itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『卒業』

2009年11月22日 23時54分42秒 | 書評(東野圭吾)
卒業 (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『卒業』を紹介します。祥子が殺された第一の殺人は密室のトリックで、それは、自殺か他殺か?茶道の雪月花之式実施時に波香が殺された第二の殺人は茶道の雪月花之式のトリックである。この二つは関連しているのかどうか?加賀恭一郎と沙都子が真相を探るのである。

このトリックを暴き、真実を知ることに何の意味があるのだろうか?これは、自分たちの卒業の儀式だそうだ。真実を知ることで今まで築いていた関係をぶっ壊すということなんだろうか。これが、卒業ということである。新たな世界への旅立ちである。

加賀恭一郎が剣道に打ち込んでいた大学生のときの話である。東野氏によると、この加賀恭一郎をシリーズキャラクターとして使う予定がなかったみたいである。加賀は、お父さんと同じ職業を避けて、大学卒業後教師になるのである。

茶道の雪月花之式のトリックは図を見ながらやってみないとわからないな。あと、何でこういう風になったのか?友人関係のもろさを感じる。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金城一紀『レヴォリューショ... | トップ | 第46回九州実業団毎日駅伝は... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (xtz)
2009-11-23 11:15:08
こんにちわっ!
TBありがとうございました。

加賀恭一郎氏が初登場した作品ですね。
殺人事件なので「面白い」と言っては不謹慎ですが良い作品です。

なお、こちらからはTBできないようですのでご容赦ください
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2009-11-23 14:39:00
xtz様コメントありがとうございます。

加賀恭一郎の大学生のときの作品ですね。トリックは難しいのだが、卒業の意味が深い作品なのかなとおもいます。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (苗坊)
2009-11-23 23:54:16
こんばんわ。
TBありがとうございました。
加賀刑事の学生時代。何だか新鮮でした。
学生時代の仲間の悲劇、切なかったです。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2009-11-24 00:47:13
苗坊様コメントありがとうございます。

加賀恭一郎の学生時代は、融通がきかない感じがしますね。『眠りの森』以降のシリーズでは刑事として出てくるが、少し丸くなったのか、他人に対するやさしさがより出てきますね。

学生時代の悲劇は、正直言って仲間に恵まれていないのかなと思いました。人って、同じベクトルに進んでいるときはいいのだが、多少ベクトルが違ったとき最終的には自己の利益を最優先するんですね。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (ゆう)
2009-11-28 20:08:13
いつもTBありがとうこざいます。
東野さんの新作は、加賀シリーズみたいですね。
評判がいいので図書館の予約がまわってくるのを楽しみにしています。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2009-11-29 08:27:52
ゆう様コメントありがとうございます。

いつもTBさせていただいています。

『新参者』はまだ読んでいませんが、早く読むようにしたいとおもいます。

これからもよろしくお願いします。
TBありがとうございます ()
2009-12-25 22:50:43
「新参者」で加賀恭一郎と出会い、「悪意」を読んで加賀さんの追っかけやってます。
「卒業」は加賀さんが初めて登場した作品ですよね。
これから順番に読んでいこうと思ってます。

トラックバックさせていただきました。
Re:TBありがとうございます (itchy1976(当サイト管理人))
2009-12-26 14:05:06
栞様コメントありがとうございます。

まだ『新参者』は読んでいないですね。加賀シリーズを順番に読んでいくとするならば『眠りの森』になりますね。そのときは、TB&コメントお待ちしています。

<加賀恭一郎シリーズ>
・卒業―雪月花殺人ゲーム
・眠りの森
・どちらかが彼女を殺した
・悪意
・私が彼を殺した
・嘘をもうひとつだけ
・赤い指
・新参者

これからよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
卒業―雪月花殺人ゲーム/東野圭吾 (うつわの器)
一言でいうとトリックが難しい! そして医者要らず、ならず刑事いらず。いち大学生の加賀がほとんど一人で暴いちゃった(笑)。加賀祭りだ。 後々、シリーズ化される加賀恭一郎刑事の学生時代に起こった友人間での殺人事件を書いたもので、加賀はこの頃からどことなく...
『卒業―雪月花殺人ゲーム』東野圭吾/講談社文庫 (午睡図書室)
なんだか突然読みたくなったので(何故だろう)読んでみた。 読んでいるこちら側としては、祥子が悩んでいた理由はすぐわかるんですよね。でも、当事者としてはわからないんだろう
卒業 雪月花殺人ゲーム  東野圭吾 (今更なんですがの本の話)
ガリレオのドラマが始まる前に『探偵ガリレオ』を読もうと思ってたんですが、その前に手付かずだった加賀恭一郎シリーズを一冊。 ってガリレオはもう3話まで終わってるって?。本当は一ヶ月前位に読んだ本なのです。借りた本じゃないからいつでも感想は書けると油断して...
東野圭吾氏の「卒業」を読む・・・ (酔言::すいげん)
「推理小説」の類を読むのはいったい何年振りだろうか。記憶がないが、とにかく社会人になる以前に読んだだけであると思う。いろいろと試行錯誤して、東野圭吾氏の本を読もうと考えたのは、大きな新聞広告に心躍ったかからである(本ブログの投稿記事「東野圭吾の加賀恭一...
卒業:東野圭吾 (思いつくまま*気の向くまま)
加賀恭一郎の追っかけやってます。今回は、大学生の加賀恭一郎がデビューする事件です。 一人の女子大生が下宿で遺体となって発
「卒業 雪月花殺人ゲーム」(東野圭吾) (モコモコ雲を探しに♪)
{{{     卒業  雪月花殺人ゲーム           東野圭吾   講談社文庫     }}} '''卒業'''シーズンですね。 題名にひかれ、図書館から借りてきました。 でも、一抹の不安が…。 もしかしたら、読んだかも…?...
「卒業―雪月花殺人ゲーム」東野 圭吾 (デリシャスな本棚)
東野圭吾さんの最新刊「新参者」の加賀恭一郎シリーズの第1作。
『卒業』東野圭吾・著|"新参者"の加賀恭一郎シリーズ第一作 (23:30の雑記帳)
この物語は、作中人物それぞれが事件の全貌を知り得ぬまま終わっている。各人が持たされているクロスワードパズルはそれぞれに一片が足りないのだ。完成形を見ることができたのは読者だけ。それがいっそうの切なさと苦さを呼んでいる。…
東野圭吾『卒業―雪月花殺人ゲーム』 (宴の痕)
卒業―雪月花殺人ゲーム 『悪意』に出てきた刑事・加賀の探偵デビュー作らしい。 舞台は加賀の大学時代。青春ミステリって感じですよね。 仲間のうち1人が死んだ、その謎を追っているうちに2人目が死んだ。 2つの謎を追ううちに明らかになってきたのは、難しい人間関係…...
卒業(東野圭吾) (Bookworm)
加賀刑事シリーズ1作目。
「卒業」東野圭吾 (りゅうちゃん別館)
初期の東野圭吾作品、「卒業」を読んだ。 大学生の加賀恭一郎が、連続した死亡事件を解決する。 (この記事、ネタばれあり)    【送料無料】卒業価格:620円(税込、送料別) 真相というものは、知らないほうがいいこともあるのか? それともすべてを明らかにすべきな...