ゆめ未来     

わいわいがやがや、日常生活のあれやこれや、そして株式投資の話
年金生活の毎日を楽しく、しあわせに過ごします......

しんせかい/山下澄人

2017-03-20 20:01:06 | ゆめ未来
 ■ しんせかい/山下澄人

若い男女が、北海道の山奥で、1年間集団生活をする話です。
若い男女が集まれば、どんなことが起こるかは、容易に想像がつきます。
その数々をどろどろした内容に堕することもなく、淡く淡くうっすらと立ち消えしていくが如くに語られていくのです。
著者は、1966年生まれ、物語の元となる体験をしたのは19歳の頃ですから、今から約30年前、流れた歳月があく抜きをしたのでしょう。

 これから向かう場所は、俳優や脚本家になりたい人間の集まる場ではあるのだけど、教室でただ座ってものを教わるというのではなく、二年間共同生活をしながら自分たちで自分たちの住む場所を作ったり雪のない時期は農家に出て働いたり、馬の世話をしたりしながら俳優なり脚本家なりの勉強をするという、……

近隣住民が「収容所」と呼ぶ、丸太小屋ですが、若者達はすごく真面目に生活しています。

 何しろ何度もいわれたことだがここえは自発的に来ているのだ、自主的に、命令に、それがいくら理不尽なものであろうと、従いたいと来ているのだ、なのだからここではやるべきとされていることはやるしかないのだ、それも全力で前向きに最善のものを。嫌ならやめて帰るしかない。帰るのも面倒だ。

狭い世界での集団生活、仲間同士の駆け引きもあったり、いざこざもある。

 おもしろおかしくなのだから文句めいた話になる。文句めいた話はしまいには文句になる。はじめから文句だったかもしれない。しかし文句をいったつもりはない。

北海道の自然はゆたかだ、しかも山奥なら、なおさらだ。

 空はものすごい星。ほんとうにものすごい、うるさいぐらいの、星。

集合があれば、必ず解散がある。
卒業して別れ別れになる場面は、すごく悲しい。

 そろそろ一年ですね。
 一年で何もかも変わるよね。元気でね


    『 しんせかい/山下澄人/新潮社 』

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 扇動者/ジェフリー・ディー... | トップ | 柳ヶ瀬のそば屋さん 「そば... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL