to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

傷だらけの男たち

2007-07-27 00:41:49 | the cinema (カ行)
原題 傷城/CONFESSION OF PAIN
製作年度 2006年
製作国・地域 香港
監督 アンドリュー・ラウ/アラン・マック
脚本 フェリックス・チョン/アラン・マック
出演 トニー・レオン/金城武/スー・チー/シュー・ジンレイ/チャップマン・トー/ユエ・ホア

2003年のクリスマス、ポン(金城武)が凶悪犯を逮捕した晩に、彼の恋人は自殺を図り還らぬ人となる。3年後、酒浸りの日々を送っていたポンは、刑事を辞めて私立探偵になっていた。彼の元上司のヘイ(トニー・レオン)は富豪の一人娘スクツァン(シュー・ジンレイ)と結婚し、幸福な生活を送っていたが、ある日、義父が何者かに惨殺され……。 (シネマトゥデイ)

ストーリー自体には目新しさはなく、日本の2時間ドラマにもよくある筋書きだと思う。
「火サス」「土曜ワイド」などではおなじみの展開。
でもこれが「インファナルアフェア」のチームにかかると、
謎解きよりもスリリングな男たちの人生のドラマになる。
冒頭の車での追跡シーンなど、凝ったカメラワークが随所にでてくるので、面白い反面、
同時進行で再現シーンを入れてみたりするところなど、欺かれないように観客は緊張するので
その分、感情移入がむずかしい作品になってしまった気が・・・

「恋する惑星」から12年――トニーは現在45歳?
渋さの中にも相変わらず甘さのある表情、こういう翳りのある役がホントに似合います
覚めた怒りといったらいいのか、心の冷え切った人間の怖さみたいなものを上手く出していました
金城君もまた髪を長くしている為か、全くトシをとりませんね
スーチー演じるポップなビールガール(?)に少しづつ癒されていく傷ついた男を
チャーミングに若々しく演じていました

PG-12という事で多少緊張していたのですが、暴力シーンはやはりリアルでした

こういうダークな主人公を演じてみたかったというトニーですが、ぴったり嵌っていました。
金城君とトニー・レオンの演技に尽きる作品でしたね~

最後に、、エンドロールで流れたアユの「Secret」
たしかにアユは中華圏での人気も高いけど、、エイベックスやりすぎじゃない?
ただ、アユ効果かどうか、最後まで席を立つ人はほとんどいませんでした



ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日のハリポタ特番♪ | トップ | 今週の「とんねるずのみなさ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (由香)
2007-07-27 14:36:39
お邪魔します^^・
ストーリーに目新しさはありませんでしたが、トニー&金城の哀愁漂う表情が良かったですね~
で、これはレオナルド・ディカプリオがまたまたリメイクするそうですね。そちらの方も楽しみです(レオファンなので・・・照)
由香さん~♪ (kira)
2007-07-28 01:30:51
こんばんは!いつもコメントして下さり、ありがとうございます
キャストとカメラワークで魅せた作品というきがします。

リメイク時のハリウッド的キャスティングをアレコレ考えるのも楽しいですよね
レオ様、やっぱりヘイ役~という予想もかなりの数でいらっしゃいますね
ちょっと幸薄いレオ様、好きですけど(笑)
kira さん☆ (mig)
2007-07-28 01:36:55
こんばんは♪
お久しぶりです☆
コメントありがとうございます♪

そういえばトニーは45歳、若いですよね~。
昔の作品から観てるから、そんなに老けた感じがしないというか、、、
あゆの曲はavex、ほんとやりすぎですよね。
でも思ってたより、意外とあってました。
わたしが観た劇場でも皆座って最後までみてました~☆
コメント感謝です (any)
2007-07-28 10:31:29
kiraさん、こんにちは♪
いつの間にやら、可愛い絵文字が増えてる~

いやぁ~それにしてもカッコ良かった☆(←こればっかり)
私の場合、金城作品のまともな感想なんて書けやしません(笑)
でも、恭子ちゃん共演「神様~」の啓吾からみると、
随分と男の哀愁を出せるようになりましたね
敬愛するトニーの影響もかなりあったんでしょうか?
エンドロールの曲は、ちょっと残念でした...
せめて、広東語で歌って欲しかったぁ~。
TB&コメントありがとうございました☆ (rikocchin)
2007-07-28 14:00:47
kiraさん、こんにちわ~☆

この作品はまったく多くを期待してみたわけではなかったですが、主役二人が良かったおかげでなかなか楽しめました~

殺人のシーンは、もの凄くリアルな効果音にぞくっとするほど恐かったです。頭を割るシーンなど、グシャリ・・みたいな擬態語に表現できないようなリアル感がありました(あ、ちなみに当たり前ですが、人の頭を割った経験はないので(笑)、想像の域ではありますが・・)
スリーハンドレッドのようにどば~っと吹き上げるような血しぶきで、ポロンポロン頭や腕が飛んでいくほうがずっと恐くないですよね~

なんと言っても金城さんに合っていたポンの演技が良かったですぅ

正直なところ。。。 (ゆう)
2007-07-28 16:50:01
kiraさん、こんにちは!!

キネマ旬報で酷評されていたことが
ちょっと悔しいんですけど
武くんファンとしてはカッコいい武くんが
観られたので、ま、いいか~って感じです
欲を言うならもうちょっとストーリーに
「厚み」がほしかったかも。
migさ~ん* (kira)
2007-07-28 23:29:38
こんばんは♪お越し下さりありがとうございます

ストーリー云々より、登場人物の名前が覚えられませんで・・
スーチーのこと、「今カノ」って書きそうになりました

あゆの曲、曲自体はいい歌なので最後のほうでは「なかなかいいじゃん」
って聴いてましたが、すっかり映画の余韻は無くなってしまったかも
トニー、金城くんの魅力に尽きる映画でした~
anyさん~* (kira)
2007-07-28 23:40:40
こんばんはーお越し下さりありがとうございます!

>私の場合、金城作品のまともな感想なんて書けやしません
とってもよくワカリマス
私が初めて恭子ちゃんと金城君を知ったドラマ「神すこ」は、
未だに草稿中特別な作品なので、
何十回も観たのに、書けないで居ます
現在日本で撮影中だという次回作も楽しみです~
rikocchinさん~* (kira)
2007-07-29 00:01:57
こんばんは~♪お越し下さりありがとうございます

「スリーハンドレッド」は未見なんですが、わかります、解かります!
本作のような残忍さが、実は一番コワイ描写かも知れないですよね...
底知れないヘイの孤独と犯罪者に向ける憎悪が良く現れたシーンでした

金城君(←まだクンづけ)今回特にセクシーでしたね~
リターナーの時よりアクションシーンはなかったけど男っぽく感じました
ゆうさ~ん* (kira)
2007-07-29 00:19:27
こんばんは~お久しぶりです!

どうしても「インファナルアフェアー」と比較されちゃって可哀想なくらいです
全く別ものなのに・・金城君も予期していたとはいえ
ここまでとは思っていなかったでしょうね。。

ストーリーに厚み、、男2人の心理描写をもっと丁寧に見せて欲しかったです!
でも金城君、はまってましたー
TBありがとうございました (サラ)
2007-07-29 12:54:54
こんにちは!
インファのファンなので、また同じスタッフで映画を撮ってくれて、うれしかった作品です。
インファは越えられないとわかっていたので、雰囲気や映像でカケラを楽しみました。
冒頭の車での追跡シーンの凝ったカメラワークはカッコよかったです。
なによりも大好きなトニーの瞳を見れたので・・・
シアワセでした
惜しい気がします。 (あかん隊)
2007-07-29 21:58:08
素材もよく、テーマも深い…それだけに、これだけの尺で納めるために編集されてしまったのが、とても惜しいです。トニーも金城くんも、良い演技をしていたと思うし。掘り下げて、せめて前後編(2部作)くらいにしても良かったかも、と。やや駆け足だったストーリーが残念でした。
サラさん~* (kira)
2007-07-30 00:56:42
こんばんは~
お越し下さり、ありがとうございます!

「愛猫レオンくん」やはりトニーからだったんですね

トニーも金城君も魅力全開でしたが、前半部分にやや時間をかけすぎたのか
観客は、傷の深さを見せられないままクライマックスにいっちゃったのが残念でした
「恋する惑星」久しぶりにみてみたくなりましたね~
あかん隊さん~* (kira)
2007-07-30 01:06:06
こんばんは

>掘り下げて、せめて前後編(2部作)くらいにしても良かったかも
そうですね、それも制作費の関係もあるかも知れませんね。
香港映画はなにかと揉めることも多いと聞きますので
愛と罪と赦し・・・もっと迫ってほしかったですね
こんばんは (チョコ)
2007-07-30 20:33:23
コメントありがとうございました。

トニー・レオンの淡々とした暴力がものすごーく恐かったです。
完全犯罪を目指すなら、むしろ疑われてしまう結婚をすることはなかったんじゃないか、とか
ポンと死んだ恋人のいきさつが分かりにくかったりした点はありましたが
全体に流れる空気は、やっぱ独特のものがありました。

次はレオ様、ですね。
楽しみです。

チョコさん~* (kira)
2007-07-31 01:03:48
こんばんは~
お越し下さり、ありがとうございます!

本当に・・・もっと丁寧に、2人の傷口をみせてほしかったです!
チョコさんがご自身の記事の中で触れられた最後のポイントも
ワタシも全く同じところにひっかかりを覚え、残念でした。
この、アジアのいい男の切ない生き方、
ハリウッドはどういうコンビで演ってくれるんでしょうか、楽しみです
こんばんは♪ (ミチ)
2007-09-03 23:14:00
kiraさんがおっしゃるように、下手すれば「火サス」みたいな展開になってしまうかもしれないような物語だったのに、さすがはインファナルチーム!
男2人のすばらしいドラマになってましたね~。
トニーも金城君もすごくカッコよかった~。
実はドラマに出ていた頃に金城君には苦手意識があって全然見たことが無いんです(汗)
彼にはスクリーンが似合うと思うわ~。
しかも中国語をしゃべってくれるとセクシー度アップ!
ミチさん~* (kira)
2007-09-05 00:09:06
こんばんは~☆
コメント、ありがとうございます♪

目新しくも無いストーリーでも、凝ったカメラワーク、
トニーの名演、金城君のカッコ良さで最後まで持って行きましたね~
金城君ドラマっていうと、「神様、もう少し」でしょうか?
あの頃、なんだかセンター分けのロン毛が芸術家っぽく見えたのか、やたら多かったですよね^^;
長瀬くん、江口くん、キムタク、、
金城君、そろそろ邦画にも出て欲しいです。「スペトラ」みたいな

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
傷だらけの男たち (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レオナルド・ディカプリオ主演でリメイクが決定しているこの作品。それなら多分悲しい結末だな・・・ (レオ君は悲劇がお好き)【story】かつては上司と部下の関係だったベテラン刑事のヘイ(トニー・レオン)とポン(金城武)。しかしポンは、恋人が自ら命を絶った事で...
傷だらけの男たち (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
「インファナル・アフェア」から5年。アンドリュー・ラウとトニー・レオンが再び手を組んだ!                           評価:★8点(満点10点) 2006年 111min ...
傷だらけの男たち/トニー・レオン、金城武 (カノンな日々)
待望の金城武くん主演作!しかもアンドリュー・ラウとアラン・マックの「インファナルアフェア」チームによる最新作でW主演がトニー・レオン、共演がシュー・ジンレイ、スー・チーだもんね、もぉ期待に胸がワクワクしちゃいます。 出演はその他に、スー・チー、シュー...
傷だらけの男たち (B級パラダイス)
予告編で観て思い描いていた内容とはちょっと違ってましたが、すっごくよかったです!!あまりの切なさに涙がほろほろと零れてしまいました。
傷だらけの男たち (Diarydiary!)
《傷だらけの男たち》 2006年 香港映画 - 原題 - 傷城 - 英題 -
傷だらけの男たち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『傷ついた二人に 愛を呼び戻した、殺人事件。』  コチラの「傷だらけの男たち」は、「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督とトニー・レオン主演のコンビによる7/7公開になったPG-12指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ...
「傷だらけの男たち」:毛利二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あら、この犬、さるぐつわみたいなのさせられて、かわいそう。 {/kaeru_en4/}こうしておかないと人間に咬みついちゃうんじゃないのか。 {/hiyo_en2/}でもねえ、こんなものさせられたら不自由でしかたないと思うんだけどねえ、犬にしたって。 {/kaeru_en4/}そ...
傷だらけの男たち (ルナのシネマ缶)
「インファナル・アフェア」の 大ファンとしては、 見逃せない作品ですが、 「傷だらけの男たち」って 邦題は、なんかダサイよなぁ~。 そのまま「傷城」か 「CONFESSION OF PAIN」の方が ずっといいような気がするんだけどね~。 今回のトニー・レオン、何か...
傷だらけの男たち /傷城 /Confession of Pain (我想一個人映画美的女人blog)
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} 『インファナル・アフェア』三部作のスタッフによる話題作。 ...
★★★★「傷だらけの男たち」トニー・レオン、金城武、スー・チ... (こぶたのベイブウ映画日記)
※ネタバレ注意哀しみを秘めたトニー・レオンがとても印象深い!「家族」を殺された子供が、独りぼっちで生きてゆくには、復讐を生きる糧にする他なかったのかと切なかった。ヘイの人生の目的だった「復讐」が、彼の望み通りに達成されても、決して幸せにはなれない哀しい...
【傷だらけの男たち】 (+++ Candy Cinema +++)
【傷城/CONFESSION OF PAIN】 監督    ≪ アンドリュー・ラウ 脚本    ≪ フェリックス・チョン 製作年度 ≪ 2006年 日本公開 ≪ 2007年7月7日 上映時間 ≪ 1時間51分 製作国   ≪ 香港 配給    ≪エイベ
「 傷だらけの男たち/傷城 CONFESSION OF PAIN (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : アンドリュー・ラウ、アラン・マック 出演 : トニーレオン /
ヘイに感情移入しちゃったよ@傷だらけの男たち (武と映画と日常)
観てきました{{{『傷だらけの男たち』}}} 冷静な感想としては{{{「インファナル アフェア」}}}は超えてないかな。 比べる必要もない(武くん自身も全く別物と言ってますよね)のですが、 「インファナル~のスタッフが集結云々」というのを 売りのひとつにしちゃっ...
傷だらけの男たち (tomozoのうれし★たのし★大好き)
トニー・レオンに金城武。お気に入りの俳優が出ている映画なんて、もうただただスクリーンを眺めているだけで幸せなのである。同じ思いの人が多いのか、館内は初回にも関わ
悪役初挑戦 【傷だらけの男たち】 (犬も歩けばBohにあたる!)
この映画の日本公開を、どれだけ待ち望んだことか…。 すでに、このブログでも2回、
傷だらけの男たち (future world)
~トニーレオン&金城武主演、あの「インファナル・アフェア」のスタッフが製作、ディカプリオ出演でハリウッドリメイク決定~ ということで、はりきって観に行きましたが・・・ やや期待はずれ・・・ まぁそもそも「インファナル~」と比べること自体間違ってるわ...
「傷だらけの男たち」 (てんびんthe LIFE)
「傷だらけの男たち」一ツ橋ホールで鑑賞 アンドリュー・ラウ監督の描く繊細な男たちの世界が好きです!!いい男しか出てこないし。今回はトニー・レオン×金城武。 でも、どの作品も作品の中に入り込むまでに時間がかかります。状況を把握するのがとても難しいから。...
傷だらけの男たち (It's a Wonderful Life)
この記事は3月3日にDVDで観てしまったとき にアップしたもの。 試写会でスクリーンで観させていただいたので再アップしました。 なんせ広東語&英語字幕でテレビサイズで観た感想だったので ちょっとだけ追記を・・・。ダメな映画の見方です・・・。 7月...
傷だらけの男たち (愛猫レオンとシネマな毎日)
「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督の最新作です。 原題は「傷城」 今回は、インファナルを手掛けたチームが再結集して、脚本もアラン・マックが 参加してます。 早々と、ハリウッドでリメイクが決定されてるそうで・・・ 又、トニー・レオ...
オーソドックスな香港ノワール●傷だらけの男たち (Prism Viewpoints)
傷ついた二人に愛を呼び戻した、殺人事件。 生きることが、痛みだった。 この痛みに、生きていた。 『Confession Of Pain』 原題は、『傷城/CONFESSION OF PAIN』 キャストは、トニー・レオン、金城武、スー・チー
傷だらけの男たち (cococo)
タイトルに惑わされてしまったが、彼らの「傷」があまり伝わらなかった。とにかく、
傷だらけの男たち (映画鑑賞★日記・・・)
【傷城/CONFESSIONOFPAIN:2007/07/07】(07.07鑑賞)製作国:香港PG-12監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック出演:トニー・レオン、金城武、スー・チー、シュー・ジンレイ、チャップマン・トー、ユエ・ホア、ヴィンセント・ワン、エミー・ウォン2003年のクリスマス。...
映画『傷だらけの男たち』よかった☆ (ERi’s room)
トニー・レオン、金城武主演の映画『傷だらけの男たち』をようやっと観て来ました。何といっても、私はトニー・レオンが大大大好きなもので、もう今回も非常に楽しみにしておりました☆インファナル・アフェアのスタッフが
傷だらけの男たち <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
傷ついた二人の男の物語。久々の武ちゃんとの再会で 頭がかなり だったワタクシ(笑)哀しい役をやらせたら 武ちゃんたら もう最高っっ はまりすぎだぁぁ 美しすぎるぅぅぅ彼女をお姫様だっこして病院を走る姿が 神すこの深キョンを思い出しましたが。。。それはさ...
『傷だらけの男たち』 (Rabiovsky計画)
『傷だらけの男たち』公式サイト 監督:アンドリュー・ラウ 、アラン・マック 脚本:フェリックス・チョン 、アラン・マック 出演:トニー・レオン 、金城武 、スー・チー 、シュー・ジンレイ 、チャップマン・トー 2006年/香港/111分 おはなし Yah...
傷だらけの男たち (any's cinediary)
傷ついた二人に 愛を呼び戻した、殺人事件。 久しぶりの公開初日での鑑賞となりました。 金城武とトニー・レオンという日本でも知名度の高いキャストだったため、初日は混雑してるの...
映画 【傷だらけの男たち】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「傷だらけの男たち」 『インファナル・アフェア』シリーズを手がけたチームによる最新作。 おはなし:2003年のクリスマス、ポン(金城武)が凶悪犯を逮捕した晩に、彼の恋人は自・殺を図る。3年後、酒浸りの日々を送っていたポンは私立探偵になっていた。彼...
『傷だらけの男たち』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
傷だらけの男たち(初回生産限定)『インファナル・アフェア』のスタッフによる最新作。以前は上司と部下の関係にあったベテラン刑事と私立探偵が、刑事の義父にあたる富豪の殺人事件に巻き込まれていく様を描くドラマ。2時間を切る映画ながら、映画の中身の濃度は非常に....
『傷だらけの男たち』 (『映画な日々』 cinema-days)
傷だらけの男たち 20年余、変名・偽装結婚して惨殺された 家族の復讐を果たす刑事とその真相を暴く 元部下の私立探偵の相克を描く。 個人...