言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

消された年金

2009-10-15 | 日記
紺谷典子 『平成経済20年史』 ( p.318 )

 年金のムダ遣いだけでも腹が立つのに、「消えた年金」で明らかになったのは、厚生官僚、社会保険庁のあまりの杜撰さだ。官の非効率、不公正と悪口は言うものの、それでも、事務処理だけはちゃんとやっていると思っていた。それこそがお堅い官の特徴とまで思っていたのである。ところが、その事務処理がここまで杜撰だったとは。
 データが不足している資料を埋めようともせず、そのまま放置したなんて。名前や住所の読みはとりわけ難しいのに、アルバイトのでたらめな入力に任せていたなんて、信じられないことである。
「消えた年金」だけでも許しがたいが、「消された年金」まであったという。年金は国民の老後を託す大事なお金である。たとえ1円でも多いほうが安心だ。それなのに、経営悪化で資金繰りに苦しむ事業主に、悪魔のささやきを行った。「給与を実際より安くごまかせば、企業負担分が軽くなる」。取り締まる立場で、過少申告を指導していたなんて、年金加入者の老後を何だと思っているのだろう。怒りを通り越して唖然としてしまう。しかも、理由は、自分の成績を上げたいからだという。これで暴動が起きないのは不思議である。
 それだけではない。1年たっても2年たっても、名寄せさえ完成しないのだ。そんないい加減なコンピュータ・システムのために、私たちの年金掛け金から、1兆4000億円も使ったというのだろうか。聞けば、そのコンピュータ会社に大勢の天下りがいるらしい。1兆4000億円は彼らの、給与とボーナスに化けたに違いない。


 「消えた年金」 ばかりか、「消された年金」 まであった。年金は、どうなっているのか、と書かれています。



 年金については、「公的年金は税方式がよい」 と思います。

 その根拠として、年金制度への信頼が揺らいでいることのほか、行政組織の簡素化、を挙げていました。

 しかし、年金制度のみならず、社会保険庁に対する信頼も揺らいできていますね。私は、そのことを忘れていました。

 信頼は、いったん失うと、取り戻すのは困難です。この観点からも、税方式にしたほうがよいのではないか、と思います ( 社会保険庁は廃止されるそうですが、職員は新組織に移って同じ業務を行うのでしょうか ) 。



 問題は、「消費税増税に、国民が納得するか」 ですが、増税といっても、実際には、「年金保険料がなくなって、消費税になる」 ので、( 国民の ) 実質的な負担が増えるわけではありません。

 もっとも、私は、給与に消費税をかけろ、と主張しているので、企業サイドの反発はありうるかと思います。

 私は社民党支持者ではありませんが、社民党の政策に近いものを含んでおり ( 企業負担は同じだが、給与に消費税をかけるところ(=形式)が異なる ) 、公的年金についての発想は、現在の政権に近いのではないかと思います。



 なお、公的年金については、税方式化し、さらに 「年金給付の減額」 も行えばよい、というのが私の意見です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほしいものがない | トップ | 元年金数理課長、年金が本当... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。