電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

料理下手ヒロインの6タイプ

2008年05月14日 | アニメ
 『S・A』の第3話で華園光がおにぎりを作るという話が出て来ましたが、これが何とも不味そうなおにぎりでした。学年2位という成績には家庭科の成績も入ってると思うんですけど、調理実習の成績配分は極めて少ないのでしょうか?(それとも実技教科は対象外?)
 さて、現実に理想の女性というとやはり料理の上手な人ってのは大きな条件になってくると思いますが、アニメやマンガ、ゲームの世界では料理の下手なヒロインというのが一種のキャラクター付けの定番になっています。ま、萌え要素とまでは言いませんが……
 しかしよく観察してみると一口に料理下手なヒロインと言っても、その実態はいくつかのパターンに分けられると思います。


(1)味覚音痴型

 味覚感覚が常人とは異なっているために本人が美味いと思ってる料理でも他人には激不味な料理になってしまってるパターンです。
 典型的なのが『うる星やつら』のラムに顕著な激辛指向の味覚の持ち主です。ラムの場合はそもそも味覚感覚なんて違って当然の異星人ですから仕方ないといえば仕方ないのですが、これが普通の地球人、しかも幼馴染みとか家族同然の女の子でしばしば料理を食わせられる存在だったら悲惨ですね。

(2)マニア嗜好型

 これも味覚音痴の一種ですが、自信を持って普通ではありえない創作料理を作ってくるタイプ。料理方法とか食材は変では無いけど、組み合わせが常人の味覚感覚と離れているというか……
 典型的な例は『ハチミツとクローバー』のはぐちゃんと山田さんあたり。けっして食おうと思えば食えない料理で無いところがポイントです。『Kanon』の秋子さんは普通の料理は問題ないのですが《謎ジャム》に関してだけはこの辺りかな。

(3)味見欠落型

 このタイプはほとんどが初心者、あるいは滅多に料理をしないタイプで、たいていは味覚に異常があるわけでも変な創作料理に走ったりするわけでもありません。ただ、どういうわけか本人が絶対に味見をしないで適当に調味するので、通常の料理の範囲を超えた味付けになってしまいます。多くの場合は見てくれだけは丁寧に作ってあったりするので、そのギャップが凄まじかったりします。
 このタイプは枚挙に暇がありませんが、典型的な例としては『らんま1/2』の天道あかねを挙げておきましょうか。他人に食わせた後に自分が食ってみて不味さに気付くというのがセオリーですね。原作版『CLANNAD』の椋シナリオでの初期の藤林椋もこのタイプで、ボタンが被害に遭ってますね。

(4)異次元創作型

 変な創作料理を食わせようとするという点ではマニア嗜好型に似ていますが、こちらは常識的に絶対食えない創作料理を作るタイプです。ケーキに生魚をトッピングしたり、パフェに生きたタコが入ってたりとかいうやつです。
 このタイプはそもそも自分が日常的にどんな料理を食ってるかという観察力が欠落してるというか何と言うか、悪意無しによくこんなものが作れるものだと逆に感心してしまいますね。当然ながら自分では味見しないものと思われます。
 とりあえず例としては『ネギま!?』の神楽坂明日菜を挙げておきましょう。

(5)開き直り型

 絶対に毒としか思えないような紫色をしてたり、メタンガスかと思える泡をぶくぶく言わせてる、とても料理とは思えないものを差し出して食えと強要してくるタイプです。
 このタイプは自分が料理下手なことやセンスが無いことは十分に自覚しているのですが、自分のことが好きな相手なら自分が作った料理を喜んで食うのが当然という絶対的な信念に支えられているので、こんな料理でも平然と差し出せるのです。当然、危険だから自分で食ったりはしません。
 女王様的なキャラが思い付きやすいのですが、『Wind -a breath of heart-』の初期の鳴風みなもが主人公に腐ったような弁当を食べさせようとしてたのも印象的です。

(6)調理室破壊型

 料理の出来・不出来以前に料理の過程で調理室や調理器具を破壊してしまう凶悪なタイプがこれです。当人に悪気は無くても経済的な被害は甚大になります。たいていは機械音痴というか電化製品との相性の悪さが原因だと思われますが、中には『S・A』の華園光みたいに単なる怪力で台所を破壊してしまう場合もあります。
 代表的なのは『らぶドル』の北条比奈かな。毛色の変わったところでは『ロスト☆ユニバース』のミリィで、毎回派手にソード・ブレイカーの厨房を破壊する割には出来た料理は絶品だとか。もっとも、いくら美味くても厨房の修理費と比べてコストが見合うとは思えませんが。


 ヒロインの選択基準として料理の上手い下手というのはあくまで判断材料の一つに過ぎませんから、他にかけがえの無い魅力にあふれていれば料理下手も愛嬌の一つと見なせるわけですが……でも、やっぱし開き直りで殺人料理を食わせられるのは勘弁して欲しいですね。
 逆に料理でヒロインを選ぶとしたら、天道かすみ(らんま1/2)とか、ミルフィーユ・桜庭(ギャラクシー・エンジェル)辺りが上位にランクされそうですね。もっともミルフィーユだと甘いお菓子ばっかり食わされそうでメタボが心配ですけど。

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.522 ... | トップ | 【Kanon】鯛焼きと羽根リュッ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。