伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

「徳」に、金銭も幸運も幸福も勝手に憑いて来ます

2017-02-22 09:44:45 | Weblog

近年の小中学校では、道徳教育(善悪を判断し、善を行おうとする良心を育てること)
に力が入れ始められています。
これは良いことです。日本の将来に影響します。

今の世間で言われます「毒親」(どくおや:児童虐待によって、一種の毒 のような悪影響を子供に与える親のこと)に育てられた子供は、

* 愛情を受けたことが無い為に、「思いやり」という感情が分からない。
* 何が正しいことなのか?を知らない、分からない、知ろうとしない。
* 他人に対しても、自分自身が親に受けた対応が正しいと思っている。
* 親と同じことを自分も、他人や自分の子供にしてしまう。

こういう悪い「連鎖」の2代目、3代目の人々が社会の中に増え始めています。
これを正す為には、「正しい基準」=「道徳」というものを義務教育で強化する必要があります。

そうでないと、その本人が社会で苦労するからです。
他人と衝突するために勤務が継続しない人間となり、収入を正しく得られない人間と成り、ろくな方向に向かわないパターンが社会に見られます。

会社や組織でも道徳観の有る人が信頼され、管理職に成って行きます。
米国ではモラハラやセクハラなどの裁判の賠償金は巨額であり、社員の道徳観が会社を潰しかねない金銭問題へと成っています。
日本も、その方向に向かって行くことでしょう。

つまり、人の道徳観の有無は、その人の将来の収入を左右する重要因子と成り得ます。
結婚も決めて行きます(素行調査など有るために)。

なんと、つまらない、くだらない、と思われがちな道徳教育が、将来の高収入や結婚も左右する教育だということなのです。
収入に関する例で説明しますと、子供でも食い付いて来るかも知れません、笑。
でも、冗談ではありません。

では、「道徳」という言葉の元の発信者である老子は、「徳」について何と言っていたのでしょうか?
老子は、
自分が育てても、所有しない気持ちが、徳である
と、徳の一面について語っています。

* 子供を育てれば、自分の子供。自分のもの。
* 自分が起こした会社は、自分の持ち物。

このように思っている内は、その人には「徳」が無いと老子は言います。
そして、自分に徳が無ければ、
「その持ち物を、いずれは失くすことに成る」
と指摘します。

* 自分が子供を持てば、期待せずに最善に育てる一方であり、世間にお渡しするつもりでいること。
* 会社を起こせば、社会の為に、社員の為の物。

このような心境の人には徳が有り、その人の持ち物は伸びる・大きく成って行く、と老子は指摘します。

日本の未来も、国家の徳が決めて行きます。
徳のない国は、滅んで行きます。
どの国に善徳が多く、
どの国家には、徳がないか?


これから、その国の行く末が見せて証明してくれることでしょう。
日本はまだ、善徳>悪徳、の状態です。
これを今からも維持して行くことが、私達の生命と財産を決めて行きます。
だからこそ、道徳教育は大切なのです。


カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「2月の自然観察日」に2月の詳細あり
* 2月22日、今日の「若潮」から来週まで、注意静観日が始まります。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (189)
この記事をはてなブックマークに追加

心をカラにする秘訣

2017-02-19 11:52:24 | Weblog

昔から禅僧などが、
* 空(くう)に成りなさい。 空を目指しなさい。
と言ったものです。

「頭をカラにしなさい」と言われましても、生活していれば色々な思いが湧いて来るのが人間です。
アレが心配、コレが足らない・欲しい、アイツが腹が立つ、仕事が心配、病気の家族のこと、自分の将来、金の心配、・・・・。

朝の通勤時の人々を観ますと、それはそれは騒音のような独り言が道路に鳴り響いています。
声には出さなくても、霊的には誰もが大きな声で、小さな声で、何かを話しているものです。
心中が無音の人は、100人に一人もいないかも知れません。
でも、たまに見掛けるものです。落ち着いた人であることが見掛けからも分かります。

では、頭を空(くう・カラ)にするには、どうすれば良いのでしょうか?
これに関して、老子が面白いことを言っています。

* 家の中にゴミが天井まで詰まっていれば、人が住めますか? 
家の中の空間が無い家は、家としての用を成すことが出来ません。

* 空間が有るからこそ、人が家の中に入って来て暮らせます。

* 人の脳も同じであり、カラの状態であればこそ、良い知恵も湧いて来るし、知識も入って「来る」のです。

これは重要なヒントです。
私たちは、心を空にする理由も分からず、ただ無思考に成ろうとするから「出来ない」のです。
思考を消すという、何か消極的な意味から空を目指すから出来無いのです。

そうでは無くて、
* 知恵・真理という美味しい「鳥」を捕まえる為に、「心をカラにして待つ」という能動的な前向きな、ワナを仕掛けるような意味で無思考の空を心掛けますと、その実践が自分に教え、心が空の習慣が形成されると感じます。

話が変わりますが、格闘技などでは「何も考えていない奴が怖い相手」とよく聞きます。
動きを考えている相手は、動く前に既に目に次の行動が表示されていると言うのです。
だから相手の次の一手が事前に読めるから、防御が可能に成ります。
格闘技の達人は、無思考の人ばかりです。

心を心配で埋めていては生けません。
心をカラにしていれば、最善の方向が考えなくても見えて来るのです。

囲碁にしても、思考で読むのは限界があります。
でも、何となくの雰囲気が最善の一手を教えてくれます。
無思考からの一手を出せるか否かが、勝敗を決めます。

心が空・カラであることが大切です。
心に「空」を心掛ける人、この道理を知っている人は、良い知恵が湧き自由自在に生きられます。

先ずは、心をカラにして部屋掃除をしてみましょう。
釈尊の弟子である周利槃特(しゅり・はんどく)は、頭が悪い奴だとイジメに遭っていました。
でも、無心で掃除をする内に悟って、叡智を得て聖人と成りました。(https://goo.gl/gS9Ews

人は、心をカラにして掃除に専念するだけでも、作務(さむ)を伴った大いなる修行となり、瞑想を超える心のカラに行き着くわけです。
ここに大いなるヒントを感じて頂ければ幸いです。


カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「2月の自然観察日」に2月の詳細あり
* 今日は赤丸日。静観致しましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (526)
この記事をはてなブックマークに追加

肉体は高く、心は低い場所に置くほど安心する

2017-02-16 11:15:48 | Weblog

今朝に浮かびますことは、

* 人の心は、水のように、低い場所に置くことが良い

と出ます。
大自然の山から湧き出た水は、より低い場所を求めて下方へと流れて行きます。
そして何時かは、大海という「母性の海」にたどり着く訳です。

私達の心も、高い位置(=山)に置くほど、現実とのギャップに苦しくなるものです。
自分の心を下方へと流し、
下から目線という謙虚な低い場所に置けば、すべてを許せる愛情の海(神様)へとたどり着くことでしょう。

これから自我(ワレヨシ)のプライドが高い人ほど、心が病んで行くと感じます。
女性でも、心を高い基準に置いてしまいますと、自分の家庭の悪い点しか見えなくなるものです
これでは喧嘩が絶えず、悪い方向に進むのは自然の道理です。

肉体は、仕事にしても社会的地位にしても、健康にしても、高い位置を目指すことは良いです。
でも、心は、低い位置ほど良いのです。
心は低い場所ほど、母性の神様(海)に近付くことに成ります。

大自然の姿こそが、すべてを表現しています。
大海が一番に低い場所に存在していることが、既に神様の居る場所を教えてくれていたのです。
まさに、深海=神界。
日本語の言霊の完璧さを、改めて思います。

子供の肉体には、勉強しなさいと高い位置を目指させるのは良いことです。
子供の将来に影響することですから。
でも心中では、
* 生まれて来てくれただけで有り難い。
* 子供である、あなたは、存在しているだけで良いんだよ。

という「低い」「下から目線の」原点で子供を見ていることが大切です。
心に愛情を持ちながら、悪い点は叱ることが大切です。

つまり、山と海の関係にしても、人の肉体と心にしても、
高い・低い、肉体と心、というような真逆の陰と陽が2つでセットなのが「安定」するという物理法則がコノ世の真相です。

陽と陽、陰と陰、同質同士ではダメな訳です。何も流れない、何も生まれない、のです。
電池の置き方も同じくです。

男女も凹凸の正反対から子孫が生まれます。
反対の真逆のモノ同士こそが、必要なのです。

だから親子でも家族でも、会社でも、自分が嫌いな相手ほど過去生の縁が有ることが多々有ります。
すべては陰・陽の大きな絶対的磁石により引き合って、出会っています。

自分自身の中にも、陰と陽のような真逆の良い点も有れば、悪い点も有ることを素直に認めていれば良いことです。
誰もが陰陽の二面性を持ちながら成長し、心は低い位置に行くほど「自分の中の」神様と出会うことでしょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (505)
この記事をはてなブックマークに追加

今だけに集中して頑張る思考は、知らずに未来を変えている

2017-02-14 11:44:31 | Weblog

「自分の思い通りに行かない」「自分の願いが叶わない」
と言う人々を観ますと、

* その人は「挑戦する前から先に」その結果を望んでいます。
* 行動する以前に、先に結果を考えています

そして、挑戦する前に、既に疲れています。
そして、結果的には何もしないまま。

このようなパターンが多くの人々に観られます。
しかも、このパターンに気付かずに何回も繰り返している人が多いのです。

そして自分で「どうすれば良いのか?」と分からなくなれば、
* 更に未来ばかりを心配しながら、今の生活を疎かにしています・ing。
* 占いで未来を知りたがります。(自分の努力放棄)

これでは、すべてが悪くなって行くのは、自然の道理・流れであり当然なのです。
何の不思議も、憑依も霊障も無い、自業自得で自ら選択していることに過ぎません。

* 挑戦する前から、自分が動か無いまま、現状の生活を捨てたまま
まだ来ない未来ばかりを考えることを止めましょう。

* この夢想するパワーを、「今の目の前のことに努力する行動」に使いましょう。

今の目の前のことに努力する
・・・・これが今を生きる、今の中に没入する、という道元さんが目指した「作務(仕事)を通じた悟り」にも到達し得ることに成ります。

仕事や家庭で受けるどんな苦痛も、自分の魂を大きくするチャンスに自分で出来ます。
仕事を通じて、家族の困難を通じて、あるいは幸福感を通じて、人は悟ることが可能です。

悟れば、その状況の中のままでも、嬉々とした活力が湧きます。
そしていずれは、すべての現実もあれよあれよと必ず変わって行くのです。

世の中で本当に大きく成功する人間の多くは、先に結果ばかりを考えないのです。むしろ結果を考えません。
それよりも、自分が楽しくなるように、今の嫌な仕事の中でも工夫を始めます。
これは平会社員の時代から既にそうなのです。だから出世する人間は、見ていれば先に分かります。

確かに目標や結果を考えて努力することは大切ですが、これに囚われて大事を見逃したり、「幸運の機会に気付けずに」見過ごすことに成りがちです。
先に結果ありき、では自分の目を現状から乖離させて、目にフタを半分していることに注意しましょう。

今日に言いたかったことは、
* 今の先を心配する時間があれば、今直ぐに動きましょう。
ということです。

自分なりに、無心で動いて見ましょう。
動けば、見えて来ることが、分かることが、必ず有ります。


カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「2月の自然観察日」に2月の詳細あり
* 今日から「中潮」週間に入ります。
そろそろ赤道付近からの余波が来る頃です。震度5ぐらいを想定して静観しましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (502)
この記事をはてなブックマークに追加

本当に大きな視点を持てれば、幸福に成ります

2017-02-12 12:08:23 | Weblog

今から約5年前に書き始めた自著「柔訳 老子の言葉」を、リニューアルするために最近に内容の見直しを始めています。

改めて自身の老子への解釈を読みますと、思う以上に真面目に原典を大切にした解釈をしていたと感じられました。
もし次の機会があれば、私が70歳を過ぎてから再度、
「老子の言葉 第一章・ネームバリューにダマされずに本質を見る大切さ
から書き直したいと思います。

それはかなり「子供帰り」をしたかのような訳になるかも知れません。
更にこれを10年ごとに一から老子を訳しますと、100歳を超える頃には字数が大幅に減り、
たった81行の文章で終わるかも知れません。

とにかく老子は視点が巨大です。もうその視点が大きすぎて、何を言っているのか戸惑う人が多いかも知れません。例では、

* 「コノ世のすべてを持つということ=何も持たないこと」(老子)

私達の持ち物とは、順番に数えることが可能です。
家族、友達の人数、自分の家、車の数、貯金額、恋人の有無、・・・・。
そして、アレが無い。これが欲しい。今のあれを失くしそう、どうしよう・・・・。

と日本では苦悩し、恐怖し、喜怒哀楽を繰り返しているものです。
でも最貧国のゴミの山に暮らす孤児たちは、いつも嬉々として笑っています。

その一方で、アラブのある国の王様は、コノ世のすべてを持つと言われながらも、自分のサイフ1つも持っていない。
日本の昭和天皇は、青年期に訪れたロンドンで、初めて自分で小銭を握りしめて買った地下鉄の切符を大切に保管されていたと聞きます。
ご自分で切符を買ったのは、その生涯で初めてであり、一度切りのことでした。

老子は、数えられるような持ち物など不要だと言うわけです

地球全部が自分の持ち物であり、多くの人々を自分が育てているんだ!
だから、どんな人のことも気にする。
そして全員が笑顔ならば、自分も嬉しい。
皆んな自分の大切なモノなのだからと。

でも他人は笑うかも知れません。
「貧しい身なりをしていて、何を言っているんだ」と罵倒するかも知れません。
でも、その元気な様子を見て、老子は「良いね!」と嬉しそうにする訳です。
本当に食えない人でした。

更に老子は、
* 完成するようなモノは、小さい。小さすぎて話にならない。
* 本当に大きなモノとは、いつまで経っても完成が出来ないほど本当に大きい。

だから未熟な人を見ても、「それで良い」「可能性に満ちている証拠」「大きく成るよ」
と言うわけです。

まさに天才バカボンのパパに似ています。
今日もダメな自分を見ても、「これで良いのだ」「まだまだ行ける」
と明るく居ましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (537)
この記事をはてなブックマークに追加

日本の古代の秘密の御蔭で助かった私達

2017-02-11 11:52:53 | Weblog

今日2月11日は「建国記念の日」(けんこくきねんのひ)です。
日本神話の登場人物であり古事記や日本書紀で初代天皇とされる神武天皇の即位日が、2677年前の今日だったという説からです。

これをウソだという学者は昔から居るものです。そもそもが神武天皇は、古代の小説(神話)に過ぎない、存在しない、と言う人も居ます。
でも、これは間違いです。神武天皇は確実に存在されました。

なぜならば、神武天皇の存在を確かに証明する、神武天皇の奈良への上陸を助けた3つの土着の豪族(神話上で神武天皇を助けた八咫烏・ヤタガラス)の家系が今でも継続して存在しているのを確認したからです。
奈良県から京都にかけて、今でも3つの家系が住んでおられました。
このようなブログを10年間も継続していますと、信頼できる筋からの思わぬ情報が入るものです。

1つは京都の有名な古代からの神社を支える家柄として。
別の家系は兼業農家として、地域の「古い家柄」として、孫の多い大家族で和気あいあいと今でも住んでおられます。

戦後にGHQが日本の秘密を知る為に、伊勢神宮や堺市から奈良の主要な天皇陵を調査した時に、併せて日本の古い家系(八咫烏)についても探っていたという情報があります。
この3つの家系には、今でも隔世遺伝的にもの凄い霊感のある女性が生まれるようです。
社会の中で真面目に勤務し、ごく普通の生活をされていると聞きました。

米軍最高司令官マッカーサーは、戦後に日本に乗り込んだ時は、憎し日本を根底から解体すると意気込んでいました。日本の皇室も、神社も解体するという意向でした。
そして、政治裁判と並行して日本の古墳群の調査や、古い家系も戦後直ぐに調査したのです。

ところが古墳の調査が進むにつれて、また古い家系に伝わるある紋章を見て、だんだんとマッカーサーの日本への態度が変化します。
そして昭和天皇と面会した時には、マッカーサー元帥は直立不動で陛下に敬意を示すということに至ります。

なぜなのでしょうか?
そして、マッカーサーは日本解体から変節し、皇室存続、伊勢神宮の継続、氏神信仰、これを認可しました。
マッカーサーが帰国しますと、日本を解体しなかったことを問われ、売国奴と呼ばれた不遇の晩年を過ごすことに至ります。
でも、マッカーサーは一切の弁解をせずに、黙ったままでした。

このあたりのGHQの調査結果、マッカーサーが知った日本の秘密情報、日本の古代史の証拠品の数々、これらは今でも米国が知っています・・・・。

この歴史の流れから、今日のトランプ大統領の日本国総理への態度です。
あの超潔癖症のトランプ氏が、男性である総理とハグをし、握手を何度もする、総理の手の平を両手で挟む。
これは非常に珍しいことです。今後に他のアジアの国の代表と面会した時の様子と比較すれば興味深いことでしょう。

大切な愛する娘さんがユダヤ教に改宗することを認めたトランプ氏が、心から日本に畏敬の念を持ってくれる可能性は有ることなのです。
ただし商売は別ですから注意です。

彼の娘さんが、「パパは日本の総理に学んでいれば良いの!」
と言ったことは、ユダヤ系の旦那さんからの情報が入っており、冗談ではない可能性が高いのです。

皇室が存在する御蔭で、米国は日本を守ることに「成ってしまう」方向に今後も行くことでしょう。
正神の行いとは、

* 負けたと見せて相手に花を持たせ、これを使う。

ということに成るのです。使われた相手には分からないという、「偶然という」優しく深淵な結果に進むものなのです。
しかし残念なのは、米国が日本に原爆を落とす前に、皇室と古墳の秘密に気付いてくれていたならば、歴史はどう変わったのでしょうか?

非常に悔やまれます。
多くの無数の犠牲者の為にも、私達が生きて恩返しをしなければ生けませんね。
皇紀2677年を心から御祝い致します。



カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「2月の自然観察日」に2月の詳細あり
* 今日と、引力が抜ける明日が、揺れないように、静観しています。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (623)
この記事をはてなブックマークに追加

愛情力は運命を変える

2017-02-07 10:06:45 | Weblog


(ウィキペディアより引用)

今日は詩人・教師だった宮沢賢治(菩薩の転生者)さんのことを思い出していました。
彼の短い生涯は、植物への愛情、土への愛情、大地への愛情、生徒たちへの愛情・・・・とにかく「深い愛情」から「知恵」と「悟り」を得た御方だと感じます。

彼を観ましても悟りとは、どんな道から入っても、行き着く心境は同じだと分かります。
* 主婦道も愛情を持って極めれば、必ず悟ります。

* アルバイト一筋の不安定な人生であっても、「板子一枚下は地獄」(いたごいちまいしたはじごく :船底の一枚下は、落ちれば死につながる恐ろしい海であること。ギリギリの境界を指す)
の中でも愛情を最後まで無くさずに仕事を極めれば、やはり人は悟るのです。
宗教的な修行など不要です。

では、宮沢賢治さんが深い愛情から悟った言葉を見てみましょう。

(1)「無意識から溢れるものでなければ、多くは無力か詐偽(サギ)である。」(宮沢賢治)

無思考から自然と出るモノでなければ、続かない、価値が出ない、ニセモノである。と示唆されています。
これを逆に言えば、「人はどんなに悩んでも、考えているだけでは正しい答えは出ない」とも言えます。

答えが欲しい時は、ソレに関する「行動」を何も考えずに継続する中で、正解が「降りて来る」と言えます。
もし悩みが有れば、それに関する情報のすべてを最初に自分の脳に言い聞かせることが良いです。
そして、その後は、それに付いてもう悩まない・考えないのです。

でも、ふと、ソレに関して普段に悩みが湧き起こるのが人間です。
その時は悩み込まないで、ソレに関する「行動」をして行きます。
これを繰り返す中で、「無思考から正解が溢れて来る」と言えます。
その時は本当に心から、「もういいや」「これで行こう」と自分の中で腑に落ちます。

(2)
「我々が出来ることは、今を生きることだけだ。
過去には戻れないし、未来があるかどうかも定かではない。」(宮沢賢治)

過去の嫌な出来事を思い出して、今でもその中で暮らしている人。
まだ来ない未来を心配して、今を未来への心配の中で生きる人。
とにかく生きている今の中で懸命に生きることが、人は苦手です。

今を生きずに、過去か未来の中に逃避して暮らすのが人は得意です。
「今を生きること」・・・多くの聖者が共通して言って来たことが、これです。
宮沢賢治さんも、この心境に達していたと言えます。

(3)「
求道、すでに道である。
永久の未完成、これ完成である。」(宮沢賢治)

これは老子の発言、「大器免成」(たいき めんせい)とまったく同じ心境です。
* 本当の大器は、いつまでも未完成である。
* 大器とは、いつまでも完成しないほど本当に大きい。

(一般に言われています老子の「大器晩成・たいき ばんせい:大きな器のように大人物ほど普通より遅れて後から大成する意味」は、大器免成の誤読だったと私は考えます。)

これはつまり、
* 私達も、未熟な自分でも良い。
* ありのままの自分で良い。
* 完成・未熟という以前に、存在していること自体が貴重だ、大切だ。
とも言えそうです。

今日の話で言いたかったことは、
* 人は愛情を深く持つだけでも、悟ることが出来る。
ということです。
自分の生活の中で、愛情を強く持つことが出来れば、人生が変わります。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (580)
この記事をはてなブックマークに追加

今の生活を地獄と思うか、天国だと思うのか、自分次第

2017-02-06 11:30:20 | Weblog

人は、「今の自分の生活の中でも」天国を見られるか否か、が人生と運命、死後の行き先を変えると感じます。

(1) 今の自分の苦しい生活の中では、とてもじゃないが天国など見られないし地獄としか思えない。

と思う人が、この日本でも多いかも知れません。
でも、紛争地域から家族で来られた人は、日本は天国だと言うものです。
では、日本での生活を地獄と言う日本人が紛争地に住めば、何と言うのでしょうか?

最貧国のゴミの山に暮らす孤児の子どもたちは、大人が見れば地獄に暮らしていますが、なぜか笑顔でいます。
(2) 他の生活を生まれながらに知らないからです

人間は、他の生活を知らないと、地獄の中に住んで居てもそこが地獄だとは思わずに、そこが楽しい天国だとも思えるのです。
すると(1)の人の苦しい地獄とは、
* 他人の生活と自分を比較した為の地獄
であることが見えて来ます。

(1)は、日本が地獄だったのでは無くて、他人と比較することでもたらされる地獄だということです。
そこで大切なことは、過去記事で何度も取り上げて来た、
* 自分を静観すること
* 自分を見詰めること

他人を見ずに、自分自身を見詰めることで悟りも開くと釈尊も述べていることです。
人は、自分がどんな環境の中に居ましても、自分の心の中に天国を観ることが可能であり、これが真実なのです。

他人の生活という幻想を見せて、自分が地獄に居ると思わせるのが悪魔のささやきだったのです。
悪魔は絶えず、代表人物という「他人」を拝ませ、物資の栄華を見せます。
それは、自分の心を観ることを妨害させる為の意図からです。

嬉々として幸福そうに暮らす人は、自分の世界に住むことが出来ている人です。
他人の生活に興味が無い人が多いです
自分の生活が地獄だと言う人は、他人の生活ばかりを気にしているものです。

以上の話は、コノ世の次元と「悟り」に関する大切なヒントを説明したいがための話でした。
でも、まだこれは未消化な表現であり、言語で説明する限界を感じます。
ノドに言いたいことが引っかかったままです。

(2)は現実には可哀想なことなのですが、霊的には決してそうでは無いのです。
誰もが何時かは肉体を亡くす現実を見ても、ゴミの中でも「その笑顔」には神様が存在し、天国が在るのです。
どんな生活の中でも、人の「笑顔」は最高で崇高なものです。

今日も現実の中に暮らしながら、「自分の生活の中で」天国を観る意識を持ちましょう。
日本という恵まれた中に居ましても、地獄だと言う人は、やはり世界の現実から離れた「比較する自我」(ワレヨシ)の中に居ます。
これでは、いつまで経っても幸福は来ないのです。

私たちはコノ世で、確かにある意味では、誰もが何時でも死んでしまうという「地獄」の中に住んでいます。
でも、その中であっても、天国を自分で見ることが大切な人生の目的なのです。自分次第です。
地獄の中でも笑顔で居られる人が本当に強い人です。
コノ世の生死を覚悟し、これを乗り越えて行かれます。


カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「2月の自然観察日」に2月の詳細あり
* 夜空が明るい報告、火球も多い。
こういう時は、大地が動かないように静観して行きます。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (545)
この記事をはてなブックマークに追加

誰もが自分という人生の俳優を完成させるために生まれる

2017-02-04 11:14:04 | Weblog

「ひょうひょう」と生きた細い仙人のような、昭和のコメディアン・俳優・名声優の御方が最近に亡くなられました。ご冥福をお祈り致します。

訃報後に晩年の様子がテレビで流れているのを見まして、
* 良い御顔をされているな。
* 仕上がった人。
という感想を持ちました。

悲しんでいる人がいれば、静かに側に寄り添って癒やす御猫様のような。
焦っている人を見れば、「自分なりのままで良いんだよ」と言いそうな。
怒っている人を見れば、「まあ、仕方がないじゃない」と微笑んでくれるような。
静かな人だったと思います。

どうして、このような良い仙人顔に成れたのか?と思い調べて見ますと、昔から大病の連続だったようです。大きな手術だけでも、肺気胸、胃がん、大動脈瘤、・・・・全身麻酔の手術を何度も経験されています。
子供の頃から線が細くナイーブで、少し病弱な優しい少年だったと思います。

高位な魂ほど、雑多なコノ世の振動数の世界では、肉体が弱く生まれることが多いと言えます。
彼の「慌てない優しさ」は、病気が教え育ててくれたとも言えそうです
病気とは確かに嫌で怖いものなのですが、魂を仙人のように押し上げた意味では、霊的には大いなる修行に成ったと言えます。

病気をただ悲観して、自分自身を悲しみで殺して行く材料にはせずに、病気でさえも自分を明るく育て成長させる材料にしたいものです。
この辺りに、コノ世の秘密がありそうです。

起こる物事を悲観で見るのか? または、自分を成長させる機会だと見るのか?
これが、その人の人生を変えて行きます。
この点において、この御方は自分自身を良い御顔に完成させることに、コノ世で成功されました。非常に立派なことだと思います。

このような人格を形成するには、幼少期の祖母の存在が有ったようです。
祖母が何度も言い聞かせてくれた内容は、

* 自分が良い状況の時ほど、周囲の人の言葉に耳を傾けなさい。(謙虚な姿勢)
* そして、自分が悪いと思えば反省し、それを直すこと。
* 相手が悪いと思えば、それを許すこと。
* 心は広く持ちなさい。そして目的は高く持つこと。
* 他人と意見が違っても、それを認め、それを楽しむ余裕を持ちなさい

という内容だったようです。
「それを楽しむ余裕を持ちなさい」・・・・まさに彼の生涯は、コレだったと思います。
すべてを楽しむ姿勢。なんて素敵なことでしょうか。
悲しいことも、それを楽しむ視点が持てれば最高です。これこそは「俳優」でもあります。

誰もが自分という人生の俳優を今生にしています。
泥臭く、かっこ悪くても良い。だって今回は、そういう役だから。
誰もが自分という役に徹底し、没入すれば、それをやり切った最後に良い御顔に成っていると感じます。
今生の自分の役を、とにかく楽しみ、最後までやり切りましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (549)
この記事をはてなブックマークに追加

運命が白紙の人と、確定している人との違い

2017-02-03 10:56:03 | Weblog


カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「2月の自然観察日」に2月の詳細あり

昨年末から赤道付近で発生した
大地震の反射に、そろそろ日本は注意するべき頃だと感じます。
今朝も胎動する異様な地磁気を感じています。

今の日本は、震度5ぐらいでは建物もインフラ設備も平気であり、被害がほとんど無いと言っても過言ではありません。
でも、近隣国の都市部で震度5がまともに発生しますと、甚大な被害が生じると感じます。外国に滞在する日本人は、絶えずその建物の状態・居場所に注意しましょう。

「未来は白紙」とは、
* 改心・反省が出来る人、努力する人、素直な人、正しく先祖供養(遺伝子の調整)をする人。
に対して完全に言えることです。
本当にその人の運命(自分の命の運び方)が変わり、未来が変わります。

しかし、
* ワレヨシで欲望の強い、間違った生活でも平気な人の運命・未来は、読める。
* 運命は決まっている。
* その人の、これからのパターンが読める。
* 寿命も分かる。

と言えます。
つまり、統計学である占いが自分はよく当たる、と思う人は注意が必要です。
自分に善徳が無い為に、決まったパターンのロボットの運命だと言えます。

そして、国家でも、
「ワレヨシで欲望の強い、間違った判決でも平気な国の運命・未来は、読める」
と言えます。

日本は、まだギリギリ大丈夫です。でも、すべての分野において、全体の2割はもう悪意に侵食されています。
今は8割の良心が在る御蔭で、今の日本の平和があります。

8割の方々の高齢化が進むにつれて、日本はどうなるのか・・・・?
でも安心してください。
今の20歳以下の日本の大半の若者が「分かっている」のです。
ある社会統計で完全に言えるのです。
(20歳以下は、「日本死ね」に嫌悪感を示し、支持政党は80%以上が保守志向の統計がネットにあり)

老子が、「すべては逆に成る」と言った真理が日本にも炸裂しています。
「窮鼠 猫を噛む」(きゅうそ ねこをかむ:絶体絶命の窮地に追い詰められれば、おとなしい者でも強い者に勝つ)
ワレヨシで欲望の強い、間違った文句を声高に言うほど、その結果は逆に出る。ということです。

人も国家も、「強く言う内容」の逆に進むサガが人類にありますから、
* 自分を低い位置に置いて、下から目線を忘れずに。
* 先祖(遺伝子の集合体)へ感謝すること。

こういう姿勢で居ますと、大地震(地龍・じりゅう:地下深奥を走る地磁気)も無難に昇華して行きます。
人も国家も大地も、同じ法則で動くと言えるのです。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (542)
この記事をはてなブックマークに追加

神棚の図解と神祭りの方法

2017-02-01 02:02:36 | Weblog

家庭で神祭りをすることは良いことです。ただもしも、「先祖供養よりも神さまを拝むほうが、ご利益がありそうだ」という気持ちからであれば、神さまは喜びません。困っている先祖をないがしろにしていては、正神霊と通じることはできません。感謝の先祖供養を始めて、その上で「やはり神さまへも感謝をしたい」という気持ちになってから神祭りをすることでよいのです。

もちろん、伊勢白山道が示す神さまと先祖霊へ感謝を捧げることがご自分なりに良いことだと素直に思えるならば、最初から先祖供養と神棚祭りの両方を始めてもよいです。


伊勢白山道式先祖供養の理想の形は神祭りと先祖供養とを合わせて行うことです。先祖供養を神棚の下で行いますと、先祖霊の昇華も早くなります。


【神棚は三社祭りで扉は必須です】

神札は三系統に正しく祭ることで、「三の法則」により神棚の機能が起きて神気の渦が生じます。

一社の神棚に御札を重ねて入れる方法での神祭りは理想ではありません。また、今は一社の神棚の両側に御札をそのまま短冊立てで立てて三社の形にすることも勧めていません。


御札は扉のある神棚の中に入れます。扉はいつも閉めておきます。神棚の中の空間が重要です。

   【扉がある三社の神棚】

                      

(向かって左)(中央)(向かって右)

屋根が水平な三社の神棚で、扉があるものがお勧めです。中は同じ一つの空間ですが、三系統の御札を横に並べて祭ればよいです。中の空間が広いので大きめの神札も入ります。扉の数は三つでも一つでもどちらでもよいです。

 【一社の神棚で三社に祭る方法】

(向かって左)(中央)(向かって右)

伊勢神宮の内宮・外宮の社務所には、扉がある一つ千円の一社の神棚が販売されています。これを三つ揃えて三社祭りをすることができます。扉は必須です。

設置する場所に横幅がない場合は、真ん中の一社を奥側に押し込み、その前に二社を一部が重なるように置いても問題はないです。またはこの逆に、真ん中の神棚を手前に置き、両側の二社を奥に置いてもよいです。


《神札(御札)の並べ方》

[神棚に向かって右側の神札]・・・・地域の氏神神社の御札


[中央の神札]・・・・天照太御神の御札
(伊勢神宮の内宮の神宮大麻=天照皇大神宮の御札のこと。地域の氏神神社で手に入ります。)伊勢神宮の伊雑宮の御札があれば、伊雑宮札を手前に、奥に天照太御神の御札を祭ることは理想です。


[神棚に向かって左側の神札]・・・・崇敬神社の御札
伊勢神宮の外宮の御札があれば、一番手前に祭ることは理想です。御神楽奉納で頂く祈祷札が中に入らない場合は、左側外に木箱のまま寝かせて祭ります。

御札は自分で神社に参拝して頂くことで、神社と家に霊線が繋がります。年末に町内会などから氏神神社の御札が配られた場合は、その御札を持参して氏神神社に参拝してから祭ればよいです。

もし遠方の白山神社や伊勢神宮の御札を送って頂いたり、参拝した他人から頂いた場合も、自分で近くの氏神神社に持参して参拝してから、家に祭れば良いです。

向かって左側には崇敬神社として、白山の麓にある四つの白山神社(平泉寺白山神社、白山ヒメ神社、白山中居神社、長滝白山神社)のどれか一つを祭ることは理想です。


御札は多すぎないほうがよいです。お寺などの御札は磁気が違いますので一緒にしてはダメです。別の部屋に置きましょう。破魔矢や仏像、人形などもそばには置かないことです。注連縄も神棚には飾らないことです。


《神棚を置く向きと台について》

鬼門(北東)を背にして置き、人が北東に向かって拝むことが理想です。西向きは避けます。床の間があれば理想です。その場合は西向きに拝むことになっても問題ありません。

桧(ひのき)の八足台は理想ですが、安定した台で正座して参拝するとよいです。壁につるしたりして不安定なものは避けます。


先祖供養と同じ部屋の場合は神棚のほうが高くなるようにします。神棚の下の少し手前で先祖供養ができれば理想です。
「神棚と供養台の位置関係図」 参照(http://www.geocities.jp/poriporry/position.htm
 

《神棚に供えるものは榊と水が必須です》


榊と水は必須です。毎日水をかえてお世話をすることが大事です。榊は一対(二つ)を両側に、水玉は真ん中にフタを開けたまま置きます。毎日水をかえてお世話することが大事です。

供えた榊は神界では森に、水玉の水は琵琶湖ほどの大きさの湖になります。榊の水を毎日をかえて、枯れた葉があればちぎって捨てます。葉の量が減った時には片方の榊が青々としていても両方新しいものに交換します。榊の水も水玉の水も一日に一回交換して、参拝のあともそのまま置いておきます。供えた水は飲まないで捨てます。


 * 丸い水玉は水面が鏡の意味もありますから、鏡は飾らなくてよいです。

 * ロウソクは火災予防のため禁止します。

《氏神神社の選び方について》

今住んでいる土地の神社を氏神として祭ります。氏神神社の御札は地域を巡回する氏神の寄り代となります。氏神神社の選び方は、家から近い神社を順番に参拝して 

    *自宅からの距離が近い神社

    *掃除がされている神社

    *「なんとなく」良いなと思った神社

を自分で選びます。掃除ができている神社がよい理由は、本当に神霊が鎮まる神社はたとえ無人の小さい神社でも、神力により掃除をする人を呼び寄せているからです。参拝をしても何も感じなくて分からない。近くの神社が無人で御札が手に入らない場合は、地域の一宮神社の御札を氏神として祭ります。氏神神社は受け身で決めるのではなく、参拝により自身で氏神としていくのです。家で神祭りをしましても、毎月一日などに参拝することは大事です。無理は不要ですが、氏神神社の掃除をすることはよいです。


《参拝の方法は二拝二拍手一拝です》

     *掃除と榊と水の準備をしてから正座して、まず二拝(二回深くお辞儀)をします。

    *二拍手(二回拍手)をしてから、手を合わせたまま「生かしていただいて ありがとう御座位ます」を数回唱えます。

    *自宅の神棚ではこの後にフトノリトである「アマテラスオホミカミ アマテラスオホミカミ」を繰り返し唱えます。(神社では「アマテラスオホミカミ アマテラスオホミカミ」は唱えません。)

    *もう一度「生かしていただいて ありがとう御座位ます」と唱えて、手を下ろします。

    *最後に丁寧に一拝(一回深くお辞儀)をして終えます。

お祭りしている神さまの名前などは言わないでよいです。願い事などは言わないで、感謝の気持ちだけで参拝することが大事です。


《御札の交換時期について》

御札は一年で交換します。伊勢神宮の御札は2年ぐらいまではよいです。氏神の御札は年末から新年の節分前をめどに毎年交換しましょう。

神札の一番大切なことは、一度家に置いた神札を神社にお返しすることにあります。この時、家の穢れを古い神札と共に神さまにお返しして祓うことになります。最高の厄祓いとなります。お返しすることで参拝した神社と家との一回の結びが完了します。(遠方の神社の場合には近くの氏神神社にお返しすればよいです。)

《忌中の参拝について》

一般に神道では忌中(身内が亡くなってから四十九日間)の神社への参拝を控える様にいわれます。これは神事に携わる関係者のみが注意すべき事であり、一般の方には関係ありません。

ただ、近親者が亡くなって間もない時に神社に参拝しますと、どうしても悲しみを神さまに捧げることになります。四十九日ぐらいたてば、縁者の気持ちも落ち着いているという、一般的な目安とは言えます。

ですから、四十九日を過ぎても深い悲しみの中にいれば、やはり神社参拝を控えるべきではあります。逆に言えば、故人が長生きをされて家族全員が安らかな心境ならば、四十九日を待たずに参拝してもよいのです。

家の神棚については、忌中の間は、ご自身が悲しい間はたんたんとお水の交換だけをされればよいです。神棚に礼を尽くす限りは、罰が当たることなどありません。また、神棚に紙を貼ることも本当は不要ですが、家族に従いましょう。

本来の正しい神道観では、人間の死は穢れではありません。太陽も朝に生まれて、夕方には没します。そして夜を経てまた再生します。神道の大切な理念に、神々の「死と再生」があります。神々の死とは、隠れただけだと考えます。人間の死も、死んで隠れて再生する、終わりなき魂の旅の「途中の休憩」にしか過ぎません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『自分なくしの旅』

2017-01-28 10:57:22 | Weblog

会っていて気持ちの良い人とは、自我(ワレヨシ)の少ない人です。
相手の気持ちも、自分の気持ちも、お互いに「すっと」通る気がします。

反対に自我の強い人は、良いふうに言えば「個性の有る人」と世間で言われます。
でも自我の強い人と会いますと、その後はまるでステーキを食べた後のような気がします。
霊的にも相手のギラギラとした油を食べたのでしょう。

人生とは自我(ワレヨシ)の心を無くして行く旅です。
では、その人の個性は消えて行くのか? と質問されますと、
* 空気のように
* 清らかな水のように
人の理想の姿は成って行くものです。
だから、これを個性と言うのか?という問題に成ります。

このような人は滅多には居ませんから、やはり良い意味で個性と言えるのかも知れません。
では、自分を無くした先に在るのは何か?
その人は、全体と同化して生きる存在に成ります

他人と会えば、その時は相手に同化して生き。
山を眺めれば、自分が山に同化し、
海や川や森を見ても、その中に溶け込む人に成ります。

こういう心境の時に、書や絵を書きますと、まさに見た風景を転写したかのような生きたモノを描くものです。
過去の禅僧や偉大な芸術家の作品に多いです。

また、そういう自我が少ない人に会いますと、その人は自分に同化してくれますので、
* 自分のことを完全にすべて理解してくれる気がする。
* 自分のすべてを、許してくれている人だと分かる。
* 自分が大きな海に抱かれている気に成る。
と自我が有る人は感じるものです。

自分の自我を消滅させるほど、自分に会う他人は気持ちがよく成る。また会いたく成る。
ということを覚えて置いてください。
もし、「自分は他人に避けられる気がする」と感じる時は、自分の自我(ワレヨシ)とは何か?を静観しましょう。

気に成りますのは、幼児教育です。
「その子の個性が大事」と言いながら、悪い自我(ワレヨシ)を増長させるだけの教育では、不幸に成る人間を養成するに過ぎません。

「三つ子の魂百までも」(幼児の時に受けた教育によって形成された習慣・性質は一生変わらないものだという意味)
つまり、3歳を超えれば、暴力性も、色情も、物欲も、怠惰も、既に有るのです。

これを個性だと言って放置しますと、まさに不幸な、成人後に苦しむ、大人を創ることに成ります。
規則正しい学校生活も出来ないような、個性という詭弁で逃げる人間を創ってしまいます。

たまにこれも利用して「高い霊性」と親が言い訳利用するパターンも昔からあるものです。その子の成人後、老後はどうなって行くのか?
半世紀も誰も観察が出来ませんから知られませんが、私の知るパターンでは100%ダメなのです。
自分で生活も出来ないダメ人間に成っています。

人がコノ世に生まれるのは、
* 今度こそ、自分無くしをするぞ!
と転生して来ます。

「では、自分の自我(ワレヨシ)を薄めて生活してみようか」
、と思って見ることも参考にしてください。
想像以上に、自分自身も周囲の人も、楽に成って行くものなのです。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (498)
この記事をはてなブックマークに追加

点で見るか、長期で見るか、で運命は変わる

2017-01-25 10:48:11 | Weblog

今、悩んでいる最中の人は、
「100年後は、この悩みはどうなっているのかな?」
と思って見るのも良いかも知れません。

当然に自分自身もコノ世に居ないし、関係する人々も存在していません。
そして、その今の悩みも霧散して消えています。
そんな悩みは無かった。
と成ります。

しかし、今を「点」で見ますと、確かに悩みは有る。
でも、「長期」で悩みを見ますと、悩みは無いわけです。
これはアタリマエだと思われるのでしょうが、私はここに次元の秘密が在ると思っています。

つまり、何を言いたいかと説明しますと、
* 物事を一点だけで見る人は、とにかく何でも引っかかり、悩みが増えるのです。
* 狭い視野で物事を見る人は、他人との摩擦が増えます。腹が立つことが増えます。

でも、「長期の視点」「広い視野」で物事を見る人は、
* 悩みが消えて行く。
* 嫌な他人も許せる。他人が愛おしい。それでも良い。
と成ります。

どちらの視点の人に、他人が集まり、良い情報も幸運も金運も寄って来るでしょうか?
これは明らかなのです。
見る視点の範囲の違いで、自分の人生が運命が変わって行きます。

100年後の視野は長すぎるにしても、この10年後はどうなのか?という視点は誰もが持つべきだと思います。この視野により、
* 大事な物事(家族・仕事・・・)を捨てずに、本当に不要でムダな危険因子を捨てることが可能に成ります。

何かを自分が選択しなければ生けない時は、その10年後を想像した上で選ぶことが大切です。
これにより、未来の自分が後悔することを避けることに、今の時点で出来るのです。
今の「点」だけを見た自我(ワレヨシ)で選択して、周囲の反対を押しのけて突っ走る人は、必ず後悔するものです。

後から、アノ時の自分を殴ってやりたい!と思う人が居るものです。
でも、霊的には、これは有ることなのです。
今の自分が不運だ。何をしてもダメだ。と思う時は、未来の自分から殴られているかも?
という可能性を知って置いてください。

多くの人の悩みを視ていますと、その人の守護霊・先祖が善意から妨害していることや、そのままの場合の未来を知る本人の生霊が、今の自分を殴っていることが意外にも有ることなのです。
今の自分が、より間違った方向に行くことを未来の自分が心配して怒ってくれている訳です。

今日の私が言いたかったことは、
* 広い視点・視野を持ちましょう!
ということです。
これにより、「まあいいか」「慌てない」「これは止めて置こう」という選択が可能なのです。

この続きは、今日から書店に並ぶ、
「自分を大切に育てましょう 望まなくても丸ごと全部が良くなる幸運への法則」
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900825/isehakusandou-22/ref=as_li_ss_tl
に有るとは言いません、笑。


カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「1月の自然観察日」に1月分の詳細あり
* 今日からの「中潮」を、週末に向けて警戒します。
震度5ぐらいは想定内。という視点も慌てない心境を生むことでしょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (500)
この記事をはてなブックマークに追加

他人への態度が自分の運命を決めて行く

2017-01-24 11:08:35 | Weblog

今朝に思いますことは、
「他人への態度が自分の運命を決めて行く」
ということです。
運の良い人の他人への態度を見ていますと、

* 他人に対して思いやりがある。
* 他人の話を聞く態度がある。
* 他人を褒める。
* 他人にモノを上げるのが好き。
* 他人への愛情がある。

こういう人は、自分で望まなくても幸運・金運のほうから来てくれます。
霊的には、こういう人の他人への態度は、
* 明日の自分を創る態度だった。
と言えます。

祈願で幸運が欲しい人には、果たしてこのような他人への態度が有るのでしょうか?
神様をも使おう・利用しようとするワレヨシな自分だけ大事の人が多いです。
これでは幸運が逃げ、不運に成るのは道理です。神様でも避ける人間であることを自分から申告しています。
注意が必要です。

* 他人への悪口が好きな人 ⇒ その人は陰口を言われることに成る。
* 他人をイジメる人 ⇒ その人は未来に痛い思いをすることに成る。
* 他人の物を盗む人 ⇒ その人は、その10倍のモノを失くす。健康も含めて。

つまり、私が何を言いたいのかは、
* 自分が被害者になった場合でも、相手を憎まなくても、必ず相手は自業自得に成ること。

* 自分が被害を受けた場合でも、自分にとって有利な相殺(そうさい:自分の霊的な負の借金が消えること)が必ず起こるチャンスであること。

* 人の不運も悪く無いことだった。
自分が不運な時は、思いっ切り受け切るほうが、後から大きな幸運が来ます。中途半端は、未消化の不運を持ち越します。
・・・・という見方も参考にしてください。ただし、正当な自己防衛への努力は大切です。

* 自分が悪口やイジワルをされた場合でも、その相手は未来の本人自身を傷付けていると思って静観で良いです。

コノ世のすべてが、1つの大宇宙(自分自身でもある)の体内での出来事だと想像しましょう。
体内には善玉菌も悪玉菌も必ず両方が居るのです。
悪玉菌がゼロならば、善玉菌も成長する必要が無くなり、弱って行くのです。
でも、悪玉菌は、いずれは他の善悪両方の菌に食われて行きます。

自分の生活の中で、「他人という鏡」を有効利用して、明日の自分を創造して行くチャンスが誰にも今も常に与えられています
嫌な他人が多い中ほど、ある意味では自分の善徳を積み、自分の垢を昇華させるチャンスでも有るわけです。

どんな環境・場所でも、幸運へのチャンスが存在しています。
今日も先祖に感謝し、自分の生活の中での善徳と昇華をして行く視点を持って、明るく暮らしましょう。すべてにムダは一切無い。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (534)
この記事をはてなブックマークに追加

正しいことは、どの道を極めても同じ境地に行き着く

2017-01-22 11:59:54 | Weblog

プロ野球選手を何人も育てた、高校野球の有名監督の言葉をニュース番組で見ました。
昔から講演会などでよく発言されている内容だそうですが、

* キャッチボールは、なぜ相手の胸の真ん中に向かって投げるのか?
* 相手が球を取りやすいようにするための、思いやりからだ。
* 思いやりのない人間は、何をやってもだめだ。商売するにしたって、人を教えるにしたって、経営者に成るにしても、思いやりのない人間は絶対に成功しません。 (以上)

私は、これは良いことを仰る監督だと思いまして、他の発言も調べましたところ、

* 野球で有名に成ろうとすることよりも、真面目な社会人に成ることが大事だ。
* 肉体・素質が一流でも、思想が二流の者は伸びない。
* 監督が一番好きな言葉は、「花よりも、花を咲かせる土になれ」 (以上)

この監督の言葉を読んで改めて感じますことは、
* 正しい真理は、どの道から登りましても、極めれば同じ境地にたどり着く。
ということです。

以上の言葉の数々の中に、コノ世の大事な要素・要点の大半が述べられています。
私も以前から「思いやり力」が、その人の人生を決める。
自分が思いやり力を強く持てば、自分自身が観音様と成り、奇跡は起こる。
と書いて来ました。

野球道を極めた上でも、「思いやり」に行き着く訳です。
自分が相手の取りにくい場所にボールを投げれば、受ける側が球を落として点が取られる。
夫婦間でも、伴侶への思いやりが無ければ、いずれは離れて行くことに成る。

勉強を教える場合も、生徒の立場になった思いやりの有る教え方が理解度を変える。
システムエンジニアでも、思いやりの無いプログラミングの書き方は、他人がメンテナンス出来ずに停止する。
思いやりの有無が、自分の出世や収入にも影響することに成ります。

また、自分が結婚する時、人を雇用する時、職場や学校で誰かとペアを組んで作業を進める時、自分が高価な品物を買う相手・・・・。
こういう時は、相手の「思いやりの有無」を見る視点が大切です。

更に監督は、環境・条件が一流でも正しい志(こころざし)・思考が無い者は伸びない、と仰っています。
裕福な家に生まれましても、家を潰し、犯罪を犯す人もいます。
やはり、人間は正しい道徳観の有無や、正しい思考の有無が、その人の人生を決めます。

これを逆に言えば、今が貧乏であっても、正しい志の人間には無限の可能性が有ります。
コノ世で貧乏であっても、正しい思考と「善徳」の有る人は、アノ世でも来生でも裕福に成ります。
やはり人は心が大切です。

花よりも、花を咲かせる土になれ・・・・これを見た時に、思い出したエピソードがあります。
海外で活躍するプロサッカー選手の長友選手は、大学生時代はサッカー部の2軍選手だったそうです。
試合の時の役目は、応援団で太鼓叩きの任務だったとか。

この時に彼が思ったことは、レギュラー選手には成れないが、
「一流の応援団に成ってチームを勝たせたい」
と思い続けた4年間だったそうです。

他人を一生懸命に応援した彼の今は、自分が大舞台で応援される立場に変わっています。
これも、「花よりも、花を咲かせる土になれ」のような彼なりの志と行為が、今の彼を育てたと言えないでしょうか。

今日の私が言いたかったことは、みんな環境も条件もバラバラですが、自分の生活を正しく思考して努力をすれば、誰もが行き着く先は同じ祝福の世界だと言うことです。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (468)
この記事をはてなブックマークに追加