伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

避けても無駄です

2009-08-30 10:34:22 | Weblog
この世は空気に満ちています。空気と霊には、実は深い関係があります。霊からの憑依を怖がる人が多いですが、この世は霊と精霊に満たされている空間でもあります。その中で私たちは生活をしています。
空気を避けて生きる事が出来ないように、霊を避ける発想も間違いなのです。川の水の様に、
人の思い・執着・霊もすべてを「流して」生きて行くのが良いのです。
締め切った部屋では空気の流動性が無く、澱んだ嫌な感じがします。霊も「流動性」を持たせておくと、霊障には成りません。
間違った知識を持つ霊能者は、水晶を魔除けに設置しますが、これは逆に掃除機の様に霊を集めて場所に固定化させてしまいます。また、魔除けの結界を張ると自称する霊能者がいますが、
逆に霊を結界に停留させて固定化させてもいます。
仏像なども霊を寄せて、その場に固定化させています。固定化された霊が霊障を起こします。
金銭を掛けて、逆に不幸を呼ぶ霊的ハンディを持とうとする人が多いです。
既に水晶の置物や仏像が家に在る人は、感謝の磁気で上書きする気持ちが大切です。それらの品物は、磁気を吸着して溜める性質があります。お守りだと思い依存する気持ちが一番ダメなのです。他に頼る磁気が品物に蓄積して、家人に絶えず不安な磁気を放射する事に成るからです。

そもそも空間が霊に満ちて避ける事が出来ない事を、避ける事が可能とするのが間違いなのです。「固定化させる」「霊を避ける」ような発想の霊的行為を止めて、流して昇華させる行為を継続することが大切です。
これが運勢と健康を真の意味で上昇させます。
何も実践しないで生活が向上することはありません。正しい霊への対応が、人生を好転させます。
既に自分自身に憑依する霊、住む場所の霊に感謝の気持ちを持ち、消え行く線香を捧げるのが
効果します。線香が消えて無くなる姿には、霊にも煙の如く消える反射作用を与えます。
水晶や仏像の様な固形物には、霊を留めるばかりで、この作用がありません。

空気と霊の関係ですが、高い標高の山頂ほど空気が薄くなり、神聖さが増します。
エベレスト登山では、至高体験をする人が多いです。極限の肉体の疲労状態では、肉体が霊体を拘束する力が弱まります。
その結果、霊体が主役の状態に成ります。また低酸素は、左脳の働きを低下させ、右脳の働きが作用し易い状態に成ると感じます。
霊体が主役。右脳の作用。この2つが揃った時に、大いなる存在を身近に感じます。
山頂で感じる様相が愛情や慈悲の感覚であり、地獄の様相を感じる人が皆無なのは興味深いです。
空気層と霊的次元には、相関関係があります。
この世の雑多な空気、つまり下から上の次元全てが揃った中で、懸命に生きようと「する」事が
大いなる魂の成長を起こします。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (710)
この記事をはてなブックマークに追加

自分を納得させる事

2009-08-29 10:20:50 | Weblog
世の中には離婚や転職をするか、しないかで悩んでいる人が多いです。
私は「頑張れ~、御飯が食べられるだけマシだよ。まだまだ行けます」とよく言います。
読者が望むのは
1.早く楽に成りたいので「離婚しなさい」「辞めなさい」「しない方が良い」などと、他人の先生に
  決めて欲しい。
2.未来に、より楽になれる選択があるか?と知りたい。
などが本音に有るのでしょう。
結論は、今、感じている悩みや苦痛を、他人の先生の指図により「中断」させてしまうと、
*一生、自分の選択が正しかったかを悩み、ひょっとすれば・・・まだあの時、と後悔する事に
成ります。未練が残るのです。
ここで自分の中の限界まで努力し我慢しますと、好転しない場合は、悩まずに自分で決断が楽に出せます。もう他人に聞くまでも無く自然に行動し、その結果に対しても「仕方が無かった」と
真から思い、後で後悔が生じません
また、自分が努力して頑張っている最中に受ける、嫌がらせや暴力は、余計に決断を真から自分自身にさせてくれる恩寵です。その後の人生をより幸福なものに変えて呉れる原動力に、苦痛が必ず変わります。あの時に比べればマシだと思え、正しい方向に努力出来るように自分自身が成れるのです。そして、現状の有り難さを認識させて呉れて、真の幸福へと導く本当の恩寵に変わります。
人間は呼吸をしなければ苦しく成り、「本能」で「次の息」をする様に出来ているのです。
これは、内在する神様を預かっているからです。ぎりぎりまで息を我慢すれば、生きる為に次の息は自然と大きく成るものです。大きい息は、人生の幅を広げさせます。
この世は全て、霊的な磁気が集合して現れている世界です。
簡単に変化するのが現実界です。
正しい磁気の蓄積を日々、自分自身で充電して行けば、今の現状と未来は必ず変容し好転して行きます。
どんな思いの磁気を蓄電するのかは、各人の自由です。
今日の1日は、どんな種類の磁気を空間に刻んでいるのかを、自分で自身を観察する習慣が大切です。
神棚や先祖短冊に、自分が生かされている原点への感謝の磁気を置いて行く事は、最も有効に未来へと作用する力と成ります。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (559)
この記事をはてなブックマークに追加

どこでも修行可能

2009-08-28 09:46:00 | Weblog
私には忘れられない会社の上司が一人居ます。
もう既に定年退職されているので、今は会社には居られません。その方は正社員ではなく、個人
契約の社員でした。学歴が無かったので正社員には成れなかったのですが、技術力を買われて
長年勤務されていました。
その上司は、御客さんからの信頼が会社の中で一番厚かったのです。何故なら決められた契約
以外の御客さんの要望を陰で叶えて上げていたからです。普通の社員ならば、それは別料金だとか、出来ないと簡単に返答するのですが、この上司はサービス残業をされていました。
ただ、この様なスタンドプレーで業務の進捗に影響すれば、首になりかねない勝手な行為としか
管理職からは評価されません。でも再契約を獲得できていた本当の理由は、その人の無償の奉仕の御蔭だったのです。
担当営業は、この事を知っていても自分の営業力の手柄にして会議では言いません。現場の事情を知らない管理職は、数字を上げた営業マンだけを評価して、製造に関る人間を気に掛けてはいませんでした。
私は良く、この上司と客先に出向きました。
客先で厳しい要望が出されるほど、私の顔は引きつりましたが、上司の目は笑っていました。
この人の目が笑う時は、底知れない力が本人から湧いて来ている事を何度も感じました。
これは無理だと思われる難局を、何度も共に乗り越えたものです。本人は気付いていませんでしたが、長年に渡り奉仕の精神を維持して仕事に打ち込んだ結果、ある種の達成力を身に付けていた人物でした。
彼は社会の仕事の中で他人と触れ合いながら、違う意味での滝行や霊的登山をしていた修行者だったと思います。
上司が言っていたのは、御客さんの立場で考える事と、思い遣りを持つ事でした。
宗教的な求道をしなくても、社会の中で他の為に真剣に生きる事は、より早く大いなる存在の慈悲に触れる近道だと思います。
小さな家庭の中でも、比叡山の千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)に劣らない修行がいくらでも存在します。
仕事や家事を惰性で行なえば、ただの苦しみになり、感謝できる視点を維持しながら行なうと立派な修行に成ります。
同じ時間を経験するにしても、大きな違いが魂に刻まれます。
信仰の教団に入って、ワーワーと呪文と御金を幾ら差し出しても、何の修行にも奉仕にも成りません。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (628)
この記事をはてなブックマークに追加

ええ役者やのう

2009-08-27 09:54:38 | Weblog
読者:
「わたし=わたしでないもの」なのではないかと思います。
例えば、五本の指と手のひらから成る手を考えた際、ひとさし指と中指だけを見れば、それは別物とも考えられるけれど、ひとつの手と考えれば個は全であり、全は個でありというようなものではないかと。それは、自分という今回の肉体を持たせて頂いている家系のご先祖様のご供養も結局は源への感謝へ繋がるとおっしゃていることと同じなのかしらと思うのですが。。。
リーマン:
これは答えです。
山の空気は、高いほど薄くなります。
個性も、高次元ほど消えてなくなります。
しかし、酸素の多い低地では、素直に沢山空気を吸えば良いのです。有り難くね。
感想:
凄く美人な御金持ちで、イケメンで優しい彼がいる女性Aさん。
自分の顔とスタイルが嫌いで、パート勤めで苦しい私B。
女性A=私B。 え?そんな訳ないよ。本当なら代わって欲しい。代われるならば、何でもしたい・・。
昔から精神世界で言われている「全ては1つ」。全てが1つの存在、何か大いなる根源存在の
「現れ」であると聞かされても、現実界の様相では、Bさんの様な思いを持ち悩むものです。
でも、やはり全ては根源存在1つの現れです。
これを知覚する為に、外在する神棚や短冊への無心の行為を重ねる事で、鏡の反射の法則により内在する大いなる存在が浮かんで来ます。
この話の大きなヒントは、Bさんが何をしてでも欲しがっているAさんの境遇は、時が経てば全て消えてなくなる物ばかりだと言う事です。
年を取れば必ずスタイルは崩れ、いずれ歩く事も出来なく成ります。
大きな事業家ほど借金もあるものです。お金が無くなる時は一瞬です。
彼氏も何時まで心変わりせずに続くか保証もありません。
結局、Bさんが欲しがっている物は全て、何1つ死後に持参できない物ばかりです。大袈裟に言えば、消えて無くなる
幻の為にBさんは自分の心を痛めています。
1つの腕にある、親指と小指の見掛けの大きさは全然違います。AさんとBさんの違いの様に。
しかし、どの指にも血管(=霊線)を通じて、同じ血液(=霊流)が流れています。そして、1つの腕に合流し、1つの体を構成しています。
小さな小指1つが欠けても、体は激痛を感じて泣きます。そして、不自由なものです。
結局、私たちの本性は、消えて亡くなる肉体や環境には無いのです。今、感じている自分の心にしかないのです。
今の自分が小指として現実界に現れているならば、小指に思いっ切り成り切り、演じ切るのが大切なのです。
隣りに居る、今回は親指役をしている人を羨ましがっていては、次回の役者からは外されます。
現在の自分の環境が惨めで苦しければ、その役回りの中で徹底抗戦して頑張らなくては生けません。未来永劫に続く苦しい役なんてありません。あっと言う間に、その役も必ず終るのです
1つだけ大切な事は、「自分の心を痛めない」で務めるだけです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (628)
この記事をはてなブックマークに追加

大きな転換

2009-08-26 09:57:51 | Weblog

(伊勢志摩経済新聞より引用)
伊勢-鳥羽を結ぶ観光道路=伊勢志摩スカイラインの朝熊岳の頂上から8月23日、夏に見ることは珍しい富士山が現れ、その後三島由紀夫の「潮騒」の舞台にもなった神島と富士山の方角から虹が出るという自然現象があった。
伊勢音頭の一節「お伊勢参らば朝熊(あさま)をかけよ、朝熊かけねば片参り」と、詠まれ伊勢神宮の奥の院として親しまれてきた金剛證寺(こんごうしょうじ)が山頂に建つ標高555メートルの朝熊岳の頂上から富士山までは直線距離で約200キロ。 
感想:
昭和の高度成長を陰から霊的に支えていたのは、富士山の女神の母性でした。富士山が見える
位置に、皇居と首都が移転されたのも、国魂(くにたま)の神意です。
富士山の神気の流れを受けて、首都東京の世界的な隆盛が成されたのです。
平成に入ってから、富士山の斜面が崩落する「大沢崩れ」が進んでいます。これの神意は、成長
経済の終焉を意味しています。今回、富士山の方向から伊勢に向けての虹が撮影されましたが、
時期的な意味でも大きな神意を感じます。
経済社会の隆盛を支えた富士山の母性が、虹の架け橋を渡り、伊勢の神島の先に在る伊勢神宮
伊雑宮を始めとする伊勢の神域に移動したと感じました。
今までの日本の霊性の主軸は、お蔭信仰を始めとする経済の隆盛にありました。これも国魂の神意だったのです。では、伊勢の主軸は何か?古来からの自然崇拝の信仰の場が伊勢です。つまり、
*富士山=経済社会の象徴。
*伊 勢 =自然崇拝の象徴。 なのです。
これからの時代は、国魂の神意により精神性の時代にいよいよ突入して行きます。
経済活動は生きる為に大切ですが、人の心を大事にする視点を忘れた企業が衰退する暗示でもあります。
昭和の時代は、人の心よりも実績だけでした。この考えが立ち行かなく成ります。大企業もこれから大勢の社員が憑依現象による鬱病により、業務が立ち行かなく成るでしょう。
社員の心を大切にし、寄り代による霊的なアースを意識した会社が隆盛します。
政治も経済成長だけを絵に描くのは、もう限界に来ている事を認識しなければ判断を誤るでしょう。

今年の7月初旬に伊勢神宮へ参拝に行かれた人から聞きましたが、外宮の風宮の屋根が心配に成るぐらいに痛んでいたそうです。同じ時に立てられた他の分社は、大丈夫なのにです。
風宮は、国難を一番最初に受ける身代わりの御宮です。
屋根の傷んだ1本1本の藁は、国土と住民の痛みを霊的に象徴させています。この国に住む人々の、普段の生活の中での現状への感謝が大切です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (648)
この記事をはてなブックマークに追加

ハンディを軽減させます

2009-08-25 10:00:00 | Weblog

日食以後の8月に入ってから、全ての人々の霊体の浄化が水面下で平等に進行しています。
どの様な形で人々の肉体に現れるのかは人それぞれです。私の場合は僅かな食事で満腹に成り、気力と体力が強まっています。
霊体の濁りや穢れ具合により、病気や皮膚の症状として現れ始めたり、逆に今までの病気が改善したりと、人それぞれの今までの人生の反映が起こり始めています。
太陽からの霊光の照射が日々強まっていますので、肉体の浄化作用は全人類に平等に進んで行くことでしょう。
感謝の先祖供養3本の実践と言う「自分自身の努力」により、数十年来のウツ病がホンの数ヶ月の実践で劇的に改善したり、自分にしか分からない従来にない心の安心感を得た人がとても多いです。この安心感は、自分の心の懐かしさに触れる様な安心感であり、他所からの洗脳や憑依では無いのは、自分自身でしか確信できないものです。言葉で表現すると陳腐なものに成り誤解されるだけです。自分の心の深い所に触れている安心感です。だから実践しない人だけが、批判や心配をされます。批判者の中には、代わりの具体的な方法も提示しないで無責任な批判に執着します。これは人々を霊的に解放する事を妨害したい、魔界からの憑依を受けている人が散見されます。
私が3本供養の実践を神示により伝え出してから20年以上経ちます。この間に起きた奇跡の数々は膨大なものです。ただ、奇跡話を今でも控えているのは、誤解が生じて逆に改善が起こらないからです。つまり、自分の何々の為、誰々の為とお蔭目的で先祖供養をすると、逆に先祖霊に負担を掛けて苦しめる事に成り、結局は実践者も先祖の苦しい反映の転写を受けて改善が起こらなく成るのです。あくまでも、先祖を癒す為の感謝を捧げるだけの供養に「徹する事」が最も大切です。
3本目の「その他もろもろの霊」を対象にするのが怖ければ、
3本目を「自分に関る霊の方々」と改良すれば良いだけです
自分をこの世に出現させて呉れた先祖に感謝するのは、恩恵を受けた者として当然の行為です。
人間は怠惰な性質の為に、この様な供養の習慣を持つ事がとても有効と成ります。


今後、ますます「霊的な時代化」が進みますので、ウソや隠し事が出来ない時代に成ります。
自分の意識に応じた霊的存在との交流が嫌でも始まっています。
森や草花の様な言葉を話さなかった物までが、意思を伝え始めています。つまり霊的な干渉を受ける時代の始まりです。
昭和の時代の様な肉体の濁りが深い時には、自分の霊性が鈍い為に感じることが無くて影響を受けなかったのですが、これからは嫌でも全員の感受性の感度が上昇して行く為に、自分の周りからの思いの影響をダイレクトに受け始めます。
ここで短冊と言う「寄り代」を設ける事で、自分の「身代わりと成る」短冊が、生霊や死霊の受け皿と成り、自分自身は影響を受けなくて済みます。
身代わりと成る寄り代は、大昔は動物や人柱と言う残酷な生贄(いけにえ)でした。
生き物に代償行為を先に受けさせる事により、未来に起こる災難を先に消すと言う魔術です。
この生贄魔術が始まる更に昔の太古は、「寄り代」を設ける事により身代わりとさせる高度な神事が存在しました。
古神道の奥義は、寄り代の概念に集約されます。
現代では、これらの霊的軌跡を知る人はいません。
寄り代の神事が現実界で隠されてから、物質文明の興隆と共に、生き物の生贄を使用する野蛮な信仰が世界中で広がり、強い者勝ちの競争社会が始まりました。
これからは生贄では無く、寄り代の文化の復興が始まります。
生活の中で、「寄り代の文化」が在る生活をする人は、人生で受ける負のハンディを軽減させる事が可能です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (616)
この記事をはてなブックマークに追加

歩み寄る姿勢

2009-08-24 10:55:36 | Weblog
今朝、神棚の両方の榊を新しく交換しました。
今年の4月初めに交換して以来でした。苗木から直接切り取った榊は本当に長持ちします。
私の実家でも、兄が神棚を引き継いでいるので、2mほどの本榊(ほんさかき)の苗を2本植えています。この榊が立派な葉を付けるのです。
私も本榊の苗を去年植えたのですが、今朝いざ切り取ろうとすると、蟻さんが登っていて欠けた葉が目立ち、どうしても気に入りませんでした。
木酢液(もくさくえき)でも噴霧しておけば良かったのですが、仕方がありません。
これは困ったなと思い、庭の別の箇所を見ると青々としたツバキの葉が目に入りました。
本榊もツバキ科に属する植物です。とてもツバキと本榊の葉は似ています。
ツバキの勢いのある枝を1本切り手に取りますと、神気が榊と同様に寄れるのが分かりました。
神様の
依り代として6本のツバキの枝を切り取り、神前に供えますと、勢いの有る青々とした葉には、いつもよりも早く神気が寄りました。
参拝を終えて思った事は、植物が持つ生命磁気に、人が発する感謝磁気が合わさる事により、
新たな磁気がそこに産まれ出ます。どちらかが欠けていると、産まれ難いと言うことです。
2つの磁気が「歩み寄る」ことにより、新しいモノが産まれます。人間も日常に感謝している人には、同様な良い気持ちの存在が同調して寄り易いと言う事です。
私たちも普段に発している思いが、同じ似た霊的存在に「歩み寄ろう」としている事に成ります。

子供の所業や進学の事で、心を痛める親が多いですが、そこには子供が「生きている」事自体を
アタリマエとして忘れている人が多いです。子供の生に感謝しながらも怒る事は、愛情からの怒りです。大いに怒れば良いのです。
人間は生死の原点から悩みを見ると、悩んでいる事自体が馬鹿らしく思える事が必ずあります。
生きてさえ居れば、今がどんな状態でも大丈夫です。
自ら現状への感謝すべき事に気が付けば、必ず心の幸福へと歩み寄れます。
心の幸福感だけは、三途の川を渡れます。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (610)
この記事をはてなブックマークに追加

逆転の視点

2009-08-23 08:58:15 | Weblog
霊障を受けて苦しむ人が多いです。
嫌だ、怖い、避けたいと思うのが人情です。しかし逆の見方をしますと、憑依する霊的存在との縁が深いから影響を受けるとも言えます。同じ兄弟でも、先祖の霊障を受ける人と受けない人が居ます。やはり長男は家系の色々な因縁を背負う事が多いです。先祖霊との繋がりが嫌でも強いのです。
霊障を受ける程の「強い繋がり」が有るのですから、正しく本人が自分の手で供養を行なえば、
自動的に供養が良く通じます。
金銭と交換に行なう他人の先生の供養などは、この親子間の強い絆の間に関与する事も出来ません。
霊障を与える霊を感謝の念で安心させる事が出来れば、この霊は守護霊に変わります。
この現実界で霊障を与える事が出来る霊ですから、逆に良い事も与えることが出来るのです。
除霊なんてとんでもない事です。運勢が強くなる機会を失くさせます。

田舎では、墓場の前に在る店舗は流行ると言う伝えがあります。墓地跡の上に建つのは絶対に駄目だが、道を1本挟んだ店舗は縁起が良いと聞きました。初めてこれを聞いた時、私にも意外な話なので少し驚きました。霊がたくさん居る場所には、霊が人を連れて来ると言うのでしょう。
ちょっと危険な意味もありますが、逆転の視点ではあります。
実は、霊的には似た話は多いのです。
かの有名な空海さんは、祟り神や荒神を封じ込めるのでは無く、逆に丁重に祭り大切にする事で、強力な福神に変えています。悪い事が出来ると言う事は、逆に良い事も出来るパワーが有ると言う事なんです。
現実社会でも暴走族のドンが改心して、会社を成功させている例は聞きます。人をまとめる力が有るのです。

今、霊障で苦しい人は、大きな守護霊を持つ可能性のある人でもあります。除霊や御祓い、逃げたい、避けたいでは駄目です。霊障を起こす存在にも訳があると思い、愛情と慈悲の気持ちで
期待せずに感謝供養を重ねる事が大切です。
この世では、自分自身がした事には1%の無駄もありません。
全て未来へと繋がります。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (655)
この記事をはてなブックマークに追加

供養と祓い

2009-08-22 09:36:39 | Weblog
私たちに干渉する霊的な憑依は、大きく2種類に分類できます。
1つは、住む土地や仕事場に存在する霊的存在からの憑依による影響です。継続的に長い時間の影響を受けます。
2つ目は、通りすがりに受ける憑依や、人間関係から受ける生霊の憑依などによる一時的な憑依です。
長期の継続的に受ける憑依と、一時的な憑依とでは、対処の仕方を分けなければ、実際に好転させる事は出来ません。
この区別自体ができない有料先生が多いです。

1つ目の場合、これは憑依を受けている人間を幾ら祓ったり除霊したところで無駄です。根本原因である土地の存在自体を何とかしない限り、繰り返し憑依を受けます。
問題は、場所に関る霊的問題は歴史的に長い因縁を持つものが多いです。数名の人霊による軽い障りから、土地の自然霊による重い障りまでいろいろです。
場所に関する障りの場合、自分自身が生活の為に場所を使わせて頂く意味からも、祓うとか除霊を行なうなどの攻撃的な対処はしない方が良いです。賃貸の家賃を払う様に、日々感謝の気持ちを向けて供養する行為が、障りを起こす存在との間で折り合いが付きます。
有料霊能者が土地を浄化するなどと自称しますが、全くのデタラメだと思って下さい。土地の自然霊の場合、その場所に何万年も前から居るものが大半です。その多くは大蛇やワニに似た霊的な形象で現れています。最近生まれてきた赤子が何をするのだと冷視されているのが実態です。
僅かな数万円と引き換えに寿命を落とす術者も多いです。
このような自然霊の場合は、他人の有料先生を挟むと怒り出す物が多いです。そこに住む本人
自身が、「礼節と義理を立てる行為」を示せば許されるものです。
地鎮祭などは大切です。神主に霊能力は不要です。
ただ土地の存在への畏敬の念と、工事を始める事前の予告の形を示せば良いのです。神主でなくても、住人が物真似で品物を用意して行なうのも良いです。その準備する行動自体が捧げ物に成ります。
ただ、これは建てる時の障りを避ける場合だけの話であり、これで霊障が終る訳ではありません。日々の感謝供養の3本目で、全ての霊的な存在への感謝をしていれば、障りを止めておくことが出来ます。

2つ目の一時的な憑依の場合は、感謝の気合が効果します。
例えば、恨みを持つ生霊の憑依には、自分も恨みで返そうとするとチャンネルを合わす事になるので、影響を受ける事に成ります。相手が特定できるならば、逆に「OOOOさんを 生かして頂いて ありがとう御座位ます」と感謝して上げれば良いのです。その相手と違っていても、感謝の念は
相手に迷惑を掛けません。もし、一致していれば、本人が恨み飛ばした念が本人に帰るだけです。感謝の言霊を相手に捧げた後、自分自身に「えいっ!!」と気合を掛ければ良く通じます。
また、道路を歩いている時に、背中が重くなり気分が落ち込む場合は、「ご先祖のみなみな様方 生かして頂いて ありがとう御座位ます」と繰り返し、自分に「えいっ!」と気合を掛ければ正気に戻ります。 親=先祖霊が子供=子孫を思う気持ちには、大変とても強いものがあります。先祖霊の中で安心している霊は、現実界に近い分、子孫に干渉する霊力は本当に強い物があります。
子孫が霊的な型を現実界で示す事で、先祖霊の霊力が発揮され易く成ります。
いちいち細かく霊障や場所・方位を心配していては、生きるのが制限されますので、日々感謝を置く習慣を持っていれば大丈夫です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (543)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の対話

2009-08-21 09:44:10 | Weblog
読者
霊の憑依・干渉というのはいったい、どれくらいの数が個人に影響するのでしょうか?
リーマン:
無数です。先祖の干渉から始まり、浄化が進むに連れて神様に至るまで続きます。先祖供養の行き先は、万物の魂の根源である太陽霊にまで行き着きます。
読者:
リーマンさん、お返事ありがとうございます。
要約すれば私たち一人一人が無数の霊の憑依・干渉を受けながら生きている、ということになるのですね。
ここでふと思い出したのが、グルジェフの「厳密に言えば人間は自分の行動に責任を持つ必要はない」という言葉でした。彼はこれを人間機械である限り責任を持てない、(目覚めた)“人間”だけが責任を持てる 、という文脈で言ったようですが、“覚醒”=“霊的な憑依・干渉からの自由”とも言い直せるのではないかと思ったしだいです。どんなものなのでしょうか?
リーマン:
その考えは正しいです。
個人に複数の人格の発生が起こるのは憑依によります。
喜怒哀楽は、他人の思いを果たしてるだけの事が多いです。
まだ、本当の自分を生きていないとも言えます。
神秘家G・グルジェフがここで言う「責任を持つ必要はない」とは、彼独特の凄い嫌味でもあります。
Gの思想からは、この世の欲望と誘惑に反応して人生を「流した」魂には、死後の個性が残らないで消えると言う意味を私は感じ取ります。消滅する魂には責任も何も不要だと。逆に言えば、輪廻転生が起こるのは、極限られた魂のみに起こるとも聞こえます。
少なくとも今、生きている私たちは、とてつもない貴重な瞬間に居るのは間違いないのです。生まれた時点で選ばれて期待されている「心」です。でも、不満と不安だらけで人生を「流そう」とする生き方をしがちです。
短冊供養により、自身に関る霊の憑依を外した短い間に、本当の「自分」=真我を感じる機会があります。
誘導するカギは呪文ではなく、現状へ感謝する気持ちです

Gは、社会生活の中で発生する対人間の苦痛こそが、人の魂を成長させ、この世での欲求の実現力を産み出すとしました。
私たちも、生活がタダ辛いと悲しまないで、意識的に心の修行として受け入れてこなした時、物心ともに変化が起こります。

読者:
なるほど悟り、覚醒というものが個人の努力次第で可能、という考えがいかに非現実的かがここから導き出せそうですね。全く思いもよらない視点です。驚きです。
そもそも瞑想して心を無にすることなど不可能であることも同様にして得心がいきます。なぜなら縁ある迷える霊の想念の影響を受けてしまうに違いないからです。初めから成功するはずのないことにチャレンジしているとも言えるでしょう。
覚醒者が100年単位でしか出現しない理由もこれで説明がつきそうです。つまり瞑想からは覚醒に至ることはできないのです。(瞑想を入口とすることはあるかもしれませんが)
とんでもない結論が頭に浮かんでしまいます。偉大なる禅マスターたちをも含め、おそらく古今東西あらゆる宗教のいわゆる導師たちは、完全に誤った土台の上に宗教的な道を構築してしまったと。なるほど、誰もどこにも辿り着けないはずです。
逆にいえば、伊勢白山道はいとも簡単に覚醒者を量産するであろうということになります。リーマンさんの口からは言いづらいかと思いますので、勝手ながら代弁させていただきます(笑)。早くそれが現実となる日を目にしたいものです。一個人の霊線の詰まりがなくなるまでには、どれくらいの時間が必要なのでしょうか。早い人で5年ぐらいでしょうか?
解説:
瞑想なんてものは、働かなくても他人の御蔭で飯が食える人だけの時間潰しです。釈尊でさえ、瞑想で死に掛けた時に受けた他人からの慈悲で目覚めたのです。
社会の中で今苦しむ人こそ覚醒するチャンスがあります。
これからは、地球の鼓動=振動数が上昇しているので、たくさんの縁有る者を助けようとする人間は、自然と覚醒する時代に入りました。過去に無かった稀有なる時代です。
もう呆れるほど簡単に、覚醒が来る時が来ます。朝起きたら目覚めていた感じです。
難しい話をしましたので、話を変えます。
過食で悩む人が多いです。これも憑依現象の影響です。
「今食べているのは、誰なのか?」と、自分で自分を観察すれば良いです。バレたか~と、過食は治まっていきます。
本当の自分が目覚めると、望む事は起こり与えられます。
その為には、社会生活の中での・・・この言葉です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (666)
この記事をはてなブックマークに追加

弱者の切り捨て

2009-08-20 09:22:50 | 先祖供養について

過去記事(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20090209)の文中にある、
(1)先祖代々の「全体」の霊へ2本。
(2)その他の有縁なもろもろの霊へ1本。
感謝
と線香を捧げます。 以上では、特定の個人を呼称しま
せん。なぜなら、自分が知らない、気が付いていない個人が
居るからです。相手を特定してしまうと、供養対象が狭く限定
されてしまいます。これでは、実際に自分に影響する故人や
生霊に届き難くなり、具体的な作用が出ません。
自分が認知できる範囲など知れています。
供養をする行動実績を現実界に
置く
事で、後は霊の世界に
お任せで良いのです。 供養者に縁ある安心している霊が、
この置かれた行動磁気を利用して、助けが必要な霊から順に
分配するのです。
供養者が気に成る故人は、(2)の時に思うだけで届きます。
思う事を忘れた時は安心されている時です。
解説 :
3本目の線香の対象である「その他もろもろの霊」は、供養を行なう本人自身に「有縁」な
「その他もろもろ」であると過去記事で5回以上は説明してきました。
無縁霊と言うのは、道端や公園・墓地などに置かれている「無縁塚」「忠魂碑」などの石塚に供養を求めて寄る霊のことです。 外に置かれている石碑にわざわざ供養を行なうのは、一般者は避けた方が良いです。この様な公共の供養塚を供養をするのは、これこそ供養を専業とする人間が行なうべき仕事です。
自宅で行なう供養に寄る事が出来る霊と言うのは、既に家の結界を通過しているのです。寄れる事自体が既に縁があるのです。無知な霊能先生は、「わざわざ呼びかけたから寄る」と言うかも知れませんが、そんな事ではありません。
「袖すり合うも他生(たしょう)の縁」と昔から言われます。仕事先での出会い、同じバスに乗った・・・一時を共有すると言う事に偶然はなく、縁があるのです。ただ、わざわざ自分から出向いて外に在る無縁塚を供養するのは、一般者には無理です。自分の霊線を感謝供養により遡る事により、いつかは遠い縁の方々も救う事が出来るでしょう。

しかし、誰からも忘れ去られて供養されずに困っている無縁霊に対して、自分が憑依を受けて損をするから止めようと言う発想とは悲しいものがあります。
現実の社会に置き換えて考えて下さい。
貧乏人に関ると、「自分の貯金が増える機会よりも、減る機会しか来ないのは明らかだから付き合いを止めよう」と言う発想に共通するものを感じます。
もし、教育者が「弱者に関ると自分が損をするから止めましょう」と言う教育をすれば、社会は弱者と強者に二分した荒廃とした地獄社会に変わるでしょう。信仰を語る霊能先生様でも、強い者勝ちの信仰を広める輩が多いです。これは「我良し信仰」を広める魔界の使者です。中には、無料の信仰家を自称しながら、自身に憑依する魔物をサニワ(背後を見極め判断する事)する能力が無い為に、家族や縁者の命を吸い上げながら、間違った実践力の無い思想をばら撒いている自称先生も散見されます。人類の魂の成長を妨害する任務を、知らずにさせられています。

結局は他人の思想に左右されずに、自分自身の家庭と先祖を基軸とした、自分自身で行なう感謝の信仰の実践を通じて感じて行くのが一番安全です。
3本目の「その他もろもろの霊の方々」が怖い人は、
「その他もろもろの有縁の霊の方々」と付け足せば良いです。
私たちは親戚や先祖以外でも、たくさんの縁ある他人の中で生かされています
これから、全ての次元が現実界に重なって来ますので、人類全員が従来にない霊的な干渉を受け始めています。
供養をしていない人々も同様な影響を既に受けています。
ここで実践的に3本供養を行なう事により、迷いの磁気をアース放電する事が、個人の運勢と運命に大きく影響して行く時代が始まっています。物事が改善する為には、小さな革命を起こす正しい努力がどうしても必要です。何もしなければ、落ちるだけの事です。物事の好転には、必ず理由があります。

私は安定した生活をしていますが、自分が楽しむ事よりも困る人々の事がどうしても気に成ります。無視して放っては置けないのです。生きる人間と死んだ人々も同様に、私の生ある限り気に掛けて行く事でしょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (552)
この記事をはてなブックマークに追加

良心は育てるものです

2009-08-19 09:21:23 | Weblog
自分が生かされている原点に感謝をし始めますと、先祖が命を繋いで呉れた恩恵に気付きます。
自分には分からないが、先祖の中に死んだ時の状態で固定化されて苦しんでいる先祖が居れば、何とかしてあげたいと思うのが「慈悲の心」です。
ようは、実際に苦しい先祖が居るとか居ないとか、地獄が在るとか無いとかは関係ないのです。
お世話に成った人々やアタリマエな事にしてしまっている隠れた恩恵に対して、感謝して「思いやり」を持てる心を自分が持っているかどうかが一大事なのです。

今、自分がこの世に実在しているのは、否定しようのない事実です。人間なんて簡単に死にます。子供の居ない夫婦や独身で終る人も、過去の時代から普通にたくさん居ます。
道を歩けば、危険な車が走っています。食べ物が喉に詰まっても人は死にます。
この厳しい現実界において、自分一人で生きているなんて思うのは思いあがりです。
現状を正しく認識すれば、一方的に先祖霊に感謝をしたくなる慈悲の思い遣りが湧くのが正しい姿です。

見返りを期待しない慈悲の思い遣りを持てる人は、必ず神様から救われます。本当の神様は、
頼まれなくても正しい事が世の中に循環する様に公平に作用しているからです。
自分が弱く困る先祖に対して持った思い遣りの心は、反射して自分自身を救うのです。
*迷う先祖など相手にすれば自分が霊障になり損をする。
*強い神様に御願いすれば、得をする。
*利益目的で先祖供養をする。
などなどの考えと行為の反射は何でしょうか?
弱い者を避けて、強い者に擦り寄る卑しい信仰が蔓延してきました。これでは、人の良心は奥に隠れるばかりです。
良心=内在神だけが、死後の次元へ同行します。
宗教的な修行や見神見性の体験なども、死の川を渡る時には役に立ちません。人生の途中における一時の感応などは、大した意味が無いのです。
大切な事は、生きている間に如何に「思いやりの心」を発揮したのか?良心を大きくする事が出来たのか?だけです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (510)
この記事をはてなブックマークに追加

苦しみは結実のチャンス

2009-08-18 12:02:35 | Weblog
ブログの初期から預言していたように、太陽の霊的波動の作用を受けて、精神が不安定な人が
社会全体で毎年増加しています。経済的な困難と合わせて自殺者が増加しています。
戦後の何も持たない頃は自殺者は少なく、贅沢と便利と言う禁断の果実をかじった現代人は自殺をします。人類は確実に弱く成っています。
失う事を恐れずに、ゼロから産み出す志向性に心をククリ直さなければ生けません。
根源的な神様は、産み出すばかり、与えるばかり、育てるばかりだと感じます。所有すると言う概念自体を持たないので、失う事への恐怖自体が神様にはありません。
失えば産み育てるだけの事であり、破滅と言う方向自体が神様には無いのです。
人間だけが、前向きと後ろ向きの両方を自由に選択できるのです。
神様に、「なぜ人間に後ろ向きの選択ができる自由を与えたのか?」と言う様な内容を神示に掛けた事があります。 返された内容は、「魂の成長の為」でした。

この観応には深く考えさせられました。
確かに、生物の進化の過程を見ると、生き残っているのは環境に順応した生物が残り、肉体の変容と変体と言う進化が起きています。変化できなかった生物は、絶滅しています。
良く聞く話では、遺伝子的に恐竜が進化して現在の小さな鳥に成っているそうです。伊勢神宮の
神域をばっこしている鶏は、恐龍の末裔とも言えます。何メートルもあった巨体が環境の激変の為に、鶏へと進化しているとすれば、進化と言う大きなジャンプ変体が実際に繰り返し起こってきたのが現実の地球の歴史です。

今、心が苦しい人は、心の進化が起こるチャンスに面していると思って下さい。
現実界だけで発生する貴重な魂の進化の機会です。他の次元では、入界した時の状態で固定化される次元ばかりです。
お金が無くて困る時に、他人からご馳走されると心に染みるものです。もし、お金に余裕が有れば、「この程度の食事か」なんて思ってしまうかも知れません。
どちらが心を大切にして、人生を感じているでしょうか?
死にたいと思う人は、死を見つめて向き合います。
誰かの御蔭でノホホンと生きている人は、死を忘れています。
どちらの人生が魂を成長させるか?
どんな悩みも絶対に大丈夫です。
生かされている原点への感謝を強くすれば良いのです。
苦しければ苦しいほど、日常のアタリマエな事を感謝して見るのです。この蓄積した想念の磁気が、「霊的に結実」します。
結実(けつじつ)とは、美味しい実を結ぶ事です。
個人をサポートする守護神・守護霊とは、自分の努力で想念が結実した存在でもあるのです。
最も正しく強く働く霊的結実は、感謝をする・感謝を与える想念で結実した存在です。
産み出した張本人である自分自身を強力にサポートします。
未来の好転は、思う以上に簡単に起こります。
求めれば、必ず与えられます。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (468)
この記事をはてなブックマークに追加

時間差に負けるな!

2009-08-17 10:04:50 | Weblog
神棚への参拝の極意は、「日々の水交換」と「榊の御世話」と言う「作業」と、自分なりの感謝の気持ちを神棚に捧げる事です。
この「作業行為の蓄積」と「感謝の磁気の蓄積」は、外在する神棚に向けられているのですが、霊的には自己の内面への呼び掛けをしている事に成ります。
自分自身が外面に対して発した事は、自分の内面に帰る法則が現実界にはあります。
ただ、反射して自身に帰る間に時間差が存在するので、関連性とその「現われ」が分からないだけです。私たちは、この「時間差」の為に色々な勘違いをします。
例えば、「あんな悪人が元気で良い生活をしている。神様は居ないのか?」などと言う人がいます。
これは悪行が本人に帰る時間差がある為に発生する勘違いです。長い目で見れば、必ず本人に悪行の反射の報いは帰ります。短い期間だけを切り取って判断し、神様まで否定するのは悲しいことです。運の良い人は、今生内に因果の帰着が起こりますが、死後に持ち越す人もいます。

「正しい信仰や善行をしたところで、自分は病気で苦しいままだ。こんな事をしたって意味ないよ」と思う人も居るでしょう。
これも、反射までの時間差に負けた人です。
自分が努力した事に対して見返りの期待をする限り、「まだ~?」と成ってしまいます。
期待せずに、たんたんと努力を重ねて行けば、白紙の未来は過去に努力した因果の波動が波のように打ち寄せます。
継続した過去の努力は、継続した因果の波を切れ目無く未来に干渉します。途中で努力を止めれば、未来も途中で変わります。

先祖供養の極意も、「先祖の為の供養」を継続する事が大切です。自分の為の先祖供養は、効果が無いので途中で止める事に成ります。
先祖と言う対象に与えたモノは、必ず自分自身に帰るのです。困る先祖が居れば助けたいと思う
慈悲の心は、結局は自分自身を救います。自分が発した慈悲心に、自身が救われます
外在する神仏への正しい感謝の信仰は、自分に内在する神仏を目覚めさせます。
ここで金銭と交換に悪人教祖に委託する間は、自分に内在する尊い存在に気付く事が絶対にできません。
先祖霊1体にナンボ?・・・この様な地獄の沙汰も金次第の信仰は、本当に地獄界の信仰です。
先祖霊を地獄に送り込み、自分自身の神性を亡くす信仰です。

あの世に同行してくれるのは、自分の良心(=内在神)だけです。財産も地位も同行してくれません。
この世では好きな行動の選択ができるのですから、せめて弱いなりにも自分の良心を育てる努力をしたいものです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (578)
この記事をはてなブックマークに追加

小食が進みます

2009-08-16 10:10:00 | Weblog

7月下旬の日食以後、私の食事に変化がありました。
従来の食事パターンは、

朝・・・自家製のカスピ海ヨーグルトを小さいカップに1杯。
     これに、バナナを1本の半分をスライスして入れます。
    マルチビタミン1粒。コエンザイムQ10を2錠。(但し40代以上の人)

昼・・・中ぐらいの大きさの茶碗に1杯の玄米。
    これに粗塩と醤油ダシによる、スープ玄米を食します。

夜・・・玄米を中茶碗に1杯。野菜サラダを小皿1杯。
    他におかず2品ほど。(夕方5~6時に摂ります)

これに、1日に5L以上の御湯。その内1回を昆布茶か、御湯
に根昆布の小片を入れて飲みます。
濃い塩水は、胃を硬くして胃癌の因子に成る気が私の場合は
しまして、気を付ける様にしています。
以上の様な食事を、勤務時間の変化により年初からしていまし
た。ところが7月の日食以降、昼ご飯が面倒に成り抜き始め
ています。
仕事の書類作成やコメント返答により、日中は忙しいのも原因
ですが、昼食を食べなくても無理なく平気に成りつつあります。
ただ、昼食を抜きますと、第6感が異常に鋭敏に成りすぎて、
聞こえるはずの無い15kmほど離れたJRの電車が走る音や
、コメント欄から過剰な感応を得ます。
このような時は、昼食を遅い時間でも摂る様に眷属神が示し
てきます。 
体重は2kgほど直ぐに落ちましたが、今は安定しています。
この小食に成ってから、更に疲れ難くなり気力が増していま
す。
(※以上の小食化は、私だけの場合ですので、真似をしては
駄目です。自分なりの食事が大切です)

私が10代の時は、感謝の線香3本供養を知らなかったので、
霊的感応によりウツ的な症状に成る事がありましたが、
ここ20年以上は日々の参拝と供養の御蔭で全く平気です。
有料先生からの霊的攻撃も、ことごとく打ち返します。笑。
鬱に成るような霊能先生は駄目です。
間違った信仰方法と背後存在が居る証拠です。
その様な先生は、一般人よりも霊性が落ちています。
人様に指導や、ましてや有料行為などは詐欺どころか、人様を
病気にさせます。

ウツで苦しむ人が居るならば、今までの信仰と生活を見直し、
先祖に感謝と線香だけを「置く」行為を重ねて行けば良いで
す。これも苦しければ、ただ日常生活で感謝できる事を思う
事です。 人を正気にさせる言霊は・・・

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。

コメント (638)
この記事をはてなブックマークに追加