大好き!野菜の時間

家庭菜園歴5年
野菜自給率100%
無農薬栽培です。

ニンニクの植え付け

2014年09月23日 | ニンニク
2014/09/22


ニンニクの植え付けをしました。
京都の植え付け適期は9月3〜4週です。

いつもタネ球は種苗店で購入するのですが、
結構高価なので、
今年は今春収穫したものをタネ球に使ってみることにしました。

今春収穫したニンニクです。



皮を取りりん片をバラして
出来るだけ大きい粒を選んで60球用意しました。





石灰、肥料、牛フン堆肥などをまいて耕転しておいた畝に
穴あきマルチを張りました。



畝の幅が狭かったので、
5穴マルチですが、真ん中の3穴に植え付けることにしました。
両サイドの穴は追肥用にします。

クワなどの柄で
スポスポと6cmくらいの深さの穴をあけます。





長い棒を使うと立って作業ができるのでラクでした。

穴に芽の出る部分を上に1片ずつ垂直に押し込みます。





ふるっておいた土で覆土します。
やわらかいまま盛る感じです。



土が乾いたままだと発芽が遅れるので、たっぷり水をまいて作業終了です。

天気がよいと1〜2週間で芽が出てきます。
楽しみです。

コメント

白菜の様子とイチゴ苗の活着と追加

2014年09月22日 | イチゴ
2014/09/21


まずは、
昨日、暗くなるまで頑張った白菜の植え付けの確認です。

朝日を浴びて防虫ネットのトンネルが光っています。
最後は暗闇の中の作業だったので心配でしたがちゃんと出来てて、ホッ。



中を覗くと





苗たちもシャキッとしています。
ブクブク植えしたので、活着するまで水やりはしません。

「ブクブク植え」って?
植え付け前に、苗をドボンと水に沈めます。
ブクブクと泡が出終わるまで沈めたらしばらく日陰に置いておきます。
その間に、準備のおわった畝のマルチに植え穴をあけ、しゃく一杯の水を入れておきます。
苗も畝も落ち着いてから植え付けします。

植え付け後の水やりはしません。
しばらく水をあげずにおくと根が水を求めてぐんぐん伸びるらしいです。

ブクブク植えの様子→こちら

元気に育ってくださいね。


畝全景です。
手前から、
イチゴ苗、白菜、大根、聖護院ダイコンと続いています。



イチゴ苗が元気です。
無事活着しました。

育苗定植9/6の様子→こちら

じつは…
昨日、さらにイチゴ苗を追加定植してしまいました。
左の畝のすだれの下です。

宝交早生40株、章姫30株

こちらも上手く活着すれば
全部で宝交早生120株、章姫50株。

こんなにどうするの?
うちとご近所さんと実家の分です。

りっぱな苗に育ってね。







コメント (2)

白菜の植え付け

2014年09月21日 | 白菜
2014/09/20

本日、2本目の記事です。

白菜の苗が仕上がりました。





タネまき後、3週間くらい本葉4〜5枚の頃が植え付け適期です。

苗作りの様子→タネまき8/28 発芽9/2 間引き(1)9/5 間引き(2)


じゃ、植えつけましょう。

準備済みの畝に黒マルチを張り、



株間40cm2列に植え穴をあけました。



植え穴にたっぷり水を注ぎ入れ、
苗はブクブク水に沈めておきました。

全26株、完植です。





なんと、日没ですっかり暗くなってしまいました。
(写真、暗いしブレました。)

このあと、防虫ネットをトンネルがけして植え付け完了。
暗くなり過ぎて、写真がとれませんでした。

明日、仕事の前に時間があれば写真撮ってこようと思います。




 
コメント

桃に礼肥

2014年09月21日 | モモ
2014/09/16

本日、1本目の記事です。


「桃栗三年 柿八年」ということわざ、
種をまいて実がなるまで桃や栗は3年、柿は8年かかるっていう意味なんですが、
本当なんですね。

植え付けて3年目の桃、
今年はうれしい収穫がたくさんでした。

**早生「武井白鳳」2本(6月下旬〜7月上旬収穫)




43個収穫しました。


**中生「紅清水」2本(7月中旬〜下旬収穫)




40個収穫しました。


枝の剪定、摘果、袋かけなど結構手間もかかりますが、
樹なり完熟の甘い桃は格別でした。

感謝の気持ちを込めて、お礼肥えです。



枝先あたりに油かすを数ヶ所埋め、
株元に牛フン堆肥でマルチをしました。

来年も、美味しい桃がたくさん採れますように。








コメント

蔓ありインゲン「モロッコ」の収穫

2014年09月20日 | インゲンマメ
2014/09/18


キュウリ跡地に不耕起で栽培を始めたインゲンマメが順調です。
タネまき8/7 8/27



キュウリとインゲンマメは
混植するとセンチュウが増える相性の悪い組み合わせなので心配しましたが、
前作と後作なら問題はないようです。

キュウリの支柱を利用しての蔓ありインゲンマメの栽培はこれからも「あり」ですね。

気がつけば、たくさん実が生っています。



収穫開始です。



胡麻和えにしましょ。




コメント

ダイコンの間引き(3本)

2014年09月19日 | 大根
2014/09/18


ベタがけしていた不織布をはがすと
ダイコン「耐病総太り」、「YRくらま」が発芽、双葉が展開していました。

タネまき9/12





3本に間引きです。
同時に軽く中耕し、曲がり防止のために軽く土寄せ(1回目)しました。





防虫ネットをトンネルにして作業終了です。



今は防虫ですが、
冬には防獣のためのネットです。

ここ数年、シカ、イノシシ…多いんですよね。

コメント (3)

地這いキュウリがすごい(2)

2014年09月18日 | キュウリ
2014/09/16


京都嵐山の親戚が来たので、
野菜をいろいろとおみやげに持って帰ってもらいました。

**地這いキュウリ、秋ナス







地這いキュウリは曲がり果が多いって言うけれど、
結構、素直に真っ直ぐなのが採れています。

ご近所さんのキュウリがどんどんお終いになっている中、
この地這いキュウリは今が最盛期。
うれしい収穫が続いています。

今までの様子→タネまき7/19 植え付け8/2 摘心8/15 収穫開始9/1 すごい(1)9/8

**甘とう、ピーマン、パプリカ





こちらも衰えを知りません。
いつお終いにするか…迷いますね。


**ブドウ「安芸クイーン」、イチジク



樹なり完熟の果物はとにかく甘いです。
ぶどう狩りを楽しんでもらいました。


他に、かぼちゃ、じゃがいも、たまねぎなど
段ボールいっぱい持って帰ってもらえました。

すごく喜んでもらえましたよ。v(。・・。)イエッ♪





コメント (4)

タマネギの苗作り(タネ播き)

2014年09月17日 | 玉ねぎ
2014/09/16


京都のタマネギのタネ播き適期は9/15〜20です。
じゃ、今日、播いちゃいましょう。


素直に発芽できるように土をふるいます。



苗床の表面を平らにして、



支柱で播き溝を8cm間隔で浅く窪ませ、
重ならないように丁寧にタネを播きました。



**アトン(6列)

病気に強い大玉、おいしさ抜群の豊産中生種!(タキイより)

**ネオアース(9列)

色ツヤ抜群!貯蔵性にすぐれる中晩生種!(タキイより)

タネが隠れるくらいに芝の目土で薄く覆土、乾燥防止にもみ殻をかぶせて
しっかり鎮圧します。



たっぷり水やりして、



不織布をベタがけしておきました。



1週間ほどで発芽してきます。
秋晴れが続きそうなので、毎日水やりしなくっちゃ。





コメント

丹波黒枝豆の着莢

2014年09月16日 | 枝豆
2014/09/13


三角畑の丹波黒枝豆がでっかく成長中。
タネまき6/30 発芽7/8 土寄せ(1)7/18 土寄せ(2)8/13 開花8/21 



たくさんの葉っぱに守られるように、莢がつき始めました。





大きくなって、実が膨らむのはこれからですね。

しかし…莢の数がちょっとしょぼくないですか?
葉ボケかな。

6月に黒豆のタネをまき、枝豆が食べられるのは10月だけです。
大粒の立派な実をつけ、もちもちと甘い美味しさまであともう少し。

家族みんな、楽しみにしています!
コメント

ダイコンのタネまき

2014年09月15日 | 大根
2014/09/12


京都ではだいたい、大根のタネまきを
丸ダイコン、9月1週(1〜5日)、青首長ダイコン、9月2週(10〜17日)
にします。

これより早いと病虫害にやられることが多く、
25日より遅いと大きくならないそうなので
毎年、厳守しています。

大型トラクターで深くまで耕してもらった畝に
30cm間隔で2列に播き穴をへこませ、



耐病総太り

(漬け物には太すぎますが、肉質が緻密で甘く、ス入りの心配がありません。)

YRくらま

(総太りより少し細く、漬物、サラダ用にぴったりです。)

1個所5粒播きしました。
どちらも16株ずつです。



あれ、マルチは?

今年は土寄せ・追肥を重視して
マルチなしで栽培することにしました。

雑草に勝てるでしょうか?
ちょっと不安が…

芝の目土で1cmほど覆土し、もみ殻をかぶせて、
水やりしました。



防鳥、防乾のため、不織布をべたがけしました。


(これだけ、とり忘れたので、翌朝の写真です。)


9/4にタネを播いた「聖護院ダイコン」が発芽しています。





双葉が展開したら3本に間引き、
同時に曲がり防止のため軽く中耕し、軽く土寄せします。



あれ?
2本に間引きしてしまいました。
勘違いでした。




























コメント (2)

茎ブロッコリーの植え付け

2014年09月14日 | ブロッコリー
2014/09/13


家の軒下で育苗してきた茎ブロッコリー「スティックセニョール」が
植え付け適期(本葉4〜5枚)になりました。

タネ播き8/13・発芽8/13の様子→こちら



ガッチリとまではなりませんでしたが、
良い苗ができました。

やっぱり、水のやり方がポイントだと思いました。
「朝やって、夕方には乾くくらい」がベスト、
やり過ぎは徒長の原因ですね。


さあ、畑に持って行って植え付けです。

黒マルチを張って、
50儡岾屬某△┠蠅鬚△韻泙后



植え穴にたっぷりと水を注ぎ入れ、
苗はブクブクと気泡が出なくなるまで水に沈めてから、
しばらく落ち着くのを待ちます。



深植えにならないように注意して植え付けたら
あとは水やりなしでOK。





害虫対策に寒冷紗のトンネルをして作業終了。




美味しい茎ブロッコリーがたくさん収穫できますように。












コメント

トウモロコシ「ごくぶと」の収穫(抑制栽培)

2014年09月13日 | トウモロコシ
2014/09/12


7/15にタネ播きをしたトウモロコシ「ごくぶと」、
いよいよ収穫適期です。
( 目安はひげが出てから大体22日〜24日ぐらい)

雄花を切って、
すっぽりと防鳥ネットで囲っておいたので


( 8/28 防鳥ネットを設置 当日撮影↑  )

カラスからはしっかり守れたようです。
が、害虫からは守り切れていません。



折れたり、株ごと枯れているものがあります。

この「ごくぶと」、
草丈が160cm前後と普通のトウモロコシよりもコンパクト。
これなら、
防鳥ネットではなく、防虫ネットですっぽり囲えば、
害虫からも守れるかも。

被害にあってなさそうな、きれいな実を選んで収穫、持って帰りました。





恐る恐る皮をはぐと、



おや、いい出来じゃないですか!

でもね、



裏を返せば、



やっぱり虫食いもありました。
許容範囲です。

すぐに茹でて頂くとめちゃくちゃ、甘いです。
来年も抑制栽培してもいいかも、って思えました。
















コメント

白菜の間引き(1本立ち)

2014年09月12日 | 白菜
2014/09/11


初めて白菜をポットにタネ播きし、育苗しています。
タネまき8/28の様子→こちら

いつもは畑に直播するのですが、

なぜって?
白菜は本来、ダイコンやゴボウと同じ直根性で直播きの方が生育が良いのです。

今年は雨の影響で畝の準備が間に合いませんでした。

直播きでは発芽直後にヨトウムシなどに切られることが多く、
ちょっと困っていたこともあり、

今年はポットでタネ播き、育苗してみることにしました。

発芽後、1週間で2本に間引きすると、
また1週間でグッと大きくなりました。
間引きの様子9/5→こちら



本葉2〜3枚になったので、



ハサミでチョッキン、1本立ちにしました。



なかなか順調のようです。



本葉4〜5枚で植え付けなので、
あと1週間くらいは軒下で育苗です。



ガッチリ育ってくださいね。






コメント

キャベツ「初秋」「強力はやどり50」に追肥

2014年09月11日 | キャベツ
2014/09/10

本日、2本目の記事です。

ピンチです。

ついに冷蔵庫のキャベツのストックがなくなりました。
昨年11月からずっと途切れることなく収穫し続けてきたのに
ついに9月収穫のキャベツがありません。

次の収穫予定はこの「初秋」4株・「強力はやどり50」4株↓です。

タネまき7/19 植え付け8/15 





やっと結球を開始するところ。

早く大きくなってねと、
穴あけくんとジョウゴを使って追肥(穴肥)しました。



10月初旬〜の収穫かな。

防虫ネットのトンネルを元に戻して、害虫からもがっちりガードしておきました。



待ち遠しいな。

さらに、
次のキャベツも家の軒下にスタンバイ。

タネまき8/24

「富士早生」…11〜12月収穫 4株
「春波」…12〜1月収穫 4株



2本立ちにしました。

さらに、さらに、
来週には来春収穫分のタネまきもする予定です。








コメント

レタスの鉢上げ

2014年09月11日 | レタス
2014/09/06

本日、1本目の記事です。

8/24にタネを播いたレタス「シスコ」と半結球ミニレタス「マノア」
株分けしながらの鉢上げをしました。

**シスコ(4→12ポット)


**マノア(9→24ポット)


今回もやっぱりヘロヘロ苗です。
レタスは移植するたびにガッチリするそうなので期待しましょう。

マノア、
防虫のためのネットがなかったので、
一晩くらい大丈夫だよね…ってそのまま軒下に置いておいたら、

なんと、朝には2ポット、苗が消失していました。
テカッて光る痕跡が…ナメクジの仕業のようです。

油断大敵。
早速100円ショップに行ってネットを購入してきました。
コメント (2)