伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

色んな「スベル」が有ります

2012-10-31 11:21:05 | 自然現象

アメリカ東海岸に上陸したハリケーン「サンディ」は、予想された以上の被害をもたらしたようです。
変電所の爆発や、地下鉄のホームが濁流とゴミで埋まる、道路の破壊、広大な地域の浸水・・・・これから被害が明らかに成るでしょう。その被害は一兆六千億円を超えると予想されています。

ニューヨークが台風と高潮を伴う海面上昇により浸水する光景を見て思い出したのは、過去記事のビル氏の空想話でした。(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/194700908d6a1ebedf0c86cbb45735b2
まさに映画「デイ・アフター・トゥモロー」(http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=B008CDB1SM&at=isehakusandou-22)の世界が再現され始めています。
もし、このようなことが冬場に発生して異常低温が重なれば、浸水した地域は凍りつくでしょう。

でもアメリカは、とっくの昔から想定済みだと言うことです。
既にNASA の主要部は、近年にオハイオ州のデイトンに移転しており、沿岸部の米軍基地は内陸部への移動が進んでいます。
私の脳内ですが、これから「シカゴ」がNYの代わりの金融機能などを持つ巨大都市に成るでしょう。

日本では、最近の台風は大きいなあ、短時間の異常降雨が多くなった、降るヒョウが大きくなった、と思い始めている段階でしょう。
最近でも、南極と北極の氷が異常なスピードで溶け始めている報道がされていました。(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7cc8eaf814fec74ca6f9b8d9e983ff5d

これに加えまして最近の私が気にしているのは、地球全体では地磁気が減少することが継続していますので、放射線を含む宇宙からの「宇宙線を地球磁気が跳ね返すバリヤーが低下しているのではないか?」
ということです。
これが発生している証拠としては、日本でもオーロラが目撃されたり、虹色の彩雲が増えたり、夜空が何となく明るく感じることが増えるでしょう。
このような現象があれば、宇宙線が地球磁気のバリヤーを破って地上に降り注いでいると思います。
こうなりますと、飛行機のパイロットの自然被曝量が増加したり、地上ではウイルスへの抵抗力が低下して、ウイルス性風邪や色んな病気が大流行をし始めることでしょう。

そして、(1)南極・北極の巨大な重りである氷が減少することにより地球の地軸の傾きへの影響と、
(2)地球磁気の低下によるバリヤー減少により、太陽から来る電磁波が南極・北極への磁気に大きな干渉をするのではないか?
この2点から、ポールシフト
(3)地球の自転軸の傾きの変化が起こり、今の北極と南極の凍りつく地域が変化する。つまり、北極・南極が大きく移動する可能性です。
太古には、今の南極の地域は温暖だったという学説もあります。
(4)今の地球磁界でのN極とS極が交代する可能性。
つまり、方位学の占いなどは、まったく真逆になります。

問題は、このような激変が、どのくらいの期間で発生するのか?と言うことです。
私が思いますには、来年2013年に伊勢神宮(天津神)と出雲大社(国津神)の遷宮(せんぐう:建て替え)が同じ年度に発生するという過去の歴史でも稀有なことが日本で起こります。
異種のモノ同士が同時に更新時期を迎えます。

ここで、日本の民間伝承にある歌「夜明けの晩に、鶴と亀がすうべった」が浮かびます。
伊勢神宮=天から飛来した天津神=鶴=南極
出雲大社=地に太古から存在した国津神=亀=北極 (ウシトラの鬼門金神=国常立太神)
この大きな二極が、2013年にスベル=統べる=滑る・・・・と響いて来ます。

「滑る」に関しましては、ポールシフトに関する兆候現象が起こり始めるのが来年ではないか?
と、私は想定します。
とにかく、2013年~2014年は、大自然や国家間の現象におきましても、重要な転換期に成ります。
これを無難にするのが、多くの人間が発する感謝の「磁気」だと感じます。
無難にして行きましょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (514)
この記事をはてなブックマークに追加

聞こうとするだけでも立派です

2012-10-30 11:38:40 | 老子の言葉

老子の言葉 第三十五章

(独自の超訳)

大いなる真理(道)を胸に抱きながら社会を歩いて行きますと、どこに行こうとも害に遭うことが無く、
心は平安にして大安心です。

美しい音楽と美味しそうな食事には、旅人も足を止めます。
しかし、道行く人に真理の言葉を呼び掛けましても、つまらなくて味気無いので誰も足を止めません。

このように真理とは、見ようとしても見えず、聞こうとしても聞くことが出来ないものです。
しかし、真理を心に持って生活すれば、無限の働きをしてくれます。

原文
執大象。天下往。往而不害。安平大。
楽與餌。過客止。道之出口。淡乎其無味。
視之不足見。聽之不足聞。用之不可既。」

(感想)
人間にとって一番に大切なモノは何か?という問い掛けでもあります。
一時の音楽や美味しい食事は、たしかに私たちの心を楽しませてくれます。
しかし、その後はどうなのか?と言うことです。
一時の楽しいことばかりを追い求めていますと、それが無い時はどうなのでしょうか?
心が平安で居られるのでしょうか?

そして、人間にとって本当に一番大切なモノは、それが分からない見えないモノであり、多くの人間がそれを素通りしているのです。
老子は、真理を「道」という一言で表現されています。
では、道とは何なのでしょうか?

単純に「道」という漢字からイメージされますことは、
(1) 「歩くこと」
(2) 「紆余曲折しても1本にどこまでも続く」
(3) 「自然の中」
このように思います。
これは、人の人生そのものではないでしょうか。
そして、人それぞれに応じた道(真理)が存在するのです

だから老子も、「これが真理だ」とは決して断言されません。
それをあえて言うならば、
「道行く人に真理の言葉を呼び掛けましても、つまらなくて味気無いので誰も足を止めません」
と表現するモノなのです。

しかし、このようなブログを読んでいる読者は、「聞くために足を止めてみた」稀有な人々でもあるのです。
他のサイトには、芸能関係、飲食、SEX、うわさ話、・・・・何でもあります。他の多くの人間が、そのような場所に足を止めて楽しんでおられます。
でも、このブログを読む方は、
「どこに行こうとも害に遭うことが無く、心は平安にして大安心」
へと自分自身を導く道とは何なのか?と皆さん足を止めて、これを読んでおられます。

それは、音楽や食事という外部に存在するモノではなくて、自分「だけ」の心の中に存在するのです
だから、どこに行っても一心同体なのです。
そして、自分の心を安心させる最善は、伊勢白山道にとっては、
(1) 自分の心中に居る大いなる存在へ、生かされていることを感謝すること。
(2) 肉体を借りた先祖と、縁ある家系に日々感謝すること。
なのです。
皆さんなりの尊い道が存在することでしょう。

とにかく一番に大切なことは、自分の心中に「道」を求めることなのです
他人の先生や物に求めては、決して生けません。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (469)
この記事をはてなブックマークに追加

大いなる無名の功労者

2012-10-29 11:43:18 | 老子の言葉

老子の言葉 第三十四章

(独自の超訳)

根源存在(大いなる真理)とは、どこまでもすべてに行き渡って満ちており、万物を自然に左右させています。
万物は、根源存在に頼み込んで世に生まれるのでありますが、根源存在はそのことを恩に着せることがありません。
根源存在は、無名のまま黙って陰で、万物を上手に育ててくれます。
そして万物を育てても、根源存在は支配者を名乗らずに隠れたままです。

根源存在は、常に無欲なのです。だから、その御働きは隠れているために小さすぎて見えません。
しかし、万物を生み出して育てていても、万物の主人であると名乗り出ないとは、ほんとうの大いなる存在だと言えるでしょう。
根源存在は最後の最後まで、自分から大いなる存在だと名乗り出ることがありません。
だからこそ、ほんとうに大いなる仕事を陰で成すことが可能になるのです。

原文 
「大道汎兮其可左右。萬物恃之而生而不辭。
功成不名有。衣養萬物而不爲主。
常無欲。可名於小。萬物歸焉而不爲主。可名爲大。其終不自爲大。故能成其大。」

(感想)
この章で老子は、非常に大切なことを仰っています。
世の中で有名になる人物の陰には、その方よりも偉大な無名の功労者の御蔭が存在するということでもあります。
会社を大きくしたのは、ただの事務員さんの陰での配慮が大きかった、
流行る病院の陰には完璧な清掃員が居る、
活躍する政治家の陰には、もっと優秀な秘書官が居た、
・・・・このようなことが世の中には色々と有るでしょう。

また、社会的に有名人に成れば、その行動が逐一と監視されて自由な行動がし難いでしょう。
無名であるからこそ、目的への行動がしやすいのです。
真に社会貢献された方々は、無名のまま社会から消えて行かれているのでしょう。これが世の中かも知れません。
自分自身のことを宣伝するよりも、貢献するという実践に重きを置くからです。

この章でのメインは、老子様が
「神というモノは名乗り出た時点で、それは神では無い」
ということを仰っています。
その意味の説明が、この章の全部を掛けてされています。
これは本当の真理だと思います。
サニワ(霊的な判断)としても、低級な存在ほど大きな神名を自称する事実があります。

ましてや人間が、私が神の化身だ、救世主だ、などと自称する者がいれば、それは笑い者(物)にしか過ぎません。
この意味では、精神世界の先生で顔を出す人間には本物はいません。それで飯を食う必要がある、他の商売に利用する必要があるから表に出るのです。今までに有名人で本物を視たことが一切ありません。
ほんとうに国を支えているのは、無名な一般人の方々が懸命に生きる努力をしている御蔭です。
悟りや目に見えない事、証明できない奇異で飯を食う人間が国民の1割にも成れば、その国は破綻するでしょう。
それを行う人間が増えれば国が滅びるような物事とは、間違った魔界の行為である証拠なのです。

この章は、子供を育てる親のことでもあります。
子供を育てても、それがアタリマエであり親は感謝もされない時代に成ってきています。
親への感謝が減る時代とは、殺伐とした治安の悪い時代にも成るものです。
与える一方の存在の御蔭で、世の中は育って行くのです。
自分の身の回りでも、感謝もされていない方々の存在に気付きましょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (417)
この記事をはてなブックマークに追加

継続させる大きな意志を信じること

2012-10-28 10:58:05 | Weblog

今朝に感じましたことは、尖閣問題もしばらく平穏に成るか、より深刻になるかの分岐点に来たと思います。
最近に日中両国を訪問された、米国のリチャード・リー・アーミテージ氏(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8
の忠告を、日中両国がどれほど強く受け止めるかにより運命が分かれると感じます。

アーミテージ氏を視ますと、米国の実質的なアジア担当大臣であり、米軍を動かす「引き金」を持つ御方だと感じます。
次期米国大統領が誰に成っても、アジアについてはアーミテージ氏の陰の影響力が維持されるでしょう。
その理由は、彼の背後には軍産複合体(ぐんさんふくごうたい:軍需産業を中心とした私企業と軍隊、および政府機関が形成する政治的・経済的・軍事的な勢力の米国の陰の連合体)が存在すると感じるからです。
大統領御自身も、軍産複合体の意志で決まって来たのが米国の歴史だと感じます。
つまり、アジアについては、米国大統領以上にアーミテージ氏の意志で決まると思います。

大統領候補のロムニー氏が、日本について関心が少ないと心配されていますが、それは逆であり、アーミテージ氏側から下手なことは発言しないように通達があったからだと思います。
日本の有名な若手サラブレッド議員が、米国に留学していた時にお世話をしたのがアーミテージ氏と背後のグループが関係すると思います。
議員は、外見も含めて非常に可愛がられており、米国側も若い彼の意見は聞くでしょう。将来が楽しみです。

日本の外交としては、このような「実質的に現場を統括する人間」が来日された時は、丁重におもてなしをして対応するのが真の国益だと思います。
アーミテージ氏は頭脳も明晰です。ベトナムの言葉を流暢にこなし、日本語で論文を書く人でもあります。
ベトナム戦争の激戦地で生き残るという修羅場を見た人間でもあります。そのために、多くの生死に関与した呵責から、ベトナムの子供を養育もされています。
そして、非常に日本のことがアジアの中でも特に御好きなようです。

アーミテージ氏は、羽織袴と脇差しの日本刀が似合います。心から好きだと思います。武士道の精神に関心が深いでしょう。だから、あまり何回も忠告させますと、ほんとうにアッサリと動き始める怖さがあります。
ロシアのプーチン大統領とも似た面を持たれますので、このような両氏と日本は有効な外交を重ねるのが真の政治家の御仕事でしょう。
こうした努力がムダな戦争を抑え、近隣諸国とも穏便に過ごせる平和な時代をもたらすと思います。

とにかく地震についても紛争にしても、日々、平穏に調伏(ちょうぶく:抑えること。改善させること)させようとする力と、逆に隆起させる力が拮抗しています。
調伏させる大きな力の発信源は、2012年に伊勢神宮に再臨した皇女・倭姫(やまとひめ)でもある真剣な黒田さんの存在が非常に大きいです。
若いサラブレッドの議員も含めて、役者がそろっている奇跡を見ましても、日本の意味不明な幸運は継続しています。
この継続を維持させるには、日本の多くの住民が「生かされている」ことへの感謝をして行くことが大切なのです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (505)
この記事をはてなブックマークに追加

自分なりで大丈夫ですよ

2012-10-27 11:07:10 | 老子の言葉

老子の言葉 第三十三章

(独自の超訳)

他人のことを知る人間は、普通の物知りな人です。
しかし、自分のことを知っている人間は、とても聡明な人物なのです。

他人に勝つ人は、力があります。
しかし、自分自身に勝てる人間は、ほんとうに強い人物なのです。

どんな現状にも満足することを知る人間は、ほんとうに幸福な人です。
自分の願望が強すぎる者は、無理をしてしまうものです。

自分なりのマイペースを失わない者は、なんでも長続きをします。
さらには、自分道を生きる者は、死後も永遠の命を生きるのです。

原文
「知人者智。自知者明。
勝人者有力。自勝者強。
知足者富。強行者有志。
不失其所者久。死而不亡者壽。」

(感想)
老子が、
(1) 「自分のことを知りなさい」
(2) 「自分に勝ちなさい」
(3) 「足るを知りなさい」
(4) 「自分であり続ける人は、永遠を生きることになります」
と仰っています。

私たちは「自分を」生きているように思っていますが、「他人の視線のために」生きていることがあります。
他人の視線を気にして、ブランド品を買うために苦悩する、借金をする。
家がボロ屋に見えるので、まだ住めるのに無理な借金をする。
他人の視線のために、人前で自分の子供を叩く。
などなど、色んな他人の視線を気にするがために、無理な生活を自分で演じることがありがちです。

一般的な身だしなみのエチケットを気にすることは、人間として大切です。
しかし、他人の視線のために、自殺までする人もいます。このような人は、ほんとうに自分を生きていたのでしょうか?
他人の視線という、自分が作りだした幻想の中を生きていたのではないでしょうか。

どんな最貧国でも、子どもたちはキラキラと目を輝かせて嬉々としています。
大人に成るにつれて、目の輝きが死んで行きます。他人の視線のために生きるからではないでしょうか。
日本の朝の通勤電車では、目が死んでいる人も中にはおられます。
では、どうすれば良いのでしょうか?

それは、どんな過酷な環境の中でも、上記の4つを意識して生活しますと、自分自身を「保てる」ヒントに成ります。
この4つを真に極めれば、その人は永遠を生きるようになると老子が示唆しています。
この章では老子が珍しく、寿命と死後について示唆しています。
このような箇所が、後世では老子は「仙人になるための道」を説いたなどと間違った解釈をされてしまったようです。

しかし老子が言う真理には、コノ世で「仙人になる」という姑息な意味などなくて、もっと大きな意味があります。
人間は、自分オリジナルの磁気=「気」を、自分の「生活の中で」こそ色んな視点から養うことが出来るのです。
どんな嫌な生活の場でも、自分の「気」(オリジナル磁気)を高める修行場にすることが出来ます。
そして、自分という者を真から理解すれば、それはいきなり宇宙全部を知ってしまうことに成るのです。
段階など無いのです。いきなり全部を理解することに成ります。

他人の気を金銭で自分に注入すれば、その人はオリジナル磁気を亡くして早く老化し、永遠を生きることが無いでしょう。限定された迷いの世界に生きることになります。
まさに上記で説明した、「自分を生きていないからです。」
自分の生活を楽しみ感謝をしましょう。それが最も答えに近かったのです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (461)
この記事をはてなブックマークに追加

宝の国だった

2012-10-26 10:47:43 | Weblog

今朝に感じましたことは、日本列島が資源的にも宝の山だということでした。
九州の長崎県と男女群島の間の海域には、膨大な原油が眠っているのを感じます。それも長崎県の沖合に近い場所にです。
もし海底油田の採掘に成功すれば、九州本土へ海底パイプラインで結ぶことも出来るほどの近い距離に感じます。

今もモメている朝鮮半島から延びる大陸棚の海域や、尖閣諸島の海域ではなくて、長崎の目と鼻の先に太古から用意されていたような莫大な原油の巣を感じます。その量はアラブ諸国に匹敵するような巨大な埋蔵量を想像します。

最近に秋田県で深層の岩盤からシェールオイルの採掘に成功したことが話題になりましたが、これは非常に日本列島を傷付ける行為だと思います。
大量の塩酸系の薬剤を岩盤に注入して、岩を溶かして採掘するからです。地下水の汚染と、岩盤の空洞化を引き起こすと感じます。
大地が痛がるようなことを日本国土でしますと、やはり地震への懸念を思います。
これと比較しましても、長崎県沖の海底油田は有望です。
科学的にも油田の存在を裏付ける証拠が出れば良いなと夢想します。
日本から新次元の電磁波変換の無限エナジー・システムが誕生するまでの過渡期として、今はまだ地下資源が必要です。

もし工業輸出大国である日本が、原油の量産国にも成りますと、これは大変なことに成ります。
アラブ諸国は、原油を売るだけでも裕福に成ったのです。日本は、これを製品に変えて数倍にして売ることが出来る工業大国です。
日本の莫大な借金などは、すぐに霧散してしまうでしょう。
そして、原発を廃止して、安全な原油の火力発電に切り替えることが可能に成ります。

燃える海底に眠る氷と呼ばれます、メタンハイドレートにしましても、浅い日本海に膨大に存在するにもかかわらず、なぜか海底が深くて採掘が困難な太平洋側ばかりを大金を投じて調査するという不可思議な行為を国がしていました。
もし、これが他国への配慮だったならば、憂慮するべきものが根深いです。

日本は、水資源の豊富な大国でもあります。
水=精霊でもあります。これから精霊への感謝の無い国からは、水も消えて行くでしょう。
日本ばかりがなぜ?ということに成る可能性があります。

国家が裕福に成れば、完全な福祉国家、そして他国にも貢献することが出来る国に成ります。
世界平和に貢献する国に成るためには、まず自国が安定することからです。
日本国のことを真に愛して思ってくれる政治家がたくさん出ることを期待しましょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (358)
この記事をはてなブックマークに追加

何事にも原木=原因が存在しています

2012-10-25 11:21:21 | 老子の言葉

老子の言葉 第三十二章

(独自の超訳)

道=真理とは、どの時代でもそれを名付けることが出来ません。
真理とは、まるで切り出した小さな原木のようなものなのです。
しかし天下が広いと言いましても、真理の原木を上手に使いこなせる人はいません。

もしも王様が、何にでも加工出来る原木のような真理を身に付けることが出来れば、
まさにコノ世の万物が自ら進んで王様に従うことでしょう。
つまり、天と地が和合して豊富な農作物を国にもたらし、人民に命令しなくても自ら王様に自然と従うように成ります。

原木を切り分けて加工しますと、それぞれが名前を持つ色んな道具に変わります。
個別の道具が生まれれば、その道具から更に別の名前を持つ物が生まれ出ます。
もうこの時点では、最初の「原木の姿」=真理が分からなく成ってしまっています。
だから人間が真理(道)を知ることが難しいのは、加工されて名前が付けられたモノばかりを見るからです。
キレイに加工された木製品から、元の原木の姿を見ることが難しいのと同じなのです。
この理屈を人間が理解しますと、その人は人生を安全に迷うこと無く歩くことが出来るでしょう。

このような真理(道)の姿をコノ世の大自然の姿で表現しますと、
川の流れや谷川の水が大河を経て海と繋がっているように、
「すべてが繋がっている」のが真理なのです。

原文
「道常無名。樸雖小。天下莫能臣也。
候王若能守之。萬物將自賓。
天地相合以降甘露。民莫之令而自均。
始制有名。名亦既有。夫亦將知止。知止所以不殆。
譬道之在天下。猶川谷之於江海。」

(感想)
この章を訳すには、霊的な世界や真理についての「体験」を持たない人間には難しいでしょう。文法に従って解釈すれば、奇妙で奇天烈な誤訳になります。
この真理についての老子の言葉ほど、コノ世の実相を表現したものを他に見ません。

例えれば、仏教の御経が良い例です。
釈尊の死後に数百年も経過してから編集されたインドの言葉での経典を、その意味よりも「発音」を中国語などに何回も何回も変換に変換を重ねて御経は出来上がっています。老子が言う、原木を加工して色んな道具を造るようにです。それを日本では釈尊の言葉だと思い込んで信じています。
御経から釈尊の本当の思いをたどるのは、至難なことでしょう。
もし、釈尊が現代に生き返れば、日本で広まる御経を聞いても意味が分からないでしょう。
このようにして、本当の真理というものは、隠れてしまうのです。このことを老子が最初に指摘しています。

私たち人間は、色んなことで悩みます。
私たちは、目の前の「その悩み」だけを見て悩んでいます。
しかし、加工されて出現した「その悩み」にも、原因となる元の原木が誰にでも必ず有るのです。
だから目の前の悩みを解決する、自分が納得するためには、悩みの元の原木を見よう・探そうとする視点を持つことが人間には大切なのです。
目の前の悩みだけを見て悩んでいますと、悩みの元の原木がそのままなので、再び必ず同じような悩みがリピート再生をするのです。
その悩みの原木(原因)は何か?を見る視点を持ちましょう。
このような視点を持った人間は、人生を安全に渡ることが出来ると老子が言っています。

そして最後に老子は、コノ世のすべてが連動している、繋がっていることが真理の姿だと言います。
川の流れを見ただけで、見たこともない海の姿を想像できますか?
逆に海を見て、それに繋がる細かい川の存在を思いやって想像することが出来るでしょうか?
人間が生きるとは、このように色んな繋がりを想像することも大切なのです。

これが出来るためには、人間は「思いやり」「愛情」「感謝の気持ち」を持つことが大切なのです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

※今日、明日と地磁気の高まりを感じます。防災意識を持って、自分の居る場所を静観して生きましょう。
過労の蓄積にも注意して、短い休息・仮眠も挟みましょう。

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (406)
この記事をはてなブックマークに追加

他人の不幸を喜んでは生けない

2012-10-24 12:15:23 | 老子の言葉

老子の言葉 第三十一章

(独自の超訳)

軍隊というものは不吉な道具であります。だから誰もがこれを嫌うものです。
つまり、人間の道徳を求める者は、軍隊には居り辛いものです。
君子(王様)は、平和な平時には左側(東の方向側)の席にいることを好みますが、
軍隊を使う時は右側(西の方向側:太陽が沈む冥土の方向)の席につくものです。死を覚悟するからです。

だから軍隊とは不吉な武器であるので、君子が使うべき道具ではありません。
やむを得ずして軍隊を使用するときは、あっさりと使用して深追いをしないことが最善です。
そして戦いに勝利しても、これを賛美してはいけません。
もしも賛美する者がいれば、それは人殺しを楽しんだことになります。
そのような人殺しを楽しんだ人間は、自分の希望が社会で叶えられることを天が絶対に許しません。

一般的に吉事には左側(東方向)を上座として、葬式などの凶事には右側(西方向)を上座とします。
軍隊でも副将軍は下座の左側に着き、将軍は右側に着席します。
つまり葬式の作法に従って、戦いの任務に臨むということです。
多くの民衆を殺せば、悲哀の心をもってこのことを悲しみ、戦いに勝っても葬儀の礼儀をもって誠意を尽くすべきなのです。

原文

「夫兵者不祥之器、物或惡之、故有道者不處。
君子居則貴左、用兵則貴右。兵者不祥之器、非君子之器。
不得已而用之、恬惔爲上。勝而不美。而美之者、是樂殺人。
夫樂殺人者、則不可以得志於天下矣。吉事尚左、凶事尚右。
偏將軍居左、上將軍居右。言以喪禮處之。
殺人之衆、以悲哀泣之、戰勝、以喪禮處之。」

(感想)
この章で老子は、殺人の中でも「楽しんで人を殺す」ことが最も悪いことだと示しています。
老子の時代にも戦争が多発して、その中で殺人を楽しむ兵隊を数多く見たのでしょう。老子は、征服された民衆の無残な死体を見て、殺人を楽しむ兵隊が許せなかったのです。
今の時代でも、本当の戦場では同じように人間の悪いサガが実行されているのが実態でしょう。
現代の日本には、国を防衛することも反対する人間が多く居ますが、人間の悪いサガの被害に家族が遭えば、なんと言うのでしょうか。

人間は生きていれば、交通事故、医療事故、登山、・・・・と何時でも自分が原因となる他人の死を招きかねないものです。誰もが過失による殺人者になる可能性を秘めています。
しかし、これは殺人を楽しんではいませんから、仕方がないことです。自分が生きる限り、故人への謝罪の気持ちを持ち続けて供養をしていけば良いことです。

第三十章の話と共通しますが、人類の中に「殺すことを楽しむ意識」が消滅しない限り、戦争は起こる可能性があります。
食用のためでは無い、趣味での動物の狩りも同じです。
現代人にも小動物を虐待することで、自分のストレスを発散させようとする人間がいますが、これも同様に非常に罪深いことです。本人の良心がすべてを見て記録していますから、必ずすべて本人に帰ります。
人間一人一人が、「他人の死を楽しむ」ことよりも「生を育てる」ことに真から喜びを感じることが重要です。
人類全員がこのような意識になれば、戦争は自動的に無くなります。

人間が、他国の悪口や他人の悪口を楽しんでいる間は、まだまだ先が長いようです。
だからこそ、まずは自分一人から「始める」ことが大切なのです。
これが真に世界平和を呼びます。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (488)
この記事をはてなブックマークに追加

先ずは家庭から始まります

2012-10-23 10:55:11 | 老子の言葉

老子の言葉 第三十章

(独自の超訳)

人道的な良心をもって君主(王様)をサポートしている真に優れた官僚(政治家)は、
軍隊をもって社会を制圧しようとはしません。
もしそんな支配を民衆にすれば、必ず国家に跳ね返るものです。
国家に軍師が居れば、その国の農地は紛争のために荒れ果てることに成ります。
だから大きな戦争の後は、必ず凶作となり国家が飢えることに成ります。

もし善い優れた官僚が国家にいれば、戦争をしなくても目的を果たすことが出来ます。戦わずして勝つのです。
そして勝利しても誇らず、勝利しても自慢せず、勝利しても驕らずに、やむを得ず実行しただけだと言います。
そして勝利しても、相手に更なる強制的な支配をしようとはしません。

コノ世の物事は、強制することは必ずダメに成って行きます。
このことを「不自然な道」と言います。
不自然な道は、早く終わりを告げるものなのです。

原文
「以道佐人主者。不以兵強天下。其事好還。
師之所処。荊蕀生焉。大軍之後。必有凶年。
善者果而已。不敢以取強。
果而勿衿。果而勿伐。果而勿驕。果而不得已。果而勿強。
物壮則老。是謂不道。不道早已。」

(感想)
二千五百年前と、今の国際社会はまったく同じレベルですね。
現代の国連を見ましても、核兵器や強大な軍事力を持つ大国同士においては、「話し合い」「暗黙の妥協」という、戦わずしての交渉が出来ているレベルです。
今の人類は、武器を背景に持たなければ、「戦わずして勝つ」ということが調整できないレベルに過ぎません。
何時になれば、武器を持たなくても冷静な話し合いが出来る人間の意識に成るのでしょうか?

この章で老子が述べていることは、今の官僚や政治家があるべき理想の姿でしょう。
考えて見ますと、これは家庭問題でも言えることなのです。
家族の中でも力の強い者が、他の家族を暴力と恐怖で縛る事件が社会で多発しています。
もし家庭でも、力の強い者が2名いますと、国家と同じように冷戦状態に成るのでしょう。でも、たまに衝突して事件に成っています。

つまり、先ほどの「何時になれば武器なしでの世界平和が来るのか?」という問い掛けの答えは、私達の家庭に有るのではないでしょうか。
人間の家庭内から理不尽な暴力が消えた時に、世界平和が自然と到来するのです。人類のサガを表す縮図が、家庭なのです。
1つ1つの家庭や個人の意識が、国家や地球の状態に反映すると感じます。

家族や他の人間を傷付ける・搾取する・利用する、という意識が個人個人から消えれば、国家全体でも消えていくのです。
だから、家族を放置したままで「戦争反対」「世界平和」などのプラカードを持って「外」にいる間は、いつまで経っても戦争は無くなりません。家族を放置しても平気である人類の意識レベルだからです。
家族のことが心配になり、自然と家庭に戻り始める時節が、本当に平和が到来するサインです。
これは、家族を放置して外で信仰している間は、自分の心に存在する本当の正神には気付けないことと同じなのです。

日本が今でも存在出来る理由は、運でしかありません。たまたま幸運が継続しているだけなのです。
いつでも簡単に運勢は変わります。
まだ運を継続させるモノが、日本にナントカ残存してくれているお蔭なのです。
その正体は、先祖や自然・大地に「感謝する気持ち」と、御祭りの風習が残存するからです。

しかし私は、兵器でも「運」には勝てないと思っています。
「たまたま、そう成る」「そう成って行く」とは、本当に凄い力なのです。人知を超越しています。
老子は、このようなことを「自然に任せる」と言っています。
ただし、自然に「本当に」任せるためには、今日の章でも老子は

「勝利しても誇らず、勝利しても自慢せず、勝利しても驕らずに、やむを得ず実行しただけだと言います。
そして勝利しても、相手に更なる強制的な支配をしようとはしません」

と言っています。つまり、自分がするべき努力の実行と、自戒が大切なのです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (539)
この記事をはてなブックマークに追加

他人の目の中で生きるな

2012-10-22 11:12:22 | Weblog

最近の心が弱っている方々を視ていて思いますのは、
「他人の視線を過剰に気にしている」 「他人の視線の中で、自分が生きている」
このような方が多いと感じます。
要するに「自分が無い」「自分を生きていない」のです。

これは、自分の心中以外に神仏を求める外在神信仰と似た「結果」を招きます。
他人の視線の中で生きることは、自分の心中に神仏を見ようとしない事と同様であり、今の地球の波動、特に日本列島の波動を観ましても、これは色んな意味で心身の弱体化を引き起こすことでしょう。
今の時節は遺伝子の進化の意味でも、自分のオリジナルな磁気を持つモノが生き活きとし始めます。

(問)仕事で他人にバカにされます。どうすれば良いのでしょうか?

(返答)怒られたり、指摘されたことを改善する努力を自分がしていれば、それで十分です。
あなたは改善する自助努力をしようとはせずに、なぜか他人から言われて「しまった」ことばかりを心中で反復させています。
自分の虚栄心が、他人から言われることを許していないのです。

その自分の虚栄心こそが、破壊するべき自分の悪い自我(じが:ワレヨシ)です。
人間の人生には、悪い自我を失くすために生まれて来るという大切な目的もあるのです。
逆に言えば、自分が出来る努力を思いっ切りしていないからこそ、他人の暴言が気にも成るのです
自分が最善を尽くしていれば、そのようなことを言う他人も気の毒な人間であることが見え出します。
自分自身がどこまで努力出来るのかを、まず見詰めて見ましょう。

(問)私のような仕事が出来ない人間は、会社の経営や同僚の迷惑になるので辞めたいのですが?

(返答)安月給のあなたが、どうして会社の経営まで考えるのでしょうか?
それは上司や経営者が考えるべき大切な仕事です。
「採用された」あなたは、自分が出来る努力をしましょう。あなたを使いこなす努力や育てる責任が、採用者側にも有るのです。あなたは、自分の進退を会社の好きにしてくれという「お任せ」の心境で良いのです。
失業保険的にも、クビは一番に有利です。保険的にも次の就職の意味でも、自主退職は最悪です。

あなたの心中は、「自分は努力しても出来ないだろう」という、自分が努力する前から既にあきらめています。
そのような事は、入社した誰もが最初は思うものなのです。しかし、日々懸命に努力していれば、すべては必ず変わって行くのです。私も入社した最初の頃に、あなたのようなことを考えていたことが、今では良い思い出に変わっています。私は自分の寝汗で布団の下の畳に人の形が出来るほど、苦悩しながら努力をしました。
このような経験が、自分自身を霊的にも大きく成長させる原因と成ります。コノ世での苦労とは、ほんとうに価値が千金であるのが霊的な真実なのです。
自分から辞める理由を捜す前に、先ずは自分の最善を尽くすことを、考え込む前に実行しましょう。

他人の価値観の中で生きずに、自分の価値観で生きましょう。
死ぬ時も、どうせ人間は一人なのです。他人の視線を気にして生きれば、後で大後悔します。
自分を見詰めて生きることは、自分が大往生する練習にも成るのです。
他人や外の神仏を頼って生きていれば、死ぬ時は必ず不安に成るのです。
自分の心に神仏が「既に」居られることを知って、短い人生を思いっ切り生きましょう。そうすれば、すべてが楽しい思い出に必ず成ります。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (498)
この記事をはてなブックマークに追加

老子の言葉 第二十九章 補稿

2012-10-21 11:42:52 | 老子の言葉

「人間とは、自分が天下を取ったと思った瞬間から、次の崩壊が始まっているのでしょう。」

「人間は、中間・中立の状態が大切なのは間違いではないが、自分は天下を取ったと「区切り」を意識したり、
中間で居ようなどと思った瞬間から、既にそうでは無いのです。

自然な流れの最中に、自然に中間で居ることが大切なのです。
人間は、何かの最中に居続ける限り、成長をします。」

人間は、何かを「しよう」と思い続けている最中は、歳を取らないと言いますか、真剣に何かに没入している間は時間が止まると私は感じています。
人が何かに熱中していて、ふと気が付くと半日も過ぎていたような経験は、誰にでもあるものです。
その人の体内時計は、本当に半日も静止していたのではないか?と私は思うのです。

つまり、いつまでも若く見える人とは、余計な雑念の思考が少なくて、淡々として継続した何かに「熱中」「没入」「~をしよう」という「状態」が多い人だと思うのです。
それでも肉体は誰でも加齢をして行きます。それは、熱中が冷めている時間や、没入が解かれた時間がどうしても生じるからではないでしょうか。

逆に言えば、年齢よりも老けて見える人とは、
(1)行動せずに、脳内で悩んでいる時間が長い人。
(2)熱中するものが無い、何かに没入することが無い、~をしようとする時間が少ない人。
このように感じます。
ただし、肉体や外観が老化しようが、気持ちだけは永遠に若くいることが可能ですし、それは自己責任だと思います。

私の知人に車とバイクの修理屋さんがいるのですが、彼の実年齢は50を超えていますが、誰が見ても30代にしか見えません。
彼は若い時から、とにかく車とバイクに触っていることが嬉しくて、修理のために手が油まみれに成っている間は心が嬉々としていると言います。
自分の趣味=仕事とは、ほんとうに幸福なことです。

しかし大半の人間は、仕事=嫌な事であるのが実態です。子供でも、勉強=嫌な事の子供が多いです。
では、どうすれば良いのでしょうか?
(1)嫌なことの中にも、自分の好きなことや、生きがいを見つけることが出来れば最善です
私の場合は、仕事は集中する実験場・自分の修行場だと思い、さらに給与がオマケで頂けると思いました。
ただ一般的には、嫌な事を好きに成ろうと思い込もうとしましても、老子が言う自然体には成れなくて、やはり無理があります。

嫌な仕事、嫌いな環境であるのは自分の生活のために仕方がないと思い、
(2)それでも、仕事に集中することを心掛けること。
(3)仕事中に他のことを考えて、心が漏電することを少なくすること。
(4)それでも生活できることに感謝の思いを持つこと。
などが大切だと思います。

このようにして人間は、何かの「最中」に居ることが多くなれば、時間を超越した永遠を生きることに繋がると私は感じます。
人が死ぬ時も、その人の心が思っている最中の方向へと進むと思います。
このためには、普段から「良いことを思う」最中を繰り返していることが一番に大切なのです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (487)
この記事をはてなブックマークに追加

かたよらない自然な中間が大切

2012-10-20 12:06:51 | 老子の言葉

老子の言葉 第二十九章

(独自の超訳)

まさに人間は、天下を取ろうと欲張って頑張りますが、私は人間が天下を取ったのを見たことがありません。
天下や社会とは、神様の意志を受ける容器であって、これに対して人間が何かを為そうとしたり、支配しようとしても、そうは成らないのです。
天下に何かを為そうとする者は必ず失敗し、天下を取ろうとする者は大きなモノを必ず失います。

この世の物事というものは、誰かが天下を取ろうとすれば、同様に他者も天下を取ろうと現れます。
物事には、弱い勢いの時もあれば、強い勢いの時もあります。
強いモノもあれば、弱いモノもあります。
育てる者も居れば、それを壊す者もいます。
このような様々な状態が混ざることが自然であり、これを人間が統一することなど不可能なのです。

だからこそ聖人は、やりすぎる事を避け、おごり慢心することを捨て去り、なまけることをしません。

原文
「將欲取天下而爲之、吾見其不得已。天下神器、不可爲也、不可執也。
爲者敗之、執者失之。凡物或行或随、或歔或吹、或強或羸、或培或隳。
是以聖人去甚、去奢、去泰。」

(感想)
人間とは、自分が天下を取ったと思った瞬間から、次の崩壊が始まっているのでしょう
過去の歴史を見ましても言えることであり、国や企業や個人の栄枯盛衰を見ましてもしかりです。
しかし、これを避ける、良い状態を継続させる方法が、ただ1つだけ存在します。

古代ギリシャの哲学者アリストテレスの場合は、人間の行為や感情を調整する美徳として、メソテース(中間にあること)を言いました。
人間は、「中間であること」を意識することが、自分自身を最善に誘導するという考え方です。

フランスの科学者・思想家であるパスカルも、人間は「中間を意識すること」が最善な存在だと示唆しています。
心と肉体を持つ人間というモノを分析し尽くした結果、人間はすべての意味において、「中間という状態」が最善であり最も安定的だとしました。

さらに古くは、釈尊がズバリと「中道」(ちゅうどう)、つまりどんな物事にも偏らない・執着しないことを歩む生活が、悟りに至る人間の必須条件だとしました。
日本の神道でも「中今」(なかいま)と言い、今のこの瞬間・瞬間こそが過去・未来を集約した中心点であり、すべてが集約している「最中」だとしました。これにも生活の中の「中間」を意識することが含まれています。

儒教では、孔子の孫である子思(しし)が「中庸」(ちゅうよう)として、「過不足なく偏りのない徳」を意識して生活することを言いました。
このように、古代から世界中の色んな賢者・聖人が、「何事にもほどほどの中間」を意識することの大切さを示唆しています。

しかし、この章で老子は、もっと大きな自由な「中間」を言っています。
「中間を意識する縛りも不要だ。そんなことを一々考えて生活することも愚かな中間だ。
それよりも物事を支配しようとするな。何かを持とうと悩むな。
幸福も不幸も、その来る自然な“流れ”を楽しめ。
そう成れるためには、
やりすぎる事を避け、おごり慢心することを捨て去り、何事にもなまけることをしないことだ」
このように老子の気持ちを感じます。

つまり人間は、中間・中立の状態が大切なのは間違いではないが、自分は天下を取ったと「区切り」を意識したり、中間で居ようなどと思った瞬間から、既にそうでは無いのです。
自然な流れの最中に、自然に中間で居ることが大切なのです。
人間は、何かの最中に居続ける限り、成長をします。

かつて日本は、総中流家庭だと国民が思えた国です。
大半の家庭が、普通の生活は出来ていると思えたのです。
これこそは今の地球世界を見ましても、東方に出現した歴史的にも奇跡の国家だったのかも知れません。
金の有無だけでは無く、思想的にも権利としても人間の身分としても、国民が総「中流」だと思えたことは、本当に有り難いことなのです。
このような日本が継続することを希望します。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (410)
この記事をはてなブックマークに追加

人間は純朴さが大切

2012-10-19 11:05:50 | 老子の言葉

老子の言葉 第二十八章

(独自の超訳)

男性的な強さを持った上で、女性的な母性の心を保つことが出来ますと、
その人は社会の成功者と成ることが出来ます。
社会的な成功者と成れば、常に社会貢献を重ねる徳積みを行い、その人は赤子のような純粋性をだんだんと取り戻します。

表面的な他人から見える生活を知られるだけではなく、隠れた私生活でも道徳を守っていれば、その人は社会の模範と成ります。
社会的な模範の人と成れば、さらに徳の有る生活を行い、善悪も白黒も無い中立的な悟りの心境に帰ることが出来ます。
大成功した生活を知った上でも、底辺の時の生活も忘れなければ、その人は真の成功者と成れます。

真の成功者となれば、常に徳(良心)の有る心で満たされて、大自然から出る原木のように純朴な人間に成ります。
要は、人間が成功を真に極めて至る最後の姿は、原木のような純朴な人間なのです。
従って、初めから純朴な人間が居れば、その人は社会に役立つ器と成れるでしょう。
もし聖人が純朴な人々を使うならば、組織の責任者に登用します。
そうすれば、社会は丸く収まります。

原文

「知其雄、守其雌、爲天下谿。
爲天下谿、常徳不離、復歸於嬰兒。
知其白、守其黒、爲天下式。
爲天下式、常徳不忒、復歸於無極。
知其榮、守其辱、爲天下谷。
爲天下谷、常徳乃足、復歸於樸。
樸散、則爲器。聖人用之、則爲官長。
故大制不割。」

(感想)

人間が懸命に頑張って働いて、しかも更にその中でも本当に社会的に大成功した人間が至る姿とは、
赤子のような、大自然から出る原木のような、純朴な人間であると老子が言っています。
社会的な成功を他人に自慢しているようでは、まだまだ小さい成功者に過ぎないのです。
成功する人間、成功出来る人間とは、

(1)強さの中にも、女性的な母性を持つ人間が成功します。
男性でもオバチャンのような世話焼きで、配慮が出来る経営者がいますね。

(2)老子は、人間は成功が始まり出して生活に余裕が出来始めれば、徳を積みなさいと言っています。
小さな陰の社会貢献でも良いし、身近なボランティアでも良いのです。
要するに成功するには、徳=善行というエナジーの貯金が必要なのです。
コノ世は、「原因」が有って「結果」が生じる法則が貫徹する世界なのです。
だから成功したければ、成功するための原因=努力すること・善行の蓄積が必要なのです。
原因を自分で創らずに、祈ってばかりいても全然ダメなのです

(3)逆に言えば、貧乏であろうが無力であろうが、ニートであろうが、その人が本当に真に純朴な人間であるならば、人生を懸けて大成功した人間と同じなのです。
人生で大いなる一周をして「原点」に戻って来る人間と、純朴さゆえに初めから「原点」に留まる人間のような関係です。

もし自分の子供が勉強が出来なくても、とても素直で純朴であれば、親はその子供の純朴さが消えないような育て方が大切です。
なにせ本当の社会的な成功者が最後に至る姿を、最初から維持していることは人間としての真の財産なのです。

人間は、どんなに金持ちであっても、最期の最後は「たった一人で」「財産を置いて裸で」アノ世に帰って行くことが確定しています。誰もこれを避けることが出来ません。
このことからしましても、上記のようなことは老子の理想論に聞こえるかも知れませんが、真実だと感じます。
今からでも、自分の純朴さを思い出しましょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (525)
この記事をはてなブックマークに追加

どんなことも見捨てない

2012-10-18 11:58:31 | 老子の言葉

老子の言葉 第二十七章

(独自の超訳)

本当の良い行為=善行とは、行われたとしても他人には誰がしたのか分からないものです。
真に良い言葉とは、他人を傷付けることがありません。
真に優れた計算とは、ソロバンを弾くような計算ではなくて、心で判断します。
真に優れた家の戸締まりとは、カギを掛けなくても泥棒に入る気自体を起こさせない工夫のことです。
本当の約束とは、契約書などの縛る道具が無くても、決して破ることが出来ないものです。
道具よりも、心同士の約束を取ることを心掛けます。

このようなことを良く熟知している聖人は、
常に人を救うことが出来ます。だから聖人は、他人を見捨てることがありません。
聖人は、どんな物でも上手く使いこなします。だから聖人は、物であっても見捨てません。
これが明知(めいち:真理)を知っているということです。

だからこそ、善人は悪人にとってのお手本となり、悪人は善人にとっての反省材料と成り得ます。コノ世の一切にムダが無いのです。
つまり、どんな物事であっても自分の師として尊び、それを愛することが大切なのです
このような心の姿勢が無ければ、どんな知恵者であっても必ず迷うことに成るでしょう。
以上のことを、要妙(ようみょう:不可思議な真理)と私は言います。

原文
「善行無轍迹。善言無瑕謫。善數不籌策。
善閉無關鍵而不可開。善結無繩約而不可解。
是以聖人。常善救人。故無棄人。常善救物。故無棄物。
是謂襲明。故善人者。不善人之師。不善人者。善人之資。
不貴其師。不愛其資。雖智大迷。
是謂要妙。」

(感想)
老子は、物事や人物を「活かす」こと、「再生させる」ことが出来る達人だったのでしょう。
おそらく老子の部下に、どんな使えない人間が入って来たとしましても、1年も経てば有能な部下に変身したことでしょう。
しかし部下には、自分自身が成長したことと、老子が陰で導いて誘導してくれていたことが分からないのです
真に優れた人物が居ますと、その周りの人間も自然と成長するのです。

だから逆に言えば、自分の周りにはダメな人間しか居ないという人は、まず自分自身がどうなのか?を反省するべきかも知れません。
霊的には、「類は同類を寄せる法則」から見ましても、これは十分に言える真理です。

これは家庭内の問題にも言えます。
親が子供を叱って、中には子供に絶望する親も居ますが、ほんとうに子供だけの責任と問題なのでしょうか。
大概は、その親にも問題が有ることが、第三者からはよく見えるものです。
このように考えますと、平凡な家庭であることは何と有り難くて、奇跡のようなことなのでしょうか。
もし自分の家庭が平凡では無くて大変だと思うならば、家族を非難する前に自分自身を静観して見ましょう。

この章の老子の理論から言いますと、家庭に一人でもよいから上記の真理を理解して実践する人間が居ますと、家庭全体が改善して行く可能性があります。
それは子供の一人かも知れないし、祖父母なのかも知れません。
もし、その一人が居なく成りますと、その家庭はガラリと変わってしまうことでしょう。
そうなれば、自分がその大切な一人に成れば良いのです。

そして、一番重要なことは、
どんな物事であっても自分の師として尊び、それを愛することが大切なのです」と言うことです。
ここで老子は「愛」という文字を選んでいます。
やはりコノ世は、仕事でも勉強でも他人にも、それを尊び愛して「育てる気持ち」を自分が持つことが大切なのです。
何事にも愛情を持ちましょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (466)
この記事をはてなブックマークに追加

隠れて支えている物事を大切に

2012-10-17 11:43:22 | 老子の言葉

老子の言葉 第二十六章

(独自の超訳)

重いモノには、それを支える軽いモノがその根底に陰として必ず存在するものだ。
大木を支えているのは細かい根っこであり、大国を支えているのは一人一人の弱い人間に過ぎない。
しかし、軽いモノが多く集まればこそ、大きな重いモノを支えることが可能に成ります。

物事を静観することで、多くの心配心や心のざわめきを操縦することが出来る主人に自分が成ることが出来ます。

このようなことを理解している聖人は、一日中ずっと行動しましても、働いてくれる荷物を積んだ馬車の側を離れようとはしません。
下で働く人間や動物たちの労働の御蔭を知っており、またこれが自分の財産を守ることを知るからです。
また聖人は、きらびやかな光景や豪華な宴席に迎えられましても、下々の人たちのことを忘れずに超然として心が左右されることがありません。

ましてや、一国を代表する人間は、天下の物事に軽々に左右されてはいけません。
代表者の行動が軽ければ支える人々を失い、心が落ち着いていなければ、その立場を失うことに成るでしょう。

原文
「重爲輕根。靜爲躁君。
是以聖人。終日行。不離輜重。雖有榮觀。燕処超然。
奈何萬乗之主。而以身輕天下。
輕則失本。躁則失君。」

(感想)
大きな物事には、その下の陰で支える軽い物事の御蔭が在るとは、日本人にはとても理解しやすい真理です。
このように考えますと、一見はムダだと思われるような物事も、大きな物事を支える役目をしていると言えそうです。

例えば会社組織の場合では、効率を上げるためにムダだと思われた社員を全員クビにしたところが、有能な社員も後から順番に辞めて行って立ち行かなく成った会社もあります。
その理由は、会社には評価されない下仕事をする人間が居なくなったために、有能な社員がそれをすることをアホらしがって辞めたのです。
つまり、ムダと思われていた社員が嫌な仕事をしてくれて「いた」のです。しかし、そのような事は会社側からは見えませんから、評価がされなかったのです。
有能な社員と、ムダとされてしまった社員も両方いてこそ役割分担が出来て、会社が機能して「いた」わけです。

老子はこのことを、「重」は「軽」により支えられていると看破しています。
さらに老子は自分ならば、
「荷物を運ぶ馬車の側を離れることをしない」と言っています。
老子が社長ならば、末端で働く人間の側にいて会話を欠かさないと言いそうです。
そのような行為が、自分の立場と財産を結果的に守ることに成ることを知るからです。
ほんとうにすべての人間模様を熟知した知恵から出る言葉です。
老子は、多くの代表者や責任者たちの栄枯盛衰を何回も見たのでしょう。

今日の話は、国の代表者や政治家、経営者だけではなく、家庭を持つ主婦にも「夫」にも言える話です。
(1)子供や老人たちが存在する御蔭で家庭が成り立つことを改めて知ること。
(2)家族の小さな声にも耳を傾けること。
(3)他家や知人たちの豪華な生活に惑わされないこと。パーティーなどの豪勢な場に出ても、家庭で待つ家族の存在を忘れないこと。
(4)もし、そのような栄華に惑わされて軽い行動を自分がすれば、家庭を失うことに成ることを知ること。

このように老子のたとえ話は、現代社会でもキレイに当てはまります。
このように真理というものは、数千年を経過しても生きています。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html
[パソコン用商品一覧] http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (473)
この記事をはてなブックマークに追加