ice-coffee

ちょっとBlogお休みしております。
復帰時にはまたよろしくお願いいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「篤姫」32話

2008-08-10 23:44:32 | 大河ドラマ
「桜田門外の変」

ついにこのときが来ました。。

なんと にっくき井伊直弼でしたが

天璋院にお茶を立て 静かな会話をして 二人が分かり合えるような感じになったのに

安政7年3月3日(1860)桜田門外で井伊直弼の行列を水戸藩の浪士たちに襲撃し暗殺された。

その中に薩摩藩士の有村 次左衛門がいて 井伊の首をとった。


この有村 次左衛門は薩摩藩のシーンで前フリがあって

最後の襲撃でもちらりと顔を映し出されましたが

「のだめカンタービレ」の自称2番目に上手い指揮者と言っていた
大河内守役の遠藤雄弥君
りりしく映っていましたので 初めはわからなかったわ~



今回は ジョン万次郎もでてきて

勝地君登場でしたが

これまたりりしくおなりで うれしゅうございました^^

かの「四つの嘘」では ボクサーで
見ているおばちゃまには刺激的な役を演じていますけども~~^^;


来週から 和宮@ホリッキー@堀北真希ちゃんが出演となり

これからまた 楽しみができて うれしいわ~




桜田門外の襲撃のシーンの映像は 綺麗でした~~

今回32話の映像・音 雰囲気が好きだな~と思ったら

あの演出家 堀切園健太郎さんでした。

斬新なカメラワークで「ハゲタカ」でファンになったんですよね~


ケータイ・トピックス 堀切園健太郎さんより

8月8日director's voice
演出:堀切園 健太郎
演出とは、映画の世界でいうところの監督。ここでは演出自身が見どころや撮影エピソードを紹介します!

第32回「桜田門外の変」を演出した堀切園健太郎です。

今回ついに、大老・井伊直弼が暗殺されます。その井伊を演じてくださった中村梅雀さん。頭を下げながらもニヤリと笑ったり、ものすごくイキイキと芝居をされていましたよね。

「篤姫」では、斬り合いや血の出る描写をなるべく避けているのですが、その中で桜田門の事件をどう見せるか…。結局、駕籠の中の井伊が自分の死をどう受け入れたのか、その瞬間を描くことにしました。

実際、事件の目撃者による当時の絵も残っていますが、いずれも駕籠を外から見たもの。中の本人を見た人はいないわけですから、それを描ける面白さは、ドラマならではですよね。

また、その前に茶室で井伊が天璋院と語らうシーンもありましたが、ここでは、茶の名人でもある井伊の所作をきちんと見せるようにしました。その動きから、人柄や場の雰囲気がにじみ出ればと思ったんです。

所作をしながら相手をうかがい、相手もまたそれを見つめる…。そんな会話のない中での緊張感あふれる駆け引きを、梅雀さんも宮崎あおいさんもすごく丁寧に演じてくださいました。

[撮影エピソード]
実は、その茶室のシーンで登場した茶碗は、安土桃山時代のもの。大変貴重なので、撮影中スタッフが蹴飛ばしやしないかって心配しました(笑)。ほかにも雛人形やミシンなど、今回は美術スタッフ泣かせだったと思います。当時のミシンも、探すのにずいぶん苦労したようですよ。見つからなかったら、もう最後は張りぼてでつくるか!なんて冗談も出たくらいです。

[そして次回は…]
第33回「皇女和宮」では、ついに堀北真希さん演じる和宮をはじめ、京の人々が新しく登場します。江戸とは装いも話し方も、時の流れすらも異なって見える京の暮らし。その京方の中心となる和宮は悲劇のヒロインでもありますが、かぼそさ弱々しさだけでなく、こうと決めたときの芯の強さもあるような、そんなキャラクターを出していきたいと思います。お楽しみに!






ついに幾島(松坂慶子)との別れの日がやってきた。天璋院(宮崎あおい)は別れのあいさつなどいらぬと強がりながら、とめどない涙を流すのだった。

その頃、幕府では蒸気船咸臨丸をアメリカへと航海させる準備を進めていた。家茂(松田翔太)と天璋院は、船の乗組員の勝麟太郎(北大路欣也)と面会する。勝の飾らぬ人となりは天璋院に鮮やかな印象を残す。

一方、薩摩では激しい弾圧を行う井伊(中村梅雀)を打倒しようと、有馬(的場浩司)ら若者たちが立ち上がろうとしていた。冷静だった大久保(原田泰造)さえそれに賛同し、帯刀(瑛太)も止められない。ついに、決起となった日、彼らの元に藩主からの書状が届く。 “誠忠士の面々へ”と書かれた藩主の直々の言葉に感極まった彼らは、すんでの所で決起を思いとどまる。

天璋院は井伊を問いただすため、二人きりでの面会を申し込む。自分は国を守りたい一心で、己の役割を果たしただけと語る井伊。その覚悟を目の当たりにし、深い感銘を受けた天璋院は、これからは井伊ともっと語り合いたいと願う。

しかし、迎えた3月3日、天璋院は桜田門外で起こった恐ろしい出来事を、滝山(稲森いずみ)から伝えられることになるのだった……。

                      「篤姫」HPより

Yahoo!テレビHP

「篤姫」1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 
    15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 
    27話 28話 29話
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北京オリンピック今日まで 追記 | トップ | おめでとう!!北島選手  ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久々に見ました (ゆっこ)
2008-08-11 08:24:43
大河は毎回脱落していて、今回もf^_^;なのですが、久々に篤姫見ました。
篤姫を見たい母と、内柴選手の決勝をめぐってバトルになり負けまして…。
携帯のワンセグで柔道を見ながら篤姫。

勝地くんと堀北真希ちゃんがフレッシュで応援したくなりました。
真希ちゃんの眉にはびっくりしましたけども、どんな和宮になるのか楽しみです。
勝地くんは、あっちの役ではセクシー(でも清潔感あり)なのにこっちではりりしくて、いいなぁと思いました。
こんばんわ~ (くう)
2008-08-11 21:22:02
四つの嘘の勝地くん、カッコいいっすよね~(^.^)
ジョン万は、髪型のせいか顔が丸く見える~(^.^;)
来週から和宮の登場が楽しみ♪
ゆっこさん~~☆ (ice)
2008-08-13 16:23:27
コメントありがとう~~^^

>篤姫を見たい母と、内柴選手の決勝をめぐってバトルになり負けまして…。

あははは~ 負けましたか~
私も内柴選手金メダルは 「篤姫」の放送中にテレックスで知りました^^

来週からフレッシュな顔ぶれが登場しますので
俣楽しみですね^^

勝地君は 「四つの嘘」清潔感あって
それでいて 過激で でもって ちょっとどっかにいっているみたいで
とても魅力的な役ですね~
ますます 目が離せない「四つの嘘」だわ~^^
くうさん~~☆ (ice)
2008-08-13 17:15:47
コメントありがとうございます。

「四つの嘘」の勝地君には しびれます~~(笑)
目が離せませんわ~~~^^

来週からは ホリッキー楽しみですねぇ~
その次の週は 千秋先輩@龍馬で
後半の役者そろってきますね~~^^

今期ドラマにオリンピックとかあって
なかなかはまれませんが
遅れてでも録画みていますよ~~^^; 
こんばんは♪ (ミチ)
2008-08-14 23:15:37
旅行に行っていたのでご訪問が遅れてしまってゴメンなさい。

暑い毎日ですがお元気ですか~?
篤姫のお衣装がすっかり地味になってしまって寂しく思ってます。
なかなか斬新な映像だと思いきや、「ハゲタカ」の演出家さんだったんですね。
予告を見た限りは堀北真希ちゃんの眉毛が気になってますが(爆)、果てさて演技はいかに?
松田翔太クンの台詞回しがかなり危なっかしいので~(滝汗)
ミチさん~~☆ (ice)
2008-08-17 21:35:13
コメントありがとうございます~~^^

毎日暑さでふやけています~^^;

若い上様松田翔太君と和宮様がどのような夫婦になるのか
興味津々ですね^^

翔太君の台詞回し 私もヒヤヒヤしていますよ^^;

「ハゲタカ」の演出家さんの時は
アングルとかが独特なんで 大河らしくなく面白いです~
だもんで そこんとこを見ていくのが最近趣味になってきました(爆)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
大河ドラマ 「篤姫」 桜田門外の変 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
戒名を決めてまで政を行っていた井伊直弼。 それだけ強い意志で行っていたということでしょう。 その結果水戸藩・薩摩藩士に刺されることに。
桜田門外の変!! (函館 Glass Life)
ついに幾島との別れの日が来ましたね{/sayonara/} 以前、幾島については紹介した事がありますので→こちら 『私は長い間そちが嫌いであった』と天璋院。 『私もあなた様にはほとほと手を焼きました』と幾島。 長い間苦楽を共にした二人らしい別れの言葉ですね。 もう一人...
『篤姫』第32回 (悠雅的生活)
 ~桜田門外の変~      
篤姫 第32回「桜田門外の変」 (平成エンタメ研究所)
★井伊直弼の歴史的役割  天璋院(宮崎あおい)に茶をたてる井伊直弼(中村梅雀)。  その主張は次のようなもの。  「攘夷などすれば外国に攻められ国が滅ぶ。自分はそれを防ぐために攘夷勢力を弾圧した」  「そのために恨みを買うことはやむを得ない。おのれの役割を...
「篤姫」第32回 (日々“是”精進!)
 第三十二回「桜田門外の変」天璋院は、ついに幾島との別れの日を迎えた。天璋院は別れのあいさつなどいらないと強がるものの、涙が止まらない。そのころ、幕府では蒸気船”咸臨丸”をアメリカに向け出航させる準備を進めていた。家茂と天璋院は、乗組員の勝と面会。一方...
篤姫~第32回・桜田門外の変 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
篤姫ですが、幾島(松坂慶子)が正式に大奥を去ることになります。幾島は、天璋院(宮崎あおい)に桜島の絵を描いた掛け軸を渡します。これは斉彬からの贈り物ですが、幾島や薩摩の思い出となります。(以下に続きます)
篤姫 第32回 遅すぎた理解 (レベル999のマニアな講義)
『桜田門外の変』内容井伊直弼が行った弾圧。安政の大獄それは、幾島に別れの決断を確認させるに十分であった。そして幾島が大奥を去る日。天璋院『私は長い間そちが嫌いであった幾島『私もあなた様には、ほとほと手を焼きました幾島から、斉彬から預かっていたという薩摩...
大河ドラマ:篤姫第32話「桜田門外の変」 (山南飛龍の徒然日記)
とても見応えのある回でしたね。これまでに放送された篤姫の中でも間違いなく上位に来る出来です。話の持って行き方といい、緩急のつけ方といい、江戸・薩摩の両方が立つ作りといい、今回はべた褒めな感じですよ(笑)家定様亡き後、些か心配でもありましたが、心配する必要...
篤姫 第32話 『桜田門外の変』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
[篤姫] ブログ村キーワード 上様が亡くなってからテンションだだ滑りだったんですが、久々に面白かったわ~! 井伊直弼と天璋院の腹の探り合いのような刺々しかった遣り取りが、茶の湯ひとつで少しずつ変化していく過程が実に面白い。
大河ドラマ「篤姫」第32回「桜田門外の変」 (真田のよもやま話)
ええっと~~~、まだいたんですか幾島・・・。あ、失礼、でもでも、だってほら、もう3週にもわたってお別れネタですよ、まるで引退興行を一年続けた某アントニオ様のような~(汗)。{%うーん…(シクシク)hdeco%}
【篤姫】第三十二回 (見取り八段・実0段)
公方様は彼の者が点てた茶を飲まれたことはありますか。これから手を携え、解り合えたかも知れないのに・・・安政七年三月三日、大奥で花の祭りが行われていた時、大老・井伊直弼は桜田門の前で、水戸の浪士に襲われ殺害された。首を上げたのは、薩摩の者だった、と滝山は...
『篤姫』第32回「桜田門外の変」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
殺されるべくして殺される井伊直弼。。幾島が大奥を去る日。それに際して「長い間、そなたが嫌いであった」と。。幾島は斉彬から預かったという鹿児島の絵の掛け軸を篤姫に。そして代わって重野が。井伊大老による安政の大獄。。幕府の維新をかけて。。しかし、人身を捉ま...
篤姫・第32話 (ブルー・カフェ)
『さらば大老!』(※ikasama4さんより募金) 遂に「その時歴史が動いちゃった」・・・「桜田門外の変」です! よくよく考えるとちょっと「ヘン」なネーミングですね。「桜田門」に「外」が付いていて「変」・・・変(ぼそ) 「城内に入れなかった」ってことで「外」な...
篤姫第32回「桜田門外の変」 (さくら色通信)
安政の大獄が出たと思ったらもう桜門外の変。しかも来週の予告ではもう和宮が登場します。折り返し地点に来てなんだか展開が速いですね~。さて、幾島の件は先週の涙涙のシーンで終了したのかと思いましたが、まだ江戸城を去ってはいなかったのですね、今日は幾島が出て行...
【篤姫レビュー】桜田門外の変 (必然的なヒストリー)
日本史史上、有名な部類に入るであろう桜田門外の変がメインであった今回。『歴史イベント』がサブタイトルになるのも久々な気がします。序盤、前回で出番終了だと思っていた幾島が今度こそ江戸城から退去。松坂慶子、退場の仕方が歯切れが悪いというか、中途半端というか...
篤姫#32 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
確かに、今回の物語には「桜田門外の変」が描かれているが、相変わらず各回のサブタイトルに誤りがある展開ですね。後半の重要人物・和宮が登場するまでのつなぎという感じで、そこまでにやっておかなければならないことを詰め込んだという感じでした。よって、今回は主眼...
篤姫 第32回 「桜田門外の変」 感想 (くまっこの部屋)
安政七年(1860年)3月3日、ついにその時がやってきました!雪が静かに降る中、
篤姫「桜田門外の変」 (森の中の一本の木)
 「相棒」ファン様にしか分からないことだと思うのですが、この「桜田門外の変」と聞くと、「桜田門内の変」を連想してしまう・・・困ったものです。  幾島は去って行きました。去るものがいれば、必ず空いたところが埋まっていくと言うのが世の常でございます。重野...
大河ドラマ「篤姫」第32話「桜田門外の変」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
いよいよ桜田門外の変!!最後までイヤなおじさんで終わってしまうのかと思いきや、今回は井伊のいいシーンが出てて、少しだけ和解した感じ。最後にほろりとさせてくれました(^^)しかしなんだかんだ言いつつ今回は色々なところで動きがありましたね~。ついに今日は幾...
大河ドラマ「篤姫」#32 (ミチの雑記帳)
「桜田門外の変」 前回かなりウルウル来てしまったので、今回改めて幾島とのお別れが描かれても「あら?まだいたの?」って思ってしまった私は薄情者でしょうか。前回幾島が去っていくところまでやるわけにはいかなかったのかな? 幾島に代わって天璋院のお世話をするの...