言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

丹羽宇一郎駐中国大使の離任間近!

2012-11-27 | 日記
日本経済新聞」の「中国の日本不要論「大変傲慢」 丹羽大使離任会見」( 2012/11/26 20:23 )

 【北京=島田学】近く離任する丹羽宇一郎駐中国大使は26日、北京の日本大使館で記者会見し、約2年半の任期を「心残りもある。今は風と雨の時代だが、日中関係の将来に明るい思いを強く持っている」と振り返った。就任直後に沖縄県尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件、離任直前には尖閣問題を巡る反日デモが発生した。会見では開口一番に「尖閣で始まり尖閣で終わった」と語った。

 尖閣諸島の領有権については「国として譲れないものは譲れない」と指摘。「事態を悪化させないよう日中双方に自制と責任が大切だ」とも語った。中国国内に日本との経済的連携は不要だとの声があることには「大変傲慢な態度だ。グローバル化の中であり得ないことだ」と批判した。

 丹羽氏は2010年6月に就任、今月28日にも離任し帰国する。伊藤忠商事の経営者から中国大使となった丹羽氏は「官僚の特徴である前例主義にとらわれず、新しい発想で様々な試みをしてきた」と民間大使の意義を強調した。後任の木寺昌人前官房副長官補は12月中にも着任する。

 これに関連し、中国外務省の洪磊副報道局長は26日の記者会見で「日中関係の改善、発展において丹羽氏の努力を評価する」と語った。新大使の木寺氏には「日中関係の回復へ努力してほしい」と求めた。




 ついに、丹羽大使が(近々)離任することになったようです。

 みなさん、よかったですね!

 この丹羽大使は、伊藤忠に勤務していた頃に「将来は大中華圏の時代が到来します」「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」などと言い放った人ですよ! こんな人が大使だなんて、とんでもない話です。

 こういう思考回路の丹羽氏だからこそ、尖閣「国有化」に際して、「大変なことになる」と日本に「警告」したわけです。丹羽氏的には、
 中国の機嫌を損ねると、「大中華圏の時代になったときに、日本は中国の属国になれなくなる! 大変なことになる!」
ということだったのでしょうが、こんな主張、日本では誰も相手にしませんよ。いや、トヨタの大西専務なら「その通りだ!」と言うかもしれませんが。。。(「トヨタの大西専務「中国最重要!」」参照 )



 今回の報道内容には、おかしな点と、重要な点が含まれています。

 重要な点については、あとで別途、記事を書いて意見を述べます。

 今回はおかしな点 (異常な点) について、以下、順に述べます。



★おかしな点、その1。丹羽大使には日本代表だという自覚がない。

 大使は「事態を悪化させないよう日中双方に自制と責任が大切だ」と言っていますが、日本は自制していますよ。自制しすぎているくらいです。自制が必要なのは中国のほうですよ!

 丹羽大使は、まるで他人事であるかのように「事態を悪化させないよう日中双方に自制と責任が大切だ」と言っていますよね。

 日本代表の大使なら、日本の立場を主張しなくてどうするんですか!!!



★おかしな点、その2。丹羽大使の経済偏重姿勢。

 中国国内に日本との経済的連携は不要だとの声があることについて、丹羽大使が「大変傲慢な態度だ。グローバル化の中であり得ないことだ」と批判した、報じられています。

 たしかにこの主張そのものは正しい。でも、丹羽大使が言うと変なんです。

 丹羽大使が積極的に中国を批判したのは、要するに「経済」に関することだけですよね。要するに丹羽大使は、「経済のことしか頭にない」わけです。おそらく、「尖閣なんかどうでもいいじゃないか。そんなことで経済に影響が及ぶのは困る」というのが丹羽大使の本音でしょう。

 一応、記者会見の場では尖閣諸島の領有権について「国として譲れないものは譲れない」と言っていますが、それは「批判されたから」日本の立場を主張した、というだけの話ですよね。



★おかしな点、その3。中国が丹羽大使を「評価」。

 中国外務省の洪磊副報道局長は26日の記者会見で「日中関係の改善、発展において丹羽氏の努力を評価する」と語った、と報じられています。

 これは変ですよ。

 なぜ、日本代表の大使が中国に「評価」されなければいけないんでしょう? 「評価する」ですよ! 「評価する」。

 中国は丹羽大使を下に見ていますよ。中国から見て、丹羽大使は格下なんです。中国側は丹羽大使を、中国の「子分」程度にしか見ていなかったということです。

 中国側のこの態度は「傲慢」であり、「異常」ですよね。

 でも結局、その原因は丹羽大使が「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」などと考えているからではないでしょうか。中国側から見れば、丹羽大使は「属国の代表」=「子分」にしか見えなかったということです。



 こんな大使が辞めることになって、本当によかったと思います。

 最後に、丹羽氏が「将来は大中華圏の時代が到来します」「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」などと言い放ったことについて、詳細に言及しているブログ記事を紹介 (引用) します (↓) 。



国を憂い、われとわが身を甘やかすの記」の「丹羽駐中国大使「日本は中国の属国として生きていけばいい」って…

 で、今回は、雑誌「WiLL」7月号に載っていた作家の深田祐介氏の記事から、丹羽にまつわる部分を引用して紹介しようと思います。思わず目を疑うようなエピソードです。こういう人を中国大使にしようと考えた岡田氏の見識を改めて疑いますが、もともと彼らに見識など求める方が無理かもしれません。

《私(※深田氏)は改めて、現役中国大使、丹羽宇一郎氏に取材面談したときの驚愕と憤激を想い起こした。

 当時、丹羽現中国大使は日本の一流商社、伊藤忠商事の役員であったが、中国熱に浮かされ、ほとんど発狂に近い陶酔状態にあった。丹羽氏は私に向かい、「将来は大中華圏の時代が到来します」と言い切ったのだ。

「すると日本の立場はどうなりますか」と私は反問した。「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」。丹羽氏は自信に満ちてそう明言したのだ。瞬間、私は耳を疑い、「この人は痴呆症の段階に入っているのではないか」と思った。

「日本は中国の属国にならなくちゃならないんですか」と私が聞き返すと、「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」と繰り返したのである。

 こういう痴呆症的人物、つまりは「売国奴」を中国大使に送りこむ日本側の感覚もまた痴呆的で、発狂状態を物語っていると言ってよい。》

 ……深田氏ではありませんが、この丹羽氏の発言は常軌を逸しているというか、まともではありません。民主党政権は、こんな人を中国大使に据えることでどんな国益の増進が図れると考えていたのでしょうか。まさか本当に属国への道を突き進もうと思っていたわけではないでしょうが。

 丹羽氏に関しては、WiLL編集長の花田紀凱氏もきょう付の夕刊フジコラムで、昨年3月に北京の日本大使館で面会した際のやりとりをこう記しています。これまたひどいものです。

 《丹羽大使、その時もどんでもないことばかり口走っていた。

 南京大虐殺について。

 「死者の数は30万人だか20万人だか10万人だかそれはわからない。争えば両国にとって損」

 台湾について。
 「台湾独立なんてとんでもない。絶対にあり得ません」

 尖閣漁船衝突事件。
 「マッサージに行っても、中国の庶民は尖閣のセの字も言わない。関心もってませんよ」

 ODAについて。
 「どんどん削ってるけど、たいした額じゃないんだから、続けるべきです」》

 ……聞くところによると、丹羽氏は個人的にはけっこうお金に細かいらしく、就任直後には本来、大使が個人で負担することになっている公邸料理人の供与などについても、「なんとか公費でもてないか」と随分ごねたという話も漏れ伝わっています。




■関連記事
 「丹羽宇一郎駐中国大使は友好路線
 「丹羽宇一郎駐中国大使は更迭すべきである



■追記
 下記に会見全文の報道がありました。

産経ニュース」の「丹羽中国大使会見全文 「尖閣で始まり、尖閣で終わった」」( 2012.11.27 00:44 )
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党のTPPに対するスタンス | トップ | 日中関係に改善に向けて動き... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。