to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

クライマーズ・ハイ

2008-07-23 21:42:51 | the cinema (カ行)
命を追った、
あの夏。
製作年度 2008年
上映時間 145分
原作 横山秀夫 『クライマーズ・ハイ』(文藝春秋刊)
脚本 加藤正人 成島出 原田眞人
監督 原田眞人
出演 堤真一/堺雅人/尾野真千子/高嶋政宏/山崎努/遠藤憲一/田口トモロヲ/堀部圭亮/マギー/でんでん/螢雪次朗/野波麻帆/西田尚美/小澤征悦

1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。

1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわき上がる使命感を覚える。(シネマトゥデイ)

原作は例によって見ていないのですが、
2,3年前に放送されたTVドラマ版(佐藤浩市主演)が凄くよかったと友人が言っていたし
これは見逃したくなかったので、先日仕事帰りに上映開始5分前に滑り込みました~===

この原作者の横山秀夫作品は、実を言うとちょっと微妙だったりするので
あまり期待しないように抑えて行きました。
で、正解でしたね。

心に傷を持つ地方紙の遊軍記者が、友人との登山の待ち合わせ直前に日航機墜落事故の一報を受ける。
今と違い、ケイタイでメールというわけにもいかず、そのまま全権デスクを任され
そこから始まる悠木の経験したクライマーズ・ハイ。

過酷な現場・御巣鷹山をネクタイ姿で這いずり回り、
苦労の末渾身の記事を届けてくれた若い記者の一報をボツにせざるを得なかった社内の抗争。
友人を死に至らしめた真実の理由。
友人が最後に彼の妻に語った、悠木を山に誘った真意―。


男のドラマでしたね。
記者としての功名心と、プライド、意地。
ドキュメンタリーのように撮りながら、23年後の悠木と、友人の息子の登山の姿を織り交ぜて
熱く戦いながら、最後で掴み取れない男の葛藤を描いています。
彼の心に刻まれた記者魂―。チェック、ダブルチェック。

男にとって仕事とは?家庭とは!生きる意味とは・・?

同じ質問を女にしたら―。
・・・きっと直ぐに答えは返ってくる気がします

県警キャップ・佐山を演じた堺雅人さんが素敵でした。
私が少女の頃憧れた"新聞記者"そのものでした~
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞先生~☆ | トップ | 学校じゃ教えられない! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
男のドラマ (miyu)
2008-07-24 00:02:57
でしたよね~。
あたしは仕事が生き甲斐みたいなのんって
ちょっと違うって言うかあんまり好きじゃないのだけど、
彼らのほとばしる熱にあてられたようで、
ちょっとだけ仕事にかける意気込みって言うか
情熱、使命感みたいなんが理解できたような
気がしました。骨太でいい映画でしたね。
立場。 (BC)
2008-07-24 01:32:28
kiraさん、こんばんは☆
トラックバック&コメントありがとうです。(*^-^*

>この原作者の横山秀夫作品は、実を言うとちょっと微妙だったりするので

確かに微妙ですよね。。。
男性の嫌な面(嫉妬心とか野心とか)を全て出しちゃっているから
女性の立場からそういう男性達を見るとチョット?
と思うこともありますよね。
でも、働く者の立場で見るとなんとなくわかる気もするというか・・・。
複雑な感じもします。
横山さん (たいむ)
2008-07-24 19:04:18
こんにちは。
私も、どうもこの原作者とは相性が良くないみたいで・・・(^^;
骨太の作品なのだけど、俳優さんたちは素晴らしいのだけど、なにかもうひとつに思ってしまった私でした。
miyuさ~ん* (kira)
2008-08-08 21:42:55
ごめんなさーい====
かなり遅いレスになってしまいました~
仕事が生き甲斐みたいなのって、ダメですか?
私世代は、結構多かったんですよね。
なので、この熱い、汗臭い社内の雰囲気もよく解りましたよ~。
でも、やはり妻としては寂しいものがありますよね。
キャストは皆はまってましたね
BCさん~* (kira)
2008-08-09 03:02:34
こんばんは!

男たちの生活感というか、
使命感とか、エゴとか、正義感などのぶつかり合いとか
結構リアルに感じ取る事はできましたよね。。。

この作家の微妙さは、そもそもの客観性にあるのかも知れないと、
ちょっと漠然と感じてます
たいむさ~ん* (kira)
2008-08-09 03:11:59
こんばんは~
すっかり時期を逸したコメントになってしまいました。ごめんなさい
たぶん、横山作品。タイムさんと同じように感じてビミョウなんです、私も。
心情的には解るんだけど、もうひとつ心が動かない・・みたいな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
クライマーズ・ハイ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
原田眞人は日本映画史においては、かなり特異な映画作家であると思う。 若くして米国を拠点に評論活動を開始し、やがて「さらば映画の友よ ...
『クライマーズ・ハイ』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高...
クライマーズ・ハイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動一週間』  コチラの「クライマーズ・ハイ」は、「半落ち」、「出口のない海」の横山秀夫が当時地元地方新聞社の記者だった自らの体験をモトに、日航ジャンボ機墜落...
『クライマーズ・ハイ』・・・ ※ネタバレ含 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:日本映画、原田眞人監督、堤真一主演、横山秀夫原作小説の映画化。凄く観応えありました。
劇場鑑賞「クライマーズ・ハイ」 (日々“是”精進!)
「クライマーズ・ハイ」を鑑賞してきました日航機墜落事件を追う新聞記者たちの1週間を描いた横山秀夫のベストセラー小説を、原田眞人監督、堤真一主演で映画化。事件を追いかける記者たちの、歴史的大事件への影響と葛藤の日々が綴られる。ストーリーは・・・1985年...
クライマーズ・ハイ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年7月5日 公開 今日のブログ一面でやらせてください!!! うぉ~っ!良かったですよぉ~♪ 久しぶりにスクリーンにのめり込みましたねぇ。 1985年8月12日 この日は、よく晴れた真夏の日ざしが照り返す暑い日だった...
『クライマーズ・ハイ』 (ラムの大通り)
----ゴールデンウィークも、 もう残りあと2日。 今日の邦画は? 「『クライマーズ・ハイ』。 今年観た日本映画の中では 『アフタースクール』と並ぶぼくのオススメだね」 ----監督は原田眞人だよね? 「うん。この監督は 他の人には決してマネできないハリウッド仕込みの...
クライマーズ・ハイ (映画鑑賞★日記・・・)
2008/07/05公開(07/05鑑賞)製作国:日本監督:原田眞人出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 命を追った、あの夏。
クライマーズ・ハイ (Akira's VOICE)
舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!  
クライマーズ・ハイ (花ごよみ)
監督は原田眞人。 原作の著者、横山秀夫本人が、 記者時代に遭遇した 日航機墜落事故取材の体験をもとに、 書き上げた小説の映画化。 かつてない大惨事の、 全権デスクを命じられた悠木和雅、 堤真一が演じています。 NHKのテレビドラマでは、 佐藤浩市が演じて...
【クライマーズ・ハイ】 (日々のつぶやき)
監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 「1985年8月12日、羽田発大阪行日航123便が乗客524人を乗せ消息を絶った。 群馬か長野か・・その日山に登る予定だった北関東新聞の悠木は、日航全権デスクを任命された。 誰も経験し
「クライマーズ・ハイ」みた。 (たいむのひとりごと)
「え。これで終わり?」というのが瞬間の感想。これ以上長くても困るけれど、残念ながら最後まで、何を一番に描きたかったのか読み取れなかった気も・・・。それでも、「日航機墜落事故」と「クライマーズ・ハイ」。
映画 『クライマーズ・ハイ』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の...
「クライマーズ・ハイ」 (てんびんthe LIFE)
「クライマーズ・ハイ」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 御巣鷹山の日航機墜落事故をモチーフに描かれた、地方新聞社の内側を描いた社会派ドラマ。 もっともっと事故に対して深く突っ込んだドキュメンタリータッチの作品かと思ったらばそうではなく、その事件を伝えるこ...
香りある人間。『クライマーズ・ハイ』 (水曜日のシネマ日記)
1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞記者たちの物語です。
『クライマーズ・ハイ』2008・7・6に観ました (映画と秋葉原と日記)
『クライマーズ・ハイ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1985年8月12日。群馬の北関東新聞の記者・悠木和雅(堤真一)は、社内の登山サークルの仲間で販売局所属の親友・安西耿一郎(高嶋政宏)と共に、谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進め退社しよう...
「 クライマーズ・ハイ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 原田眞人 ...
クライマーズ・ハイ (レンタルだけど映画好き)
試写会にて鑑賞 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間 2008年 日本 7月5日公開 監督 原田眞人 出演 堤真一/堺雅人/尾野真千子/高嶋政宏/山崎努/遠藤憲一/田口ト...
クライマーズ・ハイ (Thanksgiving Day)
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました! 今日が公開初日なんですけど、公開されたらずっと観に行こうと心に決めてたんですよ。 日航ジャンボ機墜落事故は、絶対に忘れてはならないですし、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んで、また別の視点から考え直すこともで...
クライマーズ・ハイ (ダイターンクラッシュ!!)
8月3日(日) 15:50~ 丸の内TOEI1 料金:1800円(前売り売り切れ) パンフレット:600円 『クライマーズ・ハイ』公式サイト 1985年日本航空機墜落での群馬の地方新聞社での物語。 東映にしては数少ないヒットをあてに出来る社会人組織路線。よってもって監督は、原...
『クライマーズハイ』@丸の内TOEI (映画な日々。読書な日々。)
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそ...
【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。
悲劇の中での狂乱ぶり ☆ 映画 『クライマーズ・ハイ』 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
原作がとても良かったので、気になっていた一作。 キャストは主演の堤真一を始め、堺雅人、山崎務等の演技派揃い。 それと邦画でよくある、人気のあるキレイ所を入れなかったのが功を奏して、リアリティある作品に仕上がってる。
「クライマーズ・ハイ」 チェック、ダブルチェック (はらやんの映画徒然草)
「クライマーズ・ハイ」とは登山時に興奮が極限状態にまで達し、高さへの恐怖心がなく
「クライマーズ・ハイ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
記者たちの時間との戦い・緊迫感、新聞社の様々なことがひしひしと伝わって来ました。 事故のこと、事故当時の自分のことなども思い起こされましたし・・。
mini review 08348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像...
『クライマーズ・ハイ』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山に墜落した日航のジャンボ機は、死者520名の世界最大・最悪の航空機事故となった。 横山秀夫のベストセラー小説を映画化したこの作品は、その事故を巡る地元新聞記者たちの激動の一週間を綴ったもので、舞台となる新聞社は架空の...
映画評「クライマーズ・ハイ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・原田眞人 ネタバレあり
『クライマーズ・ハイ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者52人の大惨事が起こった。北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により悠木和雅が全権デスクに任命される。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く...
「クライマーズ・ハイ」(日本 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
1985年8月12日。 羽田発大阪行き日航123便が消息を絶った運命の日。
クライマーズ・ハイ (mama)
2008年:日本 原作:横山秀夫 監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、小澤征悦 1985年8月12日、群馬県、北関東新聞社。乗員乗客524人を乗せた羽田発大阪行きの日航機123便が群馬と長野の県境に...
クライマーズ・ハイ (Yuhiの読書日記+α)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説が原作。監督は原田眞人、キャストは堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努他。 <あらすじ> 1985年8月12...
堤真一 堺雅人 / クライマーズ・ハイ (中川ホメオパシー )
ワケもなくトラック野郎 毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのキヌガワマサト担当、ブロッケンです。 横山秀夫原作の映...
「クライマーズ・ハイ」 (或る日の出来事)
原作本を読んで、感想は書いた(「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫)。映画も、なかなか面白かった。