オートバイで出かけたい

日帰りや泊まりツーリングでのこと。 酒、温泉、食事処のことも

朝霧高原まで行ってきました

2017年03月21日 | ツーリング

3週間ぶりにAX-1のエンジンを掛けて。



興津から国道52に入り、山梨県の南部町を少し通って国道469で富士宮に向かいます。

途中の桜峠前後は道が狭く急坂だったので、先行車に追いついてからはカーブで失速しないよう、さらにスピードを落として見えなくなるまで車間を開けました。







コース中の都合いい食事処をGoogleマップで富士宮に見つけてありましたが、やっぱりな、の定休日








食事処の横の県道75をそのまま進むと、それまで見えなかった富士山がド迫力で現れました!


寒いというほどではないけど、この辺りまで来ると急に気温が低くなったように感じます。



念のため時々止まって地図を確認。






ここに目当ての商品があるという情報から、サークルKの富士宮朝霧店に来ました。 オートキャンプ場が近くにあるからでしょうが薪も置いているんですね。

欲しかったものはなかったので、店を出て帰り方向に進みました。








国道139の東側になる県道75~71で富士ミルクランドに。






初めて寄ったところですが、道の駅のような感じもあり子供連れで来てるお客さんも楽しんでいます。

目当てのものはもう作られていないのか取り扱っていないのかは判りませんが、ここにもそれはなかったのでちょっと残念だったけど、まあしかたありません。


体と気持ちを次の泊まりツーリングに向けて慣らすのが主な目的だったので、計画していたことはこなせなかったけど暖かい天気で、日帰り185㎞はちょうどいい走りでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿知ケ谷アルプスを往復

2017年03月13日 | 歩く



駐車場から勾配の急な舗装路を数分歩き、茶畑のあいだの階段状の土道を登って白岩寺山まで10分。 ここから先が山道のハイキングコースらしくなります。






地蔵山まで17分。






八幡山まで途中の小休憩も含め42分。






急な下り坂は渡してあるロープを補助にしながら歩き、人家近くの立石稲荷まで降りて1時間。






小休憩してここで引き返します。






途中の一か所だけ行きとは別のルートを通り、金谷沢山まで折り返しから34分。




山頂まで登りっぱなしで帰りは下るだけ、というのとは違いアップダウンがあるので楽しめるコースです。



今回は思うところがあり意識してゆっくり確実なペースで歩きました。


白岩寺山まで戻り立石稲荷から51分。 コース中ここが一番ひらけていて、この何倍もが見渡せます。

駐車場まで戻って59分。

改めて歩いて、またここの良さが分かりました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜松日帰りツーリング 引佐編

2017年03月03日 | ツーリング

今回の日帰りツーは、もう一つ寄るところを計画しています。


舘山寺から細江・引佐に向かう道には 大河ドラマ館 の案内表示が何か所にも出ていて、迷うことなくそこまで行けました。 が、ここはドラマがもっと進んでから来るつもりにしているので、走りながら建物を見ただけで先に進みます。


これまで謂れを知らず何度も前を通過していた 龍潭寺 (りょうたんじ) にも、増えた駐車場まで一杯になるほど観光客が来ているようです。 ここをもう少し先まで行って、左・左の方へ。




Mやんがボクに見せてやりたいと連れてきてくれました。





ムササビの森から 渭伊神社 (いいじんじゃ) を通ってすぐ裏あたり。




天白磐座遺跡 (てんぱくいわくらいせき) が目的の場所です。



なんでこういうとこ知ってるんだと訊くと、(小説じゃない) 歴史の本で読んで興味を持ったので以前来たことがあると言うMやん。







この岩の周りで古墳時代からの遺物が多く見つかったその時のことなどを話してくれます。





時代小説は読んでも古墳系にはそれほど興味ないのですが、貴重な遺跡だというのはよく判りました。


「それと、 おんな城主 直虎おとわ鶴丸たちが鬼ごっこをしてたのもここだぞ」 とついでのことのように教えてくれてエーーー!っとなって。

帰ってから大河ドラマを見直すと確かにそのとおりで、竜宮小僧を探すシーンもまさにこの場所でした!

(今年の大河ドラマは子役たちがすごく良くてストーリーも面白いですね)






周辺はよく手入れされた林で、観光客は一人もいません。



すぐそばには伊井谷川も流れています。



Mやんにはまた一つ良いところを教えてもらっちゃいましたね。




ここからはいつものように浜北ー天竜ー掛川ルートで帰り、日帰り200㎞ツーリングを充実感たっぷりに終えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜松日帰りツーリング 舘山寺編

2017年03月01日 | ツーリング

伊豆ツーリングに誘われる前から考えていた 牡蠣カバ丼食べるぞツー に、またMやんと行ってきました。

工事渋滞があったり道を間違えたりして、思っていたより1時間ほど多くかかってやっとで到着です




指示したわけではないのにやってくれてるMやん、ありがとうw






舘山寺の 喜福 は、「昔ながら」、な感じに近い気楽な雰囲気の食堂でした。




 カキカバ丼  1400円


大ぶりのカキが5つ載っている丼は味と食べ応えにしっかり満足できます。

こうして三ヶ日ミカンが添えられているのもけっこう嬉しいですね。










食事のあとは店の前の通りを突き当りまで行き、その先を少し歩いてみることにしました。






計画もしていなくて知らなかったけど、半島のような小高い丘には遊歩道が整備されていたんですね。






全高16mの観世音菩薩。






気持ち良く歩けるいい道です。






展望地では浜名湖と周辺に連なる山が見渡せました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本坂峠から下る

2017年02月25日 | 歩く



満観峰で少し休憩したあと花沢山の方へ向かいました。






茶畑の横を通り










林の中の道へ。










ロープを張ってある区間はかなりの急坂です。





下って振り返ったところ。





















満観峰から37分、標高309mの 日本坂峠 に着きました。

この分岐で花沢山には行かず右に折れて花沢の里の方に下りていきます。
















舗装林道に出たら左へ。




駐車禁止の注意書きがあるところからハイキングコースは続きます。





左に折れる段差のある方へ。













法華寺の前に出て山道は終わり、日本坂峠から20分で花沢の里に出ました。




















花沢の里 (と当時は言われていなかったと思いますが) は、高校1年生の夏の、たった一日だけの思い出の場所だったりします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加