伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

備えあれば憂いなし

2010-04-21 10:46:12 | Weblog
今朝の神示によりますと、今年に入ってからの太陽黒点(http://swc.nict.go.jp/sunspot/)の急増(特に2、3月)は、太陽電磁波により地球内部の火山活動を活性化させたようです。
日本でも、列島の中央辺りに位置する富士山・御嶽山・白山の地下における微振動に注目するべきです。特に来年からの富士山には要注意です。
富士山が万が一に噴火(山頂では無く、頂上よりも500m下方の辺の感じ)でもしようものならば、日本経済と農業に与える影響は甚大です。
地質学者によりますと、ほぼ100年間ごとに息抜きの小噴火を起こしていた富士山が、なぜ300年間も噴火をしないのかが、逆に謎だと言う意見も在るようです。火山エナジーが何処に逃げているのかが分からないそうです。私が感じるには、大陸間のプレートが衝突しているのが東海近辺ですから、プレートの隙間に今までは落ちて逃げていたと感じます。

しかし心配したところで、どうしようもありません。
過去の先祖たちが遣り過ごして来たように、その時に成れば、その時なりに人間は生きるので絶対に大丈夫です。ただ、普段からの心の準備をしておけば、悲観も動揺もしません。パニック的な行動が一番危険なのです。
現に鹿児島の桜島火山の近隣に住む住人は、今でも火山灰が降る被害の中で生活をされているわけです。その辺りでは、火山灰で下水溝が詰まらない対策が有るのか?住宅の設備で必要な対策があるのか?などを知識として都会の人間も意識をしておいた方が良いです。

私たちが家を建てるとなりますと、ローンで生涯縛られて身動き出来無いのが現実です。引越しは難しいです。
これからの住宅スタイルとしてのお勧めは、都会限定ですが
1。賃貸で良い。 
2。できればコンクリート住宅が良い。
と感じます。つまり都会では、コンクリートの公共の団地や賃貸マンションは良い感じです。個人でコンクリート住宅(坪単価80万円~)に住める人などは僅かな人です。
2番につきましては、
*これからは強風や竜巻への対策が必要。鉄骨住宅などでは、外壁材や屋根材の剥がれる心配があります。
*屋根に乗る荷重(雪害・火山灰)への対応が必要。
*極端な気温差(マイナス20度~摂氏40度以上)が一年を通して起こる場合への対策には、住宅の気密性が重要に成る。
などがコンクリートである理由です。
賃貸のコンクリート団地では、騒音の心配から角部屋に人気が有りますが、逆に4方を部屋に挟まれた部屋では暖房費が僅かで済むそうです。再度、原油や資源の原価が上昇を始めていますので、無料の省エネ対策は重要です。事前に対策の意識を持つだけでも、人生は改善します。各人の環境での一つの参考にしてください。
でもやはり、この言葉の精神で生きる住人が多い大地は、静かに鎮まって行くものです。それは、

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
携帯からクリック出来ない場合は、
http://www.geocities.jp/poriporry/m/ 

初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。
タイトル名に必ず、質問、と記入してください。


*5月20日までの期間限定で、「伊勢の写真集」の無料写真キャンペーンが始まりました。
アマゾン(
http://www.amazon.co.jp/dp/4270005807)で、写真集を予約購入された人は、
http://www.tkd-randomhouse.co.jp/isehakusan/index.html
において、10枚の伊勢の写真が無料で入手できます。携帯電話でも5枚の写真が入手できます。
以前に予約されている方は、その時の注文番号(注文番号: xxx-xxxxxxx-xxxxxxx )を入力すれば入手可能です宜しくお願い致します。
コメント (587)
この記事をはてなブックマークに追加