大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

春と桜(土井卓美)

2015年03月31日 16時58分14秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今日は風もなく気温も20度を越す初夏の陽気となりました。
午前中のGゴルフ場の周囲の桜も周辺の桜もほゞ1日の中に一気に満開になりました。
午後は畑と家の周辺をぶらっとしてみました。
春休みというのに親子連れの花見客の姿は疎らでした。
共稼ぎの家庭が多い現状では当然というか、仕方がないというか、桜を愛でる余裕がないともいえそうです。

しかし日本人の桜に対する愛着心は昔から変わることがありません。
テレビのどの局も一様に桜前線の北上から各地の桜の様子を伝えています。
見る方もいやな事は忘れて美しさに見惚れ幸せな気分になれます。
我々日本人の心を捉える美の対象「雪月花」の花は一般には桜を指しています。

     世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし  在原業平

     願はくは花の下にて春死なむその如月の望月のころ    西行法師

西行はその願い通り1190年旧暦2月16日に亡くなりました。
旧暦2月16日は今年の陽暦では4月4日に当たり、正に満月です。
新古今集に最も多く(94首)採られている歌僧は花と月の双方に看取られて旅立ちました。


畑の隅の水仙と蕗の爺


近くの散歩道(尾西緑道)


同上


近くの神社参道
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

桜咲き初む(土井卓美)

2015年03月29日 13時17分45秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

隣人が老人会の会長さんで、頼まれてもう10年以上前に会員になり、行事にも可能な範囲で参加しています。
今日はその総会と花見の予定でした。
総会は予定通り、4月選挙の県議・市議の立候補予定者も来て挨拶しました。
しかし昼前から雨が降り出し、弁当は会館内でということになったので私は提供された弁当とお茶とビールを提げて帰って来ました。
甲子園の高校野球は雨の中で行われています。
好スタートを切った阪神の対中日3回戦はこれから京セラドームで行われ、中継も予定されています。(勿論見ます)

昨日は抜けるような青空でした。
久しぶりに娘一家と息子が遊びに来て食事に行きました。
通常なら並んで待つ回転寿司の店も、行楽に出掛ける人が多かったのか意外と空いていました。
今降っている雨も今夜には上がり、気温も高くなるということですからこれからの数日間は全国各地で真っ盛りの花が楽しめ、多くの人出も予想されます。











コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年の初コンペ(土井卓美)

2015年03月26日 21時14分01秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今週に入り月、火、水曜日と寒の戻りがあり風の強く寒い日が続きました。
昨日の私は地域役員の仕事が2つ共この3月末で終わるのでその打ち上げをしたく、1番助けて頂いた男性1人と女性2人に当地老舗の料亭にご同行願い、ささやかな感謝の意を表させて戴きました。

今日は職場OBの今年最初のコンペが桑名国際G.C.でありました。
午前中はやや風が強かったものの午後には納まり終日快晴の好天に恵まれました。
この時期コース内外の色彩は乏しく杏子と白木蓮が目立つ程度でした。
それに鈴鹿連峰の高嶺に残る雪がなかなかの眺めでした。
今回の参加者は17名で私は2番目の長老、成績はグロスもネットも第8位と先ず先ずでしが何事もなく完走出来たことが何よりでした。
しかし年は争えません、往復とも車に乗せてもらったのに帰り着いて一段落すると疲れと眠気を感じて少時ソファー座り込んだままになっていました。






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

類句・類想・独創(土井卓美)

2015年03月24日 16時44分53秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

一昨日の日曜日、いい天気だったので久しぶりに畑仕事をしました。
ブロッコリーの最後の採り入れと古株の処理、雑草の除去と僅か12株ですがじゃが芋の植え付けで3時間半体を動かし続けました。
さすがに疲れました。
この頃食べる量が減ったことと疲れやすくそれが長引くことを特に感じるようになりました。

その日曜日に食事場所で「中日新聞」を手にとって俳句の欄を見てオヤッと思いました。
選者の注釈の付いた2番目の入選句が「鍬先の土の湿りも雨水かな」でした。
記憶されている方があるかも知れませんが当ブログの2月20日の欄には拙句「グランドの土の湿りも雨水かな」を載せています。
俳句は短い詩形ですから往々にしてこういうことが起こり得ます。
極く稀な場合には他人の句を少しだけ変えて自分の句として投稿する「盗作」をする人もいますが、それは有名な歌や句を下敷きにして独自の詠みをする「本歌(句)取」とは全く異なるもので恥ずかしいことです。
しかし一般には自分で見て、自分で感じて詠んだ句でも既に先人が詠んでいた句と似たものになることはそう珍しいことではありません。
政治献金と違ってそれを知らなかったことはそんなに恥ずかしいことではないので、先人の句を発見した時点で自分の句を「類句」として句帳から削除すれば済むことです。
そして最も大切なことは多くの人と同じような見方「類想」を避けて自分ならではの独創的な作品を目指すことです。
とは言ってもそれが一番難しいことで誰もが一番苦労しているところでもあります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春の日と高齢社会(土井卓美)

2015年03月21日 17時22分04秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

来週には寒の戻りもあるようですが、今日はポカポカのいい天気でした。
今日はまた月に1度の地元の俳句の会があり、冬の間は車で行っていましたが、自転車に切り替えました。
会場の歴史民族資料館のロビーではレコードの鑑賞会をやっていて結構多くの人が集まってきていました。
通常何でもないことのようですが、公共の場所でこうした催しがあり、好きな人が集まって一緒にしかも無料で楽しめることは素晴らしいことだと思います。
戦後半世紀以上を経て平和ボケの傾向もあり、戦争の悲惨さの記憶も薄れがちになっていますが、非戦の誓いだけは永久に堅持しなければなりません。

さて句会の方ですがまた今回から1人入院者が出て欠席、復帰の見込みも立たないようです。
私も含めて全員がその予備軍ですから当句会の先行きも暗さを増してくるばかりです。
しかし悲観ばかりしていても何の良いこともありませんので、元気で体の動く間は何事にも積極的に参加し、その期間も出来るだけ長くしたいと改めて思う次第です。


プランターのプリムラ


同ゼラニウム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の序・木曽川河畔(土井卓美)

2015年03月18日 20時35分49秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

昨日今日と全国的に好天気になったようで当地でも20度越える陽気となりました。
気候も良く怪我も完全に治り体調も元の状態になったので実に久しぶりに木曽川の河川敷に出掛けてみました。
何ヶ月ぶりか少なくとも半年以上の休眠を経てドライバーを振ってみたらこれまでにない位安定した球筋で我ながらビックリしました。
しかしこれがコースに出ると途端におかしくなるのだから困ったものです。

これだけ陽気が良くなってくると堤防からその勇姿を望めた御嶽山も伊吹山も春霞の中に取り込まれて全くその姿を見ることが出来ません。
新幹線と名神高速道の平行する鉄橋から数百メートル下流の新架橋工事(仮称新濃尾大橋)もかなり進んでいました。
その工事現場からあまり離れていない所が鴨猟の猟場になっていますが、今年はその気配がありませんでした。
工事で鴨が来なくなったのか、猟師が高齢で引退してしまったのか、時期が過ぎてしまったのか分りませんがその内のどれかだろうとは思います。
まだ数は少ないものの鶯も盛んに鳴いていました。
笹鳴きではなくちゃんとホー・ホケキョが出来ていました。


グランドの隅の犬ふぐり


土手の土筆
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

美術鑑賞(土井卓美)

2015年03月16日 20時57分23秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

若い頃からといっても社会人になってからですが、美術鑑賞には興味があり美術館や美術展にはかなり頻繁に足を運びました。
全国各地の主要美術館と東京及び愛知県下の多くの美術館です。
どの地方どこの県下にも夫々大小多くの美術館がありますが、さすがに東京は見応えのある大きな美術館を多く擁しています。
各美術館は定期的にいろんな美術展を催し、大阪に居るときはよく京都の美術展見学に行きました。

愛知に住むようになってからも日展や院展その他の展示会もによく行きました。
しかし現役だった頃に比べて、引退して時間に余裕ができてからはその回数が減ってきて、特に最近ではその機会が殆どなくなっています。
原因の1つに日展や院展を見ても以前素晴らしいと感じたほどの感動を覚えなくなってきたことがあります。
年をとってくると夫婦共にそうなるらしく、従って2人で行くことも1人だけで行くことも知らぬ間に減ってきて今ではなくなってしまったというのが現状です。
そんな状況の一昨日俳句教室の生徒さんに美術展をやっていると知らされました。
我家から歩いて2分の美術館の催しものも知らなかった訳ですから情けない次第です。
折角だから帰りに寄ってきました。
我々高齢者は無料ですが、それでなくても見ることができてよかったです。






コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

閲覧数30万回と「宗旨替え」(土井卓美)

2015年03月13日 16時56分48秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

先日の雪は夕方から夜にかけてかなり激しく降り、春の雪としては珍しく当地で10数cmの積雪となりました。
これだけ積もると溶けてグランドが使えるようになるまで数日かかっていました。
従ってGゴルフも今週一杯は休みかと思っていましたが、家の周りの雪は1日で殆ど消えました。
グランドはまだしばらく無理だろうと皆が思っていたようですが、2日目の朝連絡網で「出来る」という報せが入りました。
さすがに春の雪の質と気候は違っているのだと集まって来た多くの人が驚いて、口にもしていました。

話は変わりますがこの「大10同好会」の累計閲覧数が30万回直前となり、今週中には間違いなく大台に達する見込みとなりました。
取るに足りない雑文にお付き合い頂いている皆様に感謝々々です。
最初は話題も対象も「大10同期会」に絞っていましたが、段々と箍が緩んできて内容も世間一般的なものに、対象も親戚、家族や極く親しい人に広がり、最近ではその範囲がまた少し広がって中には私の知らない人の訪問も少しはあるかも知れない状態になりました。
しかし「宗旨替え」をしたという訳ではなく、基本路線の延長がそうなってきたということであって、これまで通り愚直に本当のことを思いのままに綴っていく積りです。
引き続きこのままお付き合い頂ければ幸甚です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「春の雪」(土井卓美)

2015年03月10日 20時14分01秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今日は天候不順でGゴルフは中止になりました。
それでも午前中から昼過ぎまでは青空も広がるいい天気になっていました。
久しぶりに朝からPCの画面を見つめました。
相場は高く始まっていましたが、どうもその高値を維持するのは難しい感じでした。
僅かですが利の乗っている銘柄があったので潮時と思って処分しました。
その株は昨年10月14日に買っていたもので、先ず先ずの成果だったと自己満足することにしました。
因みに終値も売却値と全く同値でしたが、日経平均は125.44円安と反落しました。

3時か4時頃だったでしょうか外が暗くなり、天気予報通りに雪が降りだしました。
それも結構激しく横殴りに視界を薄める程に降り、瞬く間に一面真っ白になりました。
普通この時期の雪は冬の雪と違って溶けやすく、降ってもすぐに消えて積もることが少ないことから淡雪、牡丹雪などとも呼ばれ「春の雪」として独立した季語となっています。
しかし今日の雪は全国的な大雪らしく既に多くも空の便が欠航になっています。
これから後の陸空の便も行楽やスポーツの予定もかなりの混乱が予想されます。

      こんなにも積り往生春の雪




降りしきる春の雪です
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

警察の取調べ(体験)(土井卓美)

2015年03月08日 10時29分48秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

99%以上の裁判は順当に行われていると思いますが、極稀にはどうも納得のいかない首を傾げるような事例も見受けられます。
どう見ても誰が見ても黒だと思われる一件が証拠不十分とかその他の理屈で無罪になることはある程度日常茶飯に起こります。
反対に実際にはやっていなくても無実の罪に泣かされる人も偶には出てきます。
その前者の例では政治絡みのものが、後者は善良な市民の場合が多いようです。

そこで必ず取り上げられるのが警察の捜査のあり方で、厳しい非難を浴びることになります。
先日もある若い市長の裁判で似たようなことがあり、ふと私自身のことを思い出しました。
もう15~6年も前のことになりますが、突然「○月○日○時に大垣警察署、担当○○の所に出頭して下さい」という通知が来ました。
行くと2階ですというので、上がっていくと左側は大きな仕切りのない勤務室、右側にはドアの開いた小部屋が並び皆机の上にはあのアルミキャップの電気スタンドが置かれていてテレビや映画の場面そのままでした。
小部屋を横に見て奥のそれとは違った部屋に通されました。
係りが2人入ってきて自己紹介して出した名刺は巡査部長と係長でした。
はじめは世間話や会社のことを聞かれたりでしたが、話している内に私名義で大垣市役所に提出していた補助金の申請書が、ある通報によって、不正(詐欺容疑)と判断されたのだと分りました。
先方も呼び出しを掛ける前にはある程度裏を固めていたようで、計上した納入価格が世間相場より若干高いことまで言って段々高圧的になってきました。
私としても価格差は常識の範囲内、手続き、主旨にも何の問題もないので一歩も譲らず高圧的に対応しました。
すると係長が突然大きな声を上げて「バン」と机を叩きました。(これもテレビや映画の場面そのまま)
私はそれより大きな声を上げて「バーン」と机を叩き返しました。
何事が起きたかと思って外で勤務中の一人が部屋のドアを開けて覗きましたが、様子を確認するとまたすぐに閉めました。
これ以上話しても埒が明かないので実務担当者を呼んでくれということになり、電話で昼食場所に営業主任を呼んで午後2人で出直しました。
一緒に部屋に入ろうとすると貴方は外で待っていて下さいと断られました。
結局当方に落度のないことが認められ、その時は2人でホッとして署を後にしました。
しかし後から考えてみるとあの時、呼び出された往復の交通費も日当も謝罪の言葉さえもなかったことに無性に腹が立ってきました。

入る時には気が付かなかったのですが出るときにふと見ると部屋の看板は「知能犯」となっていました。


プランターのベゴニア

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加