魚のあぶく。oO

日々の他愛もない日記と写真などの公開です

「象徴としてのお務めについて」

2016年08月08日 | news
「象徴としてのお務めについて」の天皇陛下のお言葉全文は以下の通り。

 
 戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。

 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 そのような中、何年か前のことになりますが、二度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから、ほぼ二十八年、この間(かん)私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行(おこな)って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井(しせい)の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ二ヶ月にわたって続き、その後喪儀(そうぎ)に関連する行事が、一年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、憲法の下(もと)、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。

 国民の理解を得られることを、切に願っています。 2016.08.08時事通信配信より引用


陛下ご自身の体験もふまえてのお話だと思うけど、今のご自分のことよりも、陛下が崩御された後のご家族の方々への配慮が、今回のお言葉につながったんだろうと思う。

確かに、僕ら国民側からしてみれば、天皇というのは、一種のシステムや制度のような捉え方をしていて、今上天皇が崩御されたら、新しい天皇陛下がその地位にお就きになるという認識なんだけど、ごくごく当たり前の話として、ご家族の方にとっては、天皇陛下は父であり祖父であり、あるいは夫でありといった形で、そこには大切な家族が亡くなるという、大きな大きな悲しみがある。

もちろん、その地位として、そういった私的な感傷は捨てて、ご公務にお励みになるということなんだけど、喪に服すことと同時に、新天皇としてのいわば、慶事ともなる儀式も果たさなければならない。

それを、親を失ってしまうという悲しみのただ中でこなさなければならない。きっと、今上陛下ご自身のご経験から、非常に辛く厳しいことだったんだろうと思う。

譲位が認められれば、新天皇就任の儀を旧天皇がご存命の中、執り行うことにより、晴れ晴れと慶事として行うことができるし、旧天皇崩御の際には儀式としての負担も減り、喪に服すことに専念できる。

とても説得力のあるお話だと思うし、そもそも、譲位自体は昔からよく行われてきたことなんだから、できる限り早く皇室典範を改正するなりして、対応して貰いたいなと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やしきたかじんさん、死去

2014年01月08日 | news
関西を拠点にテレビ番組の司会などで活躍した歌手でタレントのやしきたかじん(本名家鋪隆仁=やしき・たかじん)さんが3日、東京都内の病院で死去した。64歳だった。葬儀は近親者で行った。大阪市出身。所属事務所によると、しのぶ会などの開催は未定という。
2012年に食道がんの治療を受け昨年3月、1年2カ月ぶりに仕事に復帰したが、同5月から再び休養していた。
1976年、歌手としてデビュー。80年代にアニメ映画「機動戦士ガンダム」の主題歌「砂の十字架」や「やっぱ好きやねん」などがヒット。その後は関西のラジオ番組やテレビのワイドショーに出演。コメンテーターや司会者として、歯に衣(きぬ)着せぬ毒舌で人気を集めた。
レギュラー番組は次々に高視聴率を記録したが、東京には本格進出せず、関西を中心に活動していた(2014/01/08時事通信配信より引用)。

残念やなぁ。まだまだ、テレビで見ていたかったのに。謹んで哀悼の意を表します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やなせたかしさん、死去

2013年10月15日 | news
人気アニメ「アンパンマン」を手がけた漫画家で絵本作家のやなせたかし(本名・柳瀬嵩=やなせ・たかし)さんが13日午前3時8分、心不全のため順天堂病院で亡くなった。94歳だった(13/10/15 毎日新聞配信より引用)。


さっき、テレビのニュースで見て、びっくりした。

アンパンマンは、老若男女に愛されるキャラクターやったなぁ。

謹んで、哀悼の意を表します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元任天堂社長の山内溥さん、死去

2013年09月20日 | news
19日亡くなった元任天堂社長の山内溥(ひろし)さんは「ファミコン」でゲームブームを起こし、家庭用ゲーム機を世界的な人気商品に押し上げた立役者だった。

「世界一の娯楽屋になる」が口癖で、米大リーグ球団のシアトル・マリナーズの買収も手がけた。

家業を継ぎ、1959年、米ディズニーのキャラクターをデザインしたトランプを発売し、売り上げを伸ばしたが、その後は鳴かず飛ばずだった。

転機となったのは、電子ゲームに活路を見いだそうという戦略だった。

「エレクトロニクスを使ったおもちゃは受けるかもしれない」

70年、光で標的を狙って遊ぶ「光線銃」を発売。それ以降、電子ゲームに注力し、80年に発売した時計と一体になった「ゲーム&ウオッチ」がヒット。その3年後に売り出したのが「ファミリーコンピュータ」だ。ブームを呼んだ背景には山内さんならではの読みがあった。

「ゲーム機がどんなに優れていても、ソフトがそろわなければゲーム機は売れない」と考えた。

ものづくりへの自信が日本に満ちあふれている時代。流れに逆らうかのように、ハードでなくソフトの開発にまい進した。狙いは的中し、「スーパーマリオブラザーズ」など、数多くの人気キャラクターの誕生に結びついた。

一方で、専用の集積回路(IC)を大量発注してゲーム機の製作費を削り、販売価格を1万円台に抑えた。

ゲームソフト開発の命綱である独創性を問い続け、「日本の画一的な管理教育がいけない」とも訴えた。「選手を横並びで管理したがる日本みたいなやり方は嫌い」と語り、マリナーズのオーナーとしても物まね嫌いは徹底していた。

山内さんは、一線を退いた後も、最近まで頻繁に電話などで岩田聡社長らの相談に乗り、苦境にある会社の将来を気にかけていたという(13/09/20 読売新聞配信より引用)。


なんか、この人は死ぬことがないやろなぁと思えるぐらい、バイタリティ溢れた人やったなぁ。

僕ら世代はインベーダーやブロック崩しといった超初期のTVゲームともに生き続けてきたんで、非常にお世話になったし、とても偉大な方やと思うし、亡くなられたんは大変残念やなぁ。

スマホや携帯ゲームに押されて、家庭用ゲーム機が元気ない状況とのことなので、任天堂には、是非、今一度意地を見せて頑張ってもらいたいものです。

これからも楽しいゲームが世に発売され続けられるよう、お見守りくださいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2020年夏季五輪・パラリンピックは東京で開催

2013年09月08日 | news
国際オリンピック委員会(IOC)は7日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで総会を開き、2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市に東京を選んだ。東京では1964年以来56年ぶり2回目の五輪開催。72年札幌、98年長野の冬季五輪を含めれば、日本で4回目の五輪開催となる。

20年五輪の開催には東京、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)の3都市が立候補。7日の総会では、各都市がプレゼンテーション(最終演説)を行った後、約100人のIOC委員による投票が行われた。1回目の投票では東京が42票で1位通過。マドリードとイスタンブールが26票で最下位に並び、再投票でイスタンブール49票、マドリード45票でマドリードが脱落した。続いて東京とイスタンブールによる決選投票が行われ、東京は60票、イスタンブールは36票で午後5時(日本時間8日午前5時)からの発表セレモニーで、ジャック・ロゲ会長が「東京」の名を告げた。

大会の会期は20年7月24日から8月9日。パラリンピックは8月25日から9月6日まで。新たに建て替えられる国立競技場をメインスタジアムとし、大半の競技施設が中央区晴海に造られる選手村から8キロ以内に配置される。日本武道館など64年五輪と同じ会場で行う競技もある。

東京は前回の16年五輪招致にも立候補していたが落選。当時の石原慎太郎・東京都知事が20年五輪への再挑戦を決め、後任の猪瀬直樹知事が引き続き招致活動をリードした。各界の連携が希薄だった前回の反省から、都とスポーツ界だけでなく国や経済界も早くから招致活動に加わり、各界が連携して東京をアピールしていた。

◇安倍晋三首相の談話

本当にドキドキした。本当にうれしい。国民の皆さんと喜びを分かち合いたい。東京がオリンピック精神を広げ、伝えていけるということを訴えて、IOC委員の心を打つことができた。東京は安全で確実なオリンピックを開催できる。

◇投票の結果◇

【1回目】

東   京   42

イスタンブール 26

マドリード   26

【最下位決定の投票】

イスタンブール 49

マドリード   45

→マドリードが除外に

【決選投票】

東   京   60

イスタンブール 36

(13/09/08 毎日新聞配信より引用)


直前になって、マドリード優位の情報が流れてたけど、無事に東京に決まって良かった(^^)

やっぱり、日本で開かれるとなると嬉しいな。

招致に携わった方々、お疲れ様でした。

もちろん、五輪とは別の問題として、汚染水対策も含めた、原発事故の収束も実施されるように、日本政府には要望します。これはこれで、政府としての義務だから。

ただ、それとは別に、五輪・パラリンピック招致は素直に喜びたい。

招致に携わった方々、ありがとぉ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鮎の塩焼きドッグ、9/1まで

2013年08月14日 | news
京都市下京区の京都水族館が、アユをまるごとパンに挟んだ「アユの塩焼きドッグ」を販売している。アユとパンの意外な組み合わせが話題を呼んでいる。
釣り少年の成長を描いた漫画「釣りキチ三平」に登場するアユの企画展に合わせて開発した。ビールに合うようアユは塩を効かせ、ガーリックパウダー付きのレンコンチップを添えた。
男性向けに開発したが、女性が夏の食材の一風変わった食べ方に興味を抱いて買い求めることも多く、200個ほど売れる日もあるという。1個500円。販売は9月1日まで(13/08/14 京都新聞配信より引用)。



ちょっと食べてみたいな(゜゜)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菅元総理、原発事故で任意の事情聴取を拒否

2013年08月13日 | news
東京電力福島第一原発事故の対応を巡り、業務上過失致傷などの容疑で刑事告発されている事故当時の首相で民主党の菅直人・衆院議員(66)に対し、東京地検が12日に任意の事情聴取を要請したことが関係者への取材でわかった。

菅氏側は聴取に応じず、週内にも「事故対応に問題はなかった」などと告発容疑を否認する意見書を提出する意向を伝えた。

関係者によると、聴取に応じない理由は、政府首脳としての災害対応で捜査機関の聴取に応じる前例を作れば、今後の危機対応に悪影響を及ぼす恐れがあるためだという。

地検は、同様の容疑で告発されている元経済産業相の海江田万里・民主党代表(64)と元官房長官の枝野幸男・衆院議員(49)にも同日までに聴取を要請した。2人も容疑を否認するとみられる。

同事故では、原子炉建屋で水素爆発が起こり、建屋周辺で作業にあたっていた東電社員や自衛隊員ら10人以上が重軽傷を負ったほか、周辺住民も被曝(ひばく)した。告発では、2011年3月11日の東日本大震災直後から、事故対応の指揮を執った菅氏ら3人が対応を誤ったことが事故を招いたと指摘。特に、菅氏が事故翌日に同原発を視察したことが、放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」の作業の遅れにつながった疑いがあるとしている。検察当局は、当時の官邸内部の状況や3人の認識について確認するため、聴取を要請した。

菅氏は自著で、視察前に東電がベントを行うことを了承しており、視察の際もベントを急ぐよう指示したと主張している。意見書でも同様の説明をするとみられる(13/08/13 読売新聞配信より引用)。


結局、やましいところがあるんやろねぇ、としか思えへんけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発する言葉が美しければ、返ってくる言葉も美しい

2013年08月08日 | news
ソウル訪問中の鴻池祥肇元防災担当相(自民党麻生派)が8日、韓国の姜昌熙国会議長との会談で、同国のことわざを用いて関係改善への意欲を示したところ、逆に韓国を批判していると誤解された。鴻池氏は4月に靖国神社を参拝した麻生太郎副総理に近い人物だけに、韓国側は神経をとがらせているようだ。
会談には議員交流事業で訪韓した超党派の国会議員4人が出席。韓国国会によると、姜議長は、議員交流の重要性を強調した上で、ドイツの哲学者ニーチェの警句を基に、「歴史は、それを乗り越え、日本の若い議員たちが未来に対する情熱を持つときに忘れられる」と強調した。
これに対し鴻池氏は「発する言葉が美しければ、返ってくる言葉も美しい」という韓国のことわざが好きでよく使うと説明。「両国間に山積する問題もこのことわざのように、互いに配慮し、心情を理解するところから始めることが望ましい」と語った。
しかし、韓国ではこのことわざが、悪い言葉を口にした相手を非難するときに使われることが多く、聯合ニュースは「日本の最近の動きに対して韓国で乱暴な言葉が出ているので、日本も良い態度が取れないとのニュアンスだった」と伝えた(13/08/08 時事通信配信より引用)。


誤解というか、仮に真意(つまり、日本も韓国もお互いに気をつけよう)が伝わっていたとしても、日本だけが悪い、韓国は全く悪くないと思っている人たちなんやから、どうしようもないわなぁ。

正直、こんな人たちが韓国の代表なら、国家レベルでの関係改善は無理やろう。

日本でも、色々と差別的な言動があって、問題がないとは言わへんけど、少なくとも、政治家レベルでは十分すぎるほど抑制的やと思うんやけどね。

つかまぁ、日本とは別のベクトルで、韓国の場合も政治家以上にマスコミが問題なんやろうけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関西で震度7の緊急地震速報は誤報

2013年08月08日 | news
気象庁は8日午後4時56分ごろ、奈良県と大阪府で最大震度6弱から7程度の揺れが起きるとの緊急地震速報を発表した。しかし、この地震は和歌山県北部を震源とする震度1に満たない地震と判明。同庁は誤報として原因の調査を始めた。
緊急地震速報を受け、JR東海は小田原―新大阪間で、JR西日本は新大阪―新岩国間で新幹線の運行を一時止めたが、午後5時15分までに全線で運転を再開した。
気象庁によると、同日午後4時56分ごろ、和歌山県北部を震源とする地震があったが、震度1以上の揺れは観測されなかった。震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は2.3と推定される(13/08/08 時事通信配信より引用)。


誤報で、なにより(^^)

ただ、あんまりミスが続いて、オオカミ少年みたいになっても困るから、精度はやはり高めて欲しいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民参院会長、馬鹿でもチョンでも発言し撤回

2013年08月08日 | news
自民党の溝手顕正参院議員会長は7日、党本部で開いた会合であいさつし、「安倍晋三首相のように非常に勢いのいい首相の下だと、ばかでもチョンでも(当選する)という要素があるのは否定できない」と述べた。先の参院選で初当選した議員に地元活動の大切さを説く中で発言した。
「チョン」は韓国・朝鮮人に対する差別的な表現とされている。溝手氏はこの後、記者団に「問題があると受け取られてもしょうがないので(会合の中で)撤回した」と説明した(13/08/07 時事通信配信より引用)。


〝「チョン」は韓国・朝鮮人に対する差別的な表現とされている〟とあるように、本来、差別的な表現かどうかはさておき、「されている」わけやね。これには異論もあって(「ゝ(ちょん)」ていう、点、とるにたらないてな意味であって、朝鮮人とは関係ないていう説がある)、個人的には、言葉狩り臭いなぁと思ってる。

まぁ、ただ、それとは別に、この発言の感想は、「確かに、こんな馬鹿なおっさんでも当選してしまうんやもんなぁ(・_・)」、やけど。

報道ステーションで実際に発言をしているところを見たけど、なんか、妙にテンパってて、気の利いたことを言おうと思って、それが空回りしているように見えたな。

ようは、自分の実力でなく、自民党や安倍総理の看板で当選しただけなんやから、驕(おご)らずに謙虚に活動しろよてなことを言いたかったんやろうけど、それなら普通にそう言えばえーのに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加