大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

連休(土井)

2006年04月30日 09時30分56秒 | Weblog
葉桜が穏やかな日を浴びています。
勤労者や子供たちにはゴールデンウイーク、年金生活者は人込みや渋滞を嫌って専ら家でテレビの守をする日々となりました。
縦に長い日本列島のテレビ中継、徳島の桜鯛、館林の満開のつつじ、弘前の桜は今日開花と伝えています。この時季、ゴルフ場が意外と空いているそうです。世のお父さん達は自分の楽しみを差し置いて、家族サービスに努めるやさしさを発揮しています。
それにしても、弾圧も、飢餓も、内戦も無く平和を享受できる有り難さが身にしみます。
かくも安泰の日々が続くと、平和ボケが普通になり、先人の苦労を忘れ、懸命の努力をせずとも豊かな生活ができるのは当たり前、社会への貢献など頭の片隅にも無く、不平と他人の悪口を平気で言う心の貧しい人が増えている現状が心配です。
世を嘆き、不満も言い過ぎると老いの繰言と言われそうです。
気分一新、混雑を避け郊外にでもドライブしてみましょうか、空気は美味しく、道端の無人売店では採れたての野菜を驚くような安値で売っています。

     筍を買ふ竹筒にコイン入れ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バス旅行(土井)

2006年04月26日 14時26分21秒 | Weblog
知人が会長なので断り難く、先週老人会の2泊3日の旅行に行って来ました。
市の連合会の行事で、同一コースを何回かに別け、その回毎に数台のバスが出る大掛かりなものです。小豆島と高知でしたが、小豆島はロープウエイの景色しか印象にありませんでしたが、今回はそのロープウエイも強風で運行中止、山頂の山桜が大きく揺れていました。
前回の山口での同期会の後、松山から高知を廻って帰ってきましたが、その時、雨で下からしか見なかった高知城、今回は天守閣まで登り見事な新緑を見下ろしました。
また偶然にも宿はその時と同じ三翠園という温泉ホテルでした。
女性看護士が一人同行しましたが全く仕事は無く、皆さん元気そのものでした。

    山つつじまた山つつじバスの旅

    瀬戸内の景色かき消す春時雨

    ロープウエイ止める強風山桜

    新緑の裳裾を引きて天守閣

    うららかや小石磨かる桂浜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ものの考え方(土井)

2006年04月23日 11時55分24秒 | Weblog
4・6上場のゴルフ・ドゥを1株だけ取得できました。公開価格17万でした。
あまり欲を掻いてもと4・11に50万で売却しました。一寸早すぎて、4・13には71万2千の瞬間高値をつけました。残念、早すぎた!とは思わないことにしています。
逸失利益を嘆いたところで、何の足しにもならず、少しでもプラスになればそれで良しと考えることにしています。
買ってから売るまでの期間は一種のスリルと戦略性とギャンブル感覚が楽しめ、前にも書きましたが、老化防止の一助にもなっていると思います。因みにゴルフ・ドゥの4・21の終値は27万2千です。
日々の値動きに気を遣いすぎてもコセコセしてくるので、少し長期的に楽しむことでバランスをとる為に先日のインド株投信に続き、売却分で「新興国成長株投信」というのを買ってみました。これもAコース(為替ヘッジあり)とBコース(なし)があり、おとなしくAにしました。
阪神が負け続けていますが、現時点で気にしすぎても仕方がなく、今夜にでも1勝してペースを取り戻してくれればいいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾張の奇祭・その2(土井)

2006年04月16日 17時18分28秒 | Weblog
先日、稲沢市、国府宮神社のはだか祭りを紹介しましたが、当地の奇祭はまだあります。
小牧市の田縣(たがた)神社もかなりユニークです。本殿には男性のシンボルがチン座しています。檜木の丸太製で実にシャジツ的、長さ2M、太さ60CMで毎年作成され「大男茎形」(おおおわせがた)と呼ばれています。
奥宮には、奉納された大中の同形のモノが数多林立して、参拝者を迎えます。
石柱や天井の大鈴、置物等も一様に同形です。
春の豊年祭(3/15)には、この巨大シンボルを神輿に担ぎ奉納して、世界平和と万物育成、五穀豊穣を祈ります。
行列見物の中に外国人の多いのが特徴で、中でもご婦人方に人気が高く、皆、大喜びで触ったり、シャッターを切ったり、記念写真に納まったりしています。
一説にはアメリカでは一番有名な日本のお祭りだそうです。
興味のある方は「田縣神社」で検索して見れば、イヤというほど写真が出てきます。

     うららかや男根立てて祀る宮

     男根の神輿背にしてVサイン
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフ場での会話(土井)

2006年04月13日 22時56分17秒 | Weblog
釈迦生誕前日記念のゴルフで、比較的ドライバーが良く飛んだことは既に記しましたが、友人が彼のブログで次のように書きました。「良いクラブは、年齢や、フォームやその他あらゆる問題点を克服して、飛距離を稼ぐことが、今日実感できました。やはりゴルフは道具です。」私は即刻、抗議のコメントを送りました。
また、ラウンド中、耳寄りな話が出ました。
ETCの割引は、朝晩の指定時間帯で、100キロ以内、1回限りという条件で、100キロを越す場合、途中で1回降りても2度目は割引されません。
ところが、カードを2枚作っておいて(奥さん又は子供名義)、途中で降りたら別のカードに差し替えて、入りなおせば、実質的に200キロ近くまで割引になるとのことです。
高速道路を良く利用される方は試してみてはどうですか、食事代位は浮きそうですよ。
かく言う私は未だETCを設置しておらず試す術もありませんが・・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝・世界新記録(土井)

2006年04月10日 09時39分00秒 | Weblog
我らが兄貴阪神金本が前人未到の快記録です。
今朝の新聞各紙は賞賛の記事で溢れています・・・・かと思いきや休刊日で夕刊までお預けです。
不思議なことに、息子位の年代の彼を誰もが兄貴と呼んで何の違和感も感じません。これはフォーザチームに徹する彼の姿勢がチームメイトから兄貴のように慕われ、それが選手のみならずファン一般まで浸透してきたためだろうと思います。
チームも出足つまずきかけたのですが、うまく立て直し五連勝でペースを掴みました。
そして先日の考察で、私が攻撃のポイントに上げた3人、鳥谷、濱中、林が予想以上の活躍で勝利に貢献して呉れているのも嬉しい限りです。
これで中継ぎ、抑えが立ち直ると、今年もいけるという感じがしてきます。
明日からの中日3連戦は目が離せません。幸い、BS1で3日連続で放映されるので、試合開始から終了までテレビの前に座り続けることになりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狙い撃ち(土井)

2006年04月07日 22時36分54秒 | Weblog
今日は民主党代表選で私の好きな政治家の一人小沢一郎が勝利しました。
満を持しての実力者の登場と言えるでしょう。健全強力な政党に育て上げ、我国を良い方向に導いて欲しいものです。
それとは全く関係ないのですが、3月末2回も悪天候でキャンセルになったゴルフを週間天気予報で狙って本日行って来ました。
石井、土井、羽根(大12)と私の友人、ピート・ダイ設計のクレセントバレーC.C.、乗用カート、昼食付、9,000円。
狙い通り、微風快晴、貸切に近いようなエントリー数、アウトもインもラウンド中前後に全く人影を見ず自分たちのペースで回ることが出来ました。スコアは今一でしたが、コースや道中の桜は正に満開で目を楽しませてくれました。
そしてドライバーも狙った方向に、狙った距離を何度か飛んでくれ、スコアの割には気分の良いゴルフでした。
ゴルフとゴルフ仲間、余生に欠くべからざる大切な存在です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八百屋お七・続き(土井)

2006年04月03日 14時49分46秒 | Weblog
続きを書きますが、何も見ずにうろ覚えの内容を活字にするのは、ホットするような、またヤバイような感じです。しかし乗りかかった船、次、もう少し行きます。

あ~、私の生まれたその時は、丙(ひのえ)丙の辰丙午(ひのえうま)、七月七日の七夕に、それに因んで名はお七、十四と言えば助かるに、十五と言ったばっかがりに、
百日百夜を牢の中~

あ~、牢屋の番人助平で、毎日毎晩かき口説く、どうせその道好きな道、これから後のお話は言わぬが花よ聞くが野暮~

あ~、百日百夜が明けたなら、裸の馬に乗せられて、大伝馬町に小伝馬町、落として壊れる瀬戸物町、いろは町をば後にする~

あ~、品川女郎衆の言うことにゃ、これが八百屋のエロ娘、目元ぱっちり色白で、髪は
鴉の濡れ羽色、女のあてかて惚れるのに吉っぁんが惚れるのも無理は無い~

先が少しありますが、余韻を持たせてこの辺で置きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八百屋お七(土井)

2006年04月01日 22時14分10秒 | Weblog
商研代表で、関西学院大学での経営研究会で発表し、池内信行教授の記念講演を聞いた後の懇親会、数人で壇上に上がり、肩を組んで歌ったというか、語ったというかした記憶があります。何せ紙に書いたものが無く全て口伝のため、正確を欠くかもしれませんが、大体次のようだったと思います。

あ~、恋の悲歌の娘(こ)伊達娘、所は駒込吉祥寺、本所ご院の奥の坊、吉っぁんご書見あそばさる
傍で八百屋のお七どん、肘でちょいと突いて目で知らせ、ここから本所の道のりが
いかほど遠くあろうとも、必ず忘れて下さるな~

あ~、話変わって八百屋では、お七の好きな唐茄子や頭の先から毛が生えた玉蜀黍を売る八百屋、いっそ八百屋を焼いたなら、愛(いと)し恋しの吉っぁんとお臍合わせも出来ように~

あ~、一把の藁に火をつけてぱっと投げたが火事の元、誰知るまいと思うたに、天知る、
地知る、人の知る、隣の甚兵衛に見付けられ、見付けられては訴訟さる~

あ~、一段と高いはお奉行様、三尺下がってお七どん、紅葉のような手をついて、申し上げますお奉行様~

以下次回。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加