伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

強く生きる事!

2008-07-31 19:13:07 | Weblog
このブログに投稿される批判的コメントは、余程の邪気を感
じない限りは、その大半をUPしております。
後から眷属神の指示で、消したり、UPをやり直したりは有り
ます。 中には、とても厳しい意見も有ります。
しかし、これが世の中の現実なのです
たくさんの魂が、あらゆる世界から現実界に旅をしに来て、
同じ次元に居るわけです。 意見や志向の違いが生じて
摩擦が起きるのは、当然です。 色々なストレスも生じる事
でしょう。 しかし、これを統制して作為的な平凡を作り出す
のは、健全ではありません。
表に出ないだけで、みんな心の中で生じている思いが有る
訳です。 社会では、自分に嫌な事を言ってくれる程の愛情
深い人間は少ないです。 好き好んで嫌われる労力すらも
惜しまれて、ただ無言で避けられて行くものです。
本人は気が付けずに、成長がありません。もちろん、自分が
正しく、相手が変な事も当然あります。 しかし、刺激がある
事により、自分の姿勢を見直すチャンスが生じます。
自分は、正しいのだろうかと。 この様な事を考える事が
現実界での成長になり、また、これを体験する為に沢山の
奇跡を経て、みんな、やっと生まれて来たのです。
やっとの思いで・・・・。

幸いにも、ブログは顔が見えないので、人間の本音を聞ける
貴重な場なのです。 また、これを悪用して、顔が見え無い
からと非情な事を書き、自己の不満を発散させる人もいるで
しょう。 その様な、隠された人間の本音を知る事が出来る
だけでも貴重なことです。
この現実界を甘く見たり、油断しては生けません。
幸いにも、このブログに集う人達は、「道」を求める真剣さ故
に火花を散らす事もあります。 良い事ではないでしょうか。

神霊が良く示唆する事の1つに、「強く生きよ」が有ります。
人間は現実界へ生まれたならば、与えられた条件の中で
「精一杯に強く生きなければならない」と伝えます。
弱虫では、駄目だ。 預かる神に、申し訳が無いと・・・。

ほんの短い人生期間ぐらいは、なにも悲しむ事は無いとも
伝えます。 今、例えどんなに苦しく惨めな条件であろうとも、
自分なりの精一杯のヘナチョコパンチを繰り出せば良いのです。
そうしていると、人生最後のいよいよの時、自分の小宇宙が
満足の内に完結するのです。 これは、御めでたい事です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。
コメント (182)
この記事をはてなブックマークに追加

心と口には良い言葉を

2008-07-30 20:06:30 | Weblog
楽器演奏や舞芸術と、神霊の世界は、古来より大変強い
関係が有ります。 日本神話によると、天照太御神が隠れ
ていた天岩戸から出て来たのも、アメノウズメの舞を見て喜
んだ八百万の神々の「笑い」と手拍子の「リズム」に惹かれ
ての事でした。
これは、凄い秘儀を示唆していると感じます。
皆さんの心奥に隠れている内在神を、心の表面に御出しする
には、八百万(やおよろず)=沢山 の「笑い」「微笑み」と
「リズム」=美しい波長=音楽=言葉=言霊、が関係する事
を示唆しています。
神秘家グルジェフも、人類を目覚めさせる鍵を古代スーフィイズム
の音楽と舞踏に見出し、関係者に実践させています。

演奏家や舞踊家は、技術面に加えて自己の内面の世界が
加味されるに従って、美しい芸術に成って行きます。
芸術家の顔の表情にも、内面の美しさが浮かんで来るもの
です。 例え無名であっても、内面的な美しさが滲み出ている
顔をした芸術家は、素晴らしい芸術家です。

人間が話す言葉には、霊的磁気が含まれています。
他人の悪口、自分自身を非難する言葉、卑猥な言葉・・・
これらは、その内容に合った霊的存在を呼び寄せます。
このような悪い磁気ばかりを、自身の口から発する人間は、
知らない内に、悪い存在に巻き憑かれています。
良い事は、有りません。
逆に、人を喜ばす言葉、励ます言葉、慰める言葉を発する
人間は、その内容に合った霊的磁気を帯びているものです。
穏やかな日常を生きて行く様に成って生きます。

神話に登場する龍宮の乙姫さんは、この世の財宝を沢山、
沢山持っているそうです。 
浦島太郎も、その財宝を目撃しています、笑。
神道系新興宗教では、乙姫(おとひめ)=秘める人。
と、昔から良く言われています。
これは、音=言霊を制する者は、自由自在に成れる事を
示唆しています。
言霊と言うとピンと来ないでしょう。
これは、内在神を抱える人間が発する息から成る言葉は、
大事だと言う事です。
日々、自分がどんな言葉を発しているか、振り返るのも
良い事ですよ。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム
」を利用して下さい。
コメント (153)
この記事をはてなブックマークに追加

御祭りは再生・復活

2008-07-29 18:50:27 | Weblog

先日、NHKの日曜フォーラムTV「伊勢と日本人」を見ました。
用事の為に、ほんの1部分しか見れなかったのですが、
勉強に成りました。 たまたま見た部分では、識者の方が
「遷宮(建替え)は、何故20年毎という数字なのか?」 と
言う主旨の質問に答えておられました。
普通は、文化や技術を継承する為には、人間の世代交代
を考慮すると20年が妥当とかは、誰でも言いそうな事なの
ですが、この識者は付け加えて面白い事を仰いました。
この方から私が受けた解釈は、
「神霊の霊力を維持するには、20年が限界である。
 これを過ぎると、衰えて消えて行くものである。
 だから、20年毎に活を入れて、神霊を再生・復活させる
 為に、遷宮という一大イベント、祭りが必要なのである」

これを聞きまして、とても霊的には正しい事を、学者の立場
から仰ったので、少し意外でした。
伊勢神宮の祭祀を古文献から研究すると、太陽の日の出、
日没の様に、神霊も生死を繰り返すと真剣に考えられて、
色々な神事や行事が行われて来た節があるとの事です。

毎年、日本各地の有名な神社・仏閣では、御神輿を担ぐ
裸祭り、喧嘩祭りが行われます。
内在神を抱える人間が、寄り集まって楽しみ、熱狂するの
です。 熱狂する人々に担がれて中心に在る御神輿には、
沢山の人間の生命力を現す霊的磁気が、寄せ集められて
丸い玉の様に錬(ね)られて、段々と大きく成って行くのを
観る事があります。
そして、最後は神社の社殿に御輿が戻されて、この丸い玉
は社殿に鎮まります。 次の祭りまでの1年間、人々の願掛
けにより、少しづつ丸い玉は吸い取られて小さく成って行き、
次回の祭りでまた復活すると言えます。
つまり、お祭りなどの行事が消えて行くと、神霊も消えて行き
神社・仏閣も寂れて行くものです。

伊勢神宮の遷宮、巨大祭りは、20年の準備期間を掛けて
なされる祭りです。 遷宮の為に、奉納品を丹を込めて
作成するのも、霊的磁気を錬り出している神事が始まって
いる事になります。
私達が毎朝する、神棚の水交換や3本線香供養も、霊的
磁気を錬る行為です。
神霊と先祖霊を日々、再生・復活させます。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。

コメント (148)
この記事をはてなブックマークに追加

お参りの大事な心得

2008-07-28 19:21:53 | Weblog
質問 :
神棚や仏壇にお参りをするとき普通は目を閉じて手を合わせてお参りします
よね。リーマンさんは瞑想は目をあけてするほうが良い、と言われてましたが、
毎日のお参りも目をあけてお参りしてもいいのでしょうか。
返答 :
実は、私は毎朝の神棚への参拝や先祖供養の時は、ほと
んど目を開けた状態で、たんたんと感謝だけを捧げる行為
を実行しています。一瞬は目を閉じてるかも知れませんが。
目を閉じると、何か余計な集中が起こり、要らぬ感応を呼ぶ
気がします。
皆さんが御参り時に目を閉じて、気持ちを込める事、先祖へ
の思いが大事、と思われるのは正しい事であり、大事な事
であるのは間違い御座いません。 
しかし、これが時には「自分の為」の願いに、知らない内に
摩り替わっている事があります。
神仏、先祖へただ感謝することが、真に、それらの存在に
通じる近道です。 そうなると、後は丸ごと結構な事に成っ
て行くものです。 細かい事を一々考え、願う必要は無いの
です。

武道の極意でもあるのですが、相手と向かい会った時に、
頭の中で「こう来たら、こうしよう」とか「絶対に勝つ!」
・・・なんて、一々頭の中で考えたり、思っている人は、
負けます。
普段からの反復練習で、無心に出る体に染み付いた動きで
勝敗が決まるものです。
供養や参拝も、似たところが有り、普段の神仏への姿勢、
普段日常での先祖霊への思いが大事であり、参拝時は行為
を実施する場だけであるのです。
普段の日常で身に付けた磁気で、神仏の磁気に相対する
訳です。 そこで、引き合うのか、拒絶されるのかが大事なの
です。 これは、霊的世界における極意です。

私が提唱する先祖供養は、皆さんが考える以上に、その
供養行為そのものが重要なのです。余計な思いは不要と
も言えます。
この忙しい現実界において、先祖の為の供養行為を空間に
刻んで行く。 これが尊い事なのです。
また、迷いの為に餓える縁ある諸霊には、100回の慰めの
言葉を掛けるよりも、物質的に捧げる1回の線香が欲しい物
に変化して霊をなだめます。 とても現実的な事なのです。

別に先祖供養をしなくても私達は死にません。供養する時間
が有れば、好きなTVを見たい人も居るでしょう。 
好きな事が出来る時間の中で、見えない存在へも思いを向け
る事が出来る、優しさが尊いのです。
ここに、類は類を呼ぶ法則が発動するのです。
慈悲深い霊的存在が供養者に寄ります。 時には、この聖霊
の助けも受けながら、自己に内在する大いなる根源存在へ
気持ちを向ける事が大事なのです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。

コメント (140)
この記事をはてなブックマークに追加

先祖の心、親も知らず

2008-07-27 13:39:18 | Weblog

昔、昔、あるところで母親と子供の2人だけで生きていま
した。 母親は女手1つで一生懸命に働きながら、子供を
育てていました。 日に三度の食事も、自分は食べなくて
も、子供だけには何とか食べさせていました。
子供にとっては、これがアタリマエな事でした。
時間が来れば、食事が出て、いつも側には母親がいる。
母親は子供の将来を思い、口から出る言葉は、子供には
面白くない言葉ばかりが出てしまいます。
子供が母親に感謝の言葉を言う事は有りませんでした。

子供は何か欲しい物があると、近所の御金を持っていそう
なオバサンの所へ何度も通い、その家の前で、オバサンを
称える歌(呪文)を歌いました。
すると、たまにはオバサンが御菓子を呉れました。

子供は、家に御菓子を持って帰り、オバサンへの感謝を言
いながら、御菓子を食べます。
3度の食事には、文句は言いますが、御菓子と他人へは
感謝を言うのです。
後日、その御菓子を食べるように成ってから、子供の歯が
虫歯に成りました。 甘い御菓子のカス(垢)が歯に残って
いたのでしょう。 でも、御菓子を食べてから、日数が過ぎ
ているので、無知な子供には何が原因かは分かりません。
歯が痛い原因を、母親が作る食事のせいにするのでした。
母親は、どんなに腹が立っても、自分の子供を捨てる事は
出来ませんでした。

オバサンは外在神。 母親は、内在神とも言えそうですね。
人間は祈願をして、何か思い通りになると、外在神の御蔭
と感謝します。 しかし、実際には自分の先祖霊(親)が動
いて働いてくれた御蔭が大半です。
また、知らずに高利貸しの外在神に依頼すれば、目先の
小銭を貸して呉れるのは、当たり前です。
後日に数十倍の利子を付けて、知らない内に何かを回収し
て行かれてしまいます。

実は近所のオバサンも、御金持ちではありませんでした。
何も持たない人だったのです。
この子供は、母親が生きている間に、母親の有り難さに
気が付けたのか、亡くしてから思い知ったのか・・・は
分かりません。 
このような子供には「親の心、子知らず」と、よく言いますが
「先祖の心、親も知らず」とも、現代社会の大人には言え
そうです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム
」を利用して下さい。

コメント (165)
この記事をはてなブックマークに追加

奇異からは離れる事

2008-07-26 09:38:24 | Weblog
読者より :
私の父は10年以上前に他界しておりますが、生前はXXXXの宗教会幹部でした。父は私が中学生の時(30年以上前)に入信し、以来XX一筋に人生を捧げたような人でした。そんな父の最期は、惨澹たるものでした。長年の単身赴任での不摂生が祟って、糖尿病を患い体を壊して、家に戻って来た父は別人のようでした。糖尿病の進行により、人工透析を受けるようになった父はだんだんと奇行を繰り返すようになり、徘徊や行方不明はしょっちゅうでした。最期は腎不全と肝不全で亡くなりました。
私の育った環境は、父親は新興宗教の教団幹部で不在。母親は家計のために夜の仕事をし、夜はいつも兄弟だけでした。
そんな境遇を嫌だと言いますと「我が家は罪が深いから、仕方が無いんだ。」と言われ不満でしたが、いつしか自分も、過去世の罪が深い人間だからこんな家に生まれたんだと諦めるようになっていました。
高校生の時に非行に走り、高校を中退し、家出をしていたこともありました。
情けない私でした。内在神があるとは夢にも思わず、人は外在神に頼っていなければならない弱い存在、だと思っていました。
ご縁をいただいて「内在神への道」を拝読し、目からうろこが落ちる思いを感じると同時に、なるほどと心から納得したのです。
今、私は宗教団のお守りを外しました。(日々感謝想起とお線香供養をしております。) これで、良いと思う反面、一心に神様を追い求め、XXXX教祖を心から信じておりました父のことを思うと、やるせないのです。
私の父はあの世で、神様のお役に立ち頑張っているのだと信じておりましたが・・・自由ではないところにおるのではないか?と。
返答 :
この教祖を観ますと、とても苦しい下層次元の世界に繋がれ
ています。 その次元自体が消え行く世界なので、この教祖
の個性も既に消滅しつつ有ります。 幽界の大蛇を神と勘違
いし、欲望のまま、人々の良心を食い物にして、この世で
欲心を満たして去った様です。
去ったというよりも、魔物に自己の内在神を預かる魂座を食
われたので、魔界の磁気に引き寄せられるが如く、強制送還
された様です。 この世を去る少し前に、背後の真の姿を
契約成就のルールに基づき、初めて教祖が見せられた時、
余りの恐怖に打ち震えて、側近には「逃げろ」とだけ伝えて
去った様です。 その死後、身内同士の争いを経て後を継い
だ人は、先代の教えの一部を否定、改変した様ですが、結局
同じ背後存在の意のままです。

この教祖は、違う団体で熱心に活動していた時、その会で起
こる「霊動」に着目して、その奇異現象を再現さす行法のみを
無知故に強調する団体を自分で作って独立しました。
霊動とは、色々な霊が意識の表面に浮き現れる様に、意味
不明な事を突然に話し出したり、苦しみ出したり、踊り出した
りする事です。 この現象を起こさせる正体を、教祖自身が
無知故に、苦しむ先祖霊とか、前世に関係する霊だとか判断
(サニワ)させていますが、本当に影で起こさせているのは、
魔界の存在による、ただの自作自演です。
奇異な霊動が現れて、それを会で鎮めたと証した所で、次々
と同じ事を繰り返します。 危険な幽界の遊びに嵌まります。

奇異現象を起こさせるのが、神の力だと誤解させて、それを
信じる民衆から金銭を集めさせて、教祖にご褒美として呉れ
てやり、真の目的である、内在神の魂座を人間から集める
のが魔界存在の目的です。 とても美味しい、らしいです。
読者が、幽界の残存磁気から離れて、感謝の先祖供養を
して行けば、必ず父親も楽な状態に成ります。
実子のあなたが気が付けたと言う事は、まだ大丈夫です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。
コメント (171)
この記事をはてなブックマークに追加

上書き修正可です

2008-07-25 20:18:24 | Weblog
安心した心境に成れていない縁ある先祖霊や、生前に知り合
いだった故人が、頼るところが無い為に、その影響を自分
自身が受けていると、理由なく自分の心が弱く苦しく成るもの
です。
いくら薬を飲もうが、話を他人に聞いて貰っても、根本的な
改善はしません。
人間は生きている間は、自分が、もし死んでも子供達や知り
合いに迷惑を掛けるような存在には、絶対に成らないと思っ
ているものですが、これが難しい事なのです。
考えてみると、生きている今だって人間は、あれが欲しい、
これが辛い、あれは嫌だ、将来が不安で楽しくない、などなど
不満な心を持ち、他人に頼ろうとしています。 
死んだところで人間は、今と全く同じ心境なのです。
ただ、肉体を無くした分、余計に生前の普段の思いが増幅さ
れます。 死んで苦しい状態ならば、縁を頼ってでも、必ず
子孫や他人に縋り付き、頼ろうとします。
生前の「生き方による縁」により、49日を過ぎても執着ゆえに
あの世に旅立つことが出来なかった霊は、自力での旅立ちが
出来なくなり、第三者からの供養、感謝の念を受けない限り
現実界に固定され漂う、供養を待つしかない「受身の立場」
の存在に成ります。

独身の方は、生きている間に、縁ある霊を供養安心させる
因縁を現実界に刻んで残して置くと、自分の死後は、その
因縁により自分自身が助けられます。 他を助けようとする
人は、必ず自分も助けられる因縁を、知らない内に残すの
です。
この世で行う全ての事は、良い事も悪い事も、無駄なく残さず
必ず反射作用します。ただ、自分の行為からの反射作用が、
今の次元で帰るのか、違う次元で帰るのかが分から無いだけ
なのです。

この世では、先行きの運命は決まっておりません。
必ず努力による修正、緩和、改善、転換がされるのです。
中には過去生の反射が全てで、今生の人生は、知らない
過去からの反射を、ただ受けるだけが人生だと考える人も
います。
こんな人間は、くだらん人生です。 今、が過去に縛られた
人生だとすると、来世は過去に縛られた人生を送った今生
の反射でしょうか? どんな来世になるのでしょうか。
この様な、尻すぼみの人生を送っては、勿体無いです。

罪を犯したならば、犯した罪を上回る善を成し。
前世の悪い?反射を受けたと思うならば、堂々と受け切れば
良いのです。
後から、いくらでも上書き反射を書き込める自由が、平等に
誰にでも与えられています。 生きている間は・・・。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。
コメント (84)
この記事をはてなブックマークに追加

大船に乗った

2008-07-24 21:11:18 | Weblog

私は20歳過ぎから、本格的に伊勢神宮への参拝が始まり
ました。 外宮へ何度目かの参拝をした時、本殿の神前で
手を合わせた時に、北斗七星と北極星をハッキリと頭内で
視覚しました。 遷宮空き地では無く、本殿においてです。
その後に帰宅してから、視覚した星の形象が何度も事有る
毎に浮かんで来ると同時に、
「生かして頂いて ありがとう御座位ます」の言葉が降りて
来たのです。
また、オレンジ色に微動する日輪の形象を視覚したのは、
伊雑宮においてであり、やはり本殿参拝の時でした。

伊勢神宮の形式による、木材を組み合わせただけの建物
に、北極星や太陽が示現する事が本当に不思議でした。
社殿の木材を組み合わせる角度、寸法、向きは、厳格な
古来からの仕来たりやルールが存在しているそうです。
陰陽五行説や天体の運行から算出された説がありますが、
人為的に作成したものに神霊が宿る不思議さがあります。
もちろん、お仕えする神官達の熱意や努力も関係するので
しょうが、何故その形式を踏襲すれば、尊い形象が現れる
のか・・・。
後日に外宮に付いて調べた時、外宮の神具装備品には
北斗七星と北極星をモチーフにした物が沢山存在し、古来
より伊勢では、北極星を太一と呼んで親しみ祭るのが
常識と知ったのでした。

数年前に伊勢に参拝した時、
「人の神性が現れる時代の幕開けの合図は、丑寅(東北)
の地で起こり、南下する・・・」と、啓示を受けました。
東北地方における、今回の2度の大地震は、幕開けの合図
と感じます。
沢山の方が被害を受けておられますが、地震の規模の割
には、まだ被害者が少なく済んだと思います。
これは、日本の今後に対して、大きな吉祥を意味していると
感じます。 大難を小難に、絶対に抑えると・・・。

木材を組み合わせて星を観せさせる、人知を超えた大い
なる存在が鎮まる国です。
色々な問題は発生するでしょうが、私は今後をとても楽観視
しています。
日本が世界の為に役立つ事をする約束手形を、太古に振り
出している気がして成りません。 それが始まり出す期日が、
もう直ぐな気がします。 この手形を不渡りにしない為にも、
この言葉が大事です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。

コメント (170)
この記事をはてなブックマークに追加

飯の種には成るな!

2008-07-23 18:50:10 | Weblog

今朝、何気なく浄土真宗の中興の祖と称えられる蓮如の事を
思いました。 蓮如を思うと、いつも思い出す事は、一休との
エピソードです。
親交のあった
本願寺門主蓮如の留守中に居室に上がりこみ、蓮如の持念仏の阿弥陀如来像を枕に昼寝をした。その時に帰宅した蓮如上人は『俺の商売道具に何をする』と言う発言を残している。 (Wikipediaより)
一休は、ちょっと酒でも飲みたくなると、蓮如のところへ勝手
にお邪魔して、気楽にしていたのでしょう。 蓮如は、当時の
時代に隆盛する、今で言う新興宗教の大教祖様であり、
大金持ちでもあったのです。 その蓮如の本尊を、枕代わり
に寝るとは、一休らしいですね。 蓮如の弟子が見れば、
卒倒したことでしょう。
また、蓮如の返した言葉が面白いです。
「俺の米びつ(飯の種)に触るな」と、言ったとも伝えられてい
ます。
癖の強い一休が、ただの金持ち教祖に近しくする事はありま
せん。 年下の蓮如が可愛かったのだと感じます。
蓮如の背後存在が、一休にはペットの様に可愛く感じた事も
関係します。
一休は、禅などの仏縁が大きい人生を歩みましたが、実際は
神霊筋の魂でした。 その点、蓮如はガチガチの仏縁の人
でした。 蓮如を観ると、いつも感じる事は、仏界において
仏法を守護する存在として、仏典にも登場する様な有名な
龍を感じます。 この龍の姿が少し変わっていて、神霊系とは
違い、龍神と蛇との中間の姿をする、龍陀として現れます。

この龍陀を背後に持つ人間には特徴が有りまして、昭和の
バブル時代にも、小型龍陀を背後に抱えた企業家が沢山い
ました。 蓮如も当時の大実業家としての役割が強かったと
感じます。 清濁併せ呑める器が、真宗を広めるために
必要とされ、仏界から派遣されたのが蓮如なのでしょう。
蓮如は、子供が特定されているだけで30人近くいました。
実際は、他にも沢山産ませたと感じますので、凄い人数の
子供がいたと思います。
記録上は生涯に5人の妻を持ち、その大半の奥方に毎年の
ように出産させて、だいたい30歳ぐらいまでに大方が若くして
亡くなっています。 その他にも多くの女性がいたと感じ
ます。 女性の生気を吸い取る様な絶倫ぶりには驚きます。 
幽界が全盛の現実界で大事業を成し遂げる様な人物には、
特殊な背後存在からのエネルギー流入が有った様です。

現在は、この様な背後存在が不要な「太陽の時代」です。
龍陀の力を借りずに、各人自らが預かる、真の神である
内在神を発露させれば、嬉しく楽しく生きる事が出来ます。
  蓮如ほどの大物の「米びつ」ならば、まだ面白いですが、
近年のくだらん霊能専業者の「米びつ」、飯のに成り下がっ
てしまっている人は多いです。 
内在神を預かる人間が、種に成るとは、嘆かわしい事です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。

コメント (114)
この記事をはてなブックマークに追加

平等な機会

2008-07-22 20:03:45 | Weblog
ここ数日、太陽黒点が出ています。
http://swc.nict.go.jp/sunspot/) 私は数年前から、この
サイトの「
最近10日間の観測値」の項目を毎日チェックしてい
ます。 黒点が出現している時は、TVニュースからは事故や
犯罪、先生職の猥褻事件、悲惨な殺人事件が多いと感じて
います。 霊的垢が有ると、体調を崩す方も多いです。
最近も、真面目な女子中学生が父親を残忍な方法で殺害
しています。 しかも、理由がハッキリしない。
これには、黒点出現期間の殺人の特徴が現れています。
・普段、真面目で大人しい人が、前兆なく突然に事件を起
 こす。 年齢幅も広く、子供も多い。
・殺害方法が、単なる不慮のためらいの事故では無く、
 とても残忍に思い切って実行されている。
・理由が不明である。とても殺人の理由に成るものが見当た
 らない。
これは、霊的には地獄霊の憑依の特徴です。
過去の色々な記事(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20070518)など
で予告していた事が、始まっています。
他世界から、自分の心に同調したものが人類に寄り始めて
います。 未成年の子供は、自己を抑制する意思が弱い分、
霊から同調されると自制が効かず、行動に出てしまう面が
あります。 
これらは感謝の先祖供養と、3本目の縁ある諸霊への供養
を実践していると、緩和されるか、避ける事が出来ます。
小中学生の間は、親が先祖供養をしていれば、子供はして
いなくても大丈夫です。 ただ、既に始まってしまっている
ので、新しく始める方ほど、進展が無く、苦しい環境では
あります。 供養実践の是非判断は、御自身でして下さい。
子供さんの供養の実践は、子供の自由意志に任せておけ
ば良いです。共に供養をしても良いし、しなくても別に良い
です。

従来の既成仏教でも、先祖霊へ「心を寄せる」レベルの霊的
意味は果たしていました。 ただ、何かと専業者の生活の
為に、御金が掛かるシステムに成ってしまっています。
分家や独立した独身の方や、御金が無い人でも、自己に関
わる先祖供養や、縁ある諸霊供養が出来るか否かが、
今後の大事な別れ道に成りかねません。
外国人の方々も、高見の神より、まず自分の先祖霊と、自分
に関わり有った故人への供養が大事なのです。
これらを放っておくと、その中の苦しいままの状態の方々から
来る、迷いの霊的磁気の影響を知らない内に必ず受けます。

正しい霊的知識と縁が無い為に、あるいは貧乏の為に、
迷いの霊的磁気をまともに受けて苦しむ、現実界の民衆を
見るに観かねて、冥界を司る国常立太神が現実界へ降ろし
たのが、感謝の先祖供養方法でした。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム
」を利用して下さい。

コメント (176)
この記事をはてなブックマークに追加

太古からの仕組み

2008-07-21 13:30:34 | Weblog

天照太御神が、皇女である倭姫命の背中におぶさり、初めて
伊勢の地へ辿り着いた時、皇女へ伝えました。
 
「この神風の伊勢の国は 常世(とこよ)の浪(なみ)の重浪
(しきなみ)帰(よ)する国なり、
傍国(かたくに)の美し(うまし)
国なり、この国に居らまく欲し」  (日本書紀より)

常世(とこよ)とは、日本神話の重要なシンボルのひとつ。
常世の国を死者の国や黄泉をあらわすともされる。 また、浦島太郎が行った竜宮城も『万葉集』では常世と記され、現実の世界とは時間の流れが著しく違う。このことから不老不死の楽園をあらわす。
『日本書紀』の天照大神から倭姫命への神託では、伊勢を常世の浪の重浪の帰する国(「常世之浪重浪歸國」)とある。出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
天照太御神が伝えたのは、
「太平洋からの風が吹き付ける、この伊勢の地域は、太古に
太平洋上に存在した、世(国立太神)の国(ムー大陸)
からの残存波動の風が、繰り返し浪の様に打ち寄せる地域
です。 国常立太神との美しい思い出に浸れる、この地域に
居たい」 ・・・と、言う事でした。
天照太御神と国常立太神は、陰陽の夫婦の原点を構成させ
たエネルギー体でもあります。

地球創世記に白山で形成された、溶岩が冷え固まって出来る
柱状摂理石の石柱の1本が、ムー大陸へ運ばれ、太陽信仰
の寄り代石となり、太陽神=天照太御神が祭られていました。
その時代は、国常立太神が直接に現実界へ影響して治める
平和な楽園の様な時代が長く続いていたようです。 
ただ、何時まで経っても楽園のままで、変化成長が人類に
起こらなかったのです。
それから時代が経ち、ムー大陸の沈下の前に太陽神の石柱
は、現在の伊勢伊雑宮の地下に埋められています。
そして、伊勢神宮外宮には、国常立太神が鎮まっております。

そして近年、2千年ほど前に奈良の三輪山から京都近辺を
太古の因縁の為に、皇女の神巫女に霊線を張り巡らせて、
最終的に元の居るべき場所、伊勢に天照太御神は戻り鎮ま
りました。
現在の厳しい世の中は、魂を飛躍的に向上させるには、最適
な環境です。 太古からの神仕組みが施された、この国で
試練を受ける事が出来る人間は、幸せかも知れません。
何とか明るく、こなしたいものです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。

コメント (152)
この記事をはてなブックマークに追加

御湯と昆布

2008-07-20 09:24:07 | Weblog
昨日、持病のある50代男性が白山登山中に死亡されたよう
です。 下界が30度を超える気温時の登山は、注意が必要
です。 長い傾斜道を、温度差・酸素濃度・気圧差の変化を
受けながらの登山ですから、予想を超えた負担が体に掛かっ
ているものです。 
白山は、畏れ大き霊山です。
実を言いますと、白山秘め神社の下界の本殿は、残念ながら
霊的な曇りが、少しですが在ります。 白山は、遠目で見ると
霊眼では青白く輝き、神界の山がそのまま存在しています。
一方、伊勢神宮外宮は、まったく霊的曇りが無く、北極星
から、根源の透明な神聖光が降りています。
白山自体と伊勢神宮を結ぶ霊線が、去年より太く成り始めて
います。

白山登山は、行楽気分で行く場所では有りません。
また、神事と称して、神霊を動かそうとする集団イベントゴッコ
をするには、他の霊山とは違い、洒落にならない報いを受け
る場所でもあります。 なぜなら、この山は今、数千年の休養
時期を終えて、霊的な活動期に入っているからです。
登山をするならば、誘われたから行くのでは無く、自発的に
自分で決めて、どうしても登りたいからと行き、自己を見つめ
る為に登る霊山です。

先日、35度の気温の日中に、製品の搬入作業を久しぶりに
手伝いました。 普段、営業車で移動ばかりしているので、
これは体に堪えました。 作業が終わると、パンヅでビッショリ
でした。 知らない人が見ると、お漏らし?と勘違いされそう
なぐらいでした。笑。 これぐらいの作業でバテる筈が無いの
ですが、途中で動悸が激しくなり、立ち眩みに成り掛けま
した。
後で良く考えると、前日にワインを沢山頂いたのが悪かった
様です。 アルコールは、体内の水分を排出させて脱水ぎみに
するのですね。 その状態で、大量の汗を掻いたので、脱水
症状に成りかけたのです。 その後、大量の御湯と、実姉か
ら貰った根昆布を15cmほどかじると、スムーズに回復できま
した。
昆布のヌルヌル成分と御湯は、体への吸収が良く、便通にも
良いものです。 太陽の電磁波がこれらに加わり、肉体を
更新させる反応が起こる感じがしました。
登山の前日の飲酒には、くれぐれも注意して下さい。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム
」を利用して下さい。
コメント (163)
この記事をはてなブックマークに追加

金縛り

2008-07-19 19:36:54 | Weblog
車を運転しながらラジオを聞いていましたら、落語家の方が
金縛りについての夏の怪談話をされていました。
ある方がホテルで宿泊した深夜、金縛りに遭ったそうです。
そして知りうる限りの「南無妙・・・」や「南無阿・・・」などや、
呪文や御経の知る箇所を一生懸命に心中で唱えたそう
です。
すると耳元で、「そんなもの、効かねえんだよ」と、声がした
そうです。
落語家の方が言うには、怒鳴りつけるのが一番効果が有る
様だと言っておられました。
「こちとら、明日の朝早いんだよ!馬鹿野郎!あっち行け!」
などなど・・・笑。 これも一理あるなと思いました。
現実界で生きる人間の怒りの念は、肉体を無くした存在より
も、瞬間力では断然勝ります。

私は金縛りに遭った経験が、生まれてから無いのです。
昔、社員旅行で深夜に上司が私の部屋をノックして、頼む
から部屋を交代してくれないかと。話を聞くと幽霊が出て来
て金縛りと雑音で眠れないとの事でした。私は交代してあげ
て、朝まで静かに眠りました。 私は部屋に入り、邪悪霊の
気配を感じると「エイッ!」と、自分自身と室内に対して気合
を掛けます。
相手が小物の場合は、自然と小さな声で「エイッ」なのです
が、相手が大物の場合は、声を出すつもりが無くても、
「エイッーー!!」と大きな声が勝手に出ます。
今でも運転中に家族を突然驚かせて、ひんしゅくを良く買
っています。 嫁などは「今、何を斬ったの?」と、しつこく聞く
ので、説明に苦慮しています。笑。

以前、ホテルの部屋の階全体から嫌な気を感じて、部屋に入
る前に扉を開けて、廊下から室内へ向けて気合を掛けた時、
とても大きな声を出してしまいました。
その時、3つ離れた隣部屋から、同行者で布団問屋の社長
さんが、頭を押さえながら「痛たたっー」と叫びながら部屋から
廊下に飛び出して来ました。この方は、修験道を長年されて
いて、小ぶりなカラス天狗を沢山憑けている人でした、笑。

皆さんも、感謝の先祖供養と感謝想起を実践していくと、
「エイッ」の短い気合で、その場の霊的磁気の曇りを自分で
無くす事が出来ます。
塩でも霊的磁気の曇りを切断する事が出来るのですが、
これは一過性で、待ち受けタイプの効能しか期待出来ません。
生きる人間が積極的に発する感謝の磁気には、陰の存在は
退散します。 この言葉を授けた存在には、閻魔様でも正座
します。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。
 
コメント (137)
この記事をはてなブックマークに追加

御篭もり(おこもり) 

2008-07-18 19:11:10 | Weblog

神社の御札を部屋の壁に貼る方が居られるようです。
これは、御札に対する考えが全く理解されていません。
貼るという事は、糊か押しピンで壁に止めるのでしょうか。
壁に貼るとは、もちろん榊も水も供えられてはいない筈です。
神霊を押しピンで串刺しにして、ここで見張りをして欲しいと
番犬のように思うのでしょうか?
このような非礼をする方は、あちらこちらの神社札をベタベタと
貼っているものです。知らないとは言え、自分の欲深さ我良し
が根底にないか、考えて頂きたいです。
また、仏教系の貼る呪文札などは、毒には毒で制す仕組み
の物なので、こんな物を家内に貼ると、陽気も去ります。
余計な霊的磁気を発する物は、住む人を陰気にします。

御札とは、神霊が宿る寄り代です。
御札に神が常駐している訳では、ありません。
内在神を抱える人間が、気持ちを込めて榊や御水を供える
行為が、霊的磁気を生みます。これに加えて感謝の磁気波動
を神棚へ捧げると、御札を納めた神棚の内部空間に、お祭を
実践する人間の霊的磁気が篭(こも)ります。
この捧げられた霊的磁気が、御札と縁のある神霊を引き寄せ
ます。どんなに距離が離れていても、一瞬で神霊は寄ります。

神棚の中の御札を置く空間が大事です。
神棚の扉は、空間を構成する為に、閉めた方が良いです。
古神道では、狭い部屋に篭り、神霊との邂逅をする行法が
古来よりあります。
民間伝承でも、穀物の収穫が終わったに、田んぼに萱や藁
で小屋を作り、その中に神を祭り、五穀豊穣への感謝を捧げ
ながら、半月ほど篭もる風習が太古からありました。
「御篭もり」などと称されて、神聖な行事とされて来ました。
アメリカのインディアンにも、狭いテントの中に篭り、神霊との邂逅を
体験する儀式があると聞いています。
日本の現代では、神社の祭りとして、この風習が置き換わ
ったと感じます。

少し話しが違いますが、伊達政宗は考え事をする時、畳半畳
の狭い部屋を作らせ、そこで必ず思案に暮れていたそう
です。 狭い部屋ならば、自分の霊的磁気で空間を満たす事
ができ、良い知恵が浮かんだ様です。
家が狭い? 良いでは無いですか~。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。

コメント (155)
この記事をはてなブックマークに追加

気付きへの階段

2008-07-17 19:06:27 | Weblog
自分の心(=内在神)を育てる。 養(やしな)う。
人生の大事な目的は、これです。
自分の心に住まう内在神を大きく育てて、根源の存在へ
御返しする。
沢山の人間が、内在神を大きく「太く」する事が出来れば、
根源神は「太る」のです。 そして、より多くの自らの分神を
生み出します。そして、また、1つ1つのドラマが誕生します。

この厳しい不安定な現実界のみが、神を太らせる事が出来る
世界です。 他の次元の世界は、静止している世界とも言え
ます。私達人間は、今度こそ、内在神を太らせると根源存在
と約束して、生まれて来ているのです。
どんな犯罪人や、どうし様も無く見える人間も、全員が神を
太らせる志を持って、生まれて来たのです。
ところが、生まれて見ると、とても難しい事です。
この現実界では、内在神を育てる事が出来るように、逆に
殺す事も出来る世界なのです。

人間は内在神の運命を握る存在、つまり私達も既に神の様
な存在なのです。 しかし、これが認識し難いのです。
現実界の特殊性として、生きるに従って自我が大きくなり
ます。
自分は神を太らせる道具では無い、私は私だと・・・。
これらの是非の答えを認識する旅が、人生かも知れません。
ただ、赤子→成人→老人の自我の流れは、大きく見て
無→有→無と流れるものです。人生を一通り経験して、死期
を感じ出すと、あれほど巨大化した自我が、また生まれ赤子
の様に消えて行くものです。 ここに、答えが有ります。

ラマナ・マハリシは、人類には稀有なレベルの覚醒へ至った
人でした。 彼の成功の手段は、ただ1つ・・・
「私は、誰か?」と、ひたすら自問することでした。
自我の正体への問い掛けでした。 
自我と言う物は存在せず、全てが根源存在1つの現れなので
す。 他人は、あなたでもあります。
だから、人間は相手を理解する事が出来るのです。
その理解できる深さが、個々で開きがあるだけです。

しかし、世界は1つと言いましても、例え真理だと自分に言
い聞かせたところで、自分自身で感じ体験しなければ、ただ
の空論です。
これを自分で体験する為には、感謝の先祖供養3本で自身に
受ける迷いの霊的磁気を軽減させ、陽神の陽気を受けな
がら、日々の日常生活での感謝想起が大事なのです。
これを実践していると必ず、日常の中に根源の存在の片鱗
を感じ出します。 
この言葉が、背中を押してくれます。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側の「
検索システム」を利用して下さい。
コメント (115)
この記事をはてなブックマークに追加