to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

重力ピエロ

2009-05-24 02:03:39 | the cinema (サ行)
家族の愛は、
重力を
超える。

製作年度 2009年
上映時間 119分
原作 伊坂幸太郎 『重力ピエロ』(新潮社刊)
脚本 相沢友子
監督 森淳一
出演 加瀬亮/岡田将生/小日向文世/吉高由里子/岡田義徳/渡部篤郎/鈴木京香

作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説である、傑作ミステリーの映画化作品。
遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では、謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら次第に家族の過去にも近づいていくのだが……。(シネマトゥデイ)

楽しみにしていた、今年2本目の伊坂作品、観てきました。

放火事件と、謎の落書きと、遺伝子のルール。
しかし勘のいい方は、この犯人は誰なのか、なぜなのかは直ぐに解るでしょう。
それでも、興味を失うことなくこの物語を見つめていけると思います。

これは兄弟の物語であり、
兄弟の親である、二人の男と女の物語であり、
懸命に生きた家族の物語―だと思うのですから。

アヒルと鴨のコインロッカー」でも投げかけられた
突然の理不尽な暴力によって殺された被害者の側の報復は、犯罪には違いなくても、
ちょっとだけ、神様に目隠しをしてもらいたくなる、そういう
私たちの中にある正義に近いやさしさ。それは、いけないことなのか?
井坂作品は、いつも
「正義の心」とはなんなのか、
罪を犯してしまうひとの中にある正しきもの・・を考えさせてくれます。
そして、今回は地味でもカッコイイ、最強の家族がその生きかたを見せてくれるのです。
楽しそうにして、生きている、、、そうすると重力も超えるらしい。。。

自分自身がこの世で見たいと思う変化になりなさい

折りしも先日から日本でも始まった「裁判員制度」がどうしてもちらつくラスト。
どうにも許せない、悪党は確かにいる。
毎日のようにテレビで流れる凶悪事件の報道は後を絶たない。
そんな悪党を見抜き、私たちに本当に罪の量刑まで判断できるのだろうか?
など・・・いろいろと考えてしまいました。

これは、脚本家の相沢友子さんが直接伊坂さんを口説いて映画化になったものだと、
伊坂さん本人が語っていらっしゃる。
それだけの思い入れがあってなお、ラストは変えられているという。
原作ファンの感想も聞いてみたいところ。


相沢友子さん作品、新しいところで「鹿男あをによし」(ドラマ)
映画はトヨエツの「大停電の夜に
私は、トヨエツと恭子ちゃんのスペシャルドラマ「17年目のパパへ」でその名前を覚えた方でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (32)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セブンティーン・アゲイン | トップ | 今夜は・・・ »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね (miyu)
2009-05-24 09:10:28
あの「悪」は「アヒルと鴨のコインロッカー」を
あたしも思い出しました。
あれもあたしはすっごく好きだったのですが、
本作もまた泣けて、泣けて、だめでしたね〜。
最後もなんか感情はいっちゃったから、
許せるとかそういう感じじゃなくなっちゃったかもです。
善悪 (にゃむばなな)
2009-05-24 14:14:36
法律的な善悪だけでは割り切れない人間の様々な感情。
それを凄く丁寧に描いていた映画でしたよね。
TBどうもです (くまんちゅう)
2009-05-24 16:34:04
法的には裁けない巨悪をどう裁くのかってのも
伊坂作品のテーマでもありますね
「浄化するんだよ」と言うのも
哀しい意味が含まれて深かったです
こんばんは♪ (ひめ)
2009-05-24 21:07:40
アヒルと鴨のコインロッカーに通じるところありましたね^^
コインロッカーに閉じ込めちゃおうっていう、ちょっとしたかわいさが
心地よくて好きです♪
これから原作を読もうと思っていたのですが、
そっか〜、ラストは違うんですね。
それも楽しみです。
こんにちは〜♪ (由香)
2009-05-25 10:58:23
お邪魔します♪
原作は1番最初に読んだ伊坂作品なので思い入れもあるし大好きなんですぅ〜
で、、、映画は原作の雰囲気を損なわず、いい映画になっていたなぁ〜と思いました。
物語の展開が分かっているので冒頭から何度も涙が出ちゃったわ〜

春役の岡田君、、、良かった♪
ちょっと好きになっちゃったかも〜(照)
こんにちは♪ (ミチ)
2009-05-25 23:17:21
楽しそうに生きてるんだけど、重力を超えられない・・・・。
さらに重力は増えるばかりってどーいうことー?(泣)

それはともかく、なかなか良かったです。
期待の岡田クン、今年はすっごく頑張ってますよね。

ところで、このテンプレート、私もいいな〜って思っていたのよ〜♪
miyuさん* (kira)
2009-05-27 00:28:28
踊る大捜査線で、何度か「事件に大きいも小さいもない」と言うセリフが
頭を掠めました。
確かに、この昔の事件では、30人ほどの被害者は命を奪われたわけじゃない。
ウワサを子供にまで知らせるような町のヒトも、暴力を振るったわけじゃない。
だけど・・・となりますよね?
伊坂さんはいつもこういう街の中にある暴力をいつも
そこをどう見るのか、私たちを巻き込んでくれます。
にゃむばななさん* (kira)
2009-05-27 00:34:03
これから始まる、いや、もう既に経験したヒトもいる裁判員制度。
こういう、理不尽さにどういう評価を下すのか、
人の更生とはどこで見分けるのか、
本当に深い作品でしたよね〜
くまんちゅうさん* (kira)
2009-05-27 00:41:39
>法的には裁けない巨悪をどう裁くのか

伊坂さんの作品をみると、
いかに悪が強くて、いかに正義が弱いことか、
傷は深く、立ち直るのは時間が掛かる・・・って、
思い知らされますよね?「フィッシュストーリー」も正義の味方が出来上がるまで、
何年もかかったし
ひめさん* (kira)
2009-05-28 18:39:34
おお、ひめちゃんはもう原作に取り掛かったのね?
私はまだなのよ〜
でも、原作ファンも、コレはちょっとだけ評価が分かれてますよね。
「容疑者X」の時みたいに、、。
それで余計に確かめたくなったのかもしれません。
伊坂さんのスタイルは同じだという気はしてるんですがね〜
由香さん* (kira)
2009-05-29 07:48:46
こんにちは!
ドラマではみたことがある岡田くんですが、映画のカレは初めてでした。
が、これは雰囲気が凄く似合っていたと思いますね。
なかなかヨカッタです!

小日向さんのカツラにも、だんだん慣れてくるのでしょうか(笑)
少なくとも「あの空を〜」の時より可笑しくなかった
原作も読んでみたいですが、いつになることやら、です
こんにちは〜♪ (にくきゅ〜う★)
2009-05-29 16:38:52
チョット物足りなさを感じましたが、良い作品でした。

正当な裁きをされずに出所してきた「悪人」
被害者の心を逆なでするような「悪人」には、誰がどの様に裁いたら良いんでしょうね。。。
春のとった行動にも、頷ける所はありますよね。

キャストがイメージ通でよかったです。
ミチさん* (kira)
2009-05-30 01:31:59
>さらに重力は増えるばかりってどーいうことー?(泣)
仲間よ〜〜

そういえば、ミチさん、岡田君お気に入りでしたでしょ?
確実に成長してるなーって感じがしましたよね
下からのショットとか、シルエットの画とか、
撮り方も良かったですよね!

テンプレ、またミチさんと好みが合っちゃいました?
テンプレを選ぶ時は、先ず、恭子ちゃんのイメージに合うかどうかを
基本に選んでしまうんです(笑)
にくきゅ〜う★さん (kira)
2009-05-31 13:38:29
>正当な裁きをされずに出所してきた「悪人」
本当に、その犯罪、その被告に、
適正な量刑って、どうして判断したんだろう?って、
少しも反省していないで出所し、被害者心理を逆なで―・・・

春を止めなかった泉水、胸に秘めたままの父・・・
凄い宿題を出された感じがしましたね

「ラッシュライフ」どんな感じなんでしょうね?楽しみにしたいです♪
真の正義。 (BC)
2009-05-31 21:41:46
kiraさん、こんばんは。
遅ればせながら、私もこの作品観てきました。

ミステリーというよりも家族の物語なのでしょうね。
“真の正義”については明確な答えが見えないだけに考えさせられますね。
Unknown (Ageha)
2009-06-01 00:10:40
原作のサブキャラで、映画では省略されちゃってましたが
黒澤。

探偵で泥棒っていう
アリですかそれ?っていうキャラなんですが
これまた憎めない。
この話の悪役である男の家の調査に入って
ちゃっかりお金盗んできたりするとこは
かえってザマミロって思っちゃうんですよ。
で、依頼をうけたお父さんのとこへ
お見舞いに持っていったウイキョウの
花言葉が「賞賛に値する」
・・・伊坂さんのこういうとこが
どうも好きでして。

罪を問うよりももっと言いたいことがあるねん、
もっと大事なことがあるねん、
伊坂さんの小説は人の目がそっちへ
いってしまうから重たい話も幾分
ふわっと受け止められるのかもしれません。

ただ、現実問題これが自分のあたった
裁判のケースだったら
今コレと向かい合ったばかりの自分が
24年間も悩んで悩んでやっぱり許せなかったことに出した答えに何が言えるのか
泉水の台詞とともに考え込んでしまいました。
こんばんは・・・ (マリー)
2009-06-02 20:48:27
原作とラスト違ってましたっけ???
読んだのに〜すっかり忘れちゃってて、読み返そうと思ったら、どこへやったかワカラナイ・・・ダメな私。。。
と、話がそれてます。

そうなんですよね〜。このお話は自分が裁判員だったら・・と考えると
非常に難しいですよね。
女性はどうしても私情が入ってしまうと思う。
映画だと分かっていても、あのシーンは辛かったですし。

キャスティングはとってもよかったです。

BCさん* (kira)
2009-06-03 01:28:06
>ミステリーというよりも家族の物語なのでしょうね

そのもっていき方も上手いですし、
井坂さんの初期の頃の作品というだけあって、
なんだか「アヒルと鴨〜」や「フィッシュ・ストーリー」よりも、
熱い投げかけを感じましたね。考えさせられました。
Agehaさん* (kira)
2009-06-03 01:44:00
原作にある飛ばされたエピソード、
なかなか興味深いですね〜。
どなたかの記事にも、黒澤が出てこないのが残念とありましたが、
そのウイキョウのエピも面白そう。
ってか、しゃれてますね〜
あまりお見舞いに向いてるとは思えない花ですが
ますます、原作を読んでみたくなりましたよ

いつも伊坂さんの映画に感じるのは、
理不尽な悪に対する怒り―。
遣られたら遣られっぱなしでいいのか―?
こんな社会で良いのか!
そう喚起しているような気がします。

春の「浄化してるんだ」にやられますよね・・・
こんばんは〜☆彡 (ひろちゃん)
2009-06-04 01:03:29
伊坂さんの小説で初めて読んだのがこの作品で
この作品から伊坂作品にはまりました(^^ゞ
大好きな作品の映画化、キャストがイメージ
通りで良くて、内容も上手くまとめられていて
いい作品だったなと思います。

映画と原作のラストは大筋で同じだと思った
のですが???

kiraさんはもしかしたら、未読ですか?
映画もいいですが、原作はもっといいので(笑)お時間できたら、読んでみて下さい
ませ〜〜♪

6月公開の映画アップしたら、またお邪魔
しますね(^_-)-☆
リンクさせてもらいます・・・ (●流石埜魚水)
2009-06-04 11:39:39
流石埜魚水です、初めまして。

事後承諾になりますが、私のブログ★映画のMIKATA★映画をMITAKAの≪ブックマーク≫でリンクさせていただきました。
映画の話題を結構真面目に理屈ぽく、長々と書いてます。

映画好きな人の「好いな…」というブログ、映画愛好者のブログを、私の感覚で選択しています。

伊坂ワールドの原作「重力ピエロ」の円環は、「春が2階から落ちてきた…」の短い二つのフレーズの間には、さまざまなエピソードが埋め込まれています。
高校の体育倉庫でのレイプ未遂、ジョーダンの野球バット、母の強姦と妊娠と連続レイプ事件、サーカスのピエロと空中ブランコ、連続放火事件とグラフィティアートの落書き、都市ボンベイの落書き、ネアンデルタール人とクロマニヨン人、ラスコーの洞窟壁画、DNAと細胞分裂とテロメア、ガンジーの「非暴力」、コノハナノサクヤビメ」と日本神話、盲目のローランド・カーク、ジャン・リュック・ゴダーの映画、桃太郎と親殺しの日本民話、母と競馬場の賭け勝負と馬券、シャガールの絵画…。エピソードの重層構造に謎が蔦のように絡み付いています。それが伊坂ワールドの小説の魅力です。

このミステリー風小説は、過去と現在に起こった事件が複線となって、一片一片のエピソードの断片を集めると、部分は全体になり、全体の輪郭は過去の時間を輻輳させ、全体fの背後に人間の性とは?、家族の絆とは?芸術とは?愛とは?暴力とは?…読者の心に深い問いを残します。伊坂ワールドを見た後のフワフワの温かい共感は、ひょっとしたら心が「宗教的なもの=?」に触れた感動なのかも知れないな…と思ってます。

一度ブログを吟味していただき、「ケシカラン、早速消せ…」とお怒りでしたら下記にメールでご連絡ください。早速に
削除いたします…。そのときは申し訳ありません。
時々、お互いが刺激になるような情報交換いたしましょう…。是非とも読者になってコメントください。コメントいただいたならば、必ず返事を書きます。
マリーさん* (kira)
2009-06-06 11:57:24
すっかりお返事が遅くなってしまいました、ごめんなさい

原作未読なので、詳細は解らないのですが、
大筋では(着地点は?)合っているようですが、
少し違っているようですね。。
私も映画で、「え・・・・・・?」と思った部分だと思いますが、
これは原作を読んでからまた触れたいところです。

この作品もそうですし、
最近のニュースにあった冤罪で17年を失った方のこともありますし、
裁判員制度も怖いものがありますよね。
未成年者の犯罪とか、精神疾患者の犯罪とか、
あれこれ考えさせられたところがある作品でしたね〜。
ひろちゃん* (kira)
2009-06-06 13:38:03
相変わらずお返事が遅くてごめんなさいデス

ひろちゃんもコレ、原作ファンであり、満足されたひとなんですね〜。

>映画と原作のラストは大筋で同じだと思った
のですが???
残念ながら原作は未読なんですよ〜。
でも、コチラの本のレビューでちらっとネタバレを読んでしまったのよ。

たぶんそのセリフがあるのとないのとでは、観客の印象が、、という部分です。
これは原作を読んで、その感想で触れるかもしれません。
皆さんがどのように読書の時間を持たれているのか
ほんとに知りたいぐらいです
流石埜魚水さん* (kira)
2009-06-07 02:25:53
初めまして。
丁寧なコメントを有難うございます。
ブログのレビューの丁寧さにも圧倒されました。

引用していらっしゃる書籍の殆どを読んでおりませんが、
なかなか分かりやすい比較、考察でした。
そんな流石埜魚水さんのような方にもこのような稚拙な記事が読まれているなんて、
ネットは怖いです〜(笑)

>伊坂ワールドを見た後のフワフワの温かい共感は、ひょっとしたら心が「宗教的なもの=?」に触れた感動なのかも知れないな…
おお、そうなんですか?
ただ、この終わり方にどうしても不安が付きまとうのですが、
それは原作を読んだところで打ち消せない、「映画」としての良心にも関わってくる部分なのです。
語り口はどうあれ、こういうシリアスな作品でこのラストは、、、と思ってしまうのですよ。
読んだらまたお邪魔しますね。
こちらこそ、よろしくお願いします
こんにちは^^/ (ゆう)
2009-06-10 11:31:58
TB、ありがとうございました。

私も裁判員制度のことが頭をよぎりました。
被害者感情や民意を量刑に反映させることを
目的としているのが、この制度だったと
思うのですが...。
でね、私個人としてはどうしようもない
「悪」を裁くのはアリかなと。

遣ったら遣り返す、というと語弊がある
というか、誤解を招いてしまいますが、
やはり遣られっぱなしではダメだと思うのです。
春や泉水の報復は行きすぎというのは
わかります。でも被害者にしかわからない
感情を目に見える形にするとあれしか
なかったのでは....と。

その後春と泉水はどうなったのか、
どうしたのか、がとても気になるラストでは
ありますよね。
自首してほしいような、ほしくないような
とても複雑な気持ちです。




Unknown (mig)
2009-06-12 10:58:00
こんにちは〜★

原作読んでる人にも高評のようですね、
わたしは読んでないケドすごく良かったです。
キャスティングも全員ハマってましたしね!
ラストは変えられてるんですか〜。
時間あれば読んでみたいな。。。。
浄化 (Any)
2009-06-13 14:39:24
kiraさん、こちらにもお邪魔します♪
私も原作は未読なんですが、鑑賞後は
読んでみたい衝動に駆られました。
これって色んなジャンルが混在する作品でしたね。
サスペンス/ミステリーであり、ヒューマン、社会派だったり
時にコミカルな要素もあったりで
最後まで集中が途切れることなく観れました。(というより見守ってました)
どうしても母親目線で見てしまう面があって
春と泉水のこれからを思うと「んんん〜どうなんだろう・・・」
とスッキリしない余韻を残す結果となりましたが
この映画のもつ空気感は好きです。
キャスティングはドンピシャ☆でしたね!
ゆうさん* (kira)
2009-06-13 21:16:43
ゆうさんは、
>私個人としてはどうしようもない
「悪」を裁くのはアリかなと。
春の報復容認派なんですね〜

これは、子供たちはあまり観ない作品かも知れませんが、
私としては、この「ひどい目にあったら、殺しちゃってもOK」な作品は
やはりどうかと、、思うのね。
最近のリアル事件でも、
およそ、理不尽な殺人の被害者はゴマンといるし、
このまま、表層的に子供たちが受け取るのは
ちょっと心配。

ただ、逆に人の心の痛みを知って、
思いやれれば・・いいかな〜と思います。
裁判員制度、たとえば春が自首してくれば、
情状の余地は十分にあると、やはり心の中でシュミレーションしました
migさん* (kira)
2009-06-14 23:16:19
珍しいmigさんの邦画鑑賞作が
お互いに気に入った作品で嬉しいです〜
原作、私も読んでみたいですが、最近特に時間に追われてて
何時になることたらです〜。
ラスト、大まかには同じらしいですが、読んでからちゃんと書きますね〜
Anyさん* (kira)
2009-06-18 21:17:57
先ほどお邪魔してきました。
「アイカム」もご覧になってたなんて〜
で?「60歳の〜」も、もうご覧になったのかしら?びっくりですよー

コチラの感想は、多分やはり親目線で観ているってことからも、
ほぼ同じような感想を持ったようです。

ただ、ジョーダンバットと、放火とサツジンなわけで、
そこがクローズアップされると、ホントは違うと思うのです。
少し危険な感じを残してしまったようにも思うのです
ラスト (ノルウェーまだ〜む)
2010-02-14 09:39:40
こんばんは〜☆
ずっと気になっていた映画で、ようやく観ることが出来ました。
透明感のある素晴らしい作品でしたね。
キャスティングも抜かりないし…
ラスト変えてあるのですね?
原作はどうなんだろう?
ノルウェーまだ〜む* (kira)
2010-02-14 22:19:50
コチラはたしか、原作本のネタバレで読んでしまいました。
大筋では皆さんが仰ってるように、大差ない変更(カット)かも知れませんが、
問題提起を印象付ける為か、
それがあるのとないのでは、鑑賞後の気持ちが違うような気がしたのです。
こういう「暴力」「罪」「報復」を提示したら
やはり「良心」も描いて欲しいかな

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
重力ピエロ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『俺たちは最強の家族だ』  コチラの「重力ピエロ」は、「アヒルと鴨のコインロッカー」をはじめ「陽気なギャングが地球を回す」、「フィッシュストーリー」と映画化が続く伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化した5/23公開の感動ミステリーなのですが、早速観てき...
映画「重力ピエロ」@京橋テアトル試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写会は「Yahoo!映画/ユーザーレビュアー試写会」だ。会場となった試写室は満席で補助椅子も稼動された。映画上映後には森淳一監督を招き観客とのティーチインが行われた。  映画の話 大学院で遺伝子の研究をする兄の泉水と、自分がピカソの生まれ変わ...
『重力ピエロ』 (めでぃあみっくす)
小日向文世さんは最強の脇役だ。この映画を見ると誰もがそう思えるのではないでしょうか。伊坂幸太郎先生原作の映画化や加瀬亮さんと岡田将生さんの主演で話題を呼んでいる作品ではありますが、映画を見終わって一番印象に残ったのは間違いなく「この人にしか出せない雰囲...
重力ピエロ (そーれりぽーと)
「春が二階から落ちてきた」 以前から意味深な予告編が気になっていた『重力ピエロ』を観てきました。 ★★★★ 賢い兄貴と、クールで正義感の強い弟、そして妻に先立たれた父の家族ドラマかと思って観ていたら、とんでもなく重い運命の鎖に縛られた家族が、鎖を断ち切ろ...
『重力ピエロ』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:森淳一原作:伊坂幸太郎出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、鈴木京香、渡部篤郎試写会場 : 京橋テアトル試写室公式サイトはこちら。<Story>遺伝子を研究する大学院生・泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春(岡田....
重力ピエロ (加瀬亮さん&岡田将生さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆加瀬亮さん(のつもり) ◆岡田将生さん(のつもり) 映画『重力ピエロ』に加瀬亮さんは奥野泉水 役で、岡田将生さんは奥野春 役で出演しています。 昨日よりついに全国公開されました。 ●導入部のあらすじと感想
「重力ピエロ」 (俺の明日はどっちだ)
「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」 重く切ないテーマを持ちつつも、軽やかな文体によって描いていた伊坂幸太郎の同名ミステリーを期待以上の仕上がりで映像化した作品。 仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟...
重力ピエロ (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎のベストセラー小説の映画化。ちなみに同じ伊坂幸太郎原作では最近公開された『フィッシュストーリー』や『アヒルと鴨のコインロッカー』があります。主演は『犬と私の10の約束』や『パコと魔法の絵本』などヒット作に多数出演している加瀬亮。共演に『ホノカ...
重力ピエロ (ひめの映画おぼえがき)
重力ピエロ (加瀬亮、岡田将生 出演) [DVD] 監督:森淳一 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香... ...
重力ピエロ (だらだら無気力ブログ)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化。 仙台を舞台に連続放火事件とその現場近くで見つかるグラフィティアート。 ある兄弟が、事件に興味を持ち、その謎を解いていくが、その過程で兄弟の 家族の過去が明らかになっていく。大学院で遺伝子の研究を行っている泉水と芸術的な絵...
重力ピエロ (悠雅的生活)
本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ。
重力ピエロ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
毎度のことだが私は伊坂幸太郎原作の映画とは相性が悪い。残念ながら今回も同じだ。一見関係のない出来事が最後にピタリと合致するのが伊坂ワールドの特徴で、本作もそれを踏襲し、ミステリーとしての完成度は高い。だが、この作者の魅力と言われる名台詞は、文字で読む分...
重力ピエロ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、私が最初に読んだ伊坂作品です。大好きなお話なので映画化を楽しみにしていました〜【story】遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では謎...
重力ピエロ (2009) (白ブタさん)
原作が素晴らしいだけに、映画はどうかなぁと思いつつ、初日に行ってきました(*^_^*)
重力ピエロ◆悲劇を逆転させた家族のファンタジー (好きな映画だけ見ていたい)
     「重力ピエロ」 (2009年・日本) 「春が二階から落ちてきた」という印象的なフレーズではじまるこの物語は、生きることの“重力”と、その重力を奇跡のようにはねのけた、ある家族の生きざまをミステリー仕立てで描いている。彼らがそれぞれに背負ってきたも...
試写会「重力ピエロ」 (流れ流れて八丈島)
九段会館で試写会「重力ピエロ」を観てきました。なかなか重〜い話なんだけど、ちょっとした笑いも織り交ぜながら、結構サラっとした映画になってるなって感じました。まあ、この話を生真面目に描いたら、救いの無い映画になっちゃうでしょうね。ネタバレすると面白味半減...
重力ピエロ (TRUTH?ブログエリア)
原作:伊坂幸太郎監督:森淳一映画 日 09☆☆☆☆★ お〜!良いじゃあないですか
『重力ピエロ』舞台挨拶@新宿バルト9 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w三木聡×麻生久美子の『インスタント沼』も観たかったのだが、今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、 伊坂幸太郎原作の『重力ピエロ』伊坂作品は、今年に入って2作目の...
「重力ピエロ」:新宿三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ティファニーって、新宿三越に入っているのか・・・。 {/hiyo_en2/}仙台にもあるわよね。 {/kaeru_en4/}たしか、仙台でも三越の中にあったはずだ。 {/hiyo_en2/}仙台にあって、壁に落書きはされていないの? {/kaeru_en4/}そんな、仙台中が落書きされている...
[映画『重力ピエロ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆深く重いが、いい作品だった。  私は、ミステリには非常に詳しかったのだが、原作の伊坂幸太郎がデビューした頃から、なかなか読書の時間が取れなくなり、伊坂作品には詳しくない。  でも、先日観た伊坂原作の『フィッシュストーリー』には非常に感心した口だ。  ...
重力ピエロ (Diarydiary!)
《重力ピエロ》 2009年 日本映画 グラフィックアートが描かれた近くで放火事件
「重力ピエロ」世の中で裁けなかったDNA事件を裁かなければならなかった悲劇の運命 (オールマイティにコメンテート)
「重力ピエロ」は伊坂幸太郎原作の重力ピエロを映画化した作品で連続放火事件が多発する事件の謎を追う大学生とフリーターの青年が事件を追ううちに家族の過去の秘密にたどり着くストーリーである。原作は未読ながら鑑賞しているうちにこの家族の境遇から事件への経緯が2...
【重力ピエロ】楽しそうに生きていれば重力なんて消える (映画@見取り八段)
重力ピエロ 監督: 森淳一 原作: 伊坂幸太郎 出演:  加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子       公開: 2009年5月 ...
愛はDNAを超える。『重力ピエロ』 (水曜日のシネマ日記)
伊坂幸太郎の小説を映画化した作品。大学院で遺伝子の研究をする兄と落書き消しの仕事をする弟の物語です。
【重力ピエロ】 (日々のつぶやき)
監督:森淳一 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、渡部篤郎、鈴木京香、岡田義徳      家族の愛は、重力を超える。 「遺伝子を勉強する大学院生の兄泉水と絵の才能を持つ弟春は母親を亡くし父親と三人の家族。 家族の住む仙台市内で連続放火
【重力ピエロ】★加瀬亮★岡田将生 (猫とHidamariで)
春が、二階から落ちて来た。重力ピエロ HP重力ピエロ シネマトゥデイスタッフ監督:森淳一原作:伊坂幸太郎企画・脚本:相沢友子キャスト加瀬亮  : 奥野泉水(兄)岡田将生 : 奥野春(弟)鈴木京香 : 奥野梨江子(母)小日向文世 : 奥野正志(父)吉高...
重力ピエロ (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:森淳一 人は変わる
重力ピエロ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     = 『重力ピエロ』  (2009) = 食あたりだと思い病院へ行った父(小日向文世)から、ガンを宣告された泉水(加瀬亮)と春(岡田将生)。 一方その頃、仙台市内では連続放火事件が発生。 落書き消しの仕事をする春は、自分が落書きを消した場所の近...
〜『重力ピエロ』〜 ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、森淳一監督、加瀬亮、岡田将生主演。
重力ピエロ (★ Shaberiba ★)
連続放火事件&落書きに隠された真実とは?
「重力ピエロ」陽気に伝えるべきか (再出発日記)
今日は法事でした。お供えの金額は一万を用意していたら、兄貴から「親戚の法事は二万が常識じゃろうが」と怒られてしまいました。おかげであと二週間を残し、最賃生活は今日で見事に破綻です。さて昨日は、最賃生活中にもかかわらず、映画を見に行きました。「重力ピエロ...
重力ピエロ、ミステリーだったとは知らず・・・・。 (銅版画制作の日々)
 重力を背負った家族の、“愛”と“謎” 「重力ピエロ」公開開始からお客さんが多いそうです。年齢層もぐ〜んと下がって若い人たちが観にやって来るようですね。私は伊坂幸太郎という小説家がいるのは知っていましたが。どんな小説を書いているかを知りませんでした。大...
【映画】重力ピエロ (新!やさぐれ日記)
▼動機 駄作だと思ってた小説の映画化 ▼感想 そういうことだったのかっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では...
『重力ピエロ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった。その原因をもたらした“ある男”が街に戻ってきた。そ...
重力ピエロ (愛猫レオンとシネマな毎日)
この映画、いいです!素晴らしかった! ワタシ的には完璧!文句をつけるところがありません! あの「アヒルと鴨のコインロッカー」を見た時の感動と同じでした。 どちらも原作が伊坂幸太郎さんの小説です。 伊坂さんの小説の映画化は難しくって失敗作もあります。 ...
★重力ピエロ★ (CinemaCollection)
家族の愛は、重力を超える。連続放火事件に隠された家族の真実──溢れくる感動のミステリー上映時間119分製作国日本公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2009/05/23ジャンルミステリー/青春/ドラマ【解説】切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッ....
『重力ピエロ』 (京の昼寝〜♪)
 □作品オフィシャルサイト 「重力ピエロ」□監督 森淳一 □脚本 相沢友子 □原作 伊坂幸太郎 (「重力ピエロ」新潮社刊)□キャスト 加瀬 亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香■鑑賞日 5月30日(土)■劇場 109CIN...
試写会「重力ピエロ」 (日々“是”精進!)
「重力ピエロ」の試写会に行ってきました切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った人気作家・伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟が、やがて家族...
重力ピエロ (アートの片隅で)
ブログパーツならブログデコ!!
重力ピエロ (武と映画と日常)
やっと観てきました{{{『重力ピエロ』}}}。 作品詳細は[http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD14118/story.html こちら]。 伊坂幸太郎原作の映画はやっぱりはずせないですから^^ 伊坂作品て映像作家の「創作意欲をかき立てる」という 話をどこか...
重力ピエロ (愛猫レオンとシネマな毎日)
この映画、いいです!素晴らしかった! ワタシ的には完璧!文句をつけるところがありません! あの「アヒルと鴨のコインロッカー」を見た時の感動と同じでした。 どちらも原作が伊坂幸太郎さんの小説です。 伊坂さんの小説の映画化は難しくって失敗作もあります。 ...
【重力ピエロ】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督】    森淳一 【原作】    伊坂幸太郎 【脚本】    相沢友子 【上映時間】 1時間59分 【配給】    アスミック・...
「重力ピエロ」 自分で考えろ (はらやんの映画徒然草)
遺伝か、環境か? 劇中でも語られていたように、ある人の人間性を形成するのは、遺伝
映画:重力ピエロ。ネタバレ風味。 (明日くたばるかも知れない。)
初めて読んだ伊坂作品。それが「重力ピエロ」でした。とてつもない感動と衝撃を受け「何故もっと早く伊坂作品に出会わなかったのか!」と悔しく思ったものです。大げさか・・・そんな大好きな作品の映画化なので期待と不安を抱きつつの鑑賞。キャスティングが大変良かった...
重力ピエロ / 73点 / 良い映画やけど非常に文章的なんよなー・・・ (FUNNY GAMES?)
原作がエエからエエ映画になってるっつー感じで、映画単体としては・・・ 『 重力ピエロ / 73点 』 2009年 日本 119分 監督 : 森淳一 脚本 : 相沢友子 出演 : 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香 【
重力ピエロ (ダイターンクラッシュ!!)
6月26日(金) 19:00〜 シネカノン有楽町1丁目 料金:1200円(シネカノン会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『重力ピエロ』公式サイト 多くの作品が映画化されている伊坂幸太郎原作。 伊坂幸太郎原作映画は、けっこう観ているのだが、なんと小説は読...
映画の「重力ピエロ」 (Q-Days)
伊坂幸太郎作品の「重力ピエロ」と「フィッシュストーリー」 の映画DVDが、ついにレンタル開始されましたね。 って事で、早速借りに行ってきたのです。 あった、あった。 上位ランキングに並んでるやん〜。 しかし、新作を2本一週間で借りるんは...
重力ピエロ (単館系)
難しいけど面白かった。 遺伝子の並び方と放火の地図の場所と対になっている遺伝子と場所。 24年前におきた連続レイプ事件の場所と落書き(...
「重力ピエロ」ドロドロなのに透明感 (ノルウェー暮らし・イン・London)
久しぶりに邦画を見た。 さすがの伊坂幸太郎原作もの。 深刻な内容なのに、どこか透明感のあるピュアな雰囲気。 すべてのキャストが、最高にマッチして、無駄な人物はひとりもいない。 人目をはばからず、声を上げて泣きながら見ている私がいた。
『重力ピエロ』 (『映画な日々』 cinema-days)
重力ピエロ 遺伝子の研究をする大学院生と落書き消しをする弟が 連続放火犯の手掛かりを掴み、真相を追うが... 【個人評価:★★★ (3.0P)...
映画評「重力ピエロ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・森淳一 ネタバレあり