバターまで作ってしまいました。


(砂糖とバターを加えてフードプロセッサーでペースト状に。)

煎りピーがちょっと焦げていたので、
色はいまいちですが、味は香ばしくて抜群。

たくさんの煎りピーを保存したので、↑リピしたいと思います。
胡麻和えの代わりにピーナッツ和えなんかもいいですね。
煎りピー、いろいろ使えて便利ですよ。













コメント

キャベツ(11〜1月穫り)に追肥

2014年10月26日 | キャベツ
2014/10/23

本日、2本目の記事です。

キャベツ「富士早生」(11〜12月収穫)、「春波」(12〜1月収穫)が結球し始めました。





追肥のタイミングです。

いつもの穴肥です。
防虫ネットのすそををチラッとめくっただけで追肥できます。



8株分の追肥が10分程度でできちゃいました。v(。・・。)イエッ♪

まだまだ蝶が飛んでいます。
油断は出来ません。
防虫ネットのオープン時間はなるべく短く!

コメント

どこまで頑張れるかな?

2014年10月26日 | カボチャ
2014/10/25

本日、1本目の記事です。

けして春の写真ではありません。
今日撮影の写真です。↓



収穫時の見逃しで
ここで腐ってしまった「ロロン」のこぼれタネから発芽したカボチャです。

ちゃっかり花も咲いて、実をつけています。





たくましいもんです。
ついつい応援したくなるけど、
収穫期は交配後約45〜50日、収穫まではちょっと無理ですね。
コメント

ニンジンに追肥(2)

2014年10月25日 | にんじん
2014/10/24

本日、2本目の記事です。

ニンジンに追肥をするために、
8/25にタネまきをしたニンジン、春菊、ミニ白菜の畝の
防虫ネットをフルオープンしました。



手前から

**ミニ白菜「タイニーシュシュ」


しっかり結球して、もう収穫できそうです。
でも、すごい虫食いですね。
ダイコンハムシの仕業です。
栽培時期がちょっと早いとこうなっちゃうんですよね。


**春菊


すでに何回も摘み取り収穫しています。


**ニンジン「向陽二号」


本日の主役です。
1回目の追肥(9/23)後、順調に成長しています。



タネ播きしてから2か月たったので、
2回目の追肥をします。

いつもの穴肥です。



畝の肩だけではなく、
条間にも穴をあけて追肥しました。

甘い甘いニンジンになってください。
自家栽培のニンジンは本当に美味しいですよ。

あと1ヶ月くらいで収穫です。
防虫ネットを戻して作業終了。
あっという間の作業でした。







コメント

蔓ありインゲン、終了(夏まきインゲン栽培のまとめ)

2014年10月25日 | インゲンマメ
2014/10/23


生り過ぎて困るぐらいだった蔓ありインゲン「モロッコ」「ケンタッキー」が
台風通過後、さっぱり生りません。
花が落ちちゃったんでしょうね。
支柱もぐらぐらです。




最後の収穫をして、



どれも、大きくなり過ぎで、歪で…
モロッコはこれくらい大きくても美味しくいただけますが、
ケンタッキーはちょっとスジが気になり、食べられるかな?ムリかも。

片付けました。



奥では白菜が大きくなっていますね。


**夏まきインゲン栽培のまとめ
タネまき8/7 間引き8/15 収穫開始9/18 好調9/26

相性が良くない(センチュウ増加)といわれるキュウリ→インゲンマメのリレー栽培でしたが
問題なく良くなりました。
支柱をそのまま利用して、手間なし栽培です。
来年もこのリレーしたいと思います。

インゲンは今年も春まきと夏まきの2度収穫しました。
関西では別名「三度豆」って言うんだから一年に3度も収穫できるんですよね。

たくさんの恵みをありがとう。




コメント

モグラの反撃

2014年10月24日 | 菜園全般
2014/10/23


おととい、果樹園内で2匹めのモグラを捕獲しました。

以来、トンネルを掘られた形跡はなく、
被害は治まったかのように思ったのですが…

モグラの反撃が始まりました。

先日10/18にタネまきをした葉物野菜の畝で
大暴れを始めました。

マルチの下の土がボコボコです。
そろって発芽していたカブ、小松菜は根が浮いてすっかり萎れています。
できる限るマルチの穴から手を入れて
トンネルをつぶし、土寄せしましたが、





回復するでしょうか?

畝の中なので、捕獲器を仕掛けることもできず、
またきっと、トンネルは掘られるんだろうな。

困った、困った。

同じ畝のホウレンソウ、レタスにはまだ被害が及んでいないので、
とりあえず、ここから先は進入禁止!と杭を打っておきました。



気休めです。

これ以上被害がひろがらないと良いのですが。










コメント (4)

落花生「おおまさり」、自家採種して終了(栽培のまとめ)

2014年10月23日 | 落花生
2014/10/20


落花生が残り5,6株になりました。



20株栽培していたので、
あちらこちらにおすそ分けしても、
たくさん食べて、たくさん保存出来ました。

いよいよ最後の収穫です。



最後の一株までいい莢の付きっぷりです。

半分塩茹でで頂くために家に持って帰り、
残り半分はローストピーナッツにするために小屋の軒下に干しました。



殻のまま1週間から2週間乾燥させます。
殻を振って中でカタカタ豆の動く感じがしたらOK。殻を割って取り出します
薄皮をつけたまま180度に設定したホットプレートにいれ、
そこから40〜1時間くらい炒ればローストピーナッツの出来上がり。
(クックパットより)

時間はかかりますが香ばしい香りがたまらないそうです。

そして、これは台風前10/13に収穫して干しておいた落花生。



殻を振って中でカタカタ豆の動く感じがしたので、
莢を外しました。
いよいよ、ローストピーナッツにチャレンジしたいと思います。
楽しみです。

あ、その前に、
来年用のタネをとり置いておくのを忘れちゃダメですね。


**落花生「おおまさり」の栽培のまとめ

タネまき5/2 植え付け6/6 石灰を追肥・中耕・土寄せ6/29 収穫良開始9/27 






コメント

キャベツ「春波」(5月穫り)のポット上げと「おきな」(6月穫り)のタネまき

2014年10月22日 | キャベツ
2014/10/21


なにこれ?



キャベツ「春波」の苗です。
9cmポットに適当に10数粒播いてます。

どうするかというと…

ばらして



ポット上げしました。



キャベツ苗は根を切ると活着が良いそうです。
根を切ったその場所からまた新しい根が伸びて、
枝分かれするように広がるからだそうです。
(現代農業「技あり!植え方でガラリっ」より)

しかも、
根を切ると成長が遅れるので、
同時のタネまきでも、
切らずに植え付けたものと収穫時期をずらすことができます。
(4月穫り→5月穫り)

こんなに上手くいく?
いったらいいな。


あまりにも楽だったので、
6月穫りの「おきな」もこのやり方でタネ播きしてしまいました。



年内のキャベツのタネまきはこれでお終いです。













コメント