to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

GANTZ

2011-02-04 21:39:51 | the cinema (カ行)
製作年度 2010年
上映時間 130分 PG12
原作 奥浩哉
脚本 渡辺雄介
音楽 川井憲次
監督 佐藤信介
出演 二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/綾野剛/戸田菜穂/田口トモロヲ/山田孝之

欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、前・後編の2部作で映像化したSFアクション超大作。
まったく就職が決まらない大学生の玄野(二宮和也)と、彼の幼なじみで正義感の強い性格の加藤(松山ケンイチ)は、電車にひかれて命を落としてしまう。しかし、黒い謎の球体“GANTZ”が彼らを呼び出し、“星人”と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる。加藤は争いを避けるが、玄野はサバイバルに身を投じることを決意する。

ニノと松ケンが共演~というだけで、ほとんど去年の発表時の情報のままで観に行きました
全く原作はその存在さえ知りませんでしたが、とっても楽しめました

これは2部作の前編ということで、私が楽しみにしていたもう一人、山田孝之クンは、
2時間を過ぎても一向に登場せず・・・・・・ですが、
綾野クンも、戸田菜穂サンも、後編に登場、見せ場があるのかもですね。
因みに前編終盤にようやく出てくる山田君のキャラはオリジナルだそうで、原作ファンの方も、
彼の登場シーンには興味を引かれるところでしょう。

就活中の玄野は、一瞬「フリーター、家を買う。」の誠治に見えるんだけど、
彼らが召還された時点でただひとりサバイバルバトルを生き抜いていた高校生・西(本郷奏多)に煽られ、
幼馴染の加藤と再会したことで、昔の自分を思い出し、
玄野は次第に「自分がやるべきこと」の思いを強くしていく。

その家庭環境から、大きく人生を狂わせてしまった松ケン演じる加藤も、
どこかで自分の人生を投げてしまっているけど、正義感と優しい性格は隠せず、まだ幼い弟のためにも
生き残らなければならず、他の人と力を合わせて戦う決意をするのだけれど・・・

・謎の球体・ガンツは、一応中に生命維持装置をつけた男がいる。
・ガンツのミッションの、敵は異形の○○星人、けっこう多彩である。
・毎回、それぞれのガンツスーツと武器が用意されている。
・生きていれば(息があれば)転送され最初の部屋に戻され、ガンツは個人成績を表示。たとえば、
 「くろの 0てん ○○しすぎ」てなカンジで、
・2回目から累計も表示され、「あと○○点で おわり」てなカンジ。
・死者は画像で知らされ、これまでの死者の多くの画像の中に組み込まれる。
・100てんめにゅ~が選択できるらしい。
 
たぶん、この100てんめにゅ~が、彼らの希望となり、究極の選択になるだろう事は予想できるんだけど、
その採点の基準も解らない。
敵を倒したら100てんになるわけじゃないみたいだし、
アシストは点数に反映されないのかも判らない。(だってぇ、連係プレーとかで倒す場合もあるし。)

他にも、
おばあちゃんと孫という、戦意を持たないだろうひとまで転送されてきたのに、
一緒に死んだはずの加藤が助けようとした酔っ払いの姿がないこととか、
いつも彼らが一人の時にしか召還されないのか、とか。。
謎がいっぱいなんだけど、それも2作目の後編で明らかになることかな~。

 採点されちゃうぞ~

ニノや松ケンは当然カッコイイです!が、
その若者に混じって戦いの場にいる田口トモロヲさんが、ガンツスーツが意外に似合っていて新鮮~
イイネ!がんばれ、中年・期待の星

しばらく漫画を見ない私も、これだから日本の漫画家は凄い!と嬉しくなる発想の斬新さですが、
過激な戦いの中には結構アレやコレやが飛び散りますので、PG-12ですが、そこのところはご注意。

第2部の前売りももう開始されているみたいだし、あまり間をおかずに4月公開というのも嬉しい
楽しみにしたいと思います!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大切なことはすべて君が教えてく... | トップ | グリコな恭子ちゃん♪ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバありがとうございます! (愛知女子)
2011-02-05 00:28:05
こんにちは。山田孝之が出て来るとは思わず、何やってるのっ!?Σ( □ ;)とビックリしました。
ついに謎だらけで終わりましたw
予告編に出ていた車内銃撃戦などは後半のお話なのですね。色んな意味で予告編が先走り過ぎましたね。(笑)
田口トモロヲは続編ではどうなるのかわたしも楽しみです。
ではでは ヾ(^∇^)
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2011-02-05 02:24:37
おっ!ご覧になりましたね^^
ニノ、確かに、地下鉄のシーンでは、フリーター~の誠治でしたね(笑)

私も全く何も知らずの鑑賞、一緒に行った
主人は、コミックもアニメも鑑賞済みでした(笑)そんな対照的な二人でしたが(笑)、二人とも楽しめました♪

確かに採点基準って気になるね(^^;
トモロヲさんのこう言う役、スクリーンで
観るのは初めてかも?後編に中年の星に期待したいね(^_-)-☆
こんにちは~! (JoJo)
2011-02-05 16:00:32
Kiraさん、ごぶさたです♪
「南極料理人」にTBさせていただいたのですが、コメントはこちらに(笑)

これ、てっきり1作品だと思いきや、
前編・後編の2部構成なのですね!
松ケン出てるので、興味あるのですが、
けっこうグロいと聞いてしまい、
ちょっと悩み中・・・スクリーンで観るのは
辛いかも!?

漫画のほう、ちょっと読んでみようかな?
愛知女子さん* (kira)
2011-02-05 21:36:50
こんばんは。コメント、ありがとうございます♪
あのキモ可愛い星人の造形に「ヤッターマン」に関わった方とか
キャスト陣では特に音楽と脚本、プロデューサーしかチェックしないので、
とっても興味深く読ませていただきました
そうそう、田口さんの意外な部分も
またお邪魔させていただきますね♪
ひろちゃん♪ (kira)
2011-02-06 01:01:48
ニノの役って、原作では高校生?
でも、就活中の大学生ってことにして、撮影は実は
「フリーター~」より、コッチの方が先だったんだよね~。
でも、あの面接のシーンはまんま誠治だったわ(笑)

ニノも松ケンも、細やかな心情表現が上手いし、
アクションだけじゃなく、引き込まれたよね~♪

原作を知らない強み、これからの展開も予想できないから、
本当にわくわくで後編を待てます
JoJoさ~ん* (kira)
2011-02-06 01:25:14
>けっこうグロいと聞いてしまい

うん、、、でも設定的に、私は大丈夫でした。
なんというか、、
ナマナマしくはない感じ?
そこらへんは原作の方がかなりハゲシイみたですね。

音響も、意外と(この手のモノにしては)激しくないと思いましたよ。
松ケンはこの加藤訳の為に12キロも増量して
筋肉をつけて、玄野との体格差を原作に近づけるようにしたらしいですね。
やっぱり飄々としてるけど凄いです、彼は。
楽しみにして大丈夫
こちらにも (マリー)
2011-02-06 22:45:52
ガンツスーツがカッコいいよね~。
結構誰が着ても似合うよね~(田口さんも 笑)

あの全裸転送シーン、ちょっとドキドキしちゃった。
漫画で知ってる長男とかは、そうきたか・・?って思ったらしい。
子ねぎ星人とか、かわいそうな気がしちゃって・・・
田中星人は怖かった~~~!あの動き。
後、もうこれから好きな社寺巡りとか出来ないわ・・とか思ってしまったり(笑)
とにかく後編が楽しみです。
マリーさん* (kira)
2011-02-07 15:37:01
あの転送の画もなかなかいいよね
あれで、その後に起きるグロも、なんかナカットコトに自分の中で整理できた(笑)

>子ねぎ星人とか、かわいそうな気がしちゃって・・・
そうなの
私なんかきっと一番先にやられちゃうわ、きっと
ネーミングのゆるさに騙されちゃうところよね~、田中星人
(帰ってから子供にネギ星人のマネをしたら、大うけでした~

トモロヲ期待大 (メビウス)
2011-02-07 21:02:40
kiraさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分は一応原作読んでるので、冒頭からかなりの謎をはらんでいる本作にも結構早く順応は出来たのですが、初見の方だと情報が無い分やっぱり松ケンやニノといった出演者に焦点を絞らなければいけないのは仕方ないかもしれませんね。ガンツもガンツであんまり詳細な説明をくれないし、『くだちい』なんてふざけた文章もイラッと来る人がいるかもしれません(汗

そいえばキャラクターの中だと自分はトモロヲさんが演じてた鈴木のおっちゃんが好きでしたね。おっちゃんは漫画の方でも好きですし、後から玄野と一緒に結構活躍するので、パート2では個人的にトモロヲさんに注目ですっ。
メビウスさん* (kira)
2011-02-08 18:45:16
>ガンツもガンツであんまり詳細な説明をくれないし
>、『くだちい』なんてふざけた文章もイラッと来る人がいるかもしれません

あはは
実は、観に行く前のPR番組をちらっとみたら、
NYでニノと松ケンが、ちいさいガンツ球からのミッションを受け取ると言うものだったんです。
その手巻きガンツから出てくる指令書で「くだちぃ」に遭遇していました(笑)
で、本編中に出てきた時、(ホントにくだちぃっていうんだあ・・)と
妙に感動しました(爆)

ニノもケインイチくんも好きですが、第2部は山田くんもいるし、トモロヲさんも戦うんでしょ?
わくわくです~
TB有難うございました (シムウナ)
2011-02-13 20:22:44
TB有難うございました。
原作未読で観賞しましたが、
冒頭から、ぐいぐい引き込まれる展開に
興奮状態でした。原作とは異なる結末に
完璧な答えが提示されるのか
非常に楽しみです。
シムウナさま* (kira)
2011-02-15 01:04:13
>完璧な答えが提示されるのか

これはまだ原作は続いているお話なんですよね?
映画は2部作ということで、終わってしまうのでしょうか?
楽しみが終わってしまう寂しさを今から心配しております
どおもおお (sakurai)
2011-02-25 08:07:09
やっぱ原作は知らない派ですか!あたしも。
結構な数の漫画は読んでたんですが、さっぱり知らずにお恥ずかしいですわ。日本の漫画、おそるべしですね。
加藤が助けた酔っ払いって、電車の?
あれって、助けた後にクロノが線路に行ったんでは、と思ったのですが。

トモロヲさん、あのまんま、微妙な位置で終わっちゃうんでしょうかねえ。
数少ない、一緒に酒飲んだ芸能人さんなんで、活躍が見たいです。
sakuraiさん* (kira)
2011-02-26 01:51:04
年若い男子に囲まれていらっしゃる(爆)sakuraiさんがご存じないんですもの、ま~ったく知らない世界でした。
でも、これは知っていたとして、見ることは無かったと言えます。
ニノと松ケン!!もうそこだけなのですよ~(笑)

そうそう、思い出しました!
>助けた後にクロノが線路に行ったんでは
そうだったかも!
そして、いやに加藤とクロノの体格差を気にしていた松ケンの言葉も
ついでに思い出しました。
その体格差を忠実にするために何キロか増やしたんですよね~、松ケン。
それがあの場面に生きてきたんですね~。ぅぅ~~む。忘れていました

>数少ない、一緒に酒飲んだ芸能人さんなんで
ええ~~?そうなんですか~!
いや、あのままではナイと思います!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『GANTZ』 (よくばりアンテナ)
グロいし、怖いし、気持ち悪いシーンもあるし、ハラハラドキドキして、 息をするの忘れちゃうような、 ま、とにかく面白い作品でした~~~!! 原作のコミックは読んでませんが、 原作知らずとも映...
『GANTZ』 (こねたみっくす)
俳優・二宮和也の百面相を見るだけでも十分な映画でした。 原作が持っているエログロな雰囲気は後半には完全失速、人間ドラマも薄っぺらいなどマイナス要素が満載でも、アクショ ...
『GANTZ』 このスーツを見よ! (映画のブログ)
 映画の楽しみの一つは、エンドクレジットだろう。そこには、他では得られない情報や種明かしがある。  エンドクレジットを見れば、公式サイトをはじめとした宣伝では紹介していないけれど実は有名俳優が...
GANTZ/二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子 (カノンな日々)
初めて劇場予告編を観たときは「いったいこれは何?」という感じで内容がよくわからなかったのですが、その後のバージョンチェンジした予告編で星人とかいうモノたちと戦うSFアク ...
GANTZ (LOVE Cinemas 調布)
奥浩哉の同名人気コミックを二部作で実写映画化したうちの前編。GANTZと呼ばれる謎の球体に集められた主人公たちが、個性的な装備で“星人”たちとの戦いを強制されるSFアクション映画だ。主演は『大奥』の二宮和也と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。監督は『ホッタ...
『GANTZ』 (ラムの大通り)
※『PART2』の大胆予測もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----あらら。これもコミックの映画化だ。 「残された最後のカリスマ漫画」。 また、大きく出たもんだニャあ…。 「う~ん。 漫画は、その多くが若い人をターゲット...
GANTZ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
GANTZ VISUAL BOOK (タレント・映画写真集)現在も連載中の人気コミックを原作とする物語は、独創的で不条理な世界で苦悩しながら戦う2人の青年が主人公。物語は ...
『GANTZ』 | 松山ケンイチの傑出した存在感と演技力。 (23:30の雑記帳)
松山ケンイチにとって日本というフィールドは すでに狭すぎるようです。 他の共演者がかすんで見えるほど、 その存在感と演技力は圧倒的な迫力をもって 見る者に迫ってきま ...
GANTZ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
奥浩哉のベストセラーコミックを原作として、前・後編の二部作として構成されたSF大作。 死んだはずの人間たちが、謎の黒い球体“GANTZ(ガンツ)”に召喚され、“星人”と呼ばれる異形の敵と戦う、命がけのミッシ...
映画鑑賞【GANTZ】こんな映画観なら、もう一度観たい!PGなんて付けないで! (愛知女子気侭日記)
原作奥浩哉 監督佐藤信介 脚本渡辺雄介 《出演者》 二宮和也(玄野計) 松山ケンイチ (加藤勝) 吉高由里子(小島多恵) 本郷奏多(西丈一郎) 夏菜(岸本恵) 田口トモロヲ(鈴木良一) 山田孝...
映画「GANTZ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「GANTZ」観に行ってきました。 集英社の青年漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」で連載中の同名作品実写映画2部作前編。 映画「大奥」で主役を演じた二宮和也と、映画「デスノート」シリーズでL役を担当した松山ケンイチが共演するということで大いに喧伝された...
★GANTZ(2010)★ (CinemaCollection)
なぜ、戦うのか──。上映時間130分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2011/01/29ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12【解説】独創的にして謎に満ちたストーリー展開...
[映画『GANTZ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆さて、朝一で観てきましたよ^^  原作もいちお読み込んでいる作品なので、邦画のSF表現技術の限界ゆえに、各シーンに、独特の世界観を再現するのにちゃちさが感じられるであろうことはしょうがないと覚悟しつつ、  「誰も指摘しないけど、タイトルの由来は『ロボ...
劇場鑑賞「GANTZ」 (日々“是”精進!)
「GANTZ」を鑑賞してきました独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写でカリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の二宮和也...
人には必ず役目がある~『GANTZ』 (真紅のthinkingdays)
 就活中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝 (松山ケンイチ)を見かける。線路上に落ちた男性を助けようとした二人は、巨大 な黒い球体のあるマンションの一室に瞬間移動し...
GANTZ 前編 (Akira's VOICE)
「メン・イン・ブラック」+「バトル・ロワイアル」!!  
『GANTZ』(2011)/日本 (NiceOne!!)
監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜公式サイトはこちら。原作未読。 これ、どうしよっかなーと思ってたんですけど、「意外とおもしろかった...
GANTZ (映画鑑賞★日記・・・)
2011/01/29公開 日本 PG12 130分監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、千阪健介、田口トモロヲ、山田孝之なぜ、戦うのか──。奥浩哉原作の同名人 ...
『GANTZ』('11初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
GANTZ パート1 (ぷち てんてん)
寒い、寒い!しかし天気予報を見るとこの寒さもあともう少し我慢すれば…と言っている。今年の冬はホントに寒いから暖かいのが待ち遠しいわ(でも花粉も飛んでくるけど)その寒さの...
GANTZ (うろうろ日記)
試写会で見ました。死にそうになったニノとマツケンが、なぜか生き残っていて、GAN
「GANTZ  PART1」死にかけて召喚された先に待っていた謎めいた果てしない戦いの連続 (オールマイティにコメンテート)
29日公開の映画「GANTZ  PART1」を鑑賞した。 この映画は奥浩哉の人気コミック「GANTZ」を 実写化した作品で死んだはずの人間がGANTZによって召喚され、 そこである星人と戦って10 ...
★「GANTZ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは2/1ファーストデーだったので、 1本1000円で映画が観れました。 3本観たうちの1本目。
「GANTZ」 存在意義を見つける戦い (はらやんの映画徒然草)
例によって原作未読ですが、「GANTZ」を観てきました。 よく考えたら今年に入っ
『GANTZ』 (だらだら無気力ブログ)
独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写で カリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の 二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化 した衝撃のSFサスペンス・アクション。 2部作として製...
GANTZ (★ Shaberiba )
2部も見たいと思えたので「よし!」ですー(笑)
GANTZ(ガンツ) (りらの感想日記♪)
【GANTZ】 ★★★☆ 映画(6)ストーリー 何事にも無気力な就活中の大学生・玄野計(二宮 和也)と正義感の強い青年・加藤勝(松山 ケンイ
GANTZ観に行ってきました~~~~ (徒然”腐”日記)
面白かったですよ~~~~GANTZ原作の漫画は未読GANTZ公式サイトも覗かずに観に行ってきましたーぶっちゃけニノと松ケン見たさにwwwえーーーとネタバレって程ではありませんが内容...
【GANTZ】 (日々のつぶやき)
監督:佐藤信介 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多  生き残るために星人と戦い、そして殺すこと 「大学四年の玄野は地下鉄のホームで小学校の時の同級生加藤と再会した。加藤は酔っ払って線路に落ちた酔っ払いを助け、加藤を助けようと手を出し
映画『GANTZ』 (闘争と逃走の道程)
 人気コミックの実写映画化。謎めいたストーリー、独創的な世界観、ハードなアクションが売り物らしい。僕は読んだことないけど。 Sound of GANTZサントラ バップ 2011-01-26売り上げランキング : 1064Amaz...
GANTZ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】佐藤信介 【出演】二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/千阪健介/白石隼也/伊藤歩/田口トモロヲ/山田孝之 【公開日】2011/1.29 【製作】日本 【ストーリー】 幼馴染の...
2011-05『GANTZ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2011-05『GANTZ』(更新:2011/01/29) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の6本目。 南大沢のTOHOシネマズで鑑賞です。 原作未読ですけど面白かった。 ...
GANTZ (そーれりぽーと)
奥浩哉の原作は彼のコミックの世界観の集大成で超面白い『GANTZ』を観てきました。 ★★ 多恵ちゃんが可愛すぎるのがおかしい! それもそうだけど…。 主人公達幼なじみ二人の年齢設定が高校生から大学生レベルになっている事以外はほぼ原作に忠実な運び。 アレンジもそ...
GANTZ (5125年映画の旅)
線路に転落した人を助けようとして列車に引かれた幼馴染の玄野と加藤。次の瞬間、二人は巨大な球体が置いてあるマンションの一室にいた。同じように、死んだ瞬間に転送され部屋に ...
GANTZ 田中星人ってなんやねん!ヾ(@^▽^@)ノ (労組書記長社労士のブログ)
【=9 -3-】 土曜は娘の勤めている保育園のお遊戯会、「見に行きたい」って言ったらキッパリ断られた、どうして娘のお遊戯会を見に行ったらあかんねん~(ノ_<。)ビェェン 日曜は初めてティップネスの石橋店に行った、むかしはレバンだった、なかなかいい施設だった~v(...
「GANTZ」リアルSFコミック、リアルに実写化。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[GANTZ] ブログ村キーワード  週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、2部作として完全実写映画化!「GANTZ」(東宝)。う~ん、東宝さんは、「ヤマト」に「ジョー」に、更にコレと、原作ありきの映画化作品が続きますな~。しかも主演は、またまたジャニタレやん!...
『GANTZ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 GANTZ 』 (2011)  監  督 :佐藤信介キャスト :二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之、落合扶樹、土平...
映画「GANTZ」 (FREE TIME)
話題の映画「GANTZ」を鑑賞しました。
No.238 GANTZ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックを、アイドルグループ「嵐」の二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の前編。共演に吉高由里子、本郷奏多 ...
映画レビュー 「GANTZ」 (No Movie, No Life (映画・DVDレビュー))
GANTZ 【公式サイト】  【allcinema】 ご存じ、奥浩哉原作のコミックスの映画化。2部構成の今回は1部目。就職活動中の玄野計(二宮和也)は、小学校の同級生だった加藤勝(松山ケンイチ)を地下鉄...
今どき人気コミックの主流?『GANTZ』 (水曜日のシネマ日記)
人気コミックを前・後編の2部作で実写版映像化したSFアクション映画です。
GANTZ (迷宮映画館)
はーー、こういうお話だったのですね。いろいろと勉強になります、はい。
GANTZ (tom's garden)
監督佐藤信介 出演二宮和也(玄野計) 松山ケンイチ(加藤勝) 吉高由里子(小島多恵) 本郷奏多(西丈一郎) 夏菜(岸本恵) 早退して観に行ったのに、気分が落ちる映画だった。 若い時なら、単純に「かっこいい」って思えたんだろうな。 生きるため...
GANTZ (とりあえず、コメントです)
人気コミックを二宮和也さん&松山ケンイチさん主演で映画化した作品です。 やっぱりこの二人がどんな演技を見せてくれるのか観てみたいなあと楽しみにしていました。 コミック未読のままチャレンジした物語は、とても不可思議で理不尽な世界が広がってました。
「GANTZ」(2010)その2。 (INUNEKO)
松ケンは、いつもそうだが不思議に収まりが良い。あぁ加藤だなと。似てないのにね。 対して、ジャニーズの子はとても損。ケイちゃんは最初魅力ないし、その後はやなヤツだし。 その辺を足早に進めるための、原作と違うセリフの小芝居がいちいち寒い。 映画終盤、絶望の嗚...
GANTZ (銀幕大帝α)
10年/日本/130分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、田口トモロヲ、山田孝之 <ストーリー> 地下鉄のホームに偶然居合わせた幼馴染みの玄野計と加藤勝は、....
GANTZ (いやいやえん)
原作は確か7巻くらいまでしか読んでません。 星人との戦いはバラエティに富んでいてなかなか面白く、独特の世界観も良かったし、導入からすぐ異世界に引きこまれるスピード感もいい。二宮和也さんを私があまり好きではない事を差し引いても、まあ良くできてるほうかと...
GANTZ (のほほん便り)
随分、賛否両論。厳しい意見も多かったみたいですが、人気コミックの原作を、今をときめく人気の実力俳優さん達… 二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、夏菜 といった顔ぶれで映像化、というだけで、個人的には充分、満足でした。 原作のもつ、魅力でもあるエグさ...
映画評「GANTZ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・佐藤信介 ネタバレあり