みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

どれもこれも〝不適切”にしか見えない

2017年03月05日 | 憲法守るべし
鴻池議員が、「森友学園」が便宜を図るように再三依頼に訪れた際の面会記録を認めて記者会見したことに対して、「森友」は、「鴻池事務所側が金銭を要求したことなどを隠すために、あとから作成したものだ」とホームページに書いたとTVや新聞は伝えている。
「森友」は、大阪府の私立学校設立審議会に「推薦枠」についての虚偽説明をしていた新たな事実が出てきており、このホームページの〝抗議〟もにわかには信じられないが、鴻池議員本人が面会を認めたことで、政治家が関わったことは誰も否定できない事実になった。もしも「森友」が言う方が真実に近いと後日確かめられたとしても、政治家が介在して(金のやり取りがあって)国有財産が不当に安く「森友」に売却されたことは疑いない。
毎日新聞によれば、問題の国有地は元池沼であったが、賃貸価格に反映する必要はないと不動産鑑定士が判定していたものが、「森友」が持ち込んだ鑑定の3か月前に行ったボーリング調査を理由に再鑑定して、池沼地であったことを反映して値下げされたという。これも不思議なことだ。
これまでの経過〝すべて〟が「森友」の要求通りに動いている。財務省、財務大臣が言う「適切に処理された」などとはとても考えられない。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記録を残す鴻池事務所に拍手 | トップ | 大疑獄事件 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
国会中継と清水潔さんのつぶやき (からしだね)
2017-03-06 08:34:23
この事件は、TVなどの報道は森友学園の特異性ばかり強調され、この事件の本質にある「大物政治家の関与」がおざなりにされている気がします。
この流れには注意が必要なように思います。
今日も国会中継がありますから、録画して、夜、じっくり見たいと思います。野党の頑張りに期待します。

ところで、さわや書店発文庫Xの著者、清水潔さんがこういったことをツィッターでつぶやいているそうです。

「この報道はがんばっている」「なかなか役に立った」などと思ったら、その会社に電話なりメールなりしてあげてください。意外な程に社内で話題になります。そして読者、視聴者に支持されているならと更に報じることができるのです。これ本当の話。自分の「知る権利」を守るための一歩になります。

「マスコミはダメ」と十把一絡げにしてしまいがちですが、厳しい環境の中でも自分を貫こうとする人たちを私たちも応援しないといけませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む