伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

天岩戸(あまのいわと)神話の予言

2017-09-05 10:23:22 | 神話シリーズ

今朝は、昨今の国際関係と国内様相のすべては、天岩戸(あまのいわと)神話で予告されているという啓示でした。

天岩戸神話とは、古事記と日本書紀に記されています、天照太御神とスサノオ神の関係と出来事を説明した日本神話です。

神話では、父神に嫌われたスサノオ神は、
「お前のような乱暴者は、黄泉(ヨミ)の国(死者の国)へ行きなさい」
と命じられました。

スサノオ神は、黄泉の国へ行く前に、姉の天照太御神に会いたく成りました。
そして、スサノオ神が天照太御神が治める国に近付くにつれて、大地が鳴動し始めました。

(天照太御神の側近や官僚たちが、スサノオ神が来れば、自分たちが犯している不正に気付かれる為に、国内で様々な事件・騒動を起こして攪乱を始めた、と私は感得します)

大地の鳴動(国内の騒乱)には、スサノオ神の到来が関係すると勘違いした天照太御神は、国の入り口に立ったスサノオ神に対して提案します。
「お互いが持つ大切な宝を交換し、それを神の子に変神させることが出来れば、
お互いに悪意が無い証拠としましょう。」

そしてお互いに宝を交換しますと、スサノオ神は立派な男神ばかりを五柱も天照太御神の珠から出現させました。
天照太御神は受け取ったスサノオ神の剣から三柱の女神を出現させました。

これを見た天照太御神は、スサノオ神を受け入れました。
身の潔白を証明したスサノオ神が滞在している間、国内には様々な事件が発生します。

・ 田んぼの破壊(銀行強盗)
・ 機織りの女官の惨殺(レイプ事件の頻発)
・ 神馬の皮剥ぎ惨殺 (国内の貴重な動物たちの乱獲。渡来種による在来種の淘汰消滅)

天照太御神の側近や官僚たちは、このすべてをスサノオ神お一人の犯罪だと天照太御神に言い聞かせます。
側近たちの告げ口と、スサノオ神を信じたい気持ちに挟まれた天照太御神は、とうとうウツ病となり暗い部屋に閉じこもりました(天照太御神の天岩戸隠れ)

以上が天岩戸神話の私見を混ぜた概要です。(大筋は外してはいません)
今朝の啓示で浮かんだ問題は、
* どうして、天照太御神はウツ病になるほど悩んだのか?
ということなのです。
以下は私の想像と夢想の私見です。

天照太御神は、側近や官僚たちにも疑問点が多々散見されたから悩まれたと私は感じます。
本当にスサノオ神だけが悪いと確信できれば、天照太御神は悩みません。
側近たちの不審点とは、

・天照太御神の神の子たちに、わざとマナー違反の装束を公式の場でたびたびさせて、陰で笑っていたこと。

・天照太御神の国を攻める他国への、無理な譲歩・便宜を図ることを側近が勧めること。

・大切な我が神の子の1神を、側近が庶民のためと言いながら、窮乏生活をする伴侶と結婚させて、陰で笑い者にしているのを他の神官から聞いた。

・天照太御神の先祖神以外の異種の神霊への参拝を側近が勧める。

このような側近たちへの不信感に加えて、上記のような国内の犯罪騒乱と、天災も加わった為に、天照太御神は病気になるほど悩んで引きこもることに成ります。

すべてを見ていたスサノオ神は、一切の言い訳を天照太御神にせずに、すべての罪を被せられたまま(これが、『冤罪(えんざい)の原点・冤罪の転写の元』)、
側近たちに爪を剥がされて黙ったままで黄泉の国へと旅立ちます。
スサノオ神のその心中とはいかに・・・・怖。

この神話の結末は、天照太御神が引きこもっていた(実際には側近に幽閉されていた)間に、外の世界が激変(これからの世界情勢)して、外から笑い声が聞こえ始めた時に怪力無双の男神により、天照太御神の幽閉が解かれます。
部屋から久方ぶりに外の世界に出ますと、過去の側近たちは一掃されて居ませんでした・・・・。(また、いつかに続く)

以上は私的解釈の想像です。何も根拠はありません。
(コメント欄に分かる名称や内容があればUPしません。宜しくお願い致します。)

生かして頂いて 有り難う御座います


下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

注意! アマゾンの安い「マーケットプレイス業者」に注意!

表示されている値段で買わずに、スマホの場合は、画面の下方に、「新品&中古(数字)」押してね。その中に縦並びにある業者の内で、買う場合は「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてね。

PCの場合は、右側の立て並びにある業者の中で、「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてください。アマゾン販売・発送が無い場合、下方に有る「新品の出店:数字」を押せば、業者の一覧が出ます。業者名を押せば、1年間の販売評価の数字一覧が有れば良いです。激安業者に注意。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (501)
この記事をはてなブックマークに追加

どこまでリピート再生するのか?

2017-05-27 11:35:29 | 神話シリーズ

古事記は、物凄い霊力で神界から降ろされた予言書です。
その中でも、「山幸彦」と「海幸彦」(やまさちひこ と うみさちひこ)は、『記紀』(古事記と日本書紀)に記された日本神話なのですが、これからの日本のある「流れ」を完璧に予言していると感じます。

古事記の作成者である太 安万侶(おお の やすまろ)は、国家の文官官僚として古事記を編集したにすぎず、内容を降ろしたのは、複数の超弩級(ちょうどきゅう)の霊媒者たちだと感じます。
「山幸彦」と「海幸彦」の神話の概要を説明しますと、

・海の漁が得意な幸彦(兄)⇒ 人間に受肉した場合、男子の長男として、山が好きな男性に転生。
・山の猟が得意な幸彦(弟)⇒ 人間に受肉した場合、男子の弟として、海が好きな男性に。
(つまり、過去生で懲りたのか、好みが逆に出る現象)

・兄弟はある日、お互いに持つ猟具を交換し、山幸彦は海に魚釣りに出掛けたが、兄に借りた大切な釣針を失くしてしまいます。

・山幸彦は兄に怒られると思い海中を探す内に、現れた海神(その正体はスサノオ神)に歓迎され、スサノオ神の娘・豊玉姫(とよたまひめ)と結婚し、海の神界で楽しく暮らします。

そして3年もの月日が経った時、山幸彦は地上へ帰らねばならないと感じ、
* 失くした兄の釣針と、
* 霊力のある玉「潮盈珠(しおみつたま)」
* とても不思議な「潮乾珠(しおふるたま)」

という2つの不思議な玉(人の魂でもあり)を、スサノオ神から授かります。
この2つの玉は、コノ世では娘2名へと変化して山幸彦の子供として授かります。

その後、山幸彦の妻の豊玉姫はコノ世でも子供を1名産み、それが男子の鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)であり、後の初代天皇である神武天皇の父と成られました。
山幸彦は神武天皇の祖父に、神話ではあたります。

でも、コノ世では、もし山幸彦が転生すれば、玉のような娘2名と、男子1名を授かることでしょう。
その男子は、初代の神武天皇の再来として転生し、未来の国とすべての「立て直し」と、国に巣食う害虫を駆除することに成功します。

神話では、
天照太御神 
⇒ ニニギノミコト(天からコノ世に降りた半霊半肉)
⇒ 2代にわたる謎の空白期(国家間の紛争・混迷期)
⇒ 神武天皇の誕生(黒いヤタガラスの参上により、国家の統一に成功)

これがコノ世では、どんな形で転写するのか?
これから凝縮して早回しで見られる気がします。

古代から未来を見通した、超弩級の霊媒者の実力を見ましょう。
ちなみに、山幸彦が海神・スサノオ神から授かった2つの大切な玉には、どんな汚れが付いても、玉は女神の魂です。決して汚れることがありません。

以上は、私の空想の神話への解釈ですから、良い子は信じないようにしてください。
猛毒危険かも知りませんが、それは知らんがな〜。
私にとっての空想の真実ですから。

生かして頂いて 有り難う御座います


下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

注意! アマゾンの安い「マーケットプレイス業者」に注意!

表示されている値段で買わずに、スマホの場合は、画面の下方に、「新品&中古(数字)」押してね。その中に縦並びにある業者の内で、買う場合は「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてね。

PCの場合は、右側の立て並びにある業者の中で、「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてください。アマゾン販売・発送が無い場合、下方に有る「新品の出店:数字」を押せば、業者の一覧が出ます。業者名を押せば、1年間の販売評価の数字一覧が有れば良いです。激安業者に注意。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (584)
この記事をはてなブックマークに追加

愛すべきだが、とんでもない親父

2017-05-17 11:24:34 | 神話シリーズ

記事「神話シリーズ」の中におけます、
神話と転写 その1」〜「神話と転写 その6
などのように、神話が現代社会にも「原型」として繰り返しリピート再生する可能性を述べました。

その転写は、現代社会でも色々なパターンで生じると感じます。
神話では、
・大山祇神(おおやまつみのかみ・スサノオ神が正体)の娘には、2名の姉妹の女神様がいました。

* 長女は、石長姫(イワナガヒメ)。
私の感得では、御嶽山・磐梯山に神縁が在る女神。
永遠性・長生き、を与える・分与することが出来る、という御神徳を天から与えられている女神。

* 次女は、木花開耶姫(このはなさくやひめ)。富士山の主祭神。

長女は、非常に真面目で、素直で、純粋で、責任感の強い愛情の深い女神でした。
父神・スサノオ神の言うことを良く聞き、スサノオ神も国を任せる男系男子に嫁がせるのは長女・イワナガヒメだと思っていました。

次女は、とても華やかな神性。国土を明るく繁栄させる御神徳を持ちます。
スサノオ神は、次女は男性国土神を支えるにはか弱く感じ、国を背負う逞しい男性に嫁いで守ってもらうことが良いと考えていました。

ただ、父神・スサノオ神が男親として少し気掛かりなことは、次女の美貌が勝ることを、長女が気にしていないか? 
ということでした。これを不憫に思い、ひそかに心配をしていました。

長女も清楚で十分に美人な女神様でしたが、特に次女の美貌が華やかで、国土中に知れ渡るほどでした。

だからスサノオ神は、
・良い男性が現れれば、二人姉妹ともに同時に一人の男性に嫁がせれば、みな平等で丸く収まるのでは?
・これは良いアイデアだ。

という無骨な男親の特有な、とんでもない発想をして、これを本当に実行します。(なんということでしょうか?!!)

さて、神話のとんでもないこのスサノオ神の発想は、現代社会にどんな転写を生むのでしょうか?
これだけでも、色々なパターンが浮かびます。
まず浮かびます1例としては、
* 神話で、姉妹を一人の男性に嫁がせた。
という原型・原盤は、

長女が素晴らしい男性と出会い、家族に紹介します。
すると次女は、とにかく理由が不明に、姉の恋人を非常に好きになってしまいます。
自分でも「ありえない!」と思っていても、神話の転写は許してはくれません。
すると次女は、義兄を陰から思い続けて、晩婚になってしまう。

な〜〜んて言う転写が現代社会で起こって来たかも知れません。
まだまだ色々な転写が有りそうです。
まあ言えますことは、とにかくスサノオ神の発想は予想を超えるトンデモナイということでした。

生かして頂いて 有り難う御座います


下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

注意! アマゾンの安い「マーケットプレイス業者」に注意!

表示されている値段で買わずに、スマホの場合は、画面の下方に、「新品&中古(数字)」押してね。その中に縦並びにある業者の内で、買う場合は「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてね。

PCの場合は、右側の立て並びにある業者の中で、「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてください。アマゾン販売・発送が無い場合、下方に有る「新品の出店:数字」を押せば、業者の一覧が出ます。業者名を押せば、1年間の販売評価の数字一覧が有れば良いです。激安業者に注意。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (629)
この記事をはてなブックマークに追加

No.4 モーゼの石板は2枚だった 

2015-12-10 01:08:00 | 神話シリーズ

 斬り殺されたナガスネヒコの御顔は、憤怒の表情で凝り固まっていました。
これを見たニギハヤヒとジンムは、ただでは済まないと恐れました。
やはりそれより、御二人の周囲で奇々怪々な現象が始まったのです。

しかし、ニギハヤヒは古代イスラエルの神事の継承者であり、色々な霊的対策を知っていました。(後世の物部神道、古神道の源流と成る)
ジンムは、三種の神器の管理者であり、強力なバリアーを持っていました。
その上で、ナガスネヒコの怨霊との相剋・対決を繰り返していたのでした。

でも、ナガスネヒコの怨霊を鎮めることが出来ませんでした。
これではいつまでも切りがなく、奈良に新しい国家を建国するにも支障が出ると御二人は困りました。
そこで天照太御神の御神託を仰ぐことに成りました。

すると神示は、
「ナガスネヒコを神として祭りなさい。
ここヤムト(ヤマト・奈良のこと)から見て日が沈む、西方の最果ての地に祭れ。
そこに天にも届く神殿を宮柱の太しきして建てよ」
と啓示したのでした。

古代イスラエルの言葉で、「最果て」という意味の言葉を「イヅモ」と実際に発音します。
ジンムとニギハヤヒは、奈良から見て西方の陸地が最後に海に面する地域を「イズモ」=「出雲」と呼び、そこにナガスネヒコを神として祭る巨大神殿を建てる決意をしたのでした。


神武天皇の時代(約2600年前)から始まった巨大神殿への挑戦は、垂仁(すいにん)天皇の時代(約2000年前
)にはとうとう約96mもの高さに達したと古文献にありますが、私は70mは実際にあったと感得します。

(直径1mの巨木3本をククリ束ねて1本の大黒柱にする。これを9本使用して神殿の床を支えた)

近年には巨木3本を1本にまとめた基礎の柱が発掘され、古代の設計図も伝えられています。木造建築としては有り得ないような巨大さで、現代でも不明な技術を駆使したようです。
これは、古代イスラエルの神殿が
、石柱の3本柱を多用した事実と一致しています。

実はこれには、その前の文明である白山文明(約2万年前に消失する
)が、白山で3本の石柱(柱状節理の岩石)を御神体として祭事したことが起源として関係するのです。


出雲大社の建設は、ナガスネヒコの怨霊を恐れた為の国家プロジェクトだったのです。
しかも余りにも恐れたために、「ナガスネヒコ」という名前を一切隠したのです。
発音するだけでも縁起が悪かったのです。

もちろんナガスネヒコの地元である大阪・奈良・河内長野周辺でも、彼の墓さえも許さずに名前も抹殺され、生き残る親族は東北へと追放されました。

これで英雄だった古代の豪族一族の痕跡は、歴史の舞台から消えたのでした。
まさにナガスネヒコは、スサノオと同様な転写を受ける者だったのです。

ところが、神様は大いなる仕組みを残されました。
ナガスネヒコの実の妹=ニギハヤヒの妻、なのです。
二人の子供・子孫は、天皇の神事を司る重臣として長い時代にわたり天皇の側にいました。

その結果、ナガスネヒコの霊線に繋がる
遺伝子は、ニギハヤヒの子孫を通じて皇室の内部へと後世に入って行ったと想像します。
そして、古代から皇室で奇異現象や揉め事が「定期的に」起こりますと、「出雲の祟り」だと呼んだことも古事記に明記されています・・・・。

天皇の皇位継承をめぐる歴史は、数々の動乱・戦乱を社会に引き起こしたことは史実です。
皇室が南朝・北朝に分かれて争った時は、国家的な危機でもありました。
それらの背後の因縁には、「ナガスネヒコ」という消された名前の実在があったことを知って置いてください。
国津神を代表する申し子でもあったのです。

しかし、皇族の女王が出雲大社へ嫁ぐという歴史上初めての出来事が起こりましたから、これからすべての流れが変わることでしょう。
すべてに「和解」が起こるという因子が、皇室にも、国民にも、国家同士にも、・・・・すべてに転写することを思っています。
(以上の話は、あくまでも想像の物語です)

※ 納期が迫る仕事、年末の集計作業などが山積しており、しばらくの間はコメント返答が疎かに成ることをご了承ください。
投稿コメントのUPは定期的に致します。いつもの3箇所クリックは、出来れば宜しくお願い致します。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

柔訳 釈尊の言葉 第2巻  
( http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900418/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900418&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html )


「 柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

『TAO TE CHING FOR EVERYDAY LIFE』(英訳 老子の言葉)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900345/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900345&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (381)
この記事をはてなブックマークに追加

No.3 モーゼの石板は2枚だった 

2015-12-09 00:10:43 | 神話シリーズ

神話シリーズ」における前回の過去記事、
No.2 モーゼの石板は2枚だった 」よりも日が空いてしまいました。
その理由は、日本の神話には「天津神」(あまつかみ)と「国津神」(くにつかみ)という大きく2つに「分離」する根本的な原理が存在しており、このことが現代社会に至るまで今でも転写が有るからです。

つまり、表現を誤解されますと、まったく違う方向に受け取られ、非難をされかねません。
だから、表現方法を迷いましたが、私なりの霊的真実を書くために、あえて最初に、整理した上での結論を書いて置きます。

遠方からの渡来人と誤解されかねない「ジンム」は、正統な日本の代表者であること。
日本へ「里帰りして来た」代表者であること。
今の御皇室こそは、楠木正成(皇居の神域に馬に乗る肖像が存在しています)が守護した「南朝系統」であり、本来の道に戻されていること。


以上の前提を認識した上で、以下の私的な夢想神話を読んで頂ければ幸いです。

(続き)
ナガスネヒコに請われてジンムと面会したニギハヤヒは、まずジンムと面会した途端に、自分と同じ系統の者であることが顔付きから分かりました。
しかし、ニギハヤヒには、自分の家系は古代イスラエルの皇室に仕えた三大神官の内の代表に位置するというプライドが有りました。

だからニギハヤヒは、ジンムがどこの流れの者かを見極めるつもりでした。
ニギハヤヒが古代イスラエルの言葉でジンムに話し掛けますと、ジンムは即座に理解して、その全部に返答しました。

だんだんとニギハヤヒの態度が軟化していくにつれて、ジンムに斬りかかる準備をしながら側で様子を見ていたナガスネヒコは、その意外な様子にイライラとし始めていました。

ニギハヤヒは、ジンムの落ち着いた威厳の有る態度、その知識と礼儀作法を見て、ただの古代イスラエルの下流階級の流れの者では無いことが分かりました。
ニギハヤヒ:「では、ジンム殿。お互いの家系に伝わる家宝が有れば、見せ合おうではありませんか」
ジンム:「良いでしょう。」

となりました。
ニギハヤヒが唯一の家宝である神剣のレプリカをジンムに見せました。
するとジンムは、
「ああ、私の家系の神剣と良く似ていますね」
と言いながら、同じような形の神剣を箱から取り出しました。

しかし、ジンムが箱から出した神剣は、薄く青白く光っており、それを見たニギハヤヒは伝説の神剣の特徴と同じだった為に息を呑みました。
更には、その神剣の箱には菊の御紋が在ったことをニギハヤヒは見逃しませんでした。


これは、古代イスラエルでは太陽の栄光・光彩を意味し、国家の代表家しか使用することが許されない紋章でした。
現代のエルサレムの神殿の柱にある紋章も、やはり一六枚の花びらの紋章であり、日本の皇室の一六菊花紋と同じなのです。

この形象は、中近東地域では古代から色々な文明・国家で用いられていたマークだったのです。
これを見たニギハヤヒは、ジンムの前に膝をついてひれ伏しました。
ジンムが、古代イスラエルの皇室の後継者であることが分かったのです。

しかし、この思いがけない展開に理由もわからず、納得が出来ないのがナガスネヒコです。
ナガスネヒコは、ヤマトを守りたい一心でジンムに国から出るように強く言いました。
するとニギハヤヒは、家臣に向かって「斬り殺せ!」と叫びました。

ナガスネヒコは、自分の最愛の妹をニギハヤヒと結婚させていました。ニギハヤヒとは義兄弟の信頼関係にあると信じていたので、ニギハヤヒの家臣がジンムを斬ると思ったのでした。
しかし、ニギハヤヒが家臣に命じた指先は、ナガスネヒコに向かっていたのでした。

ナガスネヒコは、「まさか!それはないだろ」と唖然とするうちにニギハヤヒの家臣により斬り殺されたのでした・・・・。
物凄い無念の中で、ナガスネヒコは息を引き取って逝きました。

その時、雷鳴が空を走りました。国津神の神々が怒ったのでした。
ニギハヤヒ、ジンム、決して許すまじ!と言わんばかりに・・・・。
これより、ナガスネヒコの大怨霊がジンムとニギハヤヒを襲い始めるのでした。
後世にも、これが因縁となり、強い怨念を持たれた崇徳天皇を産むことになるとは・・・・。
(続く)

※ 納期が迫る仕事、年末の集計作業などが山積しており、しばらくの間はコメント返答が疎かに成ることをご了承ください。
投稿コメントのUPは定期的に致します。いつもの3箇所クリックは、出来れば宜しくお願い致します。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

柔訳 釈尊の言葉 第2巻  
( http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900418/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900418&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html )


「 柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

『TAO TE CHING FOR EVERYDAY LIFE』(英訳 老子の言葉)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900345/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900345&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (349)
この記事をはてなブックマークに追加

No.2 モーゼの石板は2枚だった 

2015-11-29 12:34:05 | 神話シリーズ

ナガスネヒコは、ニギハヤヒのことを、突然に天から現れたような
* 何でも知っている御方。
* 病気も治せる。(薬草や病理についての外国での知識が豊富だった)
* 見たことも無かった凄い武器の数々を持ち、とても敵わない強い集団の長だったこと。
* 天地自然を崇拝し、天候を予言・左右するなどの不思議な霊力を保持していた。(古神道)
* 古来からの豪族同士の争いを調停するなど、平和な思考と人徳が有った。

などなどの理由から、ナガスネヒコはニギハヤヒを生き神様だと信仰をしていたのです。
実は、ニギハヤヒの家系は、古代イスラエルで古くから継続する重要な神官の家系だったのです。
しかも、古代イスラエルの天皇(火星での天皇からの継続家系)を支える神官だったのです。

そして古代イスラエルの皇室が保有する三種の神器(鏡・まがたま・神剣)の内の、神剣のレプリカを保持することを許された、三大神官の内の1つの家系がニギハヤヒでした。


古代イスラエルには、他に「八咫の鏡」(やたのかがみ)、勾玉(まがたま)、のレプリカを所持することが皇室から許された他の2つの重要な神官の家系が有りました。
そのニギハヤヒ以外の2つの神官の家系も、それぞれが分かれて古代イスラエルを離れて別の国に移住しました・・・・。

ナガスネヒコは、ニギハヤヒが住む「三本柱」を束ねて1本の太い柱として使用し、その太柱が何十本も使われて構築された神殿へと向かいました。
そして、「ジンム」と名乗る渡来者の集団の件をニギハヤヒに話しますと、その名前を聞いてニギハヤヒは少し首を傾げました。

ニギハヤヒは、しばらく黙考した後、では天孫由来の家宝を持参して会いましょうと、ナガスネヒコに告げました。
ナガスネヒコはこれはチャンスだと思い、ニギハヤヒの強い集団を背後にしてジンムをその場で殺す決意をしたのでした。

ナガスネヒコにすれば、とにかく自分の国を守りたい一心なのでした。
ニギハヤヒも異国の集団であるのは間違いが無かったのですが、尊敬するに値する人物だと納得をしていました。
でも、もうこれ以上、自分の国に知らない集団が入るのは嫌だったのです。

古代のこの出来事が、未来永劫にヤマト(日本国)の未来に転写することになるとは、ナガスネヒコには想像も出来ませんでした。
果たしてジンムと面会したニギハヤヒは、どう出るのでしょうか? (続く)

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

『TAO TE CHING FOR EVERYDAY LIFE』(英訳 老子の言葉)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900345/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900345&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「 柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「森羅万象10」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785932/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785932&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (429)
この記事をはてなブックマークに追加

モーゼの石板は2枚だった

2015-11-28 11:58:26 | 神話シリーズ

モーゼがシナイ山で切り出した石で作成した十戒(じっかい:10個のイマシメの言葉)を刻んだ石板(聖書では「契約の板」)は、2枚ありました。(旧約聖書・出エジプト記 より)
諸説ありますが、2枚の石板に10個のイマシメを5個ずつに分けて刻まれていたのではなくて、同じ十戒石板が2枚あったと視えます。

石板の材質は、石英(せきえい)だと思います。要は、水晶石が濁って色の付いた石板です。
1枚目の石板は、ブルー色。
2枚目は、大理石のような白く濁った石板。
に感得します。

そして、歴史の秘密として、ブルー色の十戒石板は、ヨルダン川西岸地区の死海の側の遺跡の中に存在。(死海文書は関係します)
白い十戒石板は、伊勢神宮・外宮の神域内の小山にモーゼご本人により埋められたと私は夢想しています。これは根拠の無い、私の想像です。

ではなぜ、モーゼは同じ石板を2枚も用意したのか?
これこそは、旧約聖書の最高神・ヤハウェ神(国常立太神の7次元)が雷鳴と共にモーゼに命じたのです。その理由は、
「未来に、我が神の子たちの兄弟が再会した時に、兄弟であることを理解させ決定付けるための証拠として」
同じ石板を持たせたのです。

1枚目の石板、2枚目の石板ともに、これを入れた硬い木で作られた箱が「契約の箱」(失われたアーク)と呼ばれています。
日本では、この木箱を「御神輿」(おみこし)として、見事に知らずに神社で伝承し続けています。
中東・ヨーロッパでは伝承出来なかった風習が、なぜか3000年の時を過ぎても日本ではアタリマエのように存在しているわけです。まさに不思議の国、日本です。

しかし、ヤハウェ神が、
「2つの証拠を見せ合うことで兄弟を知れ」
という神意は、これだけでは無かったのです。

海をもコノ世で割り、反対者の民族を全滅させる(玄関に赤い印を付けなかった民族を滅ぼす。日本では玄関に注連飾りを命じる)ような厳しいヤハウェ神は、「証拠」という烙印を押すことにこだわりました。あやふやにしないのです。

それが日本神話にも登場しており、神武天皇とニギハヤヒが大阪・河内長野において戦争に成りかけた時にも再現されています。
神武天皇の先祖は天孫族の子孫として、超古代に

火星の王 → 今のエジプトの地に「天の鳥船」で飛来する
→ 古代イスラエルを築く 
→ 他民族からの侵略を避けて、天照太御神の啓示に従い「東方を目指す」
→ アジアの沖を海流に乗って目指す 
→ 沖縄の島々を経由して、九州に入る。

という夢想を私は観ています。皇室の先祖が天から飛来したという日本神話は真実です。本当に天孫族なのです。(イギリス・アメリカは知っています。遺伝子の調査も終わっています)

実は、ニギハヤヒも「古代イスラエル」(古神道の源流有り)に居た民族の子孫だったのです。
古代イスラエルと、今で言うイスラエルは、まったく別物です。名称が同じなだけです。
古代イスラエル人の遺伝子は、民族的にも今の日本人に近かったのです。

神武天皇が大阪湾から上陸して大阪と奈良の県境に来た時に、ナガスネヒコ(国津神の長)という土着の豪族により撃退されます。ナガスネヒコは土地の利を知り尽くしており強かったのです。(この因縁は後世に楠木正成に行く)

ナガスネヒコは、神武天皇に向かって
「お前は、自分で天孫だと言いはってヤマトを取りたいのか?絶対に許さないぞ」
と言い放ちました。

神武天皇は、
「私が天孫であることは事実です。ただ、平和な国を皆さんと共に創ることを希望する者です」
と返しました。するとナガスネヒコは、
「私が信仰する御方こそは、天の鳥船で飛来されたニギハヤヒという神のような御方だ。」
と返しました。

神武天皇:
「確かに天孫に関わる民族(古代イスラエルの十支族を指す)は多い。
ただし、本当に天孫ならば、天孫だけが持つ証拠が有ります。
そこまで仰るならば、あなたが信仰する御方と面会させて頂いて、お互いに天孫の証拠を見せ合おうではありませんか」

とナガスネヒコに告げました。
神武天皇の何と自信の有ることでしょうか。(許されれば続く・・・・)

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

『TAO TE CHING FOR EVERYDAY LIFE』(英訳 老子の言葉)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900345/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900345&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「 柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「森羅万象10」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785932/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785932&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (507)
この記事をはてなブックマークに追加

「アメノムラクモノツルギ」に関する、よもやま話

2015-10-11 11:59:09 | 神話シリーズ

(読者)

神話では「アメノムラクモノツルギ」は、スサノオがヤマタノオロチ(8つの頭を持つ大蛇)を退治した時に、その尾から出て来たということですが、
「アメノムラクモ」という名にもある通り、オロチや神剣の上には、常に雲がかかっていたので付けられた名前だとされています。

(感想)
この話を読みまして、昔の削除してしまった過去記事の内容を久しぶりに思い出していました。
しかし、記事の管理画面を探しましたが、見つけることが出来ませんでした。
日本の終戦の裏話として、当時は書いて置きたかったのですが、あまりにも危険な内容で保留にした覚えがあります。

その内容の概略は、
* 太平洋戦争の末期、いよいよダメかと思われた時に、日本の全国の神社仏閣に米国への調伏(ちょうぶく:害をもたらすものを打ち破ること)祈祷の命令が軍部から下されたこと。

* もう日本がダメになるならば、この最後にと、歴史上の伝説の「アメノムラクモノツルギ」=「草薙の剣」を開封して、名古屋の某神社で米国の大統領への調伏・呪詛を1945年4月1日から10人ほどの神官で執行したこと。

* 草薙の剣の厳重な保管箱には、剣を直視したものは体が燃えてしまうので、絶対に伏し目にして細部を見ないことの注意書きが有ったこと。

* 草薙の剣を神前に飾る時に、一人の神官の肉体が「青い色」の火に包まれて、その場で本当に焼死したこと。

* 全員で草薙の剣に向かって「大祓詞・おおはらいのりと」を頭を伏せた状態で奏上し始めると、
「ブ~~ン」という低重音の音が神殿内に鳴り響き始め、床面に微かな青い光が反射していたこと。

* 日本への攻撃が激しさを増す中、神官たちが死を覚悟して調伏を継続した結果、米国のルーズベルト大統領が1945年4月12日に急死されたこと。

* この話は、京都にある大学の文学部の教授が、ごく一部の大学院生に日本の歴史の秘密であり内密にと話した内容であること。教授の父親が生き残った神官の一人だったこと。

この話は、昔にこの一部がネット上で話されていました。
この話の真偽は別として、全国の神社仏閣へ呪詛命令があったことは、歴史の悲しい一面として有ったことでしょう。

偶然にも米国の大統領は勤務中に亡くなられましたが、日本はその後に10倍以上の被害を受けて敗戦に至ります。
神様へ呪詛の祈願をした反射が、より大きな悲劇を招く結果と成りました。
神様に願(眼)を懸ける(欠ける)怖さが、この話からも分かります。

ところで最近のニュースで、NASAの発表によりますと、数十億年前の火星が今の地球と非常によく似ていたことが判明したそうです。火星で温暖な気候が実現した理由と、今の火星が荒廃した理由を解き明かしたいという内容でした。
(参考ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20151010-00000019-jnn-int
このような報道がやっと始まりましたが、

* 今の地球人の元の一部は、火星から渡来したこと。
* 今のエジプト地域に飛来したのが、古代イスラエル人の元に成っていること。
* そのかなり後世に始まったエジプト文明に、古代火星の叡智の一部が秘教として存在したこと。
* 現代の欧米の大財閥の秘密結社の元は、このエジプトから始まった秘教を引き継いでいること。

* 日本は、まったく別ルートで、今の白山から滋賀県の付近に火星と月経由で遺伝子が来たこと。
* 火星には、仁徳天皇陵古墳とまったく同じ形式の古墳が存在すること。規模は100倍以上。
* その世紀は、地球の今の大陸の位置と形も異なること。
* 人の形状も違うこと。
* 人間に尻尾が有ること。
これがヤマタノオロチの伝説と関係し、尻尾の先に金属のインプラントを持つ存在を退治したこと。
その金属が、アメノムラクモノツルギと関係すること。今の人類には未知の金属です。

このような私の夢想話を書いて置きます。
楽しんで頂けたでしょうか?
話の真相1割でも良いですから、他の夢想を想像しておいてください。

言えますことは、多くの国の建国神話に、下半身が大蛇の「夫婦」(イザナギ・イザナミ)が登場することを調べてください。アジアでも多いです。
人類の創造の過程での遺伝子の秘密です。
これは今の胎児の成長過程でも、その形状は再現されています。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ1 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ2 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

「柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「森羅万象10」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785932/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785932&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (610)
この記事をはてなブックマークに追加

神話と転写 その6

2015-10-10 11:31:00 | 神話シリーズ

神話と転写 その3」におきまして、

「オオクニヌシが草むらに分け入っている間にスサノオは、野原の周りすべてから火を放ちました。
炎は瞬く間に燃え上がり、人の背丈の数倍にもなる火炎旋風と成りました。
この時にスサノオは、オオクニヌシが焼け死んでも良いと考えていたのです。」

スサノオがオオクニヌシに対して行ったこの仕打ちは、後世にどのような転写を起こしたのでしょうか?
ここで思い出して欲しいことは、
神話と転写 その1」より、

* スサノオ神は後世に、建命(ヤマトタケルノミコト)として「転写」と「因子」が起こっています。

* アマテラス神は、姫(ヤマトヒメ・伊勢神宮を創建した古代の最高の巫女)へと転写しており、

* ヤマトヒメとヤマトタケルノミコトは、当時は叔母様と甥っ子の関係でした。

ヤマトタケルノミコトは、天皇の命令で東国征伐(関東方面)に行く前に伊勢神宮へと参拝し、叔母のヤマトヒメノミコトから
* 伝説の大蛇ヤマタノオロチの尾から取り出した御神刀 “天の叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)
* 「もし危険になったら、袋を開けなさい」と言い、秘密の巾着袋(きんちゃくぶくろ)
を授かります。

ヤマトタケルノミコトは、伊勢神宮で叔母のヤマトヒメに向かって、
「自分の父親である景行天皇は、私に死んで欲しいのではないでしょうか?
西方への征伐に私を行かせ、命からがら征伐に成功して帰って来ると、間髪をいれずに次は東方へ独りで征伐に行けとはあんまりです。
おそらく私は離れた東方の地で死ぬことでしょう」

伊勢神宮を起こすほどの大霊格者でもあったヤマトヒメは、これを見て非常に甥っ子を哀れみました。
ヤマトヒメには、ヤマトタケルが過去生での自分(アマテラス)の弟だったスサノオの転生者であることが分かっていたので、
景行天皇から預かっていた皇室の三種の神器である伝説のアメノムラクモノツルギを甥っ子に渡してしまいます。

ヤマトヒメにすれば、スサノオ本人に御神刀をお返ししただけなのでしょうが、景行天皇がもしこれを知れば卒倒したことでしょう。
神話ではスサノオが父親と反りが合わなかったことが、後世でもヤマトタケルに転写をしたのです。
これ以降も、性別は関わりなく子供が「片方の親」と反りが合わないという転写が皇統に繰り返されます・・・。

伝説の御神刀を得たヤマトタケルは、「もう私はこれで死んでも良い」と覚悟を決め、伝説の御神刀と心中するつもりで関東へと向かいました。
そして相模の国まで来ますと、地元の豪族から
「ここには乱暴な土着神がいるから、草原の中を探して欲しい」
と頼まれます。しかし、これはウソであり、東国征伐にやって来た皇室の若造を辺ぴな地で殺す策略でした。

ヤマトタケルが草原の中に入って行った時に、四方から火を付けられて火炎旋風が巻き起こったのです。
まさに、スサノオがオオクニヌシに対して行った仕打ちの転写が、後世の転生者に起こったのです。

そこでヤマトタケルは御神刀アメノムラクモノツルギで周囲の草をなぎ倒しました。
そして叔母から授かった巾着袋を開けますと、なんと火打ち石が入っていたのです。ヤマトヒメには、このような事態になることが視えていたのでした。

この火打ち石で迎え火を打ったことにより、ヤマトタケルは火炎旋風の隙間を逃げ切ることが出来ました。
そして後世にこの出来事により、この
地を「焼津」(静岡県のやいづ)といいます。
御神刀アメノムラクモノツルギは、
この剣を使って周囲の草をなぎ払ったことから “草薙の剣”(くさなぎのつるぎ)と改名をされます。

(霊的には、黄泉の国での「アメノムラクモノツルギ」と、コノ世での「草薙の剣」は別物と言ってよいほどの霊的違いはあります。これは仕方がないことですが)

その後にヤマトタケルは、千葉県の麻賀多神社の場所にも行って滞在をしています。
ここに、天日津久神社がスサノオ神との神縁が有ることが分かります。
天津の神様とは、その正体はスサノオ神へと繋がります。

このように転写は繰り返す。歴史は繰り返す。
ということは真実なのです。
だから他人には、陰口も含めて、意識的な悪事はしないでおきましょう。これが自分の幸運を高めて行きます。
他人を励まし祝福することは、未来の自分を助けることに成るでしょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ1 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ2 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html 
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

「柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「森羅万象10」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785932/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785932&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または
、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。 
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5
  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり 、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (460)
この記事をはてなブックマークに追加

神話と転写 その5

2015-10-05 11:29:54 | 神話シリーズ

神話と転写 その4」(2015-09-29 10:54:41
神話と転写 その3」(2015-09-26 11:56:04
神話と転写 その2」(2015-09-24 11:25:41
神話と転写 その1」(2015-09-23 11:46:57
記事の続き。

この時にオオクニヌシは、この凄まじいスサノオ親父から娘さんを頂くには、スセリヒメと共に異国に逃げるしか無いと思いました。
そう思った瞬間にオオクニヌシは、スサノオのムカデとヘビだらけの長い髪の束を解いて、近くに立つ大黒柱に結び付けました。

そして、スサノオ大神が床の間に大切に飾っていた、
(1)伝説の大蛇ヤマタノオロチの尾から取り出した御神刀 “天の叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)”。

(2)「天の詔琴」(アメノノリゴト)と言われます、神々の生死をも琴の弦の響きで左右できる10弦のお琴。

(3)「生弓(いくゆみ)」という、一度でも弓矢を放てば誘導ミサイルのように地の果てまで追跡して射抜く弓矢。

オオクニヌシは、この神器3点とスセリヒメを背中に背負い、そして神殿の玄関先の外庭に飾ってあった大岩で玄関を封じ込めて、脱兎のごとく走って逃げ出しました。
すると、必死で森の中を走っている時に、背中のスセリヒメに持たせていた神器・アメノノリゴトの弦が木の枝に触れてしまいました。

そうしますと偶然にアメノノリゴトの死の旋律の音階が黄泉(ヨミ)の国中に鳴り響いてしまい、アメノノリゴトの近所に居た精霊達がバタバタとあちらこちらで倒れてしまいました。
寝たふりをしていたスサノオは、「これはいかん!」と怒り出して神殿の大黒柱に結ばれた髪の束をもろともせずに部屋ごと引き倒し、玄関を封じていた大岩を粉砕して追いかけ始めました。

スサノオは、黄泉の国(死後の世界)と地上世界の境にある黄泉比良坂(ヨモツヒラサカ)の入り口のトンネル(異次元への玄関)まで追いかけて来た時に、トンネルの中のはるか遠くを必死に走るオオクニヌシと娘を見て、ニヤリと笑いました。

スサノオがニヤリと笑った理由は、オオクニヌシが
* 勇気と、決断力と実行力を保有する男であること。
* 強い体力を持つ魂であること。
* 娘を背負うという、女性を大切にして守る意志のある男性であること。
このようなことを敢えて確認したスサノオは、遠くを走る二人に向かって大声で宣告をしました。

「バカヤロー!! 二度と黄泉の国に帰って来るなよ!」
「オオクニヌシに告ぐ。
お前はその3つの神器で、お前を殺した兄弟たちを黄泉の国へと追い払うが良い。
お前は地上世界の神となって、宮柱の太い神殿を建てなさい。
そして、我が娘・スセリヒメを正妻として大切にしろ。
お前がそうする限り、われスサノオはお前たちを末代まで守護するであろう」

このような祝福とも、呪い、とも言える言霊をスサノオは次元トンネルの入り口で吐き出しました。
この言霊は、現代社会に至るまで全ての次元で鳴り響いているようです。

スサノオとその周囲の行動のすべては神事であり、現代社会まで転写をリピート再生しています。
その後の世には、どんな出来事と成って繰り返しているのでしょうか?
またの機会に書きましょう。



(カレンダーの印の説明は、http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/55eaf87a9445579e4d9e8a296fe9a926

10月6日、静観します。
※10月5日も午後から防災意識で静観。
 http://seesproxy.tksc.jaxa.jp/fw/dfw/SEES/Japanese/Data/docs_ja/ETS8/ETS8_DataGraph.htm

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ1 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ2 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html 
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

「柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「森羅万象10」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785932/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785932&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または
、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。 
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5
  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり 、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (572)
この記事をはてなブックマークに追加

神話と転写 その4

2015-09-29 10:54:41 | 神話シリーズ

神話と転写 その3」(2015-09-26 11:56:04 )記事の続き。

四方からの火炎旋風の中に閉じ込められたオオクニヌシは、もうダメかも知れない、また私は死ぬのか、と一瞬思いました。
その時にふと足元を見ますと一匹のネズミがおりました。するとネズミは、
「外からは分からないが、土の中は広い」と告げました。

オオクニヌシはその意味を瞬時に理解し、大急ぎで自分の足元に穴を掘り始めました。
そうしますと地中は洞窟になっていました。オオクニヌシは危機一髪で火炎旋風を洞窟の中でやり過ごすことが出来ました。
国津神(くにつかみ)という土着神の出であるオオクニヌシを、黄泉の国にいた地ネズミが見かねて援助をしたのでした。
そして、スサノオに探して来るようにと言われた弓矢も、ネズミ君が持って来てくれました。

この時にオオクニヌシは死んだものと思い、スセリヒメは「お父様、ひどい!」と泣き、スサノオは腕組みをしながら無言で頷いていました。
しかしそこに、弓矢を持ったオオクニヌシが二人の前に戻って来ました。
スサノオは直ぐにネズミが助けた様子が分かり、オオクニヌシが交渉力・理解力・政治力を保有する人物であることを確認しました。

しかし、これでもスサノオは、次にオオクニヌシの勇気と底力の有無を確認したいと思い納得していませんでした。
男は知恵だけではダメだ、女性を守る力強さと勇気も無ければ、とてもじゃないが我が娘を任せられないし、一国を治めることは出来ないとスサノオは考えていました。

家に帰りますとスサノオは、オオクニヌシを家の広間に呼びつけました。
そして、「髪についている虫を取れ」と命じました。しかしそれらは虫ではなくて、たくさんのムカデや小ヘビが動いている束だったのです。
オオクニヌシがこれは触れないと困っていますと、スセリヒメが黙って静かに背中側にやってきて、一握りの木の実と、赤い土を渡してくれました。

オオクニヌシはこれを直ぐに理解し、木の実をわざと音が出るようにガシガシと噛んで、その口の中に赤い土を入れて、噛み砕かれた真っ赤なムカデの破片のように見えるものをスサノオに見える範囲に吐き出しました。
スサノオは、オオクニヌシがスセリヒメと協力してムカデを食いつぶして吐き出している演技に自分が騙されているように装って、その場に寝たふりをしました。
それからオオクニヌシがどうするのか?スサノオは見たかったのです。

以上の様子は、現代社会の高貴な家の娘さんが、恋人を家に連れて来て父親に紹介する様子として転写をするかも知れません。
父親は、娘が連れて来た男性を歓迎するふりをしますが、その男性の本性を見たいと思うものです。

男性を家の食事に招待しますが、奥様が用意された豪勢な食事とは別に、父親は奥様にも内緒で密かにゲテモノ料理の一品を用意していたのです。
食事の半ばあたりで父親は、
「ところで、君にぜひ食べて欲しい日本の伝統料理があるのだよ」
と言いながら家族にも隠し持っていた虫や爬虫類系の姿が分かる一品を出すかも知れません。

そして、父親は奥様に怒られる。

しかし、それでも父親はめげずに、食事後に男同士で飲もうと誘い、二人だけの部屋に行き、飲め飲めと無理に酒を飲ませて、男性の本性を聞き出そうとします。
* どんな女性遍歴をしたのか?
* 娘のどこが好きか?
などなど興味のあることを聴き倒そうとします。

また、これも奥様の知るところとなり、そして、父親は奥様に怒られる。

更に別の日には、日本の温泉に行こうと娘さんの恋人を誘い、男湯で男同士の裸の確認をし、普通は入れない熱湯の風呂に入れと勧める。そして因幡の白ウサギのように男性の肌が真っ赤になってしまう。
これを娘さんから伝え聞いた奥様に、またまた父親は怒られて、
娘さんからは、「も~っ、信じられない~!」と嫌われることに成ってしまう


と。このような転写も現代社会で起こるかも知れません。
さてさて、オオクニヌシはスサノオが寝ている間にどうしたのでしょうか? (続く)

※ 気温が高い時は注意。
静止軌道の電磁波状態 (http://seesproxy.tksc.jaxa.jp/fw/dfw/SEES/Japanese/Data/docs_ja/ETS8/ETS8_DataGraph.htm
を注視します。
今日のグラフでは、まだ急落ポイントは発生していません。明日以降も静観です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ1 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ2 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html 
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

「柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「森羅万象10」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785932/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785932&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または
、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。 
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5
  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり 、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (585)
この記事をはてなブックマークに追加

神話と転写 その3

2015-09-26 11:56:04 | 神話シリーズ

スセリヒメは、父親は怖い姿をしていますが、もの凄く愛情の深い優しい人だから面会してもビックリしないようにとオオクニヌシに教えました。
オオクニヌシとしましては、自分の母親からスサノオが自分のご先祖様だと教えられていましたので、意外と安心してスサノオの住まいへと向かいました。

スサノオの家に近付くにつれて、大小様々な姿をした鬼の石像が置かれているのが見え始めました。オオクニヌシが「この石像は何?」と聞きますと、「父親の子分で、今も生きている」とスセリヒメは説明しました。
オオクニヌシは、でも石像だから変だと思い顔をよく見ますと、目だけが動いて自分のことを凝視していることに気付きました・・・・。

いよいよオオクニヌシは娘・スセリヒメから親神スサノオを紹介されますと、スサノオはニヤリと笑みを浮かべ
「そうか。よく来られた。これからしばらく、ここに泊まっていきなさい」と言いました。

先ず初日に案内された部屋が、大小のヘビで埋まるような部屋でした。オオクニヌシは一瞬ためらいましたが、スサノオが理由もなしにこんなことをする訳が無いと思い腹をククリました。
スセリヒメは、父親スサノオから色々な神事と呪法を相続者として学んでいましたので、麻で編まれた細長い布地を振ることでヘビ避けになる呪法をオオクニヌシに教えました。
オオクニヌシは直ぐにこの呪法を習得いたしました。

この呪法は、神格・霊格が無い魂が使用しても発動しない神事であり、スサノオはオオクニヌシが自分の神縁に成る資格が有るのか無いのかを観ていました。
オオクニヌシは見事に習得して、ヘビで埋まる部屋で無事に安眠が出来ました。

これを観たスサノオは、翌日は更に難しいムカデとスズメバチで埋まる部屋で寝るようにオオクニヌシに言いました。
スズメバチはアノ世でも、神に仕える動物たちの中でも一番に凶暴で攻撃性のある神使として利用されます。

昭和時代に聞いた話ですが、教祖・出口 王仁三郎(でぐち おにさぶろう)さんが地方で講演会をする時に、会場にスズメバチが侵入した時点で、その地域の氏神に「受け入れられなかった」と解釈して早々に講演会を打ち切ったというエピソードを聞いています。
皆さんも神社の参拝時にスズメバチを見掛けましたら、近付いて来なければ「歓迎」だと思い、もしも間近に来るようでしたら直ぐに神社から離れれば良いです。
スズメバチを見てから神社を離れることも、これが本当の「お祓い」と成り、悪いことではありません。

オオクニヌシは、このムカデとスズメバチの災難も無事にスセリヒメの同じ呪法で乗り切りました。
この部屋の害虫による難を無事にこなしたオオクニヌシを観て、スサノオは更なる試練を試します。
翌日にスサノオは、狩りに行こうとオオクニヌシを誘います。
森の中でスサノオは、身長よりも高い草が生い茂る広い野原に向かって弓矢を放ちました。
そしてオオクニヌシに、草の中の弓矢を探して来てほしいと言います。

オオクニヌシが草むらに分け入っている間にスサノオは、野原の周りすべてから火を放ちました。
炎は瞬く間に燃え上がり、人の背丈の数倍にもなる火炎旋風と成りました。
この時にスサノオは、オオクニヌシが焼け死んでも良いと考えていたのです。
なぜならばスサノオは、神々の中でも魂を生き返らせることが出来た唯一の大神(おおかみ)だったからです。

ここでオオクニヌシが死ねば、「お前には無理だ」と言い娘を諦めさせて、人間界にオオクニヌシを生き返らせて母親の元に返すつもりだったのです。
この「御魂返し」(みたまがえし)を出来たと思われますのは、近世では天理教の初代教祖です。
国常立太神・スサノオから離れて現実界に降りて来た「元」眷属神の黒龍が乗り移ったと言えます。

さてさて、オオクニヌシはどうなったのでしょうか? (続く)

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ1 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ2 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html 
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

「柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「森羅万象10」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785932/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785932&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または
、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。 
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5
  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり 、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (555)
この記事をはてなブックマークに追加

神話と転写 その2

2015-09-24 11:25:41 | 神話シリーズ

ここで、神話における日本の別名を説明する必要があります。
日本は、別の表現で「八島・八洲(やしま)」とも呼称されるのです。大八洲(おおやしま)とも呼ばれます。
この意味は、『古事記』におきまして本州・九州・四国・淡路・壱岐・対馬・隠岐・佐渡などの「八つの島」の総称とされています。

しかし、これの本当の意味は、スサノオには8人の子供たちが居たことと霊的に関係します。
スサノオ=地球霊=大地の神=日本列島の全体、がスサノオの本性であるのです。
スサノオの子供たち=日本の八つの島々、です。

そこで、スサノオ神の正妻・奇稲田姫(クシナダヒメ)との間にできた子供たちの名前は、
第一子  八島野尊(やすまぬのみこと)=ヤシマツヌミ。
第二子  五十猛(いたけるのみこと)→ 建命=日本武尊(ヤマトタケルノミコト)への転写。
第三子  大屋津姫 (おおやつひめ)
第四子  抓津姫 (つまつひめ)
第五子  大歳(おおどし)
第六子  宇迦御魂(うがのみたま)=倉稲魂尊(くらいねのみこと)=伊勢神宮の外宮の神
第七子  大屋彦尊(おおやひこのみこと)
第八子  須世理姫(すせりひめ)

古代は、実は末っ子の子供が家督を相続したのです。それが女子であってもです。
つまり、スサノオの跡継ぎは、末娘のスセリヒメだったのです。物凄い美形であり、スサノオも溺愛します。
すると、この親子の前に現れたのが大国主命(オオクニヌシノミコト)でした。

その時のオオクニヌシは、兄弟たちから嫉妬されて殺されてしまっていたのです。
オオクニヌシの霊体を探し出した母親神は、オオクニヌシの霊体に向かって言いました。
「実は、あなたのご先祖様には、スサノオ神という大変な神様がおられます。
その先祖神は、無実の罪を着せられて、今は黄泉(ヨミ)の国という地底奥に在る世界におられます。とにかく黄泉の国へ行って、スサノオ神に会いなさい」

素直な魂だったオオクニヌシは、なんとかして地底奥に在る黄泉の国へと行きました。
そこでスサノオ神を探している内に見掛けたのがスサノオ神の娘の美女・スセリヒメでした。
二人は直ぐに仲良くなり、黄泉の国でデートをする恋仲と成りました。そうこうする内にある時、

スセリヒメ:「ところで、あなたは黄泉の国に何をしに来たの?」
オオクニヌシ:「実は、私は地上世界で兄弟により殺されてしまいました。その時に母親が、自分のご先祖様にスサノオ大神という大きな神様がいるから、黄泉の国に会いに行きなさいと言われたのです。」

スセリヒメ:「えーーー!」(絶句して沈黙)
父親に恋人を紹介して、もし父親がオオクニヌシを気に入らなければ、本当にこの青年は消されてしまうかも知れないと心配しました。

なぜならば黄泉の国の時のスサノオ神とは、その長い髪の毛の束がヘビとムカデだという恐ろしい地獄の魔王の姿をしています。黄泉の国は色々な魑魅魍魎(ちみもうりょう)が居る世界なのですが、スサ ノオの名前を聞いただけで、その足音を聞いただけで、雷鳴のようなその声を聞いただけで、誰もが震え上がる存在だったのです。
スサノオ神は黄泉の国の魔王として君臨していたのでした。

スセリヒメが沈黙していることを心配したオオクニヌシは、上記のような理由をすべて聞き出しました。すると、
オオクニヌシ:「どうしてもスセリヒメと結婚したいから、お父様に会わせて欲しい」
そして二人はスサノオの元へと会いに行きました。

さてさて、相思相愛の若い二人はどうなってしまうのでしょうか?
秋篠宮殿下の元に将来、娘さんである内親王(ないしんのう)たちへの求婚者が現れた時、父親としてどんな態度を取られるのでしょうか?
神話を見てみましょう。 (続く)

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ1 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ2 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html 
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

「柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「森羅万象10」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785932/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785932&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または
、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。 
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5
  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり 、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (560)
この記事をはてなブックマークに追加

神話と転写 その1

2015-09-23 11:46:57 | 神話シリーズ

霊的な世界観を理解する場合、「因子」と「転写」という意味を理解しておきますと、ほとんどの物事を説明することが可能になります。
世の中で理解されています「転生」(てんせい:魂の生まれ変わり)も、実際には「その」魂自体の生まれ変わりでは無くて、過去の型(かた)の「因子」と「転写」を今生に「受けている」という内容が現実には多いのです。
その魂が転生している訳ではなくて、形と型がリピート再現されるのです。
(「形」=目に見える形、姿。「型」=目に見えないパターン、原型。)

例では、日本神話の原点であります男性の親神イザナギ(女性の親神はイザナミ)ご自神が自らの生んだ最初の神々であり(男系遺伝子の継承を意味する)、諸神天神の中で最も貴いその子供たちの神様は三貴神(さんきしん)と呼ばれています。
神話の生まれた順番では、
アマテラス(太陽・長女)
ツクヨミ  (月・長男)
スサノオ  (地球・次男)
とされています。

実は、日本神話の三貴神の転写は、現代の皇室の皇太子様・秋篠宮様・黒田清子様として今生に現れておられます。
そうしますと、日本神話と生まれた順番が違うのです。
日本神話=アマテラス・太陽 →ツクヨミ・月 →スサノオ・地球
現代の皇室=皇太子様・月 →秋篠宮様・地球 →黒田清子様・太陽

宇宙科学的には、太陽と月と地球が誕生した年代は約45億年前の前後同じ頃のようです。
しかし、ロシアの神秘家グルジェフや私の感得では、月は太陽や地球よりも古いのです。もう古すぎて違う宇宙から来ています。

つまり、「現実の」皇室の有り様を見て、日本神話を逆に修正することも可能なのです。
三貴神の誕生順番は、実は総合的な視点から
最初に、ツクヨミ  (月・長男)
アマテラス    (太陽・長女)
最後に、スサノオ  (地球・次男)
であったと提起しておきます。

では、次に現代の皇室の興味深い転写と因子を説明して行きます。
以下は、史実とは違う私の想像と夢想であることを最初に断っておきます。

スサノオ神は後世に、建命(ヤマトタケルノミコト)として「転写」と「因子」が起こっています。
そして、これは現代の秋篠宮様へと転写されていると想像します。

アマテラス神は、姫(ヤマトヒメ・伊勢神宮を創建した古代の最高の巫女)へと転写しており、
そして、現代の黒田清子様へと転写と因子が有ると感得・想像します。

ヤマトヒメとヤマトタケルノミコトは、当時は叔母様と甥っ子の関係でした。
現代ではこれが兄妹として、転写と因子がリピート再生していることは興味深いです。 (続く)

(はたして、佳子内親王・かこないしんのう様の話まで辿り着けるのか~?
すべては繋がり再現されています)

(読者)
今までは、リーマンさんが「転生」「転写」と書かれるとき、それぞれの意味は根本的に全然違う認識でおりました。

転生は、旅する魂がまた生まれ出ることで(細かく言うと35%以上の要素だったかと)、転写は、どちらかというと、旅する魂が生まれ出た時に受ける霊的要素のほうを意味すると。

コピー機で例えると、転生は、A4の紙本体です。
転写は、そのA4に印刷される内容(文字画像)のほうを指す・・・という感じで、根本的に別物であると勝手に解釈しておりました。
「転生者」は一人しかいませんが、「転写を受ける人物」は何人もいてもおかしくないイメージ…同じ内容をハガキやB5にもコピーしていくイメージです。

今回の記事の説明では、「世の中で理解されている転生」でも「転写」が現実には多い・・・とのことですが、霊能世界での一般論はおいといて、リーマンさんが「転生」と「転写」を使い分けて書かれるときの解釈としては、私が捉えていたような解釈でよいのでしょうか?

・・・例えば、、
雄略天皇は信長に「転生」ですが、信長が雄略天皇の「転写を受けている」だと、随分と違ったものになると思われます。
もちろん、信長に関しては転写「も」受けたことになるのでしょうが…ナドナドを思いました。

(返答)
まさに、この考え方で良いです。
ただ、たしかに雄略天皇は信長に「転生」です。しかし、この場合の転生率でも35%なのです。つまり、40%以上の転生率は無い、と思ってください。理由は簡単であり、今生は新規の親の組み合わせであり、誰もが初めての環境での組み合わせの人生だからです。

しかし35%の転生率は、普通は起こらない、無い、と思ってください。35%でも、その者が転生したと、瓜二つだと、思えるほど似た特質を帯びます。
転生率が20%を超えれば、「その」転生者であると名乗れるほどの特質を帯びます。

転写の場合、その人の人生の途中で転写が消える、終わる、昇華する、という変化も起こりやすいです。
これが転生の場合、人生の途中で変わることはなかなかありません。よほどの新規の善徳や努力がないと、過去生のサガが要所要所で発露するものです。
しかし、この転生のサガも、先祖供養(遺伝子の養生)により無難に昇華が起こります。先祖霊の干渉も影響します。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ1 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ2 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html 
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

「柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「森羅万象10」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785932/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785932&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または
、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。 
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5
  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり 、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (598)
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢と出雲の統合はいかに

2014-05-28 10:59:35 | 神話シリーズ

皇室の女王殿下が、出雲の祭主家に嫁がれるとは、日本の「近代」2500年の歴史の中でも大きな和解の神事と成ります。
去年に伊勢と出雲の遷宮(せんぐう:建て替え・建て直し)が同じ年になるだけでも、1つの大きな稀有なる歴史的な神事でした。その翌年に、ご結婚が発表されるとは、日本国土の神界が何かを急ぐように大きく動いているのが分かります。
今の国際情勢の国難の中で、日本が大きな歴史的な節目に急ぐように向かっていると思えて成りません。
何を急いでいるのかを、預言書「古事記」から降ろしたいと思います。

出雲大社の御祭神の御正体は、霊的には正にスサノオ神そのものです。
古事記を霊的に裏読みしますと、スサノオ神とは、天照太御神の神界を仕切る家臣たちのイヤガラセにより、「濡れ衣」(女官たちへの暴行、食糧への汚染、動物・家畜への虐待・・・・)を着せられて日本神界から追放されています。
そしてスサノオ神は、言い訳を一切せずに、天照太御神に対して

「では、自分たちが産み出し・育てる国民が、どんな民衆に成るのかを後世に見比べて、誰が正しいのかを見せ合うことにしましょう」

と言い残して、日本神界を去りました。それからスサノオ神は、今の台湾の大地に寄ってヒノキ(台檜・たいひ)を置き、そして大陸へと渡っています。
大陸を旅したスサノオ神は、古代イスラエルを産み出し、他にも今の国旗に「月」を頂く国々を、厳しい戒律の順守をもって産み出す種も置きました。

そして、そろそろ母国の日本神界に帰りたいと思ったスサノオ神は、古代イスラエルのモーゼに対して雷鳴をもって啓示を行い、「十戒」の戒律をモーゼに授けて、
「とにかく、日が昇る東の東の、コノ世の最果てまで行きなさい」
と啓示して、今の日本の伊勢へと行くことを啓示しました。

モーゼをヨリシロとして日本に帰国したスサノオ神は、天照太御神への気遣いとして、
「自分は、決して表に出ない陰の神として、黄泉(ヨミ:冥界・霊界・地獄界・魔界)がおとなしく鎮まるように陰の支配者として、大人しく四国(死国)に忌部(いんべ:陰の者)として鎮まります。
そして、表に見える形では、出雲に高層の神殿に別名(大国主大神)で居ます」
と、スサノオ神は天照太御神との間で契約します。

天照太御神は、自分の家臣の悪罪を知っており、兄弟神の帰国を受け入れます。
そして、弟の大神への気遣いから、
「私の天孫(てんそん:孫)たちが皇位に就く時は、必ずあなたの許可を得ることに致しましょう。このことが家臣たちに分からないように認可を得るために、私の使いを死国(四国)へと向かわせましょう。
その時に、あなたの孫が、皇位の着物を提供すれば良いのです」
と告げました。

天(陰・陽)が産みだした、三貴神(さんきしん)という原初の兄弟神でありながら、悪い他の下々(国・地域)からワイロを受けた家臣たちが、神界の大神へと悪影響することがあるのです。
これは、現代社会においても、社長であっても慣れたお局さんの古い女性事務員に、社長と会社が操縦されることが起こります。
陰口が先入観を産み出して、全体の人事にも影響されるようなことです。大きな物事の本当の原因とは、些細なことが発端になるものです。

陰の忌部として隠れていたスサノオ神が、永い永い後世の孫たち同士が結婚することで、何らかの形で表に出ることに成るかも知れません。
スサノオ神は、天津神(あまつかみ)でありながらも、押し込められた国津神(くにつかみ)を陰から束ねる存在でもあります。
人類創世記に、自分自神が押し込められた「転写」が、国津神を産んだとも言えます。

この話は、歴史を時系列で理解しようとすれば矛盾しており、辻褄は合いません
古事記とは、時間系列を無視した、いくつもの次元の話が重なっています。
複層する、並列して存在する世界とは、最新の宇宙物理学ではようやく可能性が指摘され始めています。
以上の話は、あくまでも私が夢想する世界での古事記の「裏読み」です。

今回の発表が無事に進み、お子様がお生まれになれば、これは本当に凄いことです。
男女どちらにしましても、神話の「転写」を受けた御子です。日本国の吉祥と成られることでしょう。無事に成就されることを、陰から思っております。

これにより、天津神と国津神の統合の型となり、日本人同士が国難に備えて「いち早く」和合することを、アノ世から望まれていると思われてなりません。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

携帯 健康食品・サプリ http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 生活用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。
サプリメントの摂取も医師の許可を受けてからにしてください。
ここでの話は、あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください
このブログ記事の内容のコピー、引用は一切厳禁です

最新本 「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22

「柔訳 老子の言葉 写真集」
「上巻」 
(携帯からの予約)(http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785681&at=isehakusandou-22
(PCからの予約)http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785681/isehakusandou-22/ref=nosim
「下巻」 
(携帯からの予約)(http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=476678569X&at=isehakusandou-22
(PCからの予約)http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476678569X/isehakusandou-22/ref=nosim


検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://goo.gl/YtYlB

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (477)
この記事をはてなブックマークに追加