畑・野菜の記録

家庭菜園6年目の記録。

ジャガイモとうやの植え付け方法により出た成長の差と残渣置場の新調

2017年05月16日 05時03分48秒 | じゃがいも
植え付け方法を変えて比較栽培しているジャガイモとうや
マルチはある程度成長してからなのでまだそれほど影響はないと思います。
今回、同時に植えたにもかかわらず発芽からの成長に差が出ています。

この二畝、普通に均一に成長しています。
平らな地面にジャガイモを置き、土をかぶせ成長に合わせて2度土寄せしています。

こちらの2畝、手前の一部を除き成長が少し悪いようでずいぶん差があります。
地面を掘り芋を入れ、平らにならして発芽後、2度土寄せしています。

こちらの2畝、一部を除いてよく成長しています。
あらかじめ三角畝を作ったのちその中心部に植え付けたもの。

余った4個を同じく三角畝に植えたものも同様に育っています。

結局地面に対してより高い位置に植えたもののほうがよく育つようです。
掘り下げて植えたものが一番遅い成長を示しています。
単純に温度が低いということかもしれません。

現在のところ地上部の成長には差が出ています。
収穫時の差はどうでしょうか?



ここ数年、すべての収穫残渣と雑草を処理していた
6枚のコンパネで作った残渣箱が壊れ始めました。

少し前からその隣に移設することにして残渣を積み上げていましたが

そろそろその量も限界なので
重い腰を上げることにしました。

杭とコンパネだけで作りますが、結構金額かかりますよね。

この後古いほうから移して片付けてしまいます。



コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモ土寄せ、マルチ張り。

2017年04月28日 08時02分50秒 | じゃがいも
ジャガイモは高松式併用三角黒マルチ法をしています。
その場合、土寄せ前に施肥をしておくんですが、
それをハショッテしまっていたので、

堆肥をちょっとだけ撒いて土寄せしておきました。
ジャガイモに肥料ってそんなに必要なかったですよね?
高松式はここまで、この後は三角黒マルチ法です。

この後、芽が出揃ったものからマルチをします。

高松式ではここまで三角畝にはならないですが、うちの場合は併用なので
極端に三角畝になっています。


去年蒔いたアーティチョークが一個だけ生きています。

果樹の隣に植えときました。


鉢植えトマト、

定植予定がいつになるかわからないので
雨除け定植場所に移動して自動給水にしておきました。


絹さやはてっぺんを収穫してもうすぐ終わりですね。
今年はきぬさやだけが先にできたのでいつになくいっぱいいただきました。

これからスナップエンドウと

グリーンピースが始まります。


お世話をしなかったせいで不織布の下で徒長しまくったソラマメが

いまだに放置中でこのままじゃあやっぱりまずいかな。




コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモ栽培・高松式埋め戻し。

2017年04月18日 07時57分27秒 | じゃがいも
ジャガイモ発芽から約1週間。

ジャガイモの芽が

5㎝に届いてきました。

高松式ではこのタイミングで

埋め戻します。

数日この作業の繰り返しですね。

翌日も。

3日目、大分いけましたね。
でももうちょっと多めに被せれるようにしたほうが良かったかも。

4日目。
昨夜大雨が降りました。
ジャガイモには最悪です。
寄せた土も流れたかも?
そうなると高松式にならないですね、やっぱり多めの土寄せが必要なのかも。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモの発芽と山芋芽だし。

2017年04月12日 05時48分22秒 | じゃがいも
とうや3/15、シンシア・ジョアンナ・タワラマゼラン3/17、
デストロイヤ3/20、タワラポラリス・タワラムラサキ3/26日にそれぞれ植え付けました。

そこに最初に発芽してきたのは
タワラマゼラン19日目。

ジョアンナ19日目。

デストロイヤ18日目。

とうやちょっと遅めの24日目。

タワラポラリス17日目。

シンシアがいつの間にか25日目。


種イモ用にカットして風乾していた山芋

丸々種イモはすでに埋めていましたが、

他のものも芽出しに埋めました。
銀杏芋。

短径自然薯(写真なし)

来年の種イモ用新丹丸。

今年の新丹丸の種イモ。

これとあとはジ・オさんのダイショを準備予定です。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

タワラポラリスとタワラムラサキの植え付け

2017年04月01日 08時01分51秒 | じゃがいも
11畝用意したジャガイモ培地。

去年もここでジャガイモ栽培でした。

ジャガイモ跡地にはネギと枝豆を植えました。

そして今年のジャガイモ連作です。
いままでにとうやタワラマゼラン、デストロイヤ、シンシア、ジョアンナを植えつけています。

最後の1畝はタワラポラリスとタワラムラサキ。

一畝しか残ってないのでカットして増やすことができませんでした。

高松式併用三角黒マルチ栽培です。
11畝残すことなくすべて植えました。


菜花用試し栽培のカーボロネロ。

ずいぶん伸ばしてしまいましたが
苦みのない食べやすい味をしていますね。
白菜より食べやすい。


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

シンシア、ジョアンナ、タワラマゼランの植え付けとデストロイヤー

2017年03月25日 07時58分39秒 | じゃがいも
前回はとうやの植え付けをしました。

続いてシンシア、

ジョアンナ、

タワラマゼランを植え付けました。
期待の星はシンシア、長期保存が可能なので
おいしいのができればと期待しています。

三角畝を崩して植え付けました。
高松式併用三角黒マルチで栽培予定です。

まずは未施肥で発芽を待ちます。
巨大な粒ができますので密植して巨大すぎを防ぎます。

翌日はデストロイヤーを植え付けました。
一番気に入っているジャガイモ。


一畝半ぐらいを植え付けました。
春作、秋作できておいしいジャガイモ。
しっとり系です。
何を作ってもおいしいジャガイモで
保存は中ぐらい、年明けまで持ちます。

1個だけ隣にはみ出しました。


高松式併用三角黒マルチ法で栽培予定。


残りは1畝となりました。





コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

じゃがいも、まずはとうやの植え付け

2017年03月21日 06時13分05秒 | じゃがいも
とうやは早生品種です。
早めに収穫できるので一番に植えつけます。
(網膜剥離のせいで今頃になりましたが)

カットして風乾するのに
シリカをまぶしました。

ただのソフトシリカです。
(6年前に購入したものがまだ半分以上残っています)
ジャガイモシリカというものにはほかに何か含まれているんでしょうか?


準備した畝に並べてみました。

去年の栽培で全体的に大きな粒が多かったので、

今年は密植にして粒が大きくならないようにしてみます。

とうやは全部で6列プラス4個。

最初の2畝で地面に置いた種イモに土をかぶせて高松式栽培。

次の2畝は地面に埋めた種イモで高松式栽培。(この時点ではまだ平らです)

残り2畝は三角畝に埋めました。
高松式併用三角黒マルチ法です。

後に続く畝はすべて三角畝です。

去年の栽培でとうやの出来は良くありませんでした。
それが黒マルチのせいかどうかを今年検証します。
(黒マルチなし4畝、黒マルチ2畝)
とうやは早生なのでイモは早くできます。
そして保存性はやや長く年を越して保存できます。
しかも収穫直後からおいしいジャガイモです。

しっとりとしてホクホクしていません。
煮物に向いており、揚げ物にむきません。
カレー・シチュー、肉じゃが、おでん、ポテサラ等甘くておいしいジャガイモです。




コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモ準備、耕運しました。

2017年03月13日 08時13分40秒 | じゃがいも
徐々に作業をはじめてもOKということなので
ジャガイモ予定地を耕運しました。
去年との連作になる場所ですが。

70㎝間隔で11畝分。
肥料は入れないで、硫酸カルシウムと納豆菌を入れました。

出ていた芽を全部欠いてしまった種イモたちでしたが

どうやら新しい芽が出てきそうです。
    

タワラムラサキがまったく芽が出ていないようです。

とうや、シンシア、ジョアンナ、デストロイヤ、タワラマゼラン、タワラポラリス、タワラムラサキ。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモの不可解な資料・それホントですか?

2017年02月27日 08時06分42秒 | じゃがいも
サカタでジャガイモの種を買ってみたら
不可解な資料が一緒に同封されていました。
試験場所は北海道、
品種ははるか。(購入したのははるかではありません)

はるかなら去年栽培しましたので
どんなものかよくわかります。

まず粒はかなり大きめで150gを超えるぐらいになるものが一番多い。

平均的に1000gの収穫を見込める品種。


表で不可解なのは
種イモ1片の重量が小さいほど上芋の収量が多くなること。
一番成績がいいのは2s以下の種芋1片20g。
次がカットした1片25g、その次が1片30g。
一株の上物総収量は 20g>25g>30g>40g ということですか?

ほんとに~?

・・・不思議だ

いよいよ収穫量を種イモの何倍と評価することが無意味になりますね。
小さい種芋を用意するほど倍率は自動的に上がるということ?

畑ができないのでジャガイモ準備ができません。
とりあえず浴光催芽することに。

浴光催芽をするとその期間が栽培期間に含まれる、という記事を読んだことがあります。

こういうのってひょっとしたら1月ぐらいから芽が出ていたとしたら

5月にはもう栽培終了となりかねませんよね。

なのでいいか悪いかわかりませんけど

芽を全部除去してみました。
これっきり出てこなかったらどうしましょう?
今更後悔してもやってしまったことはしょうがないですね。



コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモ量産栽培・高松式

2017年02月16日 06時57分41秒 | じゃがいも
去年から取り入れている高松式併用三角黒マルチ法(勝手に命名)。
ジャガイモを量産する、簡単で取り入れやすい方法です。
高松式という独特の方法がガマさんから発信されています。

要点は
① 5㎝の深さに植える。
② 植え付け時には無肥料で深耕する。
③ 植えつけたら20㎝ぐらいの幅を鎮圧する(弱めに)。
④ 植え付け1か月後ぐらいに中耕施肥する。
⑤ 5㎝までに発芽したら土寄せして埋め戻す。
⑥ 花が咲いたら土寄せ追肥する。



植え付けは5㎝の深さ、少し鎮圧する。
無肥料にすることで根が伸び茎が太くなる。

芽が出る前後くらいに施肥中耕する。
芽が5㎝まで延びたら埋め戻す。
栄養分を求めて新たな根(2段目)がよく伸びる。

花が咲いたら追肥土寄せする。

高松式併用三角黒マルチ法

三角黒マルチ法を実施するうえで
高松式が簡単に併用できることがわかり
去年から試してみました。

三角畝を崩して種芋を5㎝の深さで植えます。

5㎝芽が出たら埋め戻す。

再び発芽したら

黒マルチをします。


今年は問題点を含めて再検証です。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加