to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ボックス!

2010-05-26 23:53:46 | the cinema (ハ行)
幼なじみの二人は、やがて運命のライバルに──。
ボックス! それは、闘いの合図

原作 百田尚樹『ボックス!』(太田出版刊)
脚本 鈴木謙一
監督 李闘士男
音楽 澤野弘之
出演 市原隼人/高良健吾/谷村美月/清水美沙/宝生舞/山崎真実/香椎由宇/筧利夫

高校のアマチュアボクシング部所属の体育科の鏑矢(市原隼人)は、ボクサーとして天性の素質を持っていた。一方、彼とは幼なじみで進学科の秀才、木樽(高良健吾)は子どものころから腕力にはまったく自信がなかった。だが、木樽は自分も鏑矢のように強くなりたいと願い、ボクシング部に入部して日々コツコツと努力を積み重ねていき……。

同じ歳の子を持ち、今でも十分スタイルもいい可愛らしい容姿を持ちながら、実は大のボクシングファンであり格闘技大好きな友人と観にいってきました♪
市原君のドラマ「ROOKIES」も毎週大泣きで観ていたクチで(笑)その彼がボクサーというので楽しみにしていましたが、
やっぱり良かった

今回の市原君は、ニコガクの安仁屋とはうって変わって、おちゃらけた、おバカな天才肌のボクサー・カブ。
幼い頃から素直で気弱ないじめられっ子だったユウキと再会し、
ボクシングしか興味がなかった彼は、ボクシングを通じて強い男の姿をみせていき、それなりに充実の日々。

小学生の頃からボクシングをスタートさせたカブの練習パートナーは、部活の先輩にもいない。
しかし、強さから来るカブの優しさは、瞬時にキメるそのスタイルにも現れていて、カッコいいけど、
自分より上がいないことの残念さが、滲み出る。
カブの殴り合いとトレーニングの日々に、幼馴染で優等生のユウキが加わり、何かが変わろうとしていた。



ケンカが強いからカッコいいんじゃない。
たまたま自分の打ち込めるボクシングというスポーツに早くに出会い、資質を磨いて自信にしてきた男と、
そんな彼に惹かれ、導かれるように地道に、確実に近づいていく親友。
避けられない戦いもスポーツだもの。
泣いても笑っても、男、カブちゃんがいちいちカッコイイ。市原君のカブちゃん、素敵


対照的な、内気なユウキが徐々に変貌していく様を、演じた高良健吾くんも私はなんか今までで一番良かった
音楽シーンが多いイメージがある彼、
今回、キャラもあるとは思うけど、内に秘めた一途さを見事に表現していて、ヒリヒリと伝わってきたもの。

撮影ではガチで8時間も殴られっ放しだったという市原君、それに続く6時間の高良くん。
自らもボクシングの経験がある李監督の試合シーンは迫力です。
格闘技系が苦手な方でも、ただボクシングシーンを追うだけのこの作品の中に流れる男のドラマに、きっと熱く、爽やかなものを感じられるはず。
とっても良かったです

一箇所だけ―、
CGを使うなら、あの場面でなく、「鼻からうどん」にして欲しかった

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜の堂本兄弟♪ | トップ | 中島哲也映画祭♪ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カブちゃん (sakurai)
2010-06-02 18:16:21
カッコよかったです。
嫌味なくらい。そのカッコよさを全面におしだして作ろうとしていた姿勢もよかったと思いますわ。
でも、やっぱどう見ても高校一年の役は、ちいーーと、無理があったかなあと。
目の前に高校一年生を一杯見てるもんで、(うちの息子もそうだった・・)、するっと入り込めなかった母がおりましたわ。
いや、いいんですがね。
高良君、めきめきいいですよね。
今日、ソラニン見てきて、どう書こうか悩んでます。
sakuraiさん* (kira)
2010-06-03 00:13:17
こういうカッコよさって、
あんまり女子ものではないですよね~。
近いところでは我が恭子ちゃんの「下妻物語」が
男前女子の(心の)ハードボイルドで、それしか思い浮かびませんが

まあ、市原君はボウズの方がたしかに童顔度がアップしていましたが、
ウチの子の同級生には、体躯のいいオヤジみたいなのが沢山居たので、
高1から社会人までだとまあ、許容範囲内でした(笑)

あまりにも直球だけって感じでしたが、男の友情かくあるべしで(笑)
なんだかいい気分でした
市原くんと高良くん。 (BC)
2010-06-16 20:58:55
kiraさん、こんばんは。

市原くんが前へ出て、高良くんがそれを受けとめて演じる“あうんの呼吸”で
お互いの役割を認め合って演じているように感じました。
二人はプロ意識がしっかりしている役者さんだなぁと思いました。(*^-^*
BCさん~* (kira)
2010-06-19 22:38:18
>二人はプロ意識がしっかりしている役者さんだなぁと
本当に!

高良くんは監督さんに人気があって、引っ張りだこですよね~。
ちょっと出過ぎなぐらいですが、全くイメージが違う作品に出ているのが、
観客に飽きられないのと、
市原君~、最後で気づいたんですが、主題歌も歌ってましたよね
勿論努力家なんでしょうが、なんでも楽しんでやっている所で
惹かれるものがありますね。つい観にいってしまう(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ボックス! (だらだら無気力ブログ)
百田尚樹の同名小説を『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男監督が、 『猿ロック THE MOVIE』の市原隼人を主演に迎えて映画化した青春スポーツ ドラマ。 高校アマチュアボクシング部を舞台に天才肌のやんちゃなタイプと気弱で 優等生タイプの全く異なる対照的な2人...
試写会「ボックス!」 疲れたけど気分爽快 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
幼なじみのカブとユウが高校で再会。ケンカの弱いユウは、カブに誘われてボクシング部へ。天才肌のカブと、理論家で努力家のユウ。やがて同...
『ボックス!』 (ラムの大通り)
----一『ボックス!』って、 確か、『運命のボタン』の原題がそうじゃなかったっけ? 「あらら。いきなりこけちゃうよ...
ボックス!☆独り言 (黒猫のうたた寝)
今日の試写会はなんで2階席までも解放してるんだろう?ぼーーっとそんなこと思いながら始まった試写会でしたがびっくりしたことに監督と主演2人の舞台挨拶付きといううれしいおまけがついてました。twitterで”市原君に会いにいきまーす♪”なんて勝手なことつぶやいてた...
「ボックス!」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 余談ではあるが、ひょっとして先日感想を書いた「運命のボタン」は、原題(「THE BOX」)が本作と公開時期がカブッたため、あんな微妙な邦題をつけられたのだろうか。 確...
ボックス! (市原隼人さん) (yanajun)
市原隼人さんは、現在公開中の映画『ボックス!』に鏑矢義平 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
「ボックス!」 真の親友、真のライバル (はらやんの映画徒然草)
基本的に青春スポーツものに弱いのである。 若者たちが仲間のためにがんばっている姿
ボックス! (花ごよみ)
  『探偵!ナイトスクープ』の構成作家で おなじみ百田尚樹の青春スポーツ小説を、 「デトロイト・メタル・シティ」 「てぃだかんかん」の 李闘士男監督が映像化。 ボクシングにかける、 幼なじみの二人の高校生を 市原隼人、高良健吾が演じます。   カブ君の母親に...
【99.4Kg】 「ボックス!」を観にいきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
皆さん♪こんにちわ~!! (^-^) ・・・っていうか、実はクマ、昨晩は寝てませんから・・・・・(泣)
『ボックス!』 (めでぃあみっくす)
ボクシング映画というよりは、ボクシングに打ち込む純粋な気持ちを描いた映画だと思います。 「探偵!ナイトスクープ」の構成作家でお馴染みの百ちゃんこと百田尚樹さんの同名作品を映画化したこの作品は、ボクシング映画としては確かに物足りないです。でもボクシングに...
ボックス! (映画道)
舞台は高校アマチュア・ボクシング部。怠け者だが天才的なボクシングセンスを持つ体育科の少年と、彼の強さに憧れてボクシングを始める進学科の少年。彼らは、自らと互いの“真の才能”に向き合い、拳をぶつけ合い、青春のキラ星を輝かせる。かつては天才と憧れたトリック...
ボックス! (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ボクシングを通して、まったく違うタイプの青年2人が共に成長していく姿を描く青春ストーリー。高校のアマチュアボクシング部に所属している体育科のカブは、問題児だが天才的なボクシングセンスを持っている。一方、彼の幼馴染で進学科の優等生のユウキは、弱い自分を変...
【ボックス!】 (日々のつぶやき)
監督:李闘士男 出演:市原隼人、高良健吾、谷村美月、香椎由宇、筧利夫  幼馴染の二人は、やがて運命のライバルにー。 「高校一年のユウキはちょっと気の弱い優等生、小学四年まで住んでいた町に戻り、幼馴染のカブに再開した。カブの誘いでボクシング部の見学
ボックス! (迷宮映画館)
いいんじゃないでしょうか!こういう熱いのも!!
ボックス! ケツの穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタいわしたろか! (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=26 -10-】 昨日は仕事、10春闘の総括のための職場討議集会がスタートしたのだ~。 で、仕事が終わってからは映画、「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」「マイブラザー」のどちらかを見たかったのだけど、なぜか「ボックス!」になっちゃった。 しかし・...
[映画]ボックス! (オレメデア)
映画「ボックス!」を見てきました。見るたびに成長を重ね、見ごたえを増していく市原隼人。今回の役は、高校生ボクサーですか。
ボックス! (愛猫レオンとシネマな毎日)
コレは面白いです!ワタシの中ではホームラン! 試写会で見たのですが、一緒に行った友人も「ヨカッタねぇ~!」 会場を後にした人達も、皆ニコニコ顔でした。 元々、ワタシのレビューは甘口なんですけど、この作品はサービスなしで 星5つあげちゃいます。 映画は、ボ...
□『ボックス!』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、李闘士男監督、鈴木謙一脚本、百田尚樹原作、市原隼人、高良健吾、谷村美月、清水美沙、宝生舞、山崎真実、香椎由宇、筧利夫、諏訪雅士出演。
喪中映画評「ボックス!」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・李闘士男 ネタバレあり
何かに打ち込む人生は何百倍も楽しく充実している ─ ボックス! ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ 映画『ボックス!』 ─ 原作小説『ボックス!』(著:百田尚樹)が発売されたときも気にはなっていたものの、映画化されても観れてなかったこの作品。レンタルでやっと観ること ...