to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

永い言い訳

2016-10-16 22:47:39 | the cinema (ナ行)

上映時間:124分
原作:脚本:監督 西川美和
本木雅弘/竹原ピストル/藤田健心/白鳥玉季/堀内敬子/池松壮亮/黒木華/山田真歩/深津絵里
人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・

それなりに一生懸命生きているのに、やらかしている事に気づかない痛い男―…
そもそも彼に「ひとを愛する」ことはあったのか?とさえ思える主人公。
そんな男に突然の妻の事故死の一報が入る。
その日のニュースを不倫相手と見ていた彼は、悲劇の夫を演じるしかなく、、、

予告を観た時に感じた重苦しさはそれほどではなく、
未熟な大人の情けなさ、可笑しさを、優しくみつめ心をほぐしていくような作品でした。


同じように妻を亡くした妻の親友家族、大宮一家と知り合い、
ふとした自分の提案から大宮の子供と接することになった作家の衣笠幸夫。
彼は今まで知らなかった喜びを感じるとともに、一方で、
共に暮らしながら何も知らなかった妻の真実に気付き始める…―それは、
…「別れ」という出会いであったかも......

幸夫と大宮は対極に居て、
幸夫はその歪んだもの言いから夫婦仲はもう冷え切っており、その日の妻の服装さえ記憶になく
突然の死はショックであっても悲しみに打ちひしがれるほどではない。。。
大宮はガマンしている子供を尻目に、恋しさを隠そうともしない愛妻家。
泣けない男と泣く男――
妻への思慕を断ち切れない大宮と、新しい喜びを知った幸夫だったが、転機は訪れる。。。

幸夫がメロメロになる子供たちは二人ともとっても自然でよかったです!
「幸夫くんガンバレ」の白鳥玉季ちゃんは、見覚えがあると思ったら「トト姉ちゃん」に出てた
坂口健太郎さんの娘役だった~。
すっかり伸びた前髪を自分で切るところで、思わずグッと来てしまった

妻が旅行に出かける日に切ってもらった幸夫の髪も伸び、あかりちゃんは自分で切って、
さて、幸夫は・・・?

西川監督らしい生々しさもほどほどで、
心は波立つけれど、でも、その波は温かい。好きな作品です




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「BS日本映画専門ch」で・・・ | トップ | CM の恭子ちゃん♫ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (まてぃ)
2016-12-05 00:27:51
kiraさん、こんばんは。
コメントありがとうございました!
幸夫がだんだんと人間らしい?感情に目覚めていく感じがしんみりきました。
子供2人は可愛くて良かったですね。
白鳥玉季ちゃんには幸夫じゃなくてもメロメロになります~
まてぃさん♪ (kira)
2016-12-05 18:58:35
妻同士が友人で、
その妻たちが引き合わせてくれた、遺された男と子供たち。。。
ある意味、運命的な出会いがそこにあったように感じました。
こどもって・・・
他人のオジサン(幸夫)まで親育てをしてしまうんだぁ・・・と
妙に新鮮な感動でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
永い言い訳〜自家中毒的作家論 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。西川美和原作・監督。本木雅弘、深津絵里、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子、池松壮亮、黒木華、山田真歩。のっけから何か是枝裕和監督の「そして父にな......
『永い言い訳』 “他者”とは誰のこと? (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『ゆれる』『夢売るふたり』などの西川美和監督の最新作。  原作は西川美和自身の書いた同名小説で、これは直木賞候補にも選ばれた作品。  テレビのバラエティ番組にも......
「永い言い訳」:厄介なダメ男の系譜 (大江戸時夫の東京温度)
映画『永い言い訳』は、西川美和監督らしいシニシズムと毒気を孕みながら、物語の先へ
永い言い訳 (あーうぃ だにぇっと)
永い言い訳@よみうりホール
「永い言い訳」☆言い訳の答え (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今年一番の邦画との呼び声も高い、西川美和監督が自らの小説を映画化した作品。 もっくんが出演する映画なら間違いはない・・・・というのは事実だった。 笑いも有り、私なんて......
隣の芝生は青い。『永い言い訳』 (水曜日のシネマ日記)
交通事故で妻が他界した小説家のその後を描いた物語です。
永い言い訳(2016) (銅版画制作の日々)
 妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった。そこから愛しはじめた。 東宝シネマズ二条にて公開日に鑑賞。本当は京都シネマで鑑賞しようと思っていたんだけど・・・・・。時間が......
永い言い訳 (映画的・絵画的・音楽的)
 『永い言い訳』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)西川美和監督の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、椅子に座った衣笠幸夫(小説家の筆名は......
永い言い訳 (そーれりぽーと)
妻に先立たれた浮気夫の話。 『永い言い訳』を観てきました。 ★★★★ 内容についてはネタバレ以降で。 本気で嫌な男を演じる元木雅彦と、純粋で単純な男を仏頂面と笑顔の2パタ......
永い言い訳 (まてぃの徒然映画+雑記)
『ゆれる』「『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督の最新作。主演は『おくりびと』以来の本木雅弘、共演に深津絵里、竹原ピストル、子役で藤田健心と白鳥玉季。 ......
妻が死んだ、その後・・・ (笑う社会人の生活)
30日のことですが、試写会「永い言い訳」を鑑賞しました。 一ツ橋ホールにて 小説家の津村啓こと衣笠幸夫の妻 夏子はバスの事故でこの世を去る しかし夫婦に愛情はなく幸夫は悲......
「永い言い訳」 (2016 アスミックエース) (事務職員へのこの1冊)
およそ一筋縄ではいかない映画でした。「ゆれる」「ディア・ドクター」「夢売るふたり」などの西川美和監督は小説家としても有望株で、この作品の原作で直木賞候補になっている......