to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

20世紀少年

2008-09-02 23:49:57 | the cinema (ナ行)
世界が終わろうとしています。ぼくらの“ともだち”によって──。
製作年度 2008年
原作 浦沢直樹
脚本 福田靖 長崎尚志 浦沢直樹 渡辺雄介
音楽 白井良明
監督 堤幸彦
出演 唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子/香川照之/石塚英彦/宇梶剛士/宮迫博之/生瀬勝久/小日向文世/佐々木蔵之介/石橋蓮司/中村嘉葎雄/黒木瞳

『YAWARA!』『MONSTER』の人気マンガ家・浦沢直樹の同名ベストセラー・コミックを、豪華キャストを配し、日本映画史上空前のスケールで映画化するサスペンス・アドベンチャー大作。約半世紀にわたって展開する壮大なストーリーを、原作者自ら脚本化に関わり全3部作として映像化。本作はその第1章。主人公ケンヂ役に唐沢寿明、共演に豊川悦司、常盤貴子。監督は「ケイゾク」「トリック」の堤幸彦。
1969年。小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと原っぱに秘密基地を作り遊んでいた。彼らは、20世紀の終わりに人類滅亡を企む悪の組織とそれを阻止する正義の味方といった物語を空想しては、それを“よげんの書”に書き記し、楽しんでいた。1997年。大人となったケンヂはコンビニを経営しながら、失踪した姉キリコの赤ん坊カンナの面倒を見ていた。その頃、巷では謎の教団を率いる正体不明の教祖“ともだち”が出現、各地で不穏な事件が起き始める。やがてそれが少年時代の“よげんの書”にそっくりなことに気づくケンヂ。20世紀の終わりが迫る中、ついにケンヂはかつての仲間たちと共に人類滅亡の阻止に立ち上がるのだったが…。allcinema ONLINEより

基本的には短編人間なんですが、これ、面白くて2時間22分もあったなんて
今この段階で知りました。
入り込んでて、その長さが気にならなかったけど、
そういや、途中何人かトイレに立つ人が居ましたね〜。
冷房も効いてるし、仕方ないかも知れないけど、子供じゃないんだから先に済ませておきましょうメッ!

原作は知りません。
劇場予告と、人気コミック原作で3部作の第1章であることのみの情報で観てきましたが、
豪華キャストがてんこ盛り。
その豪華キャストにも負けない、30年前の子供たち
かなり面白かったです
脚本の初期の段階から原作者が参加していることが、今作の場合、成功していると言えるのかもしれません。

ケンヂが小学校の同窓会で聞いたウワサ。
教授一家の失踪、"ともだち"のウワサ―。
名前さえ思い出せないかつての同窓生に言われるまで、完全に忘れていた子供時代の遊び。『よげんの書』

友人との会話の中で、少しづつ蘇る、少年の日々。
彼らが紡いだ物語。その先を思い出せ

夢破れた中年男ケンヂは、売り上げの伸びないコンビニの経営に四苦八苦の毎日。
姉が残していった赤ん坊を背負い、惰性のような生活が、
あの日、耳にしたカルト教団の不気味な足音とともに一変する

秘密基地のメンバーの一人の死の真相を追求し、
ユキジと再会し、
ケンヂに封印していた闘うロック魂が戻ってくる!

ドキドキ、わくわくしながら、このカッコ良過ぎないキャラクターたちを見守っていました!
現実に起きた十数年前の、アノ事件を彷彿とさせる彼等の敵、
魂を乗っ取られた集団の不気味さ、街を乗っ取られた怖さを感じながら、
彼らに勝機があるのか?――入り込んでました。

喪失感を抱えたケンヂの静かに膨らむ怒りが伝わってきます。
大人になっても懐かしく思い出せる時を共有した、昨日まで普通の人だったみんながイイです!
そして、幼少時代のカンナを演じた子役が凄くいい表情で、可愛かった
できれば第2章もみたかったな。大きくなって欲しくなかったぐらい♪

エンドロールの後、来年1月末に公開の第2章の予告がありますが、もう今から楽しみです!

映画の日と言う事もあり夕方の回にもかかわらず、かなり入ってましたが
出口に向かう壁面の大きなボードの前で、若い子たちが「こいつじゃね?」「体格が似てるよ」と
名推理振りを披露してました〜
原作を知らない方でも十分楽しめる作品になっていると思います〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜も、学校じゃ教えられない! | トップ | 学校じゃ教えられない!8限目 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なぎさ)
2008-09-03 15:20:57
kiraさん こんにちは〜♪

ごめんなさい、2回トライしたのですがいずれもTBが未送信になってしまいました。
コメントだけ残させていただきますね!

中盤くらいまでは、ケンヂたちの少年時代とオーバーラップさせながら、子役と俳優がすごく似ていたこともあって面白く観てたんですよ。

巨大ロボットとの対決あたりでちょっと引いてしまった気がするんですが、あくまでも3部作の第1章なんで、長い目で観てみようと思い直しました。

第3章が来年の秋ごろになりそうですね♪

トイレに立つ人は多かったですねぇ〜。
2時間以上ある作品の時はとくに水分を摂りすぎないようにしないといけませんよね。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-09-03 20:31:36
私もkiraさんと同じで、原作は未読、劇場予告と、人気コミック原作で3部作の第1章である
ことのみのでの鑑賞でした^^
ですので、いいところで終わるんじゃないかと
思っていたので、1章はこれでいいんじゃないかと満足しています\(^O^)/
原作知らない人でも楽しめましたよね(^_-)-☆

2時間以上の映画だとトイレへ行く人多い
ですよね(^^ゞ自分はトイレが近いので
映画を観る前は、かなり注意します。
トイレ近い女ですが(笑)、今まで映画の
途中で抜けたことは1度もないです^^
あまりにぞろぞろトイレへ行かれると
気になってしまいますよね(ーー;)
こんにちわ! (睦月)
2008-09-04 16:43:01
TB&コメントありがとうございました!

これ、面白かったですよね?!
なんだか世間ではかなりの賛否両論みたいですが
kiraさんも楽しめたみたいだし、私も楽しめたし、
・・・だからやっぱり面白いんですよ、これ!!

幼少時代のケンヂを演じた子役がやたらハンサム
でした。あの子、将来有望です。

カンナは、ホントに大人になってほしくなかった
なあ・・・だって、超可愛かったもん、あの子!

トヨエツさんのオッチョ、ツボでした。
素敵だったー。私、原作でもオッチョが一番好き
だったの♪

原作うろ覚えだったけれど、それが良かったのか
想像以上に面白かったです。

もう!早く第2章が観たい!!
カンナ (たいむ)
2008-09-04 19:17:36
こんにちは。
宗教がらみの狂気って不気味なんですよねー。それに、謎だらけだから入り込んじゃう気持はわかりますよ!

カンナちゃん、かわいらしかったですね。でも「よげんの書」なんか見つけちゃうし、大きくなった2章からの活躍が私は楽しみです!
こんばんは〜! (kazu)
2008-09-04 21:20:36
TBありがとうございました。

2時間22分もあったんですね〜!
映画を見ている間はそんな
長い時間とは気づかなかったです。
きっと面白かったからだと
思います。
第2弾、楽しみに待ちましょう!
なぎささーん* (kira)
2008-09-04 22:49:56
TB,気になさらないで下さいね。
時々、不調になってしまうんですね、記事URLもコメント欄に入りませんか?

3部作、っていうのは、本当に1作目が難しいと思いますが
私はまんまと嵌りました〜。
ストーリーもですが、キャストと音楽もポイント高かったです

>巨大ロボットとの対決あたりでちょっと
確かに、突っ込もうと思えば(アノ段階で)それなりにありますが
それを上回るワクワクがありました♪

トイレ、、席を立つ時より、帰ってくる時が邪魔でした〜
Unknown (由香)
2008-09-05 00:12:46
こんばんは!
面白かったですよね〜続編が楽しみです♪
原作を知らないし、邦画だしなぁ〜と期待せずに観に行ったのですが、行って良かった(泣)

子役が俳優さんと似ていて可愛かったですよね〜
特にケンヂはソックリで、唐沢さんの息子か?なんて思っちゃった(笑)
鼻水ドンキーもソックリだったし芸達者でしたよね〜
意地悪な双子もハマっていたし、大人になってからの佐野さんには笑っちゃいました♪
こんばんは☆ (kiriy)
2008-09-05 00:58:57
TB・コメントありがとうございます。

キャストが原作のメンバーとイメージがぴったりなので吃驚していたのですが、その子供時代がまたまた大人になったときのイメージに被って、二度吃驚の映画でした。特に鼻水ドンキーは、そのままと言う感じで感心しました。トヨエツオッチョも素敵でしたね。

一月はあっという間ですね。楽しみです。
ひろちゃん* (kira)
2008-09-05 22:32:03
これって、TBする時に気をつけないとアブナイですよね(笑)
コメント欄も要注意
知ってる人は書きたいのかも〜ですが、
犯人に関するヒントが、答えに近い場合もあるようです
慌ててにげましたが(笑)
また、何も知らないに近い状態で第2章に臨みたいです〜

トイレ人、凄く多かったです〜。
しかも中盤辺りから、、
「映画の日」だからだったのかなぁ・・・、気が散るし、
前方で堂々と立っててモタモタしてたりする迷惑人とかいましたから〜
もう一度行きたいです。。。
睦月さん* (kira)
2008-09-05 22:45:25
睦月さんも楽しめたみたいで、超ー嬉しい!
でも、原作を途中までご存知なんですよね?
良かった〜♪途中までで

でもでも、1月までに読破しちゃうのよね〜

でもサ、唐沢さん、今日もTVの番宣で
「少し変えてありますので、原作ファンでも楽しめるんじゃないかな」
って言ってた!
まぁ、犯人が変るわけじゃないと思うけど(笑)
子役のケンヂ、オッチョ、可愛かったですよね!
トヨエツもカッコよかった〜♪

今、第3章撮ってるらしいです。
ああ、早く観たいよ〜〜、でも、ガマン
たいむさん* (kira)
2008-09-05 23:00:29
宗教がらみの狂気って、ホントに怖いです!
巻き込まれる人たちが、くたびれかけた(失礼)中年というのも
余計に入り込んだポイントかも。

カンナちゃん、凄いです♪
ひとりで辿り着いちゃいました!
もう、あの子出ないのよね〜、表情がとっても良かった!
kazuさん〜* (kira)
2008-09-06 15:18:51
いつもTBだけで失礼をしています
お越し下さり、有難うございます。

特別じゃない彼ら、ケンヂやオッチョ、ユキジらに
肩入れしながら観てました〜。
ガマンして1月を迎えましょうね
由香さ〜ん* (kira)
2008-09-06 15:28:29
由香さんにしては珍しい、邦画の☆の数
でも面白かったですよね〜♪
結構、原作をご覧の由香さんが、この作品に関しては
前知識があまり無かったのもよかったのじゃないかな〜と思いました!

堤監督って、漫画の世界観を映像化するのに、正確に画そのものを再現しようとするかのようなこだわりを感じさせますね〜。
みんな似てましたが、冬彦さん=佐野さんには笑っちゃいました〜
kiriyさん* (kira)
2008-09-07 17:30:59
こんにちは♪
原作ファンもびっくりのキャスティングなんですね
たくさんのブロガーさんが口を揃えておっしゃってるのは、
オッチョと、マルオ、ヤンボーマー坊でしょうか(笑)

自分でもこんなにすっぽり嵌るなんて思わなかったけど、
これ、なんか子供の頃夢中で冒険小説を見た時みたいだなぁーって思いました
Unknown (ここ)
2008-09-07 20:08:15
こんぱんはw
TBありがとうございました。
私も原作は知りません。だけど、原作を知らない方が謎があって楽しめますね。
早く続きが観たいです。
ここさん* (kira)
2008-09-08 20:45:55
こんばんは!お越し下さり有難うございます♪
ほんとに謎が残ってて、こんなに気になり次が待ち遠しいのも
また楽しいですよね〜☆
ネタバラシ記事に注意しながら1月を楽しみにしましょうー
おもしろかったです! (sabunori)
2008-09-10 23:43:47
原作貸すよーの友人の悪魔のささやき、いまだにどうしようか迷っています。(笑)
キャスティングが原作のイメージにぴったり!というのはあちこちから聞こえてきますが、子供時代と大人になってからのキャスティングもドンピシャでしたね。
特にドンキー!あの鼻タオルよかったわー。(笑)
来年の1月が待ち遠しいですね。
sabunoriさん* (kira)
2008-09-11 19:51:24
キャー〜、現れましたかっ!悪魔〜
聞いてはなりませんぬ(笑)
そうして誰もいなくなっちゃうんだろーか(笑)
ま、1月末までだと、読めますもんね。
自分の推理が外れてるかも知れないのも、映画館で確かめるほうが
悔しくないもん(笑)待つ♪
次回作待ちきれない〜 (ノルウェーまだ〜む)
2008-09-11 23:16:06
kiraさん、こんばんわ☆
子供たちがすごく良かったですよね〜
何しろキャスティングも原作そのものだし、絶妙でしたね。
ケンヂの運命が気になりますし、早く次回作を観たいわっ!!
ノルウェーまだ〜むさん* (kira)
2008-09-12 08:36:00
時代背景からなのでしょうか、
主人公や仲間のキャラなのでしょうか、
不思議なほど直ぐに引き込まれましたよねー
ホントに原作の絵に良く似たキャスティイングだったんですねー!
映画館のポスター(大ボード)で知りました(笑)
謎がこんなに楽しいのも珍しい現象ですよ
Unknown (みんと)
2008-09-19 01:38:30
面白かったですよね。
原作ファンとしても納得の出来でした!
普通のどこにでもいそうな人たちが、正義の味方として
立ち上がるがいいですよね。ワクワクします。

トイレに立つ人は気になりますよね〜。
私もトイレ近い人なので、上映前は水分を
絶対取らない様にしてますσ(^_^;)
みんとさん* (kira)
2008-09-19 17:54:32
原作ファンも納得というのが嬉しいですよね〜。
だからみんとさん、知ってるんでしょ?(笑)
これはそういう原作ファンも同じ劇場にいるわけで、
観終わって、大声で喋ってる声の中にも
ネタバレがあるかも知れないし(笑)
コメント欄に落ちてるかもしれないし、
観終わった後まで緊張が続く作品でしたわ〜

そうそう、第2章の頃は寒いし、要注意ですよねー
TBありがとうございました (シムウナ)
2008-10-26 04:18:33
TBありがとうございました。
原作の大ファンで初めて読んだときから実写化をずっと希望しており遂に実現。既に8回観賞しました。漫画で知っているシーンなのに何度も泣いてしまいました。ケンヂがドンキーを想って泣くシーンや、ウルトラマンのポーズをする子供たちのカットなど。第2,3章では原作と違った展開が予想されるのでたのしみです。
シムウナさん* (kira)
2008-10-28 01:23:39
原作マンガの大ファンなのですね♪
これは不思議にわたしもはまりました〜。原作は存じませんが。
2章の予告のオッチョはかっこいいですね〜
私としてはケンヂがとっても気になってるデス!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『20世紀少年』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督:堤幸彦原作:浦沢直樹出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>ロックスターを目指してい...
20世紀少年 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『世界が 終わろうとしています。 ぼくらの ”ともだち”によって――。』  コチラの「20世紀少年」は、累計発行部数2000万部超!浦沢直樹による世紀のベストセラーコミックを邦画史上空前の60億円の製作費で実写映画化したシリーズ3部作の第1章で、8/30公開とな...
20世紀少年 第一章 (2008) 144分 (極私的映画論+α)
 主人公たちは・・・私とほとんど同い年
実写版の感想とか (映画も漫画も!20世紀少年)
20世紀少年、さっそく観に行きました。感想は賛否まっぷたつに分か...
『20世紀少年』2008・9・6に観ました (映画と秋葉原と日記)
『20世紀少年』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ コンビニを経営するケンジは、同窓会に久し振りに出席して当時の仲間達と、小学生時代の1969年の頃に秘密基地を作り、悪の組織、世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方など空想・妄想の頃...
20世紀少年 (映画鑑賞★日記・・・)
2008/08/30公開製作国:日本監督:堤幸彦出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、石橋蓮司、中村嘉葎雄 世界が終わろうとしています。ぼくらの“ともだち”によって──。
「20世紀少年」 (かいコ。の気ままに生活)
浦沢直樹原作を全3部作として実写映画化。さえない主人公が地球滅亡計画を阻止しようとするSFサスペンス。映画「20世紀少年」公式サイト原作漫画まるで知らないで観てきました。おかげで登場人物の把握に目がまわっちゃって^^;でも十分楽しめました〜年代が私よりちょ....
★20世紀少年(2008)★ (CinemaCollection)
世界が終わろうとしています。ぼくらの“ともだち”によって──。製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/08/30ジャンルドラマ/アドベンチャー/サスペンス【解説】『YAWARA!』『MONSTER』の人気マンガ家・浦沢直樹の同名ベストセラー・コミック...
『20世紀少年』 (めでぃあみっくす)
東宝が60億円の気合を入れて作る3部作の第1章。原作は未読の私が見ても1本の映画としては物足りなさが残るものの、3部作の序章としてはそれなりに楽しめるものでした。ただ「映画」というよりはTVドラマの延長版のような空気が終始漂っていたのが非常に辛いところ。3...
20世紀少年 (だらだら無気力ブログ)
浦沢直樹の同名コミックを3部作として映画化。今作は第1章にあたる。 1997年、ロックバンドを辞めてコンビニ経営をしているケンジは、 失踪した姉キリコの子カンナの面倒みていた。そんな時、小学校の 同窓会にて正体不明のともだちと名乗る教祖に率いられた謎の教団の ...
20世紀少年〜第1章〜 (せるふぉん☆こだわりの日記)
初日の30日に観られなかったのが残念でしたが、今日31日の朝一で観てきました。
「20世紀少年」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「20世紀少年」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、他 *監督:堤幸彦 *原作:浦沢直樹 感想・評価・批評 等、レビューを含...
20世紀少年 (シネマ日記)
ネタバレあり試写会行ってきましたぁんーーーすげぇぇぇっす。なにがすごいって言うのかなぁ。ストーリー展開もスリルあるし、映像もいいし、ちょっとコミカルなところもありながら、不気味な出来事もいっぱい起こるし、なんとなく何が怖いってはっきり感じるわけじゃない...
20世紀少年 (花ごよみ)
浦沢直樹作の同名コミックの実写化。 鑑督は堤幸彦。 出演は唐沢寿明、豊川悦司、 常盤貴子、香川照之、 石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、 生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、 佐野史郎、石橋蓮司、 中村嘉葎雄、黒木瞳、 池脇千鶴、藤井フミヤ …等々。 この顔...
 20世紀少年 (★ Shaberiba ★)
子供のころ遊んだ友達・・。あなたは覚えているだろうか?
「20世紀少年-第1章」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は、4年ほど前にざーっと読んだ程度。当然結末は知らないし、ストーリーもうろ覚えで、原作に忠実な実写映画なのかどうかも判別できないくらい。でもきっと、その位でちょうど良いんじゃないかな?って思う。”
劇場鑑賞「20世紀少年」 (日々“是”精進!)
20世紀少年秘密大図鑑上巻「20世紀少年」を鑑賞してきました浦沢直樹原作の同名人気コミックを全3部作で実写映画化する第1章。総製作費60億円をかけた壮大なプロジェクトを監督するのが、「トリック」シリーズの堤幸彦。浦沢直樹も脚本監修として参加し、3部作のラ...
「20世紀少年」:業平橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この塀はなんだ? {/hiyo_en2/}この塀の向こうに新しい東京タワーができるのよ。 {/kaeru_en4/}高さ610メートルの新タワーか。 {/hiyo_en2/}そう。2011年完成予定なんだって。 {/kaeru_en4/}20世紀の少年たちなら、胸をワクワクさせて聞いたような...
映画「20世紀少年」(2008年、日) (富久亭日乗)
  ★★★★☆  浦沢直樹のSFコミック大作の映画化。 3部作の第1部。 英題は「20th Century Boys」。       ◇  コンビニを経営するケンヂ(唐沢寿明)の周囲で大学教授が殺された。 犯行現場にはケンヂが少年時代に描いたマークが。 小学校の同窓会に出たケ...
【20世少年】無謀だって解っててもやらなきゃいけないんだ (映画@見取り八段)
20世紀少年 第1章 監督: 堤幸彦 原作・監修: 浦沢直樹 出演:  唐沢寿明 、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦    宇梶剛士、宮...
20世紀少年 (ネタバレ映画館)
王様おにぎりを食べてみたかったのに・・・
20世紀少年 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
原作を全く知らないし、邦画にイマイチ盛り上がれない性質だけど(汗)、3部作の第1部を見逃して後から地団駄を踏みたくないので(←よくやる・涙)観てきました〜  監督 : 堤 幸彦  『明日の記憶』 『自虐の詩』 『包帯クラブ』 原作 : 浦沢直樹 『20世紀...
20世紀少年 (近未来二番館)
20世紀少年 - goo 映画 8月30日映画館にて。 浦沢直樹の人気漫画の実写映画化。 ひたすら感心した。 よくぞあの長い長い、そして長い話をあ...
20世紀少年(映画館) (ひるめし。)
「終わり」が始まる。
『20世紀少年 -第1章-』 (『映画な日々』 cinema-days)
 浦沢直樹原作漫画の実写映画化  「ともだち」は誰だ!!!    個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)
20世紀少年 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
不気味さが漂うSF冒険サスペンスで全3部作の第1作。コンビニを経営するケンヂは少年時代に遊びで作った“よげんの書”が現実化していることを知り、仲間とともに謎の黒幕“ともだち”を追うことに。全24巻の原作漫画をどう削ぎ落としていくかが見ものだ。映画は、物語...
20世紀少年(実写版)を見てきました。 (霧たんぽ鍋)
[映画感想]『20世紀少年 第1章』を見て来ました。 『 20世紀少年』を見てまいりました。それなりに面白かったです。しかし、絶賛するほどというわけではありません。まあ、漫画の実写版としては悪くはないぐらいでしょうか。。『DEATH NOTE(実写版)』は絶賛していたので...
20世紀少年 〜第1章〜 (POCKET BASE)
浦沢直樹の漫画が原作の映画『20世紀少年』を観てきた。全3部作の第1章。 原作の漫画の方は『20世紀少年』全22巻、『21世紀少年』上・下巻とも所蔵しており、名作の多い浦沢作品の中で...
20世紀少年 (毎日楽しいやん)
昨日は息子と   「20世紀少年」を観てきました。   毎日のように唐沢寿明がTVで宣伝しているから 大盛況かと思いきや、 10人程度のお客さんしかいませんでした。   ストーリーは 1970年代、子供たちは 地球滅亡を企む悪の組...
20世紀少年 (C note)
浦沢直樹の大ベストセラーコミック『20世紀少年』が、なんと総制作費60億円!3部
20世紀少年 第1章 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。浦沢直樹原作、堤幸彦監。唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、佐野史郎、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳 。原作の漫画連載開始が1999年なので、オウム真理教事件の影響がモロに出て...
【映画】20世紀少年 第1章 (新!やさぐれ日記)
■動機 ラストがみたいだけ。 ■感想 ラストがみたいだけ。 ■満足度 −−−−−−− おいとき ■あらすじ 翌年に大阪万博開催を控え、人類が初めて月に降り立った1969年の夏、小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。そんな彼...
「20世紀少年」 (てんびんthe LIFE)
「20世紀少年」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 コミックが原作としればすごい気楽。 多少ツジツマが合わなくてもどんなにハチャメチャなことが起ころうともOK。 今年最大の邦画の超大作。 この先何がおころうともとりあえず三部作のはじめは押さえておこう...
これだけでもお腹いっぱい。『20世紀少年』 (水曜日のシネマ日記)
浦沢直樹の人気漫画を実写版映画化した作品。全三部作のうちの第一章です。
20世紀少年 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  世界の終末・・・立ち上がれ!中年戦士!!  
20世紀少年 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  世界の終末・・・立ち上がれ!中年戦士!!  
20世紀少年 第1章 (龍眼日記 Longan Diary)
「ズーンズーンとおそろしい地なりとともに、 ついにそのきょだいなかげは、東京にすがたをあらわしました。 原子りょくきょだいロボット!! さいきんをばらまきながらはかいのかぎりをつくす!! はたして21せいきはくるのでしょうか!! 東京の・・・せかいのう...
★「20世紀少年」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みも、平日は駐車場無料の「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズさんへ。 6000マイレージの一ヶ月無料パス狙いで、本日も2本鑑賞。 その2本目。
[20世紀少年」 アラフォーと原作ファンの映画 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
「ケ〜ンヂくん、あーそびーましょー。」 ケンジくんの家は、公園の横。 今日、りょうたはマジでケンジくんと遊んでいる。 多分、映画の少年たちと同じくらいの年頃のりょうた。 昔ならこんな空き地で、秘密基地を造って遊べたのだが、今の子供は、そんな空き地すらな...
20世紀少年 (スワロが映画を見た)
原題:―― 製作年度:2008年 製作国:日本 上映時間:142分 監督:堤幸彦 原作:浦沢直樹 脚本:福田靖/長嶋尚志/浦沢直樹/渡辺雄介 出演...
映画「20世紀少年」 (FREE TIME)
話題の映画「20世紀少年」を鑑賞して来ました。
20世紀少年 (掃き溜め日記-てれびな日々-)
「20世紀少年」見てきました!「地球を救え! お前しかいない」原作にはまっていたので、見たいなぁと思いつつ中々見に行けなかったのですが、昨日やっと見てきました。翌年に大阪万博開催を控え、人類が初めて月
20世紀少年 第1章 (ルナのシネマ缶)
実は原作は未読なので、 話についていけるか 心配だったのですが、 思ったより素直に世界感に 入ることができました。 ただ、どうしてもアニメにした方が 良いのではと思ってしまいましたが、 きっとアニメにしたら女性客は 半減してしまうだろうから、 いっぱい...
映画「20世紀少年」観てきました (ぱるぷんて海の家)
いやぁ面白かったぁ! あまり期待せずに観たけど、これがけっこう堪能させてくれた。 実は原作漫画初めのうち少し読んでました。でも途中で挫折。だって未来に行ったり過去に行ったり、はたまた現代に戻ったりで ややこしやぁ〜!! で、メンドーになって止めて...
【2008-203】本格科学冒険映画 20世紀少年 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 待望の実写映画化! 全3部作の第1章、降臨。 世界が 終わろうとしています。 ぼくらの “ともだち”によって──。
「20世紀少年第1章」謎のともだちの裏切りを世紀末で止める事はできるのでしょうか? (オールマイティにコメンテート)
「20世紀少年第1章」は浦沢直樹によるベストセラーコミックを実写化した作品で1969年の小学生時代に秘密基地で考えたよげんの書に人類滅亡計画などの空想を記したが、大人になった1997年にそれが現実となり2000年12月31日人類は滅亡するという予言に当時...
【20世紀少年 第1章】 (日々のつぶやき)
監督:堤幸彦 出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、佐々木蔵之助、小日向文世、森山未來、池脇千鶴、黒木瞳 「1969年、小学生だったケンジたち同級生はよげんの書という空想のお話を作り秘密基地で遊んでいた。そして時
20世紀少年 (利用価値のない日々の雑学)
待望の鑑賞である。先週ま三連休も含め、自宅近くのシネコンは映画作品の各シアターへの振り分けが大変下手だ。1000名入る会場から小さいのは150名程度だが、兎に角前すら思っていたが割り振りが下手過ぎる。確かに住宅街にあり、また駅前にありというところで色々な鑑...
20世紀少年 (腹黒い白猫は見た!!)
2008年 285本目映画「20世紀少年」世界が終ろうとしています。ぼくらの"ともだち"によって―。ストーリー1969年、翌年に大阪万博開催を控え、人類が初めて月に降り立った年。日本中が輝く未来に胸をふくらませていた。その夏、小学生のケンヂはM、同級生のオッチョ、マ....
「20世紀少年」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
「目が腐ってしまう様な、と言うより不愉快を通り越して、失ってしまった時間を取り戻す為に、裁判にでも掛けたい気持ち。」映画評論家でも在るおすぎ氏が、映画「20世紀少年」に付いて記した文章だ。時には的を射た指摘も在るが、彼が「泣きました!」とか「感動しまし...
20世紀少年☆独り言 (黒猫のうたた寝)
行きつけの(笑)整骨院で全巻読破したのは去年から今年にかけてだったでしょうか。思えば、あそこで浦沢作品、結構読んでいたかも。『20世紀少年』観てきました。まぁ原作読んでいるとはいえ、すべて鮮明に覚えているわけじゃないので^^;どうかな?と思いつつ、今まで躊...
20世紀少年第一章 (Sweetパラダイス)
二週間前に見に行ったのに相変わらず感想書くのが遅い私原作は漫画家の浦沢直樹さん。YAWARAちゃん書かれた方ですね。今回は脚本まで書かれてるんですよ〜キャストが豪華で個性的でした。脇役もすごかったです。よくこんなに揃えたなと思いました。あ!コハナちゃん...
『20世紀少年』@日劇 (映画な日々。読書な日々。)
ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こしていることを聞く。そ...
20世紀少年 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ> 監督:堤幸彦 原作:浦沢直樹 脚本:福田靖 長崎尚志 浦沢直樹 渡辺雄介 2000年12月31日。21世紀前日、世界中で大事件が勃発していた。その裏には、あるカルト教団の計画があり、その元となった「よげんの書」は、...
20世紀少年 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  普通は映画を観てから原作を読む、というパターンが好ましいのだが、本作に限っては原作を先に読んだほうがよいだろう。というのも本作は登場人物が多彩で、過去と現在と未来を行ったり来たりし、ミステリーかと思えば実はファンタジーであったりと、原作自体...
「20世紀少年 第2章」新予告編 (気ままな映画生活)
現在、劇場予告で流されている 「20世紀少年 第2章」の新予告編です。
映画評:20世紀少年 〜もう一つの第1章〜 (テレビ放送版) (映画と写真のブログ)
ケンジは、かつてロック歌手を目指していたが、今はぱっとしないコンビニ店員。 姉が失踪して、その子供のカンナを養っていた。 平凡なコンビニ店員だったケンジ。 まだ、運命の日を知らない。 ある同窓会の日。ケンジは、小学生時代の友人と再会する。 すると...
No.158 20世紀少年 第1章 終わりの始まり (気ままな映画生活)
1969年。小学生のケンヂは、仲間たちと 20世紀の終わりに人類滅亡をたくらむ悪とそれを 阻止する正義の味方の出現という空想を ‘よげんの書’に書き楽しんでいた。 そして1997年、謎の教団を率いる教祖‘ともだち’が 出現し、各地で不穏な事件が起き始める…。
20世紀少年 第1章 終わりの始まり (mama)
2008年:日本 原作:浦沢直樹 監督:堤幸彦 出演:唐沢寿明、石塚英彦、中村嘉葎雄、石橋蓮司、佐々木蔵之介、宮迫博之、生瀬勝久、常盤貴子、宇梶剛士、豊川悦司、小日向文世、香川照之、黒木瞳 1969年。小学生のケンヂは、仲間たちと20世紀の終わりに人類滅亡を...
20世紀少年/<第1章>終わりの始まり (Yuhiの読書日記+α)
浦沢直樹の人気同名マンガを原作としたSFサスペンス三部作の第1章。監督は堤幸彦、キャストは唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宮迫博之、佐々木蔵之介他。 <あらすじ> 翌年に大阪万博開催を控え、人類が初めて月に降り立った1969年の夏、小学生...
ジャガジャーーーーン! (わすれな草・・・forget me not)
本日公開の『20世紀少年』を観に映画館へvvv この作品だけは、何があっても初日に観ようと決めていた
映画評「20世紀少年−第1章−終わりの始まり」(地上波放映版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・堤幸彦 ネタバレあり